モジュール java.rmi
パッケージ java.rmi.server

インタフェースRemoteRef

  • すべてのスーパー・インタフェース:
    Externalizable, Serializable
    既知のすべてのサブインタフェース:
    ServerRef

    public interface RemoteRef
    extends Externalizable
    RemoteRefは、リモート・オブジェクトのハンドルを表します。 RemoteStubは、リモート参照を使ってリモート・オブジェクトへのリモート・メソッド呼出しを実行します。
    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    RemoteStub
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static String packagePrefix
      サーバー・パッケージを初期化するための接頭辞です。サーバー参照クラス(UnicastRef、UnicastServerRefなど)の実装が、その接頭辞で定義されているパッケージの中に置かれていると仮定します。
      static long serialVersionUID
      JDK 1.1.xバージョンのクラスとの互換性を示します。
    • フィールドの詳細

      • serialVersionUID

        static final long serialVersionUID
        JDK 1.1.xバージョンのクラスとの互換性を示します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • packagePrefix

        static final String packagePrefix
        サーバー・パッケージを初期化するための接頭辞です。サーバー参照クラス(UnicastRef、UnicastServerRefなど)の実装が、その接頭辞で定義されているパッケージの中に置かれていると仮定します。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • invoke

        Object invoke​(Remote obj,
                      Method method,
                      Object[] params,
                      long opnum)
               throws Exception
        メソッドを呼び出します。 参照へのこの形式の委譲メソッド呼出しによって、参照はリモート・ホストとの接続のセット・アップの処理、メソッドおよびパラメータの一部に対する表現の整列化、リモート・ホストに対するメソッド呼出しの通信を行うことができます。 このメソッドは、リモート・ホスト上のリモート・オブジェクトに対するメソッド呼出しの結果を返すか、例外をスローするかのどちらかです。呼出しが失敗した場合にはRemoteException、リモート呼出しが例外をスローした場合にはアプリケーション・レベルの例外がそれぞれスローされます。
        パラメータ:
        obj - RemoteRefを含むオブジェクト(オブジェクトのRemoteStubなど)
        method - 呼び出されるメソッド
        params - パラメータのリスト
        opnum - メソッドを表現するために使用できるハッシュ
        戻り値:
        リモート・メソッド呼出しの結果
        例外:
        Exception - リモート・メソッドの呼出し中に例外が発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • newCall

        @Deprecated
        RemoteCall newCall​(RemoteObject obj,
                           Operation[] op,
                           int opnum,
                           long hash)
                    throws RemoteException
        非推奨。
        1.2形式のスタブは、このメソッドを使用しなくなりました。 スタブのリモート参照で一連のメソッド呼び出し(newCallinvoke、およびdone)を使う代わりに、スタブはリモート参照で1つのメソッドinvoke(Remote, Method, Object[], int)を使用して、パラメータの整列化、リモート・メソッドの実行、および戻り値の非整列化を実行します。
        このオブジェクト上で起動される新しいリモート・メソッドに対して、適切な呼出しオブジェクトを作成します。 オペレーション配列とインデックスを渡すと、スタブ・ジェネレータがオペレーション・インデックスの割当ておよび解釈を行うことが可能になります。 リモート参照では、呼出しの中で符号化するためにそのオペレーションを必要とする場合があります。
        パラメータ:
        obj - 呼出しを行うリモート・スタブ
        op - スタブ・オペレーションの配列
        opnum - オペレーション番号
        hash - スタブまたはスケルトンのインタフェース・ハッシュ
        戻り値:
        リモート呼出しを表す呼出しオブジェクト
        例外:
        RemoteException - 新しいリモート呼出しの開始が失敗した場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        invoke(Remote,java.lang.reflect.Method,Object[],long)
      • invoke

        @Deprecated
        void invoke​(RemoteCall call)
             throws Exception
        非推奨。
        1.2形式のスタブは、このメソッドを使用しなくなりました。 リモート参照への一連のメソッド呼び出し(newCallinvoke、およびdone)を使用する代わりに、スタブはリモート参照で1つのメソッドinvoke(Remote, Method, Object[], int)を使用して、パラメータの整列化、リモート・メソッドの実行、および戻り値の非整列化を実行します。
        リモート呼出しを実行します。 invokeはスタブを通過してキャッチされないあらゆるユーザー例外を発行します。 リモート呼出し中に例外を発行する場合、invokeは、接続をクリーンアップしたあとでユーザーまたはリモート例外を発行する必要があります。
        パラメータ:
        call - リモート呼出しを表すオブジェクト
        例外:
        Exception - リモート・メソッド中に例外が発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        invoke(Remote,java.lang.reflect.Method,Object[],long)
      • done

        @Deprecated
        void done​(RemoteCall call)
           throws RemoteException
        非推奨。
        1.2形式のスタブは、このメソッドを使用しなくなりました。 リモート参照への一連のメソッド呼び出し(newCallinvoke、およびdone)を使用する代わりに、スタブはリモート参照で1つのメソッドinvoke(Remote, Method, Object[], int)を使用して、パラメータの整列化、リモート・メソッドの実行、および戻り値の非整列化を実行します。
        リモート参照に接続をクリーンアップする(または再使用する)ことを許可します。 doneは、起動が成功して(例外が発生することなく)スタブに戻る場合にだけ呼び出すようにします。
        パラメータ:
        call - リモート呼出しを表すオブジェクト
        例外:
        RemoteException - 呼出しのクリーンアップ中にリモート・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        invoke(Remote,java.lang.reflect.Method,Object[],long)
      • getRefClass

        String getRefClass​(ObjectOutput out)
        outストリームに直列化される、参照型のクラス名を返します。
        パラメータ:
        out - 参照が直列化される先の出力ストリーム
        戻り値:
        参照型のクラス名(パッケージ修飾なし)
        導入されたバージョン:
        1.1
      • remoteHashCode

        int remoteHashCode()
        リモート・オブジェクトに対するハッシュ・コードを返します。 同じリモート・オブジェクトを参照する2つのリモート・オブジェクトのスタブは、同じハッシュ・コードを持ちます(ハッシュ表のキーとしてリモート・オブジェクトをサポートするため)。
        戻り値:
        リモート・オブジェクトのハッシュ・コード
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        Hashtable
      • remoteEquals

        boolean remoteEquals​(RemoteRef obj)
        2つのリモート・オブジェクトが等しいかどうかを比較します。 このリモート・オブジェクトが指定されたオブジェクトと同等であるかどうかを示すboolean値を返します。 このメソッドは、リモート・オブジェクトがハッシュ表に格納されている場合に使用されます。
        パラメータ:
        obj - 比較対象のオブジェクト
        戻り値:
        2つのObjectが等しい場合はtrue。そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        Hashtable
      • remoteToString

        String remoteToString()
        このリモート・オブジェクトの参照を表す文字列を返します。
        戻り値:
        リモート・オブジェクト参照を表す文字列
        導入されたバージョン:
        1.1