モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスSpringLayout.Constraints

  • 含まれているクラス:
    SpringLayout

    public static class SpringLayout.Constraints
    extends Object
    Constraintsオブジェクトは、SpringLayoutが制御するコンテナ内のコンポーネントのサイズ変更方法および位置変更方法を決定する制約を保持します。 ConstraintsオブジェクトにはRectangleと同様にxywidth、およびheightの各プロパティがあります。 ただし、Constraintsオブジェクトの各プロパティは、整数ではなくSpring値です。 また、Constraintsオブジェクトは、constraintプロパティを使用して、north、south、east、およびwestの4個のエッジとして操作できます。

    次の式は、Constraintsオブジェクトに対して常にtrueになります。この場合、WESTとxが同義、NORTHとyが同義になります。

                   EAST = WEST + WIDTH
                  SOUTH = NORTH + HEIGHT
      HORIZONTAL_CENTER = WEST + WIDTH/2
        VERTICAL_CENTER = NORTH + HEIGHT/2
      ABSOLUTE_BASELINE = NORTH + RELATIVE_BASELINE*
     

    たとえば、WIDTHとWEST (X)の位置を指定した場合、EASTを求める式はWEST+WIDTHになります。 一方、WIDTHとEASTの位置を指定した場合、WEST (X)を求める式はEAST - WIDTHになります。

    [RELATIVE_BASELINEは、SpringLayout.Constraints(Component)コンストラクタが呼び出されたとき、または制約オブジェクトがSpringLayoutオブジェクトに登録されたときに自動的に設定されるprivateの制約です。]

    : 本書では、演算子はSpringクラスのメソッドを表します。 たとえば、a+bはSpring.sum(a, b)を示し、a - bはSpring.sum(a, Spring.minus(b))を示します。 スプリング演算の詳細は、SpringのAPIドキュメントを参照してください。

    エッジ、サイズ、および位置を表すConstraintsオブジェクトのプロパティはすべて独立して設定できますが、相互に関係しているため、Constraintsオブジェクトが過剰な制約を受けることがあります。 たとえば、WESTWIDTH、およびEASTのエッジがすべて設定された場合は、前述の1つめの式を保持する必要があります。 このために、Constraintsオブジェクトはもっとも前に設定された制約を廃棄して、その式を保持します。

    導入されたバージョン:
    1.4
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Constraints()
      空のConstraintsオブジェクトを作成します。
      Constraints​(Component c)
      コンポーネントcに適したスプリング(xywidth、およびheight)を使用して、Constraintsオブジェクトを作成します。
      Constraints​(Spring x, Spring y)
      xプロパティとyプロパティの値を指定して、Constraintsオブジェクトを作成します。
      Constraints​(Spring x, Spring y, Spring width, Spring height)
      xywidthheightの各プロパティの値を指定して、Constraintsオブジェクトを作成します。
    • コンストラクタの詳細

      • Constraints

        public Constraints()
        空のConstraintsオブジェクトを作成します。
      • Constraints

        public Constraints​(Spring x,
                           Spring y)
        xプロパティとyプロパティの値を指定して、Constraintsオブジェクトを作成します。 heightスプリングとwidthスプリングはnull値です。
        パラメータ:
        x - コンポーネントのx値を制御するスプリング
        y - コンポーネントのy値を制御するスプリング
      • Constraints

        public Constraints​(Spring x,
                           Spring y,
                           Spring width,
                           Spring height)
        xywidthheightの各プロパティの値を指定して、Constraintsオブジェクトを作成します。 注: 指定されたコンポーネントのConstraintsオブジェクトで、SpringLayoutクラスにnull値が設定された場合、null値は適切なデフォルト値に置換されます。
        パラメータ:
        x - xプロパティのスプリング値
        y - yプロパティのスプリング値
        width - widthプロパティのスプリング値
        height - heightプロパティのスプリング値
      • Constraints

        public Constraints​(Component c)
        コンポーネントcに適したスプリング(xywidth、およびheight)を使用して、Constraintsオブジェクトを作成します。 xおよびyの各スプリングは、このメソッドが呼び出されたときにコンポーネントの位置で初期化される定数スプリングです。 widthおよびheightの各スプリングは、Spring.width()およびSpring.height()メソッドによって作成される特殊なスプリングで、コンポーネントのサイズ特性をその変更に伴って追跡します。
        パラメータ:
        c - このConstraintsオブジェクトによって特性が反映されるコンポーネント
        例外:
        NullPointerException - cがnullである場合。
        導入されたバージョン:
        1.5