モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJComboBox<E>

    • フィールドの詳細

      • dataModel

        protected ComboBoxModel<E> dataModel
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。 アクセス用のメソッドを代わりに使用します。
        関連項目:
        getModel(), setModel(javax.swing.ComboBoxModel<E>)
      • editor

        protected ComboBoxEditor editor
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。 アクセス用のメソッドを代わりに使用します。
        関連項目:
        getEditor(), setEditor(javax.swing.ComboBoxEditor)
      • maximumRowCount

        protected int maximumRowCount
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。 アクセス用のメソッドを代わりに使用します。
        関連項目:
        getMaximumRowCount(), setMaximumRowCount(int)
      • isEditable

        protected boolean isEditable
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。 アクセス用のメソッドを代わりに使用します。
        関連項目:
        isEditable, setEditable(boolean)
      • actionCommand

        protected String actionCommand
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。 アクセス用のメソッドを代わりに使用します。
        関連項目:
        setActionCommand(java.lang.String), getActionCommand()
      • lightWeightPopupEnabled

        protected boolean lightWeightPopupEnabled
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。 アクセス用のメソッドを代わりに使用します。
        関連項目:
        setLightWeightPopupEnabled(boolean), isLightWeightPopupEnabled()
      • selectedItemReminder

        protected Object selectedItemReminder
        このprotectedフィールドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。
    • コンストラクタの詳細

      • JComboBox

        public JComboBox​(ComboBoxModel<E> aModel)
        項目を既存のComboBoxModelから取得するJComboBoxを生成します。 ComboBoxModelが提供されるため、このコンストラクタを使用して生成されたコンボボックスは、デフォルトのコンボ・ボックス・モデルを生成せず、挿入、削除、および追加の各メソッドの動作方法に強い影響を与えます。
        パラメータ:
        aModel - 表示された項目のリストを提供するComboBoxModel
        関連項目:
        DefaultComboBoxModel
      • JComboBox

        public JComboBox​(E[] items)
        指定された配列に要素を格納するJComboBoxを生成します。 デフォルトでは、配列の最初の項目と、それに伴うデータ・モデルが選択されます。
        パラメータ:
        items - コンボボックスに挿入するオブジェクトの配列
        関連項目:
        DefaultComboBoxModel
      • JComboBox

        public JComboBox​(Vector<E> items)
        指定されたVectorに要素を格納するJComboBoxを生成します。 デフォルトでは、ベクターの最初の項目と、それに伴うデータ・モデルが選択されます。
        パラメータ:
        items - コンボボックスに挿入するベクターの配列
        関連項目:
        DefaultComboBoxModel
      • JComboBox

        public JComboBox()
        デフォルトのデータ・モデルでJComboBoxを生成します。 デフォルトのデータ・モデルは、オブジェクトの空リストです。 addItemを使用して項目を追加します。 デフォルトでは、データ・モデルの最初の項目が選択されます。
        関連項目:
        DefaultComboBoxModel
    • メソッドの詳細

      • installAncestorListener

        protected void installAncestorListener()
        祖先のリスナーを登録して、祖先が移動したとき、または可視または不可視になったときにAncestorEventsを受け取るようにします。 イベントは、コンポーネントまたはその祖先が包含関係の階層に追加されるか、または削除されるときにも送信されます。
      • updateUI

        public void updateUI()
        現在のルック・アンド・フィールからの値にUIプロパティをリセットします。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • getUI

        public ComboBoxUI getUI()
        このコンポーネントを描画するL&Fオブジェクトを返します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするComboBoxUIオブジェクト
      • setModel

        @BeanProperty(description="Model that the combo box uses to get data to display.")
        public void setModel​(ComboBoxModel<E> aModel)
        JComboBoxが項目のリストを取得するために使用するデータ・モデルを設定します。
        パラメータ:
        aModel - 表示された項目のリストを提供するComboBoxModel
      • getModel

        public ComboBoxModel<E> getModel()
        JComboBoxによって現在使用されているデータ・モデルを返します。
        戻り値:
        表示された項目のリストを提供するComboBoxModel
      • setLightWeightPopupEnabled

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="Set to <code>false</code> to require heavyweight popups.")
        public void setLightWeightPopupEnabled​(boolean aFlag)
        lightWeightPopupEnabledプロパティを設定します。このプロパティは、JComboBoxの格納先として軽量Componentを使用するか、それともPanelWindowなどの重量Componentを使用するかどうかについてのヒントを提供します。 軽量と重量のどちらを使用するかを決定するのは、最終的にはJComboBoxです。 軽量ウィンドウは重量ウィンドウよりも効率的ですが、軽量コンポーネントと重量コンポーネントはGUI内でうまく混在しません。 アプリケーションで軽量コンポーネントと重量コンポーネントが混在している場合は、軽量ポップアップを無効にする必要があります。 lightWeightPopupEnabledプロパティのデフォルト値は、ルック・アンド・フィールで他の値が指定されていなければtrueになります。 一部のルック・アンド・フィールでは、このプロパティの値に関係なく常に重量ポップアップが使用されます。

        Mixing Heavy and Light Components」を参照してください。このメソッドはプロパティ変更イベントをトリガーします。

        パラメータ:
        aFlag - trueの場合は軽量ポップアップが要求される
      • isLightWeightPopupEnabled

        public boolean isLightWeightPopupEnabled()
        lightWeightPopupEnabledプロパティの値を取得します。
        戻り値:
        lightWeightPopupEnabledプロパティの値
        関連項目:
        setLightWeightPopupEnabled(boolean)
      • setEditable

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="If true, the user can type a new value in the combo box.")
        public void setEditable​(boolean aFlag)
        JComboBoxフィールドが編集可能かどうかを指定します。 編集可能なJComboBoxでは、ユーザーはフィールドに入力するか、またはフィールドを初期化するためにリストから項目を選択でき、そのあとにその項目を編集できます。 編集はフィールドに対してだけ可能であり、リスト項目は変更されません。 編集が不可能なJComboBoxは選択された項目をフィールドに表示しますが、その選択は編集できません。
        パラメータ:
        aFlag - boolean値。trueはフィールドが編集可能であることを示す
      • isEditable

        public boolean isEditable()
        JComboBoxが編集可能な場合はtrueを返します。 デフォルトでは、コンボボックスは編集不可です。
        戻り値:
        JComboBoxが編集可能な場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • setMaximumRowCount

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The maximum number of rows the popup should have")
        public void setMaximumRowCount​(int count)
        JComboBoxが表示する最大の行数を設定します。 モデル内のオブジェクト数がcountより大きい場合は、コンボボックスはスクロール・バーを使用します。
        パラメータ:
        count - スクロール・バーを使用しないでリストに表示できる最大の項目数を指定する整数値
      • getMaximumRowCount

        public int getMaximumRowCount()
        コンボボックスがスクロール・バーを使用しないで表示できる最大の項目数を返します。
        戻り値:
        スクロール・バーを使用しないでリストに表示される最大の項目数を指定する整数値
      • setRenderer

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="The renderer that paints the item selected in the list.")
        public void setRenderer​(ListCellRenderer<? super E> aRenderer)
        JComboBoxフィールドのリストから選択されたリスト項目と項目をペイントするレンダリングを設定します。 レンダリングは、JComboBoxが編集不可能な場合に使用されます。 編集可能な場合、選択された項目のレンダリングと編集にはエディタが使用されます。

        デフォルトのレンダリングでは文字列またはアイコンが表示されます。 ほかのレンダリングは、グラフィック・イメージおよび複合項目を処理できます。

        選択された項目を表示するには、リスト・オブジェクトおよびインデックス -1を渡してaRenderer.getListCellRendererComponentを呼び出します。

        パラメータ:
        aRenderer - 選択された項目を表示するListCellRenderer
        関連項目:
        setEditor(javax.swing.ComboBoxEditor)
      • getRenderer

        public ListCellRenderer<? super E> getRenderer()
        選択された項目をJComboBoxフィールドで表示するのに使われるレンダラを返します。
        戻り値:
        選択された項目を表示するListCellRenderer
      • setEditor

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="The editor that combo box uses to edit the current value")
        public void setEditor​(ComboBoxEditor anEditor)
        選択された項目をJComboBoxフィールドでペイントおよび編集するために使用されるエディタを設定します。 エディタは、受け取るJComboBoxが編集可能な場合だけ使用されます。 編集できない場合は、コンボボックスはレンダリングを使用して選択された項目をレンダリングします。
        パラメータ:
        anEditor - 選択された項目を表示するComboBoxEditor
        関連項目:
        setRenderer(javax.swing.ListCellRenderer<? super E>)
      • getEditor

        public ComboBoxEditor getEditor()
        選択された項目をJComboBoxフィールドでペイントおよび編集するために使用するエディタを返します。
        戻り値:
        選択された項目を表示するComboBoxEditor
      • setSelectedItem

        @BeanProperty(bound=false,
                      preferred=true,
                      description="Sets the selected item in the JComboBox.")
        public void setSelectedItem​(Object anObject)
        コンボボックス表示領域の選択された項目を引数のオブジェクトに設定します。 anObjectがリストにある場合、表示領域には選択されたanObjectを表示します。

        anObjectがリストになく、コンボボックスが編集不可の場合、現在の選択は変更されません。 コンボボックスが編集可能な場合、選択はanObjectに変更されます。

        これによって選択項目が変更される場合は、コンボボックスに追加されるItemListenerに、1つまたは2つのItemEventが通知されます。 現在選択されている項目がある場合、ItemEventがトリガーされ、状態がItemEvent.DESELECTEDに変更されます。 anObjectがリストにあり、現在選択されていない場合は、ItemEventがトリガーされ、状態はItemEvent.SELECTEDに変更されます。

        コンボボックスに追加されたActionListenerは、このメソッドが呼び出されるときにActionEventで通知されます。

        パラメータ:
        anObject - 選択するリスト・オブジェクト。選択をクリアする場合はnullを指定
      • getSelectedItem

        public Object getSelectedItem()
        現在選択されている項目を返します。

        コンボボックスが編集可能な場合、この値はaddIteminsertItemAt、またはデータ・コンストラクタではコンボボックスに追加されません。

        戻り値:
        現在選択されているオブジェクト
        関連項目:
        setSelectedItem(java.lang.Object)
      • setSelectedIndex

        @BeanProperty(bound=false,
                      preferred=true,
                      description="The item at index is selected.")
        public void setSelectedIndex​(int anIndex)
        インデックスanIndexにある項目を選択します。
        パラメータ:
        anIndex - 選択するリスト項目を指定する整数値。0はリスト内の最初の項目を指定、-1は選択なしを示す
        例外:
        IllegalArgumentException - anIndexが-1より小さい場合、またはanIndexがサイズに等しいかそれより大きい場合
      • getSelectedIndex

        public int getSelectedIndex()
        指定された項目に一致する、リスト内の最初の項目を返します。 JComboBoxがリストにない項目の選択を許可する場合、その結果が常に定義されるとはかぎりません。 項目が選択されていない場合、またはユーザーがリストにない項目を指定した場合は、-1が返されます。
        戻り値:
        現在選択されているリスト項目を指定する整数値。0はリスト内の最初の項目を示す。項目が選択されていない場合、または現在選択されている項目がリストにない場合は -1を返す
      • getPrototypeDisplayValue

        public E getPrototypeDisplayValue()
        表示高さと表示幅の計算に使用されるオブジェクトである「表示プロトタイプ」値を返します。
        戻り値:
        prototypeDisplayValueプロパティの値
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setPrototypeDisplayValue(E)
      • setPrototypeDisplayValue

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The display prototype value, used to compute display width and height.")
        public void setPrototypeDisplayValue​(E prototypeDisplayValue)
        UI部分の表示サイズ計算に使用される表示プロトタイプ値を設定します。

        表示プロトタイプ値が指定されると、その値を使用してレンダリングが設定され、コンボボックスの適切なサイズが計算されます。 コンボボックスに大量のデータが表示される場合は、適切な表示サイズ値の指定が有効になります。 表示プロトタイプ値が指定されていない場合、レンダリングでモデルごとに値を指定して適切なサイズを計算しなければならず、相対的に処理ステップが多くなります。

        パラメータ:
        prototypeDisplayValue - プロト型表示値
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getPrototypeDisplayValue()
      • addItem

        public void addItem​(E item)
        項目を項目リストに追加します。 このメソッドはJComboBoxが可変データ・モデルを使用する場合にだけ有効です。

        警告: Stringオブジェクトを重複して追加すると、フォーカスおよびキーボード・ナビゲーションの問題が発生する可能性があります。 回避策として、Stringオブジェクトの代わりに新しいオブジェクトを追加して、toString()メソッドを確実に定義します。 たとえば、

           comboBox.addItem(makeObj("Item 1"));
           comboBox.addItem(makeObj("Item 1"));
           ...
           private Object makeObj(final String item)  {
             return new Object() { public String toString() { return item; } };
           }
         

        パラメータ:
        item - リストに追加する項目
        関連項目:
        MutableComboBoxModel
      • insertItemAt

        public void insertItemAt​(E item,
                                 int index)
        項目を項目リストのインデックスで指定された位置に追加します。 このメソッドはJComboBoxが可変データ・モデルを使用する場合にだけ有効です。
        パラメータ:
        item - リストに追加する項目
        index - 項目を追加する位置を指定する整数
        関連項目:
        MutableComboBoxModel
      • removeItem

        public void removeItem​(Object anObject)
        項目を項目リストから削除します。 このメソッドはJComboBoxが可変データ・モデルを使用する場合にだけ有効です。
        パラメータ:
        anObject - 項目リストから削除するオブジェクト
        関連項目:
        MutableComboBoxModel
      • removeItemAt

        public void removeItemAt​(int anIndex)
        anIndex位置の項目を削除します。このメソッドはJComboBoxが可変データ・モデルを使用する場合だけ有効です。
        パラメータ:
        anIndex - 削除する項目のインデックスを指定する整数値。0はリスト内の最初の項目を示す
        関連項目:
        MutableComboBoxModel
      • removeAllItems

        public void removeAllItems()
        項目リストからすべての項目を削除します。
      • showPopup

        public void showPopup()
        コンボボックスにポップアップ・ウィンドウを表示させます。
        関連項目:
        setPopupVisible(boolean)
      • hidePopup

        public void hidePopup()
        コンボボックスにポップアップ・ウィンドウを閉じさせます。
        関連項目:
        setPopupVisible(boolean)
      • setPopupVisible

        public void setPopupVisible​(boolean v)
        ポップアップの可視性を設定します。
        パラメータ:
        v - trueがポップアップを表示する場合は、ポップアップを非表示にします。
      • isPopupVisible

        public boolean isPopupVisible()
        ポップアップの可視性を判定します。
        戻り値:
        ポップアップが可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • addItemListener

        public void addItemListener​(ItemListener aListener)
        ItemListenerを追加します。

        aListenerは選択した項目が変更されると1つまたは2つのItemEventを受信します。

        定義:
        addItemListener 、インタフェース: ItemSelectable
        パラメータ:
        aListener - 通知されるItemListener
        関連項目:
        setSelectedItem(java.lang.Object)
      • getItemListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public ItemListener[] getItemListeners()
        addItemListener()でこのJComboBoxに追加される、すべてのItemListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのItemListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • addActionListener

        public void addActionListener​(ActionListener l)
        ActionListenerを追加します。

        ActionListenerは選択が行われたときにActionEventを受信します。 コンボボックスが編集可能な場合は、編集が停止されるとActionEventがトリガーされます。

        パラメータ:
        l - 通知されるActionListener
        関連項目:
        setSelectedItem(java.lang.Object)
      • removeActionListener

        public void removeActionListener​(ActionListener l)
        ActionListenerを削除します。
        パラメータ:
        l - 削除するActionListener
      • getActionListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public ActionListener[] getActionListeners()
        addActionListener()を使用してこのJComboBoxに追加されたすべてのActionListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのActionListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • addPopupMenuListener

        public void addPopupMenuListener​(PopupMenuListener l)
        コンボボックスのポップアップから通知メッセージを受け取るPopupMenuリスナーを追加します。

        Javaのすべての標準ルック・アンド・フィールでは、コンボボックスのポップアップ・リスト部分はJPopupMenuとして実装されます。 カスタムルック・アンド・フィールでは実装形態が異なり、通知を受信しません。

        パラメータ:
        l - 追加するPopupMenuListener
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getPopupMenuListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public PopupMenuListener[] getPopupMenuListeners()
        addPopupMenuListener()でこのJComboBoxに追加される、すべてのPopupMenuListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのPopupMenuListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • firePopupMenuWillBecomeVisible

        public void firePopupMenuWillBecomeVisible()
        コンボボックスのポップアップ部分が可視状態になったことをPopupMenuListenerに通知します。

        このメソッドはpublicですがUI委譲以外からは呼び出さないでください。

        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        addPopupMenuListener(javax.swing.event.PopupMenuListener)
      • firePopupMenuWillBecomeInvisible

        public void firePopupMenuWillBecomeInvisible()
        コンボボックスのポップアップ部分が不可視状態になったことをPopupMenuListenerに通知します。

        このメソッドはpublicですがUI委譲以外からは呼び出さないでください。

        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        addPopupMenuListener(javax.swing.event.PopupMenuListener)
      • firePopupMenuCanceled

        public void firePopupMenuCanceled()
        コンボボックスのポップアップ部分が取り消されたことをPopupMenuListenerに通知します。

        このメソッドはpublicですがUI委譲以外からは呼び出さないでください。

        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        addPopupMenuListener(javax.swing.event.PopupMenuListener)
      • setActionCommand

        public void setActionCommand​(String aCommand)
        アクション・リスナーに送られるイベントに含まれなければならないアクション・コマンドを設定します。
        パラメータ:
        aCommand - アクション・リスナーに送られる「コマンド」を含む文字列。受信するコマンドに応じて、同じリスナーが異なる処理を実行できる
      • getActionCommand

        public String getActionCommand()
        アクション・リスナーに送られるイベントに含まれているアクション・コマンドを返します。
        戻り値:
        アクション・リスナーに送られる「コマンド」を含む文字列。
      • setAction

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="the Action instance connected with this ActionEvent source")
        public void setAction​(Action a)
        このActionEventソースのActionを設定します。 新しいActionは設定済みのActionと置き換わりますが、ActionListenersで独立して追加されたaddActionListenerには影響しません。 ActionがすでにActionEventソースにすでに登録されているActionListenerである場合は、再登録されません。

        Actionを設定すると、「ActionをサポートするSwingコンポーネント」で説明されているすべてのプロパティがすぐに変更されます。 続いて、Actionのプロパティの変更に合わせて、コンボボックスのプロパティが自動的に更新されます。

        このメソッドは、Actionのプロパティ値を設定し、追跡するために、ほかの3つのメソッドを使用します。 コンボボックスのプロパティをただちに変更するためには、configurePropertiesFromActionメソッドを使用します。 Actionのプロパティ値の変更を追跡するために、このメソッドはcreateActionPropertyChangeListenerから返されるPropertyChangeListenerを登録します。 デフォルトのPropertyChangeListenerは、Actionのプロパティに変更があると、actionPropertyChangedメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        a - JComboBoxAction、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, getAction(), configurePropertiesFromAction(javax.swing.Action), createActionPropertyChangeListener(javax.swing.Action), actionPropertyChanged(javax.swing.Action, java.lang.String)
      • getAction

        public Action getAction()
        このActionEventソースに現在設定されているActionを返します。Actionが設定されていない場合は、nullを返します。
        戻り値:
        このActionEventソースのAction、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, setAction(javax.swing.Action)
      • configurePropertiesFromAction

        protected void configurePropertiesFromAction​(Action a)
        指定されたActionのプロパティに一致するように、このコンボボックスにプロパティを設定します。 これによって設定されるプロパティの詳細は、「ActionをサポートするSwingコンポーネント」を参照してください。
        パラメータ:
        a - プロパティを取得するAction、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, setAction(javax.swing.Action)
      • createActionPropertyChangeListener

        protected PropertyChangeListener createActionPropertyChangeListener​(Action a)
        指定されたActionからの変更を待機し、適切なプロパティを更新する役割を担うPropertyChangeListenerを作成して、返します。

        警告: これをサブクラス化する場合、匿名の内部クラスは作成しないでください。 作成すると、コンボボックスの寿命がActionの寿命に拘束されます。

        パラメータ:
        a - コンボボックスのアクション
        戻り値:
        PropertyChangeListener
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, setAction(javax.swing.Action)
      • actionPropertyChanged

        protected void actionPropertyChanged​(Action action,
                                             String propertyName)
        関連アクションのプロパティの変更に応じてコンボボックスの状態を更新します。 このメソッドは、createActionPropertyChangeListenerから返されるPropertyChangeListenerから呼び出されます。 サブクラスは、通常、これを呼び出す必要はありません。 追加のActionプロパティをサポートするサブクラスは、これとconfigurePropertiesFromActionをオーバーライドする必要があります。

        このメソッドによって設定されるプロパティのリストは、「ActionをサポートするSwingコンポーネント」の表を参照してください。

        パラメータ:
        action - このコンボボックスに関連付けられたAction
        propertyName - 変更されたプロパティの名前
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Action, configurePropertiesFromAction(javax.swing.Action)
      • fireItemStateChanged

        protected void fireItemStateChanged​(ItemEvent e)
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。
        パラメータ:
        e - 対象のイベント
        関連項目:
        EventListenerList
      • fireActionEvent

        protected void fireActionEvent()
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。
        関連項目:
        EventListenerList
      • selectedItemChanged

        protected void selectedItemChanged()
        このprotectedメソッドは実装固有のものです。 直接のアクセスやオーバーライドはしないでください。
      • getSelectedObjects

        @BeanProperty(bound=false)
        public Object[] getSelectedObjects()
        選択されている項目を含む配列を返します。 このメソッドは、ItemSelectableとの互換性のために実装されます。
        定義:
        getSelectedObjects 、インタフェース: ItemSelectable
        戻り値:
        1つの要素(選択されている項目)を含むObjectsの配列
      • actionPerformed

        public void actionPerformed​(ActionEvent e)
        このメソッドはpublicになっていますが、これは実装の副作用によるものです。呼び出したり、オーバーライドしたりしないでください。
        定義:
        actionPerformed、インタフェース: ActionListener
        パラメータ:
        e - 処理されるイベント
      • contentsChanged

        public void contentsChanged​(ListDataEvent e)
        このメソッドはpublicになっていますが、これは実装の副作用によるものです。呼び出したり、オーバーライドしたりしないでください。
        定義:
        contentsChanged、インタフェース: ListDataListener
        パラメータ:
        e - イベント情報をカプセル化するListDataEvent
      • intervalAdded

        public void intervalAdded​(ListDataEvent e)
        このメソッドはpublicになっていますが、これは実装の副作用によるものです。呼び出したり、オーバーライドしたりしないでください。
        定義:
        intervalAdded、インタフェース: ListDataListener
        パラメータ:
        e - イベント情報をカプセル化するListDataEvent
      • intervalRemoved

        public void intervalRemoved​(ListDataEvent e)
        このメソッドはpublicになっていますが、これは実装の副作用によるものです。呼び出したり、オーバーライドしたりしないでください。
        定義:
        intervalRemoved、インタフェース: ListDataListener
        パラメータ:
        e - イベント情報をカプセル化するListDataEvent
      • selectWithKeyChar

        public boolean selectWithKeyChar​(char keyChar)
        指定されたキーボードの文字に対応するリスト項目を選択し、その文字に対応する項目がある場合にtrueを返します。 そうでない場合はfalseが返されます。
        パラメータ:
        keyChar - 文字。通常はユーザーが押したキーボードのキー
        戻り値:
        その文字に対応するアイテムがある場合はtrue それ以外の場合はfalseを戻します。
      • setEnabled

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The enabled state of the component.")
        public void setEnabled​(boolean b)
        項目を選択できるようにコンボボックスを有効にします。 コンボボックスが無効の場合は項目を選択できず、値をフィールドに入力できません(編集可能な場合)。
        オーバーライド:
        setEnabled 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        b - boolean値。trueの場合はコンポーネントは使用可能で、falseの場合は使用不可
        関連項目:
        Component.isEnabled(), Component.isLightweight()
      • configureEditor

        public void configureEditor​(ComboBoxEditor anEditor,
                                    Object anItem)
        指定された項目でエディタを初期化します。
        パラメータ:
        anEditor - コンボボックスのフィールドにリスト項目を表示し、その編集を可能にするComboBoxEditor
        anItem - フィールドで表示および編集を行うオブジェクト
      • setKeySelectionManager

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="The objects that changes the selection when a key is pressed.")
        public void setKeySelectionManager​(JComboBox.KeySelectionManager aManager)
        キーボードの文字をリストの選択に変換するオブジェクトを設定します。 通常、最初の文字が一致するものの内で最初に選択されたものが選択された項目になります。
        パラメータ:
        aManager - キー選択マネージャ
      • getKeySelectionManager

        public JComboBox.KeySelectionManager getKeySelectionManager()
        リストのキー選択マネージャを返します。
        戻り値:
        現在使用されているKeySelectionManager
      • getItemCount

        @BeanProperty(bound=false)
        public int getItemCount()
        リスト内の項目の数を返します。
        戻り値:
        リスト内の項目数を示す整数値
      • getItemAt

        public E getItemAt​(int index)
        指定されたインデックスのリスト項目を返します。 indexが範囲外の場合、つまりゼロよりも小さいか、サイズ以上の場合は、nullを返します。
        パラメータ:
        index - リスト位置を示す整数値。最初の項目はゼロで始まる
        戻り値:
        そのリスト位置の項目。範囲外の場合はnull
      • paramString

        protected String paramString()
        このJComboBoxの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJComboBoxの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJComboBoxに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 コンボボックスの場合、AccessibleContextはAccessibleJComboBoxの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJComboBoxインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJComboBoxのAccessibleContextとして機能するAccessibleJComboBox