モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスImageIcon

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Accessible, Icon

    public class ImageIcon
    extends Object
    implements Icon, Serializable, Accessible
    アイコンをイメージからペイントするIconインタフェースの実装です。 URL、ファイル名、またはバイト配列から生成されるイメージが、ロード状態を監視するMediaTrackerを使ってプリロードされます。

    イメージ・アイコンの詳細および使用例は、「The Java Tutorial」の「How to Use Icons」を参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • ネストされたクラスのサマリー

      ネストされたクラス 
      修飾子と型 クラス 説明
      protected class  ImageIcon.AccessibleImageIcon
      このクラスは、ImageIconクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected static Component component
      非推奨。
      since 1.8
      protected static MediaTracker tracker
      非推奨。
      since 1.8
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      ImageIcon()
      初期化されていないイメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(byte[] imageData)
      サポートされているGIF、JPEG、PNG (1.3以降)などのイメージ形式を格納しているイメージ・ファイルから読み出されたバイト配列から、イメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(byte[] imageData, String description)
      サポートされているGIF、JPEG、PNG (1.3以降)などのイメージ形式を格納しているイメージ・ファイルから読み出されたバイト配列から、イメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(Image image)
      イメージ・オブジェクトからイメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(Image image, String description)
      イメージからイメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(String filename)
      指定されたファイルからイメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(String filename, String description)
      指定されたファイルからイメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(URL location)
      指定されたURLからイメージ・アイコンを生成します。
      ImageIcon​(URL location, String description)
      指定されたURLからイメージ・アイコンを生成します。
    • フィールドの詳細

      • component

        @Deprecated
        protected static final Component component
        非推奨。
        since 1.8
        この共有コンポーネントを使用しないでください。これはイメージのロードを追跡するために使用されます。 下位互換性のためにのみ残されています。
      • tracker

        @Deprecated
        protected static final MediaTracker tracker
        非推奨。
        since 1.8
        この共有メディア・トラッカを使用しないでください。これはイメージをロードするために使用されます。 下位互換性のためにのみ残されています。
    • コンストラクタの詳細

      • ImageIcon

        public ImageIcon​(String filename,
                         String description)
        指定されたファイルからイメージ・アイコンを生成します。 イメージはロード状態を監視するMediaTrackerを使ってプリロードされます。
        パラメータ:
        filename - イメージが含まれているファイルの名前
        description - イメージの短い説明テキスト
        関連項目:
        ImageIcon(String)
      • ImageIcon

        @ConstructorProperties("description")
        public ImageIcon​(String filename)
        指定されたファイルからイメージ・アイコンを生成します。 イメージはロード状態を監視するMediaTrackerを使ってプリロードされます。 指定する文字列はファイル名またはファイル・パスです。 パスを指定するときは、区切り文字としてインターネット標準のスラッシュ(/)を使います。 (文字列はURLに変換され、スラッシュはすべてのシステムで動作します。) たとえば次のように指定します。
            new ImageIcon("images/myImage.gif") 
        説明は、filename文字列に初期化されます。
        パラメータ:
        filename - ファイル名またはパスを指定する文字列
        関連項目:
        getDescription()
      • ImageIcon

        public ImageIcon​(URL location,
                         String description)
        指定されたURLからイメージ・アイコンを生成します。 イメージはロード状態を監視するMediaTrackerを使ってプリロードされます。
        パラメータ:
        location - イメージのURL
        description - イメージの短い説明テキスト
        関連項目:
        ImageIcon(String)
      • ImageIcon

        public ImageIcon​(URL location)
        指定されたURLからイメージ・アイコンを生成します。 イメージはロード状態を監視するMediaTrackerを使ってプリロードされます。 アイコンの説明は初期化され、URLの文字列表現となります。
        パラメータ:
        location - イメージのURL
        関連項目:
        getDescription()
      • ImageIcon

        public ImageIcon​(Image image,
                         String description)
        イメージからイメージ・アイコンを生成します。
        パラメータ:
        image - イメージ
        description - イメージの短い説明テキスト
      • ImageIcon

        public ImageIcon​(byte[] imageData,
                         String description)
        サポートされているGIF、JPEG、PNG (1.3以降)などのイメージ形式を格納しているイメージ・ファイルから読み出されたバイト配列から、イメージ・アイコンを生成します。 通常、このバイト配列はClass.getResourceAsStream()を使ったイメージの読出しによって生成されますが、バイト配列をクラス内に静的に格納することもできます。
        パラメータ:
        imageData - AWT ToolkitによってサポートされるGIF、JPEG、PNG (1.3以降)などのイメージ形式によるピクセル配列
        description - イメージの短い説明テキスト
        関連項目:
        Toolkit.createImage(java.lang.String)
      • ImageIcon

        public ImageIcon​(byte[] imageData)
        サポートされているGIF、JPEG、PNG (1.3以降)などのイメージ形式を格納しているイメージ・ファイルから読み出されたバイト配列から、イメージ・アイコンを生成します。 通常、このバイト配列はClass.getResourceAsStream()を使ったイメージの読出しによって生成されますが、バイト配列をクラス内に静的に格納することもできます。 結果として得られるイメージに文字列のcommentプロパティがある場合、その文字列はアイコンの説明に使用されます。
        パラメータ:
        imageData - AWT ToolkitによってサポートされるGIF、JPEG、PNG (1.3以降)などのイメージ形式によるピクセル配列
        関連項目:
        Toolkit.createImage(java.lang.String), getDescription(), Image.getProperty(java.lang.String, java.awt.image.ImageObserver)
      • ImageIcon

        public ImageIcon()
        初期化されていないイメージ・アイコンを生成します。
    • メソッドの詳細

      • loadImage

        protected void loadImage​(Image image)
        イメージをロードし、イメージがロードされたときのみ復帰します。
        パラメータ:
        image - イメージ
      • getImage

        public Image getImage()
        アイコンのImageを返します。
        戻り値:
        このImageIconImageオブジェクト
      • setImage

        public void setImage​(Image image)
        アイコンによって表示されるイメージを設定します。
        パラメータ:
        image - イメージ
      • getDescription

        public String getDescription()
        イメージの説明を取得します。 これは、オブジェクトを説明する短いテキストです。 たとえば、目の不自由なユーザーに対して、イメージの目的を示すために使用されます。 説明はnullでもかまいません。
        戻り値:
        イメージの短い説明テキスト
      • setDescription

        public void setDescription​(String description)
        イメージの説明を設定します。 これは、オブジェクトを説明する短いテキストです。 たとえば、目の不自由なユーザーに対して、イメージの目的を示すために使用されます。
        パラメータ:
        description - イメージの短い説明テキスト
      • paintIcon

        public void paintIcon​(Component c,
                              Graphics g,
                              int x,
                              int y)
        アイコンをペイントします。 アイコンの左上隅が、グラフィック・コンテキストgの座標空間にある点(x, y)に描画されます。 このアイコンにイメージ監視オブジェクトがない場合、このメソッドでは監視オブジェクトとしてcコンポーネントを使用します。
        定義:
        paintIcon、インタフェース: Icon
        パラメータ:
        c - このアイコンにイメージ監視オブジェクトがない場合に、監視オブジェクトとして使用されるコンポーネント
        g - グラフィックス・コンテキスト
        x - アイコンの左上隅のX座標
        y - アイコンの左上隅のY座標
      • getIconWidth

        public int getIconWidth()
        アイコンの幅を取得します。
        定義:
        getIconWidth、インタフェース: Icon
        戻り値:
        このアイコンのピクセル単位の幅
      • getIconHeight

        public int getIconHeight()
        アイコンの高さを取得します。
        定義:
        getIconHeight、インタフェース: Icon
        戻り値:
        このアイコンのピクセル単位の高さ
      • setImageObserver

        public void setImageObserver​(ImageObserver observer)
        イメージのイメージ監視オブジェクトを設定します。 イメージ・アイコンが動画GIFを格納している場合にこのプロパティを設定すると、監視オブジェクトに対してその表示を更新するように通知されます。 例を示します。
             icon = new ImageIcon(...)
             button.setIcon(icon);
             icon.setImageObserver(button);
         
        パラメータ:
        observer - イメージ監視オブジェクト
      • getImageObserver

        public ImageObserver getImageObserver()
        イメージのイメージ監視オブジェクトを返します。
        戻り値:
        イメージ監視オブジェクト。nullの場合もある
      • toString

        public String toString()
        このイメージの文字列表現を返します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このイメージの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="The AccessibleContext associated with this ImageIcon.")
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このImageIconに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 イメージ・アイコンの場合、AccessibleContextはAccessibleImageIconの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleImageIconインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        戻り値:
        このImageIconのAccessibleContextとして機能するAccessibleImageIcon
        導入されたバージョン:
        1.3