モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスToolkit


  • public abstract class Toolkit
    extends Object
    このクラスは、Abstract Window Toolkitのすべての実装の抽象スーパー・クラスです。 Toolkitクラスのサブクラスは、各種コンポーネントと特定のネイティブなツールキットの実装をバインドするために使用されます。

    明示的に同期配信が指定されていない場合、多くのGUIイベントはユーザーに非同期に配信されることがあります。 また、多くのGUI操作は非同期的に行われます。 つまり、コンポーネントの状態を設定した直後に、その状態を照会すると、要求された変更が値として返されないことがあります。 この動作には次のようなものが含まれます。

    • 指定の位置へのスクロール。
      たとえば、ScrollPane.setScrollPositionのあとにgetScrollPositionを呼び出すと、最初の要求が処理済みでなければ不正な値が返される場合があります。
    • コンポーネント間でのフォーカス移動。
      詳細については、The Swing TutorialTiming Focus Transfersセクションを参照してください。
    • トップ・レベルのコンテナを可視状態にする。
      WindowFrame、またはDialogでのsetVisible(true)の呼出しは非同期的に行われることがあります。
    • トップ・レベルのコンテナのサイズまたは場所の設定。
      WindowFrame、またはDialogでのsetSizesetBounds、またはsetLocationの呼出しは、基になるウィンドウ管理システムに転送され、無視されるか修正されます。
      詳細は、Windowを参照してください。

    ほとんどのアプリケーションでは、このクラスのメソッドを直接呼び出すことはありません。 Toolkitによって定義されるメソッドは、java.awtパッケージのプラットフォームに依存しないクラスとjava.awt.peerのクラスとを結び付ける接着剤のようなものです。 Toolkitによって定義される一部のメソッドは、ネイティブ・オペレーティング・システムを直接照会します。

    導入されたバージョン:
    1.0
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Toolkit()  
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void addAWTEventListener​(AWTEventListener listener, long eventMask)
      指定されたeventMaskに準拠する、システム全体にディスパッチされたすべてのAWTEventを受け取るために、AWTEventListenerを追加します。
      void addPropertyChangeListener​(String name, PropertyChangeListener pcl)
      指定されたデスクトップ・プロパティ用として、指定されたプロパティ変更リスナーを追加します。
      boolean areExtraMouseButtonsEnabled()
      追加のマウス・ボタンからのイベントを処理してEventQueueに送信することが許可されているかどうかを報告します。
      abstract void beep()
      ネイティブ・システムの設定とハードウェアの機能に応じて、ビープ音を発します。
      abstract int checkImage​(Image image, int width, int height, ImageObserver observer)
      表示のために準備される、指定されたイメージの作成ステータスを示します。
      Cursor createCustomCursor​(Image cursor, Point hotSpot, String name)
      新しいカスタム・カーソル・オブジェクトを生成します。
      <T extends DragGestureRecognizer>
      T
      createDragGestureRecognizer​(Class<T> abstractRecognizerClass, DragSource ds, Component c, int srcActions, DragGestureListener dgl)
      要求された抽象クラスDragGestureRecognizerの、プラットフォームに依存する具象サブクラスを作成し、指定されたDragSource、Component、およびDragGestureListenerに関連付けます。
      Image createImage​(byte[] imagedata)
      指定されたバイト配列に保管されているイメージを復号化するイメージを作成します。
      abstract Image createImage​(byte[] imagedata, int imageoffset, int imagelength)
      指定されたバイト配列に保管されているイメージを復号化するイメージを、指定されたオフセットおよび長さで作成します。
      abstract Image createImage​(ImageProducer producer)
      指定されたイメージ・プロデューサでイメージを作成します。
      abstract Image createImage​(String filename)
      指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージを返します。
      abstract Image createImage​(URL url)
      指定されたURLからピクセル・データを取得するイメージを返します。
      AWTEventListener[] getAWTEventListeners()
      このツールキットに登録されたすべてのAWTEventListenerの配列を返します。
      AWTEventListener[] getAWTEventListeners​(long eventMask)
      eventMask引数で指定されたすべてのイベント・タイプを待機する、このツールキットに登録されたすべてのAWTEventListenerの配列を返します。
      Dimension getBestCursorSize​(int preferredWidth, int preferredHeight)
      目的のサイズにもっとも近い、サポートされているカーソルのサイズを返します。
      abstract ColorModel getColorModel()
      このツールキットのスクリーンのカラー・モデルを判定します。
      static Toolkit getDefaultToolkit()
      デフォルトのツールキットを返します。
      Object getDesktopProperty​(String propertyName)
      指定されたデスクトップ・プロパティの値を取得します。
      abstract String[] getFontList()
      非推奨。
      abstract FontMetrics getFontMetrics​(Font font)
      非推奨。
      JDK version 1.2以降は、FontメソッドgetLineMetricsに置き換えられています。
      abstract Image getImage​(String filename)
      指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージを返します。ファイル形式はGIF、JPEG、PNGのいずれかにする必要があります。
      abstract Image getImage​(URL url)
      指定されたURLからピクセル・データを取得するイメージを返します。
      boolean getLockingKeyState​(int keyCode)
      キーボード上の指定されたロック・キーが現在オンの状態かどうかを返します。
      int getMaximumCursorColors()
      Toolkitがカスタム・カーソル・パレットでサポートする最大の色数を返します。
      int getMenuShortcutKeyMask()
      非推奨。
      代わりに拡張修飾キーとgetMenuShortcutKeyMaskEx()を使用することをお勧めします
      int getMenuShortcutKeyMaskEx()
      どの拡張修飾キーがメニュー・ショートカットの適切なアクセラレータ・キーであるかを決定します。
      protected static Container getNativeContainer​(Component c)
      ネイティブ・ピアに、ネイティブ・コンポーネントを与えてネイティブ・コンテナを照会する能力を与えます(直接の親は軽量である可能性があります)。
      PrintJob getPrintJob​(Frame frame, String jobtitle, JobAttributes jobAttributes, PageAttributes pageAttributes)
      ツールキットのプラットフォーム上で出力操作を開始した結果として生成されるPrintJobオブジェクトを取得します。
      abstract PrintJob getPrintJob​(Frame frame, String jobtitle, Properties props)
      ツールキットのプラットフォーム上で出力操作を開始した結果として生成されるPrintJobオブジェクトを取得します。
      static String getProperty​(String key, String defaultValue)
      指定されたキーおよびデフォルトを使ってプロパティを返します。
      PropertyChangeListener[] getPropertyChangeListeners()
      このツールキットに登録されたすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。
      PropertyChangeListener[] getPropertyChangeListeners​(String propertyName)
      デスクトップ・プロパティの指定された名前に関連付けられているすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。
      Insets getScreenInsets​(GraphicsConfiguration gc)
      スクリーンのイン・セットを返します。
      abstract int getScreenResolution()
      スクリーン解像度を1インチあたりのドット数で返します。
      abstract Dimension getScreenSize()
      スクリーン・サイズを返します。
      abstract Clipboard getSystemClipboard()
      ネイティブ・プラット・フォームによって提供される、クリップボード機能とのインタフェースとなるシステムClipboardの単独インスタンスを返します。
      EventQueue getSystemEventQueue()
      アプリケーションまたはアプレットのEventQueueのインスタンスを返します。
      protected abstract EventQueue getSystemEventQueueImpl()
      アクセスをチェックせずに、アプリケーションまたはアプレットのEventQueueインスタンスを取得します。
      Clipboard getSystemSelection()
      システム選択の単独インスタンスをClipboardオブジェクトとして取得します。
      protected void initializeDesktopProperties()
      初期化デスクトップ・プロパティです。
      boolean isAlwaysOnTopSupported()
      最前面モードがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。
      boolean isDynamicLayoutActive()
      サイズ変更時のコンテナの動的レイアウトが、基礎となるオペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャで現在有効かどうかを返します。
      protected boolean isDynamicLayoutSet()
      Containersのレイアウトをサイズ変更時に動的に検査するか、またはサイズ変更が完了してから静的に検査するかを返します。
      boolean isFrameStateSupported​(int state)
      ToolkitがこのFrameの状態をサポートするかどうかを返します。
      abstract boolean isModalExclusionTypeSupported​(Dialog.ModalExclusionType modalExclusionType)
      指定されたモーダル除外タイプがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。
      abstract boolean isModalityTypeSupported​(Dialog.ModalityType modalityType)
      指定されたモーダリティ・タイプがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。
      protected Object lazilyLoadDesktopProperty​(String name)
      デスクトップのプロパティ値を遅延評価する機会。
      protected void loadSystemColors​(int[] systemColors)
      引数として指定される整数型の配列を、現在のシステム・カラー値で埋めます。
      abstract Map<TextAttribute,​?> mapInputMethodHighlight​(InputMethodHighlight highlight)
      指定されたインプット・メソッド・ハイライトの抽象レベル記述に対する可視属性のマップを返します。マッピングが見つからなかった場合はnullになります。
      abstract boolean prepareImage​(Image image, int width, int height, ImageObserver observer)
      描画のためにイメージを準備します。
      void removeAWTEventListener​(AWTEventListener listener)
      ディスパッチされたAWTEventを受け取らないように、AWTEventListenerを削除します。
      void removePropertyChangeListener​(String name, PropertyChangeListener pcl)
      指定されたデスクトップ・プロパティ用として指定されたプロパティ変更リスナーを削除します。
      protected void setDesktopProperty​(String name, Object newValue)
      指定されたデスクトップ・プロパティを、指定された値に変更し、プロパティ変更イベントをトリガーして、すべてのリスナーに値の変更を通知します。
      void setDynamicLayout​(boolean dynamic)
      Containersのレイアウトをサイズ変更時に動的に検査するか、またはサイズ変更が完了してから静的に検査するかを制御します。
      void setLockingKeyState​(int keyCode, boolean on)
      キーボード上の指定されたロック・キーの状態を設定します。
      abstract void sync()
      このツールキットのグラフィックスの状態を同期化します。
    • フィールドの詳細

      • desktopProperties

        protected final Map<String,​Object> desktopProperties
        デスクトップのプロパティ。
      • desktopPropsSupport

        protected final PropertyChangeSupport desktopPropsSupport
        デスクトップ・プロパティはサポートを変更します。
    • コンストラクタの詳細

      • Toolkit

        public Toolkit()
    • メソッドの詳細

      • loadSystemColors

        protected void loadSystemColors​(int[] systemColors)
                                 throws HeadlessException
        引数として指定される整数型の配列を、現在のシステム・カラー値で埋めます。
        パラメータ:
        systemColors - 整数型配列。
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • setDynamicLayout

        public void setDynamicLayout​(boolean dynamic)
                              throws HeadlessException
        Containersのレイアウトをサイズ変更時に動的に検査するか、またはサイズ変更が完了してから静的に検査するかを制御します。 この機能がこのプログラムで使用可能かどうか、および、このオペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャでサポートされているかどうかを検出するには、isDynamicLayoutActive()を使用してください。 この機能はすべてのプラットフォームでサポートされているわけではなく、逆に一部のプラットフォームではオフに設定できないことに注意してください。 サイズ変更時の動的レイアウトがサポートされていないか、または常にサポートされているプラットフォームでは、このプロパティを設定しても効果はありません。 一部のプラットフォームでは、この機能はオペレーティング・システムのプロパティまたはウィンドウ・マネージャとして設定、または設定解除できることに注意してください。 このようなプラットフォームでは、このメソッドが有効になる前に動的サイズ変更プロパティをオペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャ・レベルで設定する必要があります。 このメソッドは背後のオペレーティングまたはウィンドウ・マネージャのサポートや設定を変更しません。 オペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャのサポートはgetDesktopProperty("awt.dynamicLayoutSupported")メソッドを使って照会できます。
        パラメータ:
        dynamic - trueの場合、ContainersはContainerのサイズ変更に対応してコンポーネントを再レイアウトする必要がある。 falseの場合、サイズ変更が完了してからレイアウトが検査される。
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        isDynamicLayoutSet(), isDynamicLayoutActive(), getDesktopProperty(String propertyName), GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • isDynamicLayoutSet

        protected boolean isDynamicLayoutSet()
                                      throws HeadlessException
        Containersのレイアウトをサイズ変更時に動的に検査するか、またはサイズ変更が完了してから静的に検査するかを返します。 注:このメソッドはプログラムによって設定された値を返すことに注意してください。つまり、オペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャのレベルでのサイズ変更における動的レイアウト、あるいは現在のオペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャの設定サポートを反映しません。 オペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャのサポートはgetDesktopProperty("awt.dynamicLayoutSupported")を使って照会できます。
        戻り値:
        Containersの検査が動的に行われる場合はtrue、サイズ変更が終了してから検査が行われる場合はfalse
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setDynamicLayout(boolean dynamic), isDynamicLayoutActive(), getDesktopProperty(String propertyName), GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • isDynamicLayoutActive

        public boolean isDynamicLayoutActive()
                                      throws HeadlessException
        サイズ変更時のコンテナの動的レイアウトが、基礎となるオペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャで現在有効かどうかを返します。 プラットフォームがサポートしている場合は、setDynamicLayout(boolean)を使用して、プラットフォームの動的レイアウトをプログラムで有効または無効にすることができます。 そのトグルがサポートされているかどうか、またはtrueまたは falseが引数として指定されているかどうかにかかわらず、このメソッドはアクティブな現在のプラットフォームの動作を返し、JDKはサイズ変更時にレイアウト・ポリシーを決定します。

        動的レイアウトが現在アクティブでない場合、Containersはサイズ変更が完了してからコンポーネントを再レイアウトします。 結果として、Component.validate()メソッドはサイズ変更につき1回だけ呼び出されます。 動的レイアウトが現在アクティブである場合、Containersはネイティブなサイズ変更イベントのたびにコンポーネントを再レイアウトし、validate()メソッドが毎回呼び出されます。 オペレーティング・システムまたはウィンドウ・マネージャのサポートはgetDesktopProperty("awt.dynamicLayoutSupported")メソッドを使って照会できます。 このプロパティはプラットフォーム機能を反映しますが、現在有効になっているかどうかを判断するには不十分です。

        戻り値:
        サイズ変更でのContainersの動的レイアウトが現在アクティブの場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()メソッドがtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setDynamicLayout(boolean dynamic), isDynamicLayoutSet(), getDesktopProperty(String propertyName), GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getScreenResolution

        public abstract int getScreenResolution()
                                         throws HeadlessException
        スクリーン解像度を1インチあたりのドット数で返します。
        戻り値:
        このツールキットのスクリーン解像度(1インチあたりのドット数)
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getColorModel

        public abstract ColorModel getColorModel()
                                          throws HeadlessException
        このツールキットのスクリーンのカラー・モデルを判定します。

        ColorModelは、イメージのピクセル値と、その赤、緑、青、およびアルファの各成分とを変換する機能をカプセル化する抽象クラスです。

        このツールキット・メソッドは、ComponentクラスのgetColorModelメソッドによって呼び出されます。

        戻り値:
        このツールキットのスクリーンのカラー・モデル
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), ColorModel, Component.getColorModel()
      • getFontList

        @Deprecated
        public abstract String[] getFontList()
        非推奨。
        このツールキットで利用可能なフォントの名前を返します。

        1.1では次のフォント名は推奨しません(カッコ内に代替フォント名を示す)。

        • TimesRoman (Serifを使用)
        • Helvetica (SansSerifを使用)
        • Courier (Monospacedを使用)

        また、フォント名ZapfDingbatsは1.1では非推奨ですが、文字はUnicodeの0x2700以降で定義されており、Java 1.1から、それらの文字をサポートしています。

        戻り値:
        このツールキットで利用可能なフォントの名前
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.getAvailableFontFamilyNames()
      • sync

        public abstract void sync()
        このツールキットのグラフィックスの状態を同期化します。 一部のウィンドウ・システムは、グラフィックス・イベントをバッファリングします。

        このメソッドは、表示が最新であることを保証します。 アニメーションに使用します。

      • getDefaultToolkit

        public static Toolkit getDefaultToolkit()
        デフォルトのツールキットを返します。

        "java.awt.headless"という名前のシステム・プロパティがtrueに設定されている場合、Toolkitのヘッドレス実装が使用されます。そうでない場合、Toolkitのデフォルトのプラットフォーム固有の実装が使用されます。

        このツールキットがヘッドレス実装ではなく、存在する場合、システム・プロパティjavax.accessibility.assistive_technologiesで指定されている場合、AccessibilityProviderのサービス・プロバイダがロードされます。

        このプロパティを設定する例は、-Djavax.accessibility.assistive_technologies=MyServiceProviderでJavaを呼び出すことです。 MyServiceProviderに加えて、他のサービス・プロバイダをカンマで区切って指定することもできます。 サービス・プロバイダは、AWTツールキットが作成された後にロードされます。 エラーはすべてAWTError例外を使って処理されます。

        assistive_technologiesプロパティで指定された名前は、各サービス・プロバイダの実装を問合せするために使用されます。 リクエストされた名前がサービス・プロバイダのnameと一致する場合は、AccessibilityProvider.activate()メソッドが呼び出されて、一致するサービス・プロバイダがアクティブになります。

        実装要件:
        支援技術サービス・プロバイダがシステム・プロパティで指定されていない場合、この実装は次のプロパティ・ファイルを検索します:
        • ${user.home}/.accessibility.properties
        • ${java.home}/conf/accessibility.properties
        これらのファイルのうち最初に見つかったものだけが相談されます。 リクエストされたサービス・プロバイダは、assistive_technologies=プロパティを設定することによって指定されます。 単一のプロバイダまたはコンマで区切られたプロバイダのリストを指定できます。
        戻り値:
        デフォルトのツールキット
        例外:
        AWTError - ツールキットが見つからなかった場合、あるいはアクセスまたはインスタンス化できなかった場合。
        関連項目:
        ServiceLoader, AccessibilityProvider
      • getImage

        public abstract Image getImage​(String filename)
        指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージを返します。ファイル形式はGIF、JPEG、PNGのいずれかにする必要があります。 基本となるツールキットは、ファイル名が同じ複数の要求を、同じImageを返して解決しようとします。

        Imageオブジェクトのこの共有を容易にするために必要なメカニズムによって、すでに使用されなくなっているイメージが引き続き無期限に保持される可能性があるため、開発者は、可能な場合は常にcreateImageバリアントを使用してイメージの独自のキャッシュを実装することをお薦めします。 指定されたファイルに格納されたイメージ・データが変更されると、このメソッドで返されるImageオブジェクトにも、前の呼出しのあとでファイルからロードされた無効な情報が格納されている可能性があります。 以前にロードされたイメージ・データは、返されたImageflushメソッドを呼び出すことによって手動で破棄できます。

        このメソッドは、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかをチェックします。 インストールされている場合は、指定されたファイルを使用してセキュリティ・マネージャのcheckReadメソッドを呼び出し、イメージへのアクセスが許可されるようにします。

        パラメータ:
        filename - 認識されるファイル形式でピクセル・データが格納されているファイルの名前。
        戻り値:
        指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージ
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckReadメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        関連項目:
        createImage(java.lang.String)
      • getImage

        public abstract Image getImage​(URL url)
        指定されたURLからピクセル・データを取得するイメージを返します。 指定されたURLが参照するピクセル・データのファイル形式は、GIF、JPEG、PNGのいずれかでなくてはいけません。 基本のツールキットは、URL名が同じ複数の要求を、同じImageを返して解決しようとします。

        Imageオブジェクトのこの共有を容易にするために必要なメカニズムによって、すでに使用されなくなっているイメージが引き続き無期限に保持される可能性があるため、開発者は、可能な場合は常にcreateImageバリアントを使用してイメージの独自のキャッシュを実装することをお薦めします。 指定されたURLに格納されたイメージ・データが変更されると、このメソッドで返されるImageオブジェクトにも、前の呼出しのあとでURLから取得された無効な情報が格納されている可能性があります。 以前にロードされたイメージ・データは、返されたImageflushメソッドを呼び出すことによって手動で破棄できます。

        このメソッドは、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかをチェックします。 そうである場合、メソッドは、イメージへのアクセスが許可されることを保証するために、対応するアクセス権でセキュリティ・マネージャcheckPermissionメソッドを呼び出します。 指定されたURLへの接続にURLPermissionまたはSocketPermissionが必要な場合は、セキュリティ・チェックにURLPermissionが使用されます。

        パラメータ:
        url - ピクセル・データの取得で使用するURL。
        戻り値:
        指定されたURLからピクセル・データを取得するイメージ
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckPermissionメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        関連項目:
        createImage(java.net.URL)
      • createImage

        public abstract Image createImage​(String filename)
        指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージを返します。 返されるImageは、このメソッドまたはそのgetImageバリアントのほかの呼出し側からは共有されない新しいオブジェクトです。

        このメソッドは、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかをチェックします。 インストールされている場合は、指定されたファイルを使用してセキュリティ・マネージャのcheckReadメソッドを呼び出し、イメージの作成が許可されるようにします。

        パラメータ:
        filename - 認識されるファイル形式でピクセル・データが格納されているファイルの名前。
        戻り値:
        指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージ
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckReadメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        関連項目:
        getImage(java.lang.String)
      • createImage

        public abstract Image createImage​(URL url)
        指定されたURLからピクセル・データを取得するイメージを返します。 返されるImageは、このメソッドまたはそのgetImageバリアントのほかの呼出し側からは共有されない新しいオブジェクトです。

        このメソッドは、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかをチェックします。 そうであれば、メソッドは対応するパーミッションを持つセキュリティ・マネージャのcheckPermissionメソッドを呼び出して、イメージの作成が許可されていることを確認します。 指定されたURLへの接続にURLPermissionまたはSocketPermissionが必要な場合は、セキュリティ・チェックにURLPermissionが使用されます。

        パラメータ:
        url - ピクセル・データの取得で使用するURL。
        戻り値:
        指定されたURLからピクセル・データを取得するイメージ
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckPermissionメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        関連項目:
        getImage(java.net.URL)
      • prepareImage

        public abstract boolean prepareImage​(Image image,
                                             int width,
                                             int height,
                                             ImageObserver observer)
        描画のためにイメージを準備します。

        width引数およびheight引数の値が両方とも-1の場合、このメソッドは、デフォルト・スクリーンで描画するようにイメージを準備します。そうでない場合、このメソッドは、デフォルト・スクリーンで、指定された高さおよび幅で描画するようにイメージを準備します。

        イメージ・データは別のスレッドで非同期にダウンロードされ、イメージの適切にスケーリングされた画面表現が生成されます。

        このメソッドはComponentのprepareImageメソッドによって呼び出されます。

        このメソッドによって返されるフラグについては、ImageObserverインタフェースの定義を参照してください。

        パラメータ:
        image - 画面表現が作成されるイメージ。
        width - 目的の画面表現の幅、または-1
        height - 目的の画面表現の高さ、または-1
        observer - イメージが準備されているときに通知を受けるImageObserverオブジェクト。
        戻り値:
        イメージがすでに完全に準備されている場合はtrue、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        Component.prepareImage(java.awt.Image, java.awt.image.ImageObserver), Component.prepareImage(java.awt.Image, int, int, java.awt.image.ImageObserver), ImageObserver
      • checkImage

        public abstract int checkImage​(Image image,
                                       int width,
                                       int height,
                                       ImageObserver observer)
        表示のために準備される、指定されたイメージの作成ステータスを示します。

        width引数およびheight引数の値が両方とも-1の場合、このメソッドは、このツールキットで指定されたイメージの画面表現の作成ステータスを返します。 そうでない場合、このメソッドは、指定された幅と高さにスケーリングされたイメージの表現の作成ステータスを返します。

        このメソッドはイメージのロードを開始しません。 イメージを強制的にロードするには、アプリケーションはprepareImageを呼び出す必要があります。

        このメソッドはComponentのcheckImageメソッドによって呼び出されます。

        このメソッドによって返されるフラグについては、ImageObserverインタフェースの定義を参照してください。

        パラメータ:
        image - 状態検査の対象となるイメージ。
        width - 状態検査の対象となるスケーリングされたバージョンの幅、または-1
        height - 状態検査の対象となるスケーリングされたバージョンの高さ、または-1
        observer - イメージが準備されているときに通知を受けるImageObserverオブジェクト。
        戻り値:
        現在利用可能なイメージ・データについてのImageObserverフラグのビット単位の論理OR
        関連項目:
        prepareImage(java.awt.Image, int, int, java.awt.image.ImageObserver), Component.checkImage(java.awt.Image, java.awt.image.ImageObserver), Component.checkImage(java.awt.Image, int, int, java.awt.image.ImageObserver), ImageObserver
      • createImage

        public Image createImage​(byte[] imagedata)
        指定されたバイト配列に保管されているイメージを復号化するイメージを作成します。

        データは、GIFまたはJPEGなど、このツールキットによってサポートされているイメージ形式である必要があります。

        パラメータ:
        imagedata - サポートされるイメージ形式でイメージ・データを表すバイトの配列。
        戻り値:
        イメージ
        導入されたバージョン:
        1.1
      • createImage

        public abstract Image createImage​(byte[] imagedata,
                                          int imageoffset,
                                          int imagelength)
        指定されたバイト配列に保管されているイメージを復号化するイメージを、指定されたオフセットおよび長さで作成します。 データは、GIFまたはJPEGなど、このツールキットによってサポートされているイメージ形式である必要があります。
        パラメータ:
        imagedata - サポートされるイメージ形式でイメージ・データを表すバイトの配列。
        imageoffset - 配列内のデータの開始位置のオフセット。
        imagelength - 配列内のデータの長さ。
        戻り値:
        イメージ
        導入されたバージョン:
        1.1
      • getPrintJob

        public abstract PrintJob getPrintJob​(Frame frame,
                                             String jobtitle,
                                             Properties props)
        ツールキットのプラットフォーム上で出力操作を開始した結果として生成されるPrintJobオブジェクトを取得します。

        このメソッドの実際の実装は、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかを調べます。 存在する場合、このメソッドはセキュリティ・マネージャのcheckPrintJobAccessメソッドを呼び出すことにより、印刷操作の開始が許可されるようにしてください。 checkPrintJobAccessのデフォルトの実装が使用される(つまり、そのメソッドがオーバーライドされない)場合は、これにより、セキュリティ・マネージャのcheckPermissionメソッドがRuntimePermission("queuePrintJob")アクセス権で呼び出されます。

        パラメータ:
        frame - 印刷ダイアログの親。 nullは不可。
        jobtitle - PrintJobのタイトル。 nullタイトルは""と同等
        props - ゼロ以上のプロパティを格納するPropertiesオブジェクト。 Propertiesは標準化されず、実装全体で一貫していない。 このため、ジョブ制御およびページ制御を必要とするPrintJobsはこの機能の、JobAttributesオブジェクトおよびPageAttributesオブジェクトを必要とするバージョンを使う必要がある。 このオブジェクトは終了時にユーザーのジョブ選択を反映して変更できる。 nullの場合もあります。
        戻り値:
        PrintJobオブジェクト、またはユーザーが印刷ジョブを取り消した場合はnull
        例外:
        NullPointerException - フレームがnullである場合
        SecurityException - 出力ジョブ要求の開始がこのスレッドに許可されていない場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), PrintJob, RuntimePermission
      • getPrintJob

        public PrintJob getPrintJob​(Frame frame,
                                    String jobtitle,
                                    JobAttributes jobAttributes,
                                    PageAttributes pageAttributes)
        ツールキットのプラットフォーム上で出力操作を開始した結果として生成されるPrintJobオブジェクトを取得します。

        このメソッドの実際の実装は、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかを調べます。 存在する場合、このメソッドはセキュリティ・マネージャのcheckPrintJobAccessメソッドを呼び出すことにより、印刷操作の開始が許可されるようにしてください。 checkPrintJobAccessのデフォルトの実装が使用される(つまり、そのメソッドがオーバーライドされない)場合は、これにより、セキュリティ・マネージャのcheckPermissionメソッドがRuntimePermission("queuePrintJob")アクセス権で呼び出されます。

        パラメータ:
        frame - 印刷ダイアログの親。 nullは不可。
        jobtitle - PrintJobのタイトル。 nullタイトルは""と同等
        jobAttributes - PrintJobを制御するジョブ属性のセット。 JobAttributesドキュメントで概説されているように、属性はユーザーの選択を反映して更新される。 nullの場合もあります。
        pageAttributes - PrintJobを制御するページ属性のセット。 属性はジョブの全ページに適用される。 PageAttributesドキュメントで概説されているように、属性はユーザーの選択を反映して更新される。 nullの場合もあります。
        戻り値:
        PrintJobオブジェクト、またはユーザーが印刷ジョブを取り消した場合はnull
        例外:
        NullPointerException - フレームがnullである場合
        IllegalArgumentException - pageAttributesが異なる前後送りおよび送り解像度を指定した場合。 また、このスレッドがファイル・システムにアクセスでき、jobAttributesがファイルへの出力を指定しており、指定された出力先ファイルが次のいずれかである場合: 存在するが通常のファイルではなくてディレクトリである、存在せず作成もできない、または何らかの理由で開くことができない。 ただしファイルへの出力では、ダイアログを表示するように要求した場合、ユーザーはファイルを選択して印刷処理を行うことができる。 このダイアログにより、選択された出力ファイルがこのメソッドで返す前に有効であることが確認される。
        SecurityException - 印刷ジョブ要求の開始がこのスレッドに許可されていない場合、またはjobAttributesがファイルへの出力を指定した場合で、このスレッドがファイル・システムにアクセスすることを許可されていない場合
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        PrintJob, GraphicsEnvironment.isHeadless(), RuntimePermission, JobAttributes, PageAttributes
      • beep

        public abstract void beep()
        ネイティブ・システムの設定とハードウェアの機能に応じて、ビープ音を発します。
        導入されたバージョン:
        1.1
      • getSystemClipboard

        public abstract Clipboard getSystemClipboard()
                                              throws HeadlessException
        ネイティブ・プラット・フォームによって提供される、クリップボード機能とのインタフェースとなるシステムClipboardの単独インスタンスを返します。 このクリップボードは、Javaプログラムと、ネイティブのクリップボード機能を使用するネイティブ・アプリケーションとの間でデータ転送を行えるようにします。

        システムのクリップボードgetTransferData()メソッドによって返される任意のデフォルト・フォーマットとすべてのデフォルト・フォーマットに加えて、次のようなフレーバで使用できます:

        • DataFlavor.stringFlavor
        • DataFlavor.plainTextFlavor (非推奨)
        java.awt.datatransfer.StringSelectionと同様に、必要なフレーバがDataFlavor.plainTextFlavorまたは同等のフレーバである場合は、Readerが返されます。 ノート: DataFlavor.plainTextFlavorとそれに相当するDataFlavorsのシステム・クリップ・ボードgetTransferData()メソッドの動作は、DataFlavor.plainTextFlavorの定義と矛盾します。 このため、DataFlavor.plainTextFlavorおよび同等のフレーバのサポートは非推奨です

        このメソッドの実際の実装は、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかを調べます。 存在する場合、このメソッドはセキュリティ・マネージャのcheckPermissionメソッドを呼び出すことにより、AWTPermission("accessClipboard")をチェックするようにしてください。

        戻り値:
        システムのClipboard
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), Clipboard, StringSelection, DataFlavor.stringFlavor, DataFlavor.plainTextFlavor, Reader, AWTPermission
      • getSystemSelection

        public Clipboard getSystemSelection()
                                     throws HeadlessException
        システム選択の単独インスタンスをClipboardオブジェクトとして取得します。 これにより、アプリケーションが現在のシステム全体の選択を読み込み、変更できるようなります。

        アプリケーションは、ユーザーがマウスまたはキーボードのどちらかを使ってテキストを選択したときに、必ずシステム選択の更新を行います。 通常、これはテキスト選択をサポートするすべてのComponent、およびそのComponentに配信されるFOCUS_GAINEDおよびFOCUS_LOSTイベント間のFocusListenerをインストールして、Component内で選択が変更されたときにシステム選択Clipboardを更新することにより実装されます。 正常に更新されたシステム選択によって、Javaアプリケーションはシステム上で同時に実行されるネイティブ・アプリケーションおよびその他のJavaアプリケーションと正常に対話できるようになります。 java.awt.TextComponentおよびjavax.swing.text.JTextComponentはすでにこのポリシーに準拠していることに注意してください。 これらのクラスおよびそのサブクラスを使用する場合、開発者は追加コードを記述する必要はありません。

        一部のプラットフォームは、システム選択Clipboardをサポートしていません。 このようなプラットフォームでは、このメソッドはnullを返します。 このような場合、アプリケーションは上述のシステム選択Clipboardの更新の責任は免除されます。

        このメソッドの実際の実装は、最初にセキュリティ・マネージャがインストールされているかどうかを調べます。 存在する場合、このメソッドはセキュリティ・マネージャのcheckPermissionメソッドを呼び出すことにより、AWTPermission("accessClipboard")をチェックするようにしてください。

        戻り値:
        Clipboardとしてのシステム選択。ネイティブ・プラット・フォームでシステム選択Clipboardがサポートされない場合はnull
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        Clipboard, FocusListener, FocusEvent.FOCUS_GAINED, FocusEvent.FOCUS_LOST, TextComponent, JTextComponent, AWTPermission, GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getMenuShortcutKeyMask

        @Deprecated(since="10")
        public int getMenuShortcutKeyMask()
                                   throws HeadlessException
        非推奨。
        代わりに拡張修飾キーとgetMenuShortcutKeyMaskEx()を使用することをお勧めします
        どの修飾キーがメニュー・ショートカットの適切なアクセラレータ・キーであるかを判定します。

        メニュー・ショートカットは、MenuShortcutクラスで具現化され、MenuBarクラスで処理されます。

        デフォルトでは、このメソッドはEvent.CTRL_MASKを返します。 Controlキーがアクセラレータの正しい文字でない場合、ツールキットの実装はこのメソッドをオーバーライドします。

        戻り値:
        このツールキットでメニュー・ショートカットとして使用されるEventクラスの修飾マスク。
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), MenuBar, MenuShortcut
      • getMenuShortcutKeyMaskEx

        public int getMenuShortcutKeyMaskEx()
                                     throws HeadlessException
        どの拡張修飾キーがメニュー・ショートカットの適切なアクセラレータ・キーであるかを決定します。

        メニュー・ショートカットは、MenuShortcutクラスで具現化され、MenuBarクラスで処理されます。

        デフォルトでは、このメソッドはInputEvent.CTRL_DOWN_MASKを返します。 Controlキーがアクセラレータの正しい文字でない場合、ツールキットの実装はこのメソッドをオーバーライドします。

        戻り値:
        このツールキットのメニュー・ショートカットに使用されるInputEventクラスの変更子マスク
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        10
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), MenuBar, MenuShortcut
      • getLockingKeyState

        public boolean getLockingKeyState​(int keyCode)
                                   throws UnsupportedOperationException
        キーボード上の指定されたロック・キーが現在オンの状態かどうかを返します。 有効なキー・コードは、VK_CAPS_LOCKVK_NUM_LOCKVK_SCROLL_LOCK、およびVK_KANA_LOCKです。
        パラメータ:
        keyCode - キー・コード
        戻り値:
        指定されたキーが現在"on"状態にある場合はtrue;そうでなければfalse
        例外:
        IllegalArgumentException - keyCodeがいずれかの有効なキー・コードでない場合
        UnsupportedOperationException - ホスト・システムがプログラムによってこのキーの状態を取得することを許可しない場合、またはキーボードにこのキーがない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • setLockingKeyState

        public void setLockingKeyState​(int keyCode,
                                       boolean on)
                                throws UnsupportedOperationException
        キーボード上の指定されたロック・キーの状態を設定します。 有効なキー・コードは、VK_CAPS_LOCKVK_NUM_LOCKVK_SCROLL_LOCK、およびVK_KANA_LOCKです。

        プラットフォームによっては、ロック・キーの状態の設定はイベント処理を伴い、したがってgetLockingKeyStateですぐには見えない場合があります。

        パラメータ:
        keyCode - キー・コード
        on - キーの状態
        例外:
        IllegalArgumentException - keyCodeがいずれかの有効なキー・コードでない場合
        UnsupportedOperationException - ホスト・システムがプログラムによってこのキーの状態を設定することを許可しない場合、またはキーボードにこのキーがない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getNativeContainer

        protected static Container getNativeContainer​(Component c)
        ネイティブ・ピアに、ネイティブ・コンポーネントを与えてネイティブ・コンテナを照会する能力を与えます(直接の親は軽量である可能性があります)。
        パラメータ:
        c - コンテナを取得するコンポーネント
        戻り値:
        コンポーネントのネイティブ・コンテナ・オブジェクト
      • createCustomCursor

        public Cursor createCustomCursor​(Image cursor,
                                         Point hotSpot,
                                         String name)
                                  throws IndexOutOfBoundsException,
                                         HeadlessException
        新しいカスタム・カーソル・オブジェクトを生成します。 表示するイメージが無効な場合、カーソルは隠れ(完全に透明になり)、ホット・スポットは(0, 0)に設定されます。

        マルチフレーム・イメージは無効で、このメソッドがハングすることがあります。

        パラメータ:
        cursor - カーソルがアクティブなときに表示されるイメージ
        hotSpot - 大きいカーソルのホット・スポットのXおよびY。hotSpot値はgetBestCursorSizeによって返されるDimensionより小さい値でなければならない
        name - ローカライズされたカーソルの記述。Java Accessibilityで使用
        戻り値:
        作成されたカーソル
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - hotSpot値がカーソルの境界外の場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getBestCursorSize

        public Dimension getBestCursorSize​(int preferredWidth,
                                           int preferredHeight)
                                    throws HeadlessException
        目的のサイズにもっとも近い、サポートされているカーソルのサイズを返します。 1つのカーソル・サイズだけをサポートするシステムは、目的のサイズとは無関係にそのサイズを返します。 カスタム・カーソルをサポートしないシステムは0, 0の寸法を返します。

        注: 寸法が、サポートされているサイズ(このメソッドによって返されるサイズ)に一致しないイメージの場合、Toolkitの実装は、イメージのサイズをサポートされているサイズに変更しようとします。 解像度の低いイメージの変換は難しいため、サポートされているサイズでないカーソル・イメージの画質は保証されません。 したがって、イメージ変換が不要なイメージを使用する場合にこのメソッドを呼び出すようにすることを推奨します。

        パラメータ:
        preferredWidth - コンポーネントが使用する、推奨のカーソルの幅。
        preferredHeight - コンポーネントが使用する、推奨のカーソルの高さ。
        戻り値:
        要求するサイズにもっとも近い、サポートされているカーソル・サイズ。またはToolkitの実装がカスタム・カーソルをサポートしていない場合は寸法0,0
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getMaximumCursorColors

        public int getMaximumCursorColors()
                                   throws HeadlessException
        Toolkitがカスタム・カーソル・パレットでサポートする最大の色数を返します。

        注: サポートされている最大値を超える数の色をパレットに持つイメージが使用される場合、Toolkitの実装は、パレットの色数をサポートされている最大値まで減らします。 解像度の低いイメージの変換は難しいため、システムでサポートされている以上の数の色が使用されているカーソル・イメージの画質は保証されません。 したがって、イメージ変換が不要なイメージを使用する場合にこのメソッドを呼び出すようにすることを推奨します。

        戻り値:
        最大色数。カスタム・カーソルがこのToolkitの実装でサポートされていない場合は0
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • isFrameStateSupported

        public boolean isFrameStateSupported​(int state)
                                      throws HeadlessException
        ToolkitがこのFrameの状態をサポートするかどうかを返します。 このメソッドは、たとえば最大化またはアイコン化などのUI概念をサポートするかどうかを示します。 これはFrame.ICONIFIED|Frame.MAXIMIZED_VERTのような複合状態に対しては常にfalseを返します。 言い換えれば、おおまかに言って引数として単一のフレーム状態の定数を照会することだけに意味があることになります。

        特定の概念をサポートすることは、プラットフォームに依存する機能です。 Toolkitオブジェクトは、そのネイティブな制限のため、特定の状態がサポートされていると報告しても、その状態を特定のフレームに適用できない場合があります。 この場合、結果は次の2つになります。

        • 現在のメソッドの戻り値がfalseである場合のみ、指定の状態がサポートされていないことを実際に示しています。 メソッドがtrueを返す場合でも、指定の状態が特定のフレームでサポートされないか使用不可である可能性があります。
        • 開発者は、setExtendedState()メソッドに渡した状態が必ず適用されると想定するのではなく、WindowStateListenerを介して受け取ったWindowEventWindowEvent.getNewState()メソッドの値を調べるようにしてください。 詳細は、Frame.setExtendedState(int)メソッドのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        state - 名前付きのフレーム状態の定数のどれか。
        戻り値:
        このフレーム状態が、このToolkitの実装によってサポートされている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        Window.addWindowStateListener(java.awt.event.WindowStateListener)
      • getProperty

        public static String getProperty​(String key,
                                         String defaultValue)
        指定されたキーおよびデフォルトを使ってプロパティを返します。 プロパティが見つからない場合、このメソッドはdefaultValueを返します。
        パラメータ:
        key - キー
        defaultValue - デフォルト値
        戻り値:
        プロパティの値、またはプロパティが見つからない場合のデフォルト値
      • getSystemEventQueue

        public final EventQueue getSystemEventQueue()
        アプリケーションまたはアプレットのEventQueueのインスタンスを返します。 Toolkitの実装によっては、アプレットごとに異なるEventQueuesが返されることもあります。 したがって、アプレットは、このメソッドによって返されるEventQueueのインスタンスはほかのアプレットまたはシステムに共有されることを前提としません。

        セキュリティ・マネージャが存在する場合は、そのcheckPermissionメソッドが呼び出され、AWTPermission("accessEventQueue")がチェックされます。

        戻り値:
        EventQueueオブジェクト
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが設定されており、EventQueueへのアクセスが拒否される場合
        関連項目:
        AWTPermission
      • getSystemEventQueueImpl

        protected abstract EventQueue getSystemEventQueueImpl()
        アクセスをチェックせずに、アプリケーションまたはアプレットのEventQueueインスタンスを取得します。 セキュリティ上の理由により、Toolkitサブクラスからのみ呼び出すことができます。
        戻り値:
        EventQueueオブジェクト
      • createDragGestureRecognizer

        public <T extends DragGestureRecognizer> T createDragGestureRecognizer​(Class<T> abstractRecognizerClass,
                                                                               DragSource ds,
                                                                               Component c,
                                                                               int srcActions,
                                                                               DragGestureListener dgl)
        要求された抽象クラスDragGestureRecognizerの、プラットフォームに依存する具象サブクラスを作成し、指定されたDragSource、Component、およびDragGestureListenerに関連付けます。サブクラスで独自の実装を提供するには、このメソッドをオーバーライドしてください
        型パラメータ:
        T - 作成するDragGestureRecognizerの型
        パラメータ:
        abstractRecognizerClass - 要求されたレコグナイザの抽象クラス
        ds - DragSource
        c - DragGestureRecognizerのComponentターゲット
        srcActions - ジェスチャで許可されているアクション
        dgl - DragGestureListener
        戻り値:
        新規オブジェクトまたはnull。 GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合は常にnullを返す
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getDesktopProperty

        public final Object getDesktopProperty​(String propertyName)
        指定されたデスクトップ・プロパティの値を取得します。 デスクトップ・プロパティは、Toolkitで本来グローバルなリソースの一意な名前を付けられた値です。 通常は、基になっているプラットフォームに依存したデスクトップ設定の抽象表現でもあります。 AWTでサポートされるデスクトップ・プロパティの詳細については、AWTデスクトップ・プロパティを参照してください。
        パラメータ:
        propertyName - プロパティ名
        戻り値:
        指定されたデスクトップ・プロパティの値
      • setDesktopProperty

        protected final void setDesktopProperty​(String name,
                                                Object newValue)
        指定されたデスクトップ・プロパティを、指定された値に変更し、プロパティ変更イベントをトリガーして、すべてのリスナーに値の変更を通知します。
        パラメータ:
        name - プロパティ名
        newValue - 新しいプロパティ値
      • lazilyLoadDesktopProperty

        protected Object lazilyLoadDesktopProperty​(String name)
        デスクトップのプロパティ値を遅延評価する機会。
        パラメータ:
        name - 名前
        戻り値:
        デスクトップ・プロパティまたはnull
      • initializeDesktopProperties

        protected void initializeDesktopProperties()
        初期化デスクトップ・プロパティです。
      • addPropertyChangeListener

        public void addPropertyChangeListener​(String name,
                                              PropertyChangeListener pcl)
        指定されたデスクトップ・プロパティ用として、指定されたプロパティ変更リスナーを追加します。 PropertyChangeListenerProxyオブジェクトが追加される場合、そのプロパティ名は無視され、ラップされたリスナーが追加されます。 namenullであるか、またはpclnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。
        パラメータ:
        name - 待機するプロパティの名前
        pcl - プロパティ変更リスナー
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        PropertyChangeSupport.addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener)
      • removePropertyChangeListener

        public void removePropertyChangeListener​(String name,
                                                 PropertyChangeListener pcl)
        指定されたデスクトップ・プロパティ用として指定されたプロパティ変更リスナーを削除します。 PropertyChangeListenerProxyオブジェクトが削除される場合、そのプロパティ名は無視され、ラップされたリスナーが削除されます。 namenullであるか、またはpclnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。
        パラメータ:
        name - 削除するプロパティの名前
        pcl - プロパティ変更リスナー
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        PropertyChangeSupport.removePropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener)
      • getPropertyChangeListeners

        public PropertyChangeListener[] getPropertyChangeListeners()
        このツールキットに登録されたすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。 返される配列には、リスナーをデスクトップ・プロパティの名前に関連付けるPropertyChangeListenerProxyオブジェクトが格納されています。
        戻り値:
        java.beans.PropertyChangeListenerProxyオブジェクトにラップされた、このツールキットのすべてのPropertyChangeListenerオブジェクト。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        PropertyChangeSupport.getPropertyChangeListeners()
      • getPropertyChangeListeners

        public PropertyChangeListener[] getPropertyChangeListeners​(String propertyName)
        デスクトップ・プロパティの指定された名前に関連付けられているすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。
        パラメータ:
        propertyName - 名前付きのプロパティ
        戻り値:
        指定されたデスクトップ・プロパティ名に関連付けられているすべてのPropertyChangeListenerオブジェクト。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        PropertyChangeSupport.getPropertyChangeListeners(String)
      • isAlwaysOnTopSupported

        public boolean isAlwaysOnTopSupported()
        最前面モードがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。 特定のウィンドウで最前面モードがサポートされているかどうかを検出するには、Window.isAlwaysOnTopSupported()を使用します。
        戻り値:
        現在のツールキットが最前面モードをサポートしている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Window.isAlwaysOnTopSupported(), Window.setAlwaysOnTop(boolean)
      • isModalityTypeSupported

        public abstract boolean isModalityTypeSupported​(Dialog.ModalityType modalityType)
        指定されたモーダリティ・タイプがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。 サポートされていないモーダリティ・タイプを使用するダイアログが作成されると、代わりにDialog.ModalityType.MODELESSが使用されます。
        パラメータ:
        modalityType - このツールキットでサポートされているかどうかを検査するモーダリティ・タイプ
        戻り値:
        現在のツールキットが指定されたモーダリティ・タイプをサポートしている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Dialog.ModalityType, Dialog.getModalityType(), Dialog.setModalityType(java.awt.Dialog.ModalityType)
      • isModalExclusionTypeSupported

        public abstract boolean isModalExclusionTypeSupported​(Dialog.ModalExclusionType modalExclusionType)
        指定されたモーダル除外タイプがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。 ウィンドウでサポートされていないモーダル除外タイプが設定されると、代わりにDialog.ModalExclusionType.NO_EXCLUDEが使用されます。
        パラメータ:
        modalExclusionType - このツールキットでサポートされているかどうかを検査するモーダル除外タイプ
        戻り値:
        現在のツールキットが指定されたモーダル除外タイプをサポートしている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Dialog.ModalExclusionType, Window.getModalExclusionType(), Window.setModalExclusionType(java.awt.Dialog.ModalExclusionType)
      • addAWTEventListener

        public void addAWTEventListener​(AWTEventListener listener,
                                        long eventMask)
        指定されたeventMaskに準拠する、システム全体にディスパッチされたすべてのAWTEventを受け取るために、AWTEventListenerを追加します。

        まず、セキュリティ・マネージャが存在する場合は、そのcheckPermissionメソッドがAWTPermission("listenToAllAWTEvents")アクセス権で呼び出されます。 その結果、SecurityExceptionが発生することがあります。

        eventMaskは、受け取るイベント型のビット・マスクです。 AWTEventで定義されているイベント・マスクのビット単位の論理和によって作成されます。

        注:イベント・リスナーの使用は通常のアプリケーションの使用では非推奨です。それは、アクセシビリティ、イベントの記録と再生、および診断トレースなどの特別な機能をサポートすることを主な目的としています。 listenerがnullの場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

        パラメータ:
        listener - イベント・リスナー。
        eventMask - 受け取るイベント型のビット・マスク
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckPermissionメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        removeAWTEventListener(java.awt.event.AWTEventListener), getAWTEventListeners(), SecurityManager.checkPermission(java.security.Permission), AWTEvent, AWTPermission, AWTEventListener, AWTEventListenerProxy
      • removeAWTEventListener

        public void removeAWTEventListener​(AWTEventListener listener)
        ディスパッチされたAWTEventを受け取らないように、AWTEventListenerを削除します。

        まず、セキュリティ・マネージャが存在する場合は、そのcheckPermissionメソッドがAWTPermission("listenToAllAWTEvents")アクセス権で呼び出されます。 その結果、SecurityExceptionが発生することがあります。

        注:イベント・リスナーの使用は通常のアプリケーションの使用では非推奨です。それは、アクセシビリティ、イベントの記録と再生、および診断トレースなどの特別な機能をサポートすることを主な目的としています。 listenerがnullの場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

        パラメータ:
        listener - イベント・リスナー。
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckPermissionメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        addAWTEventListener(java.awt.event.AWTEventListener, long), getAWTEventListeners(), SecurityManager.checkPermission(java.security.Permission), AWTEvent, AWTPermission, AWTEventListener, AWTEventListenerProxy
      • getAWTEventListeners

        public AWTEventListener[] getAWTEventListeners()
        このツールキットに登録されたすべてのAWTEventListenerの配列を返します。 セキュリティ・マネージャが存在する場合は、そのcheckPermissionメソッドがAWTPermission("listenToAllAWTEvents")アクセス権で呼び出されます。 その結果、SecurityExceptionが発生することがあります。 リスナーは、特定のリスナーに対するイベント・マスクも含まれているAWTEventListenerProxyオブジェクト内で返すことができます。 複数回追加されたリスナー・オブジェクトは、返された配列内に一度だけ表示されることに注意してください。
        戻り値:
        すべてのAWTEventListener。リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckPermissionメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        addAWTEventListener(java.awt.event.AWTEventListener, long), removeAWTEventListener(java.awt.event.AWTEventListener), SecurityManager.checkPermission(java.security.Permission), AWTEvent, AWTPermission, AWTEventListener, AWTEventListenerProxy
      • getAWTEventListeners

        public AWTEventListener[] getAWTEventListeners​(long eventMask)
        eventMask引数で指定されたすべてのイベント・タイプを待機する、このツールキットに登録されたすべてのAWTEventListenerの配列を返します。 セキュリティ・マネージャが存在する場合は、そのcheckPermissionメソッドがAWTPermission("listenToAllAWTEvents")アクセス権で呼び出されます。 その結果、SecurityExceptionが発生することがあります。 リスナーは、特定のリスナーに対するイベント・マスクも含まれているAWTEventListenerProxyオブジェクト内で返すことができます。 複数回追加されたリスナー・オブジェクトは、返された配列内に一度だけ表示されることに注意してください。
        パラメータ:
        eventMask - 待機するイベント型のビット・マスク
        戻り値:
        指定されたイベント型に対するこのツールキットに登録されたすべてのAWTEventListener、または該当するリスナーが現在登録されていない場合は空の配列
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、そのcheckPermissionメソッドでこの操作が許可されていない場合。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        addAWTEventListener(java.awt.event.AWTEventListener, long), removeAWTEventListener(java.awt.event.AWTEventListener), SecurityManager.checkPermission(java.security.Permission), AWTEvent, AWTPermission, AWTEventListener, AWTEventListenerProxy
      • mapInputMethodHighlight

        public abstract Map<TextAttribute,​?> mapInputMethodHighlight​(InputMethodHighlight highlight)
                                                                    throws HeadlessException
        指定されたインプット・メソッド・ハイライトの抽象レベル記述に対する可視属性のマップを返します。マッピングが見つからなかった場合はnullになります。 インプット・メソッド・ハイライトのスタイル・フィールドは無視されます。 返されたマップは変更できません。
        パラメータ:
        highlight - インプット・メソッド・ハイライト
        戻り値:
        スタイル属性マップ、またはnull
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlessがtrueを返した場合
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • areExtraMouseButtonsEnabled

        public boolean areExtraMouseButtonsEnabled()
                                            throws HeadlessException
        追加のマウス・ボタンからのイベントを処理してEventQueueに送信することが許可されているかどうかを報告します。
        戻り値を変更するには、Toolkitクラスの初期化の前にsun.awt.enableExtraMouseButtonsプロパティを設定する必要があります。
        この設定は、アプリケーションの起動時に次のコマンドによって実行できます。
         java -Dsun.awt.enableExtraMouseButtons=false Application
         
        または、アプリケーションで次のコードを使用してこのプロパティを設定します。
         System.setProperty("sun.awt.enableExtraMouseButtons", "true");
         
        これはToolkitクラスの初期化の前に行います。 Toolkitクラスの初期化までに設定しないと、このプロパティはtrueで初期化されます。 Toolkitクラスの初期化後にこの値を変更しても、何の効果もありません。
        戻り値:
        追加のマウス・ボタンからのイベントを処理して送信することが許可されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        System.getProperty(String propertyName), System.setProperty(String propertyName, String value), EventQueue