モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスVector<E>

  • 型パラメータ:
    E - 構成要素の型
    すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable, Iterable<E>, Collection<E>, List<E>, RandomAccess
    直系の既知のサブクラス:
    Stack

    public class Vector<E>
    extends AbstractList<E>
    implements List<E>, RandomAccess, Cloneable, Serializable
    Vectorクラスは、オブジェクトの可変長配列を実装します。 ここには配列と同じように、整数インデックスを使ってアクセスできる要素が格納されています。 しかし、Vectorのサイズは、Vectorの作成後に追加および削除された項目を格納できるように必要に応じて増やしたり減らしたりすることができます。

    各ベクトルは、capacitycapacityIncrementを維持することによって記憶領域の管理を最適化しようとします。 capacityは常にベクトルのサイズ以上であり、通常はより大きくなります。これは、ベクトルにコンポーネントが追加されるとき、ベクトルの記憶領域はcapacityIncrementずつかたまりで増やされるからです。 多くの要素を挿入する前にアプリケーションで容量を必要な値に設定しておけば、メモリーの再配分の回数を減らすことができます。

    このクラスのiteratorおよびlistIteratorメソッドによって返されるイテレータは、フェイルファストです。イテレータの作成後に、イテレータ自体のremoveまたはaddメソッド以外の方法でベクトルが構造的に変更されると、イテレータはConcurrentModificationExceptionをスローします。 このように、並行して変更が行われると、イテレータは、将来の予測できない時点において予測できない動作が発生する危険を回避するために、ただちにかつ手際よく例外をスローします。 elementsメソッドによって返されたEnumerationsは、高速ではありません。列挙型が作成された後でVectorが構造的に変更された場合、列挙型の結果は未定義です。

    通常、非同期の並行変更がある場合、確かな保証を行うことは不可能なので、イテレータのフェイルファストの動作を保証することはできません。 フェイルファスト・イテレータは、ベスト・エフォート・ベースでConcurrentModificationExceptionをスローします。 したがって、正確を期すためにこの例外に依存するプログラムを書くことは誤りです。イテレータのフェイルファストの動作はバグを検出するためにのみ使用すべきです。

    このクラスは、Java 2プラットフォームv1.2の時点でListインタフェースを実装するように改良された結果、Java Collections Frameworkのメンバーとなりました。 新しいコレクションの実装とは異なり、Vectorは同期をとります。 スレッドセーフな実装が必要ない場合は、Vectorの代わりにArrayListを使用することをお薦めします。

    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    Collection, LinkedList, 直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected int capacityIncrement
      VectorのサイズがVectorの容量を超えるときに自動的に増やされる量です。
      protected int elementCount
      このVectorオブジェクト内の有効なコンポーネントの数です。
      protected Object[] elementData
      Vectorの要素が格納される配列バッファです。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Vector()
      空のベクトルを作成し、その内部データ配列のサイズが10で、その標準的な増分がゼロであるようにします。
      Vector​(int initialCapacity)
      指定された初期容量、および増加量がゼロである、空のベクトルを作成します。
      Vector​(int initialCapacity, int capacityIncrement)
      指定された容量と増加量で空のベクトルを作成します。
      Vector​(Collection<? extends E> c)
      指定されたコレクションのイテレータが返した順序で、その要素を格納するVectorを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void add​(int index, E element)
      Vector内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
      boolean add​(E e)
      Vectorの末尾に指定の要素を追加します。
      boolean addAll​(int index, Collection<? extends E> c)
      指定されたCollection内のすべての要素を、Vectorの指定された位置に挿入します。
      boolean addAll​(Collection<? extends E> c)
      指定されたCollection内のすべての要素をこのVectorの末尾に、そのCollectionのIteratorによって返される順序で追加します。
      void addElement​(E obj)
      指定された要素をVectorの最後に追加し、サイズを1増やします。
      int capacity()
      Vectorの現在の容量を返します。
      void clear()
      すべての要素をVectorから削除します。
      Object clone()
      Vectorをコピーします。
      boolean contains​(Object o)
      指定された要素がこのベクトルに含まれている場合にtrueを返します。
      boolean containsAll​(Collection<?> c)
      Vectorが指定のCollection内のすべての要素を保持する場合にtrueを返します。
      void copyInto​(Object[] anArray)
      Vectorの要素を、指定された配列にコピーします。
      E elementAt​(int index)
      指定されたインデックスの要素を返します。
      Enumeration<E> elements()
      このVectorの要素を列挙したリストを返します。
      void ensureCapacity​(int minCapacity)
      Vectorの収容量を必要に応じて増やして、少なくとも最小収容量の引数で指定される要素数を保持できることを保証します。
      boolean equals​(Object o)
      指定されたObjectがVectorと等しいかどうかを比較します。
      E firstElement()
      このベクトルの最初のコンポーネント(インデックス0にある項目)を返します。
      void forEach​(Consumer<? super E> action)
      Iterableの各要素に対して指定されたアクションを、すべての要素が処理されるか、アクションが例外をスローするまで実行します。
      E get​(int index)
      Vector内の指定された位置にある要素を返します。
      int hashCode()
      Vectorのハッシュ・コード値を返します。
      int indexOf​(Object o)
      指定された要素がベクトル内で最初に検出された位置のインデックスを返します。指定された要素がベクトルにない場合は -1を返します。
      int indexOf​(Object o, int index)
      指定された要素をこのベクトル内でindexから順方向に検索して、最初に検出された位置のインデックスを返します。要素が見つからない場合は -1を返します。
      void insertElementAt​(E obj, int index)
      指定されたオブジェクトを、このベクトル内の指定されたindexの位置にコンポーネントとして挿入します。
      boolean isEmpty()
      Vectorが要素を持たないかどうかを判定します。
      Iterator<E> iterator()
      このリスト内の要素を適切な順序で反復するイテレータを返します。
      E lastElement()
      Vectorの最後の要素を返します。
      int lastIndexOf​(Object o)
      指定された要素がベクトル内で最後に検出された位置のインデックスを返します。指定された要素がベクトルにない場合は -1を返します。
      int lastIndexOf​(Object o, int index)
      指定された要素をこのベクトル内でindexから逆方向に検索して、最後に検出された位置のインデックスを返します。要素が見つからない場合は -1を返します。
      ListIterator<E> listIterator()
      このリスト内の要素を(適切な順序で)反復するリスト・イテレータを返します。
      ListIterator<E> listIterator​(int index)
      リスト内の指定された位置で始まる、リスト内の要素を(適切な順序で)反復するリスト・イテレータを返します。
      E remove​(int index)
      ベクトルの指定された位置にある要素を削除します。
      boolean remove​(Object o)
      Vector内で最初に検出された指定された要素を削除します。
      boolean removeAll​(Collection<?> c)
      Vectorから、指定されたCollection内に保持されているすべての要素を削除します。
      void removeAllElements()
      Vectorからすべての要素を削除し、サイズを0に設定します。
      boolean removeElement​(Object obj)
      最初に検出された(最小インデックスの)引数の要素をVectorから削除します。
      void removeElementAt​(int index)
      指定されたインデックスのコンポーネントを削除します。
      boolean removeIf​(Predicate<? super E> filter)
      指定された述語を満たすこのコレクションの要素をすべて削除します。
      protected void removeRange​(int fromIndex, int toIndex)
      fromIndex (これを含む)からtoIndex (これを含まない)の範囲のインデックスを持つすべての要素をこのリストから削除します。
      void replaceAll​(UnaryOperator<E> operator)
      このリストの各要素を、その要素に演算子を適用した結果で置換します。
      boolean retainAll​(Collection<?> c)
      指定されたCollection内に保持されている、Vector内の要素だけを保持します。
      E set​(int index, E element)
      Vector内の指定された位置にある要素を、指定の要素で置き換えます。
      void setElementAt​(E obj, int index)
      このベクトルの指定されたindexにあるコンポーネントが指定されたオブジェクトになるように設定します。
      void setSize​(int newSize)
      Vectorのサイズを設定します。
      int size()
      Vectorの要素数を返します。
      Spliterator<E> spliterator()
      このリスト内の要素に対する遅延バインディングおよびフェイルファスト Spliteratorを作成します。
      List<E> subList​(int fromIndex, int toIndex)
      このListの、fromIndex (これを含む)とtoIndex (これを含まない)の間の部分のビューを返します。
      Object[] toArray()
      Vector内のすべての要素を正しい順序で保持する配列を返します。
      <T> T[] toArray​(T[] a)
      Vector内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。返される配列の実行時の型は指定された配列の型になります。
      String toString()
      各要素のString表現を保持している、Vectorの文字列表現を返します。
      void trimToSize()
      Vectorの容量を、現在の容量にまで減らします。
      • インタフェース java.util.Listで宣言されたメソッド

        sort
    • フィールドの詳細

      • elementData

        protected Object[] elementData
        Vectorの要素が格納される配列バッファです。 Vectorの容量はこの配列バッファの長さで、少なくともVectorのすべての要素を格納するのに十分な大きさが必要です。

        Vector内の最後の要素の後に来る配列要素はnullです。

      • elementCount

        protected int elementCount
        このVectorオブジェクト内の有効なコンポーネントの数です。 elementData[0]からelementData[elementCount-1]までの要素が実際の項目となります。
      • capacityIncrement

        protected int capacityIncrement
        VectorのサイズがVectorの容量を超えるときに自動的に増やされる量です。 容量の増加量がゼロ以下の場合、拡大の必要があるたびにVectorの容量は倍になります。
    • コンストラクタの詳細

      • Vector

        public Vector​(int initialCapacity,
                      int capacityIncrement)
        指定された容量と増加量で空のベクトルを作成します。
        パラメータ:
        initialCapacity - ベクトルの初期容量
        capacityIncrement - ベクトルがオーバーフローした際の容量の増加量
        例外:
        IllegalArgumentException - 指定された初期容量が負の場合
      • Vector

        public Vector​(int initialCapacity)
        指定された初期容量、および増加量がゼロである、空のベクトルを作成します。
        パラメータ:
        initialCapacity - ベクトルの初期容量
        例外:
        IllegalArgumentException - 指定された初期容量が負の場合
      • Vector

        public Vector()
        空のベクトルを作成し、その内部データ配列のサイズが10で、その標準的な増分がゼロであるようにします。
      • Vector

        public Vector​(Collection<? extends E> c)
        指定されたコレクションのイテレータが返した順序で、その要素を格納するVectorを作成します。
        パラメータ:
        c - 要素がこのベクトルに配置されるコレクション
        例外:
        NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.2
    • メソッドの詳細

      • copyInto

        public void copyInto​(Object[] anArray)
        Vectorの要素を、指定された配列にコピーします。 このベクトル内のインデックスkの項目が、anArrayのコンポーネントkにコピーされます。
        パラメータ:
        anArray - コピーしたコンポーネントをコピーする配列
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        IndexOutOfBoundsException - 指定された配列が小さすぎて、このベクトルのすべてのコンポーネントを格納できない場合
        ArrayStoreException - このベクトルのあるコンポーネントが、指定された配列に格納できる実行時の型ではない場合
        関連項目:
        toArray(Object[])
      • trimToSize

        public void trimToSize()
        Vectorの容量を、現在の容量にまで減らします。 このベクトルの容量が現在のサイズよりも大きい場合、elementDataフィールドに保持されているその内部データ配列を小さいものに置き換えることで、容量を現在のサイズに等しくなるように変更します。 アプリケーションでこの操作を行うとVectorのメモリー使用量を最小にできます。
      • ensureCapacity

        public void ensureCapacity​(int minCapacity)
        Vectorの収容量を必要に応じて増やして、少なくとも最小収容量の引数で指定される要素数を保持できることを保証します。

        このベクトルの現在の容量がminCapacityよりも小さい場合、elementDataフィールドに保持されているその内部データ配列を大きいものに置き換えることで、容量を増やします。 新しいデータ配列のサイズは、capacityIncrementがゼロ以下でないかぎり、元のサイズにその値を加えたものになります。capacityIncrementがゼロ以下の場合は新しい容量は元の容量の2倍になります。新しいサイズがまだminCapacityよりも小さい場合には、新しい容量はminCapacityになります。

        パラメータ:
        minCapacity - 目的の最小容量
      • setSize

        public void setSize​(int newSize)
        Vectorのサイズを設定します。 新しいサイズが現在のサイズより大きい場合は、新しいnull項目がベクトルの最後に追加されます。 新しいサイズが現在のサイズより小さい場合、インデックスnewSize以降のすべてのコンポーネントが破棄されます。
        パラメータ:
        newSize - このベクトルの新しいサイズ
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 新しいサイズが負の値の場合
      • capacity

        public int capacity()
        Vectorの現在の容量を返します。
        戻り値:
        現在の容量(このベクトルのelementDataフィールドに保持されている、その内部データ配列の長さ)
      • size

        public int size()
        Vectorの要素数を返します。
        定義:
        size、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        size、インタフェース: List<E>
        戻り値:
        Vectorの要素数
      • isEmpty

        public boolean isEmpty()
        Vectorが要素を持たないかどうかを判定します。
        定義:
        isEmpty、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        isEmpty、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        isEmpty、クラス: AbstractCollection<E>
        戻り値:
        このベクトルがコンポーネントを持っていない場合、つまりサイズがゼロの場合にかぎりtrue、そうでない場合はfalse
      • elements

        public Enumeration<E> elements()
        このVectorの要素を列挙したリストを返します。 返されるEnumerationオブジェクトは、このベクトルのすべての項目を生成します。 最初に生成される項目はインデックス0の項目、次に生成される項目はインデックス1の項目、といった具合になります。 要素上で列挙しながらベクトルが構造的に変更された場合、列挙型の結果は未定義です。
        戻り値:
        Vectorの要素のリスト
        関連項目:
        Iterator
      • contains

        public boolean contains​(Object o)
        指定された要素がこのベクトルに含まれている場合にtrueを返します。 より正式には、このベクトルがObjects.equals(o, e)のような少なくとも1つの要素eを含む場合に限り、trueを返します。
        定義:
        contains、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        contains、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        contains、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        o - このベクトル内にあるかどうかが判定される要素
        戻り値:
        指定された要素がこのベクトルに含まれている場合はtrue
      • indexOf

        public int indexOf​(Object o)
        指定された要素がベクトル内で最初に検出された位置のインデックスを返します。指定された要素がベクトルにない場合は -1を返します。 より正式には、Objects.equals(o, get(i))のような最も低いインデックスi、またはそのようなインデックスがない場合は -1を返します。
        定義:
        indexOf、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        indexOf、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        o - 検索する要素
        戻り値:
        指定された要素がベクトル内で最初に検出された位置のインデックス。指定された要素がベクトルにない場合は -1
      • indexOf

        public int indexOf​(Object o,
                           int index)
        指定された要素をこのベクトル内でindexから順方向に検索して、最初に検出された位置のインデックスを返します。要素が見つからない場合は -1を返します。 より正式には、(i >= index && Objects.equals(o, get(i)))のような最も低いインデックスi、またはそのようなインデックスがない場合は -1を返します。
        パラメータ:
        o - 検索する要素
        index - 検索開始位置のインデックス
        戻り値:
        このベクトル内のindex以降の位置で、要素が最初に現れる位置のインデックス。要素が見つからない場合は-1
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - 指定されたインデックスが負の値の場合
        関連項目:
        Object.equals(Object)
      • lastIndexOf

        public int lastIndexOf​(Object o)
        指定された要素がベクトル内で最後に検出された位置のインデックスを返します。指定された要素がベクトルにない場合は -1を返します。 より正式には、Objects.equals(o, get(i))のような最高のインデックスi、またはそのようなインデックスがない場合は -1を返します。
        定義:
        lastIndexOf、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        lastIndexOf、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        o - 検索する要素
        戻り値:
        指定された要素がベクトル内で最後に検出された位置のインデックス。指定された要素がベクトルにない場合は -1
      • lastIndexOf

        public int lastIndexOf​(Object o,
                               int index)
        指定された要素をこのベクトル内でindexから逆方向に検索して、最後に検出された位置のインデックスを返します。要素が見つからない場合は -1を返します。 より正式には、(i <= index && Objects.equals(o, get(i)))のような最高のインデックスi、またはそのようなインデックスがない場合は -1を返します。
        パラメータ:
        o - 検索する要素
        index - 逆方向の検索開始位置のインデックス
        戻り値:
        このベクトル内のindex以前の位置で、要素が最後に現れる位置のインデックス。要素が見つからない場合は -1。
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - 指定されたインデックスが、このベクトルの現在のサイズ以上である場合
      • elementAt

        public E elementAt​(int index)
        指定されたインデックスの要素を返します。

        このメソッドは機能的にget(int)メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。

        パラメータ:
        index - このベクトルのインデックス
        戻り値:
        指定されたインデックスのコンポーネント
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index>= size())
      • firstElement

        public E firstElement()
        このベクトルの最初のコンポーネント(インデックス0にある項目)を返します。
        戻り値:
        Vectorの最初の要素
        例外:
        NoSuchElementException - このベクトルがコンポーネントを持たない場合
      • lastElement

        public E lastElement()
        Vectorの最後の要素を返します。
        戻り値:
        ベクトルの最後のコンポーネント、すなわちインデックスsize() - 1のコンポーネント
        例外:
        NoSuchElementException - このベクトルが空の場合
      • setElementAt

        public void setElementAt​(E obj,
                                 int index)
        このベクトルの指定されたindexにあるコンポーネントが指定されたオブジェクトになるように設定します。 そのインデックスにあった要素は破棄されます。

        インデックスの値は、0以上で、ベクトルの現在のサイズよりも小さくする必要があります。

        このメソッドは機能的にset(int, E)メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。 配列の使い方により適した形にするためにsetメソッドがパラメータの順序を逆にすることに注意してください。 また、setメソッドが指定された位置に格納されていた古い値を返すことにも注意してください。

        パラメータ:
        obj - コンポーネントに設定されるオブジェクト
        index - 指定するインデックス
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index>= size())
      • removeElementAt

        public void removeElementAt​(int index)
        指定されたインデックスのコンポーネントを削除します。 このベクトル内にある各コンポーネントのうち、指定されたindexと等しいか、それより大きいインデックスを持つものはすべて前方に移動し、そのインデックスの値は以前より1つ小さい値になります。 このベクトルのサイズは1だけ減らされます。

        インデックスの値は、0以上で、ベクトルの現在のサイズよりも小さくする必要があります。

        このメソッドは機能的にremove(int)メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。 removeメソッドが指定された位置に格納されていた古い値を返すことに注意してください。

        パラメータ:
        index - 削除されるオブジェクトのインデックス
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index>= size())
      • insertElementAt

        public void insertElementAt​(E obj,
                                    int index)
        指定されたオブジェクトを、このベクトル内の指定されたindexの位置にコンポーネントとして挿入します。 このベクトル内にある各コンポーネントのうち、指定されたindexと等しいか、それより大きいインデックスを持つものはすべて後方に移動し、そのインデックスの値は以前より1つ大きい値になります。

        インデックスの値は、0以上で、ベクトルの現在のサイズ以下にする必要があります。 インデックスがVectorの現在のサイズに等しい場合、新しい要素はVectorの末尾に追加されます。

        このメソッドは機能的にadd(int, E)メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。 配列の使い方により適した形にするためにaddメソッドがパラメータの順序を逆にすることに注意してください。

        パラメータ:
        obj - 挿入されるコンポーネント
        index - 新しいコンポーネントを挿入する位置
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index> size())
      • addElement

        public void addElement​(E obj)
        指定された要素をVectorの最後に追加し、サイズを1増やします。 サイズがVectorの容量より大きくなるときは容量が増やされます。

        このメソッドは機能的にadd(E)メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。

        パラメータ:
        obj - 追加されるコンポーネント
      • removeElement

        public boolean removeElement​(Object obj)
        最初に検出された(最小インデックスの)引数の要素をVectorから削除します。 オブジェクトが検出されると、そのオブジェクトのインデックスと同じかそれより大きいインデックスの要素はすべて1つ前方のインデックスに詰められます。

        このメソッドは機能的にremove(Object)メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。

        パラメータ:
        obj - 削除されるコンポーネント
        戻り値:
        引数がこのベクトルのコンポーネントであった場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • removeAllElements

        public void removeAllElements()
        Vectorからすべての要素を削除し、サイズを0に設定します。

        このメソッドは機能的にclear()メソッド(Listインタフェースの一部)と同じです。

      • clone

        public Object clone()
        Vectorをコピーします。 コピーは内部データ配列の複製への参照を保持するのであって、このVectorオブジェクトの元の内部データ配列への参照を保持するわけではありません。
        Overrides:
        clone、クラス: Object
        戻り値:
        このVectorの複製
        関連項目:
        Cloneable
      • toArray

        public <T> T[] toArray​(T[] a)
        Vector内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。返される配列の実行時の型は指定された配列の型になります。 指定された配列にVectorが収まる場合は、その配列に返されます。 それ以外の場合は、指定された配列の実行時の型とVectorのサイズを使って新しい配列が割り当てられます。

        Vectorが指定された配列に余裕をもって収まる場合、つまり配列がVectorよりも要素を数多く持つ場合、Vectorの末尾の直後に来る配列内の要素はnullに設定されます。 このベクトルにnull要素がないことを呼出し側が知っている場合にのみ、この特性を利用してベクトルの長さを判断できます。

        定義:
        toArray、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        toArray、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        toArray、クラス: AbstractCollection<E>
        型パラメータ:
        T - 配列要素の型。 <E>と同じ型または<E>のスーパー型です。
        パラメータ:
        a - このベクトルの要素の格納先の配列。配列のサイズが十分でない場合は、同じ実行時の型で新しい配列が格納用として割り当てられる
        戻り値:
        Vectorの要素が格納されている配列
        例外:
        ArrayStoreException - <T>の実行時の型が、このVectorの各要素の実行時型のスーパー型でない場合(<E>)
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • get

        public E get​(int index)
        Vector内の指定された位置にある要素を返します。
        定義:
        get、インタフェース: List<E>
        定義:
        get、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        index - 返される要素のインデックス
        戻り値:
        指定されたインデックスにあるオブジェクト
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index>= size())
        導入されたバージョン:
        1.2
      • set

        public E set​(int index,
                     E element)
        Vector内の指定された位置にある要素を、指定の要素で置き換えます。
        定義:
        set、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        set、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        index - 置換される要素のインデックス
        element - 指定された位置に格納される要素
        戻り値:
        指定された位置に以前あった要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index>= size())
        導入されたバージョン:
        1.2
      • add

        public boolean add​(E e)
        Vectorの末尾に指定の要素を追加します。
        定義:
        add、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        add、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        add、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        e - このベクトルに追加される要素
        戻り値:
        true (Collection.add(E)で指定されているとおり)
        導入されたバージョン:
        1.2
      • remove

        public boolean remove​(Object o)
        Vector内で最初に検出された指定された要素を削除します。 より正式には、Objects.equals(o, get(i)) (そのような要素が存在する場合)のように、インデックスiが最も小さい要素を削除します。
        定義:
        remove、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        remove、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        remove、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        o - このベクトルから削除される要素(その要素が存在する場合)
        戻り値:
        指定された要素がVector内にあった場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.2
      • add

        public void add​(int index,
                        E element)
        Vector内の指定された位置に指定された要素を挿入します。 その位置の現在の要素(ある場合)とそれ以降の要素を右に移動します(インデックスに1を加算)。
        定義:
        add、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        add、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        index - 指定の要素が挿入される位置のインデックス
        element - 挿入される要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index> size())
        導入されたバージョン:
        1.2
      • remove

        public E remove​(int index)
        ベクトルの指定された位置にある要素を削除します。 後続の要素を左に移動します(インデックスから1を減算)。 Vectorから削除された要素を返します。
        定義:
        remove、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        remove、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        index - 削除される要素のインデックス
        戻り値:
        削除された要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index>= size())
        導入されたバージョン:
        1.2
      • clear

        public void clear()
        すべての要素をVectorから削除します。 この呼出しが返ると、それが例外をスローしないかぎり、Vectorは空になります。
        定義:
        clear、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        clear、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        clear、クラス: AbstractList<E>
        導入されたバージョン:
        1.2
      • containsAll

        public boolean containsAll​(Collection<?> c)
        Vectorが指定のCollection内のすべての要素を保持する場合にtrueを返します。
        定義:
        containsAll、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        containsAll、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        containsAll、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        c - 要素がこのVectorに含まれているかどうかを調べるコレクション
        戻り値:
        Vectorが指定されたコレクション内のすべての要素を保持する場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合
        関連項目:
        AbstractCollection.contains(Object)
      • addAll

        public boolean addAll​(Collection<? extends E> c)
        指定されたCollection内のすべての要素をこのVectorの末尾に、そのCollectionのIteratorによって返される順序で追加します。 オペレーションの進行中に指定されたCollectionが変更された場合の、このオペレーションの動作は定義されていません。 これは、そのCollectionがVectorである場合にこの呼出しの動作が定義されず、Vectorが空でないことを示します。
        定義:
        addAll、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        addAll、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        addAll、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        c - このベクトルに挿入される要素
        戻り値:
        このベクトルが呼出しの結果として変更された場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        AbstractCollection.add(Object)
      • retainAll

        public boolean retainAll​(Collection<?> c)
        指定されたCollection内に保持されている、Vector内の要素だけを保持します。 つまり、Vectorから、指定されたCollection内に保持されていないすべての要素を削除します。
        定義:
        retainAll、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        retainAll、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        retainAll、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        c - このVectorに保持される要素のコレクション(ほかのすべての要素は削除)
        戻り値:
        Vectorが呼出しの結果として変更された場合はtrue
        例外:
        ClassCastException - このベクトル内の1つ以上の要素の型が、指定されたコレクションと互換でない場合(オプション)
        NullPointerException - このベクトルに1つ以上のnull要素が含まれており、指定されたコレクションがnull要素をサポートしない場合(オプション)、または指定されたコレクションがnullの場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        AbstractCollection.remove(Object), AbstractCollection.contains(Object)
      • removeIf

        public boolean removeIf​(Predicate<? super E> filter)
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        指定された述語を満たすこのコレクションの要素をすべて削除します。 反復中に、または述語によってスローされたエラーまたは実行時例外は、呼出し側に中継されます。
        定義:
        removeIf、インタフェース: Collection<E>
        パラメータ:
        filter - 削除される要素に対してtrueを返す述語
        戻り値:
        要素が削除された場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - 指定されたフィルタがnullである場合
      • addAll

        public boolean addAll​(int index,
                              Collection<? extends E> c)
        指定されたCollection内のすべての要素を、Vectorの指定された位置に挿入します。 その位置の現在の要素(ある場合)とそれ以降の要素を右に移動します(インデックスが増えます)。 新しい各要素は、指定されたCollectionのイテレータによって返される順序でVector内に表示されます。
        定義:
        addAll、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        addAll、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        index - 指定されたコレクションの最初の要素を挿入する位置のインデックス
        c - このベクトルに挿入される要素
        戻り値:
        このベクトルが呼出しの結果として変更された場合はtrue
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index> size())
        NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • equals

        public boolean equals​(Object o)
        指定されたObjectがVectorと等しいかどうかを比較します。 指定されたObjectもListであり、2つのListのサイズが同じで、2つのListの対応する要素がすべて等しい場合にだけtrueを返します。 (e1e2の2つの要素は、Objects.equals(e1, e2)の場合はequalです。) つまり2つのリストは、同じ要素が同じ順序で含まれている場合に等しいものとして定義されます。
        定義:
        equals、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        equals、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        equals、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        o - このVectorと等しいかどうかを比較するObject
        戻り値:
        指定されたObjectがVectorと等しい場合はtrue
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • toString

        public String toString()
        各要素のString表現を保持している、Vectorの文字列表現を返します。
        Overrides:
        toString、クラス: AbstractCollection<E>
        戻り値:
        このコレクションの文字列表現
      • subList

        public List<E> subList​(int fromIndex,
                               int toIndex)
        このListの、fromIndex (これを含む)とtoIndex (これを含まない)の間の部分のビューを返します。 fromIndexとtoIndexが等しい場合は、空のListが返されます。 返されるListはこのListに連動しているため、返されるList内での変更はこのListに反映され、このList内での変更は返されるListに反映されます。 返されるListは、このListによってサポートされるすべてのオプションのListオペレーションをサポートします。

        このメソッドでは、配列に一般的に見られるような、明示的な範囲操作は必要ありません。 リストを要求するいかなる操作もリスト全体ではなく、subListビュー上で操作することで、範囲操作として使用できます。 たとえば、次のイディオムは、ある範囲の要素をリストから削除します。

              list.subList(from, to).clear();
         
        indexOfおよびlastIndexOfでも、同様のイディオムを作成できます。CollectionsクラスのアルゴリズムがすべてsubListに適用できます。

        バッキング・リスト(すなわち、このList)が、このメソッドによって返されたListを介さずに構造的に変更された場合、返されたListのセマンティックスは保証されません。 (構造的な変更とは、Listのサイズが変更された場合や、進行中の繰返しにより不正な結果が生じたなどの理由でListが乱れた場合です。)

        定義:
        subList、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        subList、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        fromIndex - subListの下端点(これを含む)
        toIndex - subListの上端点(これを含まない)
        戻り値:
        このList内の指定された範囲のビュー
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - 端点のインデックス値が範囲外の場合(fromIndex < 0||toIndex> size)
        IllegalArgumentException - 端点のインデックスの順番が正しくない場合(fromIndex> toIndex)
      • removeRange

        protected void removeRange​(int fromIndex,
                                   int toIndex)
        fromIndex (これを含む)からtoIndex (これを含まない)の範囲のインデックスを持つすべての要素をこのリストから削除します。 後続の要素は左に移動します(インデックス値が減少)。 この呼出しにより、(toIndex - fromIndex)の要素数だけリストが短くなります。 toIndex==fromIndexの場合、このオペレーションは何も行いません。
        Overrides:
        removeRange、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        fromIndex - 削除する最初の要素のインデックス
        toIndex - 削除する最後の要素の直後のインデックス
      • listIterator

        public ListIterator<E> listIterator​(int index)
        リスト内の指定された位置で始まる、リスト内の要素を(適切な順序で)反復するリスト・イテレータを返します。 指定されたインデックスは、nextの最初の呼出しによって返される最初の要素を示します。 previousの最初の呼出しは、指定されたインデックスから1を引いたインデックスを持つ要素を返します。

        返されるリスト・イテレータは、フェイルファストです。

        定義:
        listIterator、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        listIterator、クラス: AbstractList<E>
        パラメータ:
        index - リスト・イテレータから(next呼出しによって)返される最初の要素のインデックス
        戻り値:
        リスト内の指定された位置で始まる、リスト内の要素を(適切な順序で)反復するリスト・イテレータ
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - インデックスが範囲外の場合(index < 0||index> size())
      • listIterator

        public ListIterator<E> listIterator()
        このリスト内の要素を(適切な順序で)反復するリスト・イテレータを返します。

        返されるリスト・イテレータは、フェイルファストです。

        定義:
        listIterator、インタフェース: List<E>
        Overrides:
        listIterator、クラス: AbstractList<E>
        戻り値:
        このリスト内の要素を(適切な順序で)反復するリスト・イテレータ
        関連項目:
        listIterator(int)
      • forEach

        public void forEach​(Consumer<? super E> action)
        インタフェースからコピーされた説明: Iterable
        Iterableの各要素に対して指定されたアクションを、すべての要素が処理されるか、アクションが例外をスローするまで実行します。 反復の順序でアクションが実行されます(その順序が指定されている場合)。 アクションによってスローされた例外は、呼出し側に中継されます。

        オーバーライドするクラスが並行変更ポリシーを指定していない限り、アクションが要素の基本ソースを変更する副作用を実行する場合、このメソッドの動作は指定されていません。

        定義:
        forEach、インタフェース: Iterable<E>
        パラメータ:
        action - 各要素に対して実行されるアクション
        例外:
        NullPointerException - 指定されたアクションがnullである場合
      • replaceAll

        public void replaceAll​(UnaryOperator<E> operator)
        インタフェースからコピーされた説明: List
        このリストの各要素を、その要素に演算子を適用した結果で置換します。 演算子によってスローされたエラーまたは実行時例外は、呼出し側に中継されます。
        定義:
        replaceAll、インタフェース: List<E>
        パラメータ:
        operator - 各要素に適用する演算子
        例外:
        NullPointerException - 指定された演算子がnull、または演算子の結果がnull値でこのリストがnull要素を許可しない場合(オプション)