モジュール java.sql
パッケージ java.sql

クラスTime

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable, Comparable<Date>

    public class Time
    extends Date

    java.util.Dateクラスの薄いラッパーで、このラッパーによってJDBC APIはこれをSQL TIME値として識別できます。 Timeクラスは、時間値のJDBCエスケープ構文をサポートするためのフォーマットと構文解析操作を追加します。

    日付コンポーネントは、ゼロ元期値を1970年1月1日に設定しなければならず、また、アクセスできないようにする必要があります。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • Time

        @Deprecated(since="1.2")
        public Time​(int hour,
                    int minute,
                    int second)
        非推奨。
        このコンストラクタの代わりにミリ秒の値をとるコンストラクタを使用してください。
        指定された時、分、秒の値で初期化されたTimeオブジェクトを構築します。 ドライバは、日付コンポーネントを1970年1月1日に設定します。 メソッドがTimeオブジェクトの日付コンポーネントにアクセスしようとすると、java.lang.IllegalArgumentExceptionがスローされます。

        指定された引数が範囲外にある場合、結果は定義されません。

        パラメータ:
        hour - 0 - 23
        minute - 0 - 59
        second - 0 - 59
      • Time

        public Time​(long time)
        ミリ秒の値を使用して、Timeオブジェクトを構築します。
        パラメータ:
        time - 1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点とした時間をミリ秒で表した値。負の値は、1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点としたそれより前のミリ秒
    • メソッドの詳細

      • setTime

        public void setTime​(long time)
        ミリ秒の値を使用して、Timeオブジェクトを設定します。
        オーバーライド:
        setTime、クラス: Date
        パラメータ:
        time - 1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点とした時間をミリ秒で表した値。負の値は、1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点としたそれより前のミリ秒
      • valueOf

        public static Time valueOf​(String s)
        JDBC時間エスケープ形式中の文字列をTime値に変換します。
        パラメータ:
        s - hh:mm:ss形式の時間
        戻り値:
        対応するTimeオブジェクト
      • getYear

        @Deprecated(since="1.2")
        public int getYear()
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は年コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        getYear、クラス: Date
        戻り値:
        1900を引いた、この日付が表す年
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        setYear(int)
      • getMonth

        @Deprecated(since="1.2")
        public int getMonth()
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は月コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        getMonth、クラス: Date
        戻り値:
        この日付が表す月
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        setMonth(int)
      • getDay

        @Deprecated(since="1.2")
        public int getDay()
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は日コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        getDay、クラス: Date
        戻り値:
        この日付で表される曜日
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        Calendar
      • getDate

        @Deprecated(since="1.2")
        public int getDate()
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は日付コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        getDate、クラス: Date
        戻り値:
        この日付で表される月の日
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        setDate(int)
      • setYear

        @Deprecated(since="1.2")
        public void setYear​(int i)
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は年コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        setYear、クラス: Date
        パラメータ:
        i - 年の値。
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        getYear()
      • setMonth

        @Deprecated(since="1.2")
        public void setMonth​(int i)
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は月コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        setMonth、クラス: Date
        パラメータ:
        i - 0 - 11の月の値。
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        getMonth()
      • setDate

        @Deprecated(since="1.2")
        public void setDate​(int i)
        非推奨。
        このメソッドは非推奨であり、SQL TIME値は日付コンポーネントを持たないので、使用しないでください。
        オーバーライド:
        setDate、クラス: Date
        パラメータ:
        i - 1 - 31の月の日の値。
        例外:
        IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
        関連項目:
        getDate()
      • valueOf

        public static Time valueOf​(LocalTime time)
        指定されたLocalTimeと同じ時、分、および秒の時間値を持つTimeのインスタンスをLocalTimeオブジェクトから取得します。 LocalTimeのナノ秒フィールドは、新しく作成されたTimeオブジェクトの一部ではありません。
        パラメータ:
        time - 変換するLocalTime
        戻り値:
        Timeオブジェクト
        例外:
        NullPointerException - timeがnullの場合
        導入されたバージョン:
        1.8
      • toLocalTime

        public LocalTime toLocalTime()
        このTimeオブジェクトをLocalTimeに変換します。

        この変換によって、このTimeと同じ時、分、秒の時間値を表すLocalTimeが作成されます。 ナノ秒のLocalTimeフィールドはゼロに設定されます。

        戻り値:
        同じ時間値を表すLocalTimeオブジェクト
        導入されたバージョン:
        1.8
      • toInstant

        public Instant toInstant()
        このメソッドは常にUnsupportedOperationExceptionをスローします。SQL Time値は日付コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
        オーバーライド:
        toInstant、クラス: Date
        戻り値:
        このDateオブジェクトと同じ時系列上の時点を表すインスタント
        例外:
        UnsupportedOperationException - このメソッドが呼び出された場合