モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスFlowLayout

  • すべての実装されたインタフェース:
    LayoutManager, Serializable

    public class FlowLayout
    extends Object
    implements LayoutManager, Serializable
    フロー・レイアウトは、段落内のテキスト行と同じように、一方向にコンポーネントを配置します。 フロー方向はコンテナのcomponentOrientationプロパティによって決定され、次のどちらかの値になります。
    • ComponentOrientation.LEFT_TO_RIGHT
    • ComponentOrientation.RIGHT_TO_LEFT
    通常、フロー・レイアウトはパネルにボタンを配置するために使用されます。 同じ行に配置できなくなるまで、水平方向にボタンを配置します。 行の配置はalignプロパティによって決定されます。 返される値は次のどれかになります。

    たとえば次の図は、フロー・レイアウト・マネージャ(デフォルトのレイアウト・マネージャ)を使用して3つのボタンを配置するアプレットを示します。

    3つのボタンのレイアウトの図

    次に、このアプレットのコードを示します。


     import java.awt.*;
     import java.applet.Applet;
    
     public class myButtons extends Applet {
         Button button1, button2, button3;
         public void init() {
             button1 = new Button("Ok");
             button2 = new Button("Open");
             button3 = new Button("Close");
             add(button1);
             add(button2);
             add(button3);
         }
     }
     

    フロー・レイアウトを使用すると、各コンポーネントは自然(推奨)サイズになります。

    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    ComponentOrientation, 直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static int CENTER
      この値は、各行のコンポーネントが中央揃えされることを示します。
      static int LEADING
      この値は、各行のコンポーネントがコンテナの方向のリーディング・エッジ(たとえば、左から右の方向の場合の左端)に位置揃えされることを示します。
      static int LEFT
      この値は、各行のコンポーネントが左揃えされることを示します。
      static int RIGHT
      この値は、各行のコンポーネントが右揃えされることを示します。
      static int TRAILING
      この値は、各行のコンポーネントがコンテナの方向のトレーリング・エッジ(たとえば、左から右の方向の場合の右端)に位置揃えされることを示します。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      FlowLayout()
      中央揃えの配置とデフォルトの5単位の水平および垂直方向の間隔を使用して、新しいFlowLayoutを構築します。
      FlowLayout​(int align)
      指定された配置とデフォルトの5単位の水平および垂直方向の間隔を使用して、新しいFlowLayoutを構築します。
      FlowLayout​(int align, int hgap, int vgap)
      指定された配置および指定された水平間隔および垂直間隔で新しいフロー・レイアウト・マネージャを生成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void addLayoutComponent​(String name, Component comp)
      指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
      int getAlignment()
      このレイアウトの配置を取得します。
      boolean getAlignOnBaseline()
      コンポーネントがベースラインに沿って垂直方向にそろえられる場合は、trueを返します。
      int getHgap()
      コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の水平方向の間隔を取得します。
      int getVgap()
      コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の垂直方向の間隔を取得します。
      void layoutContainer​(Container target)
      コンテナを配置します。
      Dimension minimumLayoutSize​(Container target)
      指定されたターゲット・コンテナに含まれている可視コンポーネントをレイアウトするために必要な最小寸法を返します。
      Dimension preferredLayoutSize​(Container target)
      指定されたターゲット・コンテナ内の可視コンポーネントを使用して、このレイアウトのための推奨寸法を返します。
      void removeLayoutComponent​(Component comp)
      指定されたコンポーネントをレイアウトから削除します。
      void setAlignment​(int align)
      このレイアウトの配置を設定します。
      void setAlignOnBaseline​(boolean alignOnBaseline)
      コンポーネントをベースラインに沿って垂直方向にそろえるかどうかを設定します。
      void setHgap​(int hgap)
      コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の水平方向の間隔を設定します。
      void setVgap​(int vgap)
      コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の垂直方向の間隔を設定します。
      String toString()
      このFlowLayoutオブジェクトとその値の文字列表現を返します。
    • フィールドの詳細

      • LEFT

        public static final int LEFT
        この値は、各行のコンポーネントが左揃えされることを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CENTER

        public static final int CENTER
        この値は、各行のコンポーネントが中央揃えされることを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • RIGHT

        public static final int RIGHT
        この値は、各行のコンポーネントが右揃えされることを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • FlowLayout

        public FlowLayout()
        中央揃えの配置とデフォルトの5単位の水平および垂直方向の間隔を使用して、新しいFlowLayoutを構築します。
      • FlowLayout

        public FlowLayout​(int align)
        指定された配置とデフォルトの5単位の水平および垂直方向の間隔を使用して、新しいFlowLayoutを構築します。 配置引数の値は、FlowLayout.LEFTFlowLayout.RIGHTFlowLayout.CENTERFlowLayout.LEADINGFlowLayout.TRAILINGのいずれかである必要があります。
        パラメータ:
        align - 配置の値
      • FlowLayout

        public FlowLayout​(int align,
                          int hgap,
                          int vgap)
        指定された配置および指定された水平間隔および垂直間隔で新しいフロー・レイアウト・マネージャを生成します。

        配置引数の値は、FlowLayout.LEFTFlowLayout.RIGHTFlowLayout.CENTERFlowLayout.LEADINGFlowLayout.TRAILINGのいずれかである必要があります。

        パラメータ:
        align - 配置の値
        hgap - コンポーネント間およびコンポーネントと次のボーダーの間の水平方向の間隔: Container
        vgap - コンポーネント間およびコンポーネントと次のボーダーの間の垂直方向の間隔: Container
    • メソッドの詳細

      • getAlignment

        public int getAlignment()
        このレイアウトの配置を取得します。 取り得る値は、FlowLayout.LEFTFlowLayout.RIGHTFlowLayout.CENTERFlowLayout.LEADING、またはFlowLayout.TRAILINGです。
        戻り値:
        このレイアウトの配置の値
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        setAlignment(int)
      • setAlignment

        public void setAlignment​(int align)
        このレイアウトの配置を設定します。 次の値を指定できます。
        • FlowLayout.LEFT
        • FlowLayout.RIGHT
        • FlowLayout.CENTER
        • FlowLayout.LEADING
        • FlowLayout.TRAILING
        パラメータ:
        align - 配置を指定する上記の値のどれか
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        getAlignment()
      • getHgap

        public int getHgap()
        コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の水平方向の間隔を取得します。
        戻り値:
        コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の水平方向の間隔
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        setHgap(int)
      • setHgap

        public void setHgap​(int hgap)
        コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の水平方向の間隔を設定します。
        パラメータ:
        hgap - コンポーネント間およびコンポーネントと次のボーダーの間の水平方向の間隔: Container
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        getHgap()
      • getVgap

        public int getVgap()
        コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の垂直方向の間隔を取得します。
        戻り値:
        コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の垂直方向の間隔
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        setVgap(int)
      • setVgap

        public void setVgap​(int vgap)
        コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダーの間の垂直方向の間隔を設定します。
        パラメータ:
        vgap - コンポーネント間およびコンポーネントと次のボーダーの間の垂直方向の間隔: Container
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        getVgap()
      • setAlignOnBaseline

        public void setAlignOnBaseline​(boolean alignOnBaseline)
        コンポーネントをベースラインに沿って垂直方向にそろえるかどうかを設定します。 ベースラインを持たないコンポーネントは中央に配置されます。 デフォルトはfalseです。
        パラメータ:
        alignOnBaseline - コンポーネントをベースラインに沿って垂直方向にそろえるかどうか
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getAlignOnBaseline

        public boolean getAlignOnBaseline()
        コンポーネントがベースラインに沿って垂直方向にそろえられる場合は、trueを返します。 デフォルトはfalseです。
        戻り値:
        コンポーネントがベースラインに沿って垂直方向にそろえられる場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.6
      • addLayoutComponent

        public void addLayoutComponent​(String name,
                                       Component comp)
        指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。 このクラスでは使用しません。
        定義:
        addLayoutComponent、インタフェース: LayoutManager
        パラメータ:
        name - コンポーネントの名前
        comp - 追加されるコンポーネント
      • removeLayoutComponent

        public void removeLayoutComponent​(Component comp)
        指定されたコンポーネントをレイアウトから削除します。 このクラスでは使用しません。
        定義:
        removeLayoutComponent、インタフェース: LayoutManager
        パラメータ:
        comp - 削除されるコンポーネント
        関連項目:
        Container.removeAll()
      • layoutContainer

        public void layoutContainer​(Container target)
        コンテナを配置します。 このメソッドを使用すると、可視の各コンポーネントは、このFlowLayoutオブジェクトの配置を満たすために、ターゲット・コンテナでコンポーネントの形状を変更してその推奨サイズになります。
        定義:
        layoutContainer、インタフェース: LayoutManager
        パラメータ:
        target - 配置される指定されたコンポーネント
        関連項目:
        Container, Container.doLayout()
      • toString

        public String toString()
        このFlowLayoutオブジェクトとその値の文字列表現を返します。
        Overrides:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このレイアウトの文字列表現