モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.dnd

クラスDropTargetDragEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class DropTargetDragEvent
    extends DropTargetEvent
    DropTargetDragEventは、そのdragEnter()およびdragOver()メソッドによってDropTargetListenerに送られます。

    DropTargetDragEventは、ドラッグ操作の現在の状態が反映されたソース・ドロップ・アクションユーザー・ドロップ・アクションを報告します。

    ソース・ドロップ・アクションは、このドラッグ操作のドラッグ・ソースでサポートされている一連のドロップ・アクションを表すDnDConstantsのビット単位のマスクです。

    ユーザー・ドロップ・アクションは、ドラッグ・ソースでサポートされているドロップ・アクションと、ユーザーによって選択されたドロップ・アクションによって異なります。 ユーザーは、ドラッグ操作中に修飾キーを押すことで、ドロップ・アクションを選択できます。

       Ctrl + Shift -> ACTION_LINK
       Ctrl         -> ACTION_COPY
       Shift        -> ACTION_MOVE
     
    ユーザーがドロップ・アクションを選択した場合、ユーザー・ドロップ・アクションは、このドロップ・アクションがドラッグ・ソースでサポートされている場合は選択されたドロップ・アクションを表すDnDConstantsのいずれか、このドロップ・アクションがドラッグ・ソースでサポートされていない場合はDnDConstants.ACTION_NONEです。

    ユーザーがドロップ・アクションを選択しない場合、ドラッグ・ソースでサポートされている一連のドロップ・アクションを表すDnDConstantsのセットからDnDConstants.ACTION_MOVEDnDConstants.ACTION_COPYDnDConstants.ACTION_LINKが順に検索され、ユーザー・ドロップ・アクションは最初に見つかった定数です。 どの定数も見つからなかった場合、ユーザー・ドロップ・アクションDnDConstants.ACTION_NONEです。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • DropTargetDragEvent

        public DropTargetDragEvent​(DropTargetContext dtc,
                                   Point cursorLocn,
                                   int dropAction,
                                   int srcActions)
        この操作のDropTargetContextComponentの座標内のドラッグCursorのホット・スポットの位置、ユーザー・ドロップ・アクション、およびソース・ドロップ・アクションを使用して、DropTargetDragEventを構築します。
        パラメータ:
        dtc - この操作のDropTargetContext
        cursorLocn - Component座標内のドラッグカーソルのホット・スポットの位置
        dropAction - ユーザー・ドロップ・アクション
        srcActions - ソース・ドロップ・アクション
        例外:
        NullPointerException - cursorLocnがnullの場合
        IllegalArgumentException - dropActionがDnDConstantsのいずれでもない場合。
        IllegalArgumentException - srcActionsがDnDConstantsのビット単位のマスクでない場合。
        IllegalArgumentException - dtcがnullの場合。
    • メソッドの詳細

      • getLocation

        public Point getLocation()
        このメソッドは、Componentの座標内のCursorの現在の位置を示すPointを返します。
        戻り値:
        Componentの座標内の現在のカーソル位置。
      • getCurrentDataFlavors

        public DataFlavor[] getCurrentDataFlavors()
        このメソッドは、DropTargetContextから現在のDataFlavorを返します。
        戻り値:
        DropTargetContextからの現在のDataFlavor
      • getCurrentDataFlavorsAsList

        public List<DataFlavor> getCurrentDataFlavorsAsList()
        このメソッドは、現在のDataFlavorjava.util.Listとして返します。
        戻り値:
        現在のDataFlavorjava.util.List
      • isDataFlavorSupported

        public boolean isDataFlavorSupported​(DataFlavor df)
        このメソッドは、指定されたDataFlavorがサポートされているかどうかを示すbooleanを返します。
        パラメータ:
        df - テストするDataFlavor
        戻り値:
        特定のDataFlavorがサポートされているかどうか
      • getSourceActions

        public int getSourceActions()
        このメソッドは、ソース・ドロップ・アクションを返します。
        戻り値:
        ソース・ドロップ・アクション
      • getDropAction

        public int getDropAction()
        このメソッドは、ユーザー・ドロップ・アクションを返します。
        戻り値:
        ユーザー・ドロップ・アクション
      • getTransferable

        public Transferable getTransferable()
        このメソッドは、現在のドラッグ操作に関連したデータを表すTransferableオブジェクトを返します。
        戻り値:
        ドラッグ操作に関連するTransferable
        例外:
        InvalidDnDOperationException - ドラッグ操作に関連付けられたデータが使用できない場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • acceptDrag

        public void acceptDrag​(int dragOperation)
        ドラッグを受け入れます。 このメソッドは、実装でsrcActionsからdropActionで表された、ユーザーによって選択された操作以外の操作を受け入れるようにしたい場合に、DropTargetListenersのdragEnterdragOver、およびdropActionChangedメソッドから呼び出すようにしてください。
        パラメータ:
        dragOperation - ターゲットによって受け入れられる操作
      • rejectDrag

        public void rejectDrag()
        dropActionまたは使用可能なDataFlavorのタイプのどちらかを検査した結果としてドラッグを拒否します。