モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.dnd

クラスDropTargetDropEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class DropTargetDropEvent
    extends DropTargetEvent
    DropTargetDropEventは、DropTargetListenerのdrop()メソッドによって送られます。

    DropTargetDropEventは、ドラッグ&ドロップ操作の現在の状態が反映されたソース・ドロップ・アクションユーザー・ドロップ・アクションを報告します。

    ソース・ドロップ・アクションは、このドラッグ&ドロップ操作のドラッグ・ソースでサポートされている一連のドロップ・アクションを表すDnDConstantsのビット単位のマスクです。

    ユーザー・ドロップ・アクションは、ドラッグ・ソースでサポートされているドロップ・アクションと、ユーザーによって選択されたドロップ・アクションによって異なります。 ユーザーは、ドラッグ操作中に修飾キーを押すことで、ドロップ・アクションを選択できます。

       Ctrl + Shift -> ACTION_LINK
       Ctrl         -> ACTION_COPY
       Shift        -> ACTION_MOVE
     
    ユーザーがドロップ・アクションを選択した場合、ユーザー・ドロップ・アクションは、このドロップ・アクションがドラッグ・ソースでサポートされている場合は選択されたドロップ・アクションを表すDnDConstantsのいずれか、このドロップ・アクションがドラッグ・ソースでサポートされていない場合はDnDConstants.ACTION_NONEです。

    ユーザーがドロップ・アクションを選択しない場合、ドラッグ・ソースでサポートされている一連のドロップ・アクションを表すDnDConstantsのセットからDnDConstants.ACTION_MOVEDnDConstants.ACTION_COPYDnDConstants.ACTION_LINKが順に検索され、ユーザー・ドロップ・アクションは最初に見つかった定数です。 どの定数も見つからなかった場合、ユーザー・ドロップ・アクションDnDConstants.ACTION_NONEです。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      DropTargetDropEvent​(DropTargetContext dtc, Point cursorLocn, int dropAction, int srcActions)
      この操作のDropTargetContextComponentの座標内のドラッグCursorのホット・スポットの位置、現在選択されているユーザー・ドロップ・アクション、およびソースでサポートされている現在のアクションのセットを使用して、DropTargetDropEventを構築します。
      DropTargetDropEvent​(DropTargetContext dtc, Point cursorLocn, int dropAction, int srcActions, boolean isLocal)
      この操作のDropTargetContextComponentの座標内のドラッグCursorのホット・スポットの位置、現在選択されているユーザー・ドロップ・アクション、ソースでサポートされている現在のアクションのセット、およびソースがターゲットと同じJVM内に存在するかどうかを示すbooleanを使用して、DropTargetEventを構築します。
    • コンストラクタの詳細

      • DropTargetDropEvent

        public DropTargetDropEvent​(DropTargetContext dtc,
                                   Point cursorLocn,
                                   int dropAction,
                                   int srcActions)
        この操作のDropTargetContextComponentの座標内のドラッグCursorのホット・スポットの位置、現在選択されているユーザー・ドロップ・アクション、およびソースでサポートされている現在のアクションのセットを使用して、DropTargetDropEventを構築します。 デフォルトでは、このコンストラクタはターゲットがソースと同じ仮想マシン内にないことを前提にしています。つまり、isLocalTransfer()falseを返します。
        パラメータ:
        dtc - この操作のDropTargetContext
        cursorLocn - Component座標内のドラッグカーソルのホット・スポットの位置
        dropAction - ユーザー・ドロップ・アクション。
        srcActions - ソース・ドロップ・アクション。
        例外:
        NullPointerException - cursorLocnが次の場合null
        IllegalArgumentException - dropActionがDnDConstantsのいずれでもない場合。
        IllegalArgumentException - srcActionsがDnDConstantsのビット単位のマスクでない場合。
        IllegalArgumentException - dtcがnullの場合。
      • DropTargetDropEvent

        public DropTargetDropEvent​(DropTargetContext dtc,
                                   Point cursorLocn,
                                   int dropAction,
                                   int srcActions,
                                   boolean isLocal)
        この操作のDropTargetContextComponentの座標内のドラッグCursorのホット・スポットの位置、現在選択されているユーザー・ドロップ・アクション、ソースでサポートされている現在のアクションのセット、およびソースがターゲットと同じJVM内に存在するかどうかを示すbooleanを使用して、DropTargetEventを構築します。
        パラメータ:
        dtc - この操作のDropTargetContext
        cursorLocn - Componentの座標内のドラッグカーソルのホット・スポットの位置
        dropAction - ユーザー・ドロップ・アクション。
        srcActions - ソース・ドロップ・アクション。
        isLocal - ソースがターゲットと同じJVM内にある場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - cursorLocnが次の場合null
        IllegalArgumentException - dropActionがDnDConstantsのいずれでもない場合。
        IllegalArgumentException - srcActionsがDnDConstantsのビット単位のマスクでない場合。
        IllegalArgumentException - dtcがnullの場合。
    • メソッドの詳細

      • getLocation

        public Point getLocation()
        このメソッドは、Componentの座標内のCursorの現在の位置を示すPointを返します。
        戻り値:
        Componentの座標内の現在のCursorの位置。
      • getCurrentDataFlavors

        public DataFlavor[] getCurrentDataFlavors()
        このメソッドは、現在のDataFlavorを返します。
        戻り値:
        現在のDataFlavor
      • getCurrentDataFlavorsAsList

        public List<DataFlavor> getCurrentDataFlavorsAsList()
        このメソッドは、現在使用可能なDataFlavorjava.util.Listとして返します。
        戻り値:
        現在の有効なDataFlavorのjava.util.List
      • isDataFlavorSupported

        public boolean isDataFlavorSupported​(DataFlavor df)
        このメソッドは、指定されたDataFlavorがソースから使用可能かどうかを示すbooleanを返します。
        パラメータ:
        df - テストするDataFlavor
        戻り値:
        指定されたDataFlavorがソースで有効な場合
      • getSourceActions

        public int getSourceActions()
        このメソッドは、ソース・ドロップ・アクションを返します。
        戻り値:
        ソース・ドロップ・アクション
      • getDropAction

        public int getDropAction()
        このメソッドは、ユーザー・ドロップ・アクションを返します。
        戻り値:
        ユーザー・ドロップ・アクション
      • getTransferable

        public Transferable getTransferable()
        このメソッドは、ドロップに関連付けられたTransferableオブジェクトを返します。
        戻り値:
        ドロップに関連付けられたTransferable
      • acceptDrop

        public void acceptDrop​(int dropAction)
        指定されたアクションを使って、ドロップを受け入れます。
        パラメータ:
        dropAction - 指定されたアクション
      • rejectDrop

        public void rejectDrop()
        ドロップを拒否します。
      • dropComplete

        public void dropComplete​(boolean success)
        このメソッドは、ドロップ転送が完了したことをDragSourceに通知します。
        パラメータ:
        success - ドロップ転送が完了したことを示すboolean
      • isLocalTransfer

        public boolean isLocalTransfer()
        このメソッドは、ソースがターゲットと同じJVM内に存在するかどうかを示すintを返します。
        戻り値:
        Sourceが同じJVMにあるかどうか