モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJInternalFrame

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible, RootPaneContainer, WindowConstants

    @JavaBean(defaultProperty="JMenuBar",
              description="A frame container which is contained within another window.")
    public class JInternalFrame
    extends JComponent
    implements Accessible, WindowConstants, RootPaneContainer
    ネイティブなフレームに、ドラッグ、クローズ、アイコン化、サイズ変更、タイトル表示、およびメニュー・バーのサポートなど、多くの機能を提供する軽量オブジェクトです。 内部フレームに関するタスク指向ドキュメントおよび使用例は、「The Java Tutorial」の「How to Use Internal Frames」を参照してください。

    通常、JInternalFrameJDesktopPaneに追加します。 UIはルック・アンド・フィール固有のアクションを、JDesktopPaneによって保持されるDesktopManagerオブジェクトに委譲します。

    JInternalFrameのコンテンツ・ペインは子コンポーネントを追加する場所です。 便宜上、このクラスのaddremoveおよびsetLayoutメソッドは、ContentPaneの対応するメソッドに呼出しを委譲するようにオーバーライドされます。 たとえば、次のようにして内部フレームに子コンポーネントを追加できます。

           internalFrame.add(child);
     
    子はcontentPaneに追加されます。 コンテンツ・ペインは実際にはJRootPaneのインスタンスによって制御されます。また、このインスタンスは内部フレームのレイアウト・ペイン、ガラス・ペインおよびオプションのメニュー・バーも制御します。 これらのコンポーネントの詳細は、JRootPaneのドキュメントを参照してください。 JInternalFrameLayoutManagerの追加、削除および設定の詳細は、RootPaneContainerを参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、「Swing's Threading Policy」を参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    InternalFrameEvent, JDesktopPane, DesktopManager, JInternalFrame.JDesktopIcon, JRootPane, RootPaneContainer, 「直列化されたフォーム」
    • フィールドの詳細

      • rootPane

        protected JRootPane rootPane
        ガラス・ペインだけでなく、この内部フレームのコンテンツ・ペインおよびオプションのメニュー・バーを管理するJRootPaneのインスタンスです。
        関連項目:
        JRootPane, RootPaneContainer
      • closable

        protected boolean closable
        フレームは閉じることができます。
      • isClosed

        protected boolean isClosed
        フレームは閉じられています。
      • maximizable

        protected boolean maximizable
        フレームはデスクトップ・ペインのサイズまで拡大できます。
      • isMaximum

        protected boolean isMaximum
        フレームは最大サイズに拡大されています。
        関連項目:
        maximizable
      • isIcon

        protected boolean isIcon
        フレームはアイコン化されています。
        関連項目:
        isIcon()
      • resizable

        protected boolean resizable
        フレームのサイズは変更可能です。
      • isSelected

        protected boolean isSelected
        フレームは現在選択されています。
      • frameIcon

        protected Icon frameIcon
        内部フレームの左上隅に表示されるアイコンです。
      • title

        protected String title
        この内部フレームのタイトル・バーに表示されるタイトルです。
      • desktopIcon

        protected JInternalFrame.JDesktopIcon desktopIcon
        この内部フレームがアイコン化されたときに表示されるアイコンです。
        関連項目:
        iconable
      • CONTENT_PANE_PROPERTY

        public static final String CONTENT_PANE_PROPERTY
        バウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • LAYERED_PANE_PROPERTY

        public static final String LAYERED_PANE_PROPERTY
        バウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • GLASS_PANE_PROPERTY

        public static final String GLASS_PANE_PROPERTY
        バウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FRAME_ICON_PROPERTY

        public static final String FRAME_ICON_PROPERTY
        バウンド・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • IS_SELECTED_PROPERTY

        public static final String IS_SELECTED_PROPERTY
        このフレームが選択されているステータスであることを示す制約プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • IS_CLOSED_PROPERTY

        public static final String IS_CLOSED_PROPERTY
        内部フレームが閉じられていることを示す制約プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • IS_MAXIMUM_PROPERTY

        public static final String IS_MAXIMUM_PROPERTY
        内部フレームが最大化されていることを示す制約プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • IS_ICON_PROPERTY

        public static final String IS_ICON_PROPERTY
        内部フレームがアイコン化されていることを示す制約プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • JInternalFrame

        public JInternalFrame()
        サイズ変更、クローズ、最大化、アイコン化を行うことができないJInternalFrameを、タイトルなしで作成します。
      • JInternalFrame

        public JInternalFrame​(String title)
        サイズ変更、クローズ、最大化、アイコン化を行うことができないJInternalFrameを、指定されたタイトルで作成します。 titlenullで渡すと動作は保証されず、例外となる場合があります。
        パラメータ:
        title - タイトル・バーに表示するnull以外のString
      • JInternalFrame

        public JInternalFrame​(String title,
                              boolean resizable)
        クローズ、最大化、アイコン化を行うことができないJInternalFrameを、タイトルと、サイズ変更可能性を指定して作成します。
        パラメータ:
        title - タイトル・バーに表示するString
        resizable - trueの場合、内部フレームはサイズ変更できる
      • JInternalFrame

        public JInternalFrame​(String title,
                              boolean resizable,
                              boolean closable)
        最大化、アイコン化を行うことができないJInternalFrameを、タイトル、サイズ変更可能性、およびクローズ可能性を指定して作成します。
        パラメータ:
        title - タイトル・バーに表示するString
        resizable - trueの場合、内部フレームはサイズ変更できる
        closable - trueの場合、内部フレームはクローズできる
      • JInternalFrame

        public JInternalFrame​(String title,
                              boolean resizable,
                              boolean closable,
                              boolean maximizable)
        アイコン化を行うことができないJInternalFrameを、タイトル、サイズ変更可能性、クローズ可能性、および最大化可能性を指定して作成します。
        パラメータ:
        title - タイトル・バーに表示するString
        resizable - trueの場合、内部フレームはサイズ変更できる
        closable - trueの場合、内部フレームはクローズできる
        maximizable - trueの場合、内部フレームは最大化できる
      • JInternalFrame

        public JInternalFrame​(String title,
                              boolean resizable,
                              boolean closable,
                              boolean maximizable,
                              boolean iconifiable)
        タイトル、サイズの変更可能性、クローズ可能性、最大化可能性、およびアイコン化の可能性を指定して、JInternalFrameを作成します。 すべてのJInternalFrameコンストラクタは、これを使用します。
        パラメータ:
        title - タイトル・バーに表示するString
        resizable - trueの場合、内部フレームはサイズ変更できる
        closable - trueの場合、内部フレームはクローズできる
        maximizable - trueの場合、内部フレームは最大化できる
        iconifiable - trueの場合、内部フレームはアイコン化できる
    • メソッドの詳細

      • createRootPane

        protected JRootPane createRootPane()
        JRootPaneを設定するためにコンストラクタによって呼び出されます。
        戻り値:
        新しいJRootPane
        関連項目:
        JRootPane
      • getUI

        public InternalFrameUI getUI()
        このコンポーネントをレンダリングするルック・アンド・フィールオブジェクトを返します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするInternalFrameUIオブジェクト
      • updateUI

        public void updateUI()
        ルック・アンド・フィールが変更されたというUIManagerからの通知です。 現在のUIオブジェクトをUIManagerの最新バージョンに置き換えます。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • addImpl

        protected void addImpl​(Component comp,
                               Object constraints,
                               int index)
        指定された子Componentを追加します。 このメソッドをオーバーライドすると、呼出しが条件付きでcontentPaneに転送されます。 デフォルトでは、子はフレームではなくcontentPaneに追加されます。詳細は、RootPaneContainerを参照してください。
        オーバーライド:
        addImpl、クラス: Container
        パラメータ:
        comp - 拡張されるコンポーネント
        constraints - 遵守されるべき制約
        index - インデックス
        例外:
        IllegalArgumentException - indexが無効である場合
        IllegalArgumentException - コンテナの親をそのコンテナ自体に追加しようとしている場合
        IllegalArgumentException - ウィンドウをコンテナに追加しようとしている場合
        関連項目:
        setRootPaneCheckingEnabled(boolean), RootPaneContainer
      • setLayout

        public void setLayout​(LayoutManager manager)
        デフォルトではこのコンポーネントのレイアウトが設定できないようにします。 オーバーライドすると、呼出しが条件付きでcontentPaneに転送されます。 詳細は、RootPaneContainerを参照してください。
        オーバーライド:
        setLayout、クラス: Container
        パラメータ:
        manager - LayoutManager
        関連項目:
        setRootPaneCheckingEnabled(boolean)
      • getMenuBar

        @Deprecated
        public JMenuBar getMenuBar()
        非推奨。
        Swing version 1.0.3以降は、getJMenuBar()に置き換えられています。
        このJInternalFrameの現在のJMenuBarを返します。メニュー・バーが設定されていない場合はnullを返します。
        戻り値:
        現在のメニュー・バー。何も設定されていない場合はnull
      • getJMenuBar

        public JMenuBar getJMenuBar()
        このJInternalFrameの現在のJMenuBarを返します。メニュー・バーが設定されていない場合はnullを返します。
        戻り値:
        この内部フレームによって使用されるJMenuBar
        関連項目:
        setJMenuBar(javax.swing.JMenuBar)
      • setMenuBar

        @Deprecated
        public void setMenuBar​(JMenuBar m)
        非推奨。
        Swing version 1.0.3以降は、setJMenuBar(JMenuBar m)に置き換えられています。
        このJInternalFramemenuBarプロパティを設定します。
        パラメータ:
        m - この内部フレームで使用するJMenuBar
        関連項目:
        getJMenuBar()
      • setJMenuBar

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The menu bar for accessing pulldown menus from this internal frame.")
        public void setJMenuBar​(JMenuBar m)
        このJInternalFramemenuBarプロパティを設定します。
        パラメータ:
        m - この内部フレームで使用するJMenuBar
        関連項目:
        getJMenuBar()
      • setRootPane

        protected void setRootPane​(JRootPane root)
        このJInternalFramerootPaneプロパティを設定します。 このメソッドはコンストラクタによって呼び出されます。
        パラメータ:
        root - 新しいJRootPaneオブジェクト
      • setClosable

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Indicates whether this internal frame can be closed.")
        public void setClosable​(boolean b)
        ユーザー・アクションによってこのJInternalFrameを閉じることができるかどうかを設定します。
        パラメータ:
        b - boolean値。trueの場合は、この内部フレームを閉じることができる
      • isClosable

        public boolean isClosable()
        ユーザー・アクションによってこのJInternalFrameを閉じることができるかどうかを返します。
        戻り値:
        内部フレームを閉じることができる場合はtrue
      • isClosed

        public boolean isClosed()
        このJInternalFrameが現在閉じているかどうかを返します。
        戻り値:
        この内部フレームが閉じている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • setClosed

        @BeanProperty(description="Indicates whether this internal frame has been closed.")
        public void setClosed​(boolean b)
                       throws PropertyVetoException
        引数がtrueの場合はこの内部フレームを閉じます。 引数falseでこのメソッドを呼び出さないでください。setClosed(false)の呼出しの結果は保証されません。

        内部フレームがすでに閉じている場合は、このメソッドは何も行わずに、ただちに返されます。 そうでない場合、このメソッドはINTERNAL_FRAME_CLOSINGイベントをトリガーして開始されます。 それから、リスナーがプロパティの変更を拒否しないかぎり、closedプロパティをtrueに設定します。 このメソッドは、内部フレームを不可視および選択されていない状態にし、INTERNAL_FRAME_CLOSEDイベントをトリガーして終了します。

        注意: 閉じられた内部フレームを再使用するには、その内部フレームをコンテナに追加する必要があります。前のコンテナから削除していない場合でも同様です。 通常、このコンテナは以前に内部フレームを格納したJDesktopPaneです。

        パラメータ:
        b - trueでなければならない
        例外:
        PropertyVetoException - プロパティの設定の試みがJInternalFrameに拒否された場合
        関連項目:
        isClosed(), setDefaultCloseOperation(int), dispose(), InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_CLOSING
      • setResizable

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Determines whether this internal frame can be resized by the user.")
        public void setResizable​(boolean b)
        ユーザー・アクションによってJInternalFrameのサイズ変更ができるかどうかを設定します。
        パラメータ:
        b - boolean値。trueの場合は、この内部フレームをサイズ変更できる
      • isResizable

        public boolean isResizable()
        ユーザー・アクションによってJInternalFrameをサイズ変更できるかどうかを返します。
        戻り値:
        この内部フレームをサイズ変更できる場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • setIconifiable

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Determines whether this internal frame can be iconified.")
        public void setIconifiable​(boolean b)
        iconableプロパティを設定します。ユーザーがJInternalFrameをアイコン化できるようにするにはtrueにする必要があります。 ルック・アンド・フィールによっては、アイコン化機能が実装されていない場合があります。その場合、このプロパティは無視されます。
        パラメータ:
        b - boolean値。trueの場合は、この内部フレームをアイコン化できる
      • isIconifiable

        public boolean isIconifiable()
        iconableプロパティを取得します。デフォルトではfalseです。
        戻り値:
        iconableプロパティの値。
        関連項目:
        setIconifiable(boolean)
      • isIcon

        public boolean isIcon()
        JInternalFrameが現在アイコン化されているかどうかを返します。
        戻り値:
        この内部フレームがアイコン化されている場合はtrue
      • setIcon

        @BeanProperty(description="The image displayed when this internal frame is minimized.")
        public void setIcon​(boolean b)
                     throws PropertyVetoException
        ルック・アンド・フィールがアイコン化をサポートしている場合、この内部フレームをアイコン化またはアイコン化解除します。 内部フレームの状態がアイコン化に変更された場合、このメソッドはINTERNAL_FRAME_ICONIFIEDイベントをトリガーします。 状態がアイコン化解除に変更された場合は、INTERNAL_FRAME_DEICONIFIEDイベントがトリガーされます。
        パラメータ:
        b - boolean値。trueの場合は、この内部フレームをアイコン化する。falseの場合は、アイコン化を解除する
        例外:
        PropertyVetoException - プロパティの設定の試みがJInternalFrameに拒否された場合
        関連項目:
        InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_ICONIFIED, InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_DEICONIFIED
      • setMaximizable

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Determines whether this internal frame can be maximized.")
        public void setMaximizable​(boolean b)
        maximizableプロパティを設定します。このプロパティは、ユーザー・アクションによってJInternalFrameを最大化できるかどうかを指定します。 ルック・アンド・フィールによっては、内部フレームの最大化がサポートされていない場合があります。その場合、このプロパティは無視されます。
        パラメータ:
        b - trueの場合はこの内部フレームは最大化できるように指定され、falseの場合は最大化できないように指定される
      • isMaximizable

        public boolean isMaximizable()
        maximizableプロパティの値を取得します。
        戻り値:
        maximizableプロパティの値
        関連項目:
        setMaximizable(boolean)
      • isMaximum

        public boolean isMaximum()
        JInternalFrameが現在最大化されているかどうかを返します。
        戻り値:
        この内部フレームが最大化されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • setMaximum

        @BeanProperty(description="Indicates whether this internal frame is maximized.")
        public void setMaximum​(boolean b)
                        throws PropertyVetoException
        この内部フレームを最大化および復元します。 最大化されたフレームはJInternalFrameに関連したJDesktopPaneにちょうど収まるようにサイズ変更されます。 復元されたフレームのサイズはJInternalFrameの実際のサイズに変更されます。
        パラメータ:
        b - boolean値。trueの場合はこの内部フレームは最大化され、falseの場合は復元される
        例外:
        PropertyVetoException - プロパティの設定の試みがJInternalFrameに拒否された場合
      • getTitle

        public String getTitle()
        JInternalFrameのタイトルを返します。
        戻り値:
        この内部フレームのタイトルを保持するString
        関連項目:
        setTitle(java.lang.String)
      • setTitle

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The text displayed in the title bar.")
        public void setTitle​(String title)
        JInternalFrameタイトルを設定します。titleにはnull値が付くことがあります。
        パラメータ:
        title - タイトル・バーに表示するString
        関連項目:
        getTitle()
      • setSelected

        @BeanProperty(description="Indicates whether this internal frame is currently the active frame.")
        public void setSelected​(boolean selected)
                         throws PropertyVetoException
        内部フレームが表示されている場合に、その内部フレームを選択または選択解除します。 JInternalFrameは通常、それが選択されているフレームである場合はタイトル・バーを異なる方法で描画します。これにより、この内部フレームがフォーカスを持つことがユーザーに示されます。 このメソッドによって内部フレームの状態が選択解除から選択へ変更されると、このメソッドはInternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_ACTIVATEDイベントをトリガーします。 選択から選択解除への変更の場合は、InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_DEACTIVATEDイベントがトリガーされます。
        パラメータ:
        selected - boolean値。trueの場合はこの内部フレームが選択された状態になり(現在アクティブである)、falseの場合は選択解除された状態になる
        例外:
        PropertyVetoException - プロパティの設定の試みがJInternalFrameに拒否された場合
        関連項目:
        Component.isShowing(), InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_ACTIVATED, InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_DEACTIVATED
      • isSelected

        public boolean isSelected()
        JInternalFrameが現在「選択されている」(アクティブな)フレームであるかどうかを返します。
        戻り値:
        この内部フレームが現在選択されている(アクティブである)場合はtrue
        関連項目:
        setSelected(boolean)
      • setFrameIcon

        @BeanProperty(description="The icon shown in the top-left corner of this internal frame.")
        public void setFrameIcon​(Icon icon)
        この内部フレームのタイトル・バー(通常は左上隅)に表示するイメージを設定します。 一部のルック・アンド・フィールでは、タイトル・バーにアイコンを表示できない場合があります。 このイメージは、この内部フレームがアイコン化されたときにJDesktopに表示されるイメージであるdesktopIconオブジェクトではありません。 この関数にはnullを渡すことができますが、場面に応じてルック・アンド・フィールは、アイコンを表示しない、ルック・アンド・フィールのデフォルト・アイコンを表示するなど、適切な動作を選択できます。
        パラメータ:
        icon - タイトル・バーに表示するIcon
        関連項目:
        getFrameIcon()
      • getFrameIcon

        public Icon getFrameIcon()
        この内部フレームのタイトル・バー(通常は左上隅)に表示されるイメージを返します。
        戻り値:
        タイトル・バーに表示されるIcon
        関連項目:
        setFrameIcon(javax.swing.Icon)
      • moveToFront

        public void moveToFront()
        このコンポーネントの親がJLayeredPaneである場合に、このコンポーネントを位置0に移動する簡易メソッドです。
      • moveToBack

        public void moveToBack()
        このコンポーネントの親がJLayeredPaneである場合に、このコンポーネントを位置 -1に移動する簡易メソッドです。
      • getLastCursor

        @BeanProperty(bound=false)
        public Cursor getLastCursor()
        setCursorメソッドによって設定された最後のCursor (サイズ変更できないCursor)を返します。
        戻り値:
        最後のサイズ変更できないCursor
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setCursor

        public void setCursor​(Cursor cursor)
        カーソル・イメージを指定されたカーソルに設定します。 このカーソル・イメージは、このコンポーネントのcontainsメソッドが現在のカーソル位置に対してtrueを返し、このコンポーネントが可視、表示可能、かつ使用可能である場合に表示されます。 Containerのカーソルを設定すると、コンテナのすべてのサブコンポーネントでそのカーソルが表示されます。ただし、null以外のカーソルを使用しているサブコンポーネントでは表示されません。

        Javaプラットフォームの実装やネイティブ・システムでマウス・カーソルの形状変更がサポートされていない場合、このメソッドには視覚効果がない場合があります。

        オーバーライド:
        setCursor 、クラス:  Component
        パラメータ:
        cursor - Cursorクラスで定義されている定数の1つ。このパラメータがnullの場合、このコンポーネントは親のカーソルを継承する
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Component.isEnabled(), Component.isShowing(), Component.getCursor(), Component.contains(int, int), Toolkit.createCustomCursor(java.awt.Image, java.awt.Point, java.lang.String), Cursor
      • setLayer

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="Specifies what desktop layer is used.")
        public void setLayer​(Integer layer)
        このコンポーネントのレイヤー属性を設定する簡易メソッドです。
        パラメータ:
        layer - このフレームのデスクトップ・レイヤーを指定するIntegerオブジェクト
        例外:
        NullPointerException - layernullの場合
        関連項目:
        JLayeredPane
      • setLayer

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="Specifies what desktop layer is used.")
        public void setLayer​(int layer)
        このコンポーネントのレイヤー属性を設定する簡易メソッドです。 setLayer(Integer)メソッドは、JLayeredPaneで事前に定義されたレイヤー値に使用する必要があります。 setLayer(int)を使用する場合、それらの値とクラッシュしないように注意してください。
        パラメータ:
        layer - この内部フレームのデスクトップ・レイヤーを指定する整数
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        setLayer(Integer), JLayeredPane
      • getLayer

        public int getLayer()
        このコンポーネントのレイヤー属性を取得する簡易メソッドです。
        戻り値:
        このフレームのデスクトップ・レイヤーを指定するIntegerオブジェクト
        関連項目:
        JLayeredPane
      • getDesktopPane

        @BeanProperty(bound=false)
        public JDesktopPane getDesktopPane()
        上位階層でJDesktopのインスタンスを検索する簡易メソッドです。 JInternalFrameがインスタンスを見つけられなかった場合はdesktopIconツリーが検索されます。
        戻り値:
        この内部フレームが属するJDesktopPane。見つからなかった場合はnull
      • setDesktopIcon

        @BeanProperty(description="The icon shown when this internal frame is minimized.")
        public void setDesktopIcon​(JInternalFrame.JDesktopIcon d)
        このJInternalFrameに関連付けられたJDesktopIconを設定します。
        パラメータ:
        d - デスクトップに表示するJDesktopIcon
        関連項目:
        getDesktopIcon()
      • getNormalBounds

        public Rectangle getNormalBounds()
        JInternalFrameが最大化の状態ではない場合、getBounds()を返します。それ以外の場合は、JInternalFrameが復元される境界を返します。
        戻り値:
        通常の状態にあるときの、このフレームの境界を含むRectangle
        導入されたバージョン:
        1.3
      • setNormalBounds

        public void setNormalBounds​(Rectangle r)
        この内部フレームの通常の境界、つまりこの内部フレームが最大化の状態から復元される境界を設定します。 このメソッドは、デスクトップ・マネージャだけが使用できます。
        パラメータ:
        r - この内部フレームが復元される境界
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getFocusOwner

        public Component getFocusOwner()
        このJInternalFrameがアクティブである場合、フォーカスを持つ子を返します。 それ以外の場合はnullを返します。
        戻り値:
        フォーカスを持つコンポーネント。どの子もフォーカスがない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getMostRecentFocusOwner

        @BeanProperty(bound=false)
        public Component getMostRecentFocusOwner()
        このJInternalFrameが選択されたときにフォーカスを受け取る、このJInternalFrameの子コンポーネントを返します。 現在このJInternalFrameが選択されている場合、このメソッドはgetFocusOwnerメソッドと同じコンポーネントを返します。 このJInternalFrameが選択されていない場合は、最後にフォーカスを要求した子コンポーネントが返されます。 フォーカスを要求した子コンポーネントがない場合は、このJInternalFrameの最初のフォーカス可能コンポーネントが返されます。 そのような子コンポーネントが存在しない場合は、このJInternalFrameのフォーカスされるデフォルト・コンポーネントが返されます。
        戻り値:
        このJInternalFrameが選択されたときにフォーカスを受け取る子コンポーネント
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getFocusOwner(), isSelected
      • restoreSubcomponentFocus

        public void restoreSubcomponentFocus()
        フォーカスを持つ最後のサブコンポーネントにフォーカスを復元するよう、内部フレームに要求します。 これは、たとえばタイトル・バーをクリックするなど、ユーザーがこの内部フレームを選択したときにUIで使用されます。
        導入されたバージョン:
        1.3
      • reshape

        public void reshape​(int x,
                            int y,
                            int width,
                            int height)
        このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。 ほかのコンポーネントとは異なり、この実装はタイトル・バーなどのフレーム修飾が必ず再表示されるように強制的に再配置します。
        オーバーライド:
        reshape 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        x - コンポーネントの新しい水平位置をコンテナの左端からのピクセル数で指定する整数
        y - コンポーネントの新しい垂直位置をコンテナの下端からのピクセル数で指定する整数
        width - コンポーネントの新しい幅をピクセル数で指定する整数
        height - コンポーネントの新しい高さをピクセル数で指定する整数
        関連項目:
        Component.setBounds(int, int, int, int)
      • addInternalFrameListener

        public void addInternalFrameListener​(InternalFrameListener l)
        以降この内部フレームから内部フレーム・イベントを受け取るために、指定されたリスナーを追加します。
        パラメータ:
        l - 内部フレーム・リスナー
      • removeInternalFrameListener

        public void removeInternalFrameListener​(InternalFrameListener l)
        この内部フレームから内部フレーム・イベントを受け取らないように、指定された内部フレーム・リスナーを削除します。
        パラメータ:
        l - 内部フレーム・リスナー
      • fireInternalFrameEvent

        protected void fireInternalFrameEvent​(int id)
        内部フレーム・イベントをトリガーします。
        パラメータ:
        id - トリガーされるイベントの型。次のうちのいずれか。
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_OPENED
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_CLOSING
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_CLOSED
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_ICONIFIED
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_DEICONIFIED
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_ACTIVATED
        • InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_DEACTIVATED
        イベントの型が上記と異なる場合は、何も行われません。
      • doDefaultCloseAction

        public void doDefaultCloseAction()
        INTERNAL_FRAME_CLOSINGイベントをトリガーし、内部フレームのデフォルトのクローズ処理によって指定されたアクションを実行します。 このメソッドは通常、内部フレームのクローズ・ボタンの、ルック・アンド・フィールが実装されたアクション・ハンドラによって呼び出されます。
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        setDefaultCloseOperation(int), InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_CLOSING
      • setDefaultCloseOperation

        public void setDefaultCloseOperation​(int operation)
        ユーザーがこの内部フレームの「クローズ」を開始したときに、デフォルトで実行される処理を設定します。 次の値を選択できます。

        DO_NOTHING_ON_CLOSE
        何も行いません。 プログラムは登録されているInternalFrameListenerオブジェクトのinternalFrameClosingメソッドで処理を行う必要があります。
        HIDE_ON_CLOSE
        自動的に内部フレームを不可視にします。
        DISPOSE_ON_CLOSE
        自動的に内部フレームを破棄します。

        デフォルト値はDISPOSE_ON_CLOSEです。 指定されたクローズ処理を実行する前に、内部フレームはINTERNAL_FRAME_CLOSINGイベントをトリガーします。

        パラメータ:
        operation - javax.swing.WindowConstants (JInternalFrameによって実装されるインタフェース)で定義される次の定数のうちの1つ。DO_NOTHING_ON_CLOSEHIDE_ON_CLOSE、またはDISPOSE_ON_CLOSE
        関連項目:
        addInternalFrameListener(javax.swing.event.InternalFrameListener), getDefaultCloseOperation(), JComponent.setVisible(boolean), dispose(), InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_CLOSING
      • getDefaultCloseOperation

        public int getDefaultCloseOperation()
        ユーザーがこの内部フレームで「クローズ」を開始したときに実行されるデフォルトの処理を返します。
        戻り値:
        ユーザーが内部フレームを閉じるときに実行される処理
        関連項目:
        setDefaultCloseOperation(int)
      • pack

        public void pack()
        このJInternalFrameのサブコンポーネントが適切なサイズで配置されるようにします。 アイコン化または最大化される内部フレームは、復元されてからパックされます。 内部フレームを復元できない場合は、その状態は変わらず、パックされません。
        関連項目:
        Window.pack()
      • show

        public void show()
        内部フレームが不可視の場合に、その内部フレームを前面に移動して可視にし、選択を試みます。 内部フレームが最初に可視になったとき、このメソッドはINTERNAL_FRAME_OPENEDイベントをトリガーします。 内部フレームがすでに可視の場合、このメソッドは何も行いません。 このメソッドの呼び出しとsetVisible(true)の呼出しの結果は同じです。
        オーバーライド:
        show 、クラス:  Component
        関連項目:
        moveToFront(), setSelected(boolean), InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_OPENED, JComponent.setVisible(boolean)
      • dispose

        public void dispose()
        この内部フレームを不可視、選択解除にして閉じます。 フレームがすでに閉じている場合は、このメソッドはINTERNAL_FRAME_CLOSEDイベントをトリガーします。 このメソッドの呼出しの結果はsetClosed(true)と似ていますが、内部フレームを閉じたあとに常にdisposeが続き、INTERNAL_FRAME_CLOSINGイベントはトリガーされません。
        関連項目:
        InternalFrameEvent.INTERNAL_FRAME_CLOSED, JComponent.setVisible(boolean), setSelected(boolean), setClosed(boolean)
      • toFront

        public void toFront()
        この内部フレームを前面に移動します。 この内部フレームを重なったフレームのいちばん上に置き、ほかの可視の内部フレームに必要な調整を行います。
        関連項目:
        Window.toFront(), moveToFront()
      • toBack

        public void toBack()
        この内部フレームを背面に移動します。 この内部フレームを重なったフレームのいちばん下に置き、ほかの可視の内部フレームに必要な調整を行います。
        関連項目:
        Window.toBack(), moveToBack()
      • getWarningString

        @BeanProperty(bound=false)
        public final String getWarningString()
        この内部フレームで表示される警告文字列を取得します。 内部フレームは常にセキュリティ保護されているので(警告文字列を必要とするウィンドウ内に完全に包含されるので)、このメソッドは常にnullを返します。
        戻り値:
        null
        関連項目:
        Window.getWarningString()
      • paramString

        protected String paramString()
        このJInternalFrameの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJInternalFrameの文字列表現
      • paintComponent

        protected void paintComponent​(Graphics g)
        内部フレームがドラッグされているときに最適化されたペイントを許可するためオーバーライドされます。
        オーバーライド:
        paintComponent 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        g - 保護対象のGraphicsオブジェクト
        関連項目:
        JComponent.paint(java.awt.Graphics), ComponentUI
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJInternalFrameに関連付けられているAccessibleContextを取得します。 内部フレームの場合、AccessibleContextAccessibleJInternalFrameの形式を取ります。 必要に応じて、新しいAccessibleJInternalFrameインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJInternalFrameAccessibleContextとして機能するAccessibleJInternalFrame
        関連項目:
        JInternalFrame.AccessibleJInternalFrame