モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスDialog

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible
    直系の既知のサブクラス:
    FileDialog, JDialog

    public class Dialog
    extends Window
    Dialogは、通常はユーザーからの入力を受け付けるために使用される、タイトルおよびボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。 ダイアログのサイズには、ボーダーのために指定された領域が含まれます。 ボーダー領域の寸法はgetInsetsメソッドで取得できます。ただし、ボーダー領域の寸法はプラットフォームに依存するため、packまたはshowのどちらかを呼び出すことによりダイアログを表示可能にしなければ有効なイン・セット値は取得できません。 ボーダー領域はダイアログ全体のサイズに含まれているため、ダイアログの一部がボーダーに隠れてしまいます。このため、サブコンポーネントを描画および表示するための領域は、左上隅の位置が(insets.left, insets.top)であり、幅がwidth - (insets.left+insets.right)、高さがheight - (insets.top+insets.bottom)の矩形に制限されます。

    ダイアログのデフォルトのレイアウトはBorderLayoutです。

    ダイアログはネイティブな装飾(FrameとTitlebar)を持つことができ、setUndecoratedでこれを無効化できます。 ダイアログがdisplayableの状態でないときにだけ無効化できます。

    ダイアログの作成時には、ダイアログはその所有者として別のウィンドウを持つことができます。 表示されているダイアログの所有者ウィンドウが最小化された場合、そのダイアログは自動的にユーザーに対して表示されなくなります。 所有者ウィンドウがまた開かれると、ダイアログはふたたびユーザーに対して表示されます。

    マルチスクリーン環境では、Dialogを所有者とは別のスクリーン・デバイス上に生成することができます。 詳細は、Frameを参照してください。

    ダイアログは、モードなし(デフォルト)またはモーダルのどちらかになります。 モーダル・ダイアログの場合、そのダイアログを所有者として生成されたウィンドウを除き、アプリケーションのほかの一部のトップレベル・ウィンドウに対して入力ができなくなります。 詳細は、「AWT Modality」の仕様を参照してください。

    ダイアログは、WindowOpenedWindowClosingWindowClosedWindowActivatedWindowDeactivatedWindowGainedFocus、およびWindowLostFocusWindowEventsを生成できます。

    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    WindowEvent, Window.addWindowListener(java.awt.event.WindowListener), 直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • DEFAULT_MODALITY_TYPE

        public static final Dialog.ModalityType DEFAULT_MODALITY_TYPE
        モーダル・ダイアログのデフォルトのモーダリティ・タイプ。 デフォルトのモーダリティ・タイプはAPPLICATION_MODALです。 古い形式のsetModal(true)の呼出しは、setModalityType(DEFAULT_MODALITY_TYPE)と等価です。
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Dialog.ModalityType, setModal(boolean)
    • コンストラクタの詳細

      • Dialog

        public Dialog​(Frame owner,
                      String title)
        指定された所有者Dialogとタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしFrameを構築します。
        パラメータ:
        owner - ダイアログの所有者、またはこのダイアログに所有者がいない場合はnull
        title - ダイアログのタイトル、またはこのダイアログにタイトルがない場合はnull
        例外:
        IllegalArgumentException - ownerGraphicsConfigurationが画面デバイスのものでない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返した場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), Component.setSize(int, int), Component.setVisible(boolean)
      • Dialog

        public Dialog​(Dialog owner)
        指定された所有者Dialogと空のタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしDialogを構築します。
        パラメータ:
        owner - ダイアログの所有者、またはこのダイアログに所有者がいない場合はnull
        例外:
        IllegalArgumentException - ownerGraphicsConfigurationが画面デバイスのものでない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • Dialog

        public Dialog​(Dialog owner,
                      String title)
        指定された所有者Dialogとタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしDialogを構築します。
        パラメータ:
        owner - ダイアログの所有者、またはこのダイアログに所有者がいない場合はnull
        title - ダイアログのタイトル、またはこのダイアログにタイトルがない場合はnull
        例外:
        IllegalArgumentException - ownerGraphicsConfigurationが画面デバイスのものでない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • Dialog

        public Dialog​(Dialog owner,
                      String title,
                      boolean modal)
        指定された所有者Dialog、タイトル、およびモーダリティで、初期状態で可視ではないDialogを構築します。
        パラメータ:
        owner - ダイアログの所有者、またはこのダイアログに所有者がいない場合はnull
        title - ダイアログのタイトル、またはこのダイアログにタイトルがない場合はnull
        modal - ダイアログが表示されているとき、他のトップレベルのウィンドウへのユーザー入力をブロックするかどうかを指定する。 falseの場合、ダイアログはMODELESStrueの場合、モーダリティ・タイプ・プロパティはDEFAULT_MODALITY_TYPEに設定される
        例外:
        IllegalArgumentException - ownerGraphicsConfigurationが画面デバイスのものでない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        Dialog.ModalityType, Dialog.ModalityType.MODELESS, DEFAULT_MODALITY_TYPE, setModal(boolean), setModalityType(java.awt.Dialog.ModalityType), GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • Dialog

        public Dialog​(Window owner)
        指定された所有者Dialogと空のタイトルを使用して、初期状態で可視ではないモードなしWindowを構築します。
        パラメータ:
        owner - ダイアログの所有者。 所有者は、DialogFrame、その子孫のいずれか、またはnullのインスタンスでなければなりません
        例外:
        IllegalArgumentException - ownerDialogまたはFrameのインスタンスでない場合
        IllegalArgumentException - ownerGraphicsConfigurationが画面デバイスのものでない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • Dialog

        public Dialog​(Window owner,
                      String title)
        指定された所有者Dialogとタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしWindowを構築します。
        パラメータ:
        owner - ダイアログの所有者。 所有者は、DialogFrame、その子孫のいずれか、またはnullのインスタンスでなければなりません
        title - ダイアログのタイトル、またはこのダイアログにタイトルがない場合はnull
        例外:
        IllegalArgumentException - ownerDialogまたはFrameのインスタンスでない場合
        IllegalArgumentException - ownerGraphicsConfigurationが画面デバイスのものでない場合
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
    • メソッドの詳細

      • addNotify

        public void addNotify()
        ネイティブ・スクリーン・リソースに接続することにより、このDialogを表示可能にします。 ダイアログを表示可能にすると、そのダイアログのすべての子も表示可能になります。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。
        Overrides:
        addNotify、クラス: Window
        関連項目:
        Component.isDisplayable(), Container.removeNotify()
      • setModal

        public void setModal​(boolean modal)
        ダイアログがモーダルかどうかを指定します。

        このメソッドは現在廃止されていて、下位互換のためだけに残されています。 代わりにsetModalityType()を使用します。

        ノート: 表示されているダイアログのモーダリティを変更した場合は、いったん非表示にしてから再度表示するまで、変更が反映されないことがあります。

        パラメータ:
        modal - 表示されているときにダイアログ・ブロックを他のウィンドウに入力するかどうかを指定します。setModal(true)への呼び出しはsetModalityType(Dialog.DEFAULT_MODALITY_TYPE)に相当し、setModal(false)への呼び出しはsetModalityType(Dialog.ModalityType.MODELESS)と同等です
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        DEFAULT_MODALITY_TYPE, Dialog.ModalityType.MODELESS, isModal(), getModalityType(), setModalityType(java.awt.Dialog.ModalityType)
      • setModalityType

        public void setModalityType​(Dialog.ModalityType type)
        このダイアログのモーダリティ・タイプを設定します。 使用可能なモーダリティ・タイプについては、ModalityTypeを参照してください。

        指定されたモーダリティ・タイプがサポートされていない場合は、MODELESSが使用されます。 このメソッドを呼び出したあとでgetModalityType()を呼び出して、モーダリティ・タイプが設定されたことを確認するとよいでしょう。

        ノート: 表示されているダイアログのモーダリティを変更した場合は、いったん非表示にしてから再度表示するまで、変更が反映されないことがあります。

        パラメータ:
        type - ダイアログが表示されているときに、ほかのウィンドウへの入力がブロックされるかどうかを指定する。null値とサポートされないモーダリティ・タイプはMODELESSと同等である
        例外:
        SecurityException - 呼出し元スレッドに、次が指定されたモーダル・ダイアログを作成するためのアクセス権がない場合: modalityType
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        getModalityType(), Toolkit.isModalityTypeSupported(java.awt.Dialog.ModalityType)
      • getTitle

        public String getTitle()
        ダイアログのタイトルを取得します。 タイトルは、ダイアログのボーダーに表示されます。
        戻り値:
        このダイアログ・ウィンドウのタイトル。 タイトルはnullも可。
        関連項目:
        setTitle(java.lang.String)
      • setTitle

        public void setTitle​(String title)
        Dialogのタイトルを設定します。
        パラメータ:
        title - ダイアログのボーダーに表示されるタイトル。nullの場合、空のタイトルが表示される
        関連項目:
        getTitle()
      • setVisible

        public void setVisible​(boolean b)
        パラメータbの値に応じて、このDialogを表示または非表示にします。
        Overrides:
        setVisible、クラス: Window
        パラメータ:
        b - trueの場合はDialogを表示し、それ以外の場合はDialogを非表示にします。 ダイアログまたはその所有者がまだ表示可能でない場合は、その両方が表示可能になります。 ダイアログは、表示される前に検査されます。 falseの場合は、Dialogを非表示にし、setVisible(true)が現在ブロックされている場合は戻るようにします。

        モーダル・ダイアログに関するノート

        • setVisible(true): ダイアログがまだ表示されていない場合、setVisible(false)またはdisposeの呼出しによってダイアログが非表示になるまで、この呼出しは戻りません。
        • setVisible(false): ダイアログを非表示にし、setVisible(true)が現在ブロックされている場合は戻るようにします。
        • このメソッドがブロックされている間は、ほかのイベントはブロックされないようにツールキットで保証されるので、イベント・ディスパッチ・スレッドからこのメソッドを呼び出してもかまいません。

        関連項目:
        Window.setVisible(boolean), Window.dispose(), Component.isDisplayable(), Component.validate(), isModal()
      • show

        @Deprecated
        public void show()
        非推奨。
        JDK Version 1.5以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
        Dialogを可視にします。 ダイアログまたはその所有者がまだ表示可能でない場合は、その両方が表示可能になります。 ダイアログは、表示される前に検査されます。 ダイアログがすでに表示されている場合、このメソッドはダイアログを前面に表示します。

        ダイアログがモーダルで、まだ表示されていない場合、hideまたはdisposeの呼出しによってダイアログが非表示になるまで、この呼出しは戻りません。 イベント・ディスパッチ・スレッドからモーダル・ダイアログを表示することができます。ツールキットでは、このメソッドを呼び出したスレッドがブロックされていても別のイベント・ポンプが実行されるためです。

        Overrides:
        show、クラス: Window
        関連項目:
        Component.hide(), Component.isDisplayable(), Component.validate(), isModal(), Window.setVisible(boolean)
      • toBack

        public void toBack()
        このWindowが可視の場合、このWindowを背後に送り、フォーカスされているかまたはアクティブWindowの場合はフォーカスまたはアクティベーションを消失するようにします。

        このウィンドウをスタックされる順の最下位に置き、このVMのほかのすべてのウィンドウの背後に表示します。 このウィンドウが可視でない場合、処理は何も行われません。 一部のプラットフォームでは、ほかのウィンドウに所有されているウィンドウを所有者の下に表示することはできません。 このウィンドウをスタックされる順のできるだけ下位に移動するためにあらゆる試行が行われます。ただし、開発者はこのメソッドがどんな状況でもこのウィンドウがほかのすべてのウィンドウの下に移動するとみなさないでください。

        ネイティブなウィンドウ管理システムのバリエーションのため、フォーカスされたアクティブなウィンドウに対して行われた変更は保証されません。 開発者は、このウィンドウがWINDOW_LOST_FOCUSまたはWINDOW_DEACTIVATEDイベントを受け取るまで、このウィンドウがフォーカスされていないか、またはアクティブなウィンドウではないと決してみなさないでください。 最上位のウィンドウがフォーカスされたウィンドウであるプラットフォームでは、このメソッドによりおそらく、このウィンドウはフォーカスを失います。 このような場合、このVMの次に上位にあるフォーカス可能なウィンドウがフォーカスを受け取ります。 スタックされる順が通常、フォーカスされたウィンドウに影響を与えないプラットフォームでは、このメソッドはおそらく、フォーカスされたアクティブなウィンドウを変更されないままにします。

        このダイアログがモーダルで、一部のウィンドウをブロックする場合、それらのウィンドウはすべて背面に移動され、ダイアログの下に保持されます。

        Overrides:
        toBack、クラス: Window
        関連項目:
        Window.toBack()
      • isResizable

        public boolean isResizable()
        ユーザーがこのダイアログのサイズを変更できるかどうかを示します。 デフォルトでは、すべてのダイアログが初期状態でサイズ変更可能です。
        戻り値:
        ユーザーがダイアログのサイズを変更できる場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        setResizable(boolean)
      • setResizable

        public void setResizable​(boolean resizable)
        ユーザーがこのダイアログのサイズを変更できるかどうかを設定します。
        パラメータ:
        resizable - ユーザーがダイアログのサイズを変更できる場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        isResizable()
      • isUndecorated

        public boolean isUndecorated()
        このダイアログが装飾を持たないことを示します。 デフォルトではすべてのダイアログが装飾を持ちます。
        戻り値:
        ダイアログが装飾を持たない場合はtrue、そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setUndecorated(boolean)
      • paramString

        protected String paramString()
        このダイアログの状態を表す文字列を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        Overrides:
        paramString、クラス: Container
        戻り値:
        このダイアログ・ウィンドウのパラメータ文字列
      • getAccessibleContext

        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このダイアログに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 ダイアログの場合、AccessibleContextはAccessibleAWTDialogの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleAWTDialogインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        Overrides:
        getAccessibleContext、クラス: Window
        戻り値:
        このDialogのAccessibleContextとして機能するAccessibleAWTDialog
        導入されたバージョン:
        1.3