モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJButton

    • コンストラクタの詳細

      • JButton

        public JButton()
        テキストおよびアイコンなしのボタンを生成します。
      • JButton

        public JButton​(Icon icon)
        アイコン付きのボタンを生成します。
        パラメータ:
        icon - ボタン上に表示するアイコン・イメージ
      • JButton

        @ConstructorProperties("text")
        public JButton​(String text)
        テキスト付きのボタンを生成します。
        パラメータ:
        text - ボタンのテキスト
      • JButton

        public JButton​(Action a)
        指定されたActionからプロパティを取得してボタンを生成します。
        パラメータ:
        a - 新しいボタンの指定に使用するAction
        導入されたバージョン:
        1.3
      • JButton

        public JButton​(String text,
                       Icon icon)
        初期テキストおよびアイコン付きのボタンを生成します。
        パラメータ:
        text - ボタンのテキスト
        icon - ボタン上に表示するアイコン・イメージ
    • メソッドの詳細

      • updateUI

        public void updateUI()
        現在のルック・アンド・フィールからの値にUIプロパティをリセットします。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  AbstractButton
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • isDefaultButton

        @BeanProperty(bound=false,
                      description="Whether or not this button is the default button")
        public boolean isDefaultButton()
        defaultButtonプロパティの値を取得します。trueの場合、このボタンは、そのJRootPaneの現在のデフォルト・ボタンです。 デフォルト・ボタンのレンダリングはルック・アンド・フィールによって異なり、またデフォルト・ボタンにアクセスするためのバインディングも提供される場合があります。
        戻り値:
        defaultButtonプロパティの値
        関連項目:
        JRootPane.setDefaultButton(javax.swing.JButton), isDefaultCapable()
      • setDefaultCapable

        @BeanProperty(visualUpdate=true,
                      description="Whether or not this button can be the default button")
        public void setDefaultCapable​(boolean defaultCapable)
        このボタンがルート・ペインのデフォルト・ボタンになるかどうかを判定するdefaultCapableプロパティを設定します。 他の値がルック・アンド・フィールで指定されていない場合、defaultCapableプロパティのデフォルト値は、trueになります。
        パラメータ:
        defaultCapable - このボタンがRootPane上のデフォルト・ボタンになる場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        isDefaultCapable()
      • paramString

        protected String paramString()
        このJButtonの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  AbstractButton
        戻り値:
        このJButtonの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false,
                      expert=true,
                      description="The AccessibleContext associated with this Button.")
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJButtonに関連付けられているAccessibleContextを取得します。 JButtonの場合、AccessibleContextAccessibleJButtonの形式を取ります。 必要に応じて、新しいAccessibleJButtonインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJButtonAccessibleContextとして機能するAccessibleJButton