モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスAbstractQueue<E>

    • コンストラクタの詳細

      • AbstractQueue

        protected AbstractQueue()
        サブクラスにより使用されるコンストラクタです。
    • メソッドの詳細

      • add

        public boolean add​(E e)
        容量制限に違反することなく、指定された要素をこのキューにすぐに挿入できる場合はそうします。成功した場合はtrueを返し、その時点で使用可能な空き領域が存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。

        この実装は、offerが成功した場合はtrueを返し、そうでない場合にはIllegalStateExceptionをスローします。

        定義:
        add、インタフェース: Collection<E>
        定義:
        add、インタフェース: Queue<E>
        Overrides:
        add、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        e - 追加する要素
        戻り値:
        true (Collection.add(E)で指定されているとおり)
        例外:
        IllegalStateException - 容量制限のために、この時点で要素を追加できない場合
        ClassCastException - 指定された要素のクラスが原因で、このキューにその要素を追加できない場合
        NullPointerException - 指定された要素がnullで、このキューがnull要素を許可しない場合
        IllegalArgumentException - この要素のあるプロパティが原因で、このキューにその要素を追加できない場合
      • remove

        public E remove()
        キューの先頭を取得および削除します。 このメソッドは、キューが空の場合に例外をスローする点のみがpollメソッドと異なります。

        キューが空でないかぎり、この実装はpollの結果を返します。

        定義:
        remove、インタフェース: Queue<E>
        戻り値:
        キューの先頭
        例外:
        NoSuchElementException - このキューが空の場合
      • element

        public E element()
        キューの先頭を取得しますが、削除しません。 このメソッドは、キューが空の場合に例外をスローする点のみがpeekメソッドと異なります。

        キューが空でないかぎり、この実装はpeekの結果を返します。

        定義:
        element、インタフェース: Queue<E>
        戻り値:
        キューの先頭
        例外:
        NoSuchElementException - このキューが空の場合
      • clear

        public void clear()
        すべての要素をキューから削除します。 この呼出しが戻ると、キューは空になります。

        この実装は、nullが返されるまで、繰り返しpollを呼び出します。

        定義:
        clear、インタフェース: Collection<E>
        Overrides:
        clear、クラス: AbstractCollection<E>
      • addAll

        public boolean addAll​(Collection<? extends E> c)
        指定されたコレクション内のすべての要素をこのキューに追加します。 キューのすべてをそれ自体に追加しようとすると、IllegalArgumentExceptionがスローされます。 また、オペレーションの進行中に指定されたコレクションが変更された場合の、このオペレーションの動作は定義されていません。

        この実装は、指定されたコレクションに対して処理を繰返し実行し、イテレータにより返される各要素をこのキューに順番に追加します。 ある要素(特にnull要素など)の追加中に実行時例外が発生したとき、それに関連した例外がスローされた場合に要素の一部しか追加に成功しないこともあります。

        定義:
        addAll、インタフェース: Collection<E>
        Overrides:
        addAll、クラス: AbstractCollection<E>
        パラメータ:
        c - キューに追加される要素を含むコレクション
        戻り値:
        この呼出しの結果、このキューが変更された場合はtrue
        例外:
        ClassCastException - i指定されたコレクションの要素のクラスが原因で、このキューに追加できなかった場合
        NullPointerException - 指定されたコレクション内にnull要素が含まれ、このキューがnull要素を許可しない場合。または指定されたコレクションがnullの場合
        IllegalArgumentException - 指定されたコレクションの要素のある特性が原因で、このキューに要素を追加できなかった場合。または指定されたコレクションがこのキューの場合
        IllegalStateException - 挿入制限のため、この時点で一部の要素を追加できない場合
        関連項目:
        add(Object)