モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.image

クラスReplicateScaleFilter

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageConsumer, Cloneable
    直系の既知のサブクラス:
    AreaAveragingScaleFilter

    public class ReplicateScaleFilter
    extends ImageFilter
    ImageFilterクラスは、もっとも簡単なアルゴリズムを使用してイメージのサイズを変更するクラスです。 このクラスでは基底のImageFilterクラスを拡張して、既存のイメージのサイズを変更し、類似のイメージを新しく作成するときのソースを提供します。 ソース・イメージのピクセルはサンプルとして使用され、ピクセルの行や列を複写してサイズを大きくしたり、または行や列を削除して小さくしたりすることで、指定された大きさのイメージを作成します。

    これは、既存のイメージからスケーリングされたバージョンを作成するためにFilteredImageSourceとともに使用することを意図しています。 実装の依存関係のため、プラットフォームによってフィルタされるイメージのピクセル値が異なることがあります。

    関連項目:
    FilteredImageSourceImageFilter
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      ReplicateScaleFilter​(int width, int height)
      ソースImageからのピクセルを、widthおよびheightパラメータで指定された幅と高さに変更する、ReplicateScaleFilterを構築します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void setDimensions​(int w, int h)
      ソース・イメージの大きさをオーバーライドして、新しく変更されたサイズの大きさをImageConsumerに渡します。
      void setPixels​(int x, int y, int w, int h, ColorModel model, byte[] pixels, int off, int scansize)
      転送されたbyteピクセルで、大きさを変更する転送先イメージにどの列や行が必要か選択し、必要とされる列や行だけを渡します。また必要に応じて複写します。
      void setPixels​(int x, int y, int w, int h, ColorModel model, int[] pixels, int off, int scansize)
      転送されたintピクセルで、大きさを変更する転送先イメージにどの列や行が必要か選択し、必要とされる列や行だけを渡します。また必要に応じて複写します。
      void setProperties​(Hashtable<?,​?> props)
      適用する大きさを示すプロパティを追加後、ソース・オブジェクトからプロパティを渡します。
    • フィールドの詳細

      • srcWidth

        protected int srcWidth
        ソース・イメージの幅です。
      • srcHeight

        protected int srcHeight
        ソース・イメージの高さです。
      • destWidth

        protected int destWidth
        イメージをスケーリングするターゲットの幅です。
      • destHeight

        protected int destHeight
        イメージをスケーリングするターゲットの高さです。
      • srcrows

        protected int[] srcrows
        ピクセルの行についての情報を格納するint配列です。
      • srccols

        protected int[] srccols
        ピクセルの列についての情報を格納するint配列です。
      • outpixbuf

        protected Object outpixbuf
        destWidthのサイズで初期化され、ピクセル・データの行をImageConsumerに伝えるのに使うbyte配列です。
    • コンストラクタの詳細

      • ReplicateScaleFilter

        public ReplicateScaleFilter​(int width,
                                    int height)
        ソースImageからのピクセルを、widthおよびheightパラメータで指定された幅と高さに変更する、ReplicateScaleFilterを構築します。
        パラメータ:
        width - イメージをスケーリングするターゲットの幅
        height - イメージをスケーリングするターゲットの高さ
        例外:
        IllegalArgumentException - widthが0と等しいか、heightが0と等しい場合
    • メソッドの詳細

      • setProperties

        public void setProperties​(Hashtable<?,​?> props)
        適用する大きさを示すプロパティを追加後、ソース・オブジェクトからプロパティを渡します。 このメソッドはsuper.setPropertiesを呼び出し、プロパティが追加されることがあります。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setProperties、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setProperties、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        props - ソース・オブジェクトからのプロパティ
      • setDimensions

        public void setDimensions​(int w,
                                  int h)
        ソース・イメージの大きさをオーバーライドして、新しく変更されたサイズの大きさをImageConsumerに渡します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setDimensions、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setDimensions、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        w - ソース・イメージの幅
        h - ソース・イメージの高さ
        関連項目:
        ImageConsumer
      • setPixels

        public void setPixels​(int x,
                              int y,
                              int w,
                              int h,
                              ColorModel model,
                              byte[] pixels,
                              int off,
                              int scansize)
        転送されたbyteピクセルで、大きさを変更する転送先イメージにどの列や行が必要か選択し、必要とされる列や行だけを渡します。また必要に応じて複写します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setPixels、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setPixels、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        x - 設定されるピクセルの領域の左上隅のX座標
        y - 設定されるピクセルの領域の左上隅のY座標
        w - ピクセル領域の幅
        h - ピクセル領域の高さ
        model - 指定されたColorModel
        pixels - ピクセルの配列
        off - pixels配列へのオフセット
        scansize - pixels配列内のあるピクセル行から次のピクセル行までの距離
        関連項目:
        ImageConsumer.setPixels(int, int, int, int, java.awt.image.ColorModel, byte[], int, int)
      • setPixels

        public void setPixels​(int x,
                              int y,
                              int w,
                              int h,
                              ColorModel model,
                              int[] pixels,
                              int off,
                              int scansize)
        転送されたintピクセルで、大きさを変更する転送先イメージにどの列や行が必要か選択し、必要とされる列や行だけを渡します。また必要に応じて複写します。

        注: このメソッドは、フィルタ処理の対象となるピクセルで構成されるImageImageProducerによって呼び出されることを想定して実装されています。 このクラスを使用してイメージのピクセルをフィルタ処理する開発者は、このメソッドを直接呼び出さないでください。このメソッドを直接呼び出すと、フィルタ操作を妨げる可能性があります。

        定義:
        setPixels、インタフェース: ImageConsumer
        オーバーライド:
        setPixels、クラス: ImageFilter
        パラメータ:
        x - 設定されるピクセルの領域の左上隅のX座標
        y - 設定されるピクセルの領域の左上隅のY座標
        w - ピクセル領域の幅
        h - ピクセル領域の高さ
        model - 指定されたColorModel
        pixels - ピクセルの配列
        off - pixels配列へのオフセット
        scansize - pixels配列内のあるピクセル行から次のピクセル行までの距離
        関連項目:
        ImageConsumer.setPixels(int, int, int, int, java.awt.image.ColorModel, byte[], int, int)