モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJFileChooser

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible

    @JavaBean(defaultProperty="UI",
              description="A component which allows for the interactive selection of a file.")
    public class JFileChooser
    extends JComponent
    implements Accessible
    JFileChooserは、ユーザーがファイルを選択するための単純なメカニズムを提供します。 JFileChooserの情報については、「The Java Tutorial」の「How to Use File Choosers」を参照してください。

    次のコードは、ユーザーのホーム・ディレクトリで、.jpgと.gifイメージのみを表示するファイル・チューザを表示します。

        JFileChooser chooser = new JFileChooser();
        FileNameExtensionFilter filter = new FileNameExtensionFilter(
            "JPG & GIF Images", "jpg", "gif");
        chooser.setFileFilter(filter);
        int returnVal = chooser.showOpenDialog(parent);
        if(returnVal == JFileChooser.APPROVE_OPTION) {
           System.out.println("You chose to open this file: " +
                chooser.getSelectedFile().getName());
        }
     

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、「Swing's Threading Policy」を参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • OPEN_DIALOG

        public static final int OPEN_DIALOG
        JFileChooserがファイルを開く操作をサポートすることを示すダイアログ型の値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SAVE_DIALOG

        public static final int SAVE_DIALOG
        JFileChooserがファイル保存操作をサポートすることを示すダイアログ型の値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CUSTOM_DIALOG

        public static final int CUSTOM_DIALOG
        開発者が指定したファイル操作をJFileChooserがサポートすることを示すダイアログ型の値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CANCEL_OPTION

        public static final int CANCEL_OPTION
        「cancel」が選択された場合の戻り値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • APPROVE_OPTION

        public static final int APPROVE_OPTION
        応答ボタン(「yes」、「ok」)が選択された場合の戻り値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ERROR_OPTION

        public static final int ERROR_OPTION
        エラーが発生した場合の戻り値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILES_ONLY

        public static final int FILES_ONLY
        ファイルだけを表示する命令です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DIRECTORIES_ONLY

        public static final int DIRECTORIES_ONLY
        ディレクトリだけを表示する命令です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILES_AND_DIRECTORIES

        public static final int FILES_AND_DIRECTORIES
        ファイルとディレクトリの両方を表示する命令です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • APPROVE_SELECTION

        public static final String APPROVE_SELECTION
        現在の選択を承認する命令です。「yes」または「ok」を押す操作と同じ働きをします。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • APPROVE_BUTTON_TEXT_CHANGED_PROPERTY

        public static final String APPROVE_BUTTON_TEXT_CHANGED_PROPERTY
        応答(「yes」、「ok」)ボタンのテキストの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • APPROVE_BUTTON_TOOL_TIP_TEXT_CHANGED_PROPERTY

        public static final String APPROVE_BUTTON_TOOL_TIP_TEXT_CHANGED_PROPERTY
        応答(「yes」、「ok」)ボタンのツールヒント・テキストの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • APPROVE_BUTTON_MNEMONIC_CHANGED_PROPERTY

        public static final String APPROVE_BUTTON_MNEMONIC_CHANGED_PROPERTY
        応答(「yes」、「ok」)ボタンのニーモニックの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CONTROL_BUTTONS_ARE_SHOWN_CHANGED_PROPERTY

        public static final String CONTROL_BUTTONS_ARE_SHOWN_CHANGED_PROPERTY
        コントロール・ボタンを表示する命令です。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DIRECTORY_CHANGED_PROPERTY

        public static final String DIRECTORY_CHANGED_PROPERTY
        ユーザーのディレクトリの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SELECTED_FILE_CHANGED_PROPERTY

        public static final String SELECTED_FILE_CHANGED_PROPERTY
        ユーザーの単一ファイル選択の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • SELECTED_FILES_CHANGED_PROPERTY

        public static final String SELECTED_FILES_CHANGED_PROPERTY
        ユーザーの複数ファイル選択の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • MULTI_SELECTION_ENABLED_CHANGED_PROPERTY

        public static final String MULTI_SELECTION_ENABLED_CHANGED_PROPERTY
        複数ファイルの選択を有効にします。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILE_SYSTEM_VIEW_CHANGED_PROPERTY

        public static final String FILE_SYSTEM_VIEW_CHANGED_PROPERTY
        システム上の利用可能ドライブを検索するために別のオブジェクトが使われていることを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILE_VIEW_CHANGED_PROPERTY

        public static final String FILE_VIEW_CHANGED_PROPERTY
        ファイル情報を取得するために別のオブジェクトが使われていることを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILE_HIDING_CHANGED_PROPERTY

        public static final String FILE_HIDING_CHANGED_PROPERTY
        隠しファイルの表示プロパティの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILE_FILTER_CHANGED_PROPERTY

        public static final String FILE_FILTER_CHANGED_PROPERTY
        表示するファイルの種類をユーザーが変更したことを識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FILE_SELECTION_MODE_CHANGED_PROPERTY

        public static final String FILE_SELECTION_MODE_CHANGED_PROPERTY
        選択の種類(単一、複数など)の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ACCESSORY_CHANGED_PROPERTY

        public static final String ACCESSORY_CHANGED_PROPERTY
        別のアクセサリ・コンポーネントが、たとえばファイルをプレビューするために使用されていることを示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ACCEPT_ALL_FILE_FILTER_USED_CHANGED_PROPERTY

        public static final String ACCEPT_ALL_FILE_FILTER_USED_CHANGED_PROPERTY
        AcceptAllFileFilterが使用中かどうかを識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DIALOG_TITLE_CHANGED_PROPERTY

        public static final String DIALOG_TITLE_CHANGED_PROPERTY
        ダイアログのタイトルの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • DIALOG_TYPE_CHANGED_PROPERTY

        public static final String DIALOG_TYPE_CHANGED_PROPERTY
        表示されるファイルの種類(ファイルのみ、ディレクトリのみ、または両方)の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CHOOSABLE_FILE_FILTER_CHANGED_PROPERTY

        public static final String CHOOSABLE_FILE_FILTER_CHANGED_PROPERTY
        ユーザーが選択できる定義済みファイル・フィルタ・リストの変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • accessibleContext

        protected AccessibleContext accessibleContext
        このJFileChooserに関連付けられたAccessibleContext
    • コンストラクタの詳細

      • JFileChooser

        public JFileChooser()
        ユーザーのデフォルト・ディレクトリを参照するJFileChooserを構築します。 このデフォルト・ディレクトリは、オペレーティング・システムによって異なります。 通常、Windowsでは「My Documents」フォルダ、UNIXではユーザーのホーム・ディレクトリです。
      • JFileChooser

        public JFileChooser​(String currentDirectoryPath)
        指定されたパスを使ってJFileChooserを構築します。 null文字列が渡された場合、ファイル・チューザはユーザーのデフォルト・ディレクトリを参照します。 このデフォルト・ディレクトリは、オペレーティング・システムによって異なります。 通常、Windowsでは「My Documents」フォルダ、UNIXではユーザーのホーム・ディレクトリです。
        パラメータ:
        currentDirectoryPath - ファイルまたはディレクトリのパスを指定するString
      • JFileChooser

        public JFileChooser​(File currentDirectory)
        指定されたFileをパスとして使ってJFileChooserを構築します。 nullファイルが渡された場合、ファイル・チューザはユーザーのデフォルト・ディレクトリを参照します。 このデフォルト・ディレクトリは、オペレーティング・システムによって異なります。 通常、Windowsでは「My Documents」フォルダ、UNIXではユーザーのホーム・ディレクトリです。
        パラメータ:
        currentDirectory - ファイルまたはディレクトリのパスを指定するFileオブジェクト
      • JFileChooser

        public JFileChooser​(FileSystemView fsv)
        指定されたFileSystemViewを使ってJFileChooserを構築します。
        パラメータ:
        fsv - FileSystemView
      • JFileChooser

        public JFileChooser​(File currentDirectory,
                            FileSystemView fsv)
        指定された現在のディレクトリとFileSystemViewを使ってJFileChooserを構築します。
        パラメータ:
        currentDirectory - ファイルまたはディレクトリのパスを指定するFileオブジェクト
        fsv - FileSystemView
      • JFileChooser

        public JFileChooser​(String currentDirectoryPath,
                            FileSystemView fsv)
        指定された現在のディレクトリ・パスとFileSystemViewを使ってJFileChooserを構築します。
        パラメータ:
        currentDirectoryPath - ファイルまたはディレクトリへのパスを指定するString
        fsv - FileSystemView
    • メソッドの詳細

      • setup

        protected void setup​(FileSystemView view)
        コンストラクタに共通の初期化およびセット・アップ処理を実行します。
        パラメータ:
        view - 設定に使用されるFileSystemView
      • setDragEnabled

        @BeanProperty(bound=false,
                      description="determines whether automatic drag handling is enabled")
        public void setDragEnabled​(boolean b)
        dragEnabledプロパティを設定します。このプロパティは、このコンポーネントの自動ドラッグ処理(ドラッグ・アンド・ドロップの最初の処理)を有効にするためにtrueである必要があります。 transferHandlerプロパティは、ドラッグでなんでもできるようにnull以外の値に設定する必要があります。 dragEnabledプロパティのデフォルト値はfalseです。

        自動ドラッグ処理が有効の場合、ほとんどのルック・アンド・フィールは、ユーザーが項目の上でマウス・ボタンを押して、マウスを数ピクセル移動すると常にドラッグ・アンド・ドロップ操作が始まります。 したがって、このプロパティをtrueに設定すると、選択の動作に微妙に影響する場合があります。

        ルック・アンド・フィールによっては、自動ドラッグ・アンド・ドロップ操作がサポートされていない場合があります。その場合、このプロパティは無視されます。 TransferHandlerexportAsDragメソッドを直接呼び出すようにコンポーネントを変更することにより、このようなルック・アンド・フィールを操作できます。

        パラメータ:
        b - dragEnabledプロパティに設定される値
        例外:
        HeadlessException - btrueで、GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), getDragEnabled(), JComponent.setTransferHandler(javax.swing.TransferHandler), TransferHandler
      • getDragEnabled

        public boolean getDragEnabled()
        dragEnabledプロパティの値を取得します。
        戻り値:
        dragEnabledプロパティの値
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        setDragEnabled(boolean)
      • getSelectedFile

        public File getSelectedFile()
        選択されたファイルを返します。 ファイルは、プログラマによってsetSelectedFileを通じて、または、UIへのファイル名の入力や、UIリストでのファイル選択などのユーザー・アクションによって設定できます。
        戻り値:
        選択されたファイル
        関連項目:
        setSelectedFile(java.io.File)
      • setSelectedFile

        @BeanProperty(preferred=true)
        public void setSelectedFile​(File file)
        選択されたファイルを設定します。 ファイルの親ディレクトリが現在のディレクトリでない場合は、現在のディレクトリがファイルの親ディレクトリに変更されます。
        パラメータ:
        file - 選択されたファイル
        関連項目:
        getSelectedFile()
      • getSelectedFiles

        public File[] getSelectedFiles()
        複数選択が許可されるようにファイル・チューザが設定されている場合に、選択されたファイルのリストを返します。
        戻り値:
        選択されたFileの配列
      • setSelectedFiles

        @BeanProperty(description="The list of selected files if the chooser is in multiple selection mode.")
        public void setSelectedFiles​(File[] selectedFiles)
        複数選択が許可されるようにファイル・チューザが設定されている場合は、選択されたファイルのリストを設定します。
        パラメータ:
        selectedFiles - 選択される配列File
      • getCurrentDirectory

        public File getCurrentDirectory()
        現在のディレクトリを返します。
        戻り値:
        現在のディレクトリ
        関連項目:
        setCurrentDirectory(java.io.File)
      • setCurrentDirectory

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The directory that the JFileChooser is showing files of.")
        public void setCurrentDirectory​(File dir)
        現在のディレクトリを設定します。 nullを渡すと、ファイル・チューザがユーザーのデフォルト・ディレクトリを参照するように設定されます。 このデフォルト・ディレクトリは、オペレーティング・システムによって異なります。 通常、Windowsでは「My Documents」フォルダ、UNIXではユーザーのホーム・ディレクトリです。 currentDirectoryとして渡されたファイルがディレクトリでない場合、そのファイルの親がcurrentDirectoryとして使われます。 親が探索可能でない場合は、探索可能なディレクトリが見つかるまで、またはファイル・システムのルートにたどりつくまで、親のツリーをルートに向かってたどります。
        パラメータ:
        dir - 現在のディレクトリ
        関連項目:
        getCurrentDirectory()
      • changeToParentDirectory

        public void changeToParentDirectory()
        現在のディレクトリの親に設定されるディレクトリを変更します。
        関連項目:
        getCurrentDirectory()
      • rescanCurrentDirectory

        public void rescanCurrentDirectory()
        現在のディレクトリを再走査し、新しいファイルのリストを取得するようUIに指示します。
      • ensureFileIsVisible

        public void ensureFileIsVisible​(File f)
        指定されたファイルが表示可能で、隠されないことを確認します。
        パラメータ:
        f - Fileオブジェクト
      • showOpenDialog

        public int showOpenDialog​(Component parent)
                           throws HeadlessException
        「ファイルを開く」ファイル・チューザ・ダイアログを表示します。 承認ボタンに表示されるテキストはL&Fによって決まります。
        パラメータ:
        parent - ダイアログの親のコンポーネント。nullも可。詳細はshowDialogを参照
        戻り値:
        ポップ・ダウン時に返されるファイル・チューザの状態。
        • JFileChooser.CANCEL_OPTION
        • JFileChooser.APPROVE_OPTION
        • エラーが発生した場合、またはダイアログが取り消された場合は、JFileChooser.ERROR_OPTION
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), showDialog(java.awt.Component, java.lang.String)
      • showSaveDialog

        public int showSaveDialog​(Component parent)
                           throws HeadlessException
        「ファイルの保存」ファイル・チューザ・ダイアログを表示します。 承認ボタンに表示されるテキストはL&Fによって決まります。
        パラメータ:
        parent - ダイアログの親のコンポーネント。nullも可。詳細はshowDialogを参照
        戻り値:
        ポップ・ダウン時に返されるファイル・チューザの状態。
        • JFileChooser.CANCEL_OPTION
        • JFileChooser.APPROVE_OPTION
        • エラーが発生した場合、またはダイアログが取り消された場合は、JFileChooser.ERROR_OPTION
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless(), showDialog(java.awt.Component, java.lang.String)
      • showDialog

        public int showDialog​(Component parent,
                              String approveButtonText)
                       throws HeadlessException
        カスタム承認ボタンとともにカスタム・ファイル・チューザを表示します。 たとえば、次のコードは、通常の「Save」または「Open」ボタンではなく「Run Application」ボタンの付いたファイル・チューザを表示します。
         filechooser.showDialog(parentFrame, "Run Application");
         
        また、次のコードでも同じことができます。
            JFileChooser chooser = new JFileChooser(null);
            chooser.setApproveButtonText("Run Application");
            chooser.showDialog(parentFrame, null);
         

        parent引数は、ファイルを開くダイアログが依存するフレーム、およびダイアログを配置するときにルック・アンド・フィールがその位置を考慮する必要があるコンポーネントを設定します。 親がJFrameなどのFrameオブジェクトの場合、ダイアログはフレームに依存しルック・アンド・フィールは、たとえばフレームの上の中央というようにフレームを基準にダイアログを配置します。 親がコンポーネントの場合は、ダイアログはコンポーネントを含むフレームに依存し、たとえばコンポーネントの上の中央というようにコンポーネントを基準に配置されます。 親がnullの場合は、ダイアログは不可視状態のウィンドウに依存し、画面の中央のようにルック・アンド・フィール依存の位置に配置されます。

        パラメータ:
        parent - ダイアログの親のコンポーネント。nullも可
        approveButtonText - ApproveButtonのテキスト
        戻り値:
        ポップ・ダウン時に返されるファイル・チューザの状態。
        • JFileChooser.CANCEL_OPTION
        • JFileChooser.APPROVE_OPTION
        • エラーが発生した場合、またはダイアログが取り消された場合は、JFileChooser.ERROR_OPTION
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • createDialog

        protected JDialog createDialog​(Component parent)
                                throws HeadlessException
        parentのフレーム内のparentの中央にthisをラップしている新しいJDialogを作成して返します。 さらにダイアログを操作したり、サイズ変更を使用不可にしたり、位置を設定したりするために、このメソッドがオーバーライドされる場合があります。次に例を示します。
             class MyFileChooser extends JFileChooser {
                 protected JDialog createDialog(Component parent) throws HeadlessException {
                     JDialog dialog = super.createDialog(parent);
                     dialog.setLocation(300, 200);
                     dialog.setResizable(false);
                     return dialog;
                 }
             }
         
        パラメータ:
        parent - ダイアログの親のコンポーネント。nullも可
        戻り値:
        このインスタンスを持つ新しいJDialog
        例外:
        HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返した場合。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        GraphicsEnvironment.isHeadless()
      • getControlButtonsAreShown

        public boolean getControlButtonsAreShown()
        controlButtonsAreShownプロパティの値を返します。
        戻り値:
        controlButtonsAreShownプロパティの値
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        setControlButtonsAreShown(boolean)
      • setControlButtonsAreShown

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets whether the approve & cancel buttons are shown.")
        public void setControlButtonsAreShown​(boolean b)
        approveボタンとcancelボタンをファイル・チューザに表示するかどうかを示すプロパティを設定します。 このプロパティはデフォルトでtrueです。 これらのボタンを常に表示するルック・アンド・フィールは、このプロパティの値を無視します。 このメソッドは、CONTROL_BUTTONS_ARE_SHOWN_CHANGED_PROPERTYの文字列値をプロパティ名として使用し、プロパティ変更イベントをトリガーします。
        パラメータ:
        b - コントロール・ボタンを表示する場合はtrue、そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        getControlButtonsAreShown(), CONTROL_BUTTONS_ARE_SHOWN_CHANGED_PROPERTY
      • getDialogType

        public int getDialogType()
        このダイアログの種類を返します。 デフォルトはJFileChooser.OPEN_DIALOGです。
        戻り値:
        the type of dialog to be displayed:
        • JFileChooser.OPEN_DIALOG
        • JFileChooser.SAVE_DIALOG
        • JFileChooser.CUSTOM_DIALOG
        関連項目:
        setDialogType(int)
      • setDialogType

        @BeanProperty(preferred=true,
                      enumerationValues={"JFileChooser.OPEN_DIALOG","JFileChooser.SAVE_DIALOG","JFileChooser.CUSTOM_DIALOG"},
                      description="The type (open, save, custom) of the JFileChooser.")
        public void setDialogType​(int dialogType)
        このダイアログの種類を設定します。 ファイル・チューザを呼び出してユーザーがファイルを開くことができるようにするには、OPEN_DIALOGを使用します。 同様に、ユーザーが保存するファイルを選択できるようにするにはSAVE_DIALOGを使用します。 「Open」や「Save」ではなく、コンテキストのファイル・チューザを使用する場合は、CUSTOM_DIALOGを使用します。 たとえば、ファイル・チューザを呼び出して、ユーザーが実行するファイルを選択できるようにするとします。 この場合、通常はCUSTOM_DIALOGを使用するためにJFileChooserを設定する必要はありません。setApproveButtonTextを呼び出すと、その処理を実行するからです。 デフォルトのダイアログの種類はJFileChooser.OPEN_DIALOGです。
        パラメータ:
        dialogType - 表示されるダイアログの種類。
        • JFileChooser.OPEN_DIALOG
        • JFileChooser.SAVE_DIALOG
        • JFileChooser.CUSTOM_DIALOG
        例外:
        IllegalArgumentException - dialogTypeが不正の場合
        関連項目:
        getDialogType(), setApproveButtonText(java.lang.String)
      • setDialogTitle

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The title of the JFileChooser dialog window.")
        public void setDialogTitle​(String dialogTitle)
        JFileChooserウィンドウのタイトル・バーに表示される文字列を設定します。
        パラメータ:
        dialogTitle - タイトル・バーの新しいString
        関連項目:
        getDialogTitle()
      • getDialogTitle

        public String getDialogTitle()
        JFileChooserのタイトル・バーに表示される文字列を返します。
        戻り値:
        JFileChooserウィンドウのタイトル・バーからの文字列
        関連項目:
        setDialogTitle(java.lang.String)
      • getApproveButtonMnemonic

        public int getApproveButtonMnemonic()
        「approve」ボタンのニーモニックを返します。
        戻り値:
        ニーモニック・キーを示す整数値
        関連項目:
        setApproveButtonMnemonic(int)
      • setApproveButtonMnemonic

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="The mnemonic key accelerator for the ApproveButton.")
        public void setApproveButtonMnemonic​(int mnemonic)
        数値キー・コードを使って「approve」ボタンのニーモニックを設定します。
        パラメータ:
        mnemonic - ニーモニック・キーを示す整数値
        関連項目:
        getApproveButtonMnemonic()
      • setApproveButtonMnemonic

        public void setApproveButtonMnemonic​(char mnemonic)
        文字列を使って「approve」ボタンのニーモニックを設定します。
        パラメータ:
        mnemonic - ニーモニック・キーの文字列値
        関連項目:
        getApproveButtonMnemonic()
      • getAcceptAllFileFilter

        @BeanProperty(bound=false)
        public FileFilter getAcceptAllFileFilter()
        AcceptAllファイル・フィルタを返します。 たとえば、Microsoft Windowsの場合はAll Files (*.*)になります。
        戻り値:
        AcceptAllファイル・フィルタ
      • isAcceptAllFileFilterUsed

        public boolean isAcceptAllFileFilterUsed()
        AcceptAll FileFilterが使用されているかどうかを返します。
        戻り値:
        AcceptAll FileFilterが使用される場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        setAcceptAllFileFilterUsed(boolean)
      • setAcceptAllFileFilterUsed

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets whether the AcceptAll FileFilter is used as an available choice in the choosable filter list.")
        public void setAcceptAllFileFilterUsed​(boolean b)
        AcceptAll FileFilterを選択可能フィルタのリストで有効な選択肢として使用するかどうかを決定します。 falseの場合、AcceptAllファイル・フィルタは使用可能なファイル・フィルタのリストから削除されます。 trueの場合、AcceptAllファイル・フィルタはアクティブに使用されるファイル・フィルタになります。
        パラメータ:
        b - AcceptAllファイル・フィルタが選択可能フィルタ・リスト内で利用可能な選択肢であるかどうかを判定するboolean
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        isAcceptAllFileFilterUsed(), getAcceptAllFileFilter(), setFileFilter(javax.swing.filechooser.FileFilter)
      • getAccessory

        public JComponent getAccessory()
        アクセサリ・コンポーネントを返します。
        戻り値:
        このJFileChooserのアクセサリ・コンポーネント、またはnull
        関連項目:
        setAccessory(javax.swing.JComponent)
      • setAccessory

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets the accessory component on the JFileChooser.")
        public void setAccessory​(JComponent newAccessory)
        アクセサリ・コンポーネントを設定します。 アクセサリは、選択されたファイルのプレビュー・イメージを表示するのによく使われますが、特別なカスタム・ファイル・チューザ・コントロールの作成など、プログラマが必要とする様々な用途に利用できます。

        注: 以前にアクセサリがあった場合は、アクセサリがファイル・チューザに登録していた可能性があるすべてのリスナーを登録解除する必要があります。

        パラメータ:
        newAccessory - 設定されるアクセサリ・コンポーネント
      • setFileSelectionMode

        @BeanProperty(preferred=true,
                      enumerationValues={"JFileChooser.FILES_ONLY","JFileChooser.DIRECTORIES_ONLY","JFileChooser.FILES_AND_DIRECTORIES"},
                      description="Sets the types of files that the JFileChooser can choose.")
        public void setFileSelectionMode​(int mode)
        JFileChooserを設定して、ユーザーが、ファイルのみ、ディレクトリのみ、またはファイルとディレクトリの両方を選択できるようにします。 デフォルトはJFilesChooser.FILES_ONLYです。
        パラメータ:
        mode - 表示されるファイルの種類
        • JFileChooser.FILES_ONLY
        • JFileChooser.DIRECTORIES_ONLY
        • JFileChooser.FILES_AND_DIRECTORIES
        例外:
        IllegalArgumentException - modeが無効なファイル選択モードの場合
        関連項目:
        getFileSelectionMode()
      • getFileSelectionMode

        public int getFileSelectionMode()
        現在のファイル選択モードを返します。 デフォルトはJFilesChooser.FILES_ONLYです。
        戻り値:
        表示されるファイルの種類。次のうちのいずれか。
        • JFileChooser.FILES_ONLY
        • JFileChooser.DIRECTORIES_ONLY
        • JFileChooser.FILES_AND_DIRECTORIES
        関連項目:
        setFileSelectionMode(int)
      • isFileSelectionEnabled

        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean isFileSelectionEnabled()
        現在のファイル選択モードに基づいてファイルが選択可能かどうかを指定する簡易呼出しです。
        戻り値:
        ファイルが選択可能な場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        setFileSelectionMode(int), getFileSelectionMode()
      • isDirectorySelectionEnabled

        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean isDirectorySelectionEnabled()
        現在のファイル選択モードに基づいてディレクトリが選択可能かどうかを指定する簡易呼出しです。
        戻り値:
        ディレクトリが選択可能な場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        setFileSelectionMode(int), getFileSelectionMode()
      • setMultiSelectionEnabled

        @BeanProperty(description="Sets multiple file selection mode.")
        public void setMultiSelectionEnabled​(boolean b)
        ファイル・チューザを設定して複数ファイル選択を可能にします。
        パラメータ:
        b - 複数のファイルを選択できる場合はtrue
        関連項目:
        isMultiSelectionEnabled()
      • isMultiSelectionEnabled

        public boolean isMultiSelectionEnabled()
        複数のファイルを選択できる場合にtrueを返します。
        戻り値:
        複数のファイルを選択できる場合はtrue
        関連項目:
        setMultiSelectionEnabled(boolean)
      • isFileHidingEnabled

        public boolean isFileHidingEnabled()
        ファイル・チューザで隠しファイルが表示されない場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。
        戻り値:
        ファイルの非表示プロパティのステータス
        関連項目:
        setFileHidingEnabled(boolean)
      • setFileHidingEnabled

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets file hiding on or off.")
        public void setFileHidingEnabled​(boolean b)
        ファイルの非表示のオン、オフを設定する。 trueの場合、ファイル・チューザで隠しファイルは表示されません。 どのファイルが表示されるかを決める処理はFileViewによって行われます。
        パラメータ:
        b - ファイルの非表示がオンかオフかを指定するboolean値
        関連項目:
        isFileHidingEnabled()
      • setFileFilter

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets the File Filter used to filter out files of type.")
        public void setFileFilter​(FileFilter filter)
        現在のファイル・フィルタを設定します。 ファイル・フィルタは、ユーザーに表示するファイルを選別するためにファイル・チューザによって使用されます。
        パラメータ:
        filter - 使用する新しい現在のファイル・フィルタ
        関連項目:
        getFileFilter()
      • setFileView

        @BeanProperty(preferred=true,
                      description="Sets the File View used to get file type information.")
        public void setFileView​(FileView fileView)
        ファイルを表すアイコンやファイルの型記述など、UI情報を取得するために使用するファイル・ビューを設定します。
        パラメータ:
        fileView - UI情報の取得に使用するFileView
        関連項目:
        getFileView()
      • getName

        public String getName​(File f)
        ファイル名を返します。
        パラメータ:
        f - File
        戻り値:
        fのファイル名を格納するString
        関連項目:
        FileView.getName(java.io.File)
      • getDescription

        public String getDescription​(File f)
        ファイルの説明を返します。
        パラメータ:
        f - File
        戻り値:
        fのファイルの説明を格納するString
        関連項目:
        FileView.getDescription(java.io.File)
      • getIcon

        public Icon getIcon​(File f)
        このファイルまたはファイル・タイプのアイコンを返します。どちらが返されるかは、システムによって異なります。
        パラメータ:
        f - File
        戻り値:
        このファイルまたはファイルの種類のIcon
        関連項目:
        FileView.getIcon(java.io.File)
      • isTraversable

        public boolean isTraversable​(File f)
        ファイル(ディレクトリ)に移動できる場合にtrueを返します。 ディレクトリがトラバースできない場合はfalseを返します。
        パラメータ:
        f - File
        戻り値:
        ファイルまたはディレクトリがトラバースできる場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        FileView.isTraversable(java.io.File)
      • accept

        public boolean accept​(File f)
        ファイルを表示する必要がある場合にtrueを返します。
        パラメータ:
        f - File
        戻り値:
        ファイルを表示する必要がある場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        FileFilter.accept(java.io.File)
      • setFileSystemView

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="Sets the FileSytemView used to get filesystem information.")
        public void setFileSystemView​(FileSystemView fsv)
        フロッピー・ドライブの検索やルート・ドライブのリストの取得など、ファイル・システム・リソースのアクセスおよび作成のためにJFileChooserが使用するファイル・システム・ビューを設定します。
        パラメータ:
        fsv - 新しいFileSystemView
        関連項目:
        FileSystemView
      • approveSelection

        public void approveSelection()
        ユーザーが「Approve」ボタン(デフォルトでは「Open」または「Save」とラベル付けされている)をクリックしたときにUIによって呼び出されます。 プログラマが呼び出すこともできます。 このメソッドはAPPROVE_SELECTIONに相当するコマンド文字列を使用してアクション・イベントをトリガーします。
        関連項目:
        APPROVE_SELECTION
      • cancelSelection

        public void cancelSelection()
        ユーザーが「Cancel」ボタンをクリックしたときにUIによって呼び出されます。 プログラマが呼び出すこともできます。 このメソッドはCANCEL_SELECTIONに相当するコマンド文字列を使用してアクション・イベントをトリガーします。
        関連項目:
        CANCEL_SELECTION
      • fireActionPerformed

        protected void fireActionPerformed​(String command)
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。 イベント・インスタンスはcommandパラメータで遅延生成されます。
        パラメータ:
        command - イベントに関連付けられたコマンドを指定する文字列
        関連項目:
        EventListenerList
      • updateUI

        public void updateUI()
        現在のルック・アンド・フィールからの値にUIプロパティをリセットします。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JComponent
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • getUI

        @BeanProperty(bound=false)
        public FileChooserUI getUI()
        このコンポーネントのL&Fを実装するUIオブジェクトを取得します。
        オーバーライド:
        クラスJComponentgetUI
        戻り値:
        FileChooserUI L&Fを実装するFileChooserUIオブジェクト
      • paramString

        protected String paramString()
        このJFileChooserの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        このJFileChooserの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJFileChooserに関連したAccessibleContextを返します。 ファイル・チューザの場合、AccessibleContextはAccessibleJFileChooserの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJFileChooserインスタンスが作成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Component
        戻り値:
        このJFileChooserのAccessibleContextとして機能するAccessibleJFileChooser