モジュール java.desktop
パッケージ javax.accessibility

インタフェースAccessibleComponent

    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void addFocusListener​(FocusListener l)
      このコンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取る、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
      boolean contains​(Point p)
      指定された点がオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。その点のxおよびy座標は、オブジェクトの座標系を基準に定義されます。
      Accessible getAccessibleAt​(Point p)
      ローカル座標Pointに含まれているAccessible子が存在する場合は、それを返します。
      Color getBackground()
      このオブジェクトのバックグラウンド・カラーを取得します。
      Rectangle getBounds()
      このオブジェクトの境界をRectangleオブジェクトの形式で取得します。
      Cursor getCursor()
      このオブジェクトのカーソルを取得します。
      Font getFont()
      このオブジェクトのフォントを取得します。
      FontMetrics getFontMetrics​(Font f)
      このオブジェクトのFontMetricsを取得します。
      Color getForeground()
      このオブジェクトのフォアグラウンド・カラーを取得します。
      Point getLocation()
      画面の座標空間でオブジェクトの左上隅を指定する点の形式で、親を基準にしたオブジェクトの位置を取得します。
      Point getLocationOnScreen()
      画面上のオブジェクトの位置を返します。
      Dimension getSize()
      このオブジェクトのサイズをDimensionオブジェクトの形式で返します。
      boolean isEnabled()
      オブジェクトが有効かどうかを判定します。
      boolean isFocusTraversable()
      オブジェクトがフォーカスを受け入れられるかどうかを返します。
      boolean isShowing()
      オブジェクトが表示されているかどうかを判定します。
      boolean isVisible()
      オブジェクトが可視かどうかを判定します。
      void removeFocusListener​(FocusListener l)
      指定されたフォーカス・リスナーを削除して、コンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取らないようにします。
      void requestFocus()
      オブジェクトのフォーカスを要求します。
      void setBackground​(Color c)
      このオブジェクトのバックグラウンド・カラーを設定します。
      void setBounds​(Rectangle r)
      このオブジェクトの境界をRectangleオブジェクトの形式で設定します。
      void setCursor​(Cursor cursor)
      このオブジェクトのカーソルを設定します。
      void setEnabled​(boolean b)
      オブジェクトを使用可能な状態に設定します。
      void setFont​(Font f)
      このオブジェクトのフォントを設定します。
      void setForeground​(Color c)
      このオブジェクトのフォアグラウンド・カラーを設定します。
      void setLocation​(Point p)
      親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
      void setSize​(Dimension d)
      指定された幅と高さを持つように、このオブジェクトのサイズを変更します。
      void setVisible​(boolean b)
      オブジェクトの可視状態を設定します。
    • メソッドの詳細

      • getBackground

        Color getBackground()
        このオブジェクトのバックグラウンド・カラーを取得します。
        戻り値:
        サポートされている場合は、オブジェクトのバックグラウンド・カラー。それ以外の場合はnull
        関連項目:
        setBackground(java.awt.Color)
      • setBackground

        void setBackground​(Color c)
        このオブジェクトのバックグラウンド・カラーを設定します。
        パラメータ:
        c - バックグラウンドの新しい色
        関連項目:
        setBackground(java.awt.Color)
      • getForeground

        Color getForeground()
        このオブジェクトのフォアグラウンド・カラーを取得します。
        戻り値:
        サポートされている場合は、オブジェクトのフォアグラウンド・カラー。それ以外の場合はnull
        関連項目:
        setForeground(java.awt.Color)
      • setForeground

        void setForeground​(Color c)
        このオブジェクトのフォアグラウンド・カラーを設定します。
        パラメータ:
        c - フォアグラウンドの新しい色
        関連項目:
        getForeground()
      • getCursor

        Cursor getCursor()
        このオブジェクトのカーソルを取得します。
        戻り値:
        カーソルがサポートされている場合は、そのオブジェクトのカーソル。それ以外の場合は、null
        関連項目:
        setCursor(java.awt.Cursor)
      • setCursor

        void setCursor​(Cursor cursor)
        このオブジェクトのカーソルを設定します。
        パラメータ:
        cursor - オブジェクトの新しいカーソル
        関連項目:
        getCursor()
      • getFont

        Font getFont()
        このオブジェクトのフォントを取得します。
        戻り値:
        サポートされていればオブジェクトのフォント。それ以外の場合は、null
        関連項目:
        setFont(java.awt.Font)
      • setFont

        void setFont​(Font f)
        このオブジェクトのフォントを設定します。
        パラメータ:
        f - オブジェクトの新しいフォント
        関連項目:
        getFont()
      • getFontMetrics

        FontMetrics getFontMetrics​(Font f)
        このオブジェクトのFontMetricsを取得します。
        パラメータ:
        f - フォント・メトリックを取得するフォント
        戻り値:
        サポートされている場合は、オブジェクトのFontMetrics。それ以外の場合はnull
        関連項目:
        getFont()
      • setEnabled

        void setEnabled​(boolean b)
        オブジェクトを使用可能な状態に設定します。
        パラメータ:
        b - trueの場合、このオブジェクトを有効にします。それ以外の場合は無効にします
        関連項目:
        isEnabled()
      • isVisible

        boolean isVisible()
        オブジェクトが可視かどうかを判定します。 注: オブジェクトは可視であろうとしても、そのオブジェクトを含むオブジェクトの1つが可視でない場合は、そのオブジェクトも画面に表示されない場合があります。 オブジェクトが画面に表示されているかどうかを判断するには、isShowing()を使用

        表示されているオブジェクトも、AccessibleStateSetsAccessibleState.VISIBLE状態が設定されます。

        戻り値:
        オブジェクトが可視であればtrue; そうでなければ、false
        関連項目:
        setVisible(boolean)AccessibleContext.getAccessibleStateSet()AccessibleState.VISIBLEAccessibleStateSet
      • setVisible

        void setVisible​(boolean b)
        オブジェクトの可視状態を設定します。
        パラメータ:
        b - trueがこのオブジェクトを表示する場合、さもなければ、それを隠す
        関連項目:
        isVisible()
      • isShowing

        boolean isShowing()
        オブジェクトが表示されているかどうかを判定します。 これは、オブジェクトおよびその上位オブジェクトの可視性を調べることによって判定されます。 注意: オブジェクトが別の(例えば、それはプルダウンされたメニューの下にあります)によって隠されていても、trueを返します。
        戻り値:
        オブジェクトが表示されている場合true; そうでなければ、false
      • contains

        boolean contains​(Point p)
        指定された点がオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。その点のxおよびy座標は、オブジェクトの座標系を基準に定義されます。
        パラメータ:
        p - オブジェクトの座標系に対する相対的な点
        戻り値:
        オブジェクトにポイントが含まれている場合true; そうでなければfalse
        関連項目:
        getBounds()
      • getLocationOnScreen

        Point getLocationOnScreen()
        画面上のオブジェクトの位置を返します。
        戻り値:
        画面上のオブジェクトのロケーション。nullこのオブジェクトが画面にない場合
        関連項目:
        getBounds(), getLocation()
      • getLocation

        Point getLocation()
        画面の座標空間でオブジェクトの左上隅を指定する点の形式で、親を基準にしたオブジェクトの位置を取得します。
        戻り値:
        Pointのインスタンスで、画面の座標空間にあるオブジェクトの左上隅を表します。nullこのオブジェクトまたはその親が画面上にない場合
        関連項目:
        getBounds(), getLocationOnScreen()
      • setLocation

        void setLocation​(Point p)
        親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
        パラメータ:
        p - 左上隅の新しい位置
        関連項目:
        getLocation()
      • getBounds

        Rectangle getBounds()
        このオブジェクトの境界をRectangleオブジェクトの形式で取得します。 境界は、オブジェクトの幅、高さ、および親を基準にした位置を指定します。
        戻り値:
        このコンポーネント境界を示す矩形。nullこのオブジェクトが画面上にない場合。
        関連項目:
        contains(java.awt.Point)
      • setBounds

        void setBounds​(Rectangle r)
        このオブジェクトの境界をRectangleオブジェクトの形式で設定します。 境界は、オブジェクトの幅、高さ、および親を基準にした位置を指定します。
        パラメータ:
        r - コンポーネントの境界を示す矩形
        関連項目:
        getBounds()
      • getSize

        Dimension getSize()
        このオブジェクトのサイズをDimensionオブジェクトの形式で返します。 Dimensionオブジェクトのheightフィールドにはこのオブジェクトの高さが含まれ、Dimensionオブジェクトのwidthフィールドにはこのオブジェクトの幅が含まれます。
        戻り値:
        このコンポーネントのサイズを示すDimensionオブジェクト。nullこのオブジェクトが画面にない場合
        関連項目:
        setSize(java.awt.Dimension)
      • setSize

        void setSize​(Dimension d)
        指定された幅と高さを持つように、このオブジェクトのサイズを変更します。
        パラメータ:
        d - オブジェクトの新規サイズを指定する寸法
        関連項目:
        getSize()
      • getAccessibleAt

        Accessible getAccessibleAt​(Point p)
        ローカル座標Pointに含まれているAccessible子が存在する場合は、それを返します。
        パラメータ:
        p - このオブジェクトの座標系を基準にした、ポイントの相対位置
        戻り値:
        存在する場合は指定された位置にあるAccessible。存在しない場合はnull
      • isFocusTraversable

        boolean isFocusTraversable()
        オブジェクトがフォーカスを受け入れられるかどうかを返します。 フォーカスを受け入れることができるオブジェクトは、AccessibleStateSetsAccessibleState.FOCUSABLE状態が設定されます。
        戻り値:
        オブジェクトがフォーカスを受け入れられる場合true; そうでなければfalse
        関連項目:
        AccessibleContext.getAccessibleStateSet()AccessibleState.FOCUSABLEAccessibleState.FOCUSEDAccessibleStateSet
      • requestFocus

        void requestFocus()
        オブジェクトのフォーカスを要求します。 このオブジェクトがフォーカスを受け取ることができない場合は、何も起こりません。 そうでない場合は、オブジェクトはフォーカスを受け取ろうとします。
        関連項目:
        isFocusTraversable()
      • addFocusListener

        void addFocusListener​(FocusListener l)
        このコンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取る、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
        パラメータ:
        l - フォーカス・リスナー
        関連項目:
        removeFocusListener(java.awt.event.FocusListener)
      • removeFocusListener

        void removeFocusListener​(FocusListener l)
        指定されたフォーカス・リスナーを削除して、コンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取らないようにします。
        パラメータ:
        l - フォーカス・リスナー
        関連項目:
        addFocusListener(java.awt.event.FocusListener)