モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.event

インタフェースListDataListener

    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void contentsChanged​(ListDataEvent e)
      リストの内容が、前述のメソッドを使って表すことができないような複雑な方法で変更されたときに送信されます。
      void intervalAdded​(ListDataEvent e)
      index0、index1の区間にあるインデックスがデータ・モデルに挿入されたあとで送信されます。
      void intervalRemoved​(ListDataEvent e)
      index0、index1の区間にあるインデックスがデータ・モデルから削除されたあとで送信されます。
    • メソッドの詳細

      • intervalAdded

        void intervalAdded​(ListDataEvent e)
        index0、index1の区間にあるインデックスがデータ・モデルに挿入されたあとで送信されます。 新しい区間にはindex0とindex1の両方が含まれます。
        パラメータ:
        e - イベント情報をカプセル化するListDataEvent
      • intervalRemoved

        void intervalRemoved​(ListDataEvent e)
        index0、index1の区間にあるインデックスがデータ・モデルから削除されたあとで送信されます。 区間にはindex0とindex1の両方が含まれます。
        パラメータ:
        e - イベント情報をカプセル化するListDataEvent
      • contentsChanged

        void contentsChanged​(ListDataEvent e)
        リストの内容が、前述のメソッドを使って表すことができないような複雑な方法で変更されたときに送信されます。 たとえば、項目が置換されたときに送信されます。 Index0とindex1の間で変更されます。
        パラメータ:
        e - イベント情報をカプセル化するListDataEvent