モジュール java.sql.rowset
パッケージ javax.sql.rowset

クラスBaseRowSet

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable

    public abstract class BaseRowSet
    extends Object
    implements Serializable, Cloneable
    RowSetオブジェクトとその基本機能を提供するabstractクラスです。 基本機能には、すべてのJavaBeans™コンポーネントが実装する必要のあるプロパティ保持やイベント通知送信などがあります。

    1.0 概要

    BaseRowSetクラスはすべてのRowSet実装の中核機能を提供しますが、どの標準実装でもベンダー固有の標準実装を提供するため、このクラスと1つ以上のRowSetインタフェースを使用することができます より明確な言い方をするなら、どの実装でも必ず、RowSetインタフェース(JdbcRowSetCachedRowSetJoinRowSetFilteredRowSetまたはWebRowSet)を1つ以上実装する必要があります。 つまり、BaseRowSetクラスを拡張する実装では必ず、いずれかのRowSetインタフェースも実装する必要があります。

    BaseRowSetクラスは次の機能を提供します。

    • プロパティ
      • 現在のプロパティを格納するフィールド
      • プロパティを取得および設定するメソッド
    • イベント通知
    • RowSetオブジェクトのコマンドにパラメータを設定する設定メソッドの完全なセット
    • ストリーム
      • ストリーム・インスタンスを格納するフィールド
      • ストリームの型を示す定数

    2.0 プロパティの設定

    どの行セットも必ず一連のプロパティを保持しますが、それらのプロパティは通常、ツールを使用して設定されます。 行セットに含まれるプロパティの数や種類は、RowSet実装の処理内容やデータの取得方法によって異なります。 たとえば、ResultSetオブジェクトからデータを取得する行セットでは、データベース接続に必要なプロパティを設定する必要があります。 DriverManager機能を使用して接続を行うRowSetオブジェクトでは、適切なドライバを識別するJDBC URLのプロパティを設定する必要があるほか、ユーザー名とパスワードを提供するプロパティも設定する必要があります。 一方、推奨の方法であるDataSourceオブジェクトを使用して接続を行う行セットでは、JDBC URLのプロパティを設定する必要はありません。 かわりに、データ・ソースの論理名のプロパティ、およびユーザー名とパスワードのプロパティを設定する必要があります。

    注: DataSourceオブジェクトを使用して接続を作成する場合は、Java Naming and Directory Interface™ (JNDI) APIを使用するネーム・サービスに、DataSourceオブジェクトを登録する必要があります。 登録は通常、システム管理者が行います。

    3.0 コマンドとコマンド・パラメータの設定

    行セットは、リレーショナル・データベースからデータを取得すると、ResultSetオブジェクトを生成するコマンド(クエリー)を実行します。 このクエリーは、RowSetオブジェクトのコマンド・プロパティに設定されるコマンドです。 行セットは、ResultSetオブジェクトからデータを読み込んで、自身にデータを移植します。 クエリーに未設定の値のプレースホルダーが含まれている場合、BaseRowSet設定メソッドを使って、これらの値を設定できます。 どの設定メソッドでも、必要に応じてnull値を設定できます。

    次のコードの抜粋は、CachedRowSet™オブジェクトcrsにコマンド・プロパティを設定する方法を示しています。 ツールを使ってプロパティを設定する場合、このコードを使用します。

    
        crs.setCommand("SELECT FIRST_NAME, LAST_NAME, ADDRESS FROM CUSTOMERS" +
                       "WHERE CREDIT_LIMIT > ? AND REGION = ?");
     

    この例ではCREDIT_LIMITREGIONの値がプレースホルダー・パラメータであり、疑問符(?)で示されています。 最初の疑問符はパラメータ番号1、2番目の疑問符はパラメータ番号2のプレースホルダー(以下同様)です。 クエリーを実行するためには、あらかじめプレースホルダー・パラメータを設定しておく必要があります。 BaseRowSetクラスは、プレースホルダー・パラメータの設定に必要な設定メソッドを提供します。この設定メソッドは、PreparedStatementインタフェースがデータ型の値を設定するために提供するメソッドとよく似ています。 RowSetオブジェクトは、パラメータ値を内部で格納します。このオブジェクトのexecuteメソッドは、格納されたパラメータ値を内部で利用して、実行するDBMSにコマンドを送信する前にプレースホルダー・パラメータの値を設定します。

    次のコードの抜粋は、先ほどの例で、クエリー内の2つのパラメータを設定する方法を示しています。

    
        crs.setInt(1, 5000);
        crs.setString(2, "West");
     
    この時点でexecuteメソッドを呼び出すとすると、DBMSに送信されるクエリーは次のようになります。
    
        "SELECT FIRST_NAME, LAST_NAME, ADDRESS FROM CUSTOMERS" +
                       "WHERE CREDIT_LIMIT > 5000 AND REGION = 'West'"
     
    注: ArrayClobBlobおよびRefオブジェクトをコマンド・パラメータとして設定すると、これらの値はそれぞれSerialArraySerialClobSerialBlob、およびSerialRefオブジェクトとして保存されます。

    4.0 内部のパラメータ処理

    注: BaseRowSetクラスは、プロパティを設定する設定メソッドと、プレースホルダー・パラメータを設定する設定メソッドを提供します。 このセクションでは、プレースホルダー・パラメータを設定する設定メソッドについて説明します。

    BaseRowSet設定メソッドで設定されたプレースホルダー・パラメータは、内部のHashtableオブジェクトにオブジェクトとして格納されます。 プリミティブはObject型として格納されます。 たとえば、byteByteオブジェクト、intIntegerオブジェクトとして格納されます。 executeメソッドが呼び出されると、Hashtableオブジェクト内の値が、コマンド内の適切なプレースホルダー・パラメータに代入されます。

    getParamsメソッドを呼び出すと、Hashtableオブジェクトに格納された値がObjectインスタンスの配列として返されます。 この配列内の要素は、単純なObjectインスタンスかObject型の配列になります。 配列内の要素がObjectになるか配列になるかは、使用する設定メソッドによって異なります。

    プレースホルダー・パラメータを設定するほとんどのメソッドは、2つのパラメータを取ります。第1のパラメータで設定するプレースホルダー・パラメータを指定し、第2のパラメータで設定する値を指定します。 該当メソッドには、setIntsetStringsetBooleansetLongなどがあります。 これらのメソッドを呼び出したあと、getParamsを呼び出すと、設定された値から成る配列が返されます。 配列内の各値は、設定された値を表すObjectインスタンスになります。 配列内の値の並び順は、設定メソッドに渡されるint (第1のパラメータ)によって決定されます。 配列内の値は、設定メソッドに渡される値(第2のパラメータ)になります。 つまり、配列内の第1の要素が、RowSetオブジェクトのコマンドで第1のプレースホルダー・パラメータに設定されます。 配列内の第2の要素が、第2のプレースホルダー・パラメータに設定される(以下同様)ということになります。

    設定する値以外に、ドライバとDBMSの情報を送信する設定メソッドもあります。 このような設定メソッドの使用後にgetParamsメソッドを呼び出すと、追加情報を格納するため、配列内の要素自体が配列になります。 このような設定メソッドの特例として、一方のバージョンがパラメータを2つしか取らないsetNullメソッドがあります(setNull(int parameterIndex, int SqlType))。 ただし、このメソッドも、ドライバとDBMSに渡す情報を格納するため、配列を必要とします。 この配列内の第1の要素は、設定する値nullになります。第2の要素は、sqlTypeに代入されるintであり、nullに設定されるSQL値の型を示します。 この情報は、一部のDBMSでは必須です。したがって、アプリケーションの移植性を確保するためには、この情報が必須になります。 もう一方のバージョンは、nullに設定する値がユーザー定義型であるときに使用するためのものです。 この場合も、3つのパラメータ(setNull(int parameterIndex, int sqlType, String typeName))を使用し、ドライバとDBMSに渡す情報を格納する配列が必要になります。 この配列の最初の2つの要素は、最初のバージョンのsetNullの場合と同じです。 第3の要素typeNameは、ユーザー定義型のSQL名を指定します。 その他の設定メソッドと同じく、設定するプレースホルダー・パラメータの数は、getParamsによって返される配列内の要素の位置で表されます。 たとえば、setNullのパラメータが2の場合、getParamsによって返される配列内の第2の要素は、2 - 3個の要素から成る配列になります。

    setObjectsetDateをはじめとする一部のメソッドは、2つ以上のパラメータと、ドライバまたはDBMSに情報を提供する追加のパラメータを取る場合があります。 たとえば、setDateメソッド、setTimeメソッド、setTimestampメソッドは、3番目のパラメータとしてCalendarオブジェクトを取ることができます。 DBMSにタイムゾーン情報が格納されていない場合、ドライバはCalendarオブジェクトを使用して、設定するDateオブジェクト、TimeオブジェクトまたはTimestampオブジェクトを作成します。 追加情報を提供するその他のメソッドと同様に、getParamsから返される配列内の要素は、単純なObjectインスタンスではなく、配列になります。

    setAsciiStreamsetBinaryStreamsetCharacterStreamsetUnicodeStreamの各メソッド(非推奨。アプリケーションは、これらのかわりにgetCharacterStreamを使用するべきである)は、3つのパラメータを取ります。したがって、この場合も、getParamsから返される配列内の要素は配列になります。 これらの設定メソッドは、配列内に、パラメータによって提供される情報だけでなく、設定するストリームの型を示すBaseRowSet定数が含まれているという点で、その他の設定メソッドと異なっています。

    注: getParamsメソッドは、このクラスを拡張するRowSet実装によって内部で呼び出されます。通常、アプリケーション・プログラマによって直接呼び出されることはありません。

    5.0 イベント通知

    BaseRowSetクラスは、行セットにイベント通知メカニズムを提供します。 このクラスには、listenersフィールド、リスナーの追加と削除を行うメソッド、リスナーに変更を通知するメソッドが含まれます。

    リスナーは、RowSetListenerインタフェースを実装するオブジェクトです。 RowSetオブジェクトのリスナー・リストに追加されたリスナーは、そのRowSetオブジェクトで発生したイベントの通知を受けます。 イベントの発生通知を受けたときのオブジェクトの動作は、各リスナーのRowSetListenerメソッドの実装によって定義されます。

    RowSetオブジェクトで発生する可能性があるイベントは、次の3種類です。

    1. カーソルの移動
    2. 個々の行の変更(更新、削除、または挿入)
    3. RowSetオブジェクト全体の内容の変更

    通知に使用されるBaseRowSetメソッドは、発生したイベントの型を示します。 たとえば、notifyRowChangedメソッドは、行が更新、削除、または挿入されたことを示します。 各通知メソッドは、イベントの発生元のRowSetオブジェクトを特定するためにリスナーに渡される、RowSetEventオブジェクトを作成します。 リスナーがこの情報を利用して何を行うか(何も行わない場合もある)は、リスナーの実装によって異なります。

    6.0 デフォルトの動作

    デフォルトのBaseRowSetオブジェクトの初期化のときの開始値は、一定ではありません。 BaseRowSetクラスを拡張するデフォルトのRowSetインスタンスには、次の特徴があります。
    • スクロール可能なカーソルを使用し、その他のユーザーによる変更を表示しない。
    • 更新可能。
    • 削除された行は表示しない。
    • ドライバがRowSetオブジェクトのコマンド実行に費やす時間に制限はない。
    • 含むことのできる行数に制限はない。
    • 列内のバイト数に制限はない。 注: ただし、次の型の値を格納する列には、バイト数の制限が課される: BINARYVARBINARYLONGVARBINARYCHARVARCHAR、およびLONGVARCHAR
    • 未確定のデータは表示しない(「ダーティ」読取りになる)。
    • エスケープ処理が有効。
    • 接続の型マップはnullに設定されている。
    • RowSetオブジェクトのコマンド内のプレースホルダー・パラメータに設定された値を格納するため、空のVectorオブジェクトが用意されている。

    適切な値が異なる場合、アプリケーションは、その値を明示的に設定する必要があります。 たとえば、次のコードは、CachedRowSetオブジェクトcrsに最大行数500を設定します。

        crs.setMaxRows(500);
     
    このBaseRowSetクラスの拡張に実装されたメソッドは、定義済みのアサーションに対する違反があった場合、SQLExceptionオブジェクトをスローする必要があります そのため、このメソッドは、クラスの拡張によってBaseRowSetメソッドがオーバーライドされ、再実装されたあと、接続の問題または配下のデータ・ソースの問題が検出された場合も、SQLExceptionオブジェクトをスローする可能性があります

    導入されたバージョン:
    1.5
    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static int ASCII_STREAM_PARAM
      ASCIIストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。
      protected InputStream asciiStream
      メソッドgetAsciiStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
      static int BINARY_STREAM_PARAM
      バイナリ・ストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。
      protected InputStream binaryStream
      メソッドgetBinaryStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
      protected Reader charStream
      メソッドgetCharacterStreamによって返されたReaderオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
      static int UNICODE_STREAM_PARAM
      Unicodeストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。
      protected InputStream unicodeStream
      メソッドgetUnicodeStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      BaseRowSet()
      デフォルトのVectorオブジェクトを使用して初期化を実行し、listenersフィールド用の新しいBaseRowSetオブジェクトを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 非推奨メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void addRowSetListener​(RowSetListener listener)
      リスナーは、このRowSetオブジェクトでイベントが発生するたびに通知を受けます。
      void clearParameters()
      このRowSetオブジェクトのコマンドの実行時に設定される、このRowSetオブジェクトのパラメータの内部表現に含まれる現在のパラメータ値をすべて消去します。
      String getCommand()
      このRowSetオブジェクトのコマンドになっているSQLクエリーを取得します。
      int getConcurrency()
      このRowSetオブジェクトの並行処理を返します。
      String getDataSourceName()
      Java Naming and Directory Interface (JNDI) APIを使用するネーム・サービスに提供されるとjavax.sql.DataSourceオブジェクトを取得する論理名を返します。
      boolean getEscapeProcessing()
      このRowSetオブジェクトでエスケープ処理が有効になっているかどうかを確認します。
      int getFetchDirection()
      このRowSetオブジェクトの現在のフェッチ方向の設定を取得します。
      int getFetchSize()
      このRowSetオブジェクトのフェッチ・サイズを返します。
      int getMaxFieldSize()
      このRowSetオブジェクト内の列の値として使用可能な最大バイト数を取得します。
      int getMaxRows()
      このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大行数を取得します。
      Object[] getParams()
      このRowSetオブジェクトのコマンドに設定されたパラメータ値(オブジェクトとプリミティブ)を含む配列を取得し、すべてのパラメータが設定されていない場合はSQLExceptionオブジェクトをスローします。
      String getPassword()
      このRowSetオブジェクトのデータベース接続を作成するために使用するパスワードを返します。
      int getQueryTimeout()
      ドライバがクエリーの実行を待つ最大秒数を取得します。
      boolean getShowDeleted()
      削除マークが付けられた行を現在の行とともに表示するかどうかを示すbooleanを取得します。
      int getTransactionIsolation()
      このRowSetオブジェクトの接続のトランザクション遮断プロパティを返します。
      int getType()
      このRowSetオブジェクトの型を返します。
      Map<String,​Class<?>> getTypeMap()
      このRowSetオブジェクトのConnectionオブジェクトに関連付けられた型マップを取得します。
      String getUrl()
      JDBCテクノロジを使用可能なドライバを使って、このRowSetオブジェクトのjavax.sql.Readerオブジェクトがリレーショナル・データベースとの接続を作成するために使用するJDBC URLを取得します。
      String getUsername()
      データベース接続の作成に使用するユーザー名を返します。
      protected void initParams()
      BaseRowSetインスタンスの標準機能を使ってJDBC RowSet実装を起動するために必要な内部での構成および初期化を実行します。
      boolean isReadOnly()
      このRowSetオブジェクトが読取り専用であるかどうかを示すbooleanを返します。
      protected void notifyCursorMoved()
      このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、カーソルが移動したことを通知します。
      protected void notifyRowChanged()
      このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、行が変更されたことを通知します。
      protected void notifyRowSetChanged()
      このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、コンテンツ全体が変更されたことを通知します。
      void removeRowSetListener​(RowSetListener listener)
      このRowSetオブジェクトのリスナー・リストから指定されたオブジェクトを削除します。
      void setArray​(int parameterIndex, Array array)
      指定されたパラメータをJavaプログラミング言語のArrayオブジェクトに設定します。
      void setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x)
      このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。
      void setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
      指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。
      void setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x)
      指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
      void setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
      指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
      void setBigDecimal​(int parameterIndex, BigDecimal x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.lang.BigDecimal値に設定します。
      void setBigDecimal​(String parameterName, BigDecimal x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。
      void setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x)
      このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。
      void setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
      指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。
      void setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x)
      指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
      void setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
      指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
      void setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream)
      指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
      void setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream, long length)
      指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
      void setBlob​(int parameterIndex, Blob x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のBlobオブジェクトに設定します。
      void setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream)
      指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
      void setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream, long length)
      指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
      void setBlob​(String parameterName, Blob x)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Blobオブジェクトに設定します。
      void setBoolean​(int parameterIndex, boolean x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のbooleanに設定します。
      void setBoolean​(String parameterName, boolean x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのboolean値に設定します。
      void setByte​(int parameterIndex, byte x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のbyteに設定します。
      void setByte​(String parameterName, byte x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのbyte値に設定します。
      void setBytes​(int parameterIndex, byte[] x)
      指定されたパラメータを、指定されたバイト配列に設定します。
      void setBytes​(String parameterName, byte[] x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのバイト配列に設定します。
      void setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader)
      このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたReaderオブジェクトに設定します。
      void setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader, int length)
      指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つjava.io.Readerオブジェクトに設定します。
      void setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader)
      指定されたパラメータを指定されたReaderオブジェクトに設定します。
      void setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader, int length)
      指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。
      void setClob​(int parameterIndex, Reader reader)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setClob​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setClob​(int parameterIndex, Clob x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のClobオブジェクトに設定します。
      void setClob​(String parameterName, Reader reader)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setClob​(String parameterName, Reader reader, long length)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setClob​(String parameterName, Clob x)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Clobオブジェクトに設定します。
      void setCommand​(String cmd)
      このRowSetオブジェクトのcommandプロパティとして指定のStringオブジェクトを設定し、パラメータがある場合は、以前のコマンド用に設定されたものなので消去します。
      void setConcurrency​(int concurrency)
      このRowSetオブジェクトの並行性を指定された並行性に設定します。
      void setDataSourceName​(String name)
      このRowSetオブジェクトのDataSource nameプロパティとして指定の論理名を設定し、このRowSetオブジェクトのUrlプロパティをnullに設定します。
      void setDate​(int parameterIndex, Date x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Date値に設定します。
      void setDate​(int parameterIndex, Date x, Calendar cal)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Dateオブジェクトに設定します。
      void setDate​(String parameterName, Date x)
      アプリケーションを実行している仮想マシンのデフォルトのタイムゾーンを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
      void setDate​(String parameterName, Date x, Calendar cal)
      指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
      void setDouble​(int parameterIndex, double x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のdoubleに設定します。
      void setDouble​(String parameterName, double x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのdouble値に設定します。
      void setEscapeProcessing​(boolean enable)
      データベースにSQL文を送信する前に、ドライバがエスケープ構文をスキャンしてエスケープ置換を行うかどうかを示す指定のbooleanに設定します。
      void setFetchDirection​(int direction)
      このRowSetオブジェクト内の行が処理される方向について、ドライバにパフォーマンス・ヒントを与えます。
      void setFetchSize​(int rows)
      このRowSetオブジェクトのフェッチ・サイズとして、指定の行数を設定します。
      void setFloat​(int parameterIndex, float x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のfloatに設定します。
      void setFloat​(String parameterName, float x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのfloat値に設定します。
      void setInt​(int parameterIndex, int x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のint値に設定します。
      void setInt​(String parameterName, int x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのint値に設定します。
      void setLong​(int parameterIndex, long x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のlongに設定します。
      void setLong​(String parameterName, long x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのlong値に設定します。
      void setMaxFieldSize​(int max)
      このRowSetオブジェクト内の列の値として使用可能な最大バイト数を、指定した値に設定します。
      void setMaxRows​(int max)
      このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大の行数を、指定した値に設定します。
      void setNCharacterStream​(int parameterIndex, Reader value)
      このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、Readerオブジェクトに設定します。
      void setNCharacterStream​(int parameterIndex, Reader value, long length)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNCharacterStream​(String parameterName, Reader value)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNCharacterStream​(String parameterName, Reader value, long length)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNClob​(int parameterIndex, Reader reader)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNClob​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNClob​(int parameterIndex, NClob value)
      指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。
      void setNClob​(String parameterName, Reader reader)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNClob​(String parameterName, Reader reader, long length)
      指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
      void setNClob​(String parameterName, NClob value)
      指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。
      void setNString​(int parameterIndex, String value)
      指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。
      void setNString​(String parameterName, String value)
      指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。
      void setNull​(int parameterIndex, int sqlType)
      指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
      void setNull​(int parameterIndex, int sqlType, String typeName)
      指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
      void setNull​(String parameterName, int sqlType)
      指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
      void setNull​(String parameterName, int sqlType, String typeName)
      指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
      void setObject​(int parameterIndex, Object x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のObject値に設定します。
      void setObject​(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType)
      指定されたパラメータの値を、指定されたObject値で設定します。
      void setObject​(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType, int scale)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のObject値に設定します。
      void setObject​(String parameterName, Object x)
      指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
      void setObject​(String parameterName, Object x, int targetSqlType)
      指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
      void setObject​(String parameterName, Object x, int targetSqlType, int scale)
      指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
      void setPassword​(String pass)
      このRowSetオブジェクトのデータベース接続を作成するために使用するパスワードとして、指定のStringオブジェクトを設定します。
      void setQueryTimeout​(int seconds)
      ドライバがクエリーの実行を待つ最大秒数を設定します。
      void setReadOnly​(boolean value)
      このRowSetオブジェクトのreadOnlyプロパティとしてbooleanを設定します。
      void setRef​(int parameterIndex, Ref ref)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のRefオブジェクトに設定します。
      void setRowId​(int parameterIndex, RowId x)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。
      void setRowId​(String parameterName, RowId x)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。
      void setShort​(int parameterIndex, short x)
      指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のshortに設定します。
      void setShort​(String parameterName, short x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのshort値に設定します。
      void setShowDeleted​(boolean value)
      showDeletedプロパティとして、削除マーク付きの行を現在の行とともに表示するかどうかを指定するbooleanを設定します。
      void setSQLXML​(int parameterIndex, SQLXML xmlObject)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。
      void setSQLXML​(String parameterName, SQLXML xmlObject)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。
      void setString​(int parameterIndex, String x)
      指定されたパラメータを、指定されたString値に設定します。
      void setString​(String parameterName, String x)
      指定されたパラメータを指定されたJavaのString値に設定します。
      void setTime​(int parameterIndex, Time x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。
      void setTime​(int parameterIndex, Time x, Calendar cal)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timeオブジェクトに設定します。
      void setTime​(String parameterName, Time x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。
      void setTime​(String parameterName, Time x, Calendar cal)
      指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Time値に設定します。
      void setTimestamp​(int parameterIndex, Timestamp x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
      void setTimestamp​(int parameterIndex, Timestamp x, Calendar cal)
      指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestampオブジェクトに設定します。
      void setTimestamp​(String parameterName, Timestamp x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
      void setTimestamp​(String parameterName, Timestamp x, Calendar cal)
      指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
      void setTransactionIsolation​(int level)
      このJDBC RowSetオブジェクトのトランザクション遮断プロパティとして、指定の定数を設定します。
      void setType​(int type)
      このRowSetオブジェクトに特定の型を設定します。
      void setTypeMap​(Map<String,​Class<?>> map)
      このRowSetオブジェクトのConnectionオブジェクトに関連付けられた型マップとして、指定のjava.util.Mapオブジェクトをインストールします。
      void setUnicodeStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
      非推奨。
      代わりにgetCharacterStreamを使用してください。
      void setUrl​(String url)
      このRowSetオブジェクトのUrlプロパティとして指定のStringオブジェクトを設定し、dataSource nameプロパティをnullに設定します。
      void setURL​(int parameterIndex, URL x)
      指定されたパラメータを、指定されたjava.net.URL値に設定します。
      void setUsername​(String name)
      このRowSetオブジェクトのusernameプロパティとして、指定のユーザー名を設定します。
    • フィールドの詳細

      • UNICODE_STREAM_PARAM

        public static final int UNICODE_STREAM_PARAM
        Unicodeストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。 このRowSetReaderImplオブジェクトは、SyncFactory staticファクトリSPIメカニズムで定義されたabstractクラスSyncProviderの拡張として提供されます。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BINARY_STREAM_PARAM

        public static final int BINARY_STREAM_PARAM
        バイナリ・ストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。 RowSetReaderImplオブジェクトは、SyncFactory staticファクトリSPIメカニズムで定義されたabstractクラスSyncProviderの拡張として提供されます。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • ASCII_STREAM_PARAM

        public static final int ASCII_STREAM_PARAM
        ASCIIストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。 RowSetReaderImplオブジェクトは、SyncFactory staticファクトリSPIメカニズムで定義されたabstractクラスSyncProviderの拡張として提供されます。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • binaryStream

        protected InputStream binaryStream
        メソッドgetBinaryStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
      • unicodeStream

        protected InputStream unicodeStream
        メソッドgetUnicodeStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
      • asciiStream

        protected InputStream asciiStream
        メソッドgetAsciiStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
      • charStream

        protected Reader charStream
        メソッドgetCharacterStreamによって返されたReaderオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
    • コンストラクタの詳細

      • BaseRowSet

        public BaseRowSet()
        デフォルトのVectorオブジェクトを使用して初期化を実行し、listenersフィールド用の新しいBaseRowSetオブジェクトを作成します。 初期化時に使用されるその他のデフォルト値は、このクラスのクラス・コメントのセクション6.0に記載されています。
    • メソッドの詳細

      • initParams

        protected void initParams()
        BaseRowSetインスタンスの標準機能を使ってJDBC RowSet実装を起動するために必要な内部での構成および初期化を実行します。 すべてのパラメータを正しく初期化するには、RowSetオブジェクトがインスタンス化された後でこのメソッドが呼び出されるべきです。 このメソッドは、決してアプリケーションによって呼び出されるべきではなく、このクラスを拡張したRowSet実装から呼び出されます。
      • addRowSetListener

        public void addRowSetListener​(RowSetListener listener)
        リスナーは、このRowSetオブジェクトでイベントが発生するたびに通知を受けます。

        リスナーの例として、現在のRowSetオブジェクトの状態を正確に反映するために更新する必要がある表やグラフを挙げることができます。

        : RowSetListenerオブジェクトがnullの場合、このメソッドは通知なしでnull値を破棄し、リスナーのセットにnull参照を追加しません。

        ノート: リスナーがすでに設定されていて、新しいRowSetListenerインスタンスが、このRowSetからイベント通知を受け取るためにすでに登録されているリスナーのセットに追加されている場合。

        パラメータ:
        listener - javax.sql.RowSetListenerインタフェースを実装し、このRowSetオブジェクトでイベントが発生したときに通知を受けるオブジェクト。nullの場合もある。
        関連項目:
        removeRowSetListener(javax.sql.RowSetListener)
      • removeRowSetListener

        public void removeRowSetListener​(RowSetListener listener)
        このRowSetオブジェクトのリスナー・リストから指定されたオブジェクトを削除します。 登録済みのリスナー以外が引数として指定された場合、このメソッドは何も行いません。 : RowSetListenerオブジェクトがnullの場合、このメソッドは通知なしでnull値を破棄します。
        パラメータ:
        listener - このRowSetオブジェクトのリスナー・リストに含まれるRowSetListenerオブジェクト
        関連項目:
        addRowSetListener(javax.sql.RowSetListener)
      • notifyCursorMoved

        protected void notifyCursorMoved()
                                  throws SQLException
        このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、カーソルが移動したことを通知します。

        アプリケーションがカーソルを移動するメソッドを呼び出すと、呼び出されたメソッドはカーソルを移動し、このメソッドを内部で呼び出します。 アプリケーションがこのメソッドを直接呼び出すことはありません

        例外:
        SQLException - BaseRowSet abstractクラスを拡張するクラスがRowSetインタフェースまたはそのサブインタフェースを実装していない場合。
      • notifyRowChanged

        protected void notifyRowChanged()
                                 throws SQLException
        このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、行が変更されたことを通知します。

        アプリケーションが、行を変更するメソッド(CachedRowSetメソッドinsertRowupdateRowdeleteRowなど)を呼び出すと、呼び出されたメソッドは内部でnotifyRowChangedを呼び出します。 アプリケーションがこのメソッドを直接呼び出すことはありません

        例外:
        SQLException - BaseRowSet abstractクラスを拡張するクラスがRowSetインタフェースまたはそのサブインタフェースを実装していない場合。
      • notifyRowSetChanged

        protected void notifyRowSetChanged()
                                    throws SQLException
        このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、コンテンツ全体が変更されたことを通知します。

        アプリケーションがRowSetオブジェクトのコンテンツ全体を変更するメソッド(CachedRowSetメソッドexecutepopulaterestoreOriginalreleaseなど)を呼び出すと、呼び出されたメソッドは内部で直接的または間接的にnotifyRowSetChangedを呼び出します。 アプリケーションがこのメソッドを直接呼び出すことはありません

        例外:
        SQLException - BaseRowSet abstractクラスを拡張するクラスがRowSetインタフェースまたはそのサブインタフェースを実装していない場合。
      • getCommand

        public String getCommand()
        このRowSetオブジェクトのコマンドになっているSQLクエリーを取得します。 コマンド・プロパティには、このRowSetオブジェクトを生成するために実行されるクエリーが含まれます。

        このメソッドから返されるSQLクエリーは、RowSetメソッド(executepopulateなど)によって使用されます。これらのメソッドは、BaseRowSet abstractクラスを拡張するあらゆるクラスに実装可能であり、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1個以上実装します。

        RowSetオブジェクトのリーダーは、コマンドを使って、ResultSetオブジェクトを取得します。 次に、ResultSetオブジェクトからデータを読み取り、このデータを使ってこのRowSetオブジェクトを生成します。

        commandプロパティのデフォルト値はnullです。

        戻り値:
        このRowSetオブジェクトのcommandプロパティの値を示すStringnullの場合もある
        関連項目:
        setCommand(java.lang.String)
      • setCommand

        public void setCommand​(String cmd)
                        throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのcommandプロパティとして指定のStringオブジェクトを設定し、パラメータがある場合は、以前のコマンド用に設定されたものなので消去します。

        RowSetオブジェクトがコマンドをサポートしないソース(スプレッドシート、その他の表形式のファイル)からデータを取得する場合、commandプロパティは不要です。 つまり、このプロパティはオプションであり、nullの場合もあります。

        パラメータ:
        cmd - このRowSetオブジェクトのcommandプロパティとして設定されるSQLクエリーを含むStringオブジェクト。nullの場合もあるが、空文字列にはならない
        例外:
        SQLException - コマンドの値として空文字列が提供された場合
        関連項目:
        getCommand()
      • getUrl

        public String getUrl()
                      throws SQLException
        JDBCテクノロジを使用可能なドライバを使って、このRowSetオブジェクトのjavax.sql.Readerオブジェクトがリレーショナル・データベースとの接続を作成するために使用するJDBC URLを取得します。

        配下のデータ・ソースがSQLデータ・ソースでない場合(スプレッドシートやXMLデータ・ソースの場合)、Urlプロパティはnullになります。

        戻り値:
        このRowSetオブジェクトの接続を確立するために使用されるJDBC URLを含むStringオブジェクト。設定しない場合、null (デフォルト値)になる
        例外:
        SQLException - URL値の取得中にエラーが発生した場合
        関連項目:
        setUrl(java.lang.String)
      • setUrl

        public void setUrl​(String url)
                    throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのUrlプロパティとして指定のStringオブジェクトを設定し、dataSource nameプロパティをnullに設定します。 Urlプロパティは、JDBCテクノロジを使用可能なドライバ(JDBCドライバ)とDriverManagerを使って接続を作成するときに使用するJDBC URLです。 特定のドライバ用の正しいJDBC URLは、ドライバのマニュアルに記載されています。 JDBC URLがどのように形成されるかについてのガイドラインはありますが、ドライバ・ベンダーは0 (空の文字列)の長さを持つオブジェクト以外のStringオブジェクトを指定できます。

        DriverManagerではなくDataSourceオブジェクトを使って接続を確立した場合、Urlプロパティの設定はオプションになります。 ドライバは、URLプロパティかdataSourceNameプロパティ(最近指定されたもの)を使って接続を作成します。 JDBC URLを使用する場合、アプリケーションは、RowSetオブジェクトを使ってデータベースに接続する前に、JDBC URLを受け入れるJDBCドライバをロードする必要があります。 RowSetオブジェクトは、データの読み取りまたは書込みを行うため、内部でURLを使用してデータベース接続を作成します。

        パラメータ:
        url - このRowSetオブジェクトのデータベース接続を確立するために使用されるJDBC URLを含むStringオブジェクト。nullの場合もあるが、空文字列にはならない
        例外:
        SQLException - Urlプロパティの設定時にエラーが発生した場合、または長さ0 (空文字列)のパラメータが提供された場合
        関連項目:
        getUrl()
      • getDataSourceName

        public String getDataSourceName()
        Java Naming and Directory Interface (JNDI) APIを使用するネーム・サービスに提供されるとjavax.sql.DataSourceオブジェクトを取得する論理名を返します。 このDataSourceオブジェクトを使って、このオブジェクトが示すデータ・ソースとの接続を確立することができます。

        ユーザーは、urlまたはdata source nameプロパティのいずれかを設定する必要があります。 ドライバは、接続を確立するために一番最近設定されたプロパティ・セットを使用します。

        戻り値:
        接続の作成に使用するDataSourceオブジェクトを識別するStringオブジェクト。論理名が設定されていない場合、nullを返す。
        関連項目:
        setDataSourceName(java.lang.String)
      • setDataSourceName

        public void setDataSourceName​(String name)
                               throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのDataSource nameプロパティとして指定の論理名を設定し、このRowSetオブジェクトのUrlプロパティをnullに設定します。 JNDIネーム・サービス内でこの名前がDataSourceオブジェクトにバインドされていないと、アプリケーション内でその名前を使用してルックアップを行い、バインドされたDataSourceオブジェクトを取得できません。 その後、DataSourceオブジェクトを使用してこのオブジェクトが表すデータ・ソースへの接続を確立できます。

        ユーザーは、UrlプロパティとdataSourceNameプロパティのいずれかを設定する必要があります。 両方のプロパティを設定した場合、ドライバは、最近設定されたプロパティを使用します。

        パラメータ:
        name - 名前を持つStringオブジェクト。JNDIテクノロジベースのネーム・サービスにこの名前を渡すことにより、接続の取得に使用するDataSourceオブジェクトを取得できる。nullでもよいが、空の文字列は不可
        例外:
        SQLException - DataSource名として空文字列が指定された場合
        関連項目:
        getDataSourceName()
      • getUsername

        public String getUsername()
        データベース接続の作成に使用するユーザー名を返します。 usernameプロパティは直列化されないので、実行時、executeメソッドの呼出しの前に設定されます。
        戻り値:
        接続を作成するためにデータ・ソースに提供されるユーザー名を含むStringオブジェクト。設定しない場合、null (デフォルト値)になる
        関連項目:
        setUsername(java.lang.String)
      • setUsername

        public void setUsername​(String name)
        このRowSetオブジェクトのusernameプロパティとして、指定のユーザー名を設定します。 usernameプロパティは直列化されないので、実行時、executeメソッドの呼出しの前に設定されます。
        パラメータ:
        name - 接続を作成するためにデータ・ソースに提供されるユーザー名を含むStringオブジェクト。 nullも指定できる。
        関連項目:
        getUsername()
      • getPassword

        public String getPassword()
        このRowSetオブジェクトのデータベース接続を作成するために使用するパスワードを返します。 passwordプロパティは直列化されないので、実行時、executeメソッドの呼出しの前に設定されます。 デフォルト値はnull
        戻り値:
        接続を作成する際データベースに提供する必要があるパスワードを表すStringオブジェクト
        関連項目:
        setPassword(java.lang.String)
      • setPassword

        public void setPassword​(String pass)
        このRowSetオブジェクトのデータベース接続を作成するために使用するパスワードとして、指定のStringオブジェクトを設定します。 passwordプロパティは直列化されないので、実行時、executeメソッドの呼出しの前に設定されます。
        パラメータ:
        pass - 接続を作成する際データベースに提供されるパスワードを表すStringオブジェクト。 nullも指定できる。
        関連項目:
        getPassword()
      • setType

        public void setType​(int type)
                     throws SQLException
        このRowSetオブジェクトに特定の型を設定します。 デフォルトの型はResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVEです。
        パラメータ:
        type - 次の定数のいずれか。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVE
        例外:
        SQLException - パラメータとして次の定数以外が提供された場合。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYまたはResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE ResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVE
        関連項目:
        getConcurrency(), getType()
      • getType

        public int getType()
                    throws SQLException
        このRowSetオブジェクトの型を返します。 型は、最初、RowSetオブジェクトを作成した文によって決定されます。 RowSetオブジェクトは、いつでもsetTypeメソッドを呼び出して型を変更できます。 デフォルトはTYPE_SCROLL_INSENSITIVEです。
        戻り値:
        このJDBC RowSetオブジェクトの型。次のいずれかでなければならない。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVE
        例外:
        SQLException - このRowSetオブジェクトの型の取得時にエラーが発生した場合
        関連項目:
        setType(int)
      • setConcurrency

        public void setConcurrency​(int concurrency)
                            throws SQLException
        このRowSetオブジェクトの並行性を指定された並行性に設定します。 接続されている場合でも接続されていない場合でも、RowSetオブジェクトのデフォルトの並行性はResultSet.CONCUR_UPDATABLEです。ただし、このメソッドは、並行性を変更したいときいつでも呼び出すことができます。
        パラメータ:
        concurrency - 次の定数のいずれか。ResultSet.CONCUR_READ_ONLYまたはResultSet.CONCUR_UPDATABLE
        例外:
        SQLException - パラメータとして次の定数以外が提供された場合。ResultSet.CONCUR_UPDATABLEまたはResultSet.CONCUR_READ_ONLY
        関連項目:
        getConcurrency(), isReadOnly()
      • isReadOnly

        public boolean isReadOnly()
        このRowSetオブジェクトが読取り専用であるかどうかを示すbooleanを返します。 読取り専用のRowSetオブジェクトを更新しようとすると、SQLExceptionがスローされます。 デフォルトでは、更新が可能であれば、行セットの更新も可能です。
        戻り値:
        このRowSetオブジェクトを更新できない場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        setConcurrency(int), setReadOnly(boolean)
      • setReadOnly

        public void setReadOnly​(boolean value)
        このRowSetオブジェクトのreadOnlyプロパティとしてbooleanを設定します。
        パラメータ:
        value - このRowSetオブジェクトが読取り専用の場合はtrue、更新可能な場合はfalse
      • getTransactionIsolation

        public int getTransactionIsolation()
        このRowSetオブジェクトの接続のトランザクション遮断プロパティを返します。 このプロパティは、トランザクション用として要求されたトランザクション遮断レベルを表します。

        RowSet実装(未接続の環境で動作するCachedRowSetなど)には、SyncProviderオブジェクトにより、補足ロックやデータの整合性のオプションが提供されます。 次のオプションは、接続済みRowSetオブジェクト(JdbcRowSetオブジェクト)専用です。

        戻り値:
        次の定数のいずれか。Connection.TRANSACTION_NONEConnection.TRANSACTION_READ_UNCOMMITTEDConnection.TRANSACTION_READ_COMMITTEDConnection.TRANSACTION_REPEATABLE_READ、またはConnection.TRANSACTION_SERIALIZABLE
        関連項目:
        SyncFactorySyncProvidersetTransactionIsolation(int)
      • setTransactionIsolation

        public void setTransactionIsolation​(int level)
                                     throws SQLException
        このJDBC RowSetオブジェクトのトランザクション遮断プロパティとして、指定の定数を設定します。 DBMSは、可能な場合は、このトランザクション遮断レベルを使用します。

        RowSet実装(未接続の環境で動作するCachedRowSetなど)には、使用するSyncProviderオブジェクトにより、補足ロックやデータの整合性のオプションが提供されます。 次のオプションは、接続済みRowSetオブジェクト(JdbcRowSetオブジェクト)専用です。

        パラメータ:
        level - 次の昇順でリストされた定数のいずれか。Connection.TRANSACTION_NONEConnection.TRANSACTION_READ_UNCOMMITTEDConnection.TRANSACTION_READ_COMMITTEDConnection.TRANSACTION_REPEATABLE_READ、またはConnection.TRANSACTION_SERIALIZABLE
        例外:
        SQLException - 指定のパラメータがConnection定数でない場合
        関連項目:
        SyncFactorySyncProvidergetTransactionIsolation()
      • getTypeMap

        public Map<String,​Class<?>> getTypeMap()
        このRowSetオブジェクトのConnectionオブジェクトに関連付けられた型マップを取得します。

        JDBC 3.0 APIをサポートするドライバは、型マップが関連付けられたConnectionオブジェクトを作成します。 この型マップは、初期状態では空ですが、1つ以上の完全修飾SQL名と、指定のSQL値のマップ先クラスを示すClassオブジェクトを含めることができます。 その他の代替となる型マップが存在しない場合、カスタム型マッピングには、接続の型マップで指定された型マッピングが使用されます。

        カスタム・マッピングを実行できるメソッドに、明示的に型マップを提供した場合、この型マップは接続の型マップより優先されます。

        戻り値:
        java.util.Mapオブジェクト。RowSetオブジェクトの接続に使用する型マップ
      • setTypeMap

        public void setTypeMap​(Map<String,​Class<?>> map)
        このRowSetオブジェクトのConnectionオブジェクトに関連付けられた型マップとして、指定のjava.util.Mapオブジェクトをインストールします。 メソッドに別の型マップが明示的に指定されないかぎり、この型マップに示されたカスタム・マッピングが使用されます。明示的に指定された場合、その指定された型マップが使用されます。
        パラメータ:
        map - ユーザー定義型(UDT)のSQL型名とJavaプログラミング言語のクラスのマッピングを含むjava.util.Mapオブジェクト。 Mapオブジェクトの各エントリは、UDTの完全修飾SQL名と、そのUDTのSQLData実装のClassオブジェクトで構成される。 nullも可。
      • getMaxFieldSize

        public int getMaxFieldSize()
                            throws SQLException
        このRowSetオブジェクト内の列の値として使用可能な最大バイト数を取得します。 ただし、次の型の値を格納する列には、バイト数の制限が課される: BINARYVARBINARYLONGVARBINARYCHARVARCHAR、およびLONGVARCHAR 制限値を超えたデータは通知なしに破棄されます。
        戻り値:
        現在の最大列サイズ制限値を示すint。0は制限がないことを表す
        例外:
        SQLException - 最大列サイズ制限値の決定時に内部でエラーが発生した場合
      • setMaxFieldSize

        public void setMaxFieldSize​(int max)
                             throws SQLException
        このRowSetオブジェクト内の列の値として使用可能な最大バイト数を、指定した値に設定します。 ただし、次の型の値を格納する列には、バイト数の制限が課される: BINARYVARBINARYLONGVARBINARYCHARVARCHAR、およびLONGVARCHAR 制限値を超えたデータは通知なしに破棄されます。 移植性を高めるため、256より大きい値を使用することをお勧めします。
        パラメータ:
        max - 新しい最大列サイズ制限値を示すint。0は制限がないことを表す
        例外:
        SQLException - (1)最大列サイズ制限値の設定時に内部エラーが発生した場合、(2) 0より小さいサイズが設定された場合
      • getMaxRows

        public int getMaxRows()
                       throws SQLException
        このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大行数を取得します。 制限値を超えた行は通知なしに除外されます。
        戻り値:
        現在の最大行数を示すint。0は制限がないことを表す
        例外:
        SQLException - Rowsetオブジェクトに含めることができる最大行数の決定時に内部でエラーが発生した場合
      • setMaxRows

        public void setMaxRows​(int max)
                        throws SQLException
        このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大の行数を、指定した値に設定します。 制限値を超えた行は通知なしに除外されます。
        パラメータ:
        max - 現在の最大行数を示すint。0は制限がないことを表す
        例外:
        SQLException - JDBC RowSetオブジェクトに含めることができる最大行数の設定時に内部でエラーが発生した場合、max0より小さい値が指定された場合、またはmaxRowSetfetchSizeより小さい値が指定された場合
      • setEscapeProcessing

        public void setEscapeProcessing​(boolean enable)
                                 throws SQLException
        データベースにSQL文を送信する前に、ドライバがエスケープ構文をスキャンしてエスケープ置換を行うかどうかを示す指定のbooleanに設定します。 デフォルトでは、ドライバはエスケープ処理を行います。

        注: PreparedStatementオブジェクトは、通常呼び出す前に構文解析されているので、用意された文に対しエスケープ処理を無効にしても効果はありません。

        パラメータ:
        enable - エスケープ処理を有効にする場合はtrue、無効にする場合はfalse
        例外:
        SQLException - 配下のJDBCテクノロジを使用可能なドライバがエスケープ構文を処理するように設定している途中でエラーが発生した場合
      • getQueryTimeout

        public int getQueryTimeout()
                            throws SQLException
        ドライバがクエリーの実行を待つ最大秒数を取得します。 この制限時間を経過すると、SQLExceptionがスローされます。
        戻り値:
        現在のクエリー・タイムアウトの制限値(秒数)。ゼロは無制限を意味する
        例外:
        SQLException - クエリー・タイムアウト値の決定時にエラーが発生した場合
      • setQueryTimeout

        public void setQueryTimeout​(int seconds)
                             throws SQLException
        ドライバがクエリーの実行を待つ最大秒数を設定します。 この制限時間を経過すると、SQLExceptionがスローされます。
        パラメータ:
        seconds - 新しいクエリー・タイムアウトの制限値の秒数。ゼロは無制限を意味する。ゼロより小さい値は使用できない
        例外:
        SQLException - クエリー・タイムアウト値の設定時にエラーが発生した場合、またはクエリー・タイムアウト値が0より小さい場合
      • getShowDeleted

        public boolean getShowDeleted()
                               throws SQLException
        削除マークが付けられた行を現在の行とともに表示するかどうかを示すbooleanを取得します。 デフォルト値はfalseです。

        注: 削除された行の表示を許可すると、一部のメソッドの動作が複雑になります。 ただし、この機能を活用する必要が生じるのは高度なアプリケーションだけなので、ほとんどのRowSetオブジェクト・ユーザーは単純にこの余分な詳細を無視してかまいません。

        戻り値:
        削除された行を表示する場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - 削除された行を表示するかどうかを決定している途中でエラーが発生した場合
        関連項目:
        setShowDeleted(boolean)
      • setShowDeleted

        public void setShowDeleted​(boolean value)
                            throws SQLException
        showDeletedプロパティとして、削除マーク付きの行を現在の行とともに表示するかどうかを指定するbooleanを設定します。
        パラメータ:
        value - 削除された行を表示する場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - 削除された行を表示するかどうかを設定している途中でエラーが発生した場合
        関連項目:
        getShowDeleted()
      • getEscapeProcessing

        public boolean getEscapeProcessing()
                                    throws SQLException
        このRowSetオブジェクトでエスケープ処理が有効になっているかどうかを確認します。
        戻り値:
        エスケープ処理が有効な場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - エスケープ処理の有効または無効を決定している途中でエラーが発生した場合、または内部エスケープ処理トリガーが有効になっていない場合
      • setFetchDirection

        public void setFetchDirection​(int direction)
                               throws SQLException
        このRowSetオブジェクト内の行が処理される方向について、ドライバにパフォーマンス・ヒントを与えます。 このヒントは、無視されることもあります。

        RowSetオブジェクトは、データの取得先のResultSetオブジェクトのデフォルト・プロパティを継承します。 ResultSetオブジェクトのデフォルトのフェッチ方向は、このオブジェクトを作成したStatementによって設定されます。

        このメソッドは、JDBCドライバを使ってデータベースに接続されているRowSetオブジェクトだけに適用されます。

        RowSetオブジェクトは、このメソッドを使って、いつでもフェッチ方向の設定を変更できます。

        パラメータ:
        direction - ResultSet.FETCH_FORWARDResultSet.FETCH_REVERSEResultSet.FETCH_UNKNOWNのいずれか
        例外:
        SQLException - (1) RowSetの型がTYPE_FORWARD_ONLYであり、FETCH_FORWARD以外のフェッチ方向が指定された場合、(2)フェッチ方向が次のいずれでもない場合。ResultSet.FETCH_FORWARD、ResultSet.FETCH_REVERSE、またはResultSet.FETCH_UNKNOWNのいずれか
        関連項目:
        getFetchDirection()
      • getFetchDirection

        public int getFetchDirection()
                              throws SQLException
        このRowSetオブジェクトの現在のフェッチ方向の設定を取得します。 デフォルトの型はResultSet.FETCH_FORWARD
        戻り値:
        ResultSet.FETCH_FORWARDResultSet.FETCH_REVERSEResultSet.FETCH_UNKNOWNのいずれか
        例外:
        SQLException - 行をフェッチする現在のフェッチ方向を決定している途中でエラーが発生した場合
        関連項目:
        setFetchDirection(int)
      • setFetchSize

        public void setFetchSize​(int rows)
                          throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのフェッチ・サイズとして、指定の行数を設定します。 フェッチ・サイズは、JDBCテクノロジを使用可能なドライバ(JDBCドライバ)に、このRowSetオブジェクトがより多くの行を必要とするときデータベースからフェッチされる行数を示すヒントとなります。 フェッチ・サイズとしてゼロが指定された場合、ドライバは値を無視し、最適なフェッチ・サイズを独自に推測します。

        RowSetオブジェクトは、データの取得先のResultSetオブジェクトのデフォルト・プロパティを継承します。 ResultSetオブジェクトのデフォルトのフェッチ・サイズは、このオブジェクトを作成したStatementによって設定されます。

        このメソッドは、JDBCドライバを使ってデータベースに接続されているRowSetオブジェクトだけに適用されます。 JdbcRowSetのように、RowSet実装が接続されている場合は、配下のJDBCドライバに対して直接的な影響を及ぼします。

        RowSetオブジェクトは、このメソッドを使って、いつでもフェッチ・サイズの設定を変更できます。

        CachedRowSetなどのRowSet実装は、未接続環境で動作します。この場合、使用されるSyncProviderオブジェクトは、フェッチ・サイズを利用してデータ・ソースをポーリングし、フェッチ・サイズを超えない範囲で行数を取得します。この行数は、元のクエリーから返される実際の行数のサブセットになります。 これは、未接続のRowSetオブジェクトで採用された特定のSyncProviderオブジェクトによって決まる実装上の差異です。

        パラメータ:
        rows - フェッチされる行数。0の場合、ドライバが最適フェッチ・サイズを決定する。0より小さい値と、このRowSetオブジェクトに許可された最大行数(getMaxRows()メソッドの呼出しによって返される値)を超える値は指定できない
        例外:
        SQLException - 指定されたフェッチ・サイズが0より小さい場合、または最大行数を超過した場合
        関連項目:
        getFetchSize()
      • getFetchSize

        public int getFetchSize()
                         throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのフェッチ・サイズを返します。 デフォルト値はゼロです。
        戻り値:
        このRowSetオブジェクトがデータベースからより多くの行を取得する必要がある場合に、フェッチ・サイズとして提示される行数
        例外:
        SQLException - 現在のフェッチ・サイズ内で行数の決定中にエラーが発生した場合
        関連項目:
        setFetchSize(int)
      • getConcurrency

        public int getConcurrency()
                           throws SQLException
        このRowSetオブジェクトの並行処理を返します。 RowSetオブジェクトが接続されている場合も、未接続の場合も、デフォルト値はCONCUR_UPDATABLEです。

        アプリケーションは、いつでもsetConcurrencyメソッドを呼び出して、RowSetオブジェクトの並行性を変更できます。

        戻り値:
        このRowSetオブジェクトの並行性の型。次のいずれかでなければならない。ResultSet.CONCUR_READ_ONLYまたはResultSet.CONCUR_UPDATABLE
        例外:
        SQLException - このRowSetオブジェクトの並行性の取得時にエラーが発生した場合
        関連項目:
        setConcurrency(int), isReadOnly()
      • setNull

        public void setNull​(int parameterIndex,
                            int sqlType)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。 パラメータのSQL型は、java.sql.Typesで定義された型コードの1つを使用して指定する必要があります。 このSQL型は、2番目のパラメータに指定されます。

        2番目のパラメータは、DBMSに対して、NULLに設定される値のデータ型を通知します。 この情報は一部のDBMSで必要とされるため、コードの移植性を向上させるためには、この情報が必要となります。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetNullを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含むObject配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素はnullです。 2番目の要素は、sqlTypeに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、2番目のプレースホルダー・パラメータをnullに設定する場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        sqlType - Typesクラス内に定義されたSQL型コードを表すint 非標準のsqlTypeが提供された場合、このメソッドはSQLExceptionをスローしない。 この動作により、非標準のSQL型が暗黙的にサポートされる。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または指定されたパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setNull

        public void setNull​(int parameterIndex,
                            int sqlType,
                            String typeName)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。 このバージョンのメソッドsetNullはユーザー定義パラメータおよびREFパラメータを対象としていますが、このメソッドは任意のJDBC型のnullパラメータを設定するために使用できます。 ユーザー定義型は次のとおりです。STRUCTDISTINCTJAVA_OBJECTおよび名前付き配列型。

        注: 移植性を実現するためには、アプリケーションはNULLのユーザー定義パラメータまたはREFパラメータを指定するときにSQL型コードおよび完全修飾SQL型名を指定しなければいけません。 ユーザー定義型の場合、名前はパラメータ自体の型名です。 REFパラメータの場合、名前は参照される型の型名です。 JDBCテクノロジを使用可能なドライバが型コードまたは型名の情報を必要としない場合、それは無視されます。

        パラメータがユーザー定義型またはREF型でない場合は、指定したtypeNameパラメータは無視されます。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetNullを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含むObject配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素はnullです。 2番目の要素はsqlTypeに設定された値、3番目の要素はtypeNameに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、2番目のプレースホルダー・パラメータをnullに設定する場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        sqlType - java.sql.Typesからの値
        typeName - SQLユーザー定義型の完全修飾名。パラメータがユーザー定義型でもREF値でもない場合は無視される
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、または指定されたパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setBoolean

        public void setBoolean​(int parameterIndex,
                               boolean x)
                        throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のbooleanに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL BIT値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setByte

        public void setByte​(int parameterIndex,
                            byte x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のbyteに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TINYINT値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setShort

        public void setShort​(int parameterIndex,
                             short x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のshortに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL SMALLINT値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setInt

        public void setInt​(int parameterIndex,
                           int x)
                    throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のint値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL INTEGER値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setLong

        public void setLong​(int parameterIndex,
                            long x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のlongに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL BIGINT値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setFloat

        public void setFloat​(int parameterIndex,
                             float x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のfloatに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL FLOAT値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setDouble

        public void setDouble​(int parameterIndex,
                              double x)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のdoubleに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL DOUBLE値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setBigDecimal

        public void setBigDecimal​(int parameterIndex,
                                  BigDecimal x)
                           throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.lang.BigDecimal値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL NUMERIC値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setString

        public void setString​(int parameterIndex,
                              String x)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたString値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL VARCHARまたはLONGVARCHAR値(ドライバのVARCHAR値の制限に対する引数のサイズに依存)に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setBytes

        public void setBytes​(int parameterIndex,
                             byte[] x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたバイト配列に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL VARBINARYまたはLONGVARBINARY値(ドライバのVARBINARY値の制限に対する引数のサイズに依存)に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setDate

        public void setDate​(int parameterIndex,
                            Date x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Date値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL DATE値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetDateを呼び出したあと、getParamsメソッドを呼び出すと、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndex (2番目のパラメータとして提供されるDateオブジェクト)に設定される値の配列が返されます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTime

        public void setTime​(int parameterIndex,
                            Time x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TIME値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetTimeメソッドを呼び出したあと、getParamsメソッドを呼び出すと、設定されたパラメータの配列が返されます。 このメソッドの2番目のパラメータとして設定されたTimeオブジェクトが、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexのパラメータとして設定されます。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - java.sql.Timeオブジェクト。プレースホルダー・パラメータparameterIndexの値として設定される
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTimestamp

        public void setTimestamp​(int parameterIndex,
                                 Timestamp x)
                          throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TIMESTAMP値に変換します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetTimestampを呼び出したあと、getParamsメソッドを呼び出すと、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndex (このメソッドの2番目のパラメータとして提供されるTimestampオブジェクト)に設定される値の配列が返されます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - java.sql.Timestampオブジェクト
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setAsciiStream

        public void setAsciiStream​(int parameterIndex,
                                   InputStream x,
                                   int length)
                            throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。 ストリームの内容が読み取られ、データベースに送信されます。 読み取られ、データベースに送信されるバイト数がlengthに一致していない場合、このメソッドはSQLExceptionオブジェクトをスローします。

        LONGVARCHARパラメータに非常に大きなASCII値が入力されるときには、java.io.InputStreamオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCテクノロジを使用可能なドライバは、ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、ASCIIからデータベースのCHAR形式への変換を行います。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        setAsciiStreamを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトです。 2番目の要素は、lengthに設定された値です。 3番目の要素は、このメソッドに渡されたストリームがASCIIストリームであることを指定する、BaseRowSetの内部定数です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定する入力ストリームが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - ASCIIパラメータ値を含むJava入力ストリーム
        length - ストリームのバイト数。 ドライバからDBMSに送信されるバイト数に一致する。バイト長0以下は未定義だが、配下のJDBCドライバで無効な長さ例外がスローされる。
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外の場合、またはデータ・ソースに接続した場合は、ドライバによって読み取られデータベースに送信されるバイト数がlengthに指定されたバイト数と一致しない
        関連項目:
        getParams()
      • setAsciiStream

        public void setAsciiStream​(int parameterIndex,
                                   InputStream x)
                            throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなASCII値が入力されるときには、java.io.InputStreamを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをASCIIからデータベースのchar形式に変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetAsciiStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータは1、2番目のパラメータは2、... となる
        x - ASCIIパラメータ値を含むJava入力ストリーム
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setBinaryStream

        public void setBinaryStream​(int parameterIndex,
                                    InputStream x,
                                    int length)
                             throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。 ストリームの内容が読み取られ、データベースに送信されます。 読み取られ、データベースに送信されるバイト数がlengthに一致していない場合、このメソッドはSQLExceptionオブジェクトをスローします。

        LONGVARBINARYパラメータに非常に大きなバイナリ値が入力されるときには、java.io.InputStreamオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCテクノロジを使用可能なドライバは、ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータを読み込みます。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        setBinaryStreamを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトです。 2番目の要素は、lengthに設定された値です。 3番目の要素は、このメソッドに渡されたストリームがバイナリ・ストリームであることを指定する、BaseRowSetの内部定数です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定する入力ストリームが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - 設定されるバイナリ値を含む入力ストリーム
        length - ストリームのバイト数。バイト長0以下は未定義だが、配下のJDBCドライバで無効な長さ例外がスローされる。
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外の場合、またはデータ・ソースに接続した場合は、ドライバによって読み取られデータベースに送信されるバイト数がlengthに指定されたバイト数と一致しない
        関連項目:
        getParams()
      • setBinaryStream

        public void setBinaryStream​(int parameterIndex,
                                    InputStream x)
                             throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。 LONGVARBINARYパラメータに非常に大きなバイナリ値が入力されるときには、java.io.InputStreamオブジェクトを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetBinaryStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータは1、2番目のパラメータは2、... となる
        x - バイナリ・パラメータ値を含むJava入力ストリーム
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setUnicodeStream

        @Deprecated
        public void setUnicodeStream​(int parameterIndex,
                                     InputStream x,
                                     int length)
                              throws SQLException
        非推奨。
        代わりにgetCharacterStreamを使用してください。
        指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。 ストリームの内容が読み取られ、データベースに送信されます。 読み取られ、データベースに送信されるバイト数がlengthに一致していない場合、このメソッドはSQLExceptionをスローします。

        LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUnicode値が入力されるときには、java.io.InputStreamオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCテクノロジを使用可能なドライバは、ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、UnicodeからデータベースのCHAR形式への変換を行います。 Unicodeストリームのバイト形式は、Java仮想マシン仕様に定義されているとおりJava UTF-8である必要があります。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        このメソッドは非推奨です。代わりにgetCharacterStreamメソッドを使用してください。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 setUnicodeStreamを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトです。 2番目の要素は、lengthに設定された値です。 3番目の要素は、このメソッドに渡されたストリームがUnicodeストリームであることを指定する、BaseRowSetの内部定数です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定する入力ストリームが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - UNICODEパラメータ値を含むjava.io.InputStreamオブジェクト
        length - 入力ストリームのバイト数
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外の場合、またはデータ・ソースに接続した場合は、ドライバによって読み取られデータベースに送信されるバイト数がlengthに指定されたバイト数と一致しない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setCharacterStream

        public void setCharacterStream​(int parameterIndex,
                                       Reader reader,
                                       int length)
                                throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つjava.io.Readerオブジェクトに設定します。 リーダーの内容が読み取られ、データベースに送信されます。 読み取られ、データベースに送信されるバイト数がlengthに一致していない場合、このメソッドはSQLExceptionをスローします。

        LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUnicode値が入力されるときには、Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCテクノロジを使用可能なドライバは、ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、UnicodeからデータベースのCHAR形式への変換を行います。 Unicodeストリームのバイト形式は、Java仮想マシン仕様に定義されているとおりJava UTF-8である必要があります。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        setCharacterStreamを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.io.Readerオブジェクトです。 2番目の要素は、lengthに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定するリーダーが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        reader - Unicodeデータを格納するReaderオブジェクト
        length - ストリーム内の文字数。文字長0以下は未定義だが、配下のJDBCドライバで無効な長さ例外がスローされる。
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外の場合、またはデータ・ソースに接続した場合は、ドライバによって読み取られデータベースに送信されるバイト数がlengthに指定されたバイト数と一致しない
        関連項目:
        getParams()
      • setCharacterStream

        public void setCharacterStream​(int parameterIndex,
                                       Reader reader)
                                throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたReaderオブジェクトに設定します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータは1、2番目のパラメータは2、... となる
        reader - Unicodeデータを格納するjava.io.Readerオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setObject

        public void setObject​(int parameterIndex,
                              Object x,
                              int targetSqlType,
                              int scale)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のObject値に設定します。 2番目のパラメータはObject型である必要があります。 整数値の場合は等価なjava.langオブジェクトを使用する必要があります。 たとえばintに対してIntegerクラスのインスタンスを使用します。

        ドライバは、このオブジェクトをデータベースに送信する前に、指定されたターゲットのSQL型に変換します。 オブジェクトがSQLDataを実装するクラスのカスタム・マッピングを持つ場合、ドライバはSQLData.writeSQLメソッドを呼び出して、オブジェクトをSQLデータ・ストリームに書き込む必要があります。 また、オブジェクトがRefBlobClobStruct、またはArrayを実装するクラスのオブジェクトである場合、ドライバはこのオブジェクトを対応するSQL型の値としてデータベースに渡す必要があります。

        このメソッドは、データベース固有の抽象データ型を渡すために使用することに注意してください。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetObjectを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は指定されたObjectインスタンス、2番目の要素はtargetSqlTypeに設定された値になります。 3番目の要素はscaleに設定された値になりますが、設定対象のオブジェクトの型がjava.sql.Types.NUMERICjava.sql.Types.DECIMALのどちらでもない場合、ドライバはその値を無視します。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定するオブジェクトが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - 入力パラメータ値を含むObjectObject型でなければならない
        targetSqlType - データベースに送られる(java.sql.Typesで定義される) SQL型。 scale引数で、さらにこの型を限定できる。 非標準のtargetSqlTypeが提供された場合、このメソッドはSQLExceptionをスローしない。 この動作により、非標準のSQL型が暗黙的にサポートされる。
        scale - java.sql.Types.DECIMALjava.sql.Types.NUMERIC型では、小数点以下の桁数。 ほかのすべての型では、この値は無視される。
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setObject

        public void setObject​(int parameterIndex,
                              Object x,
                              int targetSqlType)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータの値を、指定されたObject値で設定します。 このメソッドは、setObject(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType, int scale)に似ていますが、scaleに0を仮定している点が異なります。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetObjectを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたObjectインスタンスです。 2番目の要素は、targetSqlTypeに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定するオブジェクトが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - 入力パラメータ値を含むObjectObject型でなければならない
        targetSqlType - データベースに送られる(java.sql.Typesで定義される) SQL型。 非標準のtargetSqlTypeが提供された場合、このメソッドはSQLExceptionをスローしない。 この動作により、非標準のSQL型が暗黙的にサポートされる。
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setObject

        public void setObject​(int parameterIndex,
                              Object x)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のObject値に設定します。 2番目のパラメータはObject型である必要があります。 整数値の場合は等価なjava.langオブジェクトを使用する必要があります。 たとえばintに対してIntegerクラスのインスタンスを使用します。

        JDBC仕様には、Java Object型とSQL型の標準マッピングが定義されています。 ドライバは、この標準マッピングを使って、指定されたオブジェクトをデータベースへ送信する前に、対応するSQL型に変換します。 オブジェクトがSQLDataを実装するクラスのカスタム・マッピングを持つ場合、ドライバはSQLData.writeSQLメソッドを呼び出して、オブジェクトをSQLデータ・ストリームに書き込む必要があります。

        また、オブジェクトがRefBlobClobStruct、またはArrayを実装するクラスのオブジェクトである場合、ドライバはこのオブジェクトを対応するSQL型の値としてデータベースに渡す必要があります。

        たとえば、オブジェクトが1個以上のインタフェースを複数実装するクラスであるなど、あいまいさがある場合、このメソッドは例外をスローします。

        このメソッドは、データベース固有の抽象データ型を渡すために使用することに注意してください。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このメソッドを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、現在のコマンド・パラメータのオブジェクト配列が返されますが、その配列には、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに設定されたObjectが含まれます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - 入力パラメータ値を含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外である場合、または設定されるオブジェクトの実装にあいまいさがある場合
        関連項目:
        getParams()
      • setRef

        public void setRef​(int parameterIndex,
                           Ref ref)
                    throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のRefオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL REF値に変換します。 内部的には、Refは直列化可能性を確保するため、SerialRefで表されます。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このメソッドを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、現在のコマンド・パラメータのオブジェクト配列が返されますが、その配列には、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに設定されたRefオブジェクトが含まれます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        ref - SQL REF値を表すRefオブジェクト。nullは不可
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外であるか、Refオブジェクトがnullの場合、またはRefオブジェクトがnullの基底型名を返した場合。
        関連項目:
        getParams()SerialRef
      • setBlob

        public void setBlob​(int parameterIndex,
                            Blob x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のBlobオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL BLOB値に変換します。 内部的には、Blobは直列化可能性を確保するため、SerialBlobで表されます。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。 注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このメソッドを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、現在のコマンド・パラメータのオブジェクト配列が返されますが、その配列には、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに設定されたBlobオブジェクトが含まれます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - SQL BLOB値を表すBlobオブジェクト
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()SerialBlob
      • setClob

        public void setClob​(int parameterIndex,
                            Clob x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のClobオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL CLOB値に変換します。 内部的には、Clobは直列化可能性を確保するため、SerialClobで表されます。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このメソッドを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、現在のコマンド・パラメータのオブジェクト配列が返されますが、その配列には、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに設定されたClobオブジェクトが含まれます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - SQL CLOB値を表すClobオブジェクト。nullは不可
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外である場合、またはClobがnullの場合
        関連項目:
        getParams()SerialBlob
      • setArray

        public void setArray​(int parameterIndex,
                             Array array)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをJavaプログラミング言語のArrayオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL ARRAY値に変換します。 内部的には、Arrayは直列化可能性を確保するため、SerialArrayで表されます。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このメソッドを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、現在のコマンド・パラメータのオブジェクト配列が返されますが、その配列には、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに設定されたArrayオブジェクトが含まれます。 配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー・パラメータ番号parameterIndexに対応する配列要素番号はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        array - SQL ARRAY値を表すArrayオブジェクト。nullは不可。 このメソッドに渡されるArrayオブジェクトは、すべてのgetArray()メソッド呼出しでnull以外のObjectを返す必要があります。 値がnullの場合はSQLExceptionがスローされます。
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、パラメータ・インデックスが範囲外である場合、またはARRAYがnullの場合
        関連項目:
        getParams()SerialArray
      • setDate

        public void setDate​(int parameterIndex,
                            Date x,
                            Calendar cal)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Dateオブジェクトに設定します。 DBMSにタイムゾーン情報が格納されていない場合、ドライバは指定されたCalendarオブジェクトを使用して、SQL DATE値を作成し、これをデータベースに送ります。 Calendarオブジェクトを使用する場合、ドライバはカスタム・タイムゾーンを考慮して日付を計算できます。 Calendarオブジェクトを指定しない場合、ドライバは、アプリケーションを実行している仮想マシンのタイムゾーンを使用します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetDateを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.sql.Dateオブジェクトです。 2番目の要素は、calに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定する日付が2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - SQL DATE値を表すjava.sql.Dateオブジェクト
        cal - 日付を作成するために使用するjava.util.Calendarオブジェクト
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTime

        public void setTime​(int parameterIndex,
                            Time x,
                            Calendar cal)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timeオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TIME値に変換します。

        DBMSにタイムゾーン情報が格納されていない場合、ドライバは指定されたCalendarオブジェクトを使用して、SQL TIME値を作成し、これをデータベースに送ります。 Calendarオブジェクトを使用する場合、ドライバはカスタム・タイムゾーンを考慮して日付を計算できます。 Calendarオブジェクトを指定しない場合、ドライバは、アプリケーションを実行している仮想マシンのタイムゾーンを使用します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetTimeを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.sql.Timeオブジェクトです。 2番目の要素は、calに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定する時間が2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - java.sql.Timeオブジェクト
        cal - ドライバが時間を作成するために使用するjava.util.Calendarオブジェクト
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTimestamp

        public void setTimestamp​(int parameterIndex,
                                 Timestamp x,
                                 Calendar cal)
                          throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestampオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TIMESTAMP値に変換します。

        DBMSにタイムゾーン情報が格納されていない場合、ドライバは指定されたCalendarオブジェクトを使用して、SQL TIMESTAMP値を作成し、これをデータベースに送ります。 Calendarオブジェクトを使用する場合、ドライバはカスタム・タイムゾーンを考慮してタイムスタンプを計算できます。 Calendarオブジェクトを指定しない場合、ドライバは、アプリケーションを実行している仮想マシンのタイムゾーンを使用します。

        このメソッドで設定されたパラメータ値は内部で格納され、executeメソッドの呼出し時に、このRowSetオブジェクトのコマンド内の適切なパラメータとして提供されます。 executepopulateなどのメソッドは、このクラスを拡張し、標準JSR-114 RowSetインタフェースを1つ以上実装するクラスで提供される必要があります。

        注: JdbcRowSetpopulateメソッドを必要としません。このメソッドは、このクラス内に定義されていません。

        このバージョンのsetTimestampを呼び出した後でメソッドgetParamsを呼び出すと、設定されたパラメータ値を含む配列が返されます。 その配列内で、このメソッドで設定された値を表す要素はそれ自体が配列になります。 その配列の最初の要素は、指定されたjava.sql.Timestampオブジェクトです。 2番目の要素は、calに設定された値です。 パラメータ番号はメソッドgetParamsから返される配列内での要素の位置によって示され、最初の要素は最初のプレースホルダー・パラメータの値、2番目の要素は2番目のプレースホルダー・パラメータの値、といった具合になります。 言い換えると、設定するタイムスタンプが2番目のプレースホルダー・パラメータの値である場合、その値を含む配列は、getParamsから返される配列内の2番目の要素になります。

        配列内の要素の番号付けはゼロから開始されるので、プレースホルダー番号parameterIndexに対応する配列要素はparameterIndex -1になります。

        パラメータ:
        parameterIndex - このRowSetオブジェクトのコマンド内の、設定対象となるプレースホルダー・パラメータの順序番号。 最初のパラメータが1、2番目のパラメータが2、といった具合になる。1以上でなければいけない
        x - java.sql.Timestampオブジェクト
        cal - ドライバがタイムスタンプを作成するために使用するjava.util.Calendarオブジェクト
        例外:
        SQLException - エラーが発生した場合、またはパラメータ・インデックスが範囲外である場合
        関連項目:
        getParams()
      • clearParameters

        public void clearParameters()
                             throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのコマンドの実行時に設定される、このRowSetオブジェクトのパラメータの内部表現に含まれる現在のパラメータ値をすべて消去します。

        通常、このRowSetオブジェクトのコマンド内で再利用できるように、パラメータ値は有効なままです。 設定メソッドを使ってパラメータ値を設定すると、指定されたパラメータの値は自動的に消去され、新しく指定された値で置き換えられます。

        このメソッドは、setCommandメソッドによって内部で呼び出され、以前のコマンドに設定されたすべてのパラメータを消去します。

        このメソッドは、RowSetオブジェクトのスキーマを確保する点で、initParamsメソッドとは異なります。

        例外:
        SQLException - パラメータの消去時にエラーが発生した場合
      • getParams

        public Object[] getParams()
                           throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのコマンドに設定されたパラメータ値(オブジェクトとプリミティブ)を含む配列を取得し、すべてのパラメータが設定されていない場合はSQLExceptionオブジェクトをスローします。 コマンドがDBMSに送信され、実行される前に、これらのパラメータは、BaseRowSetクラスを拡張するRowSet実装のコマンドであるPreparedStatementオブジェクト内のプレースホルダー・パラメータで置き換えられます。

        返される配列内の各要素は、設定メソッドに提供されるパラメータの値を含むObjectインスタンスになります。 要素の順番は、parameterIndexの値によって決定されます。 設定メソッドがパラメータ・インデックスと設定される値(通常null)だけを取る場合、配列要素には、設定される値(Objectで表される)が含まれます。 追加パラメータがある場合、配列要素自体が、設定される値と、設定メソッドに提供される追加パラメータ値を含む配列になります。 メソッドがストリームを設定する場合、配列要素には、メソッドに提供されるストリームの型が含まれます。 これらの追加パラメータは、ドライバまたはDBMSを対象としており、使用してもしなくてもかまいません。

        注: Array型、Blob型、Clob型、およびRef型の格納されたパラメータ値は、それぞれSerialArraySerialBlobSerialClobSerialRefで返されます。

        戻り値:
        このRowSetオブジェクトのコマンドで設定されるパラメータ値を含むObjectインスタンスの配列。パラメータが何も設定されていない場合は空の配列
        例外:
        SQLException - このRowSetオブジェクトのパラメータのオブジェクト配列の取得中にエラーが発生した場合、またはパラメータが何も設定されていない場合
      • setNull

        public void setNull​(String parameterName,
                            int sqlType)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。

        注: パラメータのSQLの型を指定する必要があります。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        sqlType - java.sql.Typesで定義されるSQL型コード
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • setNull

        public void setNull​(String parameterName,
                            int sqlType,
                            String typeName)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。 ユーザー定義型およびREF型のパラメータでは、このバージョンのsetNullメソッドを使用するべきです。 ユーザー定義型の例には、STRUCT、DISTINCT、JAVA_OBJECT、および名前付き配列があります。

        注: 移植性を実現するためには、アプリケーションはNULLのユーザー定義パラメータまたはREFパラメータを指定するときにSQL型コードおよび完全修飾SQL型名を指定しなければいけません。 ユーザー定義型の場合、名前はパラメータ自体の型名です。 REFパラメータの場合、名前は参照される型の型名です。 JDBCドライバが型コードまたは型名の情報を必要としない場合、それは無視されます。 ユーザー定義パラメータおよびREFパラメータを対象としていますが、このメソッドは任意のJDBC型のnullパラメータを設定するために使用できます。 パラメータがユーザー定義の型またはREF型を持たない場合、指定されたtypeNameは無視されます。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        sqlType - java.sql.Typesからの値
        typeName - SQLユーザー定義型の完全修飾名。パラメータがユーザー定義型でもSQL REF値でもない場合は無視される
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • setBoolean

        public void setBoolean​(String parameterName,
                               boolean x)
                        throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのboolean値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL BITまたはBOOLEAN値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setByte

        public void setByte​(String parameterName,
                            byte x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのbyte値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TINYINT値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setShort

        public void setShort​(String parameterName,
                             short x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのshort値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL SMALLINT値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setInt

        public void setInt​(String parameterName,
                           int x)
                    throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのint値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL INTEGER値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setLong

        public void setLong​(String parameterName,
                            long x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのlong値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL BIGINT値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setFloat

        public void setFloat​(String parameterName,
                             float x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのfloat値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL FLOAT値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setDouble

        public void setDouble​(String parameterName,
                              double x)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのdouble値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL DOUBLE値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setBigDecimal

        public void setBigDecimal​(String parameterName,
                                  BigDecimal x)
                           throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL NUMERIC値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setString

        public void setString​(String parameterName,
                              String x)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのString値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL VARCHARまたはLONGVARCHAR値(ドライバのVARCHAR値の制限に対する引数のサイズに依存)に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setBytes

        public void setBytes​(String parameterName,
                             byte[] x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたJavaのバイト配列に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL VARBINARYまたはLONGVARBINARY (ドライバのVARBINARY値の制限に対する引数のサイズに依存)に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTimestamp

        public void setTimestamp​(String parameterName,
                                 Timestamp x)
                          throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TIMESTAMP値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setAsciiStream

        public void setAsciiStream​(String parameterName,
                                   InputStream x,
                                   int length)
                            throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなASCII値が入力されるときには、java.io.InputStreamを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをASCIIからデータベースのchar形式に変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - ASCIIパラメータ値を含むJava入力ストリーム
        length - ストリームのバイト数
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • setBinaryStream

        public void setBinaryStream​(String parameterName,
                                    InputStream x,
                                    int length)
                             throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。 LONGVARBINARYパラメータに非常に大きなバイナリ値が入力されるときには、java.io.InputStreamオブジェクトを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - バイナリ・パラメータ値を含むJava入力ストリーム
        length - ストリームのバイト数
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • setCharacterStream

        public void setCharacterStream​(String parameterName,
                                       Reader reader,
                                       int length)
                                throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        reader - 指定されたパラメータとして使用されるUNICODEデータを含むjava.io.Readerオブジェクト
        length - ストリーム内の文字数
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • setAsciiStream

        public void setAsciiStream​(String parameterName,
                                   InputStream x)
                            throws SQLException
        指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなASCII値が入力されるときには、java.io.InputStreamを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをASCIIからデータベースのchar形式に変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetAsciiStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - ASCIIパラメータ値を含むJava入力ストリーム
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setBinaryStream

        public void setBinaryStream​(String parameterName,
                                    InputStream x)
                             throws SQLException
        指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。 LONGVARBINARYパラメータに非常に大きなバイナリ値が入力されるときには、java.io.InputStreamオブジェクトを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetBinaryStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - バイナリ・パラメータ値を含むJava入力ストリーム
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setCharacterStream

        public void setCharacterStream​(String parameterName,
                                       Reader reader)
                                throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたReaderオブジェクトに設定します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 ファイルの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        reader - Unicodeデータを格納するjava.io.Readerオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNCharacterStream

        public void setNCharacterStream​(int parameterIndex,
                                        Reader value)
                                 throws SQLException
        このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、Readerオブジェクトに設定します。 Readerは、ファイルの終わりに達するまでデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetNCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        value - パラメータ値
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatement上で呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setObject

        public void setObject​(String parameterName,
                              Object x,
                              int targetSqlType,
                              int scale)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。 2番目の引数はオブジェクト型である必要があります。整数値の場合は等価なjava.langオブジェクトを使用すべきです。

        指定されたJavaオブジェクトは、データベースに送られる前に、指定されたtargetSqlTypeに変換されます。 オブジェクトがカスタム・マッピングを持つ場合(オブジェクトがインタフェースSQLDataを実装するクラスのインスタンスである場合)、JDBCドライバはSQLData.writeSQLメソッドを呼び出して、そのオブジェクトをSQLデータ・ストリームへ書き込む必要があります。 また、オブジェクトがRefBlobClobNClobStructjava.net.URL、またはArrayを実装するクラスのオブジェクトである場合、ドライバはこのオブジェクトを対応するSQL型の値としてデータベースに渡す必要があります。

        このメソッドは、データベース固有の抽象データ型を渡すために使用することに注意してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - 入力パラメータ値を含むオブジェクト
        targetSqlType - データベースに送られる(java.sql.Typesで定義される) SQL型。 scale引数で、さらにこの型を限定できる。
        scale - java.sql.Types.DECIMALやjava.sql.Types.NUMERIC型では、小数点以下の桁数。 ほかのすべての型では、この値は無視される。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - targetSqlTypeのデータ型が、ARRAYBLOBCLOBDATALINKJAVA_OBJECTNCHARNCLOBNVARCHARLONGNVARCHARREFROWIDSQLXML、またはSTRUCTで、JDBCドライバがこのデータ型をサポートしていない場合
        関連項目:
        TypesgetParams()
      • setObject

        public void setObject​(String parameterName,
                              Object x,
                              int targetSqlType)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。 このメソッドは、上記のsetObjectメソッドに似ていますが、scaleに0を仮定している点が異なります。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - 入力パラメータ値を含むオブジェクト
        targetSqlType - データベースに送られる(java.sql.Typesで定義される) SQL型
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - targetSqlTypeのデータ型が、ARRAYBLOBCLOBDATALINKJAVA_OBJECTNCHARNCLOBNVARCHARLONGNVARCHARREFROWIDSQLXML、またはSTRUCTで、JDBCドライバがこのデータ型をサポートしていない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setObject

        public void setObject​(String parameterName,
                              Object x)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。 2番目のパラメータはObject型である必要があります。したがって、組込み型の場合、等価なjava.langオブジェクトを使用すべきです。

        JDBCの仕様では、JavaのObject型からSQL型への標準マッピングを規定しています。 指定された引数は、データベースに送られる前に、対応するSQL型に変換されます。

        このメソッドは、ドライバ固有のJava型を使用して、データベース固有の抽象データ型を渡すために使用できます。 オブジェクトがインタフェースSQLDataを実装するクラスのインスタンスである場合、JDBCドライバはSQLData.writeSQLメソッドを呼び出して、そのオブジェクトをSQLデータ・ストリームへ書き込む必要があります。 また、オブジェクトがRefBlobClobNClobStructjava.net.URL、またはArrayを実装するクラスのオブジェクトである場合、ドライバはこのオブジェクトを対応するSQL型の値としてデータベースに渡す必要があります。

        たとえば、オブジェクトが上記のインタフェースを複数実装するクラスであるなど、あいまいさがある場合、このメソッドは例外をスローします。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - 入力パラメータ値を含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされたCallableStatementで呼び出された場合、または指定されたObjectパラメータがあいまいな場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setBlob

        public void setBlob​(int parameterIndex,
                            InputStream inputStream,
                            long length)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。 InputStreamには、長さで指定された文字数が含まれていなければなりません。それ以外の場合は、PreparedStatementが実行されるときにSQLExceptionが生成されます。 このメソッドは、setBinaryStream (int, InputStream, int)メソッドと異なり、パラメータ値をBLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setBinaryStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARBINARYBLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        length - パラメータ・データ内のバイト数。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーに対応していない場合、指定された長さが0より小さい場合、またはInputStreamのバイト数が一致しない場合、閉じたPreparedStatementに対してこのメソッドが呼び出されます。
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setBlob

        public void setBlob​(int parameterIndex,
                            InputStream inputStream)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。 このメソッドは、setBinaryStream (int, InputStream)メソッドと異なり、パラメータ値をBLOBとしてサーバーに送信しなければならないことをドライバに通知します。 setBinaryStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARBINARYBLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetBlobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされたPreparedStatementで呼び出された場合、またはparameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーと対応していない場合、
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setBlob

        public void setBlob​(String parameterName,
                            InputStream inputStream,
                            long length)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。 Inputstreamにはlengthで指定された文字数が含まれていなければなりません。そうでない場合は、CallableStatementが実行されるときにSQLExceptionが生成されます。 このメソッドは、setBinaryStream (int, InputStream, int)メソッドと異なり、パラメータ値をBLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setBinaryStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARBINARYBLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。
        パラメータ:
        parameterName - 2番目は2に設定されるパラメータの名前
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        length - パラメータ・データ内のバイト数。
        例外:
        SQLException - parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーに対応していない場合、または指定された長さがゼロ未満の場合。InputStreamのバイト数が指定された長さと一致しない場合データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドが閉じられたCallableStatementで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setBlob

        public void setBlob​(String parameterName,
                            Blob x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Blobオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL BLOB値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - SQL BLOB値をマッピングするBlobオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setBlob

        public void setBlob​(String parameterName,
                            InputStream inputStream)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。 このメソッドは、setBinaryStream (int, InputStream)メソッドと異なり、パラメータ値をBLOBとしてサーバーに送信しなければならないことをドライバに通知します。 setBinaryStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARBINARYBLOBのどちらとしてサーバーに送信するかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetBlobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setClob

        public void setClob​(int parameterIndex,
                            Reader reader,
                            long length)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 readerには、lengthで指定された文字数が含まれている必要があります。そうでない場合、PreparedStatementの実行時にSQLExceptionが生成されます。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader, int)メソッドと異なり、パラメータ値をCLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARCHARCLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        length - パラメータ・データ内の文字数。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされたPreparedStatementで呼び出された場合、parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーと対応していない場合、または長さとしてゼロ未満の値が指定された場合。
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setClob

        public void setClob​(int parameterIndex,
                            Reader reader)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader)メソッドと異なり、パラメータ値をCLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARCHARCLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされたPreparedStatementで呼び出された場合、またはparameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーと対応していない場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setClob

        public void setClob​(String parameterName,
                            Reader reader,
                            long length)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 readerには、lengthで指定された文字数が含まれている必要があります。そうでない場合、CallableStatementの実行時にSQLExceptionが生成されます。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader, int)メソッドと異なり、パラメータ値をCLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARCHARCLOBのどちらとしてサーバーに送信するかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。
        パラメータ:
        parameterName - 設定されるパラメータの名前。
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        length - パラメータ・データ内の文字数。
        例外:
        SQLException - parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーと対応していない場合、長さとしてゼロ未満の値が指定された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされたCallableStatementで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setClob

        public void setClob​(String parameterName,
                            Clob x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Clobオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL CLOB値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - SQL CLOB値をマッピングするClobオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setClob

        public void setClob​(String parameterName,
                            Reader reader)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader)メソッドと異なり、パラメータ値をCLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGVARCHARCLOBのどちらとしてサーバーに送信するかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setDate

        public void setDate​(String parameterName,
                            Date x)
                     throws SQLException
        アプリケーションを実行している仮想マシンのデフォルトのタイムゾーンを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL DATE値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setDate

        public void setDate​(String parameterName,
                            Date x,
                            Calendar cal)
                     throws SQLException
        指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。 ドライバはCalendarオブジェクトを使用してSQL DATE値を作成し、続いてそれをデータベースに送ります。 Calendarオブジェクトを使用すると、ドライバはカスタム・タイムゾーンを考慮して日付を計算できます。 Calendarオブジェクトを指定しない場合、ドライバは、アプリケーションを実行している仮想マシンのタイムゾーンであるデフォルトのタイムゾーンを使用します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        cal - ドライバが日付を作成するために使用するCalendarオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTime

        public void setTime​(String parameterName,
                            Time x)
                     throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL TIME値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTime

        public void setTime​(String parameterName,
                            Time x,
                            Calendar cal)
                     throws SQLException
        指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Time値に設定します。 ドライバはCalendarオブジェクトを使用してSQL TIME値を作成し、続いてそれをデータベースに送ります。 Calendarオブジェクトを使用すると、ドライバはカスタム・タイムゾーンを考慮して時間を計算できます。 Calendarオブジェクトを指定しない場合、ドライバは、アプリケーションを実行している仮想マシンのタイムゾーンであるデフォルトのタイムゾーンを使用します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        cal - ドライバが時間を作成するために使用するCalendarオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setTimestamp

        public void setTimestamp​(String parameterName,
                                 Timestamp x,
                                 Calendar cal)
                          throws SQLException
        指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。 ドライバはCalendarオブジェクトを使用してSQL TIMESTAMP値を作成し、続いてそれをデータベースに送ります。 Calendarオブジェクトを使用すると、ドライバはカスタム・タイムゾーンを考慮してタイムスタンプを計算できます。 Calendarオブジェクトを指定しない場合、ドライバは、アプリケーションを実行している仮想マシンのタイムゾーンであるデフォルトのタイムゾーンを使用します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        cal - ドライバがタイムスタンプを作成するために使用するCalendarオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        関連項目:
        getParams()
      • setSQLXML

        public void setSQLXML​(int parameterIndex,
                              SQLXML xmlObject)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL XML値に変換します。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        xmlObject - SQL XML値をマッピングするSQLXMLオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、SQLXMLオブジェクト用のjava.xml.transform.ResultWriter、またはOutputStreamがクローズされていない場合、あるいはXML値の処理中にエラーが発生した場合。 この例外のgetCauseメソッドにより、より詳細な例外が提供されることがある(たとえばストリームに有効なXMLが含まれていない場合)。
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setSQLXML

        public void setSQLXML​(String parameterName,
                              SQLXML xmlObject)
                       throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL XML値に変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        xmlObject - SQL XML値をマッピングするSQLXMLオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、SQLXMLオブジェクト用のjava.xml.transform.ResultWriter、またはOutputStreamがクローズされていない場合、あるいはXML値の処理中にエラーが発生した場合。 この例外のgetCauseメソッドにより、より詳細な例外が提供されることがある(たとえばストリームに有効なXMLが含まれていない場合)。
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setRowId

        public void setRowId​(int parameterIndex,
                             RowId x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL ROWID値に変換します。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータは1、2番目のパラメータは2、... となる
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setRowId

        public void setRowId​(String parameterName,
                             RowId x)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL ROWIDに変換します。
        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        x - パラメータ値
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNString

        public void setNString​(int parameterIndex,
                               String value)
                        throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL NCHARNVARCHAR、またはLONGNVARCHAR値(ドライバのNVARCHAR値に関する制限に関する引数のサイズに依存)に変換します。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        value - パラメータ値
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNString

        public void setNString​(String parameterName,
                               String value)
                        throws SQLException
        指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。 ドライバはこれをSQL NCHARNVARCHAR、またはLONGNVARCHARに変換します。
        パラメータ:
        parameterName - 設定される列の名前
        value - パラメータ値
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNCharacterStream

        public void setNCharacterStream​(int parameterIndex,
                                        Reader value,
                                        long length)
                                 throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 Readerは、ファイルの終わりに達するまでデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        value - パラメータ値
        length - パラメータ・データ内の文字数。
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNCharacterStream

        public void setNCharacterStream​(String parameterName,
                                        Reader value,
                                        long length)
                                 throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 Readerは、ファイルの終わりに達するまでデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。
        パラメータ:
        parameterName - 設定される列の名前
        value - パラメータ値
        length - パラメータ・データ内の文字数。
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNCharacterStream

        public void setNCharacterStream​(String parameterName,
                                        Reader value)
                                 throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 Readerは、ファイルの終わりに達するまでデータを読み込みます。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。

        注: このストリーム・オブジェクトは、標準のJavaストリーム・オブジェクト、または標準インタフェースを実装する独自のサブクラスのどちらでもかまいません。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetNCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        value - パラメータ値
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatement上で呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNClob

        public void setNClob​(String parameterName,
                             NClob value)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。 このオブジェクトは、java.sql.NClobインタフェースを実装します。 このNClobオブジェクトは、SQL NCLOBにマッピングされます。
        パラメータ:
        parameterName - 設定される列の名前
        value - パラメータ値
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNClob

        public void setNClob​(String parameterName,
                             Reader reader,
                             long length)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 readerには、lengthで指定された文字数が含まれている必要があります。そうでない場合、CallableStatementの実行時にSQLExceptionが生成されます。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader, int)メソッドと異なり、パラメータ値をNCLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGNVARCHARNCLOBのどちらとしてサーバーに送信するかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。
        パラメータ:
        parameterName - 設定されるパラメータの名前。
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        length - パラメータ・データ内の文字数。
        例外:
        SQLException - parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーと対応していない場合、長さとしてゼロ未満の値が指定された場合、ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatement上で呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNClob

        public void setNClob​(String parameterName,
                             Reader reader)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader)メソッドと異なり、パラメータ値をNCLOBとしてサーバーに送信しなければならないことをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGNVARCHARNCLOBのどちらとしてサーバーに送信するかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetNClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterName - パラメータの名前
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたCallableStatement上で呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNClob

        public void setNClob​(int parameterIndex,
                             Reader reader,
                             long length)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 readerには、lengthで指定された文字数が含まれている必要があります。そうでない場合、PreparedStatementの実行時にSQLExceptionが生成されます。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader, int)メソッドと異なり、パラメータ値をNCLOBとしてサーバーに送信するべきであることをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGNVARCHARNCLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        length - パラメータ・データ内の文字数。
        例外:
        SQLException - parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーと対応していない場合、長さとしてゼロ未満の値が指定された場合、ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatement上で呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNClob

        public void setNClob​(int parameterIndex,
                             NClob value)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL NCLOB値に変換します。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        value - パラメータ値
        例外:
        SQLException - ドライバが各国文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setNClob

        public void setNClob​(int parameterIndex,
                             Reader reader)
                      throws SQLException
        指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。 このメソッドは、setCharacterStream (int, Reader)メソッドと異なり、パラメータ値をNCLOBとしてサーバーに送信しなければならないことをドライバに通知します。 setCharacterStreamメソッドを使用すると、ドライバは、パラメータ・データをLONGNVARCHARNCLOBのどちらとしてサーバーに送信するべきかを判断するために余計な作業を行う必要がある可能性があります。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのsetNClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータのインデックスは1、2番目のパラメータのインデックスは2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト。
        例外:
        SQLException - parameterIndexがSQL文のパラメータ・マーカーに対応しない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生したことを検出できる場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatementで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • setURL

        public void setURL​(int parameterIndex,
                           URL x)
                    throws SQLException
        指定されたパラメータを、指定されたjava.net.URL値に設定します。 データベースに送るときに、ドライバはこれをSQL DATALINK値に変換します。
        パラメータ:
        parameterIndex - 最初のパラメータは1、2番目のパラメータは2、... となる
        x - 設定されるjava.net.URLオブジェクト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされたPreparedStatementについて呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合