モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJOptionPane

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible

    @JavaBean(defaultProperty="UI",
              description="A component which implements standard dialog box controls.")
    public class JOptionPane
    extends JComponent
    implements Accessible
    JOptionPaneは、ユーザーに値の入力を求めたり、何らかの情報を通知したりするための標準のダイアログ・ボックスを容易にポップアップできるようにします。 JOptionPaneの使用方法については、「The Java Tutorial」の「How to Make Dialogs」を参照してください。

    メソッドの数が多いためにJOptionPaneクラスは複雑そうに見えますが、このクラスの使用法はほとんどすべて、次に示す静的なshowXxxDialogメソッドのいずれかに対するオンライン呼出しです。

    JOptionPaneの一般的なメソッド名とその説明
    メソッド名 説明
    showConfirmDialog yes/no/cancelなどの確認の要求。
    showInputDialog 入力プロンプト。
    showMessageDialog 発生したことについてのユーザーへのメッセージ。
    showOptionDialog 以上の3つを合わせたもの。
    以上の3つの各メソッドは、内部フレームを使用してダイアログ・ボックスを保持するshowInternalXXXの特長を備えています(JInternalFrameを参照)。 異なるパラメータ・リストを使用する基本メソッドをオーバーロードしたバージョンなど、いくつかの簡易メソッドも定義されています。

    すべてのダイアログはモーダルです。 showXxxDialogメソッドは、ユーザーの対話が終了するまで呼出し側をブロックします。

    共通ダイアログ
    icon message
    入力値
    オプション・ボタン
    これらのダイアログ・ボックスの基本的な外観は、一般的には上の図と似ていますが、さまざまなルック・アンド・フィールが最終的な結果に最終的に責任を負います。 特に、ルック・アンド・フィールはオプション・ペインのComponentOrientationプロパティに適応するようにレイアウトを調整します。

    パラメータ:
    これらのメソッドに対するパラメータは一貫性のあるパターンになります。

    parentComponent
    このダイアログ・ボックスの親となるComponentを定義します。 使用方法は2つあります。ダイアログ・ボックスを格納するFrameはダイアログ・ボックスの親Frameとして使用されます。画面座標はダイアログ・ボックスの配置に使用されます。 通常、ダイアログ・ボックスはコンポーネントのすぐ下に配置されます。 このパラメータがnullの場合、親としてデフォルトのFrameが使用され、ダイアログは(L&Fに応じて)画面の中央に配置されます。
    message
    ダイアログ・ボックスに表示する説明メッセージです。 一般的には、メッセージは単純なStringまたはString型の定数です。 ただし、このパラメータの型は実際にはObjectです。 解釈は型によって異なります。
    Object[]
    オブジェクトの配列は、垂直スタック方式で配置された一連のメッセージ(1オブジェクトにつき1メッセージ)として解釈されます。 解釈は再帰的に行われます。配列内の各オブジェクトは、その型に応じて解釈されます。
    Component
    Componentはダイアログに表示されます。
    Icon
    IconJLabelにラップされてダイアログに表示されます。
    その他
    オブジェクトは、toStringメソッドを呼び出すことにより、Stringに変換されます。 結果はJLabelにラップされて表示されます。
    messageType
    メッセージのスタイルを定義します。 ルック・アンド・フィールマネージャは、この値に応じてダイアログを個別に配置し、通常はデフォルトのアイコンを用意します。 返される値は次のどれかになります。
    • ERROR_MESSAGE
    • INFORMATION_MESSAGE
    • WARNING_MESSAGE
    • QUESTION_MESSAGE
    • PLAIN_MESSAGE
    optionType
    ダイアログ・ボックスの下部に表示されるオプション・ボタンのセットを定義します。
    • DEFAULT_OPTION
    • YES_NO_OPTION
    • YES_NO_CANCEL_OPTION
    • OK_CANCEL_OPTION
    使用できるのはこれらのオプション・ボタンにかぎりません。 optionsパラメータを使用して任意のボタンを指定することができます。
    options
    ダイアログ・ボックスの下部に表示されるオプション・ボタンの詳細な説明です。 optionsパラメータの通常の値はStringの配列です。 ただし、パラメータ型はObjectsの配列です。 ボタンはその型に応じて各オブジェクトについて作成されます。
    Component
    コンポーネントはボタンの並びに直接追加されます。
    Icon
    これをラベルとしてJButtonが生成されます。
    その他
    Objectは、そのtoStringメソッドで文字列に変換され、その結果の文字列はJButtonのラベルとして使用されます。
    icon
    ダイアログ・ボックスに配置される装飾アイコンです。 このデフォルト値はmessageTypeパラメータによって決定されます。
    title
    ダイアログ・ボックスのタイトルです。
    initialValue
    デフォルトの選択(入力値)です。

    選択が変更されると、setValueが呼び出され、PropertyChangeEventが生成されます。

    JOptionPaneがすべての入力setWantsInputに設定されている場合、バウンド・プロパティのJOptionPane.INPUT_VALUE_PROPERTYを待機することによっても、ユーザーが値を入力または選択した時点を判定することができます。

    showXxxDialogメソッドの1つが整数を返した場合、その値は次のいずれかになります。

    • YES_OPTION
    • NO_OPTION
    • CANCEL_OPTION
    • OK_OPTION
    • CLOSED_OPTION
    「alert」のメッセージを表示するエラー・ダイアログの表示
    JOptionPane.showMessageDialog(null, "alert", "alert", JOptionPane.ERROR_MESSAGE);
    「information」のメッセージを表示する内部情報ダイアログの表示
     JOptionPane.showInternalMessageDialog(frame, "information",
                 "information", JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE);
     
    オプションの「yes/no」および「choose one」のメッセージを含む情報パネルの表示
    JOptionPane.showConfirmDialog(null,
                 "choose one", "choose one", JOptionPane.YES_NO_OPTION);
     
    オプションの「yes/no/cancel」、「please choose one」のメッセージ、およびタイトル情報を含む内部情報ダイアログの表示
    JOptionPane.showInternalConfirmDialog(frame,
                 "please choose one", "information",
                 JOptionPane.YES_NO_CANCEL_OPTION, JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE);
     
    オプションの「OK」、「CANCEL」、タイトルの「Warning」、および「Click OK to continue」のメッセージを含む警告ダイアログの表示
     Object[] options = { "OK", "CANCEL" };
     JOptionPane.showOptionDialog(null, "Click OK to continue", "Warning",
                 JOptionPane.DEFAULT_OPTION, JOptionPane.WARNING_MESSAGE,
                 null, options, options[0]);
     
    ユーザーにStringの入力を求めるダイアログの表示
    String inputValue = JOptionPane.showInputDialog("Please input a value");
    ユーザーにStringの選択を求めるダイアログの表示
     Object[] possibleValues = { "First", "Second", "Third" };
    Object selectedValue = JOptionPane.showInputDialog(null, "Choose one", "Input", JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE, null, possibleValues, possibleValues[0]);
    使用法:
    JOptionPaneを直接生成して使用するための標準パターンの概略は次のとおりです。
         JOptionPane pane = new JOptionPane(arguments);
         pane.set.Xxxx(...); // Configure
         JDialog dialog = pane.createDialog(parentComponent, title);
         dialog.show();
         Object selectedValue = pane.getValue();
         if(selectedValue == null)
           return CLOSED_OPTION;
         //If there is not an array of option buttons:
         if(options == null) {
           if(selectedValue instanceof Integer)
              return ((Integer)selectedValue).intValue();
           return CLOSED_OPTION;
         }
         //If there is an array of option buttons:
         for(int counter = 0, maxCounter = options.length;
            counter < maxCounter; counter++) {
            if(options[counter].equals(selectedValue))
            return counter;
         }
         return CLOSED_OPTION;
     

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、「Swing's Threading Policy」を参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    JInternalFrame, 「直列化されたフォーム」
    • フィールドの詳細

      • UNINITIALIZED_VALUE

        public static final Object UNINITIALIZED_VALUE
        ユーザーがまだ値を選択していないことを示します。
      • DEFAULT_OPTION

        public static final int DEFAULT_OPTION
        ルック・アンド・フィールを意味する型はオプションを提供しません。JOptionPaneのオプションだけを使用します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • YES_NO_OPTION

        public static final int YES_NO_OPTION
        showConfirmDialogに使用されている型。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • YES_NO_CANCEL_OPTION

        public static final int YES_NO_CANCEL_OPTION
        showConfirmDialogに使用されている型。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • OK_CANCEL_OPTION

        public static final int OK_CANCEL_OPTION
        showConfirmDialogに使用されている型。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • YES_OPTION

        public static final int YES_OPTION
        「YES」が選択された場合にクラス・メソッドから返される値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • NO_OPTION

        public static final int NO_OPTION
        「NO」が選択された場合にクラス・メソッドから返される値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CANCEL_OPTION

        public static final int CANCEL_OPTION
        「CANCEL」が選択された場合にクラス・メソッドから返される値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • OK_OPTION

        public static final int OK_OPTION
        「OK」が選択された場合にクラス・メソッドから返される値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CLOSED_OPTION

        public static final int CLOSED_OPTION
        ユーザーが何も選択せずにウィンドウを閉じた場合にクラス・メソッドから返される値です。多くの場合はCANCEL_OPTIONまたはNO_OPTIONとして処理されます。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ERROR_MESSAGE

        public static final int ERROR_MESSAGE
        エラー・メッセージで使用します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • INFORMATION_MESSAGE

        public static final int INFORMATION_MESSAGE
        情報メッセージで使用します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • WARNING_MESSAGE

        public static final int WARNING_MESSAGE
        警告メッセージで使用します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • QUESTION_MESSAGE

        public static final int QUESTION_MESSAGE
        質問で使用します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • PLAIN_MESSAGE

        public static final int PLAIN_MESSAGE
        アイコンは使用しません。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • MESSAGE_PROPERTY

        public static final String MESSAGE_PROPERTY
        messageのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • OPTIONS_PROPERTY

        public static final String OPTIONS_PROPERTY
        optionのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • INITIAL_VALUE_PROPERTY

        public static final String INITIAL_VALUE_PROPERTY
        initialValueのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • MESSAGE_TYPE_PROPERTY

        public static final String MESSAGE_TYPE_PROPERTY
        typeのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • OPTION_TYPE_PROPERTY

        public static final String OPTION_TYPE_PROPERTY
        optionTypeのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SELECTION_VALUES_PROPERTY

        public static final String SELECTION_VALUES_PROPERTY
        selectionValuesのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • INITIAL_SELECTION_VALUE_PROPERTY

        public static final String INITIAL_SELECTION_VALUE_PROPERTY
        initialSelectionValueのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • INPUT_VALUE_PROPERTY

        public static final String INPUT_VALUE_PROPERTY
        inputValueのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • WANTS_INPUT_PROPERTY

        public static final String WANTS_INPUT_PROPERTY
        wantsInputのバウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • icon

        protected transient Icon icon
        ペインで使用されるアイコンです。
      • message

        protected transient Object message
        表示するメッセージです。
      • options

        protected transient Object[] options
        ユーザーに表示するオプションです。
      • initialValue

        protected transient Object initialValue
        optionsで初期状態で選択される値です。
      • messageType

        protected int messageType
        メッセージの型です。
      • optionType

        protected int optionType
        DEFAULT_OPTIONYES_NO_OPTIONYES_NO_CANCEL_OPTION、またはOK_CANCEL_OPTIONのどれかのオプションの型です。
      • value

        protected transient Object value
        現在選択されている値です。有効なオプションか、UNINITIALIZED_VALUEまたはnullです。
      • selectionValues

        protected transient Object[] selectionValues
        ユーザーが選択可能な値の配列です。 ルック・アンド・フィールは選択対象となるUIコンポーネントを提供します。
      • inputValue

        protected transient Object inputValue
        ユーザーが入力した値です。
      • initialSelectionValue

        protected transient Object initialSelectionValue
        selectionValuesで選択する初期値です。
      • wantsInput

        protected boolean wantsInput
        trueの場合、ユーザーには入力を行うためのUIウィジェットが表示されます。
    • コンストラクタの詳細

      • JOptionPane

        public JOptionPane()
        テスト・メッセージを含むJOptionPaneを生成します。
      • JOptionPane

        public JOptionPane​(Object message)
        UIが提供するプレーン・メッセージのメッセージ型およびデフォルトのオプションを使用して、メッセージを表示するためのJOptionPaneのインスタンスを生成します。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
      • JOptionPane

        public JOptionPane​(Object message,
                           int messageType)
        指定されたメッセージ型およびデフォルトのオプションを使用して、メッセージを表示するためのJOptionPaneのインスタンスを生成します。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
      • JOptionPane

        public JOptionPane​(Object message,
                           int messageType,
                           int optionType)
        指定されたメッセージ型およびオプションを使用して、メッセージを表示するためのJOptionPaneのインスタンスを生成します。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        optionType - ペインに表示するオプション。DEFAULT_OPTION, YES_NO_OPTION, YES_NO_CANCEL_OPTION, OK_CANCEL_OPTION
      • JOptionPane

        public JOptionPane​(Object message,
                           int messageType,
                           int optionType,
                           Icon icon)
        指定されたメッセージ型、オプション、およびアイコンを使用して、メッセージを表示するためのJOptionPaneのインスタンスを生成します。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        optionType - ペインに表示するオプション。DEFAULT_OPTION, YES_NO_OPTION, YES_NO_CANCEL_OPTION, OK_CANCEL_OPTION
        icon - 表示するIconイメージ
      • JOptionPane

        public JOptionPane​(Object message,
                           int messageType,
                           int optionType,
                           Icon icon,
                           Object[] options)
        指定されたメッセージ型、アイコン、およびオプションを使用して、メッセージを表示するためのJOptionPaneのインスタンスを生成します。 初期状態で選択されているオプションはありません。

        オプション・オブジェクトには、直接登録されるComponent、またはJButton内にラップされるStringsのどちらかのインスタンスを格納する必要があります。 Componentを提供する場合は、Componentがクリックされたときに、生成されたJOptionPaneでそれがsetValueに通知することを保証する必要があります。

        パラメータ:
        message - 表示するObject
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        optionType - ペインに表示するオプション。DEFAULT_OPTION, YES_NO_OPTION, YES_NO_CANCEL_OPTION, OK_CANCEL_OPTION
        icon - 表示するIconイメージ
        options - ユーザーが選択可能な項目
      • JOptionPane

        public JOptionPane​(Object message,
                           int messageType,
                           int optionType,
                           Icon icon,
                           Object[] options,
                           Object initialValue)
        指定されたメッセージ型、アイコン、およびオプションを使い、初期状態で選択されているオプションを指定して、メッセージを表示するためのJOptionPaneのインスタンスを生成します。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        optionType - ペインに表示するオプション。DEFAULT_OPTION, YES_NO_OPTION, YES_NO_CANCEL_OPTION, OK_CANCEL_OPTION
        icon - 表示するIconイメージ
        options - ユーザーが選択可能な項目
        initialValue - 初期状態で選択されている項目。nullの場合、初期状態では何も選択されていない。optionsが使用される場合にだけ意味を持つ
    • メソッドの詳細

      • showInputDialog

        public static String showInputDialog​(Object message)
                                      throws HeadlessException
        ユーザーに入力を求めるクエスチョン・メッセージ・ダイアログを表示します。 ダイアログのフレームはデフォルトです。通常は画面の中央に表示されます。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
        戻り値:
        ユーザー入力
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showInputDialog

        public static String showInputDialog​(Object message,
                                             Object initialSelectionValue)
        ユーザーに入力を求めるクエスチョン・メッセージ・ダイアログを表示します。入力値はinitialSelectionValueに初期化されます。 ダイアログのフレームはデフォルトです。通常は画面の中央に表示されます。
        パラメータ:
        message - 表示するObject
        initialSelectionValue - 入力フィールドの初期化に使用する値
        戻り値:
        ユーザー入力
        導入されたバージョン:
        1.4
      • showInputDialog

        public static String showInputDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message)
                                      throws HeadlessException
        parentComponentを親として、ユーザーからの入力を要求するクエスチョン・メッセージ・ダイアログを表示します。 ダイアログは、Componentのフレームの上に表示され、通常はComponentの下に配置されます。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        戻り値:
        ユーザー入力
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showInputDialog

        public static String showInputDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message,
                                             Object initialSelectionValue)
        parentComponentを親として、ユーザーからの入力を要求するクエスチョン・メッセージ・ダイアログを表示します。 入力値はinitialSelectionValueに初期化されます。 ダイアログは、Componentのフレームの上に表示され、通常はComponentの下に配置されます。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        initialSelectionValue - 入力フィールドの初期化に使用する値
        戻り値:
        ユーザー入力
        導入されたバージョン:
        1.4
      • showInputDialog

        public static String showInputDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message,
                                             String title,
                                             int messageType)
                                      throws HeadlessException
        parentComponentを親として、ユーザーからの入力を要求するダイアログを表示します。このダイアログのタイトルはtitleで、メッセージ型はmessageTypeです。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル・バーに表示するString
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        戻り値:
        ユーザー入力
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showInputDialog

        public static Object showInputDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message,
                                             String title,
                                             int messageType,
                                             Icon icon,
                                             Object[] selectionValues,
                                             Object initialSelectionValue)
                                      throws HeadlessException
        初期選択、指定可能な選択項目、およびそれ以外のすべてのオプションの指定が可能なブロッキング・ダイアログでユーザーに入力を求めます。 ユーザーの選択項目はselectionValuesで指定します。nullの場合、ユーザーは任意の値を入力できます。入力の手段は通常はJTextFieldです。initialSelectionValueはユーザーに示される初期値です。 selectionValuesをどのように最適に提示するかはUIにより異なりますが、通常はJComboBoxJListまたはJTextFieldを使用します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル・バーに表示するString
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - 表示するIconイメージ
        selectionValues - 選択可能な項目を示すObjectの配列
        initialSelectionValue - 入力フィールドの初期化に使用する値
        戻り値:
        ユーザー入力。nullの場合はユーザーが入力を取り消したことを意味する
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showMessageDialog

        public static void showMessageDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message)
                                      throws HeadlessException
        「Message」というタイトルの情報メッセージ・ダイアログを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showMessageDialog

        public static void showMessageDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message,
                                             String title,
                                             int messageType)
                                      throws HeadlessException
        messageTypeパラメータによって決定されるデフォルト・アイコンを使用して、メッセージを表示するダイアログを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showMessageDialog

        public static void showMessageDialog​(Component parentComponent,
                                             Object message,
                                             String title,
                                             int messageType,
                                             Icon icon)
                                      throws HeadlessException
        すべてのパラメータを指定して、メッセージを表示するためのダイアログを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - 表示されるメッセージの種類をユーザーが認識しやすくするために、ダイアログに表示するアイコン
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showConfirmDialog

        public static int showConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                            Object message)
                                     throws HeadlessException
        オプション「はい」「いいえ」「取消」を含む、「オプションの選択」というタイトルのダイアログを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showConfirmDialog

        public static int showConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                            Object message,
                                            String title,
                                            int optionType)
                                     throws HeadlessException
        選択肢の数がoptionTypeパラメータによって決定されるダイアログを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示すint値。YES_NO_OPTIONYES_NO_CANCEL_OPTION、またはOK_CANCEL_OPTION
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示すint値
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showConfirmDialog

        public static int showConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                            Object message,
                                            String title,
                                            int optionType,
                                            int messageType)
                                     throws HeadlessException
        選択肢の数がoptionTypeパラメータによって決定され、表示するアイコンがmessageTypeパラメータによって決定されるダイアログを表示します。 ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを提示するには、主にmessageTypeパラメータを使用します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される。
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。YES_NO_OPTIONYES_NO_CANCEL_OPTION、またはOK_CANCEL_OPTION
        messageType - 主にプラグイン可能なルック・アンド・フィールのアイコンを指定するために使用される、メッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showConfirmDialog

        public static int showConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                            Object message,
                                            String title,
                                            int optionType,
                                            int messageType,
                                            Icon icon)
                                     throws HeadlessException
        選択肢の数がoptionTypeパラメータによって決定される、指定されたアイコンを持つダイアログを表示します。 ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを提示するには、主にmessageTypeパラメータを使用します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示すint値。YES_NO_OPTIONYES_NO_CANCEL_OPTION、またはOK_CANCEL_OPTION
        messageType - 主にプラグイン可能なルック・アンド・フィールのアイコンを指定するために使用される、メッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - ダイアログに表示するアイコン
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示すint値
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showOptionDialog

        public static int showOptionDialog​(Component parentComponent,
                                           Object message,
                                           String title,
                                           int optionType,
                                           int messageType,
                                           Icon icon,
                                           Object[] options,
                                           Object initialValue)
                                    throws HeadlessException
        最初の選択がinitialValueパラメータによって決定され、選択肢の数がoptionTypeパラメータによって決定される、指定されたアイコンを持つダイアログを表示します。

        optionTypeYES_NO_OPTIONまたはYES_NO_CANCEL_OPTIONoptionsパラメータがnullの場合、オプションはルック・アンド・フィールによって提供されます。

        ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを提示するには、主にmessageTypeパラメータを使用します。

        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。DEFAULT_OPTIONYES_NO_OPTIONYES_NO_CANCEL_OPTION、またはOK_CANCEL_OPTION
        messageType - 主にプラグイン可能なルック・アンド・フィールのアイコンを指定するために使用される、メッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - ダイアログに表示するアイコン
        options - ユーザーが選択可能な項目を示すオブジェクトの配列。オブジェクトがコンポーネントの場合は適切にレンダリングされる。String以外のオブジェクトはtoStringメソッドを使用してレンダリングされる。このパラメータがnullの場合、オプションはルック・アンド・フィールで決まる
        initialValue - ダイアログのデフォルト選択を示すオブジェクト。optionsが使用される場合にだけ意味を持つ。nullの場合もある
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数。ユーザーがダイアログを閉じた場合はCLOSED_OPTION
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • createDialog

        public JDialog createDialog​(Component parentComponent,
                                    String title)
                             throws HeadlessException
        parentComponentのフレーム内のparentComponentの中央にthisをラップしている新しいJDialogを作成して返します。titleは返されるダイアログのタイトルです。 返されるJDialogは、ユーザーがサイズを変更することはできませんが、プログラムではJDialogインスタンスでsetResizableを呼び出すことによってこのプロパティを変更できます。 返されるJDialogは、一度閉じるかまたはユーザーがボタンのいずれかをクリックすると、オプション・ペインの値プロパティがそれに応じて設定されてダイアログが閉じるようにします。 ダイアログは、可視にされるたびに、オプション・ペインの値プロパティをJOptionPane.UNINITIALIZED_VALUEにリセットし、ユーザーの後続のアクションによってダイアログが適切に閉じられるようにします。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。parentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        title - ダイアログのタイトル文字列
        戻り値:
        このインスタンスを持つ新しいJDialog
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • createDialog

        public JDialog createDialog​(String title)
                             throws HeadlessException
        指定されたタイトルで、親を持たない新しいJDialogを作成し、返します。 返されるJDialogは、ユーザーがサイズを変更することはできませんが、プログラムではJDialogインスタンスでsetResizableを呼び出すことによってこのプロパティを変更できます。 返されるJDialogは、一度閉じるかまたはユーザーがボタンのいずれかをクリックすると、オプション・ペインの値プロパティがそれに応じて設定されてダイアログが閉じるようにします。 ダイアログは、可視にされるたびに、オプション・ペインの値プロパティをJOptionPane.UNINITIALIZED_VALUEにリセットし、ユーザーの後続のアクションによってダイアログが適切に閉じられるようにします。
        パラメータ:
        title - ダイアログのタイトル文字列
        戻り値:
        このインスタンスを持つ新しいJDialog
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showInternalMessageDialog

        public static void showInternalMessageDialog​(Component parentComponent,
                                                     Object message)
        内部確認ダイアログ・パネルを表示します。 ダイアログは「Message」というタイトルの情報メッセージ・ダイアログです。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
      • showInternalMessageDialog

        public static void showInternalMessageDialog​(Component parentComponent,
                                                     Object message,
                                                     String title,
                                                     int messageType)
        messageTypeパラメータで決まるデフォルト・アイコンを使用して、メッセージを表示するための内部ダイアログ・パネルを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
      • showInternalMessageDialog

        public static void showInternalMessageDialog​(Component parentComponent,
                                                     Object message,
                                                     String title,
                                                     int messageType,
                                                     Icon icon)
        すべてのパラメータを指定して、メッセージを表示するための内部ダイアログ・パネルを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル文字列
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - 表示されるメッセージの種類をユーザーが認識しやすくするために、ダイアログに表示するアイコン
      • showInternalConfirmDialog

        public static int showInternalConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                                    Object message)
        オプション「はい」「いいえ」、および「取消」を含む、「オプションの選択」というタイトルの内部ダイアログ・パネルを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - 表示するObject
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数
      • showInternalConfirmDialog

        public static int showInternalConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                                    Object message,
                                                    String title,
                                                    int optionType)
        optionTypeパラメータで選択項目数が決まる内部ダイアログ・パネルを表示します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - ダイアログに表示するオブジェクト。ComponentオブジェクトはComponentとしてレンダリングされる。Stringオブジェクトは文字列としてレンダリングされる。それ以外のオブジェクトはtoStringメソッドでStringに変換される
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。YES_NO_OPTION、またはYES_NO_CANCEL_OPTION
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数
      • showInternalConfirmDialog

        public static int showInternalConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                                    Object message,
                                                    String title,
                                                    int optionType,
                                                    int messageType)
        optionTypeパラメータで選択項目数が決まる内部ダイアログ・パネルを表示します。表示するアイコンはmessageTypeパラメータで決まります。 ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを提示するには、主にmessageTypeパラメータを使用します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - ダイアログに表示するオブジェクト。ComponentオブジェクトはComponentとしてレンダリングされる。Stringオブジェクトは文字列としてレンダリングされる。それ以外のオブジェクトはtoStringメソッドでStringに変換される
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。YES_NO_OPTION、またはYES_NO_CANCEL_OPTION
        messageType - 主にプラグイン可能なルック・アンド・フィールのアイコンを指定するために使用される、メッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数
      • showInternalConfirmDialog

        public static int showInternalConfirmDialog​(Component parentComponent,
                                                    Object message,
                                                    String title,
                                                    int optionType,
                                                    int messageType,
                                                    Icon icon)
        指定されたアイコンを持つ内部ダイアログ・パネルを表示します。選択項目数はoptionTypeパラメータで決まります。 ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを提示するには、主にmessageTypeパラメータを使用します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentにFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - ダイアログに表示するオブジェクト。ComponentオブジェクトはComponentとしてレンダリングされる。Stringオブジェクトは文字列としてレンダリングされる。それ以外のオブジェクトはtoStringメソッドでStringに変換される
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。YES_NO_OPTION、またはYES_NO_CANCEL_OPTION
        messageType - 主にプラグイン可能なルック・アンド・フィールのアイコンを指定するために使用される、メッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - ダイアログに表示するアイコン
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数
      • showInternalOptionDialog

        public static int showInternalOptionDialog​(Component parentComponent,
                                                   Object message,
                                                   String title,
                                                   int optionType,
                                                   int messageType,
                                                   Icon icon,
                                                   Object[] options,
                                                   Object initialValue)
        指定されたアイコンを持つ内部ダイアログ・パネルを表示します。初期選択はinitialValueパラメータ、選択項目数はoptionTypeパラメータで決まります。

        optionTypeYES_NO_OPTIONまたはYES_NO_CANCEL_OPTIONoptionsパラメータがnullの場合、オプションはルック・アンド・フィールによって提供されます。

        ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを提示するには、主にmessageTypeパラメータを使用します。

        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログを表示するFrameを指定する。nullの場合、またはparentComponentFrameがない場合は、デフォルトのFrameが使用される
        message - ダイアログに表示するオブジェクト。ComponentオブジェクトはComponentとしてレンダリングされる。Stringオブジェクトは文字列としてレンダリングされる。 それ以外のオブジェクトはtoStringメソッドでStringに変換される
        title - ダイアログのタイトル文字列
        optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。YES_NO_OPTION、またはYES_NO_CANCEL_OPTION
        messageType - 主にプラグイン可能なルック・アンド・フィールのアイコンを指定するために使用される、メッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - ダイアログに表示するアイコン
        options - ユーザーが選択可能な項目を示すオブジェクトの配列。オブジェクトがコンポーネントの場合は適切にレンダリングされる。String以外のオブジェクトはtoStringメソッドを使用してレンダリングされる。このパラメータがnullの場合、オプションはルック・アンド・フィールで決まる
        initialValue - ダイアログのデフォルト選択を示すオブジェクト。optionsが使用される場合にだけ意味を持つ。nullの場合もある
        戻り値:
        ユーザーが選択したオプションを示す整数。ユーザーがダイアログを閉じた場合はCLOSED_OPTION
      • showInternalInputDialog

        public static String showInternalInputDialog​(Component parentComponent,
                                                     Object message)
        parentComponentを親として、ユーザーに入力を求める内部クエスチョン・メッセージ・ダイアログを表示します。 ダイアログは、Componentのフレーム内に表示され、通常はComponentの下に配置されます。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        戻り値:
        ユーザー入力
      • showInternalInputDialog

        public static String showInternalInputDialog​(Component parentComponent,
                                                     Object message,
                                                     String title,
                                                     int messageType)
        parentComponentを親として、ユーザーからの入力を要求する内部ダイアログを表示します。このダイアログのタイトルはtitleで、メッセージ型はmessageTypeです。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル・バーに表示するString
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGE、INFORMATION_MESSAGE、WARNING_MESSAGE、QUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        戻り値:
        ユーザー入力
      • showInternalInputDialog

        public static Object showInternalInputDialog​(Component parentComponent,
                                                     Object message,
                                                     String title,
                                                     int messageType,
                                                     Icon icon,
                                                     Object[] selectionValues,
                                                     Object initialSelectionValue)
        初期選択、指定可能な選択項目、およびそれ以外のすべてのオプションの指定が可能なブロッキング内部ダイアログでユーザーに入力を求めます。 ユーザーの選択項目はselectionValuesで指定します。nullの場合、ユーザーは任意の値を入力できます。入力の手段は通常はJTextFieldです。initialSelectionValueはユーザーに示される初期値です。 selectionValuesをどのように最適に提示するかはUIにより異なりますが、通常はJComboBoxJListまたはJTextFieldを使用します。
        パラメータ:
        parentComponent - ダイアログの親Component
        message - 表示するObject
        title - ダイアログのタイトル・バーに表示するString
        messageType - 表示されるメッセージの種類。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        icon - 表示するIconイメージ
        selectionValues - 選択可能な項目を示すObjectsの配列
        initialSelectionValue - 入力フィールドの初期化に使用する値
        戻り値:
        ユーザー入力。nullの場合はユーザーが入力を取り消したことを意味する
      • createInternalFrame

        public JInternalFrame createInternalFrame​(Component parentComponent,
                                                  String title)
        JInternalFrameのインスタンスを生成し、それを返します。 内部フレームは、JOptionPaneをラップして指定されたタイトルで生成されます。 返されるJInternalFrameは、parentComponentJDesktopPane上位オブジェクトに(上位オブジェクトがJDesktopPaneでない場合はコンポーネントの親に)追加されます。parentComponentに親がない場合は、RuntimeExceptionがスローされます。
        パラメータ:
        parentComponent - 内部フレームの親Component
        title - フレームのタイトル・バーに表示されるString
        戻り値:
        JOptionPaneが格納されているJInternalFrame
        例外:
        RuntimeException - parentComponentが有効な親を持っていない場合
      • getFrameForComponent

        public static Frame getFrameForComponent​(Component parentComponent)
                                          throws HeadlessException
        指定されたコンポーネントのFrameを返します。
        パラメータ:
        parentComponent - Frameを調べるComponent
        戻り値:
        コンポーネントを含むFrame。コンポーネントがnullの場合、または有効なFrameの親を持たない場合はgetRootFrame
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrueを返す場合
        関連項目:
        getRootFrame(), GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getDesktopPaneForComponent

        public static JDesktopPane getDesktopPaneForComponent​(Component parentComponent)
        指定されたコンポーネントのデスクトップ・ペインを返します。
        パラメータ:
        parentComponent - デスクトップを調べるComponent
        戻り値:
        コンポーネントを含むJDesktopPane。コンポーネントがnullの場合、またはJInternalFrameの上位オブジェクトを持たない場合はnull
      • setRootFrame

        public static void setRootFrame​(Frame newRootFrame)
        フレームが提供されていないクラス・メソッドに使用するフレームを設定します。

        注: このメソッドを使用する代わりに、有効な親を指定することをお勧めします。

        パラメータ:
        newRootFrame - 使用するデフォルトのFrame
      • getUI

        public OptionPaneUI getUI()
        このコンポーネントのL&Fを実装するUIオブジェクトを返します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        OptionPaneUIオブジェクト
      • updateUI

        public void updateUI()
        L&Fが変更されたことを示す、UIManagerからの通知です。 現在のUIオブジェクトをUIManagerの最新バージョンに置き換えます。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • setMessage

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The optionpane\'s message object.")
        public void setMessage​(Object newMessage)
        オプション・ペインのメッセージ・オブジェクトを設定します。
        パラメータ:
        newMessage - 表示するObject
        関連項目:
        getMessage()
      • getMessage

        public Object getMessage()
        このペインが表示するメッセージ・オブジェクトを返します。
        戻り値:
        表示されるObject
        関連項目:
        setMessage(java.lang.Object)
      • setIcon

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The option pane\'s type icon.")
        public void setIcon​(Icon newIcon)
        表示するアイコンを設定します。 nullでない場合、ルック・アンド・フィールはアイコンを提供しません。
        パラメータ:
        newIcon - 表示するIcon
        関連項目:
        getIcon()
      • getIcon

        public Icon getIcon()
        このペインが表示するアイコンを返します。
        戻り値:
        表示されるIcon
        関連項目:
        setIcon(javax.swing.Icon)
      • setValue

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The option pane\'s value object.")
        public void setValue​(Object newValue)
        ユーザーが選択した値を設定します。
        パラメータ:
        newValue - 選択した値
        関連項目:
        getValue()
      • getValue

        public Object getValue()
        ユーザーが選択した値を返します。 UNINITIALIZED_VALUEはユーザーがまだ選択していないことを、nullはユーザーが何も選択せずにウィンドウを閉じたことを示します。 それ以外の戻り値は、このオブジェクトで定義されるオプションのいずれかです。
        戻り値:
        ユーザーが選択したObject。ユーザーがまだ選択を実行していない場合はUNINITIALIZED_VALUE、ユーザーが選択を実行しないでウィンドウを閉じた場合はnull
        関連項目:
        setValue(java.lang.Object)
      • setOptions

        @BeanProperty(description="The option pane\'s options objects.")
        public void setOptions​(Object[] newOptions)
        このペインが表示するオプションを設定します。 newOptions内の要素がComponentの場合は、ペインに直接登録されます。そうでない場合は、要素に対してボタンが作成されます。
        パラメータ:
        newOptions - ユーザーのクリックが可能なボタンを作成するObjectsの配列、またはペインに追加する任意のComponents
        関連項目:
        getOptions()
      • getOptions

        public Object[] getOptions()
        ユーザーが作成可能な項目を返します。
        戻り値:
        ユーザーの選択項目を提供するObjectsの配列
        関連項目:
        setOptions(java.lang.Object[])
      • setInitialValue

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The option pane\'s initial value object.")
        public void setInitialValue​(Object newInitialValue)
        有効にする初期値を設定します。ペインが最初に表示されるときにフォーカスを持つComponentです。
        パラメータ:
        newInitialValue - 初期キーボード・フォーカスを取得するObject
        関連項目:
        getInitialValue()
      • getInitialValue

        public Object getInitialValue()
        初期値を返します。
        戻り値:
        初期キーボード・フォーカスを取得するObject
        関連項目:
        setInitialValue(java.lang.Object)
      • setMessageType

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The option pane\'s message type.")
        public void setMessageType​(int newType)
        オプション・ペインのメッセージ型を設定します。 メッセージ型は、ルック・アンド・フィールで表示するアイコン(提供されない場合)を決定するために使用されます。場合によってはparentComponentのレイアウト方法もこれによって決定されます。
        パラメータ:
        newType - 表示するメッセージの種類を指定する整数値。ERROR_MESSAGEINFORMATION_MESSAGEWARNING_MESSAGEQUESTION_MESSAGE、またはPLAIN_MESSAGE
        例外:
        RuntimeException - newTypeが上記の正当な値のどれでもない場合
        関連項目:
        getMessageType()
      • getMessageType

        public int getMessageType()
        メッセージ型を返します。
        戻り値:
        メッセージ型を指定する整数
        関連項目:
        setMessageType(int)
      • setOptionType

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The option pane\'s option type.")
        public void setOptionType​(int newType)
        表示するオプションを設定します。 オプション型は、表示するボタン(オプションが提供されない場合)を決定するためにルック・アンド・フィールが使用します。
        パラメータ:
        newType - L&Fが表示するオプションを示す整数。DEFAULT_OPTIONYES_NO_OPTIONYES_NO_CANCEL_OPTIONまたはOK_CANCEL_OPTION
        例外:
        RuntimeException - newTypeが上記の正当な値のどれでもない場合
        関連項目:
        getOptionType(), setOptions(java.lang.Object[])
      • getOptionType

        public int getOptionType()
        表示されるオプションの型を返します。
        戻り値:
        ユーザーが選択可能なオプションを指定する整数
        関連項目:
        setOptionType(int)
      • setSelectionValues

        @BeanProperty(description="The option pane\'s selection values.")
        public void setSelectionValues​(Object[] newValues)
        ユーザーに選択項目リストを提示するペインのために入力選択値を設定します。 UIは値の1つを選択するためのウィジェットを提供します。 null値は、通常JTextFieldを使用して、ユーザーがどのような値でも入力できることを示します。

        wantsInputをtrueに設定します。 setInitialSelectionValueを使用して初期選択値を指定します。 ペインが有効になると、inputValueはユーザーが選択した値に設定されます。

        パラメータ:
        newValues - 表示するObjectsの配列で、ユーザーはこの中から選択できる。通常はリスト形式またはコンボボックス形式
        関連項目:
        setWantsInput(boolean), setInitialSelectionValue(java.lang.Object), getSelectionValues()
      • setInputValue

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The option pane\'s input value object.")
        public void setInputValue​(Object newValue)
        ユーザーによって選択または入力された入力値を設定します。 wantsInputがtrueの場合にだけ使用されます。 このメソッドはオプション・ペインにより(ユーザー・アクションへの応答で)内部的に呼び出され、通常はクライアント・プログラムによって呼び出されることはありません。 初期選択値としてユーザーに対し表示される入力値を設定するには、setInitialSelectionValueを使用します。
        パラメータ:
        newValue - (通常はテキスト・フィールド内で)ユーザーが指定した値の設定に必要なObject
        関連項目:
        setSelectionValues(java.lang.Object[]), setInitialSelectionValue(java.lang.Object), setWantsInput(boolean), getInputValue()
      • getMaxCharactersPerLineCount

        @BeanProperty(bound=false)
        public int getMaxCharactersPerLineCount()
        メッセージの1行に格納する最大文字数を返します。 デフォルトではInteger.MAX_VALUEを返します。 この値を変更するには、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。
        戻り値:
        1行の最大文字数を示す整数
      • setWantsInput

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Flag which allows the user to input a value.")
        public void setWantsInput​(boolean newValue)
        wantsInputプロパティを設定します。 newValueがtrueの場合は、ユーザーが値を入力できるように、parentComponentが親である入力コンポーネント(テキスト・フィールドやコンボボックスなど)が提供されます。 入力値は、getSelectionValuesnull以外の配列を返す場合はその配列内のオブジェクトのいずれかです。 そうでない場合はユーザーが入力した値です。

        これはバウンド・プロパティです。

        パラメータ:
        newValue - trueの場合、ユーザーが値を入力できるように、親がparentComponentの入力コンポーネントが提供されます。
        関連項目:
        setSelectionValues(java.lang.Object[]), setInputValue(java.lang.Object)
      • getWantsInput

        public boolean getWantsInput()
        wantsInputプロパティの値を返します。
        戻り値:
        入力コンポーネントが提供される場合はtrue
        関連項目:
        setWantsInput(boolean)
      • selectInitialValue

        public void selectInitialValue()
        初期値を選択するように要求します。初期値にはフォーカスが設定されます。 このメソッドは、オプション・ペインを含むウィンドウが可視化された後で呼び出す必要があります。
      • paramString

        protected String paramString()
        このJOptionPaneの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJOptionPaneの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="The AccessibleContext associated with this option pane")
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJOptionPaneに関連付けられたAccessibleContextを返します。 オプション・ペインの場合、AccessibleContextAccessibleJOptionPaneの形式を取ります。 必要に応じて、新しいAccessibleJOptionPaneインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このAccessibleJOptionPaneのAccessibleContextとして機能するAccessibleJOptionPane