モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.table

クラスJTableHeader

    • フィールドの詳細

      • table

        protected JTable table
        このオブジェクトがヘッダーであるテーブルです。デフォルトはnullです。
      • columnModel

        protected TableColumnModel columnModel
        テーブル・ヘッダーのTableColumnModelです。
      • reorderingAllowed

        protected boolean reorderingAllowed
        trueの場合、ユーザーが列の順序を変更できます。デフォルトはtrueです。
      • resizingAllowed

        protected boolean resizingAllowed
        trueの場合、ユーザーによる列のサイズ変更が許可されます。デフォルトはtrueです。
      • updateTableInRealTime

        protected boolean updateTableInRealTime
        Java 2プラットフォーム1.3で廃止されました。 列のドラッグまたはサイズ変更に応じて、無条件にリアルタイムで再ペイントが行われます。
      • resizingColumn

        protected transient TableColumn resizingColumn
        サイズ変更されている列のインデックスです。サイズ変更されていない場合はnullです。
      • draggedColumn

        protected transient TableColumn draggedColumn
        ドラッグされている列のインデックスです。ドラッグされていない場合はnullです。
      • draggedDistance

        protected transient int draggedDistance
        列のドラッグが開始された元の位置からの距離です。
    • コンストラクタの詳細

      • JTableHeader

        public JTableHeader()
        デフォルトのTableColumnModelJTableHeaderを構築します。
        関連項目:
        createDefaultColumnModel()
      • JTableHeader

        public JTableHeader​(TableColumnModel cm)
        cmで列モデルとして初期化されるJTableHeaderを構築します。 cmnullの場合、このメソッドはデフォルトのTableColumnModelでテーブル・ヘッダーを初期化します。
        パラメータ:
        cm - テーブルの列モデル
        関連項目:
        createDefaultColumnModel()
    • メソッドの詳細

      • setTable

        @BeanProperty(description="The table associated with this header.")
        public void setTable​(JTable table)
        このヘッダーに関連したテーブルを設定します。
        パラメータ:
        table - 新しいテーブル
      • getTable

        public JTable getTable()
        このヘッダーに関連したテーブルを返します。
        戻り値:
        tableプロパティ
      • setReorderingAllowed

        @BeanProperty(description="Whether the user can drag column headers to reorder columns.")
        public void setReorderingAllowed​(boolean reorderingAllowed)
        ユーザーが列ヘッダーをドラッグして列の順序を変えられるかどうかを設定します。
        パラメータ:
        reorderingAllowed - テーブル・ビューが順序変更を許可する場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        getReorderingAllowed()
      • getReorderingAllowed

        public boolean getReorderingAllowed()
        ユーザーがヘッダーをドラッグして列の配置のやり直しができる場合にtrueを返します。そうでない場合はfalseを返します。 デフォルトはtrueです。 この設定に関係なく、プログラムによって列の配置をやり直すこともできます。
        戻り値:
        reorderingAllowedプロパティ
        関連項目:
        setReorderingAllowed(boolean)
      • setResizingAllowed

        @BeanProperty(description="Whether the user can resize columns by dragging between headers.")
        public void setResizingAllowed​(boolean resizingAllowed)
        ユーザーがヘッダー間をドラッグして列のサイズを変更できるかどうかを設定します。
        パラメータ:
        resizingAllowed - テーブル・ビューがサイズ変更を許可する場合はtrue
        関連項目:
        getResizingAllowed()
      • getResizingAllowed

        public boolean getResizingAllowed()
        ユーザーがヘッダー間をドラッグして列のサイズ変更ができる場合にtrueを返します。そうでない場合はfalseを返します。 デフォルトはtrueです。 この設定に関係なく、プログラムによって列のサイズ変更ができます。
        戻り値:
        resizingAllowedプロパティ
        関連項目:
        setResizingAllowed(boolean)
      • getDraggedColumn

        public TableColumn getDraggedColumn()
        ドラッグが処理中である場合はドラッグされた列を返し、そうでない場合はnullを返します。
        戻り値:
        ドラッグが進行中の場合は、ドラッグされている列。そうでない場合はnullを返す
        関連項目:
        getDraggedDistance()
      • getDraggedDistance

        public int getDraggedDistance()
        ドラッグが進行中の場合は、元の位置からの列の水平距離を返します。 そうでない場合、戻り値に意味はありません。
        戻り値:
        ドラッグが進行中の場合は、元の位置からの列の水平距離。そうでない場合、戻り値に意味はない
        関連項目:
        getDraggedColumn()
      • getResizingColumn

        public TableColumn getResizingColumn()
        サイズ変更されている列を返します。 列がサイズ変更されていない場合、このメソッドはnullを返します。
        戻り値:
        サイズ変更を実行している場合はサイズ変更中の列、そうでない場合はnull
      • setUpdateTableInRealTime

        public void setUpdateTableInRealTime​(boolean flag)
        Java 2プラットフォーム1.3で廃止されました。 列のドラッグまたはサイズ変更に応じて、無条件にリアルタイムで再ペイントが行われます。
        パラメータ:
        flag - tableViewがテーブルの本文をリアルタイムで更新する必要がある場合はtrue
      • getUpdateTableInRealTime

        public boolean getUpdateTableInRealTime()
        Java 2プラットフォーム1.3で廃止されました。 列のドラッグまたはサイズ変更に応じて、無条件にリアルタイムで再ペイントが行われます。
        戻り値:
        表がリアルタイムで更新される場合はtrue
      • setDefaultRenderer

        public void setDefaultRenderer​(TableCellRenderer defaultRenderer)
        TableColumnheaderRendererが定義されていない場合に使用されるデフォルトのレンダラを設定します。
        パラメータ:
        defaultRenderer - デフォルトのレンダラ
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getDefaultRenderer

        public TableCellRenderer getDefaultRenderer()
        TableColumnheaderRendererが定義されていない場合に使用されるデフォルトのレンダラを返します。
        戻り値:
        デフォルトのレレンダラ
        導入されたバージョン:
        1.3
      • columnAtPoint

        public int columnAtPoint​(Point point)
        pointのある列のインデックスを返します。それが境界の外側にある場合は -1を返します。
        パラメータ:
        point - このpointが列内にある場合、その列のインデックスが返されます。それ以外の場合は範囲??外で-1が返されます
        戻り値:
        pointのある列のインデックス。それが境界の外側にある場合は -1
      • getHeaderRect

        public Rectangle getHeaderRect​(int column)
        columnにヘッダー・タイルがある矩形を返します。 columnパラメータが境界の外側にある場合は、このメソッドはJTableメソッドのgetCellRectと同じ変換を使用します。
        パラメータ:
        column - 列のインデックス
        戻り値:
        columnにあるヘッダー・タイルを含む矩形
        関連項目:
        JTable.getCellRect(int, int, boolean)
      • getToolTipText

        public String getToolTipText​(MouseEvent event)
        テキスト・セットがある場合に、レンダラのヒントとしてそれを使えるようにします。
        Overrides:
        getToolTipText 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        event - イベントの位置が適切なレンダラを識別する場合、適切なヒント
        戻り値:
        このコンポーネントのツールヒント
      • getUI

        public TableHeaderUI getUI()
        このコンポーネントをレンダリングするLook & Feel (L&F)オブジェクトを返します。
        Overrides:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするTableHeaderUIオブジェクト
      • setUI

        public void setUI​(TableHeaderUI ui)
        このコンポーネントをレンダリングするLook & Feel (L&F)オブジェクトを設定します。
        パラメータ:
        ui - TableHeaderUI L&Fオブジェクト
        関連項目:
        UIDefaults.getUI(javax.swing.JComponent)
      • updateUI

        public void updateUI()
        Look & Feel (L&F)が変更されたというUIManagerからの通知です。 現在のUIオブジェクトをUIManagerの最新バージョンに置き換えます。
        Overrides:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • setColumnModel

        @BeanProperty(description="The object governing the way columns appear in the view.")
        public void setColumnModel​(TableColumnModel columnModel)
        このテーブルの列モデルをnewModelに設定し、新しい列モデルからのリスナー通知を登録します。
        パラメータ:
        columnModel - このテーブルの新しいデータ・ソース
        例外:
        IllegalArgumentException - newModelnullである場合
        関連項目:
        getColumnModel()
      • columnAdded

        public void columnAdded​(TableColumnModelEvent e)
        テーブル列モデルに列が追加されるときに呼び出されます。

        アプリケーション・コードはこれらのメソッドを明示的には使用しません。これらのメソッドはJTableが内部的に使用します。

        定義:
        columnAdded 、インタフェース: TableColumnModelListener
        パラメータ:
        e - 受け取ったイベント
        関連項目:
        TableColumnModelListener
      • columnRemoved

        public void columnRemoved​(TableColumnModelEvent e)
        列がテーブル列モデルから削除されるときに呼び出されます。

        アプリケーション・コードはこれらのメソッドを明示的には使用しません。これらのメソッドはJTableが内部的に使用します。

        定義:
        columnRemoved 、インタフェース: TableColumnModelListener
        パラメータ:
        e - 受け取ったイベント
        関連項目:
        TableColumnModelListener
      • columnMoved

        public void columnMoved​(TableColumnModelEvent e)
        列が再配置されると呼び出されます。

        アプリケーション・コードはこれらのメソッドを明示的には使用しません。これらのメソッドはJTableが内部的に使用します。

        定義:
        columnMoved 、インタフェース: TableColumnModelListener
        パラメータ:
        e - 受け取ったイベント
        関連項目:
        TableColumnModelListener
      • columnMarginChanged

        public void columnMarginChanged​(ChangeEvent e)
        マージンの変更のために列が移動されるときに呼び出されます。

        アプリケーション・コードはこれらのメソッドを明示的には使用しません。これらのメソッドはJTableが内部的に使用します。

        定義:
        columnMarginChanged 、インタフェース: TableColumnModelListener
        パラメータ:
        e - 受け取ったイベント
        関連項目:
        TableColumnModelListener
      • columnSelectionChanged

        public void columnSelectionChanged​(ListSelectionEvent e)
        TableColumnModelの選択モデルが変更されるときに呼び出されます。 現在のこのメソッドはなんの影響も受けず、ヘッダーは再描画されません。

        アプリケーション・コードはこれらのメソッドを明示的には使用しません。これらのメソッドはJTableが内部的に使用します。

        定義:
        columnSelectionChanged 、インタフェース: TableColumnModelListener
        パラメータ:
        e - 受け取ったイベント
        関連項目:
        TableColumnModelListener
      • createDefaultColumnModel

        protected TableColumnModel createDefaultColumnModel()
        DefaultTableColumnModelであるデフォルトの列モデル・オブジェクトを返します。 サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、異なる列モデル・オブジェクトを返すことができます。
        戻り値:
        デフォルトの列モデル・オブジェクト
      • createDefaultRenderer

        protected TableCellRenderer createDefaultRenderer()
        TableColumnでヘッダー・レンダラが定義されていない場合に使用されるデフォルトのレンダラを返します。
        戻り値:
        デフォルトのテーブル列レンダラ
        導入されたバージョン:
        1.3
      • initializeLocalVars

        protected void initializeLocalVars()
        ローカル変数とプロパティをデフォルト値に初期化します。 コンストラクタ・メソッドが使用するメソッドです。
      • resizeAndRepaint

        public void resizeAndRepaint()
        ヘッダーのサイズを指定して、それを要表示としてマークします。 revalidateの後にrepaintを呼び出すのと同等です。
      • setDraggedColumn

        public void setDraggedColumn​(TableColumn aColumn)
        ヘッダーのdraggedColumnaColumnに設定します。

        このメソッドは、アプリケーション・コードで明示的には使われません。列のドラッグ・メカニズムで内部的に使用されます。

        パラメータ:
        aColumn - ドラッグ中の列。ドラッグ中の列がない場合はnull
      • setDraggedDistance

        public void setDraggedDistance​(int distance)
        ヘッダーのdraggedDistancedistanceに設定します。
        パラメータ:
        distance - ドラッグされた距離
      • setResizingColumn

        public void setResizingColumn​(TableColumn aColumn)
        ヘッダーのresizingColumnaColumnに設定します。

        このメソッドは、アプリケーション・コードで明示的には使われません。列のサイズ変更メカニズムで内部的に使用されます。

        パラメータ:
        aColumn - サイズ変更中の列。サイズ変更中の列がない場合はnull
      • paramString

        protected String paramString()
        このJTableHeaderの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。

        JFCコンポーネントの特定の新しい側面についての情報を提供するには、paramStringをオーバーライドします。

        Overrides:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJTableHeaderの文字列表現
      • getAccessibleContext

        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJTableHeaderに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 JTableHeadersの場合、AccessibleContextはAccessibleJTableHeaderの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJTableHeaderインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        Overrides:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJTableHeaderのAccessibleContextとして機能するAccessibleJTableHeader