モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.image

クラスImageFilter

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageConsumer, Cloneable
    直系の既知のサブクラス:
    BufferedImageFilter, CropImageFilter, ReplicateScaleFilter, RGBImageFilter

    public class ImageFilter
    extends Object
    implements ImageConsumer, Cloneable
    このクラスには、一連のインタフェース・メソッド用のフィルタが実装されており、ImageProducerからImageConsumerへデータを転送するために使われます。 また、FilteredImageSourceと組み合わせて、既存イメージのフィルタ処理に使われます。 この基底クラスは、「空フィルタ」を実装するための呼出しを行います。「空フィルタ」は、転送されてくるデータに何の影響も与えません。 フィルタを実装するときは、このクラスをサブクラス化して、データをフィルタ処理するメソッドをオーバーライドします。また、必要に応じて修正を加えます。
    関連項目:
    FilteredImageSource, ImageConsumer
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      ImageFilter()  
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object clone()
      このオブジェクトを複製します。
      ImageFilter getFilterInstance​(ImageConsumer ic)
      指定されたImageConsumerのフィルタ・リングを実際に行うImageFilterオブジェクトの一意なインスタンスを返します。
      void imageComplete​(int status)
      ImageConsumerインタフェースのimageCompleteメソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
      void resendTopDownLeftRight​(ImageProducer ip)
      ImageConsumerからのピクセル・データ再転送要求に応じます。上から下、左から右の順番で処理されます。
      void setColorModel​(ColorModel model)
      ImageConsumerインタフェースのsetColorModelメソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
      void setDimensions​(int width, int height)
      ImageConsumerインタフェースのsetDimensionsメソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
      void setHints​(int hints)
      ImageConsumerインタフェースのsetHintsメソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
      void setPixels​(int x, int y, int w, int h, ColorModel model, byte[] pixels, int off, int scansize)
      byte配列をとるImageConsumerインタフェースのsetPixelsメソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
      void setPixels​(int x, int y, int w, int h, ColorModel model, int[] pixels, int off, int scansize)
      整数値配列をとる、ImageConsumerインタフェースのsetPixelsメソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
      void setProperties​(Hashtable<?,​?> props)
      フィルタのストリームを通過したことを示すプロパティを追加したあと、ソース・オブジェクトからプロパティを渡します。
    • フィールドの詳細

      • consumer

        protected ImageConsumer consumer
        特別なイメージ・データ・ストリームのコンシューマであり、ImageFilterのこのインスタンスがデータをフィルタ処理します。 この初期化は、コンストラクタの中ではなく、getFilterInstance()メソッドの呼出し中に行われます。そのときに、FilteredImageSourceにより、特別なイメージ・データ・ストリームのためのオブジェクト固有のインスタンスが生成されます。
        関連項目:
        getFilterInstance(java.awt.image.ImageConsumer)ImageConsumer
    • コンストラクタの詳細

      • ImageFilter

        public ImageFilter()
    • メソッドの詳細

      • getFilterInstance

        public ImageFilter getFilterInstance​(ImageConsumer ic)
        指定されたImageConsumerのフィルタ・リングを実際に行うImageFilterオブジェクトの一意なインスタンスを返します。 デフォルトの実装では、このオブジェクトを複製するだけです。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        パラメータ:
        ic - 指定されたImageConsumer
        戻り値:
        指定されたImageConsumerのフィルタ処理に使用されるImageFilter
      • setDimensions

        public void setDimensions​(int width,
                                  int height)
        ImageConsumerインタフェースのsetDimensionsメソッドで提供される情報をフィルタ処理します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setDimensions、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        width - ソース・イメージの幅
        height - ソース・イメージの高さ
        関連項目:
        ImageConsumer.setDimensions(int, int)
      • setProperties

        public void setProperties​(Hashtable<?,​?> props)
        フィルタのストリームを通過したことを示すプロパティを追加したあと、ソース・オブジェクトからプロパティを渡します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setProperties、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        props - ソース・オブジェクトからのプロパティ
        例外:
        NullPointerException - propsがnullである場合
      • setColorModel

        public void setColorModel​(ColorModel model)
        ImageConsumerインタフェースのsetColorModelメソッドで提供される情報をフィルタ処理します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setColorModel、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        model - 指定されたColorModel
        関連項目:
        ImageConsumer.setColorModel(java.awt.image.ColorModel)
      • setHints

        public void setHints​(int hints)
        ImageConsumerインタフェースのsetHintsメソッドで提供される情報をフィルタ処理します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setHints、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        hints - ImageConsumerがピクセル処理に使用するヒントのセット
        関連項目:
        ImageConsumer.setHints(int)
      • setPixels

        public void setPixels​(int x,
                              int y,
                              int w,
                              int h,
                              ColorModel model,
                              byte[] pixels,
                              int off,
                              int scansize)
        byte配列をとるImageConsumerインタフェースのsetPixelsメソッドで提供される情報にフィルタをかけます。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setPixels、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        x - 設定されるピクセルの領域の左上隅のX座標
        y - 設定されるピクセルの領域の左上隅のY座標
        w - ピクセル領域の幅
        h - ピクセル領域の高さ
        model - 指定されたColorModel
        pixels - ピクセルの配列
        off - pixels配列へのオフセット
        scansize - pixels配列内のあるピクセル行から次のピクセル行までの距離
        関連項目:
        ImageConsumer.setPixels(int, int, int, int, java.awt.image.ColorModel, byte[], int, int)
      • setPixels

        public void setPixels​(int x,
                              int y,
                              int w,
                              int h,
                              ColorModel model,
                              int[] pixels,
                              int off,
                              int scansize)
        整数値配列をとる、ImageConsumerインタフェースのsetPixelsメソッドで提供される情報にフィルタをかけます。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setPixels、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        x - 設定されるピクセルの領域の左上隅のX座標
        y - 設定されるピクセルの領域の左上隅のY座標
        w - ピクセル領域の幅
        h - ピクセル領域の高さ
        model - 指定されたColorModel
        pixels - ピクセルの配列
        off - pixels配列へのオフセット
        scansize - pixels配列内のあるピクセル行から次のピクセル行までの距離
        関連項目:
        ImageConsumer.setPixels(int, int, int, int, java.awt.image.ColorModel, byte[], int, int)
      • imageComplete

        public void imageComplete​(int status)
        ImageConsumerインタフェースのimageCompleteメソッドで提供される情報にフィルタをかけます。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageのImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        imageComplete、インタフェース: ImageConsumer
        パラメータ:
        status - イメージ・ロードのステータス
        関連項目:
        ImageConsumer.imageComplete(int)
      • resendTopDownLeftRight

        public void resendTopDownLeftRight​(ImageProducer ip)
        ImageConsumerからのピクセル・データ再転送要求に応じます。上から下、左から右の順番で処理されます。 このImageFilterのインスタンスによって指定されたImageConsumerが上下左右順でのデータの再送信を要求する場合、FilteredImageSourceImageFilterのこのメソッドを呼び出します。

        ImageFilterサブクラスは、上下左右順でデータを送信するかどうか、およびその方法によって、このメソッドをオーバーライドできる場合とできない場合があります。 可能性は3つあります。

        • このメソッドはオーバーライドしない。 これによって、サブクラスはデフォルトの実装を使用する。デフォルトの実装は、要求しているImageConsumerとしてこのフィルタを使用して、指定されたImageProducerへ要求を転送する。 この動作は、上位のプロデューサ・オブジェクトが上下左右順でピクセルを送信する場合に、フィルタが上下左右順でピクセルを送信することを判断できる場合に適切
        • データを単に送信する場合はメソッドをオーバーライドする。 これはフィルタ自体が要求を処理できる場合に適切。たとえば、生成されたピクセルがバッファなどに保存されている場合など。
        • 何も実行しない場合はメソッドをオーバーライドする。 これはフィルタで上下左右順にフィルタを通したデータを生成できない場合に適切

        パラメータ:
        ip - このフィルタのインスタンスを供給する、また必要に応じて要求を転送するImageProducer
        例外:
        NullPointerException - ipがnullである場合
        関連項目:
        ImageProducer.requestTopDownLeftRightResend(java.awt.image.ImageConsumer)
      • clone

        public Object clone()
        このオブジェクトを複製します。
        オーバーライド:
        clone、クラス: Object
        戻り値:
        このインスタンスの複製。
        関連項目:
        Cloneable