モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスPoint

    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      int x
      このPointのX座標。
      int y
      このPointのY座標。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Point()
      座標空間の原点(0, 0)に点を構築して初期化します。
      Point​(int x, int y)
      座標空間内の指定された(x,y)の位置に点を構築して初期化します。
      Point​(Point p)
      指定されたPointオブジェクトと同じ位置に点を構築して初期化します。
    • フィールドの詳細

      • x

        public int x
        このPointのX座標。 X座標が設定されていない場合はデフォルトで0になります。
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        getLocation(), move(int, int)
      • y

        public int y
        このPointのY座標。 Y座標が設定されていない場合はデフォルトで0になります。
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        getLocation(), move(int, int)
    • コンストラクタの詳細

      • Point

        public Point()
        座標空間の原点(0, 0)に点を構築して初期化します。
        導入されたバージョン:
        1.1
      • Point

        public Point​(Point p)
        指定されたPointオブジェクトと同じ位置に点を構築して初期化します。
        パラメータ:
        p - 点
        導入されたバージョン:
        1.1
      • Point

        public Point​(int x,
                     int y)
        座標空間内の指定された(x,y)の位置に点を構築して初期化します。
        パラメータ:
        x - 新しく構築される次に対するX座標: Point
        y - 新しく構築される次に対するY座標: Point
        導入されたバージョン:
        1.0
    • メソッドの詳細

      • getX

        public double getX()
        このPoint2DのX座標をdouble精度で返します。
        定義:
        getX、クラス: Point2D
        戻り値:
        このPoint2DのX座標。
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getY

        public double getY()
        このPoint2DのY座標をdouble精度で返します。
        定義:
        getY、クラス: Point2D
        戻り値:
        このPoint2DのY座標。
        導入されたバージョン:
        1.2
      • setLocation

        public void setLocation​(Point p)
        この点の位置を、指定された位置に設定します。 このメソッドは完全性のために含まれており、ComponentsetLocationメソッドに対応します。
        パラメータ:
        p - この点の新しい位置になる点
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        Component.setLocation(java.awt.Point), getLocation()
      • setLocation

        public void setLocation​(int x,
                                int y)
        この点を指定された位置に変更します。

        このメソッドは完全性のために含まれており、ComponentsetLocationメソッドに対応します。 このメソッドの動作はmove(int, int)と同じです。

        パラメータ:
        x - 新しい位置のX座標
        y - 新しい位置のY座標
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        Component.setLocation(int, int), getLocation(), move(int, int)
      • setLocation

        public void setLocation​(double x,
                                double y)
        この点の位置を指定されたdouble座標に設定します。 doubleの値は整数値に丸められます。 Integer.MIN_VALUEより小さい任意の数値はMIN_VALUEにリセットされ、Integer.MAX_VALUEより大きい任意の数値はMAX_VALUEにリセットされます。
        定義:
        setLocation、クラス: Point2D
        パラメータ:
        x - 新しい位置のX座標
        y - 新しい位置のY座標
        関連項目:
        getLocation()
      • move

        public void move​(int x,
                         int y)
        この点を(x,y)座標平面内の指定された位置に移動します。 このメソッドはsetLocation(int, int)と同じです。
        パラメータ:
        x - 新しい位置のX座標
        y - 新しい位置のY座標
        関連項目:
        Component.setLocation(int, int)
      • translate

        public void translate​(int dx,
                              int dy)
        位置(x,y)にあるこの点を、x軸に沿ってdxy軸に沿ってdyに平行移動して、点(x+dx,y+dy)を表すようにします。
        パラメータ:
        dx - X軸に沿ってこの点が移動する距離
        dy - Y軸に沿ってこの点が移動する距離
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        2つの点が等しいかどうかを判定します。 Point2Dの2つのインスタンスは、xおよびyメンバー・フィールド(座標空間でそれらの位置を表す)の値が同じ場合に等しくなります。
        Overrides:
        equals、クラス: Point2D
        パラメータ:
        obj - 次と比較されるオブジェクト: Point2D
        戻り値:
        比較対象のオブジェクトがPoint2Dのインスタンスであり、同じ値を持つ場合はtrue、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • toString

        public String toString()
        この点と(x,y)座標空間内のその位置の文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる場合があります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        Overrides:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        この点の文字列表現