モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.image

クラスCropImageFilter

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageConsumer, Cloneable

    public class CropImageFilter
    extends ImageFilter
    イメージを切り出すためのImageFilterクラスです。 このクラスは、存在しているイメージの矩形領域を抽出し、その抽出された領域だけを含む新しいイメージを提供するためにImageFilterクラスを拡張しています。 既存のイメージから切り出すために、FilteredImageSourceとともに使用することを意図しています。
    関連項目:
    FilteredImageSourceImageFilter
    • コンストラクタの詳細

      • CropImageFilter

        public CropImageFilter​(int x,
                               int y,
                               int w,
                               int h)
        ソースのImageから、パラメータx、y、w、hで指定した絶対矩形領域を抽出するCropImageFilterを作成します。
        パラメータ:
        x - 抽出される矩形の最上部のx位置
        y - 抽出される矩形の最上部のy位置
        w - 抽出される矩形の幅
        h - 抽出される矩形の高さ
    • メソッドの詳細

      • setProperties

        public void setProperties​(Hashtable<?,​?> props)
        ソースのオブジェクトのプロパティに切り出された領域であることを示すプロパティを加えたものを渡します。 このメソッドはsuper.setPropertiesを呼び出し、プロパティが追加されることがあります。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setProperties、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setProperties、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        props - ソース・オブジェクトからのプロパティ
      • setDimensions

        public void setDimensions​(int w,
                                  int h)
        ソースのイメージのサイズをオーバーライドして、この切り出す矩形領域のサイズをImageConsumerに渡します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setDimensions、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setDimensions、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        w - ソース・イメージの幅
        h - ソース・イメージの高さ
        関連項目:
        ImageConsumer
      • setPixels

        public void setPixels​(int x,
                              int y,
                              int w,
                              int h,
                              ColorModel model,
                              byte[] pixels,
                              int off,
                              int scansize)
        転送されてきたbyte配列のピクセルが、抽出する領域に入っているかどうかを判定し、その領域に入るピクセルのサブセットだけを再転送します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setPixels、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setPixels、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        x - 設定されるピクセルの領域の左上隅のX座標
        y - 設定されるピクセルの領域の左上隅のY座標
        w - ピクセル領域の幅
        h - ピクセル領域の高さ
        model - 指定されたColorModel
        pixels - ピクセルの配列
        off - pixels配列へのオフセット
        scansize - pixels配列内のあるピクセル行から次のピクセル行までの距離
        関連項目:
        ImageConsumer.setPixels(int, int, int, int, java.awt.image.ColorModel, byte[], int, int)
      • setPixels

        public void setPixels​(int x,
                              int y,
                              int w,
                              int h,
                              ColorModel model,
                              int[] pixels,
                              int off,
                              int scansize)
        転送されてきたint配列のピクセルが、抽出する領域に入っているかどうかを判定し、その領域に入るピクセルのサブセットだけを再転送します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setPixels、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setPixels、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        x - 設定されるピクセルの領域の左上隅のX座標
        y - 設定されるピクセルの領域の左上隅のY座標
        w - ピクセル領域の幅
        h - ピクセル領域の高さ
        model - 指定されたColorModel
        pixels - ピクセルの配列
        off - pixels配列へのオフセット
        scansize - pixels配列内のあるピクセル行から次のピクセル行までの距離
        関連項目:
        ImageConsumer.setPixels(int, int, int, int, java.awt.image.ColorModel, byte[], int, int)