モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.dnd

インタフェースDragSourceListener

  • すべてのスーパー・インタフェース:
    EventListener
    既知のすべての実装クラス:
    DragSourceAdapter, DragSourceContext

    public interface DragSourceListener
    extends EventListener
    DragSourceListenerは、ドラッグ&ドロップ操作のオリジネータがユーザーのジェスチャの状態を追跡するためのイベント・インタフェースを定義し、ユーザーにドラッグ&ドロップ操作を通した適切な「ドラッグオーバー」フィード・バックを提供します。

    ドロップ・サイトは、このリスナーに対するdragEnter()の最後の呼出しが次の場合、以前のdragEnter()の呼出しに関連付けられます

    • そのドロップ・サイトに対応する
    • このリスナーのdragExit()の呼出しがあとに続かない

    導入されたバージョン:
    1.2
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void dragDropEnd​(DragSourceDropEvent dsde)
      このメソッドの起動により、ドラッグ&ドロップ操作が完了したことを示します。
      void dragEnter​(DragSourceDragEvent dsde)
      カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトを入力したときに呼び出されます。
      void dragExit​(DragSourceEvent dse)
      カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトを終了したときに呼び出されます。
      void dragOver​(DragSourceDragEvent dsde)
      カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトに移動したときに呼び出されます。
      void dropActionChanged​(DragSourceDragEvent dsde)
      ユーザーがドロップ・ジェスチャを変更したときに呼び出されます。
    • メソッドの詳細

      • dragEnter

        void dragEnter​(DragSourceDragEvent dsde)
        カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトを入力したときに呼び出されます。 このメソッドは、次の条件がすべて満たされたときに呼び出されます。
        • カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトの操作可能な部分に入る
        • ドロップ・サイトがアクティブである
        • ドロップ・サイトがドラッグを受け入れる
        パラメータ:
        dsde - DragSourceDragEvent
      • dragOver

        void dragOver​(DragSourceDragEvent dsde)
        カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトに移動したときに呼び出されます。 このメソッドは、次の条件がすべて満たされたときに呼び出されます。
        • カーソルのホット・スポットは移動したが、前のdragEnter()呼出しに関連したドロップ・サイトの操作可能な部分とまだ交差している
        • ドロップ・サイトがまだアクティブである
        • ドロップ・サイトがドラッグを受け入れる
        パラメータ:
        dsde - DragSourceDragEvent
      • dropActionChanged

        void dropActionChanged​(DragSourceDragEvent dsde)
        ユーザーがドロップ・ジェスチャを変更したときに呼び出されます。 このメソッドは、ユーザーが使用している入力デバイスの状態が変更になった場合に呼び出されます。 このようなデバイスは、通常、ユーザーが使用するマウス・ボタンまたはキーボード修飾子となります。
        パラメータ:
        dsde - DragSourceDragEvent
      • dragExit

        void dragExit​(DragSourceEvent dse)
        カーソルのホット・スポットがプラットフォーム依存のドロップ・サイトを終了したときに呼び出されます。 このメソッドは、次の条件のどれかが満たされたときに呼び出されます。
        • カーソルのホット・スポットが、前のdragEnter()呼出しに関連したドロップ・サイトの操作可能な部分と交差しなくなった
        または
        • 前のdragEnter()呼出しに関連したドロップ・サイトがアクティブでなくなった
        または
        • 前のdragEnter()呼出しに関連したドロップ・サイトでドラッグが拒否された
        パラメータ:
        dse - DragSourceEvent
      • dragDropEnd

        void dragDropEnd​(DragSourceDropEvent dsde)
        このメソッドの起動により、ドラッグ&ドロップ操作が完了したことを示します。 DragSourceDropEventのgetDropSuccess()メソッドを使用すると、終了状態を判定できます。 getDropAction()メソッドは、Drop操作に適用するため、ドロップ・サイトが選択した操作を返します。 このメソッドが完了すると、現在のDragSourceContextとそれに関連付けられたリソースが無効になります。
        パラメータ:
        dsde - DragSourceDropEvent