モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスComponent.AccessibleAWTComponent

    • フィールドの詳細

      • accessibleAWTComponentHandler

        protected ComponentListener accessibleAWTComponentHandler
        show/hide/resizeイベントを追跡し、PropertyChangeイベントに変換するコンポーネント・リスナー。
      • accessibleAWTFocusHandler

        protected FocusListener accessibleAWTFocusHandler
        フォーカス・イベントを追跡し、それらをPropertyChangeイベントに変換するリスナーです。
    • コンストラクタの詳細

      • AccessibleAWTComponent

        protected AccessibleAWTComponent()
        このクラスは抽象クラスですが、すべてのサブクラスでこのコンストラクタを呼び出すようにしてください。
    • メソッドの詳細

      • removePropertyChangeListener

        public void removePropertyChangeListener​(PropertyChangeListener listener)
        PropertyChangeListenerをリスナー・リストから削除します。 すべてのプロパティで登録されたPropertyChangeListenerを削除します。
        Overrides:
        removePropertyChangeListener、クラス: AccessibleContext
        パラメータ:
        listener - 削除されるPropertyChangeListener
      • getAccessibleName

        public String getAccessibleName()
        このオブジェクトのアクセシビリティ対応の名前を取得します。 これがjava.awt.Component.getName()を返すことはほとんどありません。それは一般に、ローカライズされた名前ではなく、ユーザーにとって意味を持たないためです。 オブジェクトが基本的にテキスト・オブジェクト(メニュー項目など)である場合、アクセシビリティ対応の名前はオブジェクトのテキスト(「保存」など)でなければいけません。 オブジェクトがツールヒントを持つ場合、ツールヒントのテキストも返すのに適切なStringになります。
        Overrides:
        getAccessibleName、クラス: AccessibleContext
        戻り値:
        オブジェクトのローカライズされた名前。このオブジェクトに名前がない場合はnullになることがある
        関連項目:
        AccessibleContext.setAccessibleName(java.lang.String)
      • getAccessibleDescription

        public String getAccessibleDescription()
        このオブジェクトのアクセシビリティの説明を取得します。 これは、このオブジェクトが何であるかを示し、ユーザーに対して意味を持つ、簡潔でローカライズされた説明でなければいけません。 オブジェクトがツールヒントを持ち、オブジェクトの簡潔な説明を保持していると仮定すれば、ツールヒントのテキストは返すのに適切な文字列です(オブジェクトの名前ではなく、たとえばツールバー上の「保存」アイコンが「保存」というツールヒント・テキストを持つ場合には説明テキストとしてこれを返すべきではありませんが、「現在のテキスト・ドキュメントを保存する」などの説明であれば返すことができます)。
        Overrides:
        getAccessibleDescription、クラス: AccessibleContext
        戻り値:
        オブジェクトのローカライズされた説明。このオブジェクトに説明がない場合はnullになることがある
        関連項目:
        AccessibleContext.setAccessibleDescription(java.lang.String)
      • getAccessibleParent

        public Accessible getAccessibleParent()
        このオブジェクトのAccessible親を取得します。 このオブジェクトの親がAccessibleを実装する場合、このメソッドは、単純にgetParentを返します。
        Overrides:
        getAccessibleParent、クラス: AccessibleContext
        戻り値:
        このオブジェクトのAccessible親。このオブジェクトにAccessible親がない場合はnullになることがある
      • getAccessibleIndexInParent

        public int getAccessibleIndexInParent()
        アクセシビリティ対応の親でのこのオブジェクトのインデックスを取得します。
        定義:
        getAccessibleIndexInParent、クラス: AccessibleContext
        戻り値:
        親の中でのこのオブジェクトのインデックス。このオブジェクトにアクセシビリティ対応の親がない場合は -1
        関連項目:
        getAccessibleParent()
      • getAccessibleChildrenCount

        public int getAccessibleChildrenCount()
        オブジェクト内のアクセシビリティ対応の子の数を返します。 このオブジェクトのすべての子がAccessibleを実装する場合、このメソッドは、このオブジェクトの子の数を返します。
        定義:
        getAccessibleChildrenCount、クラス: AccessibleContext
        戻り値:
        オブジェクト内のアクセシビリティ対応の子の数
      • getLocale

        public Locale getLocale()
        オブジェクトのロケールを返します。
        定義:
        getLocale、クラス: AccessibleContext
        戻り値:
        このオブジェクトのロケール
      • setBackground

        public void setBackground​(Color c)
        このオブジェクトのバックグラウンド・カラーを設定します。 (透過性については、isOpaqueを参照してください。)
        定義:
        setBackground、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        c - バックグラウンドの新しいColor
        関連項目:
        Component.isOpaque()
      • setCursor

        public void setCursor​(Cursor cursor)
        このオブジェクトのCursorを設定します。

        Javaプラットフォームの実装やネイティブ・システムでマウス・カーソルの形状変更がサポートされていない場合、このメソッドには視覚効果がない場合があります。

        定義:
        setCursor、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        cursor - オブジェクトの新しいCursor
        関連項目:
        AccessibleComponent.getCursor()
      • getFontMetrics

        public FontMetrics getFontMetrics​(Font f)
        このオブジェクトのFontMetricsを取得します。
        定義:
        getFontMetrics、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        f - Font
        戻り値:
        サポートされている場合は、オブジェクトのFontMetrics。それ以外の場合はnull
        関連項目:
        getFont()
      • setEnabled

        public void setEnabled​(boolean b)
        オブジェクトを使用可能な状態に設定します。
        定義:
        setEnabled、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        b - trueの場合はこのオブジェクトを有効にし、それ以外の場合は無効にする
        関連項目:
        AccessibleComponent.isEnabled()
      • setVisible

        public void setVisible​(boolean b)
        オブジェクトの可視状態を設定します。
        定義:
        setVisible、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        b - trueの場合はこのオブジェクトを表示し、それ以外の場合は非表示にする
        関連項目:
        AccessibleComponent.isVisible()
      • isShowing

        public boolean isShowing()
        オブジェクトが表示されているかどうかを判定します。 これは、オブジェクトおよびその上位オブジェクトの可視性を確認することで判定されます。 ノート: オブジェクトがほかのオブジェクトに隠されている場合でも、可視であればtrueを返します。たとえば、オブジェクトがプルダウン・メニューの下になった場合などがそれに該当します。
        定義:
        isShowing、インタフェース: AccessibleComponent
        戻り値:
        オブジェクトが表示されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • contains

        public boolean contains​(Point p)
        指定されたポイントがオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。そのポイントのxおよびy座標は、オブジェクトの座標系を基準に定義されます。
        定義:
        contains、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        p - オブジェクトの座標系を基準にしたPoint
        戻り値:
        オブジェクトにPointが含まれる場合はtrue。それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        AccessibleComponent.getBounds()
      • getLocation

        public Point getLocation()
        画面の座標空間でオブジェクトの左上隅を指定するポイントの形式で、親を基準にしたオブジェクトの位置を取得します。
        定義:
        getLocation、インタフェース: AccessibleComponent
        戻り値:
        画面の座標空間でのオブジェクトの境界の左上隅を表すPointのインスタンス。このオブジェクトまたはその親が画面上にない場合はnull
        関連項目:
        AccessibleComponent.getBounds(), AccessibleComponent.getLocationOnScreen()
      • getBounds

        public Rectangle getBounds()
        オブジェクトの境界を、Rectangleオブジェクトの形式で取得します。 境界は、オブジェクトの幅、高さ、および親を基準にした位置を指定します。
        定義:
        getBounds、インタフェース: AccessibleComponent
        戻り値:
        このコンポーネントの境界を示す矩形。このオブジェクトが画面上にない場合はnull
        関連項目:
        AccessibleComponent.contains(java.awt.Point)
      • setBounds

        public void setBounds​(Rectangle r)
        このオブジェクトの境界をRectangleオブジェクトの形式で設定します。 境界は、オブジェクトの幅、高さ、および親を基準にした位置を指定します。
        定義:
        setBounds、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        r - このコンポーネントの境界を示す矩形
        関連項目:
        AccessibleComponent.getBounds()
      • getSize

        public Dimension getSize()
        このオブジェクトのサイズをDimensionオブジェクトの形式で返します。 Dimensionオブジェクトの高さフィールドは、オブジェクトの高さを保持し、Dimensionオブジェクトの幅フィールドは、オブジェクトの幅を保持します。
        定義:
        getSize、インタフェース: AccessibleComponent
        戻り値:
        このコンポーネントのサイズを示すDimensionオブジェクト。このオブジェクトが画面上にない場合はnull
        関連項目:
        AccessibleComponent.setSize(java.awt.Dimension)
      • setSize

        public void setSize​(Dimension d)
        オブジェクトが指定された幅と高さを持つように、オブジェクトのサイズを変更します。
        定義:
        setSize、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        d - オブジェクトの新しいサイズを指定するディメンション
        関連項目:
        AccessibleComponent.getSize()
      • getAccessibleAt

        public Accessible getAccessibleAt​(Point p)
        ローカル座標のPointに含まれているAccessibleの子が存在する場合は、それを返します。 それ以外の場合はnullを返します。
        定義:
        getAccessibleAt 、インタフェース: AccessibleComponent
        パラメータ:
        p - オブジェクトの親の座標空間で指定された、Accessibleの左上隅を定義する点
        戻り値:
        存在する場合は指定された位置にあるAccessible。存在しない場合はnull