モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJSeparator

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible, SwingConstants
    直系の既知のサブクラス:
    JPopupMenu.Separator, JToolBar.Separator

    @JavaBean(defaultProperty="UI",
              description="A divider between menu items.")
    public class JSeparator
    extends JComponent
    implements SwingConstants, Accessible
    JSeparatorは、区切り線を実装するための汎用的なコンポーネントを提供します。もっとも一般的には、メニュー項目を論理的なグループに分割するための項目間の区切り線として使用されます。 JSeparatorを直接使用せずに、JMenuまたはJPopupMenuaddSeparatorメソッドを使用して、セパレータを作成し、追加できます。 また、JSeparatorは視覚的なディバイダが有効なGUIではどこでも使用できます。

    詳細と例については、『The Java Tutorial』のHow to Use Menusを参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、Swing's Threading Policyを参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • JSeparator

        public JSeparator()
        水平セパレータを新しく作成します。
      • JSeparator

        public JSeparator​(int orientation)
        水平または垂直方向を指定してセパレータを新しく作成します。
        パラメータ:
        orientation - SwingConstants.HORIZONTALまたはSwingConstants.VERTICALを指定する整数値
        例外:
        IllegalArgumentException - orientationSwingConstants.HORIZONTALまたはSwingConstants.VERTICALのどちらでもない場合
    • メソッドの詳細

      • getUI

        public SeparatorUI getUI()
        このコンポーネントをレンダリングするL&Fオブジェクトを返します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするSeparatorUIオブジェクト
      • updateUI

        public void updateUI()
        現在のルック・アンド・フィールからの値にUIプロパティをリセットします。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • getOrientation

        public int getOrientation()
        このセパレータの方向を返します。
        戻り値:
        方向プロパティの値。SwingConstantsで定義されている定数(VERTICALまたはHORIZONTAL)。
        関連項目:
        SwingConstants, setOrientation(int)
      • setOrientation

        @BeanProperty(preferred=true,
                      visualUpdate=true,
                      enumerationValues={"SwingConstants.HORIZONTAL","SwingConstants.VERTICAL"},
                      description="The orientation of the separator.")
        public void setOrientation​(int orientation)
        セパレータの方向を設定します。 このプロパティのデフォルトの値はHORIZONTALです。
        パラメータ:
        orientation - SwingConstants.HORIZONTALまたはSwingConstants.VERTICAL
        例外:
        IllegalArgumentException - orientationSwingConstants.HORIZONTALまたはSwingConstants.VERTICALのどちらでもない場合
        関連項目:
        SwingConstants, getOrientation()
      • paramString

        protected String paramString()
        このJSeparatorの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJSeparatorの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJSeparatorに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 セパレータの場合、AccessibleContextはAccessibleJSeparatorの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJSeparatorインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJSeparatorのAccessibleContextとして機能するAccessibleJSeparator