モジュール java.desktop
パッケージ javax.print.attribute

クラスSetOfIntegerSyntax

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable
    直系の既知のサブクラス:
    CopiesSupported, JobImpressionsSupported, JobKOctetsSupported, JobMediaSheetsSupported, NumberUpSupported, PageRanges

    public abstract class SetOfIntegerSyntax
    extends Object
    implements Serializable, Cloneable
    クラスSetOfIntegerSyntaxは、値が非負整数の集合であるすべての属性の共通実装を提供する抽象基本クラスです。 これは、値が整数型の単一の範囲である属性と値が整数型の範囲のセットである属性を含みます。

    SetOfIntegerSyntaxのインスタンスを"文字列形式。"で与えることで構築できます この文字列は、0またはそれ以上のカンマで区切られた整数型のグループから構成されます。 各整数型のグループは、1つの整数型、ハイフン(-)で区切られた2つの整数型、またはコロン(:)で区切られた2つの整数型のどれかから構成されます。 各整数型は、1つ以上の10進数(0 - 9)から構成されます。 空白文字は整数型の内部では使用されないか、または無視されます。 例: """1""5-10""1:2, 4"など。

    また、SetOfIntegerSyntaxのインスタンスを"配列形式。"に入れて構築することもできます 配列形式は、0またはそれ以上の整数型のグループから構成されます。各整数型グループは、長さ1または長さ2のint配列から構成されます。たとえば、int[0][]int[][]{{1}}int[][]{{5,10}}int[][]{{1,2},{4}}のようになります。

    文字列形式と配列形式の両方で、連続する各整数型のグループはセットに含まれる整数型の範囲を指定します。 各グループの最初の整数型は範囲の下限を指定します。各グループの2番目の整数型は範囲の上限を指定します。グループに1つの整数型しかない場合、上限は下限と同じになります。 上限が下限よりも小さい場合は、nullの範囲(値なし)を示します。 上限が下限と等しい場合、単一の値から構成される範囲を示します。 上限が下限より大きい場合、複数の値から構成される範囲を示します。 範囲は任意の順番で表示され、オーバーラップできます。 すべての範囲の結合は、セットの内容を提供します。 SetOfIntegerSyntaxインスタンスが構築されると、その値は不変です。

    SetOfIntegerSyntaxオブジェクトの値は、実際にはcanonical配列形式に格納されます。 これは、nullの範囲がないことを除いて、配列形式と同じです。集合のメンバーはできるだけ少ない範囲で表現される(すなわち、重なり合う範囲が合体); 範囲は昇順に表示されます。各範囲は常に {lower bound、upper bound}の形式でintの長さ2の配列として表されます。 空のセットは、長さ0の配列として表されます。

    クラスSetOfIntegerSyntaxには、指定された整数がセットのメンバーであるかどうかをテストし、セットのメンバーを反復するために、正規の配列形式でセットのメンバーを返す操作があります。

    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      修飾子 コンストラクタ 説明
      protected SetOfIntegerSyntax​(int member)
      単一の整数型を保持する新しい整数型セットの属性を構築します。
      protected SetOfIntegerSyntax​(int[][] members)
      指定されたメンバーを持つ新しい整数型セットの属性を配列形式で構築します。
      protected SetOfIntegerSyntax​(int lowerBound, int upperBound)
      単一の整数型の範囲を保持する新しい整数型セットの属性を構築します。
      protected SetOfIntegerSyntax​(String members)
      指定されたメンバーを持つ新しい整数型セットの属性を文字列形式で構築します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean contains​(int x)
      整数型セットの属性が指定された値を保持しているかどうかを判定します。
      boolean contains​(IntegerSyntax attribute)
      整数型セットの属性が指定された整数型の属性の値を保持しているかどうかを判定します。
      boolean equals​(Object object)
      この整数型セットの属性がオブジェクトに渡された属性と等しいかどうかを返します。
      int[][] getMembers()
      この整数型セットの属性のメンバーを正規配列形式で取得します。
      int hashCode()
      この整数型セットの属性のハッシュ・コード値を返します。
      int next​(int x)
      整数型セットの属性の中で、指定された値より大きい最小の整数を判定します。
      String toString()
      この整数型セットの属性に対応する文字列値を返します。
    • コンストラクタの詳細

      • SetOfIntegerSyntax

        protected SetOfIntegerSyntax​(String members)
        指定されたメンバーを持つ新しい整数型セットの属性を文字列形式で構築します。
        パラメータ:
        members - メンバーを文字列形式で設定します。 nullの場合、空集合が構築されます。
        例外:
        IllegalArgumentException - membersが正しい構文に従わない場合
      • SetOfIntegerSyntax

        protected SetOfIntegerSyntax​(int[][] members)
        指定されたメンバーを持つ新しい整数型セットの属性を配列形式で構築します。
        パラメータ:
        members - メンバーを配列形式で設定します。 nullの場合、空集合が構築されます。
        例外:
        NullPointerException - membersの要素がnullの場合
        IllegalArgumentException - membersのいずれかの要素が長さ1または長さ2の配列でない場合、またはmembers内のnon-null範囲の下限が0より小さい場合
      • SetOfIntegerSyntax

        protected SetOfIntegerSyntax​(int member)
        単一の整数型を保持する新しい整数型セットの属性を構築します。
        パラメータ:
        member - セット・メンバー
        例外:
        IllegalArgumentException - memberが負の場合
      • SetOfIntegerSyntax

        protected SetOfIntegerSyntax​(int lowerBound,
                                     int upperBound)
        単一の整数型の範囲を保持する新しい整数型セットの属性を構築します。 下限が上限より大きい場合(nullの範囲)、空のセットが構築されます。
        パラメータ:
        lowerBound - 範囲の下限
        upperBound - 範囲の上限
        例外:
        IllegalArgumentException - 範囲がnon-nullで、lowerBoundがゼロより小さい場合
    • メソッドの詳細

      • getMembers

        public int[][] getMembers()
        この整数型セットの属性のメンバーを正規配列形式で取得します。 返される配列は安全です。クライアントはこの整数型セットの属性に影響を与えずに配列を変更できます。
        戻り値:
        この正式な配列形式の整数型属性メンバー
      • contains

        public boolean contains​(int x)
        整数型セットの属性が指定された値を保持しているかどうかを判定します。
        パラメータ:
        x - 整数値
        戻り値:
        trueこの整数セット属性に値xfalseが含まれている場合
      • contains

        public boolean contains​(IntegerSyntax attribute)
        整数型セットの属性が指定された整数型の属性の値を保持しているかどうかを判定します。
        パラメータ:
        attribute - Integer属性
        戻り値:
        trueこの整数セットの属性にattributeの値が含まれている場合はfalse、それ以外の場合はfalse
      • next

        public int next​(int x)
        整数型セットの属性の中で、指定された値より大きい最小の整数を判定します。 指定された値より大きい整数型セットに整数型がない場合、-1が返されます。 整数型セットの属性は負以外の値だけしか保持できないので、-1がセットに表示されることはありません。 次のように、next()メソッドを使用して、整数型セットの属性の整数値を昇順で反復処理することができます。
             SetOfIntegerSyntax attribute = . . .;
             int i = -1;
             while ((i = attribute.next (i)) != -1)
                 {
                 foo (i);
                 }
         
        パラメータ:
        x - 整数値
        戻り値:
        xより大きいこの整数セット属性の最小の整数、またはこの整数セット属性の整数がxより大きい場合は-1
      • equals

        public boolean equals​(Object object)
        この整数型セットの属性がオブジェクトに渡された属性と等しいかどうかを返します。 次の条件がすべてtrueの場合に同等とみなされます。
        1. objectnullではありません。
        2. objectSetOfIntegerSyntaxクラスのインスタンスです。
        3. この整数型セットの属性のメンバーとobjectのメンバーが同じである。
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        object - 比較するObject
        戻り値:
        true objectがこの整数セット属性に等しい場合はfalse、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • hashCode

        public int hashCode()
        この整数型セットの属性のハッシュ・コード値を返します。 ハッシュ・コードは正規配列形式の範囲の下限と上限の合計、または空のセットの場合0です。
        オーバーライド:
        hashCode 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトのハッシュ・コード値。
        関連項目:
        Object.equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • toString

        public String toString()
        この整数型セットの属性に対応する文字列値を返します。 このセットが空の場合、文字列値は長さ0の文字列です。 それ以外の場合、文字列値は正規配列形式のカンマで区切られた範囲のリストです。各範囲は、下限が上限と等しい場合は"i"で表され、そうでない場合は"i-j"で表されます。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現