モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.event

クラスItemEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class ItemEvent
    extends AWTEvent
    項目が選択または選択解除されたことを示すセマンティック・イベントです。 この高レベル・イベントは、ユーザーによって項目が選択または選択解除されたときに、ItemSelectableオブジェクト(Listなど)によって生成されます。 イベントは、そのコンポーネントのaddItemListenerメソッドを使って、これらのイベントを受け取るように登録されているすべてのItemListenerオブジェクトに渡されます。

    ItemListenerインタフェースを実装するオブジェクトは、イベントが発生したときにこのItemEventを取得します。 リスナーは、個々のマウス移動やマウス・クリックを個別に処理することなく、「項目が選択された」や「項目が選択解除された」などの「意味のある(セマンティック)」イベントを処理できます。

    特定のItemEventインスタンスのidパラメータがITEM_FIRSTからITEM_LASTまでの範囲にない場合に、未指定の動作が発生します。

    ItemEventインスタンスのstateChangeは次のいずれかの値をとります。

    • ItemEvent.SELECTED
    • ItemEvent.DESELECTED
    上記以外の値を割り当てると、未指定の動作が発生します。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    ItemSelectable, ItemListener, Tutorial: Writing an Item Listener, 直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • ITEM_FIRST

        public static final int ITEM_FIRST
        項目イベントに使用されるIDの範囲内の最初の番号です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ITEM_LAST

        public static final int ITEM_LAST
        項目イベントに使用されるIDの範囲内の最後の番号です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ITEM_STATE_CHANGED

        public static final int ITEM_STATE_CHANGED
        このイベントIDは、項目の状態が変更されたことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SELECTED

        public static final int SELECTED
        この状態変更値は、項目が選択されたことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DESELECTED

        public static final int DESELECTED
        この状態変更値は、選択された項目が選択解除されたことを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • ItemEvent

        public ItemEvent​(ItemSelectable source,
                         int id,
                         Object item,
                         int stateChange)
        ItemEventオブジェクトを構築します。

        このメソッドはsourcenullの場合にIllegalArgumentExceptionをスローします。

        パラメータ:
        source - イベントを発生させたItemSelectableオブジェクト
        id - イベント・タイプを識別する整数。 許容される値については、ItemEventのクラスの説明を参照してください。
        item - オブジェクト -- イベントによって影響を受けた項目
        stateChange - 項目が選択されたのか選択解除されたのかを示す整数 許容される値については、ItemEventのクラスの説明を参照してください。
        例外:
        IllegalArgumentException - sourceがnullである場合
        関連項目:
        getItemSelectable(), AWTEvent.getID(), getStateChange()
    • メソッドの詳細

      • getItemSelectable

        public ItemSelectable getItemSelectable()
        イベントの発生元を返します。
        戻り値:
        イベントを発生させたItemSelectableオブジェクト
      • getItem

        public Object getItem()
        イベントによって影響を受けた項目を返します。
        戻り値:
        イベントによって影響を受けた項目(オブジェクト)
      • getStateChange

        public int getStateChange()
        状態変更のタイプ(選択または選択解除)を返します。
        戻り値:
        項目が選択されたのか選択解除されたのかを示す整数
        関連項目:
        SELECTED, DESELECTED
      • paramString

        public String paramString()
        この項目イベントを特定するパラメータ文字列を返します。 このメソッドは、イベント・ログの作成およびデバッグに便利です。
        Overrides:
        paramString、クラス: AWTEvent
        戻り値:
        イベントを特定する文字列とその属性