モジュール java.base
パッケージ java.io

クラスPrintStream

  • すべての実装されたインタフェース:
    Closeable, Flushable, Appendable, AutoCloseable
    直系の既知のサブクラス:
    LogStream

    public class PrintStream
    extends FilterOutputStream
    implements Appendable, Closeable
    PrintStreamは、ほかの出力ストリームに機能、具体的には、さまざまなデータ値の表現を簡易的に出力する機能を追加します。 同様に、ほかの2つの機能も提供されています。 PrintStreamはほかの出力ストリームとは違って、IOExceptionをスローすることはありません。例外的な状況では、単に内部フラグが設定されるだけです。このフラグの状態は、checkErrorメソッドで調べることができます。 必要に応じて、PrintStreamを自動的にフラッシュするように作成できます。つまり、バイト配列が書き込まれたか、printlnメソッドの1つが呼び出されたか、または改行文字またはバイト('\n')が書き込まれたあとに、flushメソッドが自動的に呼び出されます。

    PrintStreamによって出力されるすべての文字は、指定されたエンコーディングまたは文字セット、または指定されていない場合はプラットフォームのデフォルト文字エンコーディングを使用してバイトに変換されます。 PrintWriterクラスは、バイトではなく文字の書き込みが必要な状況で使用する必要があります。

    このクラスは、不正な形式およびマップ不可能な文字列を、常にcharsetのデフォルトの置換文字列で置き換えます。 エンコード処理をより強力に制御する必要がある場合は、CharsetEncoderクラスを使用してください。

    導入されたバージョン:
    1.0
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      PrintStream​(File file)
      行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルで新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(File file, String csn)
      行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルと文字セットで新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(File file, Charset charset)
      行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルと文字セットで新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(OutputStream out)
      新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(OutputStream out, boolean autoFlush)
      新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(OutputStream out, boolean autoFlush, String encoding)
      新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(OutputStream out, boolean autoFlush, Charset charset)
      指定されたOutputStream、自動改行、および文字セットを使用して、新しい印刷ストリームを作成します。
      PrintStream​(String fileName)
      行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前で新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(String fileName, String csn)
      行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前と文字セットで新しい出力ストリームを作成します。
      PrintStream​(String fileName, Charset charset)
      行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前と文字セットで新しい出力ストリームを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      PrintStream append​(char c)
      この出力ストリームに指定された文字を追加します。
      PrintStream append​(CharSequence csq)
      この出力ストリームに指定された文字シーケンスを追加します。
      PrintStream append​(CharSequence csq, int start, int end)
      指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこの出力ストリームに追加します。
      boolean checkError()
      ストリームをフラッシュし、そのエラー状況を確認します。
      protected void clearError()
      このストリームの内部エラー状態を解除します。
      void close()
      ストリームを閉じます。
      void flush()
      ストリームをフラッシュします。
      PrintStream format​(String format, Object... args)
      指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
      PrintStream format​(Locale l, String format, Object... args)
      指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
      void print​(boolean b)
      boolean型の値を出力します。
      void print​(char c)
      文字を出力します。
      void print​(char[] s)
      文字の配列を出力します。
      void print​(double d)
      倍精度の浮動小数点数を出力します。
      void print​(float f)
      浮動小数点数を出力します。
      void print​(int i)
      整数を出力します。
      void print​(long l)
      long整数を出力します。
      void print​(Object obj)
      オブジェクトを出力します。
      void print​(String s)
      文字列を出力します。
      PrintStream printf​(String format, Object... args)
      書式付き文字列を、指定された書式文字列と引数を使用し、この出力ストリームに書き込む便利な方法です。
      PrintStream printf​(Locale l, String format, Object... args)
      書式付き文字列を、指定された書式文字列と引数を使用し、この出力ストリームに書き込む便利な方法です。
      void println()
      行の区切り文字列を書き込むことで、現在の行を終了させます。
      void println​(boolean x)
      boolean値を出力して、行を終了します。
      void println​(char x)
      文字を出力して、行を終了します。
      void println​(char[] x)
      文字の配列を出力して、行を終了します。
      void println​(double x)
      doubleを出力して、行を終了します。
      void println​(float x)
      floatを出力して、行を終了します。
      void println​(int x)
      整数を出力して、行を終了します。
      void println​(long x)
      longを出力して、行を終了します。
      void println​(Object x)
      Objectを出力して、行を終了します。
      void println​(String x)
      Stringを出力して、行を終了します。
      protected void setError()
      ストリームのエラー状態をtrueに設定します。
      void write​(byte[] buf, int off, int len)
      指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのストリームに書き込みます。
      void write​(int b)
      指定されたバイトを、このストリームに書き込みます。
    • コンストラクタの詳細

      • PrintStream

        public PrintStream​(OutputStream out)
        新しい出力ストリームを作成します。 このストリームは、自動的にフラッシュすることはありません。
        パラメータ:
        out - 値とオブジェクトが出力される出力ストリーム
        関連項目:
        PrintWriter(java.io.OutputStream)
      • PrintStream

        public PrintStream​(OutputStream out,
                           boolean autoFlush)
        新しい出力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        out - 値とオブジェクトが出力される出力ストリーム
        autoFlush - boolean値。trueの場合、バイト配列が書き込まれたとき、printlnメソッドの1つが呼び出されたとき、あるいは改行文字またはバイト('\n')が書き込まれたときに必ず出力バッファがフラッシュされる
        関連項目:
        PrintWriter(java.io.OutputStream, boolean)
      • PrintStream

        public PrintStream​(OutputStream out,
                           boolean autoFlush,
                           String encoding)
                    throws UnsupportedEncodingException
        新しい出力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        out - 値とオブジェクトが出力される出力ストリーム
        autoFlush - boolean値。trueの場合、バイト配列が書き込まれたとき、printlnメソッドの1つが呼び出されたとき、あるいは改行文字またはバイト('\n')が書き込まれたときに必ず出力バッファがフラッシュされる
        encoding - サポートされる文字エンコーディングの名前
        例外:
        UnsupportedEncodingException - 指定されたエンコーディングがサポートされていない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • PrintStream

        public PrintStream​(OutputStream out,
                           boolean autoFlush,
                           Charset charset)
        指定されたOutputStream、自動改行、および文字セットを使用して、新しい印刷ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これが指定された文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        out - 値とオブジェクトが出力される出力ストリーム
        autoFlush - boolean値。trueの場合、バイト配列が書き込まれたとき、printlnメソッドの1つが呼び出されたとき、あるいは改行文字またはバイト('\n')が書き込まれたときに必ず出力バッファがフラッシュされる
        charset - A charset
        導入されたバージョン:
        10
      • PrintStream

        public PrintStream​(String fileName)
                    throws FileNotFoundException
        行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前で新しい出力ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これがJava仮想マシンのこのインスタンス用にデフォルト文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        fileName - この出力ストリームの宛先として使用するファイルの名前。 ファイルが存在する場合、サイズ0に切り詰められる。ファイルがなければ新しいファイルが作成される。 出力はファイルに書き込まれ、バッファに格納される。
        例外:
        FileNotFoundException - 指定されたファイル・オブジェクトが既存のファイルを示さない場合、書込み可能な通常ファイルおよび新規の通常ファイルがその名前で作成できない場合、またはファイルのオープンまたは作成中にその他のエラーが発生した場合
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、checkWrite(fileName)がファイルへの書込みアクセスを拒否した場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • PrintStream

        public PrintStream​(String fileName,
                           String csn)
                    throws FileNotFoundException,
                           UnsupportedEncodingException
        行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前と文字セットで新しい出力ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これが指定された文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        fileName - この出力ストリームの宛先として使用するファイルの名前。 ファイルが存在する場合、サイズ0に切り詰められる。ファイルがなければ新しいファイルが作成される。 出力はファイルに書き込まれ、バッファに格納される。
        csn - サポートされているcharsetの名前
        例外:
        FileNotFoundException - 指定されたファイル・オブジェクトが既存のファイルを示さない場合、書込み可能な通常ファイルおよび新規の通常ファイルがその名前で作成できない場合、またはファイルのオープンまたは作成中にその他のエラーが発生した場合
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、checkWrite(fileName)がファイルへの書込みアクセスを拒否した場合
        UnsupportedEncodingException - 指定された文字セットがサポートされていない場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • PrintStream

        public PrintStream​(String fileName,
                           Charset charset)
                    throws IOException
        行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前と文字セットで新しい出力ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これが指定された文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        fileName - この出力ストリームの宛先として使用するファイルの名前。 ファイルが存在する場合、サイズ0に切り詰められる。ファイルがなければ新しいファイルが作成される。 出力はファイルに書き込まれ、バッファに格納される。
        charset - A charset
        例外:
        IOException - ファイルのオープンまたは作成中にI/Oエラーが発生した場合
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、checkWrite(fileName)がファイルへの書込みアクセスを拒否した場合
        導入されたバージョン:
        10
      • PrintStream

        public PrintStream​(File file)
                    throws FileNotFoundException
        行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルで新しい出力ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これがJava仮想マシンのこのインスタンス用にデフォルト文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        file - この出力ストリームの宛先として使用するファイル。 ファイルが存在する場合、サイズ0に切り詰められる。ファイルがなければ新しいファイルが作成される。 出力はファイルに書き込まれ、バッファに格納される。
        例外:
        FileNotFoundException - 指定されたファイル・オブジェクトが既存のファイルを示さない場合、書込み可能な通常ファイルおよび新規の通常ファイルがその名前で作成できない場合、またはファイルのオープンまたは作成中にその他のエラーが発生した場合
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、checkWrite(file.getPath())がファイルへの書込みアクセスを拒否した場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • PrintStream

        public PrintStream​(File file,
                           String csn)
                    throws FileNotFoundException,
                           UnsupportedEncodingException
        行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルと文字セットで新しい出力ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これが指定された文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        file - この出力ストリームの宛先として使用するファイル。 ファイルが存在する場合、サイズ0に切り詰められる。ファイルがなければ新しいファイルが作成される。 出力はファイルに書き込まれ、バッファに格納される。
        csn - サポートされているcharsetの名前
        例外:
        FileNotFoundException - 指定されたファイル・オブジェクトが既存のファイルを示さない場合、書込み可能な通常ファイルおよび新規の通常ファイルがその名前で作成できない場合、またはファイルのオープンまたは作成中にその他のエラーが発生した場合
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、checkWrite(file.getPath())がファイルへの書込みアクセスを拒否した場合
        UnsupportedEncodingException - 指定された文字セットがサポートされていない場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • PrintStream

        public PrintStream​(File file,
                           Charset charset)
                    throws IOException
        行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルと文字セットで新しい出力ストリームを作成します。 この便利なコンストラクタは必要な中間OutputStreamWriterを作成し、これが指定された文字セットを使用して文字をエンコードします。
        パラメータ:
        file - この出力ストリームの宛先として使用するファイル。 ファイルが存在する場合、サイズ0に切り詰められる。ファイルがなければ新しいファイルが作成される。 出力はファイルに書き込まれ、バッファに格納される。
        charset - A charset
        例外:
        IOException - ファイルのオープンまたは作成中にI/Oエラーが発生した場合
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、checkWrite(file.getPath())がファイルへの書込みアクセスを拒否した場合
        導入されたバージョン:
        10
    • メソッドの詳細

      • flush

        public void flush()
        ストリームをフラッシュします。 バッファされた出力バイトをベースとなる出力ストリームに書き込み、このストリームをフラッシュします。
        定義:
        flush、インタフェース: Flushable
        オーバーライド:
        flush、クラス: FilterOutputStream
        関連項目:
        OutputStream.flush()
      • checkError

        public boolean checkError()
        ストリームをフラッシュし、そのエラー状況を確認します。 ベースとなる出力ストリームがInterruptedIOExceptionではなくIOExceptionをスローした場合、およびsetErrorメソッドが呼び出された場合に、内部エラー状態はtrueに設定されます。 ベースとなる出力ストリームのオペレーションがInterruptedIOExceptionをスローすると、PrintStreamが次の操作またはそれに相当する操作によって例外を変換して割り込みに戻します。
        
             Thread.currentThread().interrupt();
         
        または同等のもの。
        戻り値:
        このストリームでInterruptedIOException以外のIOExceptionが発生した場合、またはsetErrorメソッドが呼び出された場合はtrue
      • setError

        protected void setError()
        ストリームのエラー状態をtrueに設定します。

        このメソッドを使用すると、clearError()が呼び出されるまで、checkError()の以降の呼出しではtrueが返されます。

        導入されたバージョン:
        1.1
      • clearError

        protected void clearError()
        このストリームの内部エラー状態を解除します。

        このメソッドを使用すると、別の書込み操作が失敗して、setError()が呼び出されるまで、checkError()の以降の呼出しではfalseが返されます。

        導入されたバージョン:
        1.6
      • write

        public void write​(int b)
        指定されたバイトを、このストリームに書き込みます。 バイトが復帰改行で、自動フラッシュが有効な場合は、flushメソッドが呼び出されます。

        バイトは、指定されたまま書き込まれることに注意してください。プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従って変換された文字を書き込むには、print(char)またはprintln(char)メソッドを使用します。

        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - 書き込まれるバイト
        関連項目:
        print(char), println(char)
      • write

        public void write​(byte[] buf,
                          int off,
                          int len)
        指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのストリームに書き込みます。 自動フラッシュが有効な場合は、flushメソッドが呼び出されます。

        バイトは、指定されたまま書き込まれます。プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従って変換された文字列を書き込むには、print(char)メソッドまたはprintln(char)メソッドを使用します。

        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        buf - バイト配列
        off - バイトの取込み開始オフセット
        len - 書き込むバイト数
        関連項目:
        FilterOutputStream.write(int)
      • print

        public void print​(boolean b)
        boolean型の値を出力します。 String.valueOf(boolean)によって生成された文字列は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        b - 出力されるboolean
      • print

        public void print​(char c)
        文字を出力します。 この文字は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従って1つ以上のバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        c - 出力されるchar
      • print

        public void print​(int i)
        整数を出力します。 String.valueOf(int)によって生成された文字列は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        i - 出力されるint
        関連項目:
        Integer.toString(int)
      • print

        public void print​(long l)
        long整数を出力します。 String.valueOf(long)によって生成された文字列は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        l - 出力されるlong
        関連項目:
        Long.toString(long)
      • print

        public void print​(float f)
        浮動小数点数を出力します。 String.valueOf(float)によって生成された文字列は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        f - 出力されるfloat
        関連項目:
        Float.toString(float)
      • print

        public void print​(double d)
        倍精度の浮動小数点数を出力します。 String.valueOf(double)によって生成された文字列は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        d - 出力されるdouble
        関連項目:
        Double.toString(double)
      • print

        public void print​(char[] s)
        文字の配列を出力します。 これらの文字は、プラットフォームのデフォルト文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        s - 出力されるcharの配列
        例外:
        NullPointerException - snullである場合
      • print

        public void print​(String s)
        文字列を出力します。 引数がnullの場合は、文字列"null"が出力されます。 それ以外の場合、文字列の文字はプラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        s - 出力されるString
      • print

        public void print​(Object obj)
        オブジェクトを出力します。 String.valueOf(Object)メソッドで生成された文字列は、プラットフォームのデフォルトの文字エンコーディングに従ってバイトに変換され、これらのバイトはwrite(int)メソッドとまったく同じ方法で記述されます。
        パラメータ:
        obj - 出力されるObject
        関連項目:
        Object.toString()
      • println

        public void println()
        行の区切り文字列を書き込むことで、現在の行を終了させます。 行の区切り文字列は、システム・プロパティline.separatorで定義され、必ずしも単一の改行文字('\n')であるとは限りません。
      • println

        public void println​(boolean x)
        boolean値を出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(boolean)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるboolean
      • println

        public void println​(char x)
        文字を出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(char)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるchar値。
      • println

        public void println​(int x)
        整数を出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(int)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるint値。
      • println

        public void println​(long x)
        longを出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(long)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるlong値。
      • println

        public void println​(float x)
        floatを出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(float)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるfloat値。
      • println

        public void println​(double x)
        doubleを出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(double)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるdouble値。
      • println

        public void println​(char[] x)
        文字の配列を出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(char[])println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるcharの配列。
      • println

        public void println​(String x)
        Stringを出力して、行を終了します。 このメソッドは、print(String)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるString値。
      • println

        public void println​(Object x)
        Objectを出力して、行を終了します。 このメソッドは最初にString.valueOf(x)を呼び出して印刷オブジェクトの文字列値を取得し、print(String)println()を呼び出すように動作します。
        パラメータ:
        x - 出力されるObject値。
      • printf

        public PrintStream printf​(String format,
                                  Object... args)
        書式付き文字列を、指定された書式文字列と引数を使用し、この出力ストリームに書き込む便利な方法です。

        このメソッドをout.printf(format, args)の形式で呼び出した場合、次の呼び出しとまったく同様に動作します。

        
             out.format(format, args)
         

        パラメータ:
        format - 書式文字列の構文で説明した書式文字列
        args - 書式文字列の書式指示子により参照される引数。 引数が書式指定子よりも多い場合、余分な引数は無視されます。 引数の数は変数で、0(ゼロ)の場合があります。 引数の最大数は、Java™仮想マシン仕様で定義されているJava配列の最大次元により制限される。 引数がnullの場合、動作は変換に応じて異なる。
        戻り値:
        この出力ストリーム
        例外:
        IllegalFormatException - 書式文字列が、不正な構文、所定の引数と互換性がない書式指示子、書式文字列に指定された不適切な引数、またはほかの不正な条件を含む場合。 考えられるすべての書式エラーの仕様については、フォーマッタ・クラス仕様の詳細セクションを参照。
        NullPointerException - formatnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • printf

        public PrintStream printf​(Locale l,
                                  String format,
                                  Object... args)
        書式付き文字列を、指定された書式文字列と引数を使用し、この出力ストリームに書き込む便利な方法です。

        このメソッドをout.printf(l, format, args)の形式で呼び出した場合、次の呼び出しとまったく同様に動作します。

        
             out.format(l, format, args)
         

        パラメータ:
        l - 書式設定時に適用するlocale lnullの場合、ローカリゼーションは適用されない。
        format - 書式文字列の構文で説明した書式文字列
        args - 書式文字列の書式指示子により参照される引数。 引数が書式指定子よりも多い場合、余分な引数は無視されます。 引数の数は変数で、0(ゼロ)の場合があります。 引数の最大数は、Java™仮想マシン仕様で定義されているJava配列の最大次元により制限される。 引数がnullの場合、動作は変換に応じて異なる。
        戻り値:
        この出力ストリーム
        例外:
        IllegalFormatException - 書式文字列が、不正な構文、所定の引数と互換性がない書式指示子、書式文字列に指定された不適切な引数、またはほかの不正な条件を含む場合。 考えられるすべての書式エラーの仕様については、フォーマッタ・クラス仕様の詳細セクションを参照。
        NullPointerException - formatnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • format

        public PrintStream format​(String format,
                                  Object... args)
        指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。

        常に使用されるロケールは、Locale.getDefault(Locale.Category)によって指定されたFORMATカテゴリで返されたロケールで、このオブジェクトの他の書式設定メソッドの以前の呼び出しに関係なく使用されます。

        パラメータ:
        format - 書式文字列の構文で説明した書式文字列
        args - 書式文字列の書式指示子により参照される引数。 引数が書式指定子よりも多い場合、余分な引数は無視されます。 引数の数は変数で、0(ゼロ)の場合があります。 引数の最大数は、Java™仮想マシン仕様で定義されているJava配列の最大次元により制限される。 引数がnullの場合、動作は変換に応じて異なる。
        戻り値:
        この出力ストリーム
        例外:
        IllegalFormatException - 書式文字列が、不正な構文、所定の引数と互換性がない書式指示子、書式文字列に指定された不適切な引数、またはほかの不正な条件を含む場合。 考えられるすべての書式エラーの仕様については、フォーマッタ・クラス仕様の詳細セクションを参照。
        NullPointerException - formatnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • format

        public PrintStream format​(Locale l,
                                  String format,
                                  Object... args)
        指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
        パラメータ:
        l - 書式設定時に適用するlocale lnullの場合、ローカリゼーションは適用されない。
        format - 書式文字列の構文で説明した書式文字列
        args - 書式文字列の書式指示子により参照される引数。 引数が書式指定子よりも多い場合、余分な引数は無視されます。 引数の数は変数で、0(ゼロ)の場合があります。 引数の最大数は、Java™仮想マシン仕様で定義されているJava配列の最大次元により制限される。 引数がnullの場合、動作は変換に応じて異なる。
        戻り値:
        この出力ストリーム
        例外:
        IllegalFormatException - 書式文字列が、不正な構文、所定の引数と互換性がない書式指示子、書式文字列に指定された不適切な引数、またはほかの不正な条件を含む場合。 考えられるすべての書式エラーの仕様については、フォーマッタ・クラス仕様の詳細セクションを参照。
        NullPointerException - formatnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • append

        public PrintStream append​(CharSequence csq)
        この出力ストリームに指定された文字シーケンスを追加します。

        このメソッドをout.append(csq)の形式で呼び出した場合、次の呼び出しとまったく同様に動作します。

        
             out.print(csq.toString())
         

        charシーケンスcsqに対するtoStringの指定に応じて、シーケンス全体が追加されないこともあります。 たとえば、文字バッファのtoStringメソッドを呼び出した場合、返されるサブシーケンスの内容はそのバッファの位置とリミットによって決まります。

        定義:
        append、インタフェース: Appendable
        パラメータ:
        csq - 追加するcharシーケンス。 csqnullの場合は、この出力ストリームにnullという4文字が追加される。
        戻り値:
        この出力ストリーム
        導入されたバージョン:
        1.5
      • append

        public PrintStream append​(CharSequence csq,
                                  int start,
                                  int end)
        指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこの出力ストリームに追加します。

        csqnullでないときに、このメソッドをout.append(csq, start, end)の形式で呼び出した場合、次の呼び出しとまったく同様に動作します。

        
             out.print(csq.subSequence(start, end).toString())
         

        定義:
        append、インタフェース: Appendable
        パラメータ:
        csq - サブシーケンスの追加元のcharシーケンス。 csqnullの場合は、csqnullという4 charが含まれているかのようにcharが追加される
        start - サブシーケンスの最初のcharのインデックス
        end - サブシーケンスの最後のcharのあとに続くcharのインデックス
        戻り値:
        この出力ストリーム
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - startまたはendが負の値の場合、startendよりも大きい場合、あるいはendcsq.length()よりも大きい場合
        導入されたバージョン:
        1.5
      • append

        public PrintStream append​(char c)
        この出力ストリームに指定された文字を追加します。

        このメソッドをout.append(c)の形式で呼び出した場合、次の呼び出しとまったく同様に動作します。

        
             out.print(c)
         

        定義:
        append、インタフェース: Appendable
        パラメータ:
        c - 追加する16ビット文字
        戻り値:
        この出力ストリーム
        導入されたバージョン:
        1.5