モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.text

クラスAsyncBoxView.ChildState

  • すべての実装されたインタフェース:
    Runnable
    含まれているクラス:
    AsyncBoxView

    public class AsyncBoxView.ChildState
    extends Object
    implements Runnable
    子ビューのレイアウト状態を表すレコードです。 別のスレッドでタスクとして実行可能です。 モデルの読取りロックに基づいた子ビューへのアクセスはすべて、このオブジェクトに同期される必要があります(つまり、レイアウト・スレッドとGUIスレッドは同時にどちらもモデルの読取りロックを持つことができ、お互いから保護されません)。 子ビュー階層へのアクセスは、ChildStateインスタンスへの同期化によって直列化されます。
    導入されたバージョン:
    1.3
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      ChildState​(View v)
      子のステータスを構築します。
    • コンストラクタの詳細

      • ChildState

        public ChildState​(View v)
        子のステータスを構築します。 この構築は、かなり広範囲に開始する必要があるので、子のすべてが可視であるという誤った考えで始めないようにします。
        パラメータ:
        v - ビュー
        導入されたバージョン:
        1.4
    • メソッドの詳細

      • getChildView

        public View getChildView()
        このレコードが表す子ビューを取得します。
        戻り値:
        このレコードが表す子ビュー
      • run

        public void run()
        子の状態を更新します。 子の状態を更新するのに時間のかかるスレッドにより呼び出されるようにします(レイアウト・スレッドを想定しています)。

        更新期間中、関連するドキュメントの読取りロックを取得して、モデルがその操作中に変更されないようにします。 最初に行うのは、実際に変更の必要があるかどうかを調べることです。 状態が更新待ちであった場合は、次のことが発生していると考えられます。

        1. 子がビュー階層から削除されている
        2. 優先度の高い操作によって子が更新されている(つまり、子が可視になっている)

        定義:
        run、インタフェース: Runnable
        関連項目:
        Thread.run()
      • getMinorSpan

        public float getMinorSpan()
        副軸に沿ったスパンを返します。
        戻り値:
        短軸に沿ったスパン
      • getMinorOffset

        public float getMinorOffset()
        副軸に沿ったオフセットを返します。
        戻り値:
        短軸に沿ったオフセット
      • getMajorSpan

        public float getMajorSpan()
        主軸に沿ったスパンを返します。
        戻り値:
        長軸に沿ったスパン
      • getMajorOffset

        public float getMajorOffset()
        主軸に沿ったオフセットを取得します。
        戻り値:
        長軸に沿ったオフセット
      • setMajorOffset

        public void setMajorOffset​(float offs)
        このメソッドはChildLocatorだけにより呼び出されるようにします。キャッシュ化された位置を保持するのに便利な場所だからです。
        パラメータ:
        offs - offsets
      • preferenceChanged

        public void preferenceChanged​(boolean width,
                                      boolean height)
        この子に対して変更が行われた設定をマークします。
        パラメータ:
        width - 幅の設定が変更されている場合はtrue
        height - 高さの設定が変更されている場合はtrue
        関連項目:
        JComponent.revalidate()
      • isLayoutValid

        public boolean isLayoutValid()
        子ビューが配置されているかどうかを示します。
        戻り値:
        子ビューがレイアウトされているかどうかを示します。