モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJComponent.AccessibleJComponent

    • フィールドの詳細

      • accessibleFocusHandler

        @Deprecated
        protected FocusListener accessibleFocusHandler
        非推奨。
        このフィールドはjava.awt.Component.AccessibleAWTComponentのaccessibleAWTFocusHandlerフィールドの機能と重複しているため、非推奨になりました。
    • コンストラクタの詳細

      • AccessibleJComponent

        protected AccessibleJComponent()
        このクラスはabstractクラスですが、すべてのサブクラスでこのコンストラクタを呼び出すようにしてください。
    • メソッドの詳細

      • removePropertyChangeListener

        public void removePropertyChangeListener​(PropertyChangeListener listener)
        PropertyChangeListenerをリスナー・リストから削除します。 すべてのプロパティで登録されたPropertyChangeListenerを削除します。
        Overrides:
        removePropertyChangeListener、クラス: Container.AccessibleAWTContainer
        パラメータ:
        listener - 削除されるPropertyChangeListener
      • getBorderTitle

        protected String getBorderTitle​(Border b)
        (もしあれば)ボーダー階層に沿ってnullではないタイトルが付いたTitledBorderを再帰的に検索します。 このメソッドは、最初に内側のボーダー、次に外側のボーダーで深さ優先探索を実行します。 複合ボーダーの場合、タイトルが付くと内側のボーダーの外観は良くなりますが、外側のボーダーの外観はあまり良くないと仮定しています。 あくまで任意ですが、同じコンポーネントで複数のタイトル付きボーダーを作成しない方がよいでしょう。
        パラメータ:
        b - タイトルを取得するBorder
        戻り値:
        Stringとしてのボーダー・タイトル、タイトルがない場合はnull
      • getAccessibleName

        public String getAccessibleName()
        このオブジェクトのアクセシビリティ対応の名前を取得します。 このメソッドは、java.awt.Component.getName()を返すことはほとんどありません。通常、オブジェクトの名前はローカライズされた名前ではないため、ユーザーに対して意味を持たないからです。 オブジェクトが基本的にテキスト・オブジェクト(メニュー項目など)である場合、アクセシビリティ対応の名前はオブジェクトのテキスト(「保存」など)である必要があります。 オブジェクトがツールヒントを持つ場合、ツールヒントのテキストも、返すのに適したStringになります。
        Overrides:
        getAccessibleName、クラス: Component.AccessibleAWTComponent
        戻り値:
        オブジェクトのローカライズされた名前。このオブジェクトに名前がない場合はnull
        関連項目:
        AccessibleContext.setAccessibleName(java.lang.String)
      • getAccessibleDescription

        public String getAccessibleDescription()
        このオブジェクトのアクセシビリティの説明を取得します。 これは、このオブジェクトが何であるかを示し、ユーザーに対して意味を持つ、簡潔でローカライズされた説明でなければいけません。 オブジェクトがツールヒントを持ち、オブジェクトの簡潔な説明を保持していると仮定すれば、ツールヒントのテキストは返すのに適切な文字列です(オブジェクトの名前ではなく、たとえばツールバー上の「保存」アイコンが「保存」というツールヒント・テキストを持つ場合には説明テキストとしてこれを返すべきではないが、「現在のテキスト・ドキュメントを保存する」などの説明であれば返すことができる)。
        Overrides:
        getAccessibleDescription 、クラス:  Component.AccessibleAWTComponent
        戻り値:
        オブジェクトのローカライズされた記述。このオブジェクトに記述がない場合はnull
        関連項目:
        AccessibleContext.setAccessibleDescription(java.lang.String)
      • getAccessibleChildrenCount

        public int getAccessibleChildrenCount()
        オブジェクト内のアクセシビリティ対応の子の数を返します。 このオブジェクトの子のすべてがAccessibleインタフェースを実装する場合、このメソッドはこのオブジェクトの子の数を返さなければいけません。
        Overrides:
        getAccessibleChildrenCount 、クラス:  Container.AccessibleAWTContainer
        戻り値:
        オブジェクト内のアクセシビリティ対応の子の数
      • getToolTipText

        public String getToolTipText()
        ツールヒント・テキストを返します。
        定義:
        getToolTipText 、インタフェース: AccessibleExtendedComponent
        戻り値:
        サポートされている場合はオブジェクトのツールヒント・テキスト、そうでない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getTitledBorderText

        public String getTitledBorderText()
        タイトル付きボーダー・テキストを返します。
        定義:
        getTitledBorderText 、インタフェース: AccessibleExtendedComponent
        戻り値:
        サポートされている場合はオブジェクトのタイトル付きボーダー・テキスト、そうでない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getAccessibleKeyBinding

        public AccessibleKeyBinding getAccessibleKeyBinding()
        このオブジェクトに関連付けられたキー・バインディングを返します。
        定義:
        getAccessibleKeyBinding 、インタフェース: AccessibleExtendedComponent
        戻り値:
        サポートされている場合はオブジェクトのキー・バインディング、そうでない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        AccessibleKeyBinding