モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスAbstractButton

    • フィールドの詳細

      • MODEL_CHANGED_PROPERTY

        public static final String MODEL_CHANGED_PROPERTY
        ボタン・モデルの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • TEXT_CHANGED_PROPERTY

        public static final String TEXT_CHANGED_PROPERTY
        ボタンのテキストの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • MNEMONIC_CHANGED_PROPERTY

        public static final String MNEMONIC_CHANGED_PROPERTY
        ボタンのニーモニックの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • MARGIN_CHANGED_PROPERTY

        public static final String MARGIN_CHANGED_PROPERTY
        ボタンのマージンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • VERTICAL_ALIGNMENT_CHANGED_PROPERTY

        public static final String VERTICAL_ALIGNMENT_CHANGED_PROPERTY
        ボタンの垂直方向の配置の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • HORIZONTAL_ALIGNMENT_CHANGED_PROPERTY

        public static final String HORIZONTAL_ALIGNMENT_CHANGED_PROPERTY
        ボタンの水平方向の配置の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • VERTICAL_TEXT_POSITION_CHANGED_PROPERTY

        public static final String VERTICAL_TEXT_POSITION_CHANGED_PROPERTY
        ボタンの垂直方向のテキスト位置の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • HORIZONTAL_TEXT_POSITION_CHANGED_PROPERTY

        public static final String HORIZONTAL_TEXT_POSITION_CHANGED_PROPERTY
        ボタンの水平方向のテキスト位置の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BORDER_PAINTED_CHANGED_PROPERTY

        public static final String BORDER_PAINTED_CHANGED_PROPERTY
        ボーダーが描画されるかどうかの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FOCUS_PAINTED_CHANGED_PROPERTY

        public static final String FOCUS_PAINTED_CHANGED_PROPERTY
        フォーカスのあるときにボーダーがハイライト表示されるかどうかの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ROLLOVER_ENABLED_CHANGED_PROPERTY

        public static final String ROLLOVER_ENABLED_CHANGED_PROPERTY
        反転状態の有効から無効、または無効から有効への変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CONTENT_AREA_FILLED_CHANGED_PROPERTY

        public static final String CONTENT_AREA_FILLED_CHANGED_PROPERTY
        ボタンのコンテンツ領域が塗りつぶされるかどうかについての変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String ICON_CHANGED_PROPERTY
        ボタンを表すアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • PRESSED_ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String PRESSED_ICON_CHANGED_PROPERTY
        ボタンが押されたときに使用されるアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY
        ボタンが選択されているときに使用されるアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ROLLOVER_ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String ROLLOVER_ICON_CHANGED_PROPERTY
        カーソルがボタン上にあるときに使用されるアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ROLLOVER_SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String ROLLOVER_SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY
        カーソルがボタン上にある場合に、ボタンが選択されたときに使用されるアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DISABLED_ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String DISABLED_ICON_CHANGED_PROPERTY
        ボタンが無効のときに使用されるアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DISABLED_SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY

        public static final String DISABLED_SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY
        ボタンが無効で、選択されているときに使用されるアイコンの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • model

        protected ButtonModel model
        ボタンの状態を決定するデータ・モデルです。
      • changeListener

        protected ChangeListener changeListener
        ボタン・モデルのchangeListener
      • actionListener

        protected ActionListener actionListener
        ボタン・モデルのActionListener
      • itemListener

        protected ItemListener itemListener
        ボタン・モデルのItemListener
      • changeEvent

        protected transient ChangeEvent changeEvent
        ChangeEventの唯一の状態はソース・プロパティなので、ボタンの各インスタンスに必要なこのイベントは1つだけです。 生成されるイベントのソースは、常にthisです。
    • コンストラクタの詳細

      • AbstractButton

        public AbstractButton()
    • メソッドの詳細

      • setHideActionText

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="Whether the text of the button should come from the <code>Action</code>.")
        public void setHideActionText​(boolean hideActionText)
        ボタンがActionからテキストを表示するかどうかを決定する、hideActionTextプロパティを設定します。 これは、ボタンにActionがインストールされている場合にのみ使用できます。
        パラメータ:
        hideActionText - ボタンのtextプロパティがActionのプロパティを反映しない場合はtrue。デフォルトはfalse
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        ActionをサポートするSwingコンポーネント
      • getHideActionText

        public boolean getHideActionText()
        ボタンがActionからテキストを表示するかどうかを決定する、hideActionTextプロパティの値を返します。 これは、ボタンにActionがインストールされている場合にのみ使用できます。
        戻り値:
        ボタンのtextプロパティがActionのプロパティを反映しない場合はtrue。デフォルトはfalse
        導入されたバージョン:
        1.6
      • isSelected

        public boolean isSelected()
        ボタンの状態を返します。 トグル・ボタンが選択されている場合はtrue、そうでない場合はfalseを返します。
        戻り値:
        トグル・ボタンが選択されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • setSelected

        public void setSelected​(boolean b)
        ボタンの状態を設定します。 このメソッドはactionEventをトリガーしない点に注意してください。 プログラムでアクションを変更するには、doClickを呼び出します。
        パラメータ:
        b - ボタンが選択されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • doClick

        public void doClick()
        プログラム上で「クリック」を実行します。 ユーザーがマウスのボタンを押し、すぐに離す操作(マウスのクリック)を実行した場合と同じ処理を行います。
      • doClick

        public void doClick​(int pressTime)
        プログラム上で「クリック」を実行します。 ユーザーがマウスのボタンを押し、すぐに離す操作(マウスのクリック)を実行した場合と同じ処理を行います。 pressTimeに設定された時間(ミリ秒単位)だけ、ボタンの表示が「押された」状態になります。
        パラメータ:
        pressTime - ボタンを「押し続ける」時間(ミリ秒単位)
      • setMargin

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The space between the button\'s border and the label.")
        public void setMargin​(Insets m)
        ボタンのボーダーとラベルの間のマージンを設定します。 nullに設定すると、ボタンはデフォルトのマージンを使用します。 ボタンのデフォルトのBorderオブジェクトは、この値を使用して適切なマージンを作成します。 ただし、ボタンにデフォルト以外の境界が設定されている場合は、Borderオブジェクトが適切なマージン空白を作成します(それ以外の場合、このプロパティは事実上無視されます)。
        パラメータ:
        m - ボーダーとラベルの間のマージン
      • getMargin

        public Insets getMargin()
        ボタンのボーダーとラベルの間のマージンを返します。
        戻り値:
        ボタンのボーダーとラベルの間のマージンを指定するInsetsオブジェクト
        関連項目:
        setMargin(java.awt.Insets)
      • getIcon

        public Icon getIcon()
        デフォルトのアイコンを返します。
        戻り値:
        デフォルトのIcon
        関連項目:
        setIcon(javax.swing.Icon)
      • setIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The button\'s default icon")
        public void setIcon​(Icon defaultIcon)
        ボタンのデフォルトのアイコンを設定します。 明示的な指定がない場合、このアイコンはボタンが「押された」状態、および「無効な」状態を示すアイコンにも使用されます。
        パラメータ:
        defaultIcon - デフォルト状態の表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getIcon(), setPressedIcon(javax.swing.Icon)
      • getPressedIcon

        public Icon getPressedIcon()
        押された状態のボタンのアイコンを返します。
        戻り値:
        pressedIconプロパティ
        関連項目:
        setPressedIcon(javax.swing.Icon)
      • setPressedIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The pressed icon for the button.")
        public void setPressedIcon​(Icon pressedIcon)
        押された状態のボタンのアイコンを設定します。
        パラメータ:
        pressedIcon - 「押されたボタン」の表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getPressedIcon()
      • getSelectedIcon

        public Icon getSelectedIcon()
        選択された状態のボタンのアイコンを返します。
        戻り値:
        selectedIconプロパティ
        関連項目:
        setSelectedIcon(javax.swing.Icon)
      • setSelectedIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The selected icon for the button.")
        public void setSelectedIcon​(Icon selectedIcon)
        選択された状態のボタンのアイコンを設定します。
        パラメータ:
        selectedIcon - 「選択されたボタン」の表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getSelectedIcon()
      • getRolloverIcon

        public Icon getRolloverIcon()
        反転した状態のボタンのアイコンを返します。
        戻り値:
        rolloverIconプロパティ
        関連項目:
        setRolloverIcon(javax.swing.Icon)
      • setRolloverIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The rollover icon for the button.")
        public void setRolloverIcon​(Icon rolloverIcon)
        反転した状態のボタンのアイコンを設定します。
        パラメータ:
        rolloverIcon - 「反転した状態のボタン」の表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getRolloverIcon()
      • getRolloverSelectedIcon

        public Icon getRolloverSelectedIcon()
        反転して選択された状態のボタンのアイコンを返します。
        戻り値:
        rolloverSelectedIconプロパティ
        関連項目:
        setRolloverSelectedIcon(javax.swing.Icon)
      • setRolloverSelectedIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The rollover selected icon for the button.")
        public void setRolloverSelectedIcon​(Icon rolloverSelectedIcon)
        反転して選択された状態のボタンのアイコンを設定します。
        パラメータ:
        rolloverSelectedIcon - 「反転して選択された状態のボタン」の表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getRolloverSelectedIcon()
      • getDisabledIcon

        public Icon getDisabledIcon()
        無効な状態のボタンのアイコンを返します。 無効な状態のアイコンが設定されていない場合は、呼出しがルック・アンド・フィールに転送されて、適切な状態のアイコンが構築されます。

        ルック・アンド・フィールによっては無効な状態のアイコンがレンダリングされないことがあり、その場合、無効な状態のアイコンは無視されます。

        戻り値:
        disabledIconプロパティ
        関連項目:
        getPressedIcon(), setDisabledIcon(javax.swing.Icon), LookAndFeel.getDisabledIcon(javax.swing.JComponent, javax.swing.Icon)
      • setDisabledIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The disabled icon for the button.")
        public void setDisabledIcon​(Icon disabledIcon)
        無効な状態のボタンのアイコンを設定します。
        パラメータ:
        disabledIcon - 無効な状態のボタンの表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getDisabledIcon()
      • getDisabledSelectedIcon

        public Icon getDisabledSelectedIcon()
        無効で、かつ選択されている状態のボタンのアイコンを返します。 無効な状態のアイコンが設定されていない場合は、呼出しがLookAndFeelに転送され、選択状態のアイコンが設定されていれば、選択状態のアイコンから適切な無効な状態のアイコンが構築され、選択状態のアイコンが設定されていなければgetDisabledIcon()が呼び出されます。

        ルック・アンド・フィールによっては、無効で、かつ選択されている状態のアイコンがレンダリングされないことがあり、その場合、これは無視されます。

        戻り値:
        disabledSelectedIconプロパティ
        関連項目:
        getDisabledIcon(), setDisabledSelectedIcon(javax.swing.Icon), LookAndFeel.getDisabledSelectedIcon(javax.swing.JComponent, javax.swing.Icon)
      • setDisabledSelectedIcon

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="The disabled selection icon for the button.")
        public void setDisabledSelectedIcon​(Icon disabledSelectedIcon)
        無効かつ選択状態のボタンのアイコンを設定します。
        パラメータ:
        disabledSelectedIcon - 無効かつ選択状態のボタンの表示に使用されるアイコン
        関連項目:
        getDisabledSelectedIcon()
      • getVerticalAlignment

        public int getVerticalAlignment()
        アイコンとテキストの垂直方向の配置を返します。
        戻り値:
        verticalAlignmentプロパティ。次の値のいずれか。
        • SwingConstants.CENTER (デフォルト)
        • SwingConstants.TOP
        • SwingConstants.BOTTOM
      • setVerticalAlignment

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      enumerationValues={"SwingConstants.TOP","SwingConstants.CENTER","SwingConstants.BOTTOM"},
                      description="The vertical alignment of the icon and text.")
        public void setVerticalAlignment​(int alignment)
        アイコンとテキストの垂直方向の配置を設定します。
        パラメータ:
        alignment - 次の値のいずれか。
        • SwingConstants.CENTER (デフォルト)
        • SwingConstants.TOP
        • SwingConstants.BOTTOM
        例外:
        IllegalArgumentException - 配置が前述の正当な値のリストにない場合
      • getHorizontalAlignment

        public int getHorizontalAlignment()
        アイコンとテキストの水平方向の配置を返します。 AbstractButtonのデフォルトはSwingConstants.CENTERですが、JCheckBoxなどのサブクラスは、これとは別のデフォルトを使用します。
        戻り値:
        horizontalAlignmentプロパティ。次の値のいずれか。
        • SwingConstants.RIGHT
        • SwingConstants.LEFT
        • SwingConstants.CENTER
        • SwingConstants.LEADING
        • SwingConstants.TRAILING
      • setHorizontalAlignment

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      enumerationValues={"SwingConstants.LEFT","SwingConstants.CENTER","SwingConstants.RIGHT","SwingConstants.LEADING","SwingConstants.TRAILING"},
                      description="The horizontal alignment of the icon and text.")
        public void setHorizontalAlignment​(int alignment)
        アイコンとテキストの水平方向の配置を設定します。 AbstractButtonのデフォルトはSwingConstants.CENTERですが、JCheckBoxなどのサブクラスは、これとは別のデフォルトを使用します。
        パラメータ:
        alignment - 配置の値。次の値のいずれか。
        • SwingConstants.RIGHT
        • SwingConstants.LEFT
        • SwingConstants.CENTER
        • SwingConstants.LEADING
        • SwingConstants.TRAILING
        例外:
        IllegalArgumentException - 配置が有効な値のいずれかでない場合
      • getVerticalTextPosition

        public int getVerticalTextPosition()
        アイコンに対するテキストの位置(垂直方向)を返します。
        戻り値:
        verticalTextPositionプロパティ。次の値のいずれか。
        • SwingConstants.CENTER (デフォルト)
        • SwingConstants.TOP
        • SwingConstants.BOTTOM
      • setVerticalTextPosition

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      enumerationValues={"SwingConstants.TOP","SwingConstants.CENTER","SwingConstants.BOTTOM"},
                      description="The vertical position of the text relative to the icon.")
        public void setVerticalTextPosition​(int textPosition)
        アイコンに対するテキストの位置(垂直方向)を設定します。
        パラメータ:
        textPosition - 次の値のいずれか。
        • SwingConstants.CENTER (デフォルト)
        • SwingConstants.TOP
        • SwingConstants.BOTTOM
      • getHorizontalTextPosition

        public int getHorizontalTextPosition()
        アイコンに対するテキストの位置(水平方向)を返します。
        戻り値:
        horizontalTextPositionプロパティ。次の値のいずれか。
        • SwingConstants.RIGHT
        • SwingConstants.LEFT
        • SwingConstants.CENTER
        • SwingConstants.LEADING
        • SwingConstants.TRAILING (デフォルト)
      • setHorizontalTextPosition

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      enumerationValues={"SwingConstants.LEFT","SwingConstants.CENTER","SwingConstants.RIGHT","SwingConstants.LEADING","SwingConstants.TRAILING"},
                      description="The horizontal position of the text relative to the icon.")
        public void setHorizontalTextPosition​(int textPosition)
        アイコンに対するテキストの位置(水平方向)を設定します。
        パラメータ:
        textPosition - 次の値のいずれか。
        • SwingConstants.RIGHT
        • SwingConstants.LEFT
        • SwingConstants.CENTER
        • SwingConstants.LEADING
        • SwingConstants.TRAILING (デフォルト)
        例外:
        IllegalArgumentException - textPositionが上記の正当な値のどれでもない場合
      • getIconTextGap

        public int getIconTextGap()
        このボタンに表示されているテキストとアイコンとの距離を返します。
        戻り値:
        テキスト、アイコン間のピクセル数を示すint値。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setIconTextGap(int)
      • setIconTextGap

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="If both the icon and text properties are set, this property defines the space between them.")
        public void setIconTextGap​(int iconTextGap)
        アイコン・プロパティとテキスト・プロパティが両方とも設定されている場合に、このプロパティはそれらの間の距離を定義します。

        このプロパティのデフォルト値は4ピクセルです。

        これはJavaBeansバウンド・プロパティです。

        パラメータ:
        iconTextGap - これらのプロパティが設定されている場合、アイコンとテキストの間のスペース。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getIconTextGap()
      • checkHorizontalKey

        protected int checkHorizontalKey​(int key,
                                         String exception)
        horizontalAlignmentプロパティとhorizontalTextPositionプロパティに対してkey引数が正当な値であるかどうかを判定します。 有効な値は次のとおりです。
        • SwingConstants.RIGHT
        • SwingConstants.LEFT
        • SwingConstants.CENTER
        • SwingConstants.LEADING
        • SwingConstants.TRAILING
        パラメータ:
        key - チェックするプロパティ値
        exception - 値が無効である場合にスローされるIllegalArgumentExceptionで使用されるメッセージ
        戻り値:
        key引数
        例外:
        IllegalArgumentException - キーが前述の正当な値のリストにない場合
        関連項目:
        setHorizontalTextPosition(int), setHorizontalAlignment(int)
      • checkVerticalKey

        protected int checkVerticalKey​(int key,
                                       String exception)
        key引数が垂直方向のプロパティにとって正当な値であるかどうかを判定します。 有効な値は次のとおりです。
        • SwingConstants.CENTER
        • SwingConstants.TOP
        • SwingConstants.BOTTOM
        パラメータ:
        key - チェックするプロパティ値
        exception - 値が無効である場合にスローされるIllegalArgumentExceptionで使用されるメッセージ
        戻り値:
        key引数
        例外:
        IllegalArgumentException - キーが前述の正当な値のリストにない場合
      • removeNotify

        public void removeNotify()
        このコンポーネントに親コンポーネントがなくなったことを、このコンポーネントに通知します。 このメソッドが呼び出されると、親コンポーネントのチェーンに設定されたKeyboardActionが削除されます。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。
        Overrides:
        removeNotify 、クラス:  JComponent
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        JComponent.registerKeyboardAction(java.awt.event.ActionListener, java.lang.String, javax.swing.KeyStroke, int)
      • setActionCommand

        public void setActionCommand​(String actionCommand)
        ボタンのアクションのコマンドを設定します。
        パラメータ:
        actionCommand - このボタンのアクションのコマンド
      • getActionCommand

        public String getActionCommand()
        ボタンのアクション・コマンドを返します。
        戻り値:
        このボタンのアクションのコマンド
      • setAction

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="the Action instance connected with this ActionEvent source")
        public void setAction​(Action a)
        Actionを設定します。 新しいActionは設定済みのActionと置き換わりますが、ActionListenersで独立して追加されたaddActionListenerには影響しません。 Actionがボタンにすでに登録されているActionListenerである場合、再登録されません。

        Actionを設定すると、「ActionをサポートするSwingコンポーネント」で説明されているすべてのプロパティがすぐに変更されます。 続いて、Actionのプロパティの変更に合わせて、ボタンのプロパティが自動的に更新されます。

        このメソッドは、Actionのプロパティ値を設定し、追跡するために、ほかの3つのメソッドを使用します。 このメソッドは、ボタンのプロパティをただちに変更するために、configurePropertiesFromActionメソッドを使用します。 Actionのプロパティ値の変更を追跡するために、このメソッドはcreateActionPropertyChangeListenerから返されるPropertyChangeListenerを登録します。 デフォルトのPropertyChangeListenerは、Actionのプロパティに変更があると、actionPropertyChangedメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        a - AbstractButtonAction、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, getAction(), configurePropertiesFromAction(javax.swing.Action), createActionPropertyChangeListener(javax.swing.Action), actionPropertyChanged(javax.swing.Action, java.lang.String)
      • getAction

        public Action getAction()
        このActionEventソースに現在設定されているActionを返します。Actionが設定されていない場合は、nullを返します。
        戻り値:
        このActionEventソースのAction、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, setAction(javax.swing.Action)
      • configurePropertiesFromAction

        protected void configurePropertiesFromAction​(Action a)
        指定されたActionのプロパティに一致するように、このボタンにプロパティを設定します。 これによって設定されるプロパティの詳細は、「ActionをサポートするSwingコンポーネント」を参照してください。
        パラメータ:
        a - プロパティを取得するAction、またはnull
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, setAction(javax.swing.Action)
      • actionPropertyChanged

        protected void actionPropertyChanged​(Action action,
                                             String propertyName)
        関連アクションのプロパティの変更に応じてボタンの状態を更新します。 このメソッドは、createActionPropertyChangeListenerから返されるPropertyChangeListenerから呼び出されます。 サブクラスは、通常、これを呼び出す必要はありません。 追加のActionプロパティをサポートするサブクラスは、これとconfigurePropertiesFromActionをオーバーライドする必要があります。

        このメソッドによって設定されるプロパティのリストは、「ActionをサポートするSwingコンポーネント」の表を参照してください。

        パラメータ:
        action - このボタンに関連付けられたAction
        propertyName - 変更されたプロパティの名前
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Action, configurePropertiesFromAction(javax.swing.Action)
      • createActionPropertyChangeListener

        protected PropertyChangeListener createActionPropertyChangeListener​(Action a)
        指定されたActionからの変更を待機し、適切なプロパティを更新する役割を担うPropertyChangeListenerを作成して、返します。

        警告: これをサブクラス化する場合、匿名の内部クラスは作成しないでください。 作成すると、ボタンの寿命がActionの寿命に拘束されます。

        パラメータ:
        a - ボタンのアクション
        戻り値:
        PropertyChangeListener
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action, setAction(javax.swing.Action)
      • isBorderPainted

        public boolean isBorderPainted()
        borderPaintedプロパティを取得します。
        戻り値:
        borderPaintedプロパティの値
        関連項目:
        setBorderPainted(boolean)
      • setBorderPainted

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="Whether the border should be painted.")
        public void setBorderPainted​(boolean b)
        borderPaintedプロパティを設定します。 trueでボタンがボーダーを持つ場合は、ボーダーがペイントされます。 borderPaintedプロパティのデフォルト値はtrueです。

        ルック・アンド・フィールによってはborderPaintedプロパティがサポートされない場合があり、その場合、これは無視されます。

        パラメータ:
        b - trueであり、ボーダーのプロパティがnullでない場合、ボーダーをペイントする
        関連項目:
        isBorderPainted()
      • isFocusPainted

        public boolean isFocusPainted()
        paintFocusプロパティを取得します。
        戻り値:
        paintFocusプロパティ
        関連項目:
        setFocusPainted(boolean)
      • setFocusPainted

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="Whether focus should be painted")
        public void setFocusPainted​(boolean b)
        paintFocusプロパティを設定します。フォーカス状態をペイントするためには、このプロパティがtrueである必要があります。 paintFocusプロパティのデフォルト値はtrueです。 一部のルック・アンド・フィールはフォーカス状態をペイントしないことがあります。それらはこのプロパティを無視します。
        パラメータ:
        b - trueの場合、フォーカス状態をペイントする
        関連項目:
        isFocusPainted()
      • isContentAreaFilled

        public boolean isContentAreaFilled()
        contentAreaFilledプロパティを取得します。
        戻り値:
        contentAreaFilledプロパティ
        関連項目:
        setContentAreaFilled(boolean)
      • setContentAreaFilled

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="Whether the button should paint the content area or leave it transparent.")
        public void setContentAreaFilled​(boolean b)
        contentAreaFilledプロパティを設定します。 trueの場合、ボタンのコンテンツ領域がペイントされます。 たとえばアイコンだけのボタンのように、透過ボタンにする場合はfalseに設定するようにしてください。 setOpaque(false)の呼出しは行いません。 contentAreaFilledプロパティのデフォルト値はtrueです。

        この関数は、コンポーネントの透過プロパティを変更する可能性があります。

        この関数を呼び出した場合の正確な動作は、コンポーネントごとおよびL&Fごとに異なります。

        パラメータ:
        b - trueの場合はコンテンツが塗りつぶされ、falseの場合はコンテンツ領域は塗りつぶされない
        関連項目:
        isContentAreaFilled(), JComponent.setOpaque(boolean)
      • isRolloverEnabled

        public boolean isRolloverEnabled()
        rolloverEnabledプロパティを取得します。
        戻り値:
        rolloverEnabledプロパティの値
        関連項目:
        setRolloverEnabled(boolean)
      • setRolloverEnabled

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="Whether rollover effects should be enabled.")
        public void setRolloverEnabled​(boolean b)
        rolloverEnabledプロパティを設定します。反転の効果をペイントするためには、このプロパティがtrueである必要があります。 rolloverEnabledプロパティのデフォルト値はfalseです。 一部のルック・アンド・フィールはロールオーバー効果を実装しないことがあります。それらはこのプロパティを無視します。
        パラメータ:
        b - trueの場合、反転の効果をペイントする
        関連項目:
        isRolloverEnabled()
      • getMnemonic

        public int getMnemonic()
        現在のモデルからキーボード・ニーモニックを返します。
        戻り値:
        モデルのキーボード・ニーモニック
      • setMnemonic

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="the keyboard character mnemonic")
        public void setMnemonic​(int mnemonic)
        現在のモデルにキーボード・ニーモニックを設定します。 ニーモニックは、フォーカスがこのボタンの上位ウィンドウのどこかにある場合に、ルック・アンド・フィールのマウスなし修飾子(通常はAlt)と組み合わせて、このボタンを有効化するキーです。

        ニーモニックはキーボード上の1つのキーに対応している必要があり、java.awt.event.KeyEventで定義されるVK_XXXキー・コードのどれかを使用して指定します。 これらのコード、およびインターナショナル・キーボード用のより広いコードの配列をjava.awt.event.KeyEvent.getExtendedKeyCodeForCharによって取得できます。 大文字、小文字は区別されないため、対応するキー・コードのキー・イベントは、Shiftキーが押されているかどうかにかかわらず、ボタンを有効化します。

        ニーモニックで定義されている文字がボタンのラベル文字列にある場合は、その最初の文字に下線が付けられ、ニーモニックであることをユーザーに知らせます。

        パラメータ:
        mnemonic - ニーモニックを表すキー・コード
        関連項目:
        KeyEventsetDisplayedMnemonicIndex(int)
      • setMnemonic

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="the keyboard character mnemonic")
        public void setMnemonic​(char mnemonic)
        このメソッドは現在使われていません。ボタンのニーモニック設定にはsetMnemonic(int)を使用してください。 このメソッドは、「a」から「z」または「A」から「Z」までの文字値を処理するようにのみ設計されています。
        パラメータ:
        mnemonic - ニーモニック値を指定する文字
        関連項目:
        setMnemonic(int)
      • setDisplayedMnemonicIndex

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="the index into the String to draw the keyboard character mnemonic at")
        public void setDisplayedMnemonicIndex​(int index)
                                       throws IllegalArgumentException
        ニーモニックを表すためにテキストのどの文字を装飾するかについてのヒントを、ルック・アンド・フィールに提供します。 すべてのルック・アンド・フィールがこれをサポートしているわけではありません。 値 -1はニーモニックがないか、ニーモニック文字が文字列に含まれていないか、開発者がニーモニックを表示させないようにしていることを示します。

        この値は、ニーモニックの変更(ニーモニック自身またはテキストの変更など)に関連するプロパティとして更新されます。 デフォルトの文字を下線付きでないようにする場合、これだけを呼び出す必要があります。 たとえば、ニーモニック「a」を持つテキスト「Save As」について、「Save As」のようにAを修飾する場合は、setMnemonic(KeyEvent.VK_A)を呼び出してからsetDisplayedMnemonicIndex(5)を呼び出します。

        パラメータ:
        index - 下線を付けるStringに対するインデックス
        例外:
        IllegalArgumentException - indexがテキストの長さ以上、または -1より小さい場合にスローされる
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getDisplayedMnemonicIndex()
      • getDisplayedMnemonicIndex

        public int getDisplayedMnemonicIndex()
        ルック・アンド・フィールがニーモニック文字を表すための修飾を提供する文字をインデックスとして返します。
        戻り値:
        ニーモニック文字を表すインデックス
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setDisplayedMnemonicIndex(int)
      • setMultiClickThreshhold

        public void setMultiClickThreshhold​(long threshhold)
        マウスのボタンを押すイベントが対応するアクション・イベントを生成するまでに必要な時間をミリ秒単位で設定します。 最初にマウスのボタンが押され、アクション・イベントが生成されると、しきい値より短い間隔でマウスのボタンが押されることで発生する後続イベントは無視され、これに対するアクション・イベントは生成されません。 しきい値はデフォルトではゼロであり、どんなに速くマウスのボタンをクリックしても、対応するアクション・イベントがトリガーされます。 たとえばダイアログの「OK」ボタンなどの、このような動作が望ましくないボタンでは、このしきい値に適切な正の数値を設定します。
        パラメータ:
        threshhold - マウスのボタンを押すイベントが対応するアクション・イベントを生成するまでの所要時間
        例外:
        IllegalArgumentException - しきい値が0より小さい場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getMultiClickThreshhold()
      • getMultiClickThreshhold

        public long getMultiClickThreshhold()
        マウスのボタンを押すイベントが、対応するアクション・イベントを生成するまでに必要な時間をミリ秒単位で返します。
        戻り値:
        マウスのボタンを押すイベントが対応するアクション・イベントを生成するまでの所要時間
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setMultiClickThreshhold(long)
      • setModel

        @BeanProperty(description="Model that the Button uses.")
        public void setModel​(ButtonModel newModel)
        このボタンが表すモデルを設定します。
        パラメータ:
        newModel - 新しいButtonModel
        関連項目:
        getModel()
      • setUI

        @BeanProperty(hidden=true,
                      visualUpdate=true,
                      description="The UI object that implements the LookAndFeel.")
        public void setUI​(ButtonUI ui)
        このコンポーネントを描画するL&Fオブジェクトを設定します。
        パラメータ:
        ui - ButtonUI L&Fオブジェクト
        関連項目:
        getUI()
      • addChangeListener

        public void addChangeListener​(ChangeListener l)
        ボタンにChangeListenerを追加します。
        パラメータ:
        l - 追加されるリスナー
      • removeChangeListener

        public void removeChangeListener​(ChangeListener l)
        ボタンからChangeListenerを削除します。
        パラメータ:
        l - 削除されるリスナー
      • getChangeListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public ChangeListener[] getChangeListeners()
        addChangeListener()でこのAbstractButtonに追加される、すべてのChangeListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのChangeListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • fireStateChanged

        protected void fireStateChanged()
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。 イベント・インスタンスが作成されます。
        関連項目:
        EventListenerList
      • addActionListener

        public void addActionListener​(ActionListener l)
        ボタンにActionListenerを追加します。
        パラメータ:
        l - 追加されるActionListener
      • removeActionListener

        public void removeActionListener​(ActionListener l)
        ボタンからActionListenerを削除します。 リスナーがボタンに現在設定されているActionの場合、Actionnullに設定されます。
        パラメータ:
        l - 削除されるリスナー
      • getActionListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public ActionListener[] getActionListeners()
        addActionListener()を使用してこのAbstractButtonに追加されたすべてのActionListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのActionListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • createChangeListener

        protected ChangeListener createChangeListener()
        サブクラスが別の方法でChangeEventsを処理する場合は、このメソッドをオーバーライドして別のChangeListenerの実装を返すことができます。
        戻り値:
        新しいChangeListener
      • fireActionPerformed

        protected void fireActionPerformed​(ActionEvent event)
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。 イベント・インスタンスはeventパラメータで遅延生成されます。
        パラメータ:
        event - ActionEventオブジェクト
        関連項目:
        EventListenerList
      • fireItemStateChanged

        protected void fireItemStateChanged​(ItemEvent event)
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。 イベント・インスタンスはeventパラメータで遅延生成されます。
        パラメータ:
        event - ItemEventオブジェクト
        関連項目:
        EventListenerList
      • createActionListener

        protected ActionListener createActionListener()
        モデルに追加されたActionListenerを返します。
        戻り値:
        ActionListener
      • createItemListener

        protected ItemListener createItemListener()
        モデルに追加されたItemListenerを返します。
        戻り値:
        ItemListener
      • getLabel

        @Deprecated
        public String getLabel()
        非推奨。
        - getTextに置き換えられています
        ラベルのテキストを返します。
        戻り値:
        ラベルが格納されているString
      • setLabel

        @Deprecated
        @BeanProperty(description="Replace by setText(text)")
        public void setLabel​(String label)
        非推奨。
        - setText(text)に置き換えられています
        ラベルのテキストを設定します。
        パラメータ:
        label - テキストが格納されているString
      • addItemListener

        public void addItemListener​(ItemListener l)
        checkboxItemListenerを追加します。
        定義:
        addItemListener 、インタフェース: ItemSelectable
        パラメータ:
        l - 追加されるItemListener
        関連項目:
        ItemEvent
      • getItemListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public ItemListener[] getItemListeners()
        addItemListener()でこのAbstractButtonに追加される、すべてのItemListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのItemListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getSelectedObjects

        @BeanProperty(bound=false)
        public Object[] getSelectedObjects()
        ラベルを含んでいる長さ1の配列、あるいはボタンが選択されていない場合はnullを返します。
        定義:
        getSelectedObjects 、インタフェース: ItemSelectable
        戻り値:
        ボタンが選択されている場合は、ボタンのテキストである1オブジェクトを含む配列。そうでない場合はnull
      • init

        protected void init​(String text,
                            Icon icon)
        AbstractButtonの初期化。
        パラメータ:
        text - ボタンのテキスト
        icon - ボタン上に表示するアイコン・イメージ
      • imageUpdate

        public boolean imageUpdate​(Image img,
                                   int infoflags,
                                   int x,
                                   int y,
                                   int w,
                                   int h)
        現在のIconImageが、渡されたImage imgと異なる場合は、オーバーライドされてfalseを返します。
        定義:
        imageUpdate 、インタフェース: ImageObserver
        Overrides:
        imageUpdate 、クラス:  Component
        パラメータ:
        img - 比較対象のImage
        infoflags - イメージが更新されたときにボタンの再ペイントに使用されるフラグ。どれだけペイントするかを判定する
        x - x座標
        y - y座標
        w - 幅
        h - 高さ
        戻り値:
        イメージ全体がロードされることをinfoflagsが示す場合はfalse、そうでない場合はtrue
        関連項目:
        ImageObserverComponent.imageUpdate(java.awt.Image, int, int, int, int, int)
      • paramString

        protected String paramString()
        このAbstractButtonの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。

        JFCコンポーネントの特定の新しい側面についての情報を提供するには、paramStringをオーバーライドします。

        Overrides:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このAbstractButtonの文字列表現