モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJColorChooser

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible

    @JavaBean(defaultProperty="UI",
              description="A component that supports selecting a Color.")
    public class JColorChooser
    extends JComponent
    implements Accessible
    JColorChooserは、ユーザーが色を操作したり、選択したりできるように設計されたコントロールのペインを提供します。 カラー・チューザの使用については、『The Java Tutorial』のHow to Use Color Choosersを参照してください。

    このクラスは3つのレベルのAPIを提供します。

    1. モーダルなカラー・チューザ・ダイアログを表示し、ユーザーが選択した色を返すstatic簡易メソッド。
    2. カラー・チューザ・ダイアログを生成するためのstatic簡易メソッド。カラー・チューザ・ダイアログでは、ユーザーがダイアログのボタンの1つを押したときに呼び出されるActionListenersを指定できる。
    3. コンテナ内でJColorChooserペインのインスタンスを直接生成する機能。 現在のcolorプロパティが変更されたときにそれを検出するためのPropertyChangeリスナーを追加できる。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、Swing's Threading Policyを参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • SELECTION_MODEL_PROPERTY

        public static final String SELECTION_MODEL_PROPERTY
        選択モデル・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • PREVIEW_PANEL_PROPERTY

        public static final String PREVIEW_PANEL_PROPERTY
        プレビュー・パネル・プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CHOOSER_PANELS_PROPERTY

        public static final String CHOOSER_PANELS_PROPERTY
        チューザ・パネル配列プロパティ名です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • accessibleContext

        protected AccessibleContext accessibleContext
        アクセス可能なコンテキスト。
    • コンストラクタの詳細

      • JColorChooser

        public JColorChooser()
        初期色が白のカラー・チューザ・ペインを生成します。
      • JColorChooser

        public JColorChooser​(Color initialColor)
        指定された初期色のカラー・チューザ・ペインを生成します。
        パラメータ:
        initialColor - チューザの初期色のセット
      • JColorChooser

        public JColorChooser​(ColorSelectionModel model)
        指定されたColorSelectionModelでカラー・チューザのペインを生成します。
        パラメータ:
        model - 使用されるColorSelectionModel
    • メソッドの詳細

      • showDialog

        public static Color showDialog​(Component component,
                                       String title,
                                       Color initialColor)
                                throws HeadlessException
        モーダルなカラー・チューザ・ダイアログを表示し、ダイアログが隠されるまでブロックします。 ユーザーがOKボタンを押すと、このメソッドはダイアログを隠すかまたは破棄し、選択された色を返します。 ユーザーがCancelボタンを押すか、あるいはOKを押さないでダイアログを閉じると、このメソッドはダイアログを隠すかまたは破棄し、nullを返します。
        パラメータ:
        component - ダイアログの親Component
        title - ダイアログのタイトルを含む文字列
        initialColor - カラー・チューザが表示されるときの初期色のセット
        戻り値:
        選択された色。ユーザーが中止した場合はnull
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • showDialog

        public static Color showDialog​(Component component,
                                       String title,
                                       Color initialColor,
                                       boolean colorTransparencySelectionEnabled)
                                throws HeadlessException
        モーダルなカラー・チューザ・ダイアログを表示し、ダイアログが隠されるまでブロックします。 ユーザーがOKボタンを押すと、このメソッドはダイアログを隠すかまたは破棄し、選択された色を返します。 ユーザーがCancelボタンを押すか、あるいはOKを押さないでダイアログを閉じると、このメソッドはダイアログを隠すかまたは破棄し、nullを返します。
        パラメータ:
        component - ダイアログの親Component
        title - ダイアログのタイトルを含む文字列
        initialColor - カラー・チューザが表示されるときの初期色のセット
        colorTransparencySelectionEnabled - 色の透明度を選択できる場合はtrue
        戻り値:
        選択された色。ユーザーが中止した場合はnull
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • createDialog

        public static JDialog createDialog​(Component c,
                                           String title,
                                           boolean modal,
                                           JColorChooser chooserPane,
                                           ActionListener okListener,
                                           ActionListener cancelListener)
                                    throws HeadlessException
        OK、取消、およびリセットボタンとともに指定されたColorChooserペインを含む新しいダイアログを作成して返します。 OKまたはCancelボタンが押されると、ダイアログは自動的に隠れます(破棄はされない)。 Resetボタンが押されると、カラー・チューザの色は、前回にダイアログでshowが呼び出されたときに設定された色にリセットされ、ダイアログはそのまま表示されます。
        パラメータ:
        c - ダイアログの親Component
        title - ダイアログのタイトル
        modal - boolean。 trueの場合、ダイアログを閉じるまでプログラムの残りはアクティブでなくなる。
        chooserPane - ダイアログ内に配置されるカラー・チューザ
        okListener -OKが押されたときに呼び出されるActionListener
        cancelListener -Cancelが押されたときに呼び出されるActionListener
        戻り値:
        カラー・チューザ・ペインを持つ新しいダイアログ
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getUI

        public ColorChooserUI getUI()
        このコンポーネントをレンダリングするL&Fオブジェクトを返します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするColorChooserUIオブジェクト
      • updateUI

        public void updateUI()
        L&Fが変更されたことを示す、UIManagerからの通知です。 現在のUIオブジェクトをUIManagerの最新バージョンに置き換えます。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • getColor

        public Color getColor()
        カラー・チューザから現在の色値を取得します。 デフォルトでは、このメソッドは色値をモデルに委譲します。
        戻り値:
        カラー・チューザの現在の色値
      • setColor

        public void setColor​(int r,
                             int g,
                             int b)
        カラー・チューザの現在の色を、指定されたRGB色に設定します。 赤、緑、青の各値は0から255の範囲の数字でなければいけません。
        パラメータ:
        r - Redの量を指定する整数値
        g - Greenの量を指定する整数値
        b - Blueの量を指定する整数値
        例外:
        IllegalArgumentException - r、g、およびbの値が範囲外の場合
        関連項目:
        Color
      • setColor

        public void setColor​(int c)
        カラー・チューザの現在の色を指定された色に設定します。
        パラメータ:
        c - チューザの現在の色を設定する整数値。下位8ビットはBlue値、次の8ビットはGreen値、上位8ビットはRed値を指定する。
      • setDragEnabled

        @BeanProperty(bound=false,
                      description="Determines whether automatic drag handling is enabled.")
        public void setDragEnabled​(boolean b)
        dragEnabledプロパティを設定します。このプロパティは、このコンポーネントの自動ドラッグ処理(ドラッグ・アンド・ドロップの最初の処理)を有効にするためにtrueである必要があります。 transferHandlerプロパティは、ドラッグでなんでもできるようにnull以外の値に設定する必要があります。 dragEnabledプロパティのデフォルト値はfalseです。

        自動ドラッグ処理が使用可能な場合、プレビュー・パネル上でマウスボタンを押すと、ほとんどのルック・アンド・フィールでドラッグ・アンド・ドロップ操作が開始されます。 ルック・アンド・フィールによっては、自動ドラッグ・アンド・ドロップ操作がサポートされていない場合があります。その場合、このプロパティは無視されます。 TransferHandlerexportAsDragメソッドを直接呼び出すようにコンポーネントを変更することにより、このようなルック・アンド・フィールを操作できます。

        パラメータ:
        b - dragEnabledプロパティに設定される値
        例外:
        HeadlessException - btrueで、GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), getDragEnabled(), JComponent.setTransferHandler(javax.swing.TransferHandler), TransferHandler
      • getDragEnabled

        public boolean getDragEnabled()
        dragEnabledプロパティの値を取得します。
        戻り値:
        dragEnabledプロパティの値
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setDragEnabled(boolean)
      • getPreviewPanel

        public JComponent getPreviewPanel()
        選択された色を表示するプレビュー・パネルを返します。
        戻り値:
        JComponentオブジェクト -- プレビュー・パネル
      • addChooserPanel

        public void addChooserPanel​(AbstractColorChooserPanel panel)
        カラー・チューザにカラー・チューザ・パネルを追加します。
        パラメータ:
        panel - 追加されるAbstractColorChooserPanel
      • removeChooserPanel

        public AbstractColorChooserPanel removeChooserPanel​(AbstractColorChooserPanel panel)
        指定されたカラー・パネルを削除します。
        パラメータ:
        panel - 削除するパネルを指定する文字列
        戻り値:
        カラー・パネル
        例外:
        IllegalArgumentException - パネルが既知のチューザ・パネルのリストにない場合
      • setChooserPanels

        @BeanProperty(hidden=true,
                      description="An array of different chooser types.")
        public void setChooserPanels​(AbstractColorChooserPanel[] panels)
        色値を選択するために使われるカラー・パネルを指定します。
        パラメータ:
        panels - AbstractColorChooserPanelオブジェクトの配列
      • getChooserPanels

        public AbstractColorChooserPanel[] getChooserPanels()
        指定されたカラー・パネルを返します。
        戻り値:
        AbstractColorChooserPanelオブジェクトの配列
      • getSelectionModel

        public ColorSelectionModel getSelectionModel()
        色の選択を扱うデータ・モデルを返します。
        戻り値:
        ColorSelectionModelオブジェクト
      • setSelectionModel

        @BeanProperty(hidden=true,
                      description="The model which contains the currently selected color.")
        public void setSelectionModel​(ColorSelectionModel newModel)
        選択された色を格納するモデルを設定します。
        パラメータ:
        newModel - 新しいColorSelectionModelオブジェクト
      • paramString

        protected String paramString()
        このJColorChooserの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJColorChooserの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJColorChooserに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 カラー・チューザの場合、AccessibleContextはAccessibleJColorChooserの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJColorChooserインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJColorChooserのAccessibleContextとして機能するAccessibleJColorChooser