モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスComponent.BltBufferStrategy

  • 含まれているクラス:
    Component

    protected class Component.BltBufferStrategy
    extends BufferStrategy
    オフスクリーン表面のコンポーネントへのBlit用内部クラスです。
    導入されたバージョン:
    1.4
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected VolatileImage[] backBuffers
      バック・バッファ
      protected BufferCapabilities caps
      バッファ機能
      protected int height
      バック・バッファの高さ
      protected boolean validatedContents
      描画バッファが消失した状態から最近復元されたかどうかを示します。
      protected int width
      バック・バッファの幅
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      修飾子 コンストラクタ 説明
      protected BltBufferStrategy​(int numBuffers, BufferCapabilities caps)
      コンポーネントに関する新規bltバッファ方針を生成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean contentsLost()
      getDrawGraphicsの最後の呼出しのあとに描画バッファが失われたかどうかを返します。
      boolean contentsRestored()
      描画バッファが消失状態から最近復元され、デフォルトのバックグラウンド・カラー(白)に再初期化されたかどうかを返します。
      protected void createBackBuffers​(int numBuffers)
      バック・バッファを生成します。
      void dispose()
      現在このBufferStrategyによって消費されているシステム・リソースを解放し、関連付けられたコンポーネントから削除します。
      BufferCapabilities getCapabilities()
      このBufferStrategyBufferCapabilitiesを返します。
      Graphics getDrawGraphics()
      描画バッファのグラフィックス・コンテキストを作成します。
      protected void revalidate()
      描画バッファが消失している場合は復元します。
      void show()
      利用可能な次のバッファを可視状態にします。
    • フィールドの詳細

      • backBuffers

        protected VolatileImage[] backBuffers
        バック・バッファ
      • validatedContents

        protected boolean validatedContents
        描画バッファが消失した状態から最近復元されたかどうかを示します。
      • width

        protected int width
        バック・バッファの幅
      • height

        protected int height
        バック・バッファの高さ
    • コンストラクタの詳細

      • BltBufferStrategy

        protected BltBufferStrategy​(int numBuffers,
                                    BufferCapabilities caps)
        コンポーネントに関する新規bltバッファ方針を生成します。
        パラメータ:
        numBuffers - 作成するバッファの数(フロント・バッファを含む)
        caps - バッファの機能
    • メソッドの詳細

      • createBackBuffers

        protected void createBackBuffers​(int numBuffers)
        バック・バッファを生成します。
        パラメータ:
        numBuffers - 作成するバッファの数
      • getDrawGraphics

        public Graphics getDrawGraphics()
        次のクラスからコピーされた説明: BufferStrategy
        描画バッファのグラフィックス・コンテキストを作成します。 このメソッドはパフォーマンスの理由から同期しない場合があります。複数スレッドでこのメソッドを使用するには、アプリケーション・レベルでの処理が必要です。 取得したグラフィックス・オブジェクトの処理は、アプリケーション側で行う必要があります。
        定義:
        getDrawGraphics、クラス: BufferStrategy
        戻り値:
        描画グラフィック
      • show

        public void show()
        利用可能な次のバッファを可視状態にします。
        定義:
        show、クラス: BufferStrategy
      • revalidate

        protected void revalidate()
        描画バッファが消失している場合は復元します。
      • contentsLost

        public boolean contentsLost()
        次のクラスからコピーされた説明: BufferStrategy
        getDrawGraphicsの最後の呼出しのあとに描画バッファが失われたかどうかを返します。 バッファ方式内のバッファは通常、タイプがVolatileImageであるため、失われることがあります。 失われたバッファに関する説明については、VolatileImageを参照してください。
        定義:
        contentsLost、クラス: BufferStrategy
        戻り値:
        getDrawGraphicsの最後の呼出しのあとに描画バッファが失われたかどうか
        関連項目:
        VolatileImage
      • contentsRestored

        public boolean contentsRestored()
        次のクラスからコピーされた説明: BufferStrategy
        描画バッファが消失状態から最近復元され、デフォルトのバックグラウンド・カラー(白)に再初期化されたかどうかを返します。 バッファ方式内のバッファは通常、タイプがVolatileImageであるため、失われることがあります。 getDrawGraphicsの最後の呼出しのあとに表面が最近、失われた状態から復元された場合は、その表面に再ペイントが必要になることがあります。 失われたバッファに関する説明については、VolatileImageを参照してください。
        定義:
        contentsRestored、クラス: BufferStrategy
        戻り値:
        描画バッファが消失状態から最近復元され、デフォルトのバックグラウンド・カラー(白)に再初期化されたかどうか
        関連項目:
        VolatileImage