モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスAbstractCollection<E>

  • すべての実装されたインタフェース:
    Iterable<E>, Collection<E>
    直系の既知のサブクラス:
    AbstractList, AbstractQueue, AbstractSet, ArrayDeque, ConcurrentLinkedDeque

    public abstract class AbstractCollection<E>
    extends Object
    implements Collection<E>
    このクラスは、Collectionインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。

    変更不可能なコレクションを実装するには、このクラスを拡張して、iteratorメソッドおよびsizeメソッドの実装を提供します。 (iteratorメソッドが返すイテレータは、hasNextおよびnextを実装している必要があります。)

    変更可能なコレクションを実装するには、上記に加えて、このクラスのaddメソッドをオーバーライドすることと(オーバーライドしなかった場合は、UnsupportedOperationExceptionがスローされる)、iteratorメソッドで返されるイテレータがremoveメソッドを実装している必要があります。

    Collectionインタフェースの仕様で推奨されているように、通常は、引数なしのvoidコンストラクタ、および引数にCollectionをとるコンストラクタを提供してください。

    実装の詳細については、このクラスの抽象メソッド以外の各メソッドのドキュメントを参照してください。 より効率的な実装ができるコレクションの場合は、これらのメソッドをオーバーライドしてもかまいません。

    このクラスは、Java Collections Frameworkのメンバーです。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    Collection
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      修飾子 コンストラクタ 説明
      protected AbstractCollection()
      唯一のコンストラクタです。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean add​(E e)
      指定された要素がこのコレクションに格納されていることを保証します(オプションの操作)。
      boolean addAll​(Collection<? extends E> c)
      指定されたコレクションのすべての要素をこのコレクションに追加します(オプションの操作)。
      void clear()
      このコレクションからすべての要素を削除します(オプションの操作)。
      boolean contains​(Object o)
      指定された要素がコレクションに含まれている場合にtrueを返します。
      boolean containsAll​(Collection<?> c)
      指定されたコレクションのすべての要素がこのコレクション内にある場合はtrueを返します。
      boolean isEmpty()
      このコレクションに要素がない場合にtrueを返します。
      abstract Iterator<E> iterator()
      このコレクション中の要素に関係するイテレータを返します。
      boolean remove​(Object o)
      指定された要素のインスタンスがこのコレクションにあれば、そのインスタンスをコレクションから1つ削除します(オプションの操作)。
      boolean removeAll​(Collection<?> c)
      指定されたコレクションにも格納されているこのコレクションのすべての要素を削除します(オプションの操作)。
      boolean retainAll​(Collection<?> c)
      このコレクションにおいて、指定されたコレクションに格納されている要素だけを保持します(オプションの操作)。
      Object[] toArray()
      このコレクションの要素がすべて格納されている配列を返します。
      <T> T[] toArray​(T[] a)
      このコレクション内のすべての要素を保持する配列を返します。返される配列の実行時の型は、指定された配列の型です。
      String toString()
      このコレクションの文字列表現を返します。
      • インタフェース java.lang.Iterableで宣言されたメソッド

        forEach
    • コンストラクタの詳細

      • AbstractCollection

        protected AbstractCollection()
        唯一のコンストラクタです。 サブクラスのコンストラクタによる呼出し用で、通常は暗黙的に呼び出されます。
    • メソッドの詳細

      • iterator

        public abstract Iterator<E> iterator()
        このコレクション中の要素に関係するイテレータを返します。
        定義:
        iterator、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        iterator、インタフェース: Iterable<E>
        戻り値:
        このコレクション中の要素に関係するイテレータ
      • isEmpty

        public boolean isEmpty()
        このコレクションに要素がない場合にtrueを返します。
        定義:
        isEmpty、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装はsize()== 0を返します。
        戻り値:
        このコレクションに要素が含まれていない場合はtrue
      • contains

        public boolean contains​(Object o)
        指定された要素がコレクションに含まれている場合にtrueを返します。 より正式には、trueは、このコレクションに少なくとも1つの要素e(Objects.equals(o, e)など)が含まれている場合にのみ返されます。
        定義:
        contains、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装はコレクションの各要素について、指定された要素と等しいかどうかを順に繰返し確認します。
        パラメータ:
        o - このコレクション内にあるかどうかが判定される要素
        戻り値:
        指定された要素がこのコレクション内にある場合はtrue
        例外:
        ClassCastException - 指定された要素の型が、このコレクションと互換でない場合(オプション)
        NullPointerException - 指定された要素がnullで、このコレクションがnull要素を許可しない場合(オプション)
      • toArray

        public Object[] toArray()
        このコレクションの要素がすべて格納されている配列を返します。 イテレータによって要素が返される順序をコレクションが保証する場合、このメソッドは同じ順序で要素を返さなければなりません。 返される配列「ランタイム・コンポーネント・タイプ」Objectです。

        返される配列への参照をコレクションが維持しないという点で、この配列は安全です。 つまり、このメソッドは、コレクションが配列に連動している場合でも新しい配列を割り当てます。 このため、呼出し側は、返された配列を自由に変更できます。

        定義:
        toArray、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装は、インデックス0で始まり、同じ順序で、配列の連続した要素に格納されている、このコレクションのイテレータによって返されるすべての要素を含む配列を返します。 返される配列の長さは、コレクションが反復処理時の並行変更を許可する場合と同様に、このコレクションのサイズが反復処理時に変わる場合でも、イテレータによって返される要素の数と等しくなります。 sizeメソッドは、最適化のヒントとしてしか呼び出されません。イテレータが異なる数の要素を返す場合でも、正しい結果が返されます。

        このメソッドは、次と同等です。

         
         List<E> list = new ArrayList<E>(size());
         for (E e : this)
             list.add(e);
         return list.toArray();
         

        戻り値:
        「ランタイム・コンポーネント・タイプ」Objectの配列。このコレクションのすべての要素を含む
      • toArray

        public <T> T[] toArray​(T[] a)
        このコレクション内のすべての要素を保持する配列を返します。返される配列の実行時の型は、指定された配列の型です。 コレクションが指定された配列に収まる場合は、その中に返されます。 そうでない場合は、指定された配列の実行時の型とコレクションのサイズを持つ新しい配列が割り当てられます。

        このコレクションが指定された配列に収まり、その配列にさらに余裕がある場合(つまり、配列がこのコレクションより多くの要素を持つ場合)、その配列内でコレクションの終端よりあとの要素はnullに設定されます。 このコレクションにnull要素がないことを呼出し側が知っている場合にだけ、この特性を利用してコレクションの長さを判断できます。

        イテレータによって要素が返される順序をコレクションが保証する場合、このメソッドは同じ順序で要素を返さなければなりません。

        定義:
        toArray、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装は、インデックス0で始まり、同じ順序で、配列の連続した要素に格納されている、このコレクションのイテレータによって返されるすべての要素を含む配列を返します。 イテレータによって返される要素数が大きすぎて指定された配列に収まらない場合、このコレクションのサイズが反復処理時に変わる場合でも、コレクションが反復処理時に並行変更を許可している場合と同様に、イテレータによって返される要素数と長さが等しい、新しく割り当てられた配列内の要素が返されます。 sizeメソッドは、最適化のヒントとしてしか呼び出されません。イテレータが異なる数の要素を返す場合でも、正しい結果が返されます。

        このメソッドは、次と同等です。

         
         List<E> list = new ArrayList<E>(size());
         for (E e : this)
             list.add(e);
         return list.toArray(a);
         

        型パラメータ:
        T - コレクションを格納する配列のコンポーネント型
        パラメータ:
        a - 配列が十分な大きさを持つ場合は、このコレクションの要素の格納先の配列。配列のサイズが十分でない場合は、同じ実行時の型で新しい配列が格納用として割り当てられる。
        戻り値:
        コレクションのすべての要素が格納されている配列
        例外:
        ArrayStoreException - このコレクション内の要素の実行時の型が、指定された配列の「ランタイム・コンポーネント・タイプ」に代入可能でない場合
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
      • add

        public boolean add​(E e)
        指定された要素がこのコレクションに格納されていることを保証します(オプションの操作)。 この呼出しの結果、コレクションが変更された場合はtrueを返します。 このコレクションが要素の重複を許可せず、指定された要素がすでに含まれている場合はfalseを返します。

        このオペレーションをサポートするコレクションでは、コレクションに追加できる要素について制限がある場合があります。 たとえば、コレクションによっては、null要素の追加が許可されないことや、追加される要素の型を制限することがあります。 追加される要素に関して制限がある場合は、そのCollectionクラスのドキュメントに明示すべきでしょう。

        その要素がすでにあるという以外の理由で特定の要素の追加を拒否する場合、コレクションはfalseを返すのではなく例外をスローする必要があります これにより、この呼出しが戻ったあとにコレクションが指定された要素を必ず格納するという不変性を保つことができます。

        定義:
        add、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装は、常にUnsupportedOperationExceptionをスローします。
        パラメータ:
        e - このコレクションにあるかどうかを調べる要素
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合はtrue
        例外:
        UnsupportedOperationException - addオペレーションがこのコレクションでサポートされない場合
        ClassCastException - 指定された要素のクラスが原因で、このコレクションにその要素を追加できない場合
        NullPointerException - 指定された要素がnullで、このコレクションがnull要素を許可しない場合
        IllegalArgumentException - 要素のあるプロパティが原因で、このコレクションに要素を追加できない場合
        IllegalStateException - 挿入制限のため、この時点で要素を追加できない場合
      • remove

        public boolean remove​(Object o)
        指定された要素のインスタンスがこのコレクションにあれば、そのインスタンスをコレクションから1つ削除します(オプションの操作)。 より正式には、Objects.equals(o, e)のような要素eを削除します(このコレクションに1つ以上の要素が含まれている場合)。 指定された要素がこのコレクションに含まれていた場合、つまり、呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合にtrueを返します。
        定義:
        remove、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装は、コレクションの内容を次々調べ、指定された要素を探します。 要素があれば、イテレータのremoveメソッドを使ってコレクションから要素を削除します。

        このコレクションのiteratorメソッドが返すイテレータがremoveメソッドを実装せず、指定されたオブジェクトがこのコレクション内にある場合、この実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。

        パラメータ:
        o - このコレクションから削除される要素(その要素が存在する場合)
        戻り値:
        この呼出しの結果として要素が削除された場合はtrue
        例外:
        UnsupportedOperationException - removeオペレーションがこのコレクションでサポートされない場合
        ClassCastException - 指定された要素の型が、このコレクションと互換でない場合(オプション)
        NullPointerException - 指定された要素がnullで、このコレクションがnull要素を許可しない場合(オプション)
      • containsAll

        public boolean containsAll​(Collection<?> c)
        指定されたコレクションのすべての要素がこのコレクション内にある場合はtrueを返します。
        定義:
        containsAll、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装は指定されたコレクションの内容を次々調べ、イテレータによって返された各要素について、このコレクションに含まれるかどうかを順番に確認します。 すべての要素がこのコレクションにある場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。
        パラメータ:
        c - このコレクションにあるかどうかを調べるコレクション
        戻り値:
        指定されたコレクションのすべての要素がこのコレクション内にある場合はtrue
        例外:
        ClassCastException - 指定されたコレクションの1つ以上の要素の型が、このコレクションと互換でない場合(オプション)
        NullPointerException - 指定されたコレクションに1つ以上のnull要素が含まれており、このコレクションがnull要素を許可しない場合(オプション)、または指定されたコレクションがnullの場合。
        関連項目:
        contains(Object)
      • addAll

        public boolean addAll​(Collection<? extends E> c)
        指定されたコレクションのすべての要素をこのコレクションに追加します(オプションの操作)。 オペレーションの進行中に、指定されたコレクションが変更された場合の、このオペレーションの動作は定義されていません。 したがって、指定されたコレクションがこのコレクション自身であり、このコレクションが空ではない場合、この呼出しの動作は定義されていません。
        定義:
        addAll、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装は、指定されたコレクションに対して反復を行い、イテレータが返すオブジェクトをこのコレクションに順に追加していく操作を繰り返します。

        指定されたコレクションが空でない場合は、addメソッドがオーバーライドされないかぎり、この実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。

        パラメータ:
        c - このコレクションに追加される要素を含むコレクション
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合はtrue
        例外:
        UnsupportedOperationException - addAllオペレーションがこのコレクションでサポートされない場合
        ClassCastException - 指定されたコレクションの要素のクラスが原因で、このコレクションにその要素を追加できない場合
        NullPointerException - 指定されたコレクション内にnull要素が含まれ、このコレクションがnull要素を許可しない場合。または指定されたコレクションがnullの場合
        IllegalArgumentException - 指定されたコレクションの要素のあるプロパティが原因で、このコレクションにその要素を追加できない場合
        IllegalStateException - 挿入制限のため、この時点で一部の要素を追加できない場合
        関連項目:
        add(Object)
      • removeAll

        public boolean removeAll​(Collection<?> c)
        指定されたコレクションにも格納されているこのコレクションのすべての要素を削除します(オプションの操作)。 この呼出しの結果、このコレクションには指定されたコレクションと共通の要素はなくなります。
        定義:
        removeAll、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装はこのコレクションの内容を次々調べ、イテレータによって返された各要素について、指定されたコレクションに含まれるかどうかを順番に確認します。 そのような要素があれば、イテレータのremoveメソッドを使ってこのコレクションから削除します。

        iteratorメソッドで返されたイテレータがremoveメソッドを実装せず、指定されたコレクションに共通する要素が1つでもこのコレクション内にある場合は、この実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。

        パラメータ:
        c - このコレクションから削除される要素を含むコレクション
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合はtrue
        例外:
        UnsupportedOperationException - removeAllメソッドがこのコレクションでサポートされない場合
        ClassCastException - このコレクション内の1つ以上の要素の型が、指定されたコレクションと互換でない場合(オプション)
        NullPointerException - このコレクションに1つ以上のnull要素が含まれており、指定されたコレクションがnull要素をサポートしない場合(オプション)、または指定されたコレクションがnullの場合
        関連項目:
        remove(Object), contains(Object)
      • retainAll

        public boolean retainAll​(Collection<?> c)
        このコレクションにおいて、指定されたコレクションに格納されている要素だけを保持します(オプションの操作)。 つまり、指定されたコレクションに格納されていないすべての要素をこのコレクションから削除します。
        定義:
        retainAll、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装はこのコレクションの内容を次々調べ、イテレータによって返された各要素について、指定されたコレクションに含まれるかどうかを順番に確認します。 含まれない要素があれば、イテレータのremoveメソッドを使ってこのコレクションから削除します。

        iteratorメソッドで返されたイテレータがremoveメソッドを実装せず、指定されたコレクションに含まれない要素が1つでもこのコレクション内にある場合は、この実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。

        パラメータ:
        c - このコレクションで保持される要素を含むコレクション
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合はtrue
        例外:
        UnsupportedOperationException - retainAllオペレーションがこのコレクションでサポートされない場合
        ClassCastException - このコレクション内の1つ以上の要素の型が、指定されたコレクションと互換でない場合(オプション)
        NullPointerException - このコレクションに1つ以上のnull要素が含まれており、指定されたコレクションがnull要素を許可しない場合(オプション)、または指定されたコレクションがnullの場合
        関連項目:
        remove(Object), contains(Object)
      • clear

        public void clear()
        このコレクションからすべての要素を削除します(オプションの操作)。 このメソッドが戻ると、コレクションは空になります。
        定義:
        clear、インタフェース: Collection<E>
        実装要件:
        この実装はコレクションに対して、Iterator.removeオペレーションを使用して各要素を削除する操作を繰り返します。 ほとんどの実装では、このメソッドをオーバーライドした方がより効率的です。

        このコレクションのiteratorメソッドで返されるイテレータがremoveメソッドを実装せず、このコレクションが空でない場合、この実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。

        例外:
        UnsupportedOperationException - clearオペレーションがこのコレクションでサポートされない場合
      • toString

        public String toString()
        このコレクションの文字列表現を返します。 文字列表現は、コレクションの要素をそのイテレータが返した順に角カッコ("[]")で囲んで示すリストです。 隣接する要素は、文字", " (カンマと空白文字)によって区切られます。 要素は、String.valueOf(Object)により文字列に変換されます。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このコレクションの文字列表現