モジュール java.smartcardio
パッケージ javax.smartcardio

クラスCardPermission

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Guard

    public class CardPermission
    extends Permission
    スマート・カード操作のアクセス権です。 CardPermissionは、アクセス権が適用されるカード端末の名前と、その端末で有効なアクションのセットで構成されます。

    名前に*が含まれるCardPermissionは、すべてのカード端末に適用されます。 アクション文字列は、次に示すカンマで区切られたアクションのリスト、または「すべてのアクション」を示す*です。

    個別のアクションは次のとおりです。

    connect
    CardTerminal.connect()を使用してカードに接続する
    reset
    Card.disconnect(true)を使用してカードをリセットする
    exclusive
    Card.beginExclusive()およびendExclusive()を使用して、カードへの排他的なアクセスを設定する
    transmitControl
    Card.transmitControlCommand()を使用して制御コマンドを送信する
    getBasicChannel
    Card.getBasicChannel()を使用して基本論理チャネルを取得する
    openLogicalChannel
    Card.openLogicalChannel()を使用して新しい論理チャネルをオープンする

    導入されたバージョン:
    1.6
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • CardPermission

        public CardPermission​(String terminalName,
                              String actions)
        指定されたアクションで新しいCardPermissionを構築します。terminalNameはCardTerminalの名前であり、このアクセス権がすべての端末に適用される場合は*です。actionsは、カンマで区切られた個別のアクションのリスト、またはすべてのアクションを示す*です。 詳細は、このクラスの一番上にあるドキュメントを参照してください。
        パラメータ:
        terminalName - カード端末の名前、または*
        actions - アクション文字列(または許可されているアクションのセットが空の場合はnull)
        例外:
        NullPointerException - terminalNameがnullの場合
        IllegalArgumentException - アクションが無効なアクション指定の場合
    • メソッドの詳細

      • getActions

        public String getActions()
        アクションの正規の文字列表現を返します。 *は、このクラスによって定義されたすべてのアクション、つまり個別のアクションを辞書順でソートしたカンマ区切りのリストである文字列連結を示します。
        定義:
        getActions 、クラス:  Permission
        戻り値:
        アクションの正規の文字列表現。
      • implies

        public boolean implies​(Permission permission)
        このCardPermissionオブジェクトに、指定されたアクセス権が含まれているかどうかを判定します。 これは、次の場合にだけ当てはまります。
        • permissionがCardPermissionのインスタンスである。

        • permissionのアクションは、このオブジェクトのアクションの適切なサブセットである。

        • このオブジェクトのgetName()メソッドが、*であるか、permissionnameに等しい。

        定義:
        implies 、クラス:  Permission
        パラメータ:
        permission - チェック対象のアクセス権
        戻り値:
        このCardPermissionオブジェクトに、指定されたアクセス権が含まれている場合にだけtrue。
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        指定されたオブジェクトがCardPermissionと同じかどうかを比較します。 このCardPermissionは、次の場合にだけ別のオブジェクトobjectと等しくなります。
        • objectがCardPermissionのインスタンスである。

        • this.getName()((CardPermission)object).getName()と等しい

        • this.getActions()((CardPermission)object).getActions()と等しい。

        定義:
        equals 、クラス:  Permission
        パラメータ:
        obj - CardPermissionと等しいかどうかを比較するオブジェクト
        戻り値:
        指定されたオブジェクトがこのCardPermissionと等しい場合にだけtrue
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap