モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJComponent

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable
    直系の既知のサブクラス:
    AbstractButton, BasicInternalFrameTitlePane, Box, Box.Filler, JColorChooser, JComboBox, JFileChooser, JInternalFrame, JInternalFrame.JDesktopIcon, JLabel, JLayer, JLayeredPane, JList, JMenuBar, JOptionPane, JPanel, JPopupMenu, JProgressBar, JRootPane, JScrollBar, JScrollPane, JSeparator, JSlider, JSpinner, JSplitPane, JTabbedPane, JTable, JTableHeader, JTextComponent, JToolBar, JToolTip, JTree, JViewport

    @JavaBean(defaultProperty="UIClassID")
    public abstract class JComponent
    extends Container
    implements Serializable
    トップ・レベルのコンテナを除くすべてのSwingコンポーネントの基底クラスです。 JComponentから継承するコンポーネントを使用するには、ルートがトップ・レベルのSwingコンテナである包含関係の階層にコンポーネントを位置付ける必要があります。 JFrameJDialogJAppletなどのトップ・レベルのSwingコンテナは、ほかのSwingコンポーネントがそれ自身を描画するための場所を提供する特殊なコンポーネントです。 包含関係の階層については、「The Java Tutorial」の「Swing Components and the Containment Hierarchy」を参照してください。

    JComponentクラスは次の機能を提供します。

    • Swingアーキテクチャを使用する、標準コンポーネントおよびカスタム・コンポーネント両方の基底クラス。
    • プログラマが指定、またはオプションでユーザーが実行時に選択できるプラガブルルック・アンド・フィール (L&F)。 各コンポーネントのルック・アンド・フィールはUI委譲、つまりComponentUIから派生するオブジェクトで提供されます。 詳細については、The Java TutorialHow to Set the Look and Feelを参照してください。
    • 包括的なキー・ストローク処理。 詳細は、「The Java Tutorial」の「How to Use Key Bindings」を参照してください。
    • ツールヒントのサポート。ツールヒントは、カーソルがコンポーネント上にあるときに表示される短い説明です。 詳細は、「The Java Tutorial」の「How to Use Tool Tips」を参照してください。
    • アクセシビリティ・サポート。 JComponentはインタフェースAccessibleにすべてのメソッドを格納しますが、インタフェースを実際には実装しません。 実装はJComponentを拡張する個々のクラスに依存します。
    • コンポーネント固有のプロパティのサポート。 putClientProperty(java.lang.Object, java.lang.Object)getClientProperty(java.lang.Object)のメソッドの場合、名前とオブジェクトのペアをJComponentから派生するどのオブジェクトにも関連付けることができます。
    • ダブル・バッファリングとボーダーのサポートに対応している、ペイントのためのインフラストラクチャ。 詳細については、The Java TutorialPaintingHow to Use Bordersを参照してください。
    これらのサブジェクトの詳細については、Swing package descriptionおよび「Javaチュートリアル」セクションの「JComponentクラス」を参照してください。

    JComponentとそのサブクラスは、特定のプロパティのデフォルト値をドキュメント化します。 たとえば、JTableはデフォルトの行の高さを16としてドキュメント化します。 ComponentUIを持つJComponentの各サブクラスは、ComponentUIをそのコンストラクタの一部として生成します。 ComponentUIでは、特殊なルック・アンド・フィールを提供するために、生成元のJComponentでプロパティを設定し直すことがあります。 たとえば、カスタムのルック・アンド・フィールでは、JTableの行の高さを24にする必要があります。 ドキュメント化されたデフォルトは、ComponentUIをインストールする前のプロパティの値です。 特定のプロパティに特定の値が必要な場合は、それを明示的に設定してください。

    リリース1.4では、フォーカス・サブシステムが再構築されました。 詳細については、「The Java Tutorial」の「How to Use the Focus Subsystem」を参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、「Swing's Threading Policy」を参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    KeyStroke, Action, setBorder(javax.swing.border.Border), registerKeyboardAction(java.awt.event.ActionListener, java.lang.String, javax.swing.KeyStroke, int), JOptionPane, setDebugGraphicsOptions(int), setToolTipText(java.lang.String), setAutoscrolls(boolean), 「直列化されたフォーム」
    • フィールドの詳細

      • ui

        protected transient ComponentUI ui
        このコンポーネントのルック・アンド・フィール委譲です。
      • listenerList

        protected EventListenerList listenerList
        このコンポーネントのイベント・リスナー・リストです。
      • WHEN_FOCUSED

        public static final int WHEN_FOCUSED
        registerKeyboardActionで使用される定数です。コンポーネントにフォーカスが設定されたときにコマンドを呼び出すことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENT

        public static final int WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENT
        registerKeyboardActionで使用される定数です。受信側コンポーネントがフォーカスを持つコンポーネントの上位であるか、それ自体がフォーカスを持つコンポーネントである場合に、コマンドを呼び出すことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW

        public static final int WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW
        registerKeyboardActionで使用される定数です。受信側コンポーネントがフォーカスを持つウィンドウ内にあるか、それ自体がフォーカスを持つコンポーネントである場合に、コマンドを呼び出すことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • UNDEFINED_CONDITION

        public static final int UNDEFINED_CONDITION
        いくつかのAPIで使用される定数です。条件が定義されていないことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • TOOL_TIP_TEXT_KEY

        public static final String TOOL_TIP_TEXT_KEY
        カーソルがコンポーネント上にあるときに表示されるコメントです。「値ヒント」、「浮遊ヘルプ」、または「浮遊ラベル」とも呼ばれます。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • JComponent

        public JComponent()
        デフォルトのJComponentコンストラクタです。 このコンストラクタでは、Containerコンストラクタ呼出し前の初期化はほとんど実行されません。 たとえば初期レイアウト・マネージャはnullです。 コンポーネントのロケール・プロパティはJComponent.getDefaultLocaleで返された値に設定します。
        関連項目:
        getDefaultLocale()
    • メソッドの詳細

      • setInheritsPopupMenu

        @BeanProperty(description="Whether or not the JPopupMenu is inherited")
        public void setInheritsPopupMenu​(boolean value)
        このコンポーネントにJPopupMenuが割り当てられていない場合にgetComponentPopupMenuが親に委譲されるかどうかを設定します。

        このメソッドのデフォルト値はfalseですが、多数のJComponentとして実装される一部のJComponentサブクラスではこのメソッドをtrueに設定します。

        これはバウンド・プロパティです。

        パラメータ:
        value - JPopupMenuが継承されるかどうか
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        setComponentPopupMenu(javax.swing.JPopupMenu)
      • getInheritsPopupMenu

        public boolean getInheritsPopupMenu()
        JPopupMenuが親から継承されるはずである場合はtrueを返します。
        戻り値:
        JPopupMenuを親から継承する必要がある場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        setComponentPopupMenu(javax.swing.JPopupMenu)
      • setComponentPopupMenu

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Popup to show")
        public void setComponentPopupMenu​(JPopupMenu popup)
        このJComponentJPopupMenuを設定します。 このUIは、JPopupMenuが適切なタイミングで表示されるように、バインディングを登録したり、必要なリスナーを追加したりします。 JPopupMenuがいつ表示されるかは、ルック・アンド・フィールによって異なり、マウス・イベントで表示されることもあれば、キー・バインディングが有効になることもあります。

        popupがnullで、getInheritsPopupMenuがtrueを返す場合は、getComponentPopupMenuが親に委譲されます。 これによって、すべての子コンポーネントに親のポップアップ・メニューを継承させることができます。

        これはバウンド・プロパティです。

        パラメータ:
        popup - - このコンポーネントに割り当てられるポップアップ。nullの場合もある
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        getComponentPopupMenu()
      • getComponentPopupMenu

        public JPopupMenu getComponentPopupMenu()
        このコンポーネントに割り当てられたJPopupMenuを返します。 このコンポーネントにJPopupMenuが割り当てられておらず、getInheritsPopupMenuがtrueの場合は、getParent().getComponentPopupMenu()が返されます(親が有効であるものとする)。
        戻り値:
        このコンポーネントに割り当てられたJPopupMenu、ポップアップが割り当てられていない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        setComponentPopupMenu(javax.swing.JPopupMenu)
      • getUI

        public ComponentUI getUI()
        このコンポーネントをレンダリングするLook&Feelデリゲートを返します。
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするComponentUIオブジェクト
        導入されたバージョン:
        9
      • setUI

        @BeanProperty(hidden=true,
                      visualUpdate=true,
                      description="The component\'s look and feel delegate.")
        protected void setUI​(ComponentUI newUI)
        このコンポーネントのルック・アンド・フィールの委譲を設定します。 通常、JComponentのサブクラスはこのメソッドをオーバーライドして引数の型をナロー変換する必要があります。 次にJSliderの例を示します。
         public void setUI(SliderUI newUI) {
             super.setUI(newUI);
         }
          

        また、JComponentのサブクラスは正しい型を返すgetUIメソッドを提供する必要があります。 たとえば、

         public SliderUI getUI() {
             return (SliderUI)ui;
         }
         

        パラメータ:
        newUI - 新規のUI委譲
        関連項目:
        updateUI(), UIManager.getLookAndFeel(), UIManager.getUI(javax.swing.JComponent)
      • getUIClassID

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="UIClassID")
        public String getUIClassID()
        このコンポーネントのルック・アンド・フィールを定義するswing.plaf.ComponentUIクラスの名前を検索するために使用するUIDefaultsキーを返します。 ほとんどのアプリケーションは、このメソッドを呼び出す必要はありません。 プラガブルルック・アンド・フィールをサポートするJComponentのサブクラスは、このメソッドをオーバーライドして、UIDefaultsキーを返します。このキーは、ルック・アンド・フィールを定義するComponentUIサブクラスにマップされます。
        戻り値:
        ComponentUIサブクラスのUIDefaultsキー
        関連項目:
        UIDefaults.getUI(javax.swing.JComponent)
      • getComponentGraphics

        protected Graphics getComponentGraphics​(Graphics g)
        このコンポーネントをペイントするために使用されるグラフィックス・オブジェクトを返します。 DebugGraphicsがオンの場合、必要なときに新規DebugGraphicsオブジェクトを生成します。 そうでない場合、単純に指定されたグラフィックス・オブジェクトのフォアグラウンドとフォントを設定します。
        パラメータ:
        g - オリジナルのGraphicsオブジェクト
        戻り値:
        このコンポーネントのために設定されたGraphicsオブジェクト
      • paintComponent

        protected void paintComponent​(Graphics g)
        UI委譲がnullでない場合に、UI委譲のペイント・メソッドを呼び出します。 委譲にはGraphicsオブジェクトのコピーを渡し、残りのペイント・コードに対して取消しできない変更が行われないように保護します(たとえばGraphics.translateなど)。

        このメソッドをサブクラスでオーバーライドする場合は、渡されたGraphicsに永続的な変更を行わないようにしてください。 たとえば、クリップRectangleを変更したり、変換を変更したりするべきではありません。 このような操作が必要な場合は、渡されたGraphicsから新しいGraphicsを作成し、それを操作するほうが容易でしょう。 さらに、スーパーインプリメンテーションを呼び出さない場合は、不透明なプロパティを守らなければなりません。つまり、このコンポーネントが不透明である場合は、バックグラウンドを完全に不透明な色で塗りつぶす必要があります。 不透明プロパティを尊重しない場合は、視覚的なアーティファクトが見える場合があります。

        渡されるGraphicsオブジェクトが、インストールされている恒等変換でない変換を持っている場合があります。 この場合、別の変換を累積的に適用すると、予期しない結果が生じる場合があります。

        パラメータ:
        g - 保護対象のGraphicsオブジェクト
        関連項目:
        paint(java.awt.Graphics), ComponentUI
      • paintChildren

        protected void paintChildren​(Graphics g)
        このコンポーネントの子をペイントします。 shouldUseBufferがtrueの場合、コンポーネントの上位オブジェクトはバッファを持たず、コンポーネントの子はそれぞれ独自のバッファを持つときにバッファを使用できます。 そうでない場合、上位オブジェクトがバッファを現在使用中であり、子は描画のためのバッファを使用できません。
        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        関連項目:
        paint(java.awt.Graphics), Container.paint(java.awt.Graphics)
      • paintBorder

        protected void paintBorder​(Graphics g)
        コンポーネントのボーダーをペイントします。

        このメソッドをサブクラスでオーバーライドする場合は、渡されたGraphicsに永続的な変更を行わないようにしてください。 たとえば、クリップRectangleを変更したり、変換を変更したりするべきではありません。 このような操作が必要な場合は、渡されたGraphicsから新しいGraphicsを作成し、それを操作するほうが容易でしょう。

        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        関連項目:
        paint(java.awt.Graphics), setBorder(javax.swing.border.Border)
      • paint

        public void paint​(Graphics g)
        コンポーネントを描画するためにSwingによって呼び出されます。 アプリケーションからpaintを直接呼び出さずに、repaintメソッドを使用してコンポーネントの再描画をスケジュールするようにしてください。

        このメソッドは、実際にはペイント作業をpaintComponentpaintBorder、およびpaintChildrenの3つのprotectedメソッドに委譲します。 これらのメソッドは、子がこのコンポーネント自体の上に表示されるように、ここに並べられた順番で呼び出されます。 通常、コンポーネントとその子は、ボーダーに割り当てられたイン・セット領域をペイントするべきではありません。 サブクラスは、通常どおりにこのメソッドをオーバーライドできます。 UI (ルック・アンド・フィール)委譲のpaintメソッドを特殊化するサブクラスは、paintComponentをオーバーライドするようにしてください。

        オーバーライド:
        paint、クラス: Container
        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        関連項目:
        paintComponent(java.awt.Graphics), paintBorder(java.awt.Graphics), paintChildren(java.awt.Graphics), getComponentGraphics(java.awt.Graphics), repaint(long, int, int, int, int)
      • print

        public void print​(Graphics g)
        コンポーネントを指定のGraphicsに出力するときに、このメソッドを呼び出します。 このメソッドはprintComponentprintBorderおよびprintChildrenを呼び出します。 主力時の外観をカスタマイズする場合は、このメソッドではなく、前述のメソッドのいずれかをオーバーライドすることをお勧めします。 ただし、スーパー・クラスの動作を呼び出す前に状態を準備する場合は、このメソッドをオーバーライドしてもかまいません。 たとえば、出力前にコンポーネントのバックグラウンドの色を変更する場合は、次のように指定できます。
             public void print(Graphics g) {
                 Color orig = getBackground();
                 setBackground(Color.WHITE);
        
                 // wrap in try/finally so that we always restore the state
                 try {
                     super.print(g);
                 } finally {
                     setBackground(orig);
                 }
             }
         

        また、他のオブジェクトにペイントを委譲するコンポーネントの場合は、コンポーネントが出力操作中であるかどうかをペイント中に照会できます。 この機能は、isPaintingForPrintメソッドが提供します。このメソッドにより、戻り値はレンダリング直前にtrue、レンダリング直後にfalseに変更されます。 変更があるたびに、このコンポーネント上で"paintingForPrint"という名前でプロパティ変更イベントがトリガーされます。

        このメソッドは、ダブル・バッファを使用しないようにコンポーネントの状態を設定します。ペイントは、渡されたGraphics上で直接実行されます。

        オーバーライド:
        print 、クラス:  Container
        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        関連項目:
        printComponent(java.awt.Graphics), printBorder(java.awt.Graphics), printChildren(java.awt.Graphics), isPaintingForPrint()
      • printComponent

        protected void printComponent​(Graphics g)
        このメソッドは出力操作中に呼び出されます。 このメソッドはコンポーネントのpaintComponentを呼び出すために実装されています。 出力時に特定のペイント動作を追加する場合は、このメソッドをオーバーライドします。
        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        print(java.awt.Graphics)
      • printChildren

        protected void printChildren​(Graphics g)
        このコンポーネントの子を出力します。 このメソッドはコンポーネントのpaintChildrenを呼び出すために実装されています。 ペイントする子とは別の子を出力する場合は、このメソッドをオーバーライドします。
        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        print(java.awt.Graphics)
      • printBorder

        protected void printBorder​(Graphics g)
        コンポーネントのボーダーを出力します。 このメソッドはコンポーネントのpaintBorderを呼び出すために実装されています。 ペイントするボーダーとは別のボーダーを出力したいときは、このメソッドをオーバーライドします。
        パラメータ:
        g - ペイント対象のGraphicsコンテキスト
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        print(java.awt.Graphics)
      • isPaintingTile

        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean isPaintingTile()
        コンポーネントが現在タイルをペイントしている場合にtrueを返します。 このメソッドがtrueを返す場合、別のタイルのためにpaintがふたたび呼び出されます。 このメソッドは、タイルをペイントしていない場合、または最後のタイルがペイントされている場合にfalseを返します。 このメソッドを使用すると、タイルの間に必要となる可能性があるいくつかの状態を維持できます。
        戻り値:
        コンポーネントが現在タイルを出力している場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • isPaintingForPrint

        @BeanProperty(bound=false)
        public final boolean isPaintingForPrint()
        このコンポーネント上の現在のペイント操作が別のprint操作の一部である場合はtrueを返します。 このメソッドは、出力内容と画面に表示する内容をカスタマイズする場合に使用します。

        このプロパティの値の変化は、このコンポーネント上で"paintingForPrint"という名前のプロパティ変更イベントを待機することで検出できます。

        注意: このメソッドは、他の高レベルのSwing出力APIによって提供されるメソッドに対して補足機能を提供します。 ただし、厳密にペイントのみを扱います。より高レベルの出力プロセスに関する情報を提供するわけではありません。 たとえば、JTable.print()操作を実行しても、コンポーネント全体が連続的にレンダリングされる結果になるとはかぎりません。このメソッドの戻り値は、操作中に複数回変更される可能性があります。 出力プロセスの進行中に、画面にコンポーネントがペイントされる可能性もあります。 このような場合で、表が出力プロセスの一部としてペイントされているときにかぎり、このメソッドの戻り値はtrueになります。

        戻り値:
        このコンポーネント上の現在のペイント操作が別の出力操作の一部である場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        print(java.awt.Graphics)
      • isManagingFocus

        @Deprecated
        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean isManagingFocus()
        非推奨。
        1.4以降は、Component.setFocusTraversalKeys(int, Set)およびContainer.setFocusCycleRoot(boolean)に置き換えられています。
        リリース1.4では、フォーカス・サブシステムが再構築されました。 詳細については、「The Java Tutorial」の「How to Use the Focus Subsystem」を参照してください。

        このJComponentのフォーカス・トラバーサル・キーをCTRL+TABとCTRL+SHIFT+TABに変更します。 また、フォーカス・トラバーサル・サイクル計算時に、SortingFocusTraversalPolicyをこのJComponentの下位クラスと見なさないようにします。

        戻り値:
        false
        関連項目:
        Component.setFocusTraversalKeys(int, java.util.Set<? extends java.awt.AWTKeyStroke>), SortingFocusTraversalPolicy
      • setNextFocusableComponent

        @Deprecated
        public void setNextFocusableComponent​(Component aComponent)
        非推奨。
        1.4以降は、FocusTraversalPolicyに置き換えられています
        リリース1.4では、フォーカス・サブシステムが再構築されました。 詳細については、「The Java Tutorial」の「How to Use the Focus Subsystem」を参照してください。

        このJComponentのフォーカス・トラバーサル・サイクルに対するデフォルトのFocusTraversalPolicyを、指定されたComponentをサイクルの次のComponentとして無条件に設定し、オーバーライドします。このJComponentは、サイクル内の指定されたComponentの前のComponentとして設定されます。

        パラメータ:
        aComponent - フォーカス・トラバーサル・サイクル内のこのJComponentに従うComponent
        関連項目:
        getNextFocusableComponent()FocusTraversalPolicy
      • getNextFocusableComponent

        @Deprecated
        public Component getNextFocusableComponent()
        非推奨。
        1.4以降は、FocusTraversalPolicyに置き換えられています。
        リリース1.4では、フォーカス・サブシステムが再構築されました。 詳細については、「The Java Tutorial」の「How to Use the Focus Subsystem」を参照してください。

        前の呼出しで、このJComponentsetNextFocusableComponent(Component)に設定されたComponentを返します。

        戻り値:
        フォーカス・トラバーサル・サイクル内のこのJComponentに従うComponent、明示的に指定されているものがない場合はnull
        関連項目:
        setNextFocusableComponent(java.awt.Component)
      • setRequestFocusEnabled

        public void setRequestFocusEnabled​(boolean requestFocusEnabled)
        このJComponentがフォーカスを取得するかどうかについてのヒントを提供します。 単なるヒントであり、このプロパティを考慮してフォーカスを要求するかどうかはコンシューマ側で決定します。 これは主にマウス操作で考慮され、キーボード操作ではあまり考慮されません。 たとえばルック・アンド・フィールは、マウス操作のフォーカス要求前に、このプロパティがtrueかどうかを確認できます。 JComponent上でのマウス・クリックでフォーカスを取得させずに、キーボードでJComponentのトラバースを可能にする場合に使用されます。 このJComponentに対してまったくフォーカスを設定しないようにするためには、setFocusableメソッドを使用します。

        詳細については、「The Java Tutorial」の「How to Use the Focus Subsystem」を参照してください。

        パラメータ:
        requestFocusEnabled - このJComponentにフォーカスを設定可能にするかどうかを示す
        関連項目:
        Focus Specification, Component.setFocusable(boolean)
      • requestFocus

        public boolean requestFocus​(boolean temporary)
        このComponentが入力フォーカスを取得することを要求します。 このメソッドの詳細については、Component.requestFocus(boolean)を参照してください。

        このメソッドの動作はプラットフォームに依存しているため、このメソッドを使用することは推奨されません。 代わりにrequestFocusInWindow(boolean)を使用することをお勧めします。 フォーカスの詳細については、The Java TutorialHow to Use the Focus Subsystemを参照してください。

        オーバーライド:
        requestFocus 、クラス:  Component
        パラメータ:
        temporary - フォーカスの変更が一時的なものかどうかを示すboolean値
        戻り値:
        フォーカス変更要求が確実に失敗する場合はfalse。成功する可能性がある場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        Component.requestFocusInWindow(), Component.requestFocusInWindow(boolean)
      • grabFocus

        public void grabFocus()
        このComponentが入力フォーカスを取得すること、およびこのComponentのトップ・レベルの祖先がフォーカスされたWindowになることを要求します。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能でなければいけません。

        このメソッドはフォーカス実装での使用を想定しています。 クライアント・コードではこのメソッドではなく、requestFocusInWindow()を使用します。

        関連項目:
        requestFocusInWindow()
      • setVerifyInputWhenFocusTarget

        @BeanProperty(description="Whether the Component verifies input before accepting focus.")
        public void setVerifyInputWhenFocusTarget​(boolean verifyInputWhenFocusTarget)
        このコンポーネントがフォーカスを要求する前に、現在のフォーカスを持つコンポーネントに入力ベリファイアを呼び出すかどうかを示す値を設定します。 デフォルトはtrueです。 現在のフォーカスを持つコンポーネントへの入力が、そのコンポーネントの入力ベリファイアで渡されていない場合でもアクティブにする必要のある「取消し」ボタンまたはスクロール・バーなどのコンポーネントは、falseに設定します。
        パラメータ:
        verifyInputWhenFocusTarget - verifyInputWhenFocusTargetプロパティの値
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        InputVerifier, setInputVerifier(javax.swing.InputVerifier), getInputVerifier(), getVerifyInputWhenFocusTarget()
      • getPreferredSize

        public Dimension getPreferredSize()
        preferredSizenull以外の値に設定されている場合にその値を返します。 UI委譲のgetPreferredSizeメソッドがnull以外の値を返す場合は、その値を返します。そうでない場合はコンポーネントのレイアウト・マネージャに従います。
        オーバーライド:
        getPreferredSize、クラス: Container
        戻り値:
        preferredSizeプロパティの値
        関連項目:
        setPreferredSize(java.awt.Dimension), ComponentUI
      • setMaximumSize

        @BeanProperty(description="The maximum size of the component.")
        public void setMaximumSize​(Dimension maximumSize)
        このコンポーネントの最大サイズを定数値に設定します。 getMaximumSizeの以降の呼出しで、常にこの値を返します。その計算のためにコンポーネントのUIが要求されることはありません。 最大サイズをnullに設定すると、デフォルトの動作に戻ります。
        オーバーライド:
        setMaximumSize 、クラス:  Component
        パラメータ:
        maximumSize - 目的の最大許容サイズを含むDimension
        関連項目:
        getMaximumSize()
      • getMaximumSize

        public Dimension getMaximumSize()
        最大サイズがnull以外の値に設定されている場合はその値を返します。 UI委譲のgetMaximumSizeメソッドがnull以外の値を返す場合は、その値を返します。そうでない場合はコンポーネントのレイアウト・マネージャに従います。
        オーバーライド:
        getMaximumSize 、クラス:  Container
        戻り値:
        maximumSizeプロパティの値
        関連項目:
        setMaximumSize(java.awt.Dimension), ComponentUI
      • setMinimumSize

        @BeanProperty(description="The minimum size of the component.")
        public void setMinimumSize​(Dimension minimumSize)
        このコンポーネントの最小サイズを定数値に設定します。 getMinimumSizeの以降の呼出しで、常にこの値を返します。その計算のためにコンポーネントのUIが要求されることはありません。 最小サイズをnullに設定すると、デフォルトの動作に戻ります。
        オーバーライド:
        setMinimumSize 、クラス:  Component
        パラメータ:
        minimumSize - このコンポーネントの新しい最小サイズ
        関連項目:
        getMinimumSize()
      • getMinimumSize

        public Dimension getMinimumSize()
        最小サイズがnull以外の値に設定されている場合はその値を返します。 UI委譲のgetMinimumSizeメソッドがnull以外の値を返す場合は、その値を返します。そうでない場合はコンポーネントのレイアウト・マネージャに従います。
        オーバーライド:
        getMinimumSize、クラス: Container
        戻り値:
        minimumSizeプロパティの値
        関連項目:
        setMinimumSize(java.awt.Dimension), ComponentUI
      • contains

        public boolean contains​(int x,
                                int y)
        マウス処理のために、このコンポーネントの正確な形状を定義する機会をUI委譲に提供します。
        オーバーライド:
        contains 、クラス:  Component
        パラメータ:
        x - 点のx座標
        y - 点のy座標
        戻り値:
        このコンポーネントが論理的にxとyを含む場合はtrue
        関連項目:
        Component.contains(int, int), ComponentUI
      • setBorder

        @BeanProperty(preferred=true,
                      visualUpdate=true,
                      description="The component\'s border.")
        public void setBorder​(Border border)
        このコンポーネントのボーダーを設定します。 Borderオブジェクトは、コンポーネントのイン・セットを定義し(コンポーネントで直接設定されているイン・セットをオーバーライドする)、任意でそれらのイン・セットの境界内のボーダー装飾をレンダリングします。 Swingコンポーネントで装飾領域および非装飾領域(マージンおよびパディングなど)の両方を生成するには、イン・セットではなくボーダーを使用する必要があります。 単一のコンポーネント内で複数のボーダーを入れ子にするには、複合ボーダーを使用できます。

        技術的にはJComponentを継承するどのオブジェクトにもボーダーを設定できますが、標準のSwingコンポーネントのルック・アンド・フィールの実装の多くは、ユーザー設定のボーダーでは正しく動作しません。 通常、JPanelまたはJLabel以外の標準のSwingコンポーネントでボーダーを設定するときは、コンポーネントをJPanelに入れて、JPanelでボーダーを設定することをお勧めします。

        これはバウンド・プロパティです。

        パラメータ:
        border - このコンポーネントでレンダリングされるボーダー
        関連項目:
        Border, CompoundBorder
      • getBorder

        public Border getBorder()
        このコンポーネントのボーダーを返します。ボーダーが現在設定されていない場合はnullを返します。
        戻り値:
        このコンポーネントのボーダー・オブジェクト
        関連項目:
        setBorder(javax.swing.border.Border)
      • getInsets

        @BeanProperty(expert=true)
        public Insets getInsets()
        このコンポーネントでボーダーが設定されている場合はボーダーのイン・セットを返し、それ以外の場合はsuper.getInsetsを呼び出します。
        オーバーライド:
        getInsets、クラス: Container
        戻り値:
        インセット・プロパティの値
        関連項目:
        setBorder(javax.swing.border.Border)
      • getInsets

        public Insets getInsets​(Insets insets)
        このコンポーネントのイン・セット値を含むInsetsオブジェクトを返します。 渡されたInsetsオブジェクトは、可能な場合に再利用されます。 しかし、メソッドを呼び出すたびに同じオブジェクトが返されるとはかぎりません。 このオブジェクト内のすべての既存の値は上書きされます。 insetsがnullの場合、新しい値が割り当てられます。
        パラメータ:
        insets - 再利用できるInsetsオブジェクト
        戻り値:
        Insetsオブジェクト
        関連項目:
        getInsets()
      • setAlignmentY

        @BeanProperty(description="The preferred vertical alignment of the component.")
        public void setAlignmentY​(float alignmentY)
        垂直方向の整列を設定します。
        パラメータ:
        alignmentY - 新しい垂直方向の整列
        関連項目:
        getAlignmentY()
      • setAlignmentX

        @BeanProperty(description="The preferred horizontal alignment of the component.")
        public void setAlignmentX​(float alignmentX)
        水平方向の整列を設定します。
        パラメータ:
        alignmentX - 新しい水平方向の整列
        関連項目:
        getAlignmentX()
      • setInputVerifier

        @BeanProperty(description="The component\'s input verifier.")
        public void setInputVerifier​(InputVerifier inputVerifier)
        このコンポーネントの入力ベリファイアを設定します。
        パラメータ:
        inputVerifier - 新しい入力ベリファイア
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        InputVerifier
      • getInputVerifier

        public InputVerifier getInputVerifier()
        このコンポーネントの入力ベリファイアを返します。
        戻り値:
        inputVerifierプロパティ
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        InputVerifier
      • getGraphics

        @BeanProperty(bound=false)
        public Graphics getGraphics()
        このコンポーネントのグラフィックス・コンテキストを返します。グラフィックス・コンテキストを使用すると、コンポーネントを描画できます。 このメソッドを使用してGraphicsオブジェクトを取得し、そのオブジェクトで処理を呼び出してコンポーネントを描画できます。
        オーバーライド:
        getGraphics、クラス: Component
        戻り値:
        このコンポーネントのグラフィックス・コンテキスト
        関連項目:
        Component.paint(java.awt.Graphics)
      • setDebugGraphicsOptions

        @BeanProperty(bound=false,
                      preferred=true,
                      enumerationValues={"DebugGraphics.NONE_OPTION","DebugGraphics.LOG_OPTION","DebugGraphics.FLASH_OPTION","DebugGraphics.BUFFERED_OPTION"},
                      description="Diagnostic options for graphics operations.")
        public void setDebugGraphicsOptions​(int debugOptions)
        このコンポーネント、またはその子のどれかで実行されるすべてのグラフィック操作についての診断情報を有効化または無効化します。
        パラメータ:
        debugOptions - コンポーネントが情報を表示する方法を指定するオプション。次のうちのいずれか
        • DebugGraphics.LOG_OPTION - テキスト・メッセージを出力する。
        • DebugGraphics.FLASH_OPTION - 描画を数回点滅させる。
        • DebugGraphics.BUFFERED_OPTION - Viewのオフスクリーン・バッファで実行された処理を表示するExternalWindowを作成する。
        • DebugGraphics.NONE_OPTION - デバッグを無効にする。
        • 値がゼロの場合はデバッグ・オプションを変更しない。
        debugOptionsは、現在の値に対するビット単位の論理和です
      • getDebugGraphicsOptions

        public int getDebugGraphicsOptions()
        グラフィックス・デバッギングの状態を返します。
        戻り値:
        次に挙げる各オプションのビット単位の論理和。
        • DebugGraphics.LOG_OPTION - テキスト・メッセージを出力する。
        • DebugGraphics.FLASH_OPTION - 描画を数回点滅させる。
        • DebugGraphics.BUFFERED_OPTION - Viewのオフスクリーン・バッファで実行された処理を表示するExternalWindowを作成する。
        • DebugGraphics.NONE_OPTION - デバッグを無効にする。
        • 値がゼロの場合はデバッグ・オプションを変更しない。
        関連項目:
        setDebugGraphicsOptions(int)
      • registerKeyboardAction

        public void registerKeyboardAction​(ActionListener anAction,
                                           String aCommand,
                                           KeyStroke aKeyStroke,
                                           int aCondition)
        このメソッドは現在使用されていません。同様の動作を実現するには、getActionMap()getInputMap()を組み合わせて使ってください。 たとえば、KeyStrokeaKeyStrokeActionanActionにバインドするには、次のメソッドを使用します。
           component.getInputMap().put(aKeyStroke, aCommand);
           component.getActionMap().put(aCommmand, anAction);
         
        上記の例は、WHEN_FOCUSEDに適切なバインディングを実行すると仮定したものです。 ほかのフォーカス状態のバインディングを登録するには、整数値をとるgetInputMapメソッドを使います。

        新しいキーボード・アクションを登録します。anActionは、aKeyStrokeと一致するキー・イベントが発生し、aConditionが確認された場合に呼び出されます。 KeyStrokeオブジェクトは、キーボードのキーと1つ以上の修飾キー(alt、shift、ctrl、meta)の特定の組合せを定義します。

        aCommandは、指定されていれば、送られるイベントで設定されます。

        aConditionは次のいずれかです。

        WHEN_FOCUSED
        アクションは、コンポーネントがフォーカスを持つ場合にキー・ストロークが発生したときだけ呼び出される。
        WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW
        アクションは、コンポーネントがフォーカスを持つか、またはフォーカスを持つウィンドウ内にある場合にキー・ストロークが発生したときにだけ呼び出される。 コンポーネントはウィンドウの直接の下位である必要はなく、ウィンドウの包含関係の階層のどこにあってもかまわない。 つまり、ウィンドウ内のどのコンポーネントがフォーカスを持っていても、このコンポーネントに登録されているアクションは呼び出される。
        WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENT
        アクションは、コンポーネントがフォーカスを持つか、またはフォーカスを持つコンポーネントの上位オブジェクトである場合にキー・ストロークが発生したときだけ呼び出される。

        キー・ストロークと条件の組み合わせにより、(KeyStrokeクラスを使用して)指定されたキー・ストロークと修飾キーの組み合わせに対するハイレベルの(意味上の)アクション・イベントを定義でき、フォーカスを持つコンポーネントの親または子、あるいはコンポーネント自体に向けることができます。 つまり、どのようなコンポーネントの階層構造においても、任意のキーの組み合わせを階層内の適切なコンポーネントに直接導くことができ、特定のメソッドを呼び出すことができます(通常はアダプタ・オブジェクトを介する)。

        アクションがすでに同じcharCodeおよび同じ修飾キーで受信側コンテナに登録されている場合、anActionはそのアクションを置き換えます。

        パラメータ:
        anAction - 登録するAction
        aCommand - 送られるイベントに設定されるコマンド
        aKeyStroke - アクションをバインドするKeyStroke
        aCondition - 満たす必要がある条件。上記参照
        関連項目:
        KeyStroke
      • registerKeyboardAction

        public void registerKeyboardAction​(ActionListener anAction,
                                           KeyStroke aKeyStroke,
                                           int aCondition)
        このメソッドは現在使用されていません。同様の動作を実現するには、getActionMap()getInputMap()を組み合わせて使ってください。
        パラメータ:
        anAction - 指定されたキーストロークおよび条件に登録されるアクション
        aKeyStroke - KeyStroke
        aCondition - 指定されたキーストロークおよびアクションに関連する条件
        関連項目:
        getActionMap(), getInputMap(int)
      • unregisterKeyboardAction

        public void unregisterKeyboardAction​(KeyStroke aKeyStroke)
        このメソッドは現在使われていません。 既存のバインディングの登録を解除するには、ActionMap/InputMapからバインディングを削除するか、またはInputMapにダミー・バインディングを配置します。 InputMapからバインディングを削除すると、親のInputMapのバインディングをアクティブにできます。それに対して、InputMapにダミー・バインディングを配置すると、今まで発生したバインディングが事実上無効になります。

        キーボード・アクションを登録解除します。 この解除により、InputMapと同様ActionMap (存在する場合)のバインディングも削除します。

        パラメータ:
        aKeyStroke - キーボード操作の登録を解除するキーストローク
      • getConditionForKeyStroke

        public int getConditionForKeyStroke​(KeyStroke aKeyStroke)
        登録されているアクションが、指定されたキー・ストロークに反応して発生するかどうかを決める条件を返します。

        Java 2プラットフォームv1.3の場合、KeyStrokeを複数の条件と関連付けることができます。 たとえば、1つのキー・ストロークを2つの条件WHEN_FOCUSEDWHEN_IN_FOCUSED_WINDOWにバインドすることができます。

        パラメータ:
        aKeyStroke - アクション・キーストローク条件をリクエストするキーストローク
        戻り値:
        アクションとキー・ストロークの条件
      • getActionForKeyStroke

        public ActionListener getActionForKeyStroke​(KeyStroke aKeyStroke)
        指定されたキー・ストロークに対して登録されているアクションを実行するオブジェクトを返します。
        パラメータ:
        aKeyStroke - リスナーを返すキーストローク
        戻り値:
        キー・ストロークが発生したときに呼び出されるActionListenerオブジェクト
      • resetKeyboardActions

        public void resetKeyboardActions()
        第1レイヤーのInputMapsActionMapのバインディングをすべて登録解除します。 この方法は、どのローカル・バインディングを削除する場合にも効果的であり、親のInputMap/ActionMaps (UIは通常第2層で定義)に定義されたバインディングを持続させることができます。
      • setInputMap

        public final void setInputMap​(int condition,
                                      InputMap map)
        条件conditionで使用するInputMapmapに設定します。 null値は、UIからのものであってもバインディングを使用しないことを示します。 UI InputMapが存在する場合、再インストールは行われません。conditionの値は次のいずれかになります。
        • WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW
        • WHEN_FOCUSED
        • WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENT
        conditionWHEN_IN_FOCUSED_WINDOWであり、mapComponentInputMapでない場合、IllegalArgumentExceptionがスローされます。 同様に、conditionが上記のものでない場合、IllegalArgumentExceptionがスローされます。
        パラメータ:
        condition - 上記の値のいずれか
        map - 指定の条件に対して使用されるInputMap
        例外:
        IllegalArgumentException - conditionWHEN_IN_FOCUSED_WINDOWであり、mapComponentInputMapのインスタンスでない場合、またはconditionが上記で指定された値でない場合
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getInputMap

        public final InputMap getInputMap​(int condition)
        conditionで使用されているInputMapを返します。
        パラメータ:
        condition - WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW、WHEN_FOCUSED、WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENTのうちの1つ
        戻り値:
        指定されたconditionに対するInputMap
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getInputMap

        public final InputMap getInputMap()
        コンポーネントがフォーカスを取得したときに使用するInputMapを返します。 これはgetInputMap(WHEN_FOCUSED)の簡易メソッドです。
        戻り値:
        コンポーネントがフォーカスを取得したときに使用するInputMap
        導入されたバージョン:
        1.3
      • setActionMap

        public final void setActionMap​(ActionMap am)
        ActionMapamに設定します。 UIが存在する場合でも、amの親をUIからのActionMapとしては設定しません。この処理は呼出し側で行います。
        パラメータ:
        am - 新しいActionMap
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getActionMap

        public final ActionMap getActionMap()
        特定のKeyStrokeバインディングに対してトリガーするActionの指定に使用されるActionMapを返します。 ほかが設定されていなければ、返されるActionMapは、その親と同じUIのActionMapを持ちます。
        戻り値:
        キーまたはアクションのバインディングを含むActionMap
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getBaseline

        public int getBaseline​(int width,
                               int height)
        ベースラインを返します。 ベースラインは、コンポーネントの上端から測定されます。 このメソッドは、主にLayoutManagerがそのベースラインに沿ってコンポーネントを配置するために使用します。 戻り値が0より小さい場合、このコンポーネントのベースラインは適切ではありません。LayoutManagerは、そのベースライン上にこのコンポーネントを配置できません。

        このメソッドは、同じ名前のComponentUIメソッドを呼び出します。 このコンポーネントがComponentUIを持っていない場合は -1が返されます。 戻り値が0以上の場合、コンポーネントのベースラインは最小サイズ以上の任意のサイズに対して有効であり、getBaselineResizeBehaviorを使ってサイズによるベースラインの変化を特定できます。

        オーバーライド:
        getBaseline 、クラス:  Component
        パラメータ:
        width - ベースラインを取得する幅
        height - ベースラインを取得する高さ
        戻り値:
        ベースラインまたは0より小さい値(適切なベースラインがないことを示す)
        例外:
        IllegalArgumentException - 幅または高さが0より小さい場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        getBaselineResizeBehavior()FontMetrics
      • getBaselineResizeBehavior

        @BeanProperty(bound=false)
        public Component.BaselineResizeBehavior getBaselineResizeBehavior()
        サイズの変化に合わせてコンポーネントのベースラインがどのように変化するかを示す列挙を返します。 このメソッドは、主にレイアウト・マネージャとGUIビルダーで使用されます。

        このメソッドは、同じ名前のComponentUIメソッドを呼び出します。 このコンポーネントがComponentUIを持っていない場合は、BaselineResizeBehavior.OTHERが返されます。 サブクラスはnullを返さないようにしてください。ベースラインを計算できない場合は、BaselineResizeBehavior.OTHERを返します。 呼出し元はまず、getBaselineを使用して、ベースラインを要求するようにしてください。0以上の値が返された場合に、このメソッドを使用します。 getBaselineで0未満の値が返された場合でも、このメソッドでBaselineResizeBehavior.OTHER以外の値を返すことは可能です。

        オーバーライド:
        getBaselineResizeBehavior 、クラス:  Component
        戻り値:
        コンポーネント・サイズの変化に合わせてベースラインがどのように変化するかを示す列挙
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        getBaseline(int, int)
      • requestDefaultFocus

        @Deprecated
        public boolean requestDefaultFocus()
        非推奨。
        1.4以降は、FocusTraversalPolicy.getDefaultComponent(Container).requestFocus()
        リリース1.4では、フォーカス・サブシステムが再構築されました。 詳細については、「The Java Tutorial」の「How to Use the Focus Subsystem」を参照してください。

        このJComponentFocusTraversalPolicyのデフォルトComponentへのフォーカスを要求します。 このJComponentがフォーカス・サイクル・ルートの場合、そのFocusTraversalPolicyが使用されます。 そうでない場合は、このJComponentのフォーカス・サイクル・ルート・クラスのFocusTraversalPolicyが使用されます。

        戻り値:
        このコンポーネントが入力フォーカスの取得をリクエストできる場合はtrue、できない場合はfalse
        関連項目:
        FocusTraversalPolicy.getDefaultComponent(java.awt.Container)
      • setEnabled

        @BeanProperty(expert=true,
                      preferred=true,
                      visualUpdate=true,
                      description="The enabled state of the component.")
        public void setEnabled​(boolean enabled)
        このコンポーネントが有効であるかどうかを設定します。 有効なコンポーネントはユーザーの入力に反応できますが、無効なコンポーネントはユーザーの入力に反応できません。 コンポーネントによっては、自身が無効な場合に表示を変更して、入力を受け取れないことを示すフィード・バックをユーザーに提供できます。

        注: コンポーネントを無効化しても子は無効化されません。

        注: 軽量化コンポーネントを無効化してもMouseEventは受信されます。

        オーバーライド:
        setEnabled 、クラス:  Component
        パラメータ:
        enabled - このコンポーネントを有効化する場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        Component.isEnabled(), Component.isLightweight()
      • setForeground

        @BeanProperty(preferred=true,
                      visualUpdate=true,
                      description="The foreground color of the component.")
        public void setForeground​(Color fg)
        このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーを設定します。 このプロパティが受け付けられるかどうかはルック・アンド・フィールしだいであり、無視されることもあります。
        オーバーライド:
        setForeground 、クラス:  Component
        パラメータ:
        fg - 要求するフォアグラウンドColor
        関連項目:
        Component.getForeground()
      • setBackground

        @BeanProperty(preferred=true,
                      visualUpdate=true,
                      description="The background color of the component.")
        public void setBackground​(Color bg)
        このコンポーネントのバックグラウンド・カラーを設定します。 バックグラウンド・カラーは、コンポーネントが不透明である場合にのみ、JComponentまたはComponentUIの実装のサブクラスによってのみ使用されます。 JComponentの直接のサブクラスは、このプロパティを受け付けるためにpaintComponentをオーバーライドする必要があります。

        このプロパティが受け付けられるかどうかはルック・アンド・フィールしだいであり、無視されることもあります。

        オーバーライド:
        setBackground 、クラス:  Component
        パラメータ:
        bg - 要求するバックグラウンドColor
        関連項目:
        Component.getBackground(), setOpaque(boolean)
      • getDefaultLocale

        public static Locale getDefaultLocale()
        各JComponentのロケール・プロパティを生成時に初期化するために使用するデフォルト・ロケールを返します。 デフォルト・ロケールには「AppContext」スコープがあり、アプレット(そして潜在的には単独のVMで実行される複数の軽量アプリケーション)が独自の設定を持つことができます。 あるアプレットがデフォルト・ロケールを変更しても、ほかのアプレット(またはブラウザ)には影響しないので、安全に変更することができます。
        戻り値:
        デフォルトのLocale
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setDefaultLocale(java.util.Locale), Component.getLocale(), Component.setLocale(java.util.Locale)
      • setDefaultLocale

        public static void setDefaultLocale​(Locale l)
        各JComponentのロケール・プロパティを生成時に初期化するために使用するデフォルト・ロケールを設定します。 初期値はVMのデフォルト・ロケールです。 デフォルト・ロケールには「AppContext」スコープがあり、アプレット(そして潜在的には単独のVMで実行される複数の軽量アプリケーション)が独自の設定を持つことができます。 あるアプレットがデフォルト・ロケールを変更しても、ほかのアプレット(またはブラウザ)には影響しないので、安全に変更することができます。
        パラメータ:
        l - 新しいコンポーネントに指定するデフォルトLocale
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getDefaultLocale(), Component.getLocale(), Component.setLocale(java.util.Locale)
      • processComponentKeyEvent

        protected void processComponentKeyEvent​(KeyEvent e)
        コンポーネント自体が認識するキー・イベントを処理します。 このメソッドは、フォーカス・マネージャおよび関連するすべてのリスナーに、イベントを横取りする機会が与えられたあとに呼び出されます。 このメソッドは、イベントがまだ使用されていない場合にだけ呼び出されます。 このメソッドは、キーボードUIロジックに優先して呼び出されます。

        このメソッドの実装は何も行いません。 通常、サブクラスはそれら自体がキー・イベントを処理する場合にこのメソッドをオーバーライドします。 処理されたイベントは破棄されます。

        パラメータ:
        e - 処理されるイベント
      • processKeyBinding

        protected boolean processKeyBinding​(KeyStroke ks,
                                            KeyEvent e,
                                            int condition,
                                            boolean pressed)
        KeyEvent eの結果としてksのキー・バインドを処理するために呼び出されます。 このメソッドは適切なInputMap、そのバインディング、ActionMapのアクションを取得して、(アクションが見つかり、コンポーネントが有効な場合)アクションを通知するためにnotifyActionを呼び出します。
        パラメータ:
        ks - 照会するKeyStroke
        e - KeyEvent
        condition - 次の値のいずれか。
        • JComponent.WHEN_FOCUSED
        • JComponent.WHEN_ANCESTOR_OF_FOCUSED_COMPONENT
        • JComponent.WHEN_IN_FOCUSED_WINDOW
        pressed - キーが押されている場合はtrue
        戻り値:
        アクションにバインディングがあり、アクションが有効だった場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.3
      • setToolTipText

        @BeanProperty(bound=false,
                      preferred=true,
                      description="The text to display in a tool tip.")
        public void setToolTipText​(String text)
        ツールヒントに表示するテキストを登録します。 このテキストは、カーソルがコンポーネント上にあるときに表示されます。

        詳細は、『The Java Tutorial』の「How to Use Tool Tips」を参照してください。

        パラメータ:
        text - 表示する文字列。テキストがnullの場合、このコンポーネントのツールヒントはオフ
        関連項目:
        TOOL_TIP_TEXT_KEY
      • getToolTipText

        public String getToolTipText()
        setToolTipTextで設定されているツールヒントの文字列を返します。
        戻り値:
        ツールヒントのテキスト
        関連項目:
        TOOL_TIP_TEXT_KEY
      • getToolTipText

        public String getToolTipText​(MouseEvent event)
        eventのツールヒントとして使用される文字列を返します。 デフォルトでは、setToolTipTextを使用して設定された任意の文字列を返します。 コンポーネントがより包括的なAPIを提供して異なる位置で異なるツールヒントをサポートする場合、このメソッドはオーバーライドされます。
        パラメータ:
        event - ToolTipの表示を開始したMouseEvent
        戻り値:
        ツール・ヒントを含む文字列
      • getToolTipLocation

        public Point getToolTipLocation​(MouseEvent event)
        このコンポーネントの座標系におけるツールヒントの位置を返します。 nullが返される場合は、Swingが位置を選択します。 デフォルトの実装ではnullを返します。
        パラメータ:
        event - ToolTipManagerにツールヒントを表示させるMouseEvent
        戻り値:
        常にnullを返す
      • getPopupLocation

        public Point getPopupLocation​(MouseEvent event)
        このコンポーネントの座標系にポップアップ・メニューを表示するのに適切な位置を返します。 このプロパティが受け付けられるかどうかはルック・アンド・フィールしだいであり、無視されることもあります。 nullの場合は、ルック・アンド・フィールによって適切な位置が選択されます。
        パラメータ:
        event - ポップアップの表示をトリガーしたMouseEvent、マウス・イベントの結果としてポップアップが表示されない場合はnull
        戻り値:
        JPopupMenuが表示される位置、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.5
      • createToolTip

        public JToolTip createToolTip()
        ツールヒントを表示するために使用されるJToolTipのインスタンスを返します。 通常コンポーネントはこのメソッドをオーバーライドしませんが、このメソッドは複数のツールヒントを別々に表示するために使用できます。
        戻り値:
        このツールヒント表示に使用されるJToolTip
      • scrollRectToVisible

        public void scrollRectToVisible​(Rectangle aRect)
        scrollRectToVisible()メッセージをJComponentの親に転送します。 この要求を処理できるJViewportなどのコンポーネントは、このメソッドをオーバーライドしてスクロールを実行します。
        パラメータ:
        aRect - 可視Rectangle
        関連項目:
        JViewport
      • setAutoscrolls

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="Determines if this component automatically scrolls its contents when dragged.")
        public void setAutoscrolls​(boolean autoscrolls)
        autoscrollsプロパティを設定します。 trueの場合、マウスがコンポーネントの境界外にドラッグされ、マウスのボタンを押したまま停止されると、マウス・ドラッグ・イベントが合成されて生成されます。 合成イベントでは、コンポーネントの境界を越えてドラッグが実行された場合、その方向へのドラッグが再開されたように見せかけます。 オートスクロールをサポートするコンポーネントは、マウス・イベント位置を含む矩形を指定してscrollRectToVisibleを呼び出し、mouseDraggedイベントを処理する必要があります。 項目選択をサポートし、JScrollPaneに表示されるすべてのSwingコンポーネント(JTableJListJTreeJTextArea、およびJEditorPane)は、この方法でのマウス・ドラッグ・イベント処理を実装済です。 ほかのコンポーネントでオートスクロールを有効化するためには、scrollRectToVisibleを呼び出すマウス・モーション・リスナーを追加します。 JPanelmyPanelでの例を挙げます。
         MouseMotionListener doScrollRectToVisible = new MouseMotionAdapter() {
             public void mouseDragged(MouseEvent e) {
                Rectangle r = new Rectangle(e.getX(), e.getY(), 1, 1);
                ((JPanel)e.getSource()).scrollRectToVisible(r);
            }
         };
         myPanel.addMouseMotionListener(doScrollRectToVisible);
         
        autoScrollsプロパティのデフォルト値はfalseです。
        パラメータ:
        autoscrolls - trueの場合は、マウス・ボタンを押したままでコンポーネントの境界の外までマウスをドラッグすると、合成マウス・ドラッグ・イベントが生成される。falseの場合は生成されない
        関連項目:
        getAutoscrolls(), JViewport, JScrollPane
      • getAutoscrolls

        public boolean getAutoscrolls()
        autoscrollsプロパティを取得します。
        戻り値:
        autoscrollsプロパティの値
        関連項目:
        JViewport, setAutoscrolls(boolean)
      • setTransferHandler

        @BeanProperty(hidden=true,
                      description="Mechanism for transfer of data to and from the component")
        public void setTransferHandler​(TransferHandler newHandler)
        カット、コピー、ペーストおよびドラッグ・アンド・ドロップを使用した、このコンポーネントとのデータ転送をサポートするTransferHandlerを設定します。 コンポーネントがデータ転送操作をサポートしない場合、nullも指定できます。

        新しいTransferHandlernullでない場合、このメソッドはTransferHandlerによるドロップ処理を有効にして、潜在的なドロップ位置の計算と表示など、組み込まれているあらゆるサポートを有効にするために新しい DropTargetもコンポーネントにインストールします。 このコンポーネントがドロップに一切応答しないようにするには、ドロップ・ターゲットを削除(setDropTarget(null))または非アクティブ化(getDropTaget().setActive(false))してドロップ・サポートを完全に無効にできます。

        新しいTransferHandlernullの場合、このメソッドはドロップ・ターゲットを削除します。

        次の2つの状況では、このメソッドはドロップ・ターゲットを変更しません。1つ目は、このコンポーネントの既存のドロップ・ターゲットが開発者によって明示的にnon-null値に設定された場合です。 2つ目は、システム・プロパティsuppressSwingDropSupporttrueの場合です。 システム・プロパティのデフォルト値はfalseです。

        詳細は、「The Java Tutorial」の「How to Use Drag and Drop and Data Transfer」を参照してください。

        パラメータ:
        newHandler - 新しいTransferHandler
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        TransferHandler, getTransferHandler()
      • processMouseMotionEvent

        protected void processMouseMotionEvent​(MouseEvent e)
        MouseEvent.MOUSE_DRAGGEDなどのマウス・モーション・イベントを処理します。
        オーバーライド:
        processMouseMotionEvent 、クラス:  Component
        パラメータ:
        e - MouseEvent
        関連項目:
        MouseEvent
      • enable

        @Deprecated
        public void enable()
        非推奨。
        JDK Version 1.1以降は、java.awt.Component.setEnabled(boolean)に置き換えられています。
        オーバーライド:
        enable 、クラス:  Component
      • disable

        @Deprecated
        public void disable()
        非推奨。
        JDK Version 1.1以降は、java.awt.Component.setEnabled(boolean)に置き換えられています。
        オーバーライド:
        disable 、クラス:  Component
      • getClientProperty

        public final Object getClientProperty​(Object key)
        指定されたキーを持つプロパティの値を返します。 putClientPropertyで追加されたプロパティだけがnull以外の値を返します。
        パラメータ:
        key - 照会用のキー
        戻り値:
        このプロパティの値またはnull
        関連項目:
        putClientProperty(java.lang.Object, java.lang.Object)
      • putClientProperty

        public final void putClientProperty​(Object key,
                                            Object value)
        任意のキーと値を組み合わせたクライアント・プロパティをこのコンポーネントに追加します。

        get/putClientPropertyメソッドは、インスタンスごとの小規模なハッシュ・テーブルへのアクセスを提供します。 呼出し側は、getClientPropertyとputClientPropertyを使用して、別のモジュールによって生成されたコンポーネントに注釈を付けます。 たとえば、レイアウト・マネージャはこの方法で子ごとの制約を格納する場合があります。 たとえば、

         componentA.putClientProperty("to the left of", componentB);
         
        valueがnullの場合、このメソッドはプロパティを削除します。 クライアント・プロパティへの変更は、PropertyChangeイベントで報告されます。 (PropertyChangeイベント用の)プロパティの名前は、key.toString()です。

        clientPropertyのディクショナリは、JComponentへの大規模な拡張機能をサポートするものではありません。また新しいコンポーネントを設計するときのサブクラス化の代替としても使用できません。

        パラメータ:
        key - 新しいクライアント・プロパティ・キー
        value - 新しいクライアント・プロパティ値。nullの場合、このメソッドはプロパティを削除
        関連項目:
        getClientProperty(java.lang.Object), Container.addPropertyChangeListener(java.beans.PropertyChangeListener)
      • setFocusTraversalKeys

        public void setFocusTraversalKeys​(int id,
                                          Set<? extends AWTKeyStroke> keystrokes)
        このComponentの、指定されたトラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーを設定します。 このメソッドの詳細については、Component.setFocusTraversalKeys(int, java.util.Set<? extends java.awt.AWTKeyStroke>)を参照してください。

        keystrokes内のObjectのいずれかがAWTKeyStrokeでない場合、このメソッドはClassCastExceptionをスローすることがあります。

        オーバーライド:
        setFocusTraversalKeys 、クラス:  Container
        パラメータ:
        id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
        keystrokes - 指定された操作に対するAWTKeyStrokeのセット
        例外:
        IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれでもない場合、キー・ストロークがnullを含む場合、キー・ストロークのいずれがKEY_TYPEDイベントを表している場合、またはキー・ストロークのいずれかがこのComponentの別のフォーカス・トラバーサル操作にマップされている場合
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS, KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS, KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS
      • isLightweightComponent

        public static boolean isLightweightComponent​(Component c)
        このコンポーネントが軽量の場合、つまりネイティブのウィンドウ・システム・ピアを持たない場合にtrueを返します。
        パラメータ:
        c - チェックされるComponent
        戻り値:
        このコンポーネントが軽量の場合はtrue
      • reshape

        @Deprecated
        public void reshape​(int x,
                            int y,
                            int w,
                            int h)
        非推奨。
        JDK 5以降は、Component.setBounds(int, int, int, int)に置き換えられています。

        このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。

        次のクラスからコピーされた説明: Component
        このコンポーネントの境界矩形を再整形します。
        オーバーライド:
        reshape 、クラス:  Component
        パラメータ:
        x - 新しい水平方向の位置
        y - 新しい垂直方向の位置
        w - 新しい幅
        h - 新しい高さ
        関連項目:
        Component.setBounds(int, int, int, int)
      • getBounds

        public Rectangle getBounds​(Rectangle rv)
        このコンポーネントの境界を「戻り値」rvに格納し、rvを返します。 rvnullである場合は、新しいRectangleが割り当てられます。 このバージョンのgetBoundsは、呼出し元がヒープ上での新しいRectangleオブジェクトの割り当てを回避したい場合に役立ちます。
        オーバーライド:
        getBounds 、クラス:  Component
        パラメータ:
        rv - コンポーネントの境界が格納された戻り値
        戻り値:
        rvrvnullの場合は新しく作成されたRectangleとコンポーネントの境界を返す
      • getSize

        public Dimension getSize​(Dimension rv)
        このコンポーネントの幅と高さを「戻り値」rvに格納し、rvを返します。 rvnullである場合は、新しいDimensionオブジェクトが割り当てられます。 このバージョンのgetSizeは、呼出し元がヒープ上での新しいDimensionオブジェクトの割り当てを回避したい場合に役立ちます。
        オーバーライド:
        getSize 、クラス:  Component
        パラメータ:
        rv - コンポーネントのサイズが格納された戻り値
        戻り値:
        rv
      • getLocation

        public Point getLocation​(Point rv)
        このコンポーネントのx,y原点を「戻り値」rvに格納し、rvを返します。 rvnullである場合は、新しいPointが割り当てられます。 このバージョンのgetLocationは、呼出し元がヒープ上での新しいPointオブジェクトの割り当てを回避したい場合に役立ちます。
        オーバーライド:
        getLocation 、クラス:  Component
        パラメータ:
        rv - コンポーネントの位置が格納された戻り値
        戻り値:
        rv
      • getX

        @BeanProperty(bound=false)
        public int getX()
        コンポーネントの原点の現在のx座標を返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().xまたはcomponent.getLocation().xの記述より推奨されます。
        オーバーライド:
        getX 、クラス:  Component
        戻り値:
        コンポーネントの原点の現在のx座標
      • getY

        @BeanProperty(bound=false)
        public int getY()
        コンポーネントの原点の現在のy座標を返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().yまたはcomponent.getLocation().yの記述より推奨されます。
        オーバーライド:
        getY 、クラス:  Component
        戻り値:
        コンポーネントの原点の現在のy座標
      • getWidth

        @BeanProperty(bound=false)
        public int getWidth()
        このコンポーネントの現在の幅を返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().widthまたはcomponent.getSize().widthの記述より推奨されます。
        オーバーライド:
        getWidth 、クラス:  Component
        戻り値:
        このコンポーネントの現在の幅
      • getHeight

        @BeanProperty(bound=false)
        public int getHeight()
        このコンポーネントの現在の高さを返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().heightまたはcomponent.getSize().heightの記述より推奨されます。
        オーバーライド:
        getHeight 、クラス:  Component
        戻り値:
        このコンポーネントの現在の高さ
      • isOpaque

        public boolean isOpaque()
        このコンポーネントが完全に不透明な場合にtrueを返します。

        不透明なコンポーネントはその矩形境界内のすべてのピクセルをペイントします。 不透明ではないコンポーネントはそのピクセルのサブセットだけをペイントするか、まったくペイントしないので、その下のピクセルが透けて表示されます。 そのため、そのピクセルを完全にはペイントしないコンポーネントは、ある程度の透明性を提供します。

        常にその内容を完全にペイントすることを保証するサブクラスは、このメソッドをオーバーライドしてtrueを返すようにしてください。

        オーバーライド:
        isOpaque 、クラス:  Component
        戻り値:
        このコンポーネントが完全に不透明な場合はtrue
        関連項目:
        setOpaque(boolean)
      • setOpaque

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="The component\'s opacity")
        public void setOpaque​(boolean isOpaque)
        trueの場合、コンポーネントはその境界内のすべてのピクセルをペイントします。 そうでない場合、コンポーネントはピクセルの一部または全部をペイントしないので、その下のピクセルが透けて表示されます。

        JComponentに対するこのプロパティのデフォルト値は、falseです。 ただし、もっとも標準的なJComponentのサブクラス(JButtonおよびJTreeなど)に対するこのプロパティのデフォルト値は、ルック・アンド・フィールに依存します。

        パラメータ:
        isOpaque - このコンポーネントが不透明な場合はtrue
        関連項目:
        isOpaque()
      • computeVisibleRect

        public void computeVisibleRect​(Rectangle visibleRect)
        Componentの「可視矩形」を返します。これは、このコンポーネントとそのすべての上位オブジェクトの可視矩形の共通部分です。 戻り値はvisibleRectに格納されます。
        パラメータ:
        visibleRect - このコンポーネントとそのすべての上位オブジェクトの可視矩形の共通部分として求められるRectangle。これはこのメソッドの戻り値
        関連項目:
        getVisibleRect()
      • getVisibleRect

        @BeanProperty(bound=false)
        public Rectangle getVisibleRect()
        Componentの「可視矩形」を返します。これは、このコンポーネントの可視矩形、new Rectangle(0, 0, getWidth(), getHeight())、およびそのすべての上位オブジェクトの可視矩形の共通部分です。
        戻り値:
        可視矩形
      • firePropertyChange

        public void firePropertyChange​(String propertyName,
                                       boolean oldValue,
                                       boolean newValue)
        boolean型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。 このメソッドは、バウンド・プロパティが変更されたときに呼び出され、登録されているすべてのPropertyChangeListenerに、対応するPropertyChangeEventを送ります。
        オーバーライド:
        firePropertyChange 、クラス:  Component
        パラメータ:
        propertyName - 値が変更されたプロパティ
        oldValue - プロパティの以前の値
        newValue - プロパティの新しい値
      • firePropertyChange

        public void firePropertyChange​(String propertyName,
                                       int oldValue,
                                       int newValue)
        整数型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。 このメソッドは、バウンド・プロパティが変更されたときに呼び出され、登録されているすべてのPropertyChangeListenerに、対応するPropertyChangeEventを送ります。
        オーバーライド:
        firePropertyChange 、クラス:  Component
        パラメータ:
        propertyName - 値が変更されたプロパティ
        oldValue - プロパティの以前の値
        newValue - プロパティの新しい値
      • fireVetoableChange

        protected void fireVetoableChange​(String propertyName,
                                          Object oldValue,
                                          Object newValue)
                                   throws PropertyVetoException
        制約プロパティの変更の報告をサポートします。 このメソッドは、制約プロパティが変更されたときに呼び出され、登録されているすべてのVetoableChangeListenersに対応するPropertyChangeEventを送信します。
        パラメータ:
        propertyName - 待機していたプロパティの名前
        oldValue - プロパティの古い値
        newValue - プロパティの新しい値
        例外:
        PropertyVetoException - プロパティを設定しようとしてコンポーネントによって拒否された場合
      • addVetoableChangeListener

        public void addVetoableChangeListener​(VetoableChangeListener listener)
        リスナー・リストにVetoableChangeListenerを追加します。 リスナーは、すべてのプロパティに対して登録されます。
        パラメータ:
        listener - 追加されるVetoableChangeListener
      • removeVetoableChangeListener

        public void removeVetoableChangeListener​(VetoableChangeListener listener)
        VetoableChangeListenerをリスナー・リストから削除します。 すべてのプロパティに登録されたVetoableChangeListenerを削除します。
        パラメータ:
        listener - 削除するVetoableChangeListener
      • getTopLevelAncestor

        @BeanProperty(bound=false)
        public Container getTopLevelAncestor()
        このコンポーネントのトップ・レベル祖先(含んでいるWindowまたはApplet)を返します。このコンポーネントがどのコンテナにも追加されていない場合はnullを返します。
        戻り値:
        このコンポーネントが含まれるトップ・レベルのContainer。どのコンテナにも含まれない場合はnull
      • addAncestorListener

        public void addAncestorListener​(AncestorListener listener)
        listenerを登録し、コンポーネントまたはその祖先が移動するか、あるいは可視または不可視になるときにそのリスナーがAncestorEventsを受け取れるようにします。 イベントは、コンポーネントまたはその祖先が包含関係の階層に追加されるか、または削除されるときにも送信されます。
        パラメータ:
        listener - 登録するAncestorListener
        関連項目:
        AncestorEvent
      • getListeners

        public <T extends EventListener> T[] getListeners​(Class<T> listenerType)
        このJComponentFooListenerとして現在登録されているすべてのオブジェクトの配列を返します。 FooListenerは、addFooListenerメソッドを使用して登録されます。

        FooListener.classなどのクラス・リテラルを使用してlistenerType引数を指定できます。 たとえば、次のコードを使用して、そのマウス・リスナーのJComponent cを照会できます。

        MouseListener[] mls = (MouseListener[])(c.getListeners(MouseListener.class));
        このようなリスナーがない場合は空の配列を返します。

        オーバーライド:
        getListeners 、クラス:  Container
        型パラメータ:
        T - リスナーの型
        パラメータ:
        listenerType - 要求されるリスナーの型。java.util.EventListenerの子孫のインタフェースを指定してください
        戻り値:
        このコンポーネント上でFooListenerとして登録されたすべてのオブジェクトの配列、またはこのようなリスナーが追加されていない場合は空の配列
        例外:
        ClassCastException - listenerTypeで、java.util.EventListenerを実装するクラスまたはインタフェースが指定されなかった場合
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        getVetoableChangeListeners(), getAncestorListeners()
      • addNotify

        public void addNotify()
        このコンポーネントに現在親コンポーネントがあることを、このコンポーネントに通知します。 このメソッドが呼び出されると、親コンポーネントのチェーンがKeyboardActionイベント・リスナーで設定されます。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。
        オーバーライド:
        addNotify 、クラス:  Container
        関連項目:
        registerKeyboardAction(java.awt.event.ActionListener, java.lang.String, javax.swing.KeyStroke, int)
      • removeNotify

        public void removeNotify()
        このコンポーネントに親コンポーネントがなくなったことを、このコンポーネントに通知します。 このメソッドが呼び出されると、親コンポーネントのチェーンに設定されたKeyboardActionが削除されます。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。
        オーバーライド:
        removeNotify 、クラス:  Container
        関連項目:
        registerKeyboardAction(java.awt.event.ActionListener, java.lang.String, javax.swing.KeyStroke, int)
      • repaint

        public void repaint​(long tm,
                            int x,
                            int y,
                            int width,
                            int height)
        コンポーネントが表示されている場合に、指定された領域をダーティ・リージョン・リストに追加します。 コンポーネントは、現在保留されているすべてのイベントがディスパッチされたあとに再ペイントされます。
        オーバーライド:
        repaint、クラス: Component
        パラメータ:
        tm - このパラメータは使用されない
        x - ダーティ・リージョンのx座標
        y - ダーティ・リージョンのy座標
        width - ダーティ・リージョンの幅
        height - ダーティ・リージョンの高さ
        関連項目:
        isPaintingOrigin(), Component.isShowing(), RepaintManager.addDirtyRegion(javax.swing.JComponent, int, int, int, int)
      • revalidate

        public void revalidate()
        遅延自動レイアウトをサポートします。

        invalidateを呼び出し、次にこのコンポーネントのvalidateRootを、検証される必要があるコンポーネントのリストに追加します。 検証は、現在保留されているすべてのイベントがディスパッチされたあとに行われます。 つまり、このメソッドが呼び出されたあと、このコンポーネントの包含関係の階層の上位で最初に見つかったvalidateRootが検証されます。 デフォルトでは、JRootPaneJScrollPane、およびJTextFieldisValidateRootからtrueを返します。

        このメソッドは、このコンポーネントのサイズ、位置、または内部レイアウトに影響するプロパティ値の変更があったときに、コンポーネントに対して自動的に呼び出されます。 この自動的な更新は、プログラムが、通常、GUIの内容を更新するためにvalidateを呼び出す必要がないという点でAWTとは異なります。

        オーバーライド:
        revalidate 、クラス:  Component
        関連項目:
        Component.invalidate(), Container.validate(), isValidateRoot(), RepaintManager.addInvalidComponent(javax.swing.JComponent)
      • isValidateRoot

        public boolean isValidateRoot()
        このメソッドがtrueを返す場合、このコンポーネントの下位コンポーネントによってrevalidateが呼び出されると、このルートから始まるツリー全体が検証されます。 デフォルトではfalseを返します。 JScrollPaneはこのメソッドをオーバーライドし、trueを返します。
        オーバーライド:
        isValidateRoot 、クラス:  Container
        戻り値:
        常にfalseを返す
        関連項目:
        revalidate(), Component.invalidate(), Container.validate(), Container.isValidateRoot()
      • isOptimizedDrawingEnabled

        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean isOptimizedDrawingEnabled()
        このコンポーネントがその子をタイリングする場合、つまり子がオーバーラップしないことが保証される場合にtrueを返します。 一般的には、再ペイント・システムの方がかなり効率的です。 JLayeredPaneなど、この保証をできないJComponentのサブクラスは、このメソッドをオーバーライドしてfalseを返すべきです。
        戻り値:
        常にtrueを返す
      • isPaintingOrigin

        protected boolean isPaintingOrigin()
        子コンポーネントでトリガーされるペイントによって、このComponentまたはその上位コンポーネントのいずれかからペイントが実行される場合は、trueを返します。

        Swingコンポーネントでrepaint(long, int, int, int, int)またはpaintImmediately(int, int, int, int)を呼び出すと、isPaintingOrigin()trueを返す最初の祖先のpaintImmediately(int, int, int, int)メソッドが呼び出されます(存在する場合)。

        ペイントする必要があるJComponentサブクラスは、自身の子が再ペイントされる場合、このメソッドをオーバーライドしてtrueを返す必要があります。

        戻り値:
        常にfalseを返す
        関連項目:
        paintImmediately(int, int, int, int)
      • paintImmediately

        public void paintImmediately​(int x,
                                     int y,
                                     int w,
                                     int h)
        このコンポーネントの指定された領域、およびその領域とオーバーラップするすべての下位コンポーネントをすぐにペイントします。

        このメソッドを呼び出す必要はほとんどありません。 ほとんどの場合、実際のペイントを遅らせ、冗長な要求を単一のpaint呼出しに集約することができるrepaintを呼び出すほうがより効率的です。 このメソッドは、現在のイベントがディスパッチされているときに表示を更新する必要がある場合には便利です。

        このメソッドは、原点をペイントしているコンポーネントのダーティ・リージョンを変更する必要がある場合にオーバーライドします。

        パラメータ:
        x - ペイント領域のx座標
        y - ペイント領域のy座標
        w - ペイント領域の幅
        h - ペイント領域の高さ
        関連項目:
        repaint(long, int, int, int, int), isPaintingOrigin()
      • paintImmediately

        public void paintImmediately​(Rectangle r)
        指定された領域をすぐにペイントします。
        パラメータ:
        r - ペイントする領域を含むRectangle
      • setDoubleBuffered

        public void setDoubleBuffered​(boolean aFlag)
        このコンポーネントがバッファを使用してペイントするかどうかを設定します。 trueに設定されている場合、このコンポーネントからのすべての描画はオフスクリーン描画バッファで行われます。 それからオフスクリーン描画バッファが画面にコピーされます。 Componentがバッファリングされており、その上位オブジェクトもバッファリングされている場合、上位オブジェクトのバッファが使用されます。
        パラメータ:
        aFlag - trueの場合、このコンポーネントでダブル・バッファを使用するように設定
      • isDoubleBuffered

        public boolean isDoubleBuffered()
        このコンポーネントがバッファを使用してペイントするかどうかを返します。
        オーバーライド:
        isDoubleBuffered 、クラス:  Component
        戻り値:
        このコンポーネントがダブル・バッファを使用する場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • getRootPane

        @BeanProperty(bound=false)
        public JRootPane getRootPane()
        このコンポーネントのJRootPane上位コンポーネントを返します。
        戻り値:
        このコンポーネントを格納するJRootPaneJRootPaneが見つからない場合はnull
      • paramString

        protected String paramString()
        このJComponentの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        paramString、クラス: Container
        戻り値:
        このJComponentの文字列表現