モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJToolTip

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible

    public class JToolTip
    extends JComponent
    implements Accessible
    Componentのヒントを表示するために使います。 コンポーネントは一般的に、ToolTipを使うプロセスを自動化するAPIを提供します。 たとえば、どのSwingコンポーネントでも、JComponentsetToolTipTextメソッドを使って、標準的なツールヒントのテキストを指定できます。 カスタムのToolTip表示を作成するコンポーネントは、JComponentcreateToolTipメソッドをオーバーライドして、このクラスのサブクラスを使うことができます。

    詳細は、『The Java Tutorial』のHow to Use Tool Tipsを参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、Swing's Threading Policyを参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    JComponent.setToolTipText(java.lang.String), JComponent.createToolTip(), 「直列化されたフォーム」
    • コンストラクタの詳細

      • JToolTip

        public JToolTip()
        ツールヒントを作成します。
    • メソッドの詳細

      • getUI

        public ToolTipUI getUI()
        このコンポーネントをレンダリングするL&Fオブジェクトを返します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        このコンポーネントをレンダリングするToolTipUIオブジェクト
      • updateUI

        public void updateUI()
        現在のルック・アンド・フィールからの値にUIプロパティをリセットします。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • setTipText

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets the text of the tooltip")
        public void setTipText​(String tipText)
        ツールヒントが表示されるときに表示するテキストを設定します。 文字列tipTextnullにすることもできます。
        パラメータ:
        tipText - 表示するString
      • getTipText

        public String getTipText()
        ツールヒントが表示されるときに示されるテキストを返します。 戻り値はnullの場合があります。
        戻り値:
        表示されるString
      • setComponent

        @BeanProperty(description="Sets the component that the tooltip describes.")
        public void setComponent​(JComponent c)
        ツールヒントに記述されるコンポーネントを指定します。 コンポーネントcnullにすることもできます。その場合は、何も実行されません。

        これはバウンド・プロパティです。

        パラメータ:
        c - 記述されているJComponent
        関連項目:
        JComponent.createToolTip()
      • getComponent

        public JComponent getComponent()
        ツールヒントが適用されるコンポーネントを返します。 戻り値はnullの場合があります。
        戻り値:
        ツールヒントが記述するコンポーネント
        関連項目:
        JComponent.createToolTip()
      • paramString

        protected String paramString()
        このJToolTipの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJToolTipの文字列表現
      • getAccessibleContext

        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJToolTipに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 ツールヒントの場合、AccessibleContextはAccessibleJToolTipの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJToolTipインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJToolTipのAccessibleContextとして機能するAccessibleJToolTip