モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.event

クラスInputEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable
    直系の既知のサブクラス:
    KeyEvent, MouseEvent

    public abstract class InputEvent
    extends ComponentEvent
    すべてのコンポーネント・レベル入力イベントのルート・イベント・クラスです。 入力イベントは、発生したソースによって正常に処理される前にリスナーに送られます。 このことによって、リスナーとコンポーネント・サブクラスはイベントを「消費」し、ソースがデフォルトの方法でイベントを処理しないようにできます。 たとえば、ButtonコンポーネントのmousePressedイベントを消費することによって、Buttonが起動されないようにします。
    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    KeyEvent, KeyAdapter, MouseEvent, MouseAdapter, MouseMotionAdapter, 直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • BUTTON2_MASK

        @Deprecated(since="9")
        public static final int BUTTON2_MASK
        非推奨。
        代わりにBUTTON2_DOWN_MASKとgetModifiersEx()を使用することをお勧めします。 BUTTON2_MASKの値はALT_MASKと同じです。
        Mouse Button2の修飾子定数です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BUTTON3_MASK

        @Deprecated(since="9")
        public static final int BUTTON3_MASK
        非推奨。
        代わりにBUTTON3_DOWN_MASKとgetModifiersEx()を使用することをお勧めします。 BUTTON3_MASKの値はMETA_MASKと同じです。
        Mouse Button3の修飾子定数です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SHIFT_DOWN_MASK

        public static final int SHIFT_DOWN_MASK
        Shiftキーの拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CTRL_DOWN_MASK

        public static final int CTRL_DOWN_MASK
        Ctrlキーの拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • META_DOWN_MASK

        public static final int META_DOWN_MASK
        Metaキーの拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ALT_DOWN_MASK

        public static final int ALT_DOWN_MASK
        Altキーの拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BUTTON1_DOWN_MASK

        public static final int BUTTON1_DOWN_MASK
        Mouse Button1の拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BUTTON2_DOWN_MASK

        public static final int BUTTON2_DOWN_MASK
        Mouse Button2の拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BUTTON3_DOWN_MASK

        public static final int BUTTON3_DOWN_MASK
        Mouse Button3の拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ALT_GRAPH_DOWN_MASK

        public static final int ALT_GRAPH_DOWN_MASK
        AltGraphキーの拡張修飾子定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • getMaskForButton

        public static int getMaskForButton​(int button)
        既存のマウス・ボタンのマスクを取得するメソッド。 返されるマスクは異なる用途に使用できます。 それらの一部を次に示します。
        パラメータ:
        button - 1から始まるボタンを表す数値。 例:
         int button = InputEvent.getMaskForButton(1);
         
        次と同じ意味になります
         int button = InputEvent.getMaskForButton(MouseEvent.BUTTON1);
         
        理由は、MouseEvent.BUTTON1が1に等しいからです。 使用可能なボタンがマウスに3つある場合(MouseInfo.getNumberOfButtons()を参照)、左の列からメソッドに渡される値によって、対応する値が右の列から返されます。
            button    returned mask
            BUTTON1  BUTTON1_DOWN_MASK
            BUTTON2  BUTTON2_DOWN_MASK
            BUTTON3  BUTTON3_DOWN_MASK
         
        使用可能なボタンがマウスに4つ以上ある場合は、それ以上の値が可能です(4、5など)。 拡張されたこれらのボタンには、割り当てられた定数はありません。 このメソッドによって返される追加のボタンのボタン・マスクには、最初の3つのボタン・マスクと同様、割り当てられた名前はありません。

        このメソッドには、次の実装の制限があります。 ボタンの数に制限のあるマスクのみが返されます。 最大数は実装によって異なる場合があります。 この制限は、マウスに備わっていると仮定される関連するボタンの数によって定義されますが、MouseInfo.getNumberOfButtons()より大きくなります。

        戻り値:
        既存のマウス・ボタン用のマスクです。
        例外:
        IllegalArgumentException - buttonが0未満、またはボタンに予約されているボタン・マスクの数より大きい場合
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        MouseInfo.getNumberOfButtons(), Toolkit.areExtraMouseButtonsEnabled(), getModifiers(), getModifiersEx()
      • isShiftDown

        public boolean isShiftDown()
        このイベントでShift修飾子が押されたかどうかを返します。
        戻り値:
        このイベントでShift修飾子が押されたかどうか
      • isControlDown

        public boolean isControlDown()
        このイベントでCtrl修飾子が押されたかどうかを返します。
        戻り値:
        このイベントでCtrl修飾子が押されたかどうか
      • isMetaDown

        public boolean isMetaDown()
        このイベントでMeta修飾子が押されたかどうかを返します。
        戻り値:
        このイベントでMeta修飾子が押されたかどうか
      • isAltDown

        public boolean isAltDown()
        このイベントでAlt修飾子が押されたかどうかを返します。
        戻り値:
        このイベントでAlt修飾子が押されたかどうか
      • isAltGraphDown

        public boolean isAltGraphDown()
        このイベントでAltGraph修飾子が押されたかどうかを返します。
        戻り値:
        このイベントでAltGraphファイアがダウンしているかどうか
      • getWhen

        public long getWhen()
        このイベントが発生したタイムスタンプと協定世界時のUTC 1970年1月1日深夜零時との差をミリ秒単位で返します。
        戻り値:
        タイムスタンプと深夜、1970年1月1日UTCとの間のミリ秒の差
      • getModifiers

        @Deprecated(since="9")
        public int getModifiers()
        非推奨。
        代わりに拡張修飾キーとgetModifiersEx()を使用することをお勧めします
        このイベントの修飾子マスクを返します。
        戻り値:
        このイベントの修飾子マスク
      • getModifiersEx

        public int getModifiersEx()
        このイベントの拡張修飾子マスクを返します。

        拡張修飾子は、ALT_DOWN_MASK、BUTTON1_DOWN_MASKなどのように、_DOWN_MASK接尾辞で終わる修飾子です。

        拡張修飾子は、イベントが発生した直後のAlt、Ctrl、Metaキーやマウス・ボタンなど、すべてのモーダル・キーの状態を表します。

        たとえば、ユーザーがボタン1に続いてボタン2を押し、同じ順序でボタンを離した場合、次の一連のイベントが生成されます。

            MOUSE_PRESSED:  BUTTON1_DOWN_MASK
            MOUSE_PRESSED:  BUTTON1_DOWN_MASK | BUTTON2_DOWN_MASK
            MOUSE_RELEASED: BUTTON2_DOWN_MASK
            MOUSE_CLICKED:  BUTTON2_DOWN_MASK
            MOUSE_RELEASED:
            MOUSE_CLICKED:
         

        今後、新しい修飾子が追加される可能性があるため、==を使用してこのメソッドの戻り値を比較することは非推奨です。 たとえば、次のコードにより、ShiftキーとButton 1を押してCtrlキーを離したことをチェックできます。

            int onmask = SHIFT_DOWN_MASK | BUTTON1_DOWN_MASK;
            int offmask = CTRL_DOWN_MASK;
            if ((event.getModifiersEx() & (onmask | offmask)) == onmask) {
                ...
            }
         
        上記のコードは、新しい修飾子が追加されても動作します。

        戻り値:
        このイベントの拡張ファイア・マスク
        導入されたバージョン:
        1.4
      • consume

        public void consume()
        このイベントを消費して、発生させたソースによりデフォルトの方法で処理されないようにします。
        オーバーライド:
        consume、クラス: AWTEvent
      • isConsumed

        public boolean isConsumed()
        このイベントが消費されたかどうかを返します。
        オーバーライド:
        isConsumed、クラス: AWTEvent
        戻り値:
        このイベントが消費されたかどうか
        関連項目:
        consume()
      • getModifiersExText

        public static String getModifiersExText​(int modifiers)
        「Shift」、「Button1」、または「Ctrl+Shift」などの拡張修飾子キーおよびマウス・ボタンを記述するStringを返します。 これらの文字列はawt.propertiesファイルを変更することによりローカライズが可能です。

        負の値のパラメータを渡すことは誤りであり、未指定の文字列が返されます。 ゼロのパラメータは修飾子が渡されていないことを示し、空の文字列が返されます。

        パラメータ:
        modifiers - イベントの拡張修飾子キーおよびマウス・ボタンを記述する修飾子マスク
        戻り値:
        拡張ファイア・キーとマウス・ボタンを記述するString
        導入されたバージョン:
        1.4