モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスProperties

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable, Map<Object,​Object>
    直系の既知のサブクラス:
    Provider

    public class Properties
    extends Hashtable<Object,​Object>
    Propertiesクラスは、プロパティの永続セットを表します。 Propertiesを、ストリームへ保管したり、ストリームからロードしたりできます。 プロパティ・リストの各キー、およびそれに対応する値は文字列です。

    プロパティ・リストには、その「デフォルト値」として別のプロパティ・リストを含めることができます。元のプロパティ・リストでプロパティ・キーが見つからない場合は、この2番目のプロパティ・リストが検索されます。

    PropertiesHashtableを継承するので、Propertiesオブジェクトに対してputメソッドおよびputAllメソッドを適用できます。 しかし、これらのメソッドを使用することは推奨されません。これらのメソッドを使うと、呼出し側はキーまたは値がStringsではないエントリを挿入できるからです。 setPropertyメソッドを代わりに使用してください。 String以外のキーまたは値を格納する「安全性の低い」Propertiesオブジェクトでstoreメソッドまたはsaveメソッドが呼び出されると、その呼出しは失敗します。 同様に、String以外のキーを格納する「安全性の低い」PropertiesオブジェクトでpropertyNamesまたはlistメソッドが呼び出されると、その呼出しは失敗します。

    このクラス"コレクション・ビュー" (すなわち、entrySet()keySet()、およびvalues())のiteratorメソッドによって返されたイテレータは、高速の(ハッシュテーブルの実装とは異なり)を生成しません。 これらのイテレータは、構築時に存在していた要素を1回だけトラバースすることが保証されており、構築後の変更を反映することがあります(しかし、保証されない)。

    load(Reader)/store(Writer, String)メソッドは、以下に示す単純行指向のフォーマットでプロパティを文字ベース・ストリームに対してロードおよび格納します。 load(InputStream)/store(OutputStream, String)メソッドはload(Reader)/store(Writer, String)ペアと同様に動作しますが、入力/出力ストリームがISO 8859-1文字エンコーディングでエンコードされる点が異なります。 このエンコーディングで直接表現できない文字は、『Java™言語仕様』のセクション3.3で定義されているUnicodeエスケープを使用して記述できます。エスケープ・シーケンスで許可されるのは、単一u文字だけです。

    loadFromXML(InputStream)およびstoreToXML(OutputStream, String, String)メソッドは、プロパティを単純なXML形式としてロードおよび格納できます。 デフォルトではUTF-8文字エンコーディングが使用されますが、必要に応じてエンコーディングを指定できます。 実装はUTF-8とUTF-16をサポートする必要があり、その他のエンコーディングもサポートできます。 XMLプロパティ・ドキュメントでは、次のDOCTYPE宣言が使用されます。

     <!DOCTYPE properties SYSTEM "http://java.sun.com/dtd/properties.dtd">
     
    プロパティをエクスポート/インポートするときに、システムURI (http://java.sun.com/dtd/properties.dtd)にはアクセスしません。システムURIは、DTDを一意に識別する文字列として使用されます。その内容は次のとおりです。
        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    
        <!-- DTD for properties -->
    
        <!ELEMENT properties ( comment?, entry* ) >
    
        <!ATTLIST properties version CDATA #FIXED "1.0">
    
        <!ELEMENT comment (#PCDATA) >
    
        <!ELEMENT entry (#PCDATA) >
    
        <!ATTLIST entry key CDATA #REQUIRED>
     

    このクラスはスレッドセーフです。外部の同期化を行わなくても、複数のスレッドで単一のPropertiesオブジェクトを共有できます。

    APIの注:
    Propertiesクラスは、そのスーパークラスHashtableから負荷係数の概念を継承しません。
    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected Properties defaults
      プロパティ・リストにないキーのデフォルト値を持つプロパティ・リストです。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Properties()
      デフォルト値を持たない空のプロパティ・リストを作成します。
      Properties​(int initialCapacity)
      デフォルト値を持たず、動的にサイズを変更する必要なしに、指定された数の要素に対応する初期サイズの空のプロパティ・リストを作成します。
      Properties​(Properties defaults)
      指定されたデフォルト値を持つ空のプロパティ・リストを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      String getProperty​(String key)
      指定されたキーを持つプロパティを、プロパティ・リストから探します。
      String getProperty​(String key, String defaultValue)
      指定されたキーを持つプロパティを、プロパティ・リストから探します。
      void list​(PrintStream out)
      指定された出力ストリームに、プロパティ・リストを出力します。
      void list​(PrintWriter out)
      指定された出力ストリームに、プロパティ・リストを出力します。
      void load​(InputStream inStream)
      入力バイト・ストリームからキーと要素が対になったプロパティ・リストを読み込みます。
      void load​(Reader reader)
      プロパティ・リスト(キーと要素のペア)を入力文字ストリームから単純な行指向形式で読み込みます。
      void loadFromXML​(InputStream in)
      指定された入力ストリーム上のXMLドキュメントにより表されるすべてのプロパティを、このプロパティ表にロードします。
      Enumeration<?> propertyNames()
      メイン・プロパティ・リストに同じ名前のキーが見つからない場合は、デフォルトのプロパティ・リストにある個別のキーを含む、このプロパティ・リストにあるすべてのキーの列挙を返します。
      void save​(OutputStream out, String comments)
      非推奨。
      このメソッドは、プロパティ・リストの保存中に入出力エラーが発生しても、IOExceptionをスローしません。
      Object setProperty​(String key, String value)
      Hashtableのメソッドputを呼び出します。
      void store​(OutputStream out, String comments)
      このProperties表内のプロパティ・リスト(キーと要素のペア)を、load(InputStream)メソッドを使用してProperties表にロードするのに適した形式で出力ストリームに書き込みます。
      void store​(Writer writer, String comments)
      このProperties表内のプロパティ・リスト(キーと要素のペア)を、load(Reader)メソッドを使用するのに適した形式で出力文字ストリームに書き込みます。
      void storeToXML​(OutputStream os, String comment)
      この表に含まれるすべてのプロパティを表すXMLドキュメントを発行します。
      void storeToXML​(OutputStream os, String comment, String encoding)
      この表に含まれるすべてのプロパティを表すXMLドキュメントを、指定されたエンコーディングを使用して発行します。
      void storeToXML​(OutputStream os, String comment, Charset charset)
      この表に含まれるすべてのプロパティを表すXMLドキュメントを、指定されたエンコーディングを使用して発行します。
      Set<String> stringPropertyNames()
      このプロパティ・リストからキーと対応する値が文字列である変更不可能なキー・セットを返します。同じ名前のキーがメイン・プロパティ・リストから見つからない場合は、デフォルト・プロパティ・リスト内の別のキーも含めて返します。
    • フィールドの詳細

      • defaults

        protected volatile Properties defaults
        プロパティ・リストにないキーのデフォルト値を持つプロパティ・リストです。
    • コンストラクタの詳細

      • Properties

        public Properties()
        デフォルト値を持たない空のプロパティ・リストを作成します。
        実装上の注意:
        このコンストラクタで作成されたPropertiesオブジェクトの初期容量は指定されていません。
      • Properties

        public Properties​(int initialCapacity)
        デフォルト値を持たず、動的にサイズを変更する必要なしに、指定された数の要素に対応する初期サイズの空のプロパティ・リストを作成します。
        パラメータ:
        initialCapacity - Propertiesは、この多くの要素に対応するためのサイズになります
        例外:
        IllegalArgumentException - 初期容量が0よりも小さい場合。
      • Properties

        public Properties​(Properties defaults)
        指定されたデフォルト値を持つ空のプロパティ・リストを作成します。
        実装上の注意:
        このコンストラクタで作成されたPropertiesオブジェクトの初期容量は指定されていません。
        パラメータ:
        defaults - デフォルト値。
    • メソッドの詳細

      • setProperty

        public Object setProperty​(String key,
                                  String value)
        Hashtableのメソッドputを呼び出します。 getPropertyメソッドと対になります。 プロパティのキーおよび値に文字列を使うことを義務付けます。 返される値はputへのHashtable呼出しの結果です。
        パラメータ:
        key - プロパティ・リストに配置されるキー。
        value - keyに対応する値。
        戻り値:
        このプロパティ・リスト内での指定されたキーの以前の値。このキーが値を持っていなかった場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        getProperty(java.lang.String)
      • load

        public void load​(Reader reader)
                  throws IOException
        プロパティ・リスト(キーと要素のペア)を入力文字ストリームから単純な行指向形式で読み込みます。

        Propertiesは行単位で処理されます。 行には自然行論理行の2種類があります。 自然行は、行末記号(\n\r、または\r\n)のセットまたはストリームの末尾で区切られた1行の文字列として定義されます。 自然行は、空白の行やコメント行であるか、キーと要素のペアの全部または一部を保持する場合があります。 論理行は、キーと要素のペアの全データを保持します。バックスラッシュ文字\を使用して行末記号シーケンスをエスケープすることで、隣接する複数の自然行にまたがる場合があります。 コメント行を、この方法で複数行にまたがらせることはできません。後述するように、コメントであるすべての自然行には、それぞれにコメント・インジケータが必要です。 行は、ストリームの終わりに達するまで入力から読み込まれます。

        空白文字だけを含む自然行は、空白と見なされて無視されます。 コメント行には、ASCII '#'または'!'が最初の非空白文字として含まれます。コメント行も無視され、キーと要素の情報はエンコードされません。 このフォーマットは、行終了文字に加え、文字スペース(' ''\u0020')、タブ('\t''\u0009')、およびフォーム・フィード('\f''\u000C')を空白と見なします。

        論理行が複数の自然行にまたがる場合、行末記号シーケンスをエスケープするバックスラッシュ、行末記号シーケンス、および次の行の先頭の空白文字は、キーまたは要素の値に何の影響も及ぼしません。 (ロード時の)キーと要素の構文解析に関する残りの記述では、行継続文字が削除されたあとで、キーと要素を構成するすべての文字が単一の自然行に表示されることを前提として説明します。 行末記号がエスケープされているかどうかを判定する場合、行末記号シーケンスの前の文字を調べるだけでは十分ではありません。行末記号がエスケープされるためには、連続した奇数のバックスラッシュが存在する必要があります。 入力は左から右に処理されるため、行末記号の前(またはほかの場所)に連続したバックスラッシュが2n (ゼロでない偶数)個存在する場合、エスケープ処理後にn個のバックスラッシュがエンコードされます。

        キーには最初の非空白文字から、最初のエスケープされていない'='':'、または空白文字の手前までの文字すべて(行末記号を除く)が含まれます。 これらキーの終わりを示す文字はすべて、バックスラッシュを前に付けてエスケープすることでキーに含めることができます。たとえば、

        \:\=

        には、2文字のキー":="が含まれます。 行末記号は、エスケープ・シーケンス\rおよび\nを使用して含めることができます。 キーのあとの空白はすべてスキップされます。キーに続く最初の非空白文字が'='または':'である場合、これは無視され、その後の空白文字もすべてスキップされます。 行上の残りのすべての文字は、関連付けられた要素文字列の一部になります。残りの文字がない場合、その要素は空の文字列""です。 キーと要素を構成する生の文字シーケンスが識別されると、エスケープ処理が前述の方法で実行されます。

        たとえば、次の3行はそれぞれキー"Truth"と、関連した要素値"Beauty"を表します。

         Truth = Beauty
          Truth:Beauty
         Truth                    :Beauty
         
        また、次の3行は1つのプロパティを表します。
         fruits                           apple, banana, pear, \
                                          cantaloupe, watermelon, \
                                          kiwi, mango
         
        キーは"fruits"で、次の要素に関連付けれられています。
        "apple, banana, pear, cantaloupe, watermelon, kiwi, mango"
        最終的な結果でカンマのあとに必ずスペースが表示されるように、各\の前にスペースがあります。行の終わりを示す\と、継続行の先頭にある空白は破棄され、ほかの文字に置換されません

        また、次の3番目の例では、行:

        cheeses
         
        は、キーが"cheeses"で、関連付けられている要素が空の文字列""であることを表します。

        キーと要素に含まれる文字は、文字リテラルや文字列リテラルで使用されるエスケープ・シーケンスに似たシーケンスで表現できます(Java™言語仕様のセクション3.3と3.10.6を参照)。 文字および文字列で使用される文字エスケープ・シーケンスやUnicodeエスケープとの違いは、次のとおりです。

        • 8進数のエスケープは認識されない
        • 文字シーケンス\bは、バックスペース文字を表さない
        • このメソッドは、無効なエスケープ文字の前のバックスラッシュ文字\をエラーとして処理しない。バックスラッシュは自動的に削除される。 たとえば、Java文字列にシーケンス"\z"が含まれていると、コンパイル時にエラーが発生する。 これに対し、このメソッドは自動的にバックスラッシュを削除する。 このため、このメソッドでは2文字のシーケンス"\b"は単一の文字'b'と等価であると見なされる。
        • 単一引用符および二重引用符では、エスケープは不要である。ただし、前述のルールに従って、バックスラッシュに続く単一および二重引用符文字は、それぞれ単一引用符文字と二重引用符文字として処理される。
        • Unicodeエスケープ・シーケンスで許可されるのは単一「u」文字のみ。

        指定されたストリームは、このメソッドが復帰したあとも開いたままです。

        パラメータ:
        reader - 入力文字ストリーム。
        例外:
        IOException - 入力ストリームからの読込み中にエラーが発生した場合。
        IllegalArgumentException - 形式が不正なUnicodeエスケープが入力内に現れた場合。
        NullPointerException - readerがnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • load

        public void load​(InputStream inStream)
                  throws IOException
        入力バイト・ストリームからキーと要素が対になったプロパティ・リストを読み込みます。 入力ストリームはload(Reader)で規定される単純行指向フォーマットで、ISO 8859-1文字エンコーディングを使用することが前提されます。つまり、各バイトは1つのLatin1文字です。 Latin1にない文字、および一部の特殊文字は、キーや要素内で『Java™言語仕様』のセクション3.3で定義されているUnicodeエスケープを使用して表現されます。

        指定されたストリームは、このメソッドが復帰したあとも開いたままです。

        パラメータ:
        inStream - 入力ストリーム。
        例外:
        IOException - 入力ストリームからの読込み中にエラーが発生した場合。
        IllegalArgumentException - 入力ストリームに形式が不正なUnicodeエスケープ・シーケンスが含まれる場合。
        NullPointerException - inStreamがnullの場合。
        導入されたバージョン:
        1.2
      • save

        @Deprecated
        public void save​(OutputStream out,
                         String comments)
        非推奨。
        このメソッドは、プロパティ・リストの保存中に入出力エラーが発生しても、IOExceptionをスローしません。 プロパティ・リストの保存に推奨される方法は、store(OutputStream out, String comments)メソッドまたはstoreToXML(OutputStream os, String comment)メソッドを使用することです。
        store(OutputStream out, String comments)メソッドを呼び出し、スローされたIOExceptionを抑止します。
        パラメータ:
        out - 出力ストリーム。
        comments - プロパティ・リストの記述。
        例外:
        ClassCastException - このPropertiesオブジェクトに、Stringsではないキーまたは値が含まれている場合。
      • store

        public void store​(Writer writer,
                          String comments)
                   throws IOException
        このProperties表内のプロパティ・リスト(キーと要素のペア)を、load(Reader)メソッドを使用するのに適した形式で出力文字ストリームに書き込みます。

        このProperties表(存在する場合)のデフォルト表からのプロパティは、このメソッドによって書き込まれません

        comments引数がnullでない場合は、ASCII文字の#、commentsの文字列、および行区切り文字が最初に出力ストリームに書き込まれます。 このため、commentsは識別コメントとして使うことができます。 改行(「\n」)、キャリッジ・リターン(「\r」)、改行が直後に続くキャリッジ・リターン、のいずれかがコメント内に現れると、それは、Writerによって生成された1個の行区切り文字で置き換えられます。そして、コメント内の次の文字が文字#でも文字!でもなかった場合、その行区切り文字のあとにASCII #が書き出されます。

        次に、ASCII文字の#、現在の日時(DatetoStringメソッドによって現在時刻が生成されるのと同様)、およびWriterによって生成される行区切り文字からなるコメント行が書き込まれます。

        続いて、このProperties表内のすべてのエントリが1行に1つずつ書き出されます。 各エントリのキー文字列、ASCII文字の=、関連付けられた要素文字列が書き込まれます。 キーの場合、すべての空白文字は、前に\文字を付けて書き込まれます。 要素の場合、埋込み空白文字でも後書き空白文字でもない先行空白文字は、前に\を付けて書き込まれます。 キーと要素の文字#!=、および: は、必ず正しくロードされるように、前にバックスラッシュを付けて書き込まれます。

        エントリが書き込まれたあとで、出力ストリームがフラッシュされます。 出力ストリームはこのメソッドから復帰したあとも開いたままです。

        パラメータ:
        writer - 出力文字ストリーム・ライター。
        comments - プロパティ・リストの記述。
        例外:
        IOException - 指定された出力ストリームへのこのプロパティ・リストの書込み時にIOExceptionがスローされた場合。
        ClassCastException - このPropertiesオブジェクトに、Stringsではないキーまたは値が含まれている場合。
        NullPointerException - writerがnullである場合。
        導入されたバージョン:
        1.6
      • store

        public void store​(OutputStream out,
                          String comments)
                   throws IOException
        このProperties表内のプロパティ・リスト(キーと要素のペア)を、load(InputStream)メソッドを使用してProperties表にロードするのに適した形式で出力ストリームに書き込みます。

        このProperties表(存在する場合)のデフォルト表からのプロパティは、このメソッドによって書き込まれません

        このメソッドは、コメントおよびプロパティのキーと値を、store(Writer)で規定されたのと同じ形式で出力します。ただし、次の点が異なります。

        • ストリームは、ISO 8859-1文字エンコーディングを使用して書き込まれる。
        • コメント内のLatin-1でない文字は、適切なUnicode 16進値xxxxを使用して\uxxxxとして書き込まれる。
        • プロパティのキーまたは値に含まれる\u0020より小さい文字および\u007Eより大きい文字は、適切な16進値xxxxを使用して\uxxxxとして書き込まれる。

        エントリが書き込まれたあとで、出力ストリームがフラッシュされます。 出力ストリームはこのメソッドから復帰したあとも開いたままです。

        パラメータ:
        out - 出力ストリーム。
        comments - プロパティ・リストの記述。
        例外:
        IOException - 指定された出力ストリームへのこのプロパティ・リストの書込み時にIOExceptionがスローされた場合。
        ClassCastException - このPropertiesオブジェクトに、Stringsではないキーまたは値が含まれている場合。
        NullPointerException - outがnullである場合。
        導入されたバージョン:
        1.2
      • loadFromXML

        public void loadFromXML​(InputStream in)
                         throws IOException,
                                InvalidPropertiesFormatException
        指定された入力ストリーム上のXMLドキュメントにより表されるすべてのプロパティを、このプロパティ表にロードします。

        XMLドキュメントには、次のDOCTYPE宣言が必要です。

         <!DOCTYPE properties SYSTEM "http://java.sun.com/dtd/properties.dtd">
         
        さらに、ドキュメントは前述のプロパティDTDを満たす必要があります。

        実装は、UTF-8またはUTF-16エンコーディングを使用するXMLドキュメントを読み取る必要があります。 実装は追加のエンコーディングをサポートできます。

        このメソッドが戻ると、指定されたストリームが閉じられます。

        パラメータ:
        in - XMLドキュメントの読込み元の入力ストリーム。
        例外:
        IOException - 指定された入力ストリームからの読込み時にIOExceptionが発生した場合。
        UnsupportedEncodingException - ドキュメントのエンコーディング宣言を読み取ることができ、そこにサポートされていないエンコーディングが指定されている場合
        InvalidPropertiesFormatException - 入力ストリーム上のデータが、要求されたドキュメント型を持つ有効なXMLドキュメントにならない場合。
        NullPointerException - inがnullである場合。
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        storeToXML(OutputStream, String, String)Character Encoding in Entities
      • storeToXML

        public void storeToXML​(OutputStream os,
                               String comment)
                        throws IOException
        この表に含まれるすべてのプロパティを表すXMLドキュメントを発行します。

        このメソッドをprops.storeToXML(os, comment)の形式で呼び出した場合、props.storeToXML(os, comment, "UTF-8");の呼び出しと同じ結果が得られます。

        パラメータ:
        os - XMLドキュメントの発行先の出力ストリーム
        comment - プロパティ・リストの記述。コメントが必要ない場合はnull
        例外:
        IOException - 指定された出力ストリームへの書込み時にIOExceptionが発生した場合。
        NullPointerException - osがnullである場合。
        ClassCastException - このPropertiesオブジェクトに、Stringsではないキーまたは値が含まれている場合。
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        loadFromXML(InputStream)
      • storeToXML

        public void storeToXML​(OutputStream os,
                               String comment,
                               String encoding)
                        throws IOException
        この表に含まれるすべてのプロパティを表すXMLドキュメントを、指定されたエンコーディングを使用して発行します。

        このXMLドキュメントでは、次のDOCTYPEが宣言されます。

         <!DOCTYPE properties SYSTEM "http://java.sun.com/dtd/properties.dtd">
         

        指定されたコメントがnullの場合、ドキュメントにコメントは格納されません。

        実装は、UTF-8またはUTF-16エンコーディングを使用するXMLドキュメントの書込みをサポートする必要があります。 実装は追加のエンコーディングをサポートできます。

        指定されたストリームは、このメソッドが復帰したあとも開いたままです。

        このメソッドは、storeToXML(OutputStream os, String comment, Charset charset)と同じように動作しますが、「文字セットを参照」は指定されたエンコーディング名を使用します。

        パラメータ:
        os - XMLドキュメントの発行先の出力ストリーム
        comment - プロパティ・リストの記述。コメントが必要ない場合はnull
        encoding - サポートされる文字エンコーディングの名前
        例外:
        IOException - 指定された出力ストリームへの書込み時にIOExceptionが発生した場合。
        UnsupportedEncodingException - エンコーディングが実装によってサポートされない場合。
        NullPointerException - osnull、またはencodingnullの場合。
        ClassCastException - このPropertiesオブジェクトに、Stringsではないキーまたは値が含まれている場合。
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        loadFromXML(InputStream)Character Encoding in Entities
      • storeToXML

        public void storeToXML​(OutputStream os,
                               String comment,
                               Charset charset)
                        throws IOException
        この表に含まれるすべてのプロパティを表すXMLドキュメントを、指定されたエンコーディングを使用して発行します。

        このXMLドキュメントでは、次のDOCTYPEが宣言されます。

         <!DOCTYPE properties SYSTEM "http://java.sun.com/dtd/properties.dtd">
         

        指定されたコメントがnullの場合、ドキュメントにコメントは格納されません。

        実装は、UTF-8またはUTF-16エンコーディングを使用するXMLドキュメントの書込みをサポートする必要があります。 実装は追加のエンコーディングをサポートできます。

        指定された文字セットのマップ不可能な文字は、数値の文字参照としてエンコードされます。

        指定されたストリームは、このメソッドが復帰したあとも開いたままです。

        パラメータ:
        os - XMLドキュメントの発行先の出力ストリーム
        comment - プロパティ・リストの記述。コメントが必要ない場合はnull
        charset - 文字セット
        例外:
        IOException - 指定された出力ストリームへの書込み時にIOExceptionが発生した場合。
        NullPointerException - osまたはcharsetnullの場合。
        ClassCastException - このPropertiesオブジェクトに、Stringsではないキーまたは値が含まれている場合。
        導入されたバージョン:
        10
        関連項目:
        loadFromXML(InputStream)Character Encoding in Entities
      • getProperty

        public String getProperty​(String key)
        指定されたキーを持つプロパティを、プロパティ・リストから探します。 そのキーがプロパティ・リストにない場合は、デフォルトのプロパティ・リスト、さらにそのデフォルト値が再帰的に調べられます。 そのプロパティが見つからない場合は、nullが返されます。
        パラメータ:
        key - プロパティ・キー
        戻り値:
        このプロパティ・リスト内で、指定されたキー値を持つ値
        関連項目:
        setProperty(java.lang.String, java.lang.String), defaults
      • getProperty

        public String getProperty​(String key,
                                  String defaultValue)
        指定されたキーを持つプロパティを、プロパティ・リストから探します。 そのキーがプロパティ・リストにない場合は、デフォルトのプロパティ・リスト、さらにそのデフォルト値が再帰的に調べられます。 そのプロパティが見つからない場合は、デフォルト値の引数が返されます。
        パラメータ:
        key - ハッシュ表キー。
        defaultValue - デフォルト値。
        戻り値:
        このプロパティ・リスト内で、指定されたキー値を持つ値
        関連項目:
        setProperty(java.lang.String, java.lang.String), defaults
      • propertyNames

        public Enumeration<?> propertyNames()
        メイン・プロパティ・リストに同じ名前のキーが見つからない場合は、デフォルトのプロパティ・リストにある個別のキーを含む、このプロパティ・リストにあるすべてのキーの列挙を返します。
        戻り値:
        プロパティ・リストにあるすべてのキーの列挙。デフォルトのプロパティ・リストにあるキーを含む。
        例外:
        ClassCastException - 文字列でないキーがこのプロパティ・リスト内に存在する場合。
        関連項目:
        Enumeration, defaults, stringPropertyNames()
      • stringPropertyNames

        public Set<String> stringPropertyNames()
        このプロパティ・リストからキーと対応する値が文字列である変更不可能なキー・セットを返します。同じ名前のキーがメイン・プロパティ・リストから見つからない場合は、デフォルト・プロパティ・リスト内の別のキーも含めて返します。 キーまたは値がString型でないプロパティは省略されます。

        返されたセットは、このPropertiesオブジェクトによってサポートされていません。 このPropertiesオブジェクトへの変更は、返されたセットに反映されません。

        戻り値:
        このプロパティ・リスト内の変更不可能なキーのセット。デフォルトのプロパティ・リストのキーを含め、キーとその対応する値が文字列です。
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        defaults
      • list

        public void list​(PrintStream out)
        指定された出力ストリームに、プロパティ・リストを出力します。 このメソッドはデバッグに便利です。
        パラメータ:
        out - 出力ストリーム。
        例外:
        ClassCastException - 文字列でないキーがこのプロパティ・リスト内に存在する場合。
      • list

        public void list​(PrintWriter out)
        指定された出力ストリームに、プロパティ・リストを出力します。 このメソッドはデバッグに便利です。
        パラメータ:
        out - 出力ストリーム。
        例外:
        ClassCastException - 文字列でないキーがこのプロパティ・リスト内に存在する場合。
        導入されたバージョン:
        1.1