モジュール java.sql
パッケージ java.sql

インタフェースDatabaseMetaData

  • すべてのスーパー・インタフェース:
    Wrapper

    public interface DatabaseMetaData
    extends Wrapper
    データベースに関する包括的な情報です。

    このインタフェースは、JDBC(TM)テクノロジ(JDBCドライバ)と連携するデータベース管理システム(DBMS)の機能をユーザーに知らせるためにドライバ・ベンダーによって実装されます。 多くの場合、リレーショナルDBMSによってサポートされる機能、実装方法が異なり、使用するデータの型も異なります。 さらに、ドライバはDBMSによって提供される機能とは別に、追加の機能を実装する場合もあります。 このインタフェースのメソッドによって返される情報は連携する特定のドライバと特定のDBMSの機能についてのものです。 このドキュメントでは、「データベース」という用語は通常、ドライバとDBMSの両方を指しています。

    このインタフェースは一般的に、基本となるDBMSの操作方法を見つける必要があるツールによって使用されます。 これは特に、複数のDBMSとともに使用されることが意図されたアプリケーションに該当します。 たとえば、ツールはgetTypeInfoメソッドをCREATE TABLE文で使用できるデータの型を見つけるために使用できます。 また、ユーザーは、相互関係サブクエリーの使用が可能かどうかを知るためにsupportsCorrelatedSubqueriesメソッドを呼び出したり、バッチ更新が可能かどうかを知るためにsupportsBatchUpdatesメソッドを呼び出すことができます。

    DatabaseMetaDataメソッドには、ResultSetオブジェクトの形式で情報のリストを返すものもあります。 getStringgetIntなどの通常のResultSetのメソッドを使用して、これらのResultSetオブジェクトからデータを取り出すことができます。 所定のメタデータ形式が使用できない場合、空のResultSetが返されます。 所定のメソッドのResultSetオブジェクトによって返されるように定義された列を超える追加の列は、JDBCドライバのベンダーが定義することができ、それらの列ラベルでアクセスできる必要があります。

    DatabaseMetaDataのメソッドには、Stringのパターンを引数にとるものがあります。 これらの引数はすべてfooPatternのような名前を持ちます。 Stringパターンの中の「%」は0文字以上のすべての部分文字列に一致し、「_」は任意の1文字に一致することを意味します。 検索パターンに一致するメタデータ・エントリだけが返されます。 検索パターンの引数がnullに設定されている場合、引数の条件は、検索から除外されます。

    導入されたバージョン:
    1.1
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static short attributeNoNulls
      NULL値が許可されない可能性があることを示します。
      static short attributeNullable
      NULL値が必ず許可されることを示します。
      static short attributeNullableUnknown
      NULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。
      static int bestRowNotPseudo
      最適な行識別子が擬似列ではないことを示します。
      static int bestRowPseudo
      最適な行識別子が擬似列であることを示します。
      static int bestRowSession
      最適な行識別子のスコープが現在のセッションの残りの部分であることを示します。
      static int bestRowTemporary
      最適な行識別子のスコープが一時的(行が使用されている間だけ)であることを示します。
      static int bestRowTransaction
      最適な行識別子のスコープが現在のトランザクションの残りの部分であることを示します。
      static int bestRowUnknown
      最適な行識別子が擬似列である場合とそうでない場合があることを示します。
      static int columnNoNulls
      列がNULL値を許可しない場合があることを示します。
      static int columnNullable
      列が必ずNULL値を許可することを示します。
      static int columnNullableUnknown
      列がNULL値を許可するかどうか不明であることを示します。
      static int functionColumnIn
      パラメータまたは列がINパラメータであることを示します。
      static int functionColumnInOut
      パラメータまたは列がINOUTパラメータであることを示します。
      static int functionColumnOut
      パラメータまたは列がOUTパラメータであることを示します。
      static int functionColumnResult
      パラメータまたは列が結果セットの列であることを示します。
      static int functionColumnUnknown
      パラメータまたは列の型が不明であることを示します。
      static int functionNoNulls
      NULL値が許可されないことを示します。
      static int functionNoTable
      関数が表を返さないことを示します。
      static int functionNullable
      NULL値が許可されることを示します。
      static int functionNullableUnknown
      NULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。
      static int functionResultUnknown
      関数が結果または表を返すかどうかが不明であることを示します。
      static int functionReturn
      パラメータまたは列が戻り値であることを示します。
      static int functionReturnsTable
      関数が表を返すことを示します。
      static int importedKeyCascade
      UPDATE_RULEの場合は、主キーが更新されるときに、外部キー(インポートされたキー)がそれに合致するように変更されることを示します。
      static int importedKeyInitiallyDeferred
      遅延可能性を示します。
      static int importedKeyInitiallyImmediate
      遅延可能性を示します。
      static int importedKeyNoAction
      UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEの場合は、主キーがインポートされている場合、それが更新および削除ができないことを示します。
      static int importedKeyNotDeferrable
      遅延可能性を示します。
      static int importedKeyRestrict
      UPDATE_RULEの場合は、主キーが別の表によって外部キーとしてインポートされている場合に、主キーは更新できないことを示します。
      static int importedKeySetDefault
      UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEの場合は、主キーが更新または削除された場合に、外部キー(インポートされたキー)がデフォルト値に変更されることを示します。
      static int importedKeySetNull
      UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEの場合、主キーが更新または削除されたときに、外部キー(インポートされたキー)がNULLに変更されることを示します。
      static int procedureColumnIn
      列がINパラメータを格納することを示します。
      static int procedureColumnInOut
      列がINOUTパラメータを格納することを示します。
      static int procedureColumnOut
      列がOUTパラメータを格納することを示します。
      static int procedureColumnResult
      列が結果を格納することを示します。
      static int procedureColumnReturn
      列が戻り値を格納することを示します。
      static int procedureColumnUnknown
      列の型が不明であることを示します。
      static int procedureNoNulls
      NULL値が許可されないことを示します。
      static int procedureNoResult
      プロシージャが結果を返さないことを示します。
      static int procedureNullable
      NULL値が許可されることを示します。
      static int procedureNullableUnknown
      NULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。
      static int procedureResultUnknown
      プロシージャが結果を返すかどうかが不明であることを示します。
      static int procedureReturnsResult
      プロシージャが結果を返すことを示します。
      static int sqlStateSQL
      SQLException.getSQLStateメソッドによって返される値がSQLSTATE値であるかどうかを示すために使用されるDatabaseMetaData.getSQLStateTypeメソッドが取り得る値です。
      static int sqlStateSQL99
      SQLException.getSQLStateメソッドによって返される値がSQL99 SQLSTATE値であるかどうかを示すために使用されるDatabaseMetaData.getSQLStateTypeメソッドが取り得る値です。
      static int sqlStateXOpen
      SQLException.getSQLStateメソッドによって返される値がX/Open (現在はOpen Group)のSQL CLI SQLSTATE値であるかどうかを示すために使用されるDatabaseMetaData.getSQLStateTypeメソッドが取り得る値です。
      static short tableIndexClustered
      この表インデックスがクラスタ化されたインデックスであることを示します。
      static short tableIndexHashed
      この表インデックスがハッシュ化されたインデックスであることを示します。
      static short tableIndexOther
      この表インデックスがクラスタ化されたインデックスでも、ハッシュ化されたインデックスでも、表の統計情報でもないことを示します。
      static short tableIndexStatistic
      この列が表のインデックスの記述と連動して返される表の統計情報を格納することを示します。
      static int typeNoNulls
      このデータの型でNULL値が許可されないことを示します。
      static int typeNullable
      このデータの型でNULL値が許可されることを示します。
      static int typeNullableUnknown
      このデータの型でNULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。
      static int typePredBasic
      LIKE述語を使用しないWHERE検索の節のみで使用できるデータ型を示します。
      static int typePredChar
      LIKE述語を使用するWHERE検索の節のみで使用できるデータ型を示します。
      static int typePredNone
      この型でWHERE検索の節がサポートされていないことを示します。
      static int typeSearchable
      すべてのWHERE検索の節がこの型に基づくことができることを示します。
      static int versionColumnNotPseudo
      このバージョンの列が擬似列でないことを示します。
      static int versionColumnPseudo
      このバージョンの列が擬似列であることを示します。
      static int versionColumnUnknown
      このバージョンの列が擬似列である場合とそうでない場合があることを示します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド デフォルト・メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean allProceduresAreCallable()
      getProceduresメソッドによって返されるすべてのプロシージャが、現在のユーザーから呼び出せるかどうかを取得します。
      boolean allTablesAreSelectable()
      getTablesメソッドによって返されるすべての表が、現在のユーザーによってSELECT文中で使用できるかどうかを取得します。
      boolean autoCommitFailureClosesAllResultSets()
      autoCommitがtrueの場合に、ResultSetが保持可能であっても、すべてのオープンされたResultSetがクローズされたことをSQLExceptionが示すかどうかを取得します。
      boolean dataDefinitionCausesTransactionCommit()
      トランザクションのデータ定義文が、トランザクションを強制的にコミットさせるかどうかを取得します。
      boolean dataDefinitionIgnoredInTransactions()
      このデータベースによって、トランザクションでデータ定義文が無視されるかどうかを取得します。
      boolean deletesAreDetected​(int type)
      ResultSet.rowDeletedメソッドを呼び出すことによって可視の行が削除されたことを検出できるかどうかを取得します。
      boolean doesMaxRowSizeIncludeBlobs()
      getMaxRowSizeメソッドの戻り値がSQLデータ型のLONGVARCHARおよびLONGVARBINARYを含むかどうかを取得します。
      boolean generatedKeyAlwaysReturned()
      自動生成キーの列を表す指定された列名またはインデックスが有効であり、文が成功した場合に、生成されたキーが常に返されるかどうかを取得します。
      ResultSet getAttributes​(String catalog, String schemaPattern, String typeNamePattern, String attributeNamePattern)
      指定されたスキーマおよびカタログで使用可能なユーザー定義の型(UDT)のための指定された型の指定された属性に関する記述を取得します。
      ResultSet getBestRowIdentifier​(String catalog, String schema, String table, int scope, boolean nullable)
      行を一意に識別する表の最適な列セットに関する記述を取得します。
      ResultSet getCatalogs()
      このデータベースで使用可能なカタログ名を取得します。
      String getCatalogSeparator()
      このデータベースがカタログ名と表名のセパレータとして使用するStringを取得します。
      String getCatalogTerm()
      「catalog」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
      ResultSet getClientInfoProperties()
      ドライバがサポートするクライアント情報プロパティのリストを取得します。
      ResultSet getColumnPrivileges​(String catalog, String schema, String table, String columnNamePattern)
      表の列へのアクセス権に関する記述を取得します。
      ResultSet getColumns​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern, String columnNamePattern)
      指定されたカタログで使用可能な表列の記述を取得します。
      Connection getConnection()
      このメタデータ・オブジェクトを生成した接続を取得します。
      ResultSet getCrossReference​(String parentCatalog, String parentSchema, String parentTable, String foreignCatalog, String foreignSchema, String foreignTable)
      主キー、または親表の一意性制約を表す列を参照する指定された外部のキー表中の外部キー列に関する記述を取得します(親表は同じ表または異なる表)。
      int getDatabaseMajorVersion()
      基本となるデータベースのメジャー・バージョン番号を取得します。
      int getDatabaseMinorVersion()
      基本となるデータベースのマイナー・バージョン番号を取得します。
      String getDatabaseProductName()
      このデータベース製品の名前を取得します。
      String getDatabaseProductVersion()
      このデータベース製品のバージョン番号を取得します。
      int getDefaultTransactionIsolation()
      このデータベースのデフォルトのトランザクション遮断レベルを取得します。
      int getDriverMajorVersion()
      このJDBCドライバのメジャー・バージョン番号を取得します。
      int getDriverMinorVersion()
      このJDBCドライバのマイナー・バージョン番号を取得します。
      String getDriverName()
      このJDBCドライバの名前を取得します。
      String getDriverVersion()
      このJDBCドライバのバージョン番号をStringとして取得します。
      ResultSet getExportedKeys​(String catalog, String schema, String table)
      指定された表の主キー列(表によってエクスポートされた外部キー)を参照する外部キー列に関する記述を取得します。
      String getExtraNameCharacters()
      引用符で囲まれていない識別名に使用できるすべての「特殊」文字(a-z、A-Z、0-9、および_以外)を取得します。
      ResultSet getFunctionColumns​(String catalog, String schemaPattern, String functionNamePattern, String columnNamePattern)
      指定されたカタログのシステム関数またはユーザー関数のパラメータと返される型に関する記述を取得します。
      ResultSet getFunctions​(String catalog, String schemaPattern, String functionNamePattern)
      指定されたカタログで使用可能なシステム関数およびユーザー関数に関する記述を取得します。
      String getIdentifierQuoteString()
      SQL識別子を引用するのに使用する文字列を取得します。
      ResultSet getImportedKeys​(String catalog, String schema, String table)
      その表の外部キー列(表によってインポートされる主キー)を参照する主キー列に関する記述を取得します。
      ResultSet getIndexInfo​(String catalog, String schema, String table, boolean unique, boolean approximate)
      指定された表のインデックスと統計情報に関する記述を取得します。
      int getJDBCMajorVersion()
      このドライバのJDBCメジャー・バージョン番号を取得します。
      int getJDBCMinorVersion()
      このドライバのJDBCマイナー・バージョン番号を取得します。
      int getMaxBinaryLiteralLength()
      このデータベースで、インライン・バイナリ・リテラル中に入れられる16進数の最大文字数を取得します。
      int getMaxCatalogNameLength()
      このデータベースでの、カタログ名の最大文字数を取得します。
      int getMaxCharLiteralLength()
      このデータベースでの、キャラクタ・リテラルの最大文字数を取得します。
      int getMaxColumnNameLength()
      このデータベースでの、列名の最大文字数を取得します。
      int getMaxColumnsInGroupBy()
      このデータベースでの、GROUP BY節中の列数の最大値を取得します。
      int getMaxColumnsInIndex()
      このデータベースでの、インデックス中の列数の最大値を取得します。
      int getMaxColumnsInOrderBy()
      このデータベースでの、ORDER BY節中の列数の最大値を取得します。
      int getMaxColumnsInSelect()
      このデータベースでの、SELECTリスト中の列数の最大値を取得します。
      int getMaxColumnsInTable()
      このデータベースでの、表中の列数の最大値を取得します。
      int getMaxConnections()
      このデータベースに対して可能な並行接続の最大数を取得します。
      int getMaxCursorNameLength()
      このデータベースでの、カーソル名の最大文字数を取得します。
      int getMaxIndexLength()
      このデータベースでの、インデックスの全部分を含む、インデックスの最大バイト数を取得します。
      default long getMaxLogicalLobSize()
      このデータベースでLOBの論理サイズとして許容される最大バイト数を取得します。
      int getMaxProcedureNameLength()
      このデータベースでの、プロシージャ名の最大文字数を取得します。
      int getMaxRowSize()
      このデータベースでの、1行の最大バイト数を取得します。
      int getMaxSchemaNameLength()
      このデータベースでの、スキーマ名の最大文字数を取得します。
      int getMaxStatementLength()
      このデータベースでの、SQL文の最大文字数を取得します。
      int getMaxStatements()
      このデータベースの同時にオープンできるアクティブな文の最大数を取得します。
      int getMaxTableNameLength()
      このデータベースでの、表名の最大文字数を取得します。
      int getMaxTablesInSelect()
      このデータベースでの、SELECT文の最大表数を取得します。
      int getMaxUserNameLength()
      このデータベースでの、ユーザー名の最大文字数を取得します。
      String getNumericFunctions()
      このデータベースで使用可能なカンマで区切った数学関数のリストを取得します。
      ResultSet getPrimaryKeys​(String catalog, String schema, String table)
      指定された表の主キー列の記述を取得します。
      ResultSet getProcedureColumns​(String catalog, String schemaPattern, String procedureNamePattern, String columnNamePattern)
      指定されたカタログのストアド・プロシージャ・パラメータと結果列に関する記述を取得します。
      ResultSet getProcedures​(String catalog, String schemaPattern, String procedureNamePattern)
      指定されたカタログで使用可能なストアド・プロシージャに関する記述を取得します。
      String getProcedureTerm()
      「procedure」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
      ResultSet getPseudoColumns​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern, String columnNamePattern)
      指定されたカタログおよびスキーマ内の特定の表で使用できる擬似列または隠し列の説明を取得します。
      int getResultSetHoldability()
      このデータベースでのResultSetオブジェクトのデフォルトの保持機能を取得します。
      RowIdLifetime getRowIdLifetime()
      このデータソースがSQL ROWID型をサポートしているかどうか、およびRowIdオブジェクトが有効である有効期間を示します。
      ResultSet getSchemas()
      このデータベースで使用可能なスキーマ名を取得します。
      ResultSet getSchemas​(String catalog, String schemaPattern)
      このデータベースで使用可能なスキーマ名を取得します。
      String getSchemaTerm()
      「schema」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
      String getSearchStringEscape()
      ワイルドカード文字をエスケープするのに使用できる文字列を取得します。
      String getSQLKeywords()
      このデータベースのSQLキーワードであって、SQL:2003のキーワードではない、すべてのキーワードをカンマで区切ったリストを取得します。
      int getSQLStateType()
      SQLException.getSQLStateによって返されるSQLSTATEがX/Open (現在はOpen Group)のSQL CLIであるかSQL:2003であるかを示します。
      String getStringFunctions()
      このデータベースで使用可能なカンマで区切った文字列関数のリストを取得します。
      ResultSet getSuperTables​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern)
      このデータベースの特定のスキーマで定義されている表階層の説明を取得します。
      ResultSet getSuperTypes​(String catalog, String schemaPattern, String typeNamePattern)
      このデータベースの特定のスキーマで定義されているユーザー定義型(UDT)階層の説明を取得します。
      String getSystemFunctions()
      このデータベースで使用可能なカンマで区切ったシステム関数のリストを取得します。
      ResultSet getTablePrivileges​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern)
      カタログで使用可能な各表に対するアクセス権に関する記述を取得します。
      ResultSet getTables​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern, String[] types)
      指定されたカタログで使用可能な表に関する記述を取得します。
      ResultSet getTableTypes()
      このデータベースで使用可能な表のタイプを取得します。
      String getTimeDateFunctions()
      このデータベースで使用可能な時間関数と日付関数をカンマで区切ったリストを取得します。
      ResultSet getTypeInfo()
      このデータベースでサポートされているすべてのデータ型に関する記述を取得します。
      ResultSet getUDTs​(String catalog, String schemaPattern, String typeNamePattern, int[] types)
      特定のスキーマで定義されているユーザー定義型(UDT)の説明を取得します。
      String getURL()
      このDBMSのURLを取得します。
      String getUserName()
      このデータベースに記録されているユーザー名を取得します。
      ResultSet getVersionColumns​(String catalog, String schema, String table)
      行の任意の値が変更された場合に、自動的に更新される表の列に関する記述を取得します。
      boolean insertsAreDetected​(int type)
      ResultSet.rowInsertedメソッドを呼び出すことによって可視の行が挿入されたことを検出できるかどうかを取得します。
      boolean isCatalogAtStart()
      完全指定された表名の開始部分にカタログが現れるかどうかを取得します。
      boolean isReadOnly()
      このデータベースが読込み専用モードかどうかを取得します。
      boolean locatorsUpdateCopy()
      LOBへの変更が、コピーに対して行われたのか、LOBに直接行われたのかを示します。
      boolean nullPlusNonNullIsNull()
      このデータベースが、NULL値と非NULL値の連結をNULLとすることをサポートするかどうかを取得します。
      boolean nullsAreSortedAtEnd()
      NULL値が、ソート順にかかわらず末尾にソートされるかどうかを取得します。
      boolean nullsAreSortedAtStart()
      NULL値が、ソート順にかかわらず先頭にソートされるかどうかを取得します。
      boolean nullsAreSortedHigh()
      NULL値が高位にソートされるかどうかを取得します。
      boolean nullsAreSortedLow()
      NULL値が下位にソートされるかどうかを取得します。
      boolean othersDeletesAreVisible​(int type)
      ほかで行われた削除が可視かどうかを取得します。
      boolean othersInsertsAreVisible​(int type)
      ほかで行われた挿入が可視かどうかを取得します。
      boolean othersUpdatesAreVisible​(int type)
      ほかで行われた更新が可視かどうかを取得します。
      boolean ownDeletesAreVisible​(int type)
      結果セット自身の削除が可視かどうかを取得します。
      boolean ownInsertsAreVisible​(int type)
      結果セット自身の挿入が可視かどうかを取得します。
      boolean ownUpdatesAreVisible​(int type)
      指定されたResultSetオブジェクトについて、結果セット自身の更新が可視かどうかを取得します。
      boolean storesLowerCaseIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、小文字で格納するかどうかを取得します。
      boolean storesLowerCaseQuotedIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、小文字で格納するかどうかを取得します。
      boolean storesMixedCaseIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
      boolean storesMixedCaseQuotedIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
      boolean storesUpperCaseIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字で格納するかどうかを取得します。
      boolean storesUpperCaseQuotedIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字で格納するかどうかを取得します。
      boolean supportsAlterTableWithAddColumn()
      このデータベースによって、追加列のあるALTER TABLEがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsAlterTableWithDropColumn()
      このデータベースによって、ドロップ列のあるALTER TABLEがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsANSI92EntryLevelSQL()
      このデータベースによって、ANSI92エントリ・レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsANSI92FullSQL()
      このデータベースによって、ANSI92完全レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsANSI92IntermediateSQL()
      このデータベースによって、ANSI92中間レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsBatchUpdates()
      このデータベースによってバッチ更新がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsCatalogsInDataManipulation()
      データ操作文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsCatalogsInIndexDefinitions()
      インデックス定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsCatalogsInPrivilegeDefinitions()
      特権定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsCatalogsInProcedureCalls()
      プロシージャ呼出し文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsCatalogsInTableDefinitions()
      表定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsColumnAliasing()
      このデータベースによって列の別名がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsConvert()
      このデータベースによって、JDBC型間の変換に使用されるJDBCスカラー関数CONVERTがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsConvert​(int fromType, int toType)
      このデータベースによって、JDBC型fromTypetoTypeの間の変換に使用されるJDBCスカラー関数CONVERTがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsCoreSQLGrammar()
      このデータベースによって、ODBC Core SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsCorrelatedSubqueries()
      このデータベースによって相関サブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsDataDefinitionAndDataManipulationTransactions()
      このデータベースによって、トランザクションで、データ定義文とデータ操作文の両方がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsDataManipulationTransactionsOnly()
      このデータベースによって、トランザクションでデータ操作文だけがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsDifferentTableCorrelationNames()
      表相互関係名がサポートされる場合、表の名前と異なる名前であるという制限を付けるかどうかを取得します。
      boolean supportsExpressionsInOrderBy()
      このデータベースによって、ORDER BYリスト中で式がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsExtendedSQLGrammar()
      このデータベースによって、ODBC Extended SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsFullOuterJoins()
      このデータベースによって、完全入れ子の外部結合がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsGetGeneratedKeys()
      文が実行されたあとに自動生成キーを取得できるかどうかを取得します。
      boolean supportsGroupBy()
      このデータベースによって、なんらかの形式のGROUP BY節がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsGroupByBeyondSelect()
      SELECT文中のすべての列がGROUP BY節に含まれるという条件で、このデータベースによって、GROUP BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsGroupByUnrelated()
      このデータベースによって、GROUP BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsIntegrityEnhancementFacility()
      このデータベースによって、SQL Integrity Enhancement Facilityがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsLikeEscapeClause()
      このデータベースによって、LIKEエスケープ節の指定がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsLimitedOuterJoins()
      このデータベースによって、外部結合に関し、制限されたサポートが提供されるかどうかを取得します
      boolean supportsMinimumSQLGrammar()
      このデータベースによって、ODBC Minimum SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsMixedCaseIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別して処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
      boolean supportsMixedCaseQuotedIdentifiers()
      このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別して処理し、結果として大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
      boolean supportsMultipleOpenResults()
      CallableStatementオブジェクトから複数のResultSetオブジェクトを同時に返すことが可能かどうかを取得します。
      boolean supportsMultipleResultSets()
      このデータベースによって、executeメソッドの単一の呼び出しからの複数のResultSetオブジェクトの取得がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsMultipleTransactions()
      このデータベースが一度に複数のトランザクションを(異なった接続で)オープンできるかどうかを取得します。
      boolean supportsNamedParameters()
      このデータベースによって、呼出し可能文への名前付きパラメータがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsNonNullableColumns()
      このデータベースの列をnullを許さない列として定義できるかどうかを取得します。
      boolean supportsOpenCursorsAcrossCommit()
      このデータベースによって、コミット間でカーソルがオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsOpenCursorsAcrossRollback()
      このデータベースによって、ロールバック間でカーソルがオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsOpenStatementsAcrossCommit()
      このデータベースによって、コミット間で文がオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsOpenStatementsAcrossRollback()
      このデータベースによって、ロールバック間で文がオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsOrderByUnrelated()
      このデータベースによって、ORDER BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsOuterJoins()
      このデータベースによって、外部結合のなんらかの形式がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsPositionedDelete()
      このデータベースによって、位置指定されたDELETE文がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsPositionedUpdate()
      このデータベースによって、位置指定されたUPDATE文がサポートされるかどうかを取得します。
      default boolean supportsRefCursors()
      このデータベースによってREF CURSORがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsResultSetConcurrency​(int type, int concurrency)
      このデータベースが、指定された結果セットのタイプと与えられた並行処理の種類の組み合わせをサポートするかどうかを取得します。
      boolean supportsResultSetHoldability​(int holdability)
      このデータベースが、指定された結果セットの保持機能をサポートするかどうかを取得します。
      boolean supportsResultSetType​(int type)
      このデータベースが、指定された結果セットのタイプをサポートするかどうかを取得します。
      boolean supportsSavepoints()
      このデータベースによってセーブポイントがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsSchemasInDataManipulation()
      データ操作文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsSchemasInIndexDefinitions()
      インデックス定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsSchemasInPrivilegeDefinitions()
      特権定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsSchemasInProcedureCalls()
      プロシージャ呼出し文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsSchemasInTableDefinitions()
      表定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
      boolean supportsSelectForUpdate()
      このデータベースによってSELECT FOR UPDATE文がサポートされるかどうかを取得します。
      default boolean supportsSharding()
      このデータベースがシャーディングをサポートするかどうかを取得します。
      boolean supportsStatementPooling()
      このデータベースによって文のプールがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsStoredFunctionsUsingCallSyntax()
      このデータベースが、ストアド・プロシージャ・エスケープ構文を使用した、ユーザー定義関数またはベンダー関数の呼出しをサポートするかどうかを取得します。
      boolean supportsStoredProcedures()
      このデータベースによって、ストアド・プロシージャ・エスケープ構文を使用するストアド・プロシージャ・コールがサポートされるかどうかを判定します。
      boolean supportsSubqueriesInComparisons()
      このデータベースによって、比較式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsSubqueriesInExists()
      このデータベースによって、EXISTS式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsSubqueriesInIns()
      このデータベースによって、IN式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsSubqueriesInQuantifieds()
      このデータベースによって、定量化された式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsTableCorrelationNames()
      このデータベースによって表相互関係名がサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsTransactionIsolationLevel​(int level)
      このデータベースが、指定されたトランザクション遮断レベルをサポートするかどうかを取得します。
      boolean supportsTransactions()
      このデータベースによってトランザクションがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsUnion()
      このデータベースによってSQL UNIONがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean supportsUnionAll()
      このデータベースによってSQL UNION ALLがサポートされるかどうかを取得します。
      boolean updatesAreDetected​(int type)
      ResultSet.rowUpdatedメソッドを呼び出すことによって可視の行が更新されたことを検出できるかどうかを取得します。
      boolean usesLocalFilePerTable()
      このデータベースが、各表にファイルを使用するかどうかを取得します。
      boolean usesLocalFiles()
      このデータベースが、ローカル・ファイルに表を格納するかどうかを取得します。
    • フィールドの詳細

      • procedureResultUnknown

        static final int procedureResultUnknown
        プロシージャが結果を返すかどうかが不明であることを示します。

        getProceduresメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PROCEDURE_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureNoResult

        static final int procedureNoResult
        プロシージャが結果を返さないことを示します。

        getProceduresメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PROCEDURE_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureReturnsResult

        static final int procedureReturnsResult
        プロシージャが結果を返すことを示します。

        getProceduresメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PROCEDURE_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureColumnUnknown

        static final int procedureColumnUnknown
        列の型が不明であることを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureColumnIn

        static final int procedureColumnIn
        列がINパラメータを格納することを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureColumnInOut

        static final int procedureColumnInOut
        列がINOUTパラメータを格納することを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureColumnOut

        static final int procedureColumnOut
        列がOUTパラメータを格納することを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureColumnReturn

        static final int procedureColumnReturn
        列が戻り値を格納することを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureColumnResult

        static final int procedureColumnResult
        列が結果を格納することを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureNoNulls

        static final int procedureNoNulls
        NULL値が許可されないことを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureNullable

        static final int procedureNullable
        NULL値が許可されることを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • procedureNullableUnknown

        static final int procedureNullableUnknown
        NULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。

        getProcedureColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • columnNoNulls

        static final int columnNoNulls
        列がNULL値を許可しない場合があることを示します。

        getColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • columnNullable

        static final int columnNullable
        列が必ずNULL値を許可することを示します。

        getColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • columnNullableUnknown

        static final int columnNullableUnknown
        列がNULL値を許可するかどうか不明であることを示します。

        getColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • bestRowTemporary

        static final int bestRowTemporary
        最適な行識別子のスコープが一時的(行が使用されている間だけ)であることを示します。

        getBestRowIdentifierメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SCOPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • bestRowTransaction

        static final int bestRowTransaction
        最適な行識別子のスコープが現在のトランザクションの残りの部分であることを示します。

        getBestRowIdentifierメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SCOPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • bestRowSession

        static final int bestRowSession
        最適な行識別子のスコープが現在のセッションの残りの部分であることを示します。

        getBestRowIdentifierメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SCOPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • bestRowUnknown

        static final int bestRowUnknown
        最適な行識別子が擬似列である場合とそうでない場合があることを示します。

        getBestRowIdentifierメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PSEUDO_COLUMNが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • bestRowNotPseudo

        static final int bestRowNotPseudo
        最適な行識別子が擬似列ではないことを示します。

        getBestRowIdentifierメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PSEUDO_COLUMNが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • bestRowPseudo

        static final int bestRowPseudo
        最適な行識別子が擬似列であることを示します。

        getBestRowIdentifierメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PSEUDO_COLUMNが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • versionColumnUnknown

        static final int versionColumnUnknown
        このバージョンの列が擬似列である場合とそうでない場合があることを示します。

        getVersionColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PSEUDO_COLUMNが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • versionColumnNotPseudo

        static final int versionColumnNotPseudo
        このバージョンの列が擬似列でないことを示します。

        getVersionColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PSEUDO_COLUMNが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • versionColumnPseudo

        static final int versionColumnPseudo
        このバージョンの列が擬似列であることを示します。

        getVersionColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列PSEUDO_COLUMNが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeyCascade

        static final int importedKeyCascade
        UPDATE_RULEの場合は、主キーが更新されるときに、外部キー(インポートされたキー)がそれに合致するように変更されることを示します。 DELETE_RULEの場合は、主キーが削除されるときに、そのキーをインポートした行が削除されることを示します。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeyRestrict

        static final int importedKeyRestrict
        UPDATE_RULEの場合は、主キーが別の表によって外部キーとしてインポートされている場合に、主キーは更新できないことを示します。 DELETE_RULEの場合は、主キーが別の表によって外部キーとしてインポートされている場合に、主キーは削除できないことを示します。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeySetNull

        static final int importedKeySetNull
        UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEの場合、主キーが更新または削除されたときに、外部キー(インポートされたキー)がNULLに変更されることを示します。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeyNoAction

        static final int importedKeyNoAction
        UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEの場合は、主キーがインポートされている場合、それが更新および削除ができないことを示します。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeySetDefault

        static final int importedKeySetDefault
        UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEの場合は、主キーが更新または削除された場合に、外部キー(インポートされたキー)がデフォルト値に変更されることを示します。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列UPDATE_RULEおよびDELETE_RULEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeyInitiallyDeferred

        static final int importedKeyInitiallyDeferred
        遅延可能性を示します。 定義については、SQL-92を参照してください。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列DEFERRABILITYが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeyInitiallyImmediate

        static final int importedKeyInitiallyImmediate
        遅延可能性を示します。 定義については、SQL-92を参照してください。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列DEFERRABILITYが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • importedKeyNotDeferrable

        static final int importedKeyNotDeferrable
        遅延可能性を示します。 定義については、SQL-92を参照してください。

        getImportedKeysgetExportedKeys、およびgetCrossReferenceの各メソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列DEFERRABILITYが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typeNoNulls

        static final int typeNoNulls
        このデータの型でNULL値が許可されないことを示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typeNullable

        static final int typeNullable
        このデータの型でNULL値が許可されることを示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typeNullableUnknown

        static final int typeNullableUnknown
        このデータの型でNULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typePredNone

        static final int typePredNone
        この型でWHERE検索の節がサポートされていないことを示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SEARCHABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typePredChar

        static final int typePredChar
        LIKE述語を使用するWHERE検索の節のみで使用できるデータ型を示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SEARCHABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typePredBasic

        static final int typePredBasic
        LIKE述語を使用しないWHERE検索の節のみで使用できるデータ型を示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SEARCHABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • typeSearchable

        static final int typeSearchable
        すべてのWHERE検索の節がこの型に基づくことができることを示します。

        getTypeInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列SEARCHABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • tableIndexStatistic

        static final short tableIndexStatistic
        この列が表のインデックスの記述と連動して返される表の統計情報を格納することを示します。

        getIndexInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • tableIndexClustered

        static final short tableIndexClustered
        この表インデックスがクラスタ化されたインデックスであることを示します。

        getIndexInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • tableIndexHashed

        static final short tableIndexHashed
        この表インデックスがハッシュ化されたインデックスであることを示します。

        getIndexInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • tableIndexOther

        static final short tableIndexOther
        この表インデックスがクラスタ化されたインデックスでも、ハッシュ化されたインデックスでも、表の統計情報でもないことを示します。

        getIndexInfoメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • attributeNoNulls

        static final short attributeNoNulls
        NULL値が許可されない可能性があることを示します。

        getAttributesメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • attributeNullable

        static final short attributeNullable
        NULL値が必ず許可されることを示します。

        getAttributesメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • attributeNullableUnknown

        static final short attributeNullableUnknown
        NULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。

        getAttributesメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • sqlStateXOpen

        static final int sqlStateXOpen
        SQLException.getSQLStateメソッドによって返される値がX/Open (現在はOpen Group)のSQL CLI SQLSTATE値であるかどうかを示すために使用されるDatabaseMetaData.getSQLStateTypeメソッドが取り得る値です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • sqlStateSQL

        static final int sqlStateSQL
        SQLException.getSQLStateメソッドによって返される値がSQLSTATE値であるかどうかを示すために使用されるDatabaseMetaData.getSQLStateTypeメソッドが取り得る値です。
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • sqlStateSQL99

        static final int sqlStateSQL99
        SQLException.getSQLStateメソッドによって返される値がSQL99 SQLSTATE値であるかどうかを示すために使用されるDatabaseMetaData.getSQLStateTypeメソッドが取り得る値です。

        : この定数は、互換性を保つためにのみ残されています。 開発者は、代わりに定数sqlStateSQLを使用するようにしてください。

        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionColumnUnknown

        static final int functionColumnUnknown
        パラメータまたは列の型が不明であることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionColumnIn

        static final int functionColumnIn
        パラメータまたは列がINパラメータであることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionColumnInOut

        static final int functionColumnInOut
        パラメータまたは列がINOUTパラメータであることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionColumnOut

        static final int functionColumnOut
        パラメータまたは列がOUTパラメータであることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionReturn

        static final int functionReturn
        パラメータまたは列が戻り値であることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionColumnResult

        static final int functionColumnResult
        パラメータまたは列が結果セットの列であることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSet内の列COLUMN_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionNoNulls

        static final int functionNoNulls
        NULL値が許可されないことを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionNullable

        static final int functionNullable
        NULL値が許可されることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionNullableUnknown

        static final int functionNullableUnknown
        NULL値が許可されるかどうかが不明であることを示します。

        getFunctionColumnsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列NULLABLEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionResultUnknown

        static final int functionResultUnknown
        関数が結果または表を返すかどうかが不明であることを示します。

        getFunctionsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列FUNCTION_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionNoTable

        static final int functionNoTable
        関数が表を返さないことを示します。

        getFunctionsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列FUNCTION_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
      • functionReturnsTable

        static final int functionReturnsTable
        関数が表を返すことを示します。

        getFunctionsメソッドによって返されるResultSetオブジェクト内の列FUNCTION_TYPEが取り得る値です。

        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • allProceduresAreCallable

        boolean allProceduresAreCallable()
                                  throws SQLException
        getProceduresメソッドによって返されるすべてのプロシージャが、現在のユーザーから呼び出せるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • allTablesAreSelectable

        boolean allTablesAreSelectable()
                                throws SQLException
        getTablesメソッドによって返されるすべての表が、現在のユーザーによってSELECT文中で使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getURL

        String getURL()
               throws SQLException
        このDBMSのURLを取得します。
        戻り値:
        このDBMSのURL。生成できない場合はnull
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getUserName

        String getUserName()
                    throws SQLException
        このデータベースに記録されているユーザー名を取得します。
        戻り値:
        データベース・ユーザー名
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • isReadOnly

        boolean isReadOnly()
                    throws SQLException
        このデータベースが読込み専用モードかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • nullsAreSortedHigh

        boolean nullsAreSortedHigh()
                            throws SQLException
        NULL値が高位にソートされるかどうかを取得します。 高位にソートされるとは、NULL値がドメイン内のほかのどの値よりもソート順が上であるということです。 昇順では、このメソッドがtrueを返す場合、NULL値は最後に現れます。 対照的に、nullsAreSortedAtEndメソッドはNULL値がソート順にかかわらず最後にソートされることを示します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • nullsAreSortedLow

        boolean nullsAreSortedLow()
                           throws SQLException
        NULL値が下位にソートされるかどうかを取得します。 下位にソートされるとは、NULL値がドメイン内のほかのどの値よりもソート順が下であるということです。 昇順では、このメソッドがtrueを返す場合、NULL値は最初に現れます。 対照的に、nullsAreSortedAtStartメソッドはNULL値がソート順にかかわらず最初にソートされることを示します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • nullsAreSortedAtStart

        boolean nullsAreSortedAtStart()
                               throws SQLException
        NULL値が、ソート順にかかわらず先頭にソートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • nullsAreSortedAtEnd

        boolean nullsAreSortedAtEnd()
                             throws SQLException
        NULL値が、ソート順にかかわらず末尾にソートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getDatabaseProductName

        String getDatabaseProductName()
                               throws SQLException
        このデータベース製品の名前を取得します。
        戻り値:
        データベース製品の名前
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getDatabaseProductVersion

        String getDatabaseProductVersion()
                                  throws SQLException
        このデータベース製品のバージョン番号を取得します。
        戻り値:
        データベースのバージョン番号
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getDriverName

        String getDriverName()
                      throws SQLException
        このJDBCドライバの名前を取得します。
        戻り値:
        JDBCドライバの名前
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getDriverVersion

        String getDriverVersion()
                         throws SQLException
        このJDBCドライバのバージョン番号をStringとして取得します。
        戻り値:
        JDBCドライバのバージョン
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getDriverMajorVersion

        int getDriverMajorVersion()
        このJDBCドライバのメジャー・バージョン番号を取得します。
        戻り値:
        JDBCドライバのメジャー・バージョン
      • getDriverMinorVersion

        int getDriverMinorVersion()
        このJDBCドライバのマイナー・バージョン番号を取得します。
        戻り値:
        JDBCドライバのマイナー・バージョン番号
      • usesLocalFiles

        boolean usesLocalFiles()
                        throws SQLException
        このデータベースが、ローカル・ファイルに表を格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • usesLocalFilePerTable

        boolean usesLocalFilePerTable()
                               throws SQLException
        このデータベースが、各表にファイルを使用するかどうかを取得します。
        戻り値:
        このデータベースが、各表にローカル・ファイルを使用する場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsMixedCaseIdentifiers

        boolean supportsMixedCaseIdentifiers()
                                      throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別して処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • storesUpperCaseIdentifiers

        boolean storesUpperCaseIdentifiers()
                                    throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • storesLowerCaseIdentifiers

        boolean storesLowerCaseIdentifiers()
                                    throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、小文字で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • storesMixedCaseIdentifiers

        boolean storesMixedCaseIdentifiers()
                                    throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsMixedCaseQuotedIdentifiers

        boolean supportsMixedCaseQuotedIdentifiers()
                                            throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別して処理し、結果として大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • storesUpperCaseQuotedIdentifiers

        boolean storesUpperCaseQuotedIdentifiers()
                                          throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • storesLowerCaseQuotedIdentifiers

        boolean storesLowerCaseQuotedIdentifiers()
                                          throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、小文字で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • storesMixedCaseQuotedIdentifiers

        boolean storesMixedCaseQuotedIdentifiers()
                                          throws SQLException
        このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getIdentifierQuoteString

        String getIdentifierQuoteString()
                                 throws SQLException
        SQL識別子を引用するのに使用する文字列を取得します。 識別子引用がサポートされていない場合、「」(空白)を返します。
        戻り値:
        引用文字列。引用がサポートされていない場合は空白
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getSQLKeywords

        String getSQLKeywords()
                       throws SQLException
        このデータベースのSQLキーワードであって、SQL:2003のキーワードではない、すべてのキーワードをカンマで区切ったリストを取得します。
        戻り値:
        SQL:2003のキーワードではない、このデータベースのSQLキーワードのリスト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getNumericFunctions

        String getNumericFunctions()
                            throws SQLException
        このデータベースで使用可能なカンマで区切った数学関数のリストを取得します。 これらはJDBC関数のエスケープ節で使用されるOpen /Open CLI数学関数名です。
        戻り値:
        このデータベースによってサポートされる数学関数のリスト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getStringFunctions

        String getStringFunctions()
                           throws SQLException
        このデータベースで使用可能なカンマで区切った文字列関数のリストを取得します。 これらはJDBC関数のエスケープ節で使用されるOpen Group CLI文字列関数名です。
        戻り値:
        このデータベースによってサポートされる文字列関数のリスト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getSystemFunctions

        String getSystemFunctions()
                           throws SQLException
        このデータベースで使用可能なカンマで区切ったシステム関数のリストを取得します。 これらはJDBC関数のエスケープ節で使用されるOpen Group CLIシステム関数名です。
        戻り値:
        このデータベースによってサポートされるシステム関数のリスト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getTimeDateFunctions

        String getTimeDateFunctions()
                             throws SQLException
        このデータベースで使用可能な時間関数と日付関数をカンマで区切ったリストを取得します。
        戻り値:
        このデータベースによってサポートされる時間関数と日付関数のリスト
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getSearchStringEscape

        String getSearchStringEscape()
                              throws SQLException
        ワイルドカード文字をエスケープするのに使用できる文字列を取得します。 これは、パターンのカタログ検索パラメータで「_」や「%」をエスケープするのに使用できる文字列です(そのためワイルドカード文字のうちの1文字を使用)。

        '_'文字は任意の1文字を表します。'%'文字は0文字以上のシーケンスを表します。

        戻り値:
        ワイルドカード文字をエスケープするのに使用する文字列
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getExtraNameCharacters

        String getExtraNameCharacters()
                               throws SQLException
        引用符で囲まれていない識別名に使用できるすべての「特殊」文字(a-z、A-Z、0-9、および_以外)を取得します。
        戻り値:
        特殊文字を含む文字列
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsAlterTableWithAddColumn

        boolean supportsAlterTableWithAddColumn()
                                         throws SQLException
        このデータベースによって、追加列のあるALTER TABLEがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsAlterTableWithDropColumn

        boolean supportsAlterTableWithDropColumn()
                                          throws SQLException
        このデータベースによって、ドロップ列のあるALTER TABLEがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsColumnAliasing

        boolean supportsColumnAliasing()
                                throws SQLException
        このデータベースによって列の別名がサポートされるかどうかを取得します。

        サポートされる場合、SQL AS節を使用して、必要に応じて算出列に名前を、列に別名を提供できます。

        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • nullPlusNonNullIsNull

        boolean nullPlusNonNullIsNull()
                               throws SQLException
        このデータベースが、NULL値と非NULL値の連結をNULLとすることをサポートするかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsConvert

        boolean supportsConvert()
                         throws SQLException
        このデータベースによって、JDBC型間の変換に使用されるJDBCスカラー関数CONVERTがサポートされるかどうかを取得します。 JDBC型は、java.sql.Typesで定義される汎用SQLデータ型です。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsConvert

        boolean supportsConvert​(int fromType,
                                int toType)
                         throws SQLException
        このデータベースによって、JDBC型fromTypetoTypeの間の変換に使用されるJDBCスカラー関数CONVERTがサポートされるかどうかを取得します。 JDBC型は、java.sql.Typesで定義される汎用SQLデータ型です。
        パラメータ:
        fromType - 変換元の型。java.sql.Typesクラスの型コードのうちの1つ
        toType - 変換先の型。java.sql.Typesクラスの型コードのうちの1つ
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        Types
      • supportsTableCorrelationNames

        boolean supportsTableCorrelationNames()
                                       throws SQLException
        このデータベースによって表相互関係名がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsDifferentTableCorrelationNames

        boolean supportsDifferentTableCorrelationNames()
                                                throws SQLException
        表相互関係名がサポートされる場合、表の名前と異なる名前であるという制限を付けるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsExpressionsInOrderBy

        boolean supportsExpressionsInOrderBy()
                                      throws SQLException
        このデータベースによって、ORDER BYリスト中で式がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsOrderByUnrelated

        boolean supportsOrderByUnrelated()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって、ORDER BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsGroupBy

        boolean supportsGroupBy()
                         throws SQLException
        このデータベースによって、なんらかの形式のGROUP BY節がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsGroupByUnrelated

        boolean supportsGroupByUnrelated()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって、GROUP BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsGroupByBeyondSelect

        boolean supportsGroupByBeyondSelect()
                                     throws SQLException
        SELECT文中のすべての列がGROUP BY節に含まれるという条件で、このデータベースによって、GROUP BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsLikeEscapeClause

        boolean supportsLikeEscapeClause()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって、LIKEエスケープ節の指定がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsMultipleResultSets

        boolean supportsMultipleResultSets()
                                    throws SQLException
        このデータベースによって、executeメソッドの単一の呼び出しからの複数のResultSetオブジェクトの取得がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsMultipleTransactions

        boolean supportsMultipleTransactions()
                                      throws SQLException
        このデータベースが一度に複数のトランザクションを(異なった接続で)オープンできるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsNonNullableColumns

        boolean supportsNonNullableColumns()
                                    throws SQLException
        このデータベースの列をnullを許さない列として定義できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsMinimumSQLGrammar

        boolean supportsMinimumSQLGrammar()
                                   throws SQLException
        このデータベースによって、ODBC Minimum SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCoreSQLGrammar

        boolean supportsCoreSQLGrammar()
                                throws SQLException
        このデータベースによって、ODBC Core SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsExtendedSQLGrammar

        boolean supportsExtendedSQLGrammar()
                                    throws SQLException
        このデータベースによって、ODBC Extended SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsANSI92EntryLevelSQL

        boolean supportsANSI92EntryLevelSQL()
                                     throws SQLException
        このデータベースによって、ANSI92エントリ・レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsANSI92IntermediateSQL

        boolean supportsANSI92IntermediateSQL()
                                       throws SQLException
        このデータベースによって、ANSI92中間レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsANSI92FullSQL

        boolean supportsANSI92FullSQL()
                               throws SQLException
        このデータベースによって、ANSI92完全レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsIntegrityEnhancementFacility

        boolean supportsIntegrityEnhancementFacility()
                                              throws SQLException
        このデータベースによって、SQL Integrity Enhancement Facilityがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsOuterJoins

        boolean supportsOuterJoins()
                            throws SQLException
        このデータベースによって、外部結合のなんらかの形式がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsFullOuterJoins

        boolean supportsFullOuterJoins()
                                throws SQLException
        このデータベースによって、完全入れ子の外部結合がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsLimitedOuterJoins

        boolean supportsLimitedOuterJoins()
                                   throws SQLException
        このデータベースによって、外部結合に関し、制限されたサポートが提供されるかどうかを取得します (supportsFullOuterJoinsメソッドがtrueを返す場合はtrue)。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getSchemaTerm

        String getSchemaTerm()
                      throws SQLException
        「schema」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
        戻り値:
        「schema」に対するベンダーの用語
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getProcedureTerm

        String getProcedureTerm()
                         throws SQLException
        「procedure」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
        戻り値:
        「procedure」に対するベンダーの用語
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getCatalogTerm

        String getCatalogTerm()
                       throws SQLException
        「catalog」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
        戻り値:
        「catalog」に対するベンダーの用語
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • isCatalogAtStart

        boolean isCatalogAtStart()
                          throws SQLException
        完全指定された表名の開始部分にカタログが現れるかどうかを取得します。 そうでない場合、カタログは終了部分に現れます。
        戻り値:
        完全指定された表名の開始部分にカタログ名に現れる場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getCatalogSeparator

        String getCatalogSeparator()
                            throws SQLException
        このデータベースがカタログ名と表名のセパレータとして使用するStringを取得します。
        戻り値:
        セパレータ文字列
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSchemasInDataManipulation

        boolean supportsSchemasInDataManipulation()
                                           throws SQLException
        データ操作文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSchemasInProcedureCalls

        boolean supportsSchemasInProcedureCalls()
                                         throws SQLException
        プロシージャ呼出し文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSchemasInTableDefinitions

        boolean supportsSchemasInTableDefinitions()
                                           throws SQLException
        表定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSchemasInIndexDefinitions

        boolean supportsSchemasInIndexDefinitions()
                                           throws SQLException
        インデックス定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSchemasInPrivilegeDefinitions

        boolean supportsSchemasInPrivilegeDefinitions()
                                               throws SQLException
        特権定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCatalogsInDataManipulation

        boolean supportsCatalogsInDataManipulation()
                                            throws SQLException
        データ操作文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCatalogsInProcedureCalls

        boolean supportsCatalogsInProcedureCalls()
                                          throws SQLException
        プロシージャ呼出し文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCatalogsInTableDefinitions

        boolean supportsCatalogsInTableDefinitions()
                                            throws SQLException
        表定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCatalogsInIndexDefinitions

        boolean supportsCatalogsInIndexDefinitions()
                                            throws SQLException
        インデックス定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCatalogsInPrivilegeDefinitions

        boolean supportsCatalogsInPrivilegeDefinitions()
                                                throws SQLException
        特権定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsPositionedDelete

        boolean supportsPositionedDelete()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって、位置指定されたDELETE文がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsPositionedUpdate

        boolean supportsPositionedUpdate()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって、位置指定されたUPDATE文がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSelectForUpdate

        boolean supportsSelectForUpdate()
                                 throws SQLException
        このデータベースによってSELECT FOR UPDATE文がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsStoredProcedures

        boolean supportsStoredProcedures()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって、ストアド・プロシージャ・エスケープ構文を使用するストアド・プロシージャ・コールがサポートされるかどうかを判定します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSubqueriesInComparisons

        boolean supportsSubqueriesInComparisons()
                                         throws SQLException
        このデータベースによって、比較式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSubqueriesInExists

        boolean supportsSubqueriesInExists()
                                    throws SQLException
        このデータベースによって、EXISTS式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSubqueriesInIns

        boolean supportsSubqueriesInIns()
                                 throws SQLException
        このデータベースによって、IN式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsSubqueriesInQuantifieds

        boolean supportsSubqueriesInQuantifieds()
                                         throws SQLException
        このデータベースによって、定量化された式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsCorrelatedSubqueries

        boolean supportsCorrelatedSubqueries()
                                      throws SQLException
        このデータベースによって相関サブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsUnion

        boolean supportsUnion()
                       throws SQLException
        このデータベースによってSQL UNIONがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsUnionAll

        boolean supportsUnionAll()
                          throws SQLException
        このデータベースによってSQL UNION ALLがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsOpenCursorsAcrossCommit

        boolean supportsOpenCursorsAcrossCommit()
                                         throws SQLException
        このデータベースによって、コミット間でカーソルがオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        カーソルが常にオープンされた状態の場合はtrue、オープンされた状態ではない可能性がある場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsOpenCursorsAcrossRollback

        boolean supportsOpenCursorsAcrossRollback()
                                           throws SQLException
        このデータベースによって、ロールバック間でカーソルがオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        カーソルが常にオープンされた状態の場合はtrue、オープンされた状態ではない可能性がある場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsOpenStatementsAcrossCommit

        boolean supportsOpenStatementsAcrossCommit()
                                            throws SQLException
        このデータベースによって、コミット間で文がオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        文が常にオープンされた状態の場合はtrue、オープンされた状態ではない可能性がある場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsOpenStatementsAcrossRollback

        boolean supportsOpenStatementsAcrossRollback()
                                              throws SQLException
        このデータベースによって、ロールバック間で文がオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        文が常にオープンされた状態の場合はtrue、オープンされた状態ではない可能性がある場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxBinaryLiteralLength

        int getMaxBinaryLiteralLength()
                               throws SQLException
        このデータベースで、インライン・バイナリ・リテラル中に入れられる16進数の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        16進数文字のバイナリ・リテラルの最大長。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxCharLiteralLength

        int getMaxCharLiteralLength()
                             throws SQLException
        このデータベースでの、キャラクタ・リテラルの最大文字数を取得します。
        戻り値:
        キャラクタ・リテラルに許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxColumnNameLength

        int getMaxColumnNameLength()
                            throws SQLException
        このデータベースでの、列名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        列名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxColumnsInGroupBy

        int getMaxColumnsInGroupBy()
                            throws SQLException
        このデータベースでの、GROUP BY節中の列数の最大値を取得します。
        戻り値:
        許可される列の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxColumnsInIndex

        int getMaxColumnsInIndex()
                          throws SQLException
        このデータベースでの、インデックス中の列数の最大値を取得します。
        戻り値:
        許可される列の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxColumnsInOrderBy

        int getMaxColumnsInOrderBy()
                            throws SQLException
        このデータベースでの、ORDER BY節中の列数の最大値を取得します。
        戻り値:
        許可される列の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxColumnsInSelect

        int getMaxColumnsInSelect()
                           throws SQLException
        このデータベースでの、SELECTリスト中の列数の最大値を取得します。
        戻り値:
        許可される列の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxColumnsInTable

        int getMaxColumnsInTable()
                          throws SQLException
        このデータベースでの、表中の列数の最大値を取得します。
        戻り値:
        許可される列の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxConnections

        int getMaxConnections()
                       throws SQLException
        このデータベースに対して可能な並行接続の最大数を取得します。
        戻り値:
        一度に可能なアクティブな接続の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxCursorNameLength

        int getMaxCursorNameLength()
                            throws SQLException
        このデータベースでの、カーソル名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        カーソル名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxIndexLength

        int getMaxIndexLength()
                       throws SQLException
        このデータベースでの、インデックスの全部分を含む、インデックスの最大バイト数を取得します。
        戻り値:
        許可されるインデックスの最大バイト長。この制限はインデックスの全構成部分の合成を含む。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxSchemaNameLength

        int getMaxSchemaNameLength()
                            throws SQLException
        このデータベースでの、スキーマ名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        スキーマ名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxProcedureNameLength

        int getMaxProcedureNameLength()
                               throws SQLException
        このデータベースでの、プロシージャ名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        プロシージャ名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxCatalogNameLength

        int getMaxCatalogNameLength()
                             throws SQLException
        このデータベースでの、カタログ名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        カタログ名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxRowSize

        int getMaxRowSize()
                   throws SQLException
        このデータベースでの、1行の最大バイト数を取得します。
        戻り値:
        行に許可される最大バイト数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • doesMaxRowSizeIncludeBlobs

        boolean doesMaxRowSizeIncludeBlobs()
                                    throws SQLException
        getMaxRowSizeメソッドの戻り値がSQLデータ型のLONGVARCHARおよびLONGVARBINARYを含むかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxStatementLength

        int getMaxStatementLength()
                           throws SQLException
        このデータベースでの、SQL文の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        SQL文に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxStatements

        int getMaxStatements()
                      throws SQLException
        このデータベースの同時にオープンできるアクティブな文の最大数を取得します。
        戻り値:
        一度にオープンできる文の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxTableNameLength

        int getMaxTableNameLength()
                           throws SQLException
        このデータベースでの、表名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        表名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxTablesInSelect

        int getMaxTablesInSelect()
                          throws SQLException
        このデータベースでの、SELECT文の最大表数を取得します。
        戻り値:
        SELECT文で許可される表の最大数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getMaxUserNameLength

        int getMaxUserNameLength()
                          throws SQLException
        このデータベースでの、ユーザー名の最大文字数を取得します。
        戻り値:
        ユーザー名に許可される最大文字数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getDefaultTransactionIsolation

        int getDefaultTransactionIsolation()
                                    throws SQLException
        このデータベースのデフォルトのトランザクション遮断レベルを取得します。 取り得る値は、java.sql.Connectionで定義されています。
        戻り値:
        デフォルトの遮断レベル
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        Connection
      • supportsTransactions

        boolean supportsTransactions()
                              throws SQLException
        このデータベースによってトランザクションがサポートされるかどうかを取得します。 サポートされない場合、commitメソッドを呼び出しても操作なし(noop)で、遮断レベルはTRANSACTION_NONEです。
        戻り値:
        トランザクションがサポートされている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsTransactionIsolationLevel

        boolean supportsTransactionIsolationLevel​(int level)
                                           throws SQLException
        このデータベースが、指定されたトランザクション遮断レベルをサポートするかどうかを取得します。
        パラメータ:
        level - java.sql.Connectionで定義されるトランザクション遮断レベルのうちの1つ
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        Connection
      • supportsDataDefinitionAndDataManipulationTransactions

        boolean supportsDataDefinitionAndDataManipulationTransactions()
                                                               throws SQLException
        このデータベースによって、トランザクションで、データ定義文とデータ操作文の両方がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsDataManipulationTransactionsOnly

        boolean supportsDataManipulationTransactionsOnly()
                                                  throws SQLException
        このデータベースによって、トランザクションでデータ操作文だけがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • dataDefinitionCausesTransactionCommit

        boolean dataDefinitionCausesTransactionCommit()
                                               throws SQLException
        トランザクションのデータ定義文が、トランザクションを強制的にコミットさせるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • dataDefinitionIgnoredInTransactions

        boolean dataDefinitionIgnoredInTransactions()
                                             throws SQLException
        このデータベースによって、トランザクションでデータ定義文が無視されるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getProcedures

        ResultSet getProcedures​(String catalog,
                                String schemaPattern,
                                String procedureNamePattern)
                         throws SQLException
        指定されたカタログで使用可能なストアド・プロシージャに関する記述を取得します。

        スキーマとプロシージャ名の条件に一致するプロシージャの記述だけが返されます。 それらは、PROCEDURE_CATPROCEDURE_SCHEMPROCEDURE_NAME、およびSPECIFIC_NAMEによって順序付けられます。

        各プロシージャの説明には、次の列があります:

        1. PROCEDURE_CAT String =>プロシージャ・カタログ(nullの可能性がある)
        2. PROCEDURE_SCHEM String =>プロシージャ・スキーマ(nullの可能性がある)
        3. PROCEDURE_NAME String =>プロシージャ名
        4. 将来使用するための予約
        5. 将来使用するための予約
        6. 将来使用するための予約
        7. REMARKS String =>プロシージャの説明
        8. PROCEDURE_TYPE short =>プロシージャの種類:
          • procedureResultUnknown - 戻り値が返されるかどうかを判断できない
          • procedureNoResult - 戻り値を返さない
          • procedureReturnsResult - 戻り値を返す
        9. SPECIFIC_NAME String =>このプロシージャをそのスキーマ内で一意に識別する名前。

        ユーザーにgetProceduresによって返される任意のプロシージャを実行するためのアクセス権がない場合があります。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        procedureNamePattern - プロシージャ名パターン。データベースに格納されたプロシージャ名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行はプロシージャの説明
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getProcedureColumns

        ResultSet getProcedureColumns​(String catalog,
                                      String schemaPattern,
                                      String procedureNamePattern,
                                      String columnNamePattern)
                               throws SQLException
        指定されたカタログのストアド・プロシージャ・パラメータと結果列に関する記述を取得します。

        スキーマ名、プロシージャ名、およびパラメータ名の条件に一致する記述だけが返されます。 それらは、PROCEDURE_CAT、PROCEDURE_SCHEM、PROCEDURE_NAME、およびSPECIFIC_NAMEによって順序付けられます。 この記述内では、戻り値がある場合は、戻り値が最初になります。 その次は、呼出しの順序によるパラメータの記述です。 そして、列番号順での列の記述が続きます。

        ResultSet中の各行には、次のフィールドを持ったパラメータの記述や列の記述があります。

        1. PROCEDURE_CAT String =>プロシージャ・カタログ(nullの可能性がある)
        2. PROCEDURE_SCHEM String =>プロシージャ・スキーマ(nullの可能性がある)
        3. PROCEDURE_NAME String =>プロシージャ名
        4. COLUMN_NAME String =>列/パラメータ名
        5. COLUMN_TYPE Short =>列/パラメータの種類:
          • procedureColumnUnknown - 不明
          • procedureColumnIn - INパラメータ
          • procedureColumnInOut - INOUTパラメータ
          • procedureColumnOut - OUTパラメータ
          • procedureColumnReturn - プロシージャ戻り値
          • procedureColumnResult -ResultSetの結果列
        6. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLの型
        7. TYPE_NAME String => SQLの型名。UDTの型の場合、型名は完全指定
        8. PRECISION int =>精度
        9. LENGTH int =>データのバイト長
        10. SCALE short =>スケール - SCALEが適用できないデータ型の場合、nullが返される。
        11. RADIX short =>基数
        12. NULLABLE short => NULLを含めることができるか。
          • procedureNoNulls - NULL値を許さない
          • procedureNullable - NULL値を許す
          • procedureNullableUnknown - NULL値を許すかどうかは不明
        13. REMARKS String =>パラメータ/列を記述するコメント
        14. COLUMN_DEF String =>列のデフォルト値。単一引用符で囲まれた値は、文字列として解釈する必要がある(nullの可能性がある)
          • 文字列NULL (引用符で囲まない) - NULLがデフォルト値として指定された場合
          • TRUNCATE (引用符で囲まない) - 切り詰めないと指定されたデフォルト値を表現できない場合
          • NULL - デフォルト値が指定されなかった場合
        15. SQL_DATA_TYPE int =>将来使用するための予約
        16. SQL_DATETIME_SUB int =>将来使用するための予約
        17. CHAR_OCTET_LENGTH int =>バイナリと文字ベースの列の最大長。 その他のデータ型の戻り値はNULL
        18. ORDINAL_POSITION int =>プロシージャの入力および出力パラメータの1から始まる順番。 この行がプロシージャの戻り値を記述する場合は、値0が返される。 結果セットの列の場合は、結果セットの列の1から始まる順番。 結果セットが複数ある場合は、列の順番は実装で定義される。
        19. IS_NULLABLE String =>列でNULL値を許可するかどうかの判断にISOルールが使用される。
          • YES --- 列がNULLを許可する場合
          • NO --- 列がNULLを許可しない場合
          • 空の文字列 --- 列がNULL値を許可するかどうか不明である場合
        20. SPECIFIC_NAME String =>このプロシージャをそのスキーマ内で一意に識別する名前。

        注: データベースによっては、プロシージャの列の記述を返さないものがあります。

        PRECISION列は、その列に指定された列のサイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        procedureNamePattern - プロシージャ名パターン。データベースに格納されたプロシージャ名と一致しなければならない
        columnNamePattern - 列名パターン。データベースに格納された列名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行はストアド・プロシージャ・パラメータまたは列を記述する
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getTables

        ResultSet getTables​(String catalog,
                            String schemaPattern,
                            String tableNamePattern,
                            String[] types)
                     throws SQLException
        指定されたカタログで使用可能な表に関する記述を取得します。 カタログ、スキーマ、表名およびタイプの条件に一致する表の記述だけが返されます。 それらは、TABLE_TYPETABLE_CATTABLE_SCHEM、およびTABLE_NAMEによって順序付けられます。

        各表の記述には次の列があります。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. TABLE_TYPE String =>表のタイプ。 典型的なタイプは、「TABLE」、「VIEW」、「SYSTEM TABLE」、「GLOBAL TEMPORARY」、「LOCAL TEMPORARY」、「ALIAS」、「SYNONYM」である
        5. REMARKS 文字列=>表の説明コメント(null)
        6. TYPE_CAT String =>タイプのカタログ(nullの可能性がある)
        7. TYPE_SCHEM String =>タイプのスキーマ(nullの可能性がある)
        8. TYPE_NAME String =>タイプ名(nullの可能性がある)
        9. SELF_REFERENCING_COL_NAME String =>タイプ指定された表の指定された「識別子」列の名前(nullの可能性がある)
        10. REF_GENERATION String => SELF_REFERENCING_COL_NAMEの値の作成方法を指定する。 値は、「SYSTEM」、「USER」、「DERIVED」(nullの可能性がある)

        注: データベースによっては、すべての表に関する情報を返さないものがあります。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        tableNamePattern - 表名パターン。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        types - 組み込む表タイプのリスト(getTableTypes()で返される表タイプのリストに基づかなければならない)。nullはすべてのタイプを返す
        戻り値:
        ResultSet - 各行は表の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getSchemas

        ResultSet getSchemas()
                      throws SQLException
        このデータベースで使用可能なスキーマ名を取得します。 結果は、TABLE_CATALOGTABLE_SCHEMによって順序付けられます。

        スキーマ列は次のようになります。

        1. TABLE_SCHEM String =>スキーマ名
        2. TABLE_CATALOG String =>カタログ名(nullの可能性がある)

        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行はスキーマの記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getCatalogs

        ResultSet getCatalogs()
                       throws SQLException
        このデータベースで使用可能なカタログ名を取得します。 結果はカタログ名によって順序付けられます。

        カタログ列は次のようになります。

        1. TABLE_CAT String =>カタログ名

        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は、カタログ名である単一のStringの列を持つ
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getTableTypes

        ResultSet getTableTypes()
                         throws SQLException
        このデータベースで使用可能な表のタイプを取得します。 結果は表のタイプによって順序付けられます。

        表のタイプは次のようになります。

        1. TABLE_TYPE String =>表のタイプ。 典型的なタイプは、「TABLE」、「VIEW」、「SYSTEM TABLE」、「GLOBAL TEMPORARY」、「LOCAL TEMPORARY」、「ALIAS」、「SYNONYM」である

        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は、表のタイプである単一のStringの列を持つ
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getColumns

        ResultSet getColumns​(String catalog,
                             String schemaPattern,
                             String tableNamePattern,
                             String columnNamePattern)
                      throws SQLException
        指定されたカタログで使用可能な表列の記述を取得します。

        カタログ、スキーマ、表名、および列名の条件に一致する列の記述だけが返されます。 それらは、TABLE_CATTABLE_SCHEMTABLE_NAME、およびORDINAL_POSITIONによって順序付けられます。

        各列の説明を次にします。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. COLUMN_NAME String =>列名
        5. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLの型
        6. TYPE_NAME String =>データ・ソース依存の型名。UDTの場合、型名は完全指定
        7. COLUMN_SIZE int =>列サイズ。
        8. BUFFER_LENGTH - 未使用。
        9. DECIMAL_DIGITS int =>小数点以下の桁数。 DECIMAL_DIGITSが適用できないデータ型の場合は、Nullが返される。
        10. NUM_PREC_RADIX int =>基数(通常は、10または2のどちらか)
        11. NULLABLE int => NULLが許されるか。
          • columnNoNulls - NULL値を許さない可能性がある
          • columnNullable - 必ずNULL値を許す
          • columnNullableUnknown - NULL値を許すかどうかは不明
        12. REMARKS String =>列を記述するコメント(nullの可能性がある)
        13. COLUMN_DEF String =>列のデフォルト値。単一引用符で囲まれた値は、文字列として解釈する必要がある(nullの可能性がある)
        14. SQL_DATA_TYPE int =>未使用
        15. SQL_DATETIME_SUB int =>未使用
        16. CHAR_OCTET_LENGTH int => charの型については列の最大バイト数
        17. ORDINAL_POSITION int =>表中の列のインデックス(1から始まる)
        18. IS_NULLABLE String =>列でNULL値を許可するかどうかの判断にISOルールが使用される。
          • YES --- 列がNULLを許可する場合
          • NO --- 列がNULLを許可しない場合
          • 空の文字列 --- 列がNULL値を許可するかどうか不明である場合
        19. SCOPE_CATALOG String =>参照属性のスコープである表のカタログ(DATA_TYPEがREFでない場合はnull)
        20. SCOPE_SCHEMA String =>参照属性のスコープである表のスキーマ(DATA_TYPEがREFでない場合はnull)
        21. SCOPE_TABLE String =>参照属性のスコープである表名(DATA_TYPEがREFでない場合はnull)
        22. SOURCE_DATA_TYPE short =>個別の型またはユーザー生成Ref型のソースの型、java.sql.TypesのSQL型(DATA_TYPEがDISTINCTまたはユーザー生成REFでない場合はnull)
        23. IS_AUTOINCREMENT String =>この列が自動インクリメントされるかどうかを示す
          • YES --- 列が自動インクリメントされる場合
          • NO --- 列が自動インクリメントされない場合
          • 空の文字列 --- 列が自動インクリメントされるかどうかが判断できない場合
        24. IS_GENERATEDCOLUMN String =>これが生成された列かどうかを示す
          • YES --- これが生成された列である場合
          • NO --- これが生成された列でない場合
          • 空の文字列 --- これが生成された列かどうかが判断できない場合

        COLUMN_SIZE列はその列の列サイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        tableNamePattern - 表名パターン。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        columnNamePattern - 列名パターン。データベースに格納された列名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getColumnPrivileges

        ResultSet getColumnPrivileges​(String catalog,
                                      String schema,
                                      String table,
                                      String columnNamePattern)
                               throws SQLException
        表の列へのアクセス権に関する記述を取得します。

        列名の条件に一致する特権だけが返されます。 それらは、COLUMN_NAMEとPRIVILEGEによって順序付けられます。

        各特権の記述には次の列があります。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. COLUMN_NAME String =>列名
        5. GRANTOR String =>アクセス権の付与者(nullの可能性がある)
        6. GRANTEE String =>アクセス権の被付与者
        7. PRIVILEGE 文字列=>アクセス名(SELECT、INSERT、UPDATE、REFERENCES、...)
        8. IS_GRANTABLE String =>被付与者が他のユーザーに付与することが許されている場合はYES、そうでない場合はNO、不明の場合はnull

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        columnNamePattern - 列名パターン。データベースに格納された列名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は列特権についての記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getTablePrivileges

        ResultSet getTablePrivileges​(String catalog,
                                     String schemaPattern,
                                     String tableNamePattern)
                              throws SQLException
        カタログで使用可能な各表に対するアクセス権に関する記述を取得します。 表の特権は、表中の1つ以上の列に適用されることに注意してください。 この特権がすべての列に適用されると仮定すると誤りになることがあります(これは、一部のシステムについて当てはまる)。

        スキーマ名、表名の条件に一致する特権だけが返されます。 それらは、TABLE_CATTABLE_SCHEMTABLE_NAME、およびPRIVILEGEによって順序付けられます。

        各特権の記述には次の列があります。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. GRANTOR String =>アクセス権の付与者(nullの可能性がある)
        5. GRANTEE String =>アクセス権の被付与者
        6. PRIVILEGE 文字列=>アクセス名(SELECT、INSERT、UPDATE、REFERENCES、...)
        7. IS_GRANTABLE String =>被付与者が他のユーザーに付与することが許されている場合はYES、そうでない場合はNO、不明の場合はnull

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        tableNamePattern - 表名パターン。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は表特権についての記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getBestRowIdentifier

        ResultSet getBestRowIdentifier​(String catalog,
                                       String schema,
                                       String table,
                                       int scope,
                                       boolean nullable)
                                throws SQLException
        行を一意に識別する表の最適な列セットに関する記述を取得します。 それらは、SCOPEによって順序付けられます。

        各列の説明を次にします。

        1. SCOPE short =>結果の実際のスケール
          • bestRowTemporary - 行は一時的に使用中
          • bestRowTransaction - 現在のトランザクションの残りの部分に有効
          • bestRowSession - 現在のセッションの残りの部分に有効
        2. COLUMN_NAME String =>列名
        3. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLデータ型
        4. TYPE_NAME String =>データ・ソース依存の型名。UDTの場合、型名は完全指定
        5. COLUMN_SIZE int =>精度
        6. BUFFER_LENGTH int =>未使用
        7. DECIMAL_DIGITS short =>スケール - DECIMAL_DIGITSが適用できないデータ型の場合、Nullが返される。
        8. PSEUDO_COLUMN short => Oracle ROWIDのような擬似列か
          • bestRowUnknown - 擬似列であるか、またはそうでない可能性がある
          • bestRowNotPseudo - 擬似列ではない
          • bestRowPseudo - 擬似列である

        COLUMN_SIZE列はその列に指定された列のサイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        scope - 対象のスケール。SCOPEと同じ値を使用する
        nullable - null値を許す列を含む。
        戻り値:
        ResultSet - 各行は列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getVersionColumns

        ResultSet getVersionColumns​(String catalog,
                                    String schema,
                                    String table)
                             throws SQLException
        行の任意の値が変更された場合に、自動的に更新される表の列に関する記述を取得します。 順序付けは行われません。

        各列の説明を次にします。

        1. SCOPE short =>未使用
        2. COLUMN_NAME String =>列名
        3. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLデータ型
        4. TYPE_NAME String =>データ・ソース依存の型名
        5. COLUMN_SIZE int =>精度
        6. BUFFER_LENGTH int =>列値のバイト長
        7. DECIMAL_DIGITS short =>スケール - DECIMAL_DIGITSが適用できないデータ型の場合、Nullが返される。
        8. PSEUDO_COLUMN short => Oracle ROWIDのような擬似列かどうか
          • versionColumnUnknown - 擬似列であるか、またはそうでない可能性がある
          • versionColumnNotPseudo - 擬似列ではない
          • versionColumnPseudo - 擬似列である

        COLUMN_SIZE列はその列に指定された列のサイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getPrimaryKeys

        ResultSet getPrimaryKeys​(String catalog,
                                 String schema,
                                 String table)
                          throws SQLException
        指定された表の主キー列の記述を取得します。 それらは、COLUMN_NAMEによって順序付けられます。

        各主キー列の記述には、次の列があります。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. COLUMN_NAME String =>列名
        5. KEY_SEQ short =>主キー内の連番(値1は主キーの最初の列、値2は主キーの2番目の列を表す)。
        6. PK_NAME String =>主キー名(nullの可能性がある)

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は主キー列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getImportedKeys

        ResultSet getImportedKeys​(String catalog,
                                  String schema,
                                  String table)
                           throws SQLException
        その表の外部キー列(表によってインポートされる主キー)を参照する主キー列に関する記述を取得します。 それらは、PKTABLE_CAT、PKTABLE_SCHEM、PKTABLE_NAME、KEY_SEQによって順序付けられます。

        各主キー列の記述には、次の列があります。

        1. PKTABLE_CAT String =>インポート中の主キー表カタログ(nullの可能性がある)
        2. PKTABLE_SCHEM String =>インポート中の主キー表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. PKTABLE_NAME String =>インポート中の主キー表名
        4. PKCOLUMN_NAME String =>インポート中の主キー列名
        5. FKTABLE_CAT String =>外部キー表カタログ(nullの可能性がある)
        6. FKTABLE_SCHEM String =>外部キー表スキーマ(nullの可能性がある)
        7. FKTABLE_NAME String =>外部キー表名
        8. FKCOLUMN_NAME String =>外部キー列名
        9. KEY_SEQ short =>外部キー内の連番(値1は外部キーの最初の列、値2は外部キーの2番目の列を表す)。
        10. UPDATE_RULE short =>主キーが更新されるときに、外部キーに起こる内容は次のとおりである。
          • importedNoAction - 主キーがインポートされたら、更新できない
          • importedKeyCascade - 主キーの更新に合致するように、インポートされたキーを変更する
          • importedKeySetNull - インポートされたキーの主キーが更新されたら、NULLに変更する
          • importedKeySetDefault - インポートされたキーの主キーが更新されたら、デフォルト値に変更する
          • importedKeyRestrict - importedKeyNoActionと同じ(ODBC 2.xとの互換性のため)
        11. DELETE_RULE short =>主キーが削除されると、外部キーに起こる内容は次のとおりである。
          • importedKeyNoAction - 主キーがインポートされたら、削除できない
          • importedKeyCascade - 削除されたキーをインポートする行を、削除する
          • importedKeySetNull - インポートされたキーの主キーが削除されたら、NULLに変更する
          • importedKeyRestrict - importedKeyNoActionと同じ(ODBC 2.xとの互換性のため)
          • importedKeySetDefault - インポートされたキーの主キーが削除されたら、デフォルト値に変更する
        12. FK_NAME String =>外部キー名(nullの可能性がある)
        13. PK_NAME String =>主キー名(nullの可能性がある)
        14. DEFERRABILITY short =>外部キーの制限の評価はコミットまで延期できる
          • importedKeyInitiallyDeferred - 定義についてはSQL92を参照
          • importedKeyInitiallyImmediate - 定義についてはSQL92を参照
          • importedKeyNotDeferrable - 定義についてはSQL92を参照

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は主キー列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getExportedKeys(java.lang.String, java.lang.String, java.lang.String)
      • getExportedKeys

        ResultSet getExportedKeys​(String catalog,
                                  String schema,
                                  String table)
                           throws SQLException
        指定された表の主キー列(表によってエクスポートされた外部キー)を参照する外部キー列に関する記述を取得します。 それらは、FKTABLE_CAT、FKTABLE_SCHEM、FKTABLE_NAME、KEY_SEQによって順序付けられます。

        各外部キー列に関する記述には、次の列があります。

        1. PKTABLE_CAT String =>主キー表カタログ(nullの可能性がある)
        2. PKTABLE_SCHEM String =>主キー表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. PKTABLE_NAME String =>主キー表名
        4. PKCOLUMN_NAME String =>主キー列名
        5. FKTABLE_CAT String =>エクスポート中(nullの可能性がある)の外部キー表カタログ(nullの可能性がある)
        6. FKTABLE_SCHEM String =>エクスポート中(nullの可能性がある)の外部キー表スキーマ(nullの可能性がある)
        7. FKTABLE_NAME String =>エクスポート中の外部キー表名
        8. FKCOLUMN_NAME String =>エクスポート中の外部キー列名
        9. KEY_SEQ short =>外部キー内の連番(値1は外部キーの最初の列、値2は外部キーの2番目の列を表す)。
        10. UPDATE_RULE short =>主キーが更新されるときに、外部キーに起こる内容は次のとおりである。
          • importedNoAction - 主キーがインポートされたら、更新できない
          • importedKeyCascade - 主キーの更新に合致するように、インポートされたキーを変更する
          • importedKeySetNull - インポートされたキーの主キーが更新されたら、NULLに変更する
          • importedKeySetDefault - インポートされたキーの主キーが更新されたら、デフォルト値に変更する
          • importedKeyRestrict - importedKeyNoActionと同じ(ODBC 2.xとの互換性のため)
        11. DELETE_RULE short =>主キーが削除されると、外部キーに起こる内容は次のとおりである。
          • importedKeyNoAction - 主キーがインポートされたら、削除できない
          • importedKeyCascade - 削除されたキーをインポートする行を、削除する
          • importedKeySetNull - インポートされたキーの主キーが削除されたら、NULLに変更する
          • importedKeyRestrict - importedKeyNoActionと同じ(ODBC 2.xとの互換性のため)
          • importedKeySetDefault - インポートされたキーの主キーが削除されたら、デフォルト値に変更する
        12. FK_NAME String =>外部キー名(nullの可能性がある)
        13. PK_NAME String =>主キー名(nullの可能性がある)
        14. DEFERRABILITY short =>外部キーの制限の評価はコミットまで延期できる
          • importedKeyInitiallyDeferred - 定義についてはSQL92を参照
          • importedKeyInitiallyImmediate - 定義についてはSQL92を参照
          • importedKeyNotDeferrable - 定義についてはSQL92を参照

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。このデータベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。このデータベースに格納された表名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は外部キー列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getImportedKeys(java.lang.String, java.lang.String, java.lang.String)
      • getCrossReference

        ResultSet getCrossReference​(String parentCatalog,
                                    String parentSchema,
                                    String parentTable,
                                    String foreignCatalog,
                                    String foreignSchema,
                                    String foreignTable)
                             throws SQLException
        主キー、または親表の一意性制約を表す列を参照する指定された外部のキー表中の外部キー列に関する記述を取得します(親表は同じ表または異なる表)。 親表から返される列数は、外部キーを構成する列数と一致する必要があります。 それらは、FKTABLE_CAT、FKTABLE_SCHEM、FKTABLE_NAME、KEY_SEQによって順序付けられます。

        各外部キー列に関する記述には、次の列があります。

        1. PKTABLE_CAT String =>親キー表カタログ(nullの可能性がある)
        2. PKTABLE_SCHEM String =>親キー表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. PKTABLE_NAME String =>親キー表名
        4. PKCOLUMN_NAME String =>親キー列名
        5. FKTABLE_CAT String =>エクスポート中(nullの可能性がある)の外部キー表カタログ(nullの可能性がある)
        6. FKTABLE_SCHEM String =>エクスポート中(nullの可能性がある)の外部キー表スキーマ(nullの可能性がある)
        7. FKTABLE_NAME String =>エクスポート中の外部キー表名
        8. FKCOLUMN_NAME String =>エクスポート中の外部キー列名
        9. KEY_SEQ short =>外部キー内の連番(値1は外部キーの最初の列、値2は外部キーの2番目の列を表す)。
        10. UPDATE_RULE short =>親キーが更新されるときに、外部キーに起こる内容は次のとおりである。
          • importedNoAction - 親キーがインポートされたら、更新できない
          • importedKeyCascade - 親キーの更新に合致するように、インポートされたキーを変更する
          • importedKeySetNull - インポートされたキーの親キーが更新されたら、NULLに変更する
          • importedKeySetDefault - インポートされたキーの親キーが更新されたら、デフォルト値に変更する
          • importedKeyRestrict - importedKeyNoActionと同じ(ODBC 2.xとの互換性のため)
        11. DELETE_RULE short =>親キーが削除されると、外部キーに起こる内容は次のとおりである。
          • importedKeyNoAction - 親キーがインポートされたら、削除できない
          • importedKeyCascade - 削除されたキーをインポートする行を、削除する
          • importedKeySetNull - インポートされたキーの主キーが削除されたら、NULLに変更する
          • importedKeyRestrict - importedKeyNoActionと同じ(ODBC 2.xとの互換性のため)
          • importedKeySetDefault - インポートされたキーの親キーが削除されたら、デフォルト値に変更する
        12. FK_NAME String =>外部キー名(nullの可能性がある)
        13. PK_NAME String =>親キー名(nullの可能性がある)
        14. DEFERRABILITY short =>外部キーの制限の評価はコミットまで延期できる
          • importedKeyInitiallyDeferred - 定義についてはSQL92を参照
          • importedKeyInitiallyImmediate - 定義についてはSQL92を参照
          • importedKeyNotDeferrable - 定義についてはSQL92を参照

        パラメータ:
        parentCatalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、選択条件からカタログ名を除外することを意味する
        parentSchema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、選択条件からスキーマ名を除外することを意味する
        parentTable - キーをエクスポートする表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        foreignCatalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、選択条件からカタログ名を除外することを意味する
        foreignSchema - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、選択条件からスキーマ名を除外することを意味する
        foreignTable - キーをインポートする表名。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は外部キー列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        関連項目:
        getImportedKeys(java.lang.String, java.lang.String, java.lang.String)
      • getTypeInfo

        ResultSet getTypeInfo()
                       throws SQLException
        このデータベースでサポートされているすべてのデータ型に関する記述を取得します。 それらは、DATA_TYPEによって順序付けされ、ついで、対応するJDBC SQLの型に割り当てるデータの型にどの程度近いかによって順序付けされます。

        データベースがSQLの個別の型をサポートしている場合、getTypeInfo()はTYPE_NAMEがDISTINCTでDATA_TYPEがTypes.DISTINCTである単一の行を返します。 データベースがSQLの構造化型をサポートしている場合、getTypeInfo()はTYPE_NAMEがSTRUCTでDATA_TYPEがTypes.STRUCTである単一の行を返します。

        SQLの個別の型または構造化型がサポートされる場合、個別の型の情報は、getUDTs()メソッドから取得できます。

        各型の記述には次の列があります。

        1. TYPE_NAME String =>型名
        2. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLデータ型
        3. PRECISION int =>最大の精度
        4. LITERAL_PREFIX String =>リテラルを引用するのに使用する接頭辞(nullの可能性がある)
        5. LITERAL_SUFFIX String =>リテラルを引用するのに使用する接尾辞(nullの可能性がある)
        6. CREATE_PARAMS String =>型の作成に使用するパラメータ(nullの可能性がある)
        7. NULLABLE short =>この型にNULLを使用できるか。
          • typeNoNulls - NULL値を許さない
          • typeNullable - NULL値を許す
          • typeNullableUnknown - NULL値を許すかどうかは不明
        8. CASE_SENSITIVE boolean =>大文字小文字を区別するか。
        9. SEARCHABLE short =>このタイプに基づき、WHEREを使用できるか。
          • typePredNone - サポートしない
          • typePredChar - WHERE .. LIKEでだけサポートされる
          • typePredBasic - WHERE .. LIKE以外に対しサポートされる
          • typeSearchable - すべてのWHERE .. でサポートされる
        10. UNSIGNED_ATTRIBUTE boolean =>符号なしか。
        11. FIXED_PREC_SCALE boolean =>通貨の値になれるか。
        12. AUTO_INCREMENT boolean =>自動インクリメントの値に使用できるか。
        13. LOCAL_TYPE_NAME String =>型名のローカライズされたバージョン(nullの可能性がある)
        14. MINIMUM_SCALE short =>サポートされる最小スケール
        15. MAXIMUM_SCALE short =>サポートされる最大スケール
        16. SQL_DATA_TYPE int =>未使用
        17. SQL_DATETIME_SUB int =>未使用
        18. NUM_PREC_RADIX int =>通常は、2または10

        PRECISION列は、指定されたデータ型についてサーバーでサポートする列の最大サイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行はSQLの型の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • getIndexInfo

        ResultSet getIndexInfo​(String catalog,
                               String schema,
                               String table,
                               boolean unique,
                               boolean approximate)
                        throws SQLException
        指定された表のインデックスと統計情報に関する記述を取得します。 それらは、NON_UNIQUE、TYPE、INDEX_NAME、ORDINAL_POSITIONによって順序付けされます。

        各インデックス列の記述には次の列があります。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. NON_UNIQUE boolean =>インデックス値は一意でない値にできるか。TYPEがtableIndexStatisticの場合はfalse
        5. INDEX_QUALIFIER String =>インデックス・カタログ(nullの可能性がある)。TYPEがtableIndexStatisticの場合はnull
        6. INDEX_NAME String =>インデックス名。TYPEがtableIndexStatisticの場合はnull
        7. TYPE short =>インデックス・タイプ:
          • tableIndexStatistic - これは、表の索引の説明と一緒に戻される表の統計を識別
          • tableIndexClustered - クラスタ化されたインデックス
          • tableIndexHashed - ハッシュ化されたインデックス
          • tableIndexOther - インデックスのその他のスタイル
        8. ORDINAL_POSITION short =>インデックス中の列シーケンス。TYPEがtableIndexStatisticの場合は0
        9. COLUMN_NAME String =>列名。TYPEがtableIndexStatisticの場合はnull
        10. ASC_OR_DESC String =>列ソート・シーケンス、A =>昇順、D =>降順、ソート・シーケンスがサポートされていない場合は、nullの可能性がある。TYPEがtableIndexStatisticの場合はnull
        11. CARDINALITY long => TYPEがtableIndexStatisticの場合、表中の行数。そうでない場合は、インデックス中の一意の値の数。
        12. PAGES long => TYPEがtableIndexStatisticの場合、これは表に使用されたページ数です。それ以外の場合は、現在のインデックスに使用されているページ数です。
        13. FILTER_CONDITION String => Filter condition, if any.(nullの可能性がある)

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。このデータベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schema - スキーマ名。このデータベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        table - 表名。このデータベースに格納された表名と一致しなければならない
        unique - trueの場合は、一意の値のインデックスだけを返す。falseの場合は、一意であるかどうかにかかわらずインデックスを返す
        approximate - trueの場合は、結果は概数またはデータ値から外れることもある。falseの場合は、正確であることが要求される
        戻り値:
        ResultSet - 各行はインデックス列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • supportsResultSetType

        boolean supportsResultSetType​(int type)
                               throws SQLException
        このデータベースが、指定された結果セットのタイプをサポートするかどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - 次で定義されている: java.sql.ResultSet
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        Connection
      • supportsResultSetConcurrency

        boolean supportsResultSetConcurrency​(int type,
                                             int concurrency)
                                      throws SQLException
        このデータベースが、指定された結果セットのタイプと与えられた並行処理の種類の組み合わせをサポートするかどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - 次で定義されている: java.sql.ResultSet
        concurrency - java.sql.ResultSetに定義されているタイプ
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        Connection
      • ownUpdatesAreVisible

        boolean ownUpdatesAreVisible​(int type)
                              throws SQLException
        指定されたResultSetオブジェクトについて、結果セット自身の更新が可視かどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプで更新が可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • ownDeletesAreVisible

        boolean ownDeletesAreVisible​(int type)
                              throws SQLException
        結果セット自身の削除が可視かどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプで削除が可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • ownInsertsAreVisible

        boolean ownInsertsAreVisible​(int type)
                              throws SQLException
        結果セット自身の挿入が可視かどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプで挿入が可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • othersUpdatesAreVisible

        boolean othersUpdatesAreVisible​(int type)
                                 throws SQLException
        ほかで行われた更新が可視かどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプでほかで行われた更新が可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • othersDeletesAreVisible

        boolean othersDeletesAreVisible​(int type)
                                 throws SQLException
        ほかで行われた削除が可視かどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプでほかで行われた削除が可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • othersInsertsAreVisible

        boolean othersInsertsAreVisible​(int type)
                                 throws SQLException
        ほかで行われた挿入が可視かどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプでほかで行われた挿入が可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updatesAreDetected

        boolean updatesAreDetected​(int type)
                            throws SQLException
        ResultSet.rowUpdatedメソッドを呼び出すことによって可視の行が更新されたことを検出できるかどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        結果セットのタイプによって変更が検出される場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • deletesAreDetected

        boolean deletesAreDetected​(int type)
                            throws SQLException
        ResultSet.rowDeletedメソッドを呼び出すことによって可視の行が削除されたことを検出できるかどうかを取得します。 deletesAreDetectedメソッドがfalseを返す場合は、削除された行が結果セットから除去されることを意味します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプによって削除が検出される場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • insertsAreDetected

        boolean insertsAreDetected​(int type)
                            throws SQLException
        ResultSet.rowInsertedメソッドを呼び出すことによって可視の行が挿入されたことを検出できるかどうかを取得します。
        パラメータ:
        type - ResultSetのタイプ。ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVEのうちの1つ
        戻り値:
        指定された結果セットのタイプによって変更が検出される場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • supportsBatchUpdates

        boolean supportsBatchUpdates()
                              throws SQLException
        このデータベースによってバッチ更新がサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        このデータベースがバッチ更新をサポートしている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getUDTs

        ResultSet getUDTs​(String catalog,
                          String schemaPattern,
                          String typeNamePattern,
                          int[] types)
                   throws SQLException
        特定のスキーマで定義されているユーザー定義型(UDT)の説明を取得します。 スキーマ固有のUDTは、JAVA_OBJECTSTRUCT、またはDISTINCT型を持つことがあります。

        カタログ、スキーマ、型名、および型条件が一致する型だけが返されます。 それらは、DATA_TYPETYPE_CATTYPE_SCHEM、およびTYPE_NAMEによって順序付けられます。 型名パラメータは完全指定名でもかまいません。 その場合、catalogおよびschemaPatternパラメータは無視されます。

        各型の記述には次の列があります。

        1. TYPE_CAT String =>型のカタログ(nullの可能性がある)
        2. TYPE_SCHEM String =>型のスキーマ(nullの可能性がある)
        3. TYPE_NAME String =>型名
        4. CLASS_NAME String => Javaクラス名
        5. DATA_TYPE int => java.sql.Typesで定義されている型値。 JAVA_OBJECT、STRUCT、またはDISTINCT
        6. REMARKS String =>型に関する説明
        7. BASE_TYPE short => DISTINCT型またはjava.sql.Typesで定義される構造型のSELF_REFERENCING_COLUMNのユーザー生成参照型を実装する型のソースの型の型コード(DATA_TYPEがDISTINCTでないかREFERENCE_GENERATION = USER_DEFINEDのSTRUCTでない場合はnull)

        注: ドライバがUDTをサポートしていない場合は空の結果セットが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ・パターン名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        typeNamePattern - 型名パターン。データベースに格納された型名と一致しなければならない。完全指定名の可能性がある
        types - ユーザー定義型のリスト(JAVA_OBJECT、STRUCT、またはDISTINCT)。nullの場合はすべての型を返す
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行はUDTの記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getConnection

        Connection getConnection()
                          throws SQLException
        このメタデータ・オブジェクトを生成した接続を取得します。
        戻り値:
        このメタデータ・オブジェクトを生成した接続
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • supportsSavepoints

        boolean supportsSavepoints()
                            throws SQLException
        このデータベースによってセーブポイントがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        セーブポイントがサポートされている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • supportsNamedParameters

        boolean supportsNamedParameters()
                                 throws SQLException
        このデータベースによって、呼出し可能文への名前付きパラメータがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        名前付きパラメータがサポートされている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • supportsMultipleOpenResults

        boolean supportsMultipleOpenResults()
                                     throws SQLException
        CallableStatementオブジェクトから複数のResultSetオブジェクトを同時に返すことが可能かどうかを取得します。
        戻り値:
        CallableStatementオブジェクトが複数のResultSetオブジェクトを同時に返すことができる場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • supportsGetGeneratedKeys

        boolean supportsGetGeneratedKeys()
                                  throws SQLException
        文が実行されたあとに自動生成キーを取得できるかどうかを取得します。
        戻り値:
        文が実行されたあとに自動生成キーを取得できる場合はtrue、そうでない場合はfalse

        trueが返される場合、JDBCドライバは、少なくともSQL INSERT文に対して自動生成キーを帰す機能をサポートする必要がある

        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getSuperTypes

        ResultSet getSuperTypes​(String catalog,
                                String schemaPattern,
                                String typeNamePattern)
                         throws SQLException
        このデータベースの特定のスキーマで定義されているユーザー定義型(UDT)階層の説明を取得します。 直接のスーパー・タイプ関係とサブタイプ関係だけがモデル化されます。

        カタログ、スキーマ、および型名が一致するUDTに関するスーパー・タイプの情報だけが返されます。 型名パラメータは完全指定名でもかまいません。 指定されたUDT名が完全指定名の場合、catalogおよびschemaPatternパラメータは無視されます。

        UDTが直接のスーパー・タイプを持たない場合は、ここにはリストされません。 このメソッドによって返されたResultSetオブジェクトの行は指定されたUDTと直接のスーパー・タイプを記述します。 行には次の列があります。

        1. TYPE_CAT String => UDTのカタログ(nullの可能性がある)
        2. TYPE_SCHEM String => UDTのスキーマ(nullの可能性がある)
        3. TYPE_NAME String => UDTの型名
        4. SUPERTYPE_CAT String =>直接のスーパー・タイプのカタログ(nullの可能性がある)
        5. SUPERTYPE_SCHEM String =>直接のスーパー・タイプのスキーマ(nullの可能性がある)
        6. SUPERTYPE_NAME String =>直接のスーパー・タイプ名

        注: ドライバが型の階層をサポートしていない場合は空の結果セットが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。""はカタログなしのものを取得する。nullは、選択条件からカタログ名を除外することを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。""はスキーマなしのものを取得する
        typeNamePattern - UDT名パターン。完全指定名の可能性がある
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。行は指定されたUDTに関する情報
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getSuperTables

        ResultSet getSuperTables​(String catalog,
                                 String schemaPattern,
                                 String tableNamePattern)
                          throws SQLException
        このデータベースの特定のスキーマで定義されている表階層の説明を取得します。

        カタログ、スキーマ、および型名が一致する表に関するスーパー表の情報だけが返されます。 表名パラメータは完全指定名でもかまいません。その場合、catalogおよびschemaPatternパラメータは無視されます。 表がスーパー表を持たない場合は、ここにはリストされません。 スーパー表はサブ表と同じカタログおよびスキーマで定義されなければいけません。 したがって、型の記述はスーパー表に関するこの情報を含む必要はありません。

        各型の記述には次の列があります。

        1. TABLE_CAT String =>型のカタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>型のスキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>型名
        4. SUPERTABLE_NAME String =>直接のスーパー・タイプ名

        注: ドライバが型の階層をサポートしていない場合は空の結果セットが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。""はカタログなしのものを取得する。nullは、選択条件からカタログ名を除外することを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。""はスキーマなしのものを取得する
        tableNamePattern - 表名パターン。完全指定名の可能性がある
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は型の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getAttributes

        ResultSet getAttributes​(String catalog,
                                String schemaPattern,
                                String typeNamePattern,
                                String attributeNamePattern)
                         throws SQLException
        指定されたスキーマおよびカタログで使用可能なユーザー定義の型(UDT)のための指定された型の指定された属性に関する記述を取得します。

        カタログ、スキーマ、型、および属性名の条件に一致するUDTの属性に関する記述だけが返されます。 それらは、TYPE_CATTYPE_SCHEMTYPE_NAME、およびORDINAL_POSITIONによって順序付けられます。 この記述には継承された属性は含まれません。

        返されるResultSetオブジェクトには次の列があります。

        1. TYPE_CAT String =>型のカタログ(nullの可能性がある)
        2. TYPE_SCHEM String =>型のスキーマ(nullの可能性がある)
        3. TYPE_NAME String =>型名
        4. ATTR_NAME String =>属性名
        5. DATA_TYPE int => java.sql.Typesからの属性の型のSQLの型
        6. ATTR_TYPE_NAME String =>データ・ソース依存の型名。 UDTの場合、型名は完全指定。 REFの場合、型名は完全指定され、参照型のターゲットの型を表す
        7. ATTR_SIZE int =>列サイズ。 charやdate型については最大文字数、numericやdecimal型については精度
        8. DECIMAL_DIGITS int =>小数点以下の桁数。 DECIMAL_DIGITSが適用できないデータ型の場合は、Nullが返される。
        9. NUM_PREC_RADIX int =>基数(通常は、10または2のどちらか)
        10. NULLABLE int => NULLが許されるかどうか
          • attributeNoNulls - NULL値を許さない可能性がある
          • attributeNullable - 必ずNULL値を許す
          • attributeNullableUnknown - NULL値を許すかどうかは不明
        11. REMARKS String =>列を記述するコメント(nullの可能性がある)
        12. ATTR_DEF String =>デフォルト値(nullの可能性がある)
        13. SQL_DATA_TYPE int =>未使用
        14. SQL_DATETIME_SUB int =>未使用
        15. CHAR_OCTET_LENGTH int => charの型については列の最大バイト数
        16. ORDINAL_POSITION int => UDT中の属性のインデックス(1から始まる)
        17. IS_NULLABLE String =>属性でNULL値を許可するかどうかの判断にISOルールが使用される。
          • YES --- 属性がNULLを許可する場合
          • NO --- 属性がNULLを許可しない場合
          • 空の文字列 --- 属性がNULL値を許可するかどうか不明である場合
        18. SCOPE_CATALOG String =>参照属性のスコープである表のカタログ(DATA_TYPEがREFでない場合はnull)
        19. SCOPE_SCHEMA String =>参照属性のスコープである表のスキーマ(DATA_TYPEがREFでない場合はnull)
        20. SCOPE_TABLE String =>参照属性のスコープである表名(DATA_TYPEがREFでない場合はnull)
        21. SOURCE_DATA_TYPE short =>個別の型またはユーザー生成Ref型のソースの型、java.sql.TypesのSQL型(DATA_TYPEがDISTINCTまたはユーザー生成REFでない場合はnull)

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        typeNamePattern - 型名パターン。データベースに格納された型名と一致しなければならない
        attributeNamePattern - 属性名パターン。データベースで宣言された属性名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は属性の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • supportsResultSetHoldability

        boolean supportsResultSetHoldability​(int holdability)
                                      throws SQLException
        このデータベースが、指定された結果セットの保持機能をサポートするかどうかを取得します。
        パラメータ:
        holdability - 次のいずれかの定数。ResultSet.HOLD_CURSORS_OVER_COMMITまたはResultSet.CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        Connection
      • getResultSetHoldability

        int getResultSetHoldability()
                             throws SQLException
        このデータベースでのResultSetオブジェクトのデフォルトの保持機能を取得します。
        戻り値:
        デフォルトの保持機能、ResultSet.HOLD_CURSORS_OVER_COMMITまたはResultSet.CLOSE_CURSORS_AT_COMMITのいずれか。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getDatabaseMajorVersion

        int getDatabaseMajorVersion()
                             throws SQLException
        基本となるデータベースのメジャー・バージョン番号を取得します。
        戻り値:
        基本となるデータベースのメジャー・バージョン
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getDatabaseMinorVersion

        int getDatabaseMinorVersion()
                             throws SQLException
        基本となるデータベースのマイナー・バージョン番号を取得します。
        戻り値:
        基本となるデータベースのマイナー・バージョン
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getJDBCMajorVersion

        int getJDBCMajorVersion()
                         throws SQLException
        このドライバのJDBCメジャー・バージョン番号を取得します。
        戻り値:
        JDBCメジャー・バージョン番号
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getJDBCMinorVersion

        int getJDBCMinorVersion()
                         throws SQLException
        このドライバのJDBCマイナー・バージョン番号を取得します。
        戻り値:
        JDBCマイナー・バージョン番号
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getSQLStateType

        int getSQLStateType()
                     throws SQLException
        SQLException.getSQLStateによって返されるSQLSTATEがX/Open (現在はOpen Group)のSQL CLIであるかSQL:2003であるかを示します。
        戻り値:
        SQLSTATEのタイプ。sqlStateXOpenまたはsqlStateSQL
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • locatorsUpdateCopy

        boolean locatorsUpdateCopy()
                            throws SQLException
        LOBへの変更が、コピーに対して行われたのか、LOBに直接行われたのかを示します。
        戻り値:
        変更がLOBのコピーに対して行われた場合はtrue、LOBに直接行われた場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • supportsStatementPooling

        boolean supportsStatementPooling()
                                  throws SQLException
        このデータベースによって文のプールがサポートされるかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getRowIdLifetime

        RowIdLifetime getRowIdLifetime()
                                throws SQLException
        このデータソースがSQL ROWID型をサポートしているかどうか、およびRowIdオブジェクトが有効である有効期間を示します。
        戻り値:
        RowIdの寿命を示すステータス
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getSchemas

        ResultSet getSchemas​(String catalog,
                             String schemaPattern)
                      throws SQLException
        このデータベースで使用可能なスキーマ名を取得します。 結果は、TABLE_CATALOGTABLE_SCHEMによって順序付けられます。

        スキーマ列は次のようになります。

        1. TABLE_SCHEM String =>スキーマ名
        2. TABLE_CATALOG String =>カタログ名(nullの可能性がある)

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する。
        schemaPattern - スキーマ名。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する。
        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行はスキーマの記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • supportsStoredFunctionsUsingCallSyntax

        boolean supportsStoredFunctionsUsingCallSyntax()
                                                throws SQLException
        このデータベースが、ストアド・プロシージャ・エスケープ構文を使用した、ユーザー定義関数またはベンダー関数の呼出しをサポートするかどうかを取得します。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • autoCommitFailureClosesAllResultSets

        boolean autoCommitFailureClosesAllResultSets()
                                              throws SQLException
        autoCommitがtrueの場合に、ResultSetが保持可能であっても、すべてのオープンされたResultSetがクローズされたことをSQLExceptionが示すかどうかを取得します。 自動コミットがtrueの場合にSQLExceptionが発生すると、JDBCドライバの応答がコミット操作であるか、ロールバック操作であるか、またはどちらも行わないかどうかはベンダー固有です。 この違いによる結果は、保持可能なResultSetがクローズされたかどうかにかかわる可能性があります。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getClientInfoProperties

        ResultSet getClientInfoProperties()
                                   throws SQLException
        ドライバがサポートするクライアント情報プロパティのリストを取得します。 結果セットには、次の列が含まれます。
        1. NAME String =>クライアント情報プロパティの名前
        2. MAX_LEN int =>プロパティの値の最大長
        3. DEFAULT_VALUE String =>プロパティのデフォルト値
        4. DESCRIPTION String =>プロパティの記述。 通常、このプロパティがデータベースのどこに格納されているかに関する情報が含まれる。

        ResultSetは、NAME列でソートされます

        戻り値:
        ResultSetオブジェクト。各行は、サポートされるクライアント情報プロパティである
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getFunctions

        ResultSet getFunctions​(String catalog,
                               String schemaPattern,
                               String functionNamePattern)
                        throws SQLException
        指定されたカタログで使用可能なシステム関数およびユーザー関数に関する記述を取得します。

        スキーマと関数名の条件に一致するシステム関数およびユーザー関数の記述だけが返されます。 それらは、FUNCTION_CATFUNCTION_SCHEMFUNCTION_NAME、およびSPECIFIC_NAMEによって順序付けられます。

        各機能の説明には、次の列があります:

        1. FUNCTION_CAT String =>関数のカタログ(nullの可能性がある)
        2. FUNCTION_SCHEM String =>関数のスキーマ(nullの可能性がある)
        3. FUNCTION_NAME String =>関数の名前。 関数を呼び出すために使用される名前である
        4. REMARKS String =>関数に関する説明
        5. FUNCTION_TYPE short =>関数の種類:
          • functionResultUnknown - 戻り値または表が返されるかどうかを判断できない
          • functionNoTable- 表が返されない
          • functionReturnsTable - 表が返される
        6. SPECIFIC_NAME String =>この関数をそのスキーマ内で一意に識別する名前。 ユーザーが指定するか、DBMSで生成される名前であり、たとえばオーバーロード関数ではFUNCTION_NAMEと異なる可能性がある

        ユーザーにgetFunctionsによって返される任意の関数を実行するためのアクセス権がない場合があります

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        functionNamePattern - 関数名パターン。データベースに格納された関数名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は関数の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getFunctionColumns

        ResultSet getFunctionColumns​(String catalog,
                                     String schemaPattern,
                                     String functionNamePattern,
                                     String columnNamePattern)
                              throws SQLException
        指定されたカタログのシステム関数またはユーザー関数のパラメータと返される型に関する記述を取得します。

        スキーマ名、関数名、およびパラメータ名の条件に一致する記述だけが返されます。 それらは、FUNCTION_CATFUNCTION_SCHEMFUNCTION_NAME、およびSPECIFIC_NAMEによって順序付けられます。 この記述内では、戻り値がある場合は、戻り値が最初になります。 その次は、呼出しの順序によるパラメータの記述です。 そして、列番号順での列の記述が続きます。

        ResultSet中の各行には、次のフィールドを持ったパラメータの記述、列の記述、返される型の記述があります。

        1. FUNCTION_CAT String =>関数のカタログ(nullの可能性がある)
        2. FUNCTION_SCHEM String =>関数のスキーマ(nullの可能性がある)
        3. FUNCTION_NAME String =>関数の名前。 関数を呼び出すために使用される名前である
        4. COLUMN_NAME String =>列/パラメータ名
        5. COLUMN_TYPE Short =>列/パラメータの種類:
          • functionColumnUnknown - 不明
          • functionColumnIn - INパラメータ
          • functionColumnInOut - INOUTパラメータ
          • functionColumnOut - OUTパラメータ
          • functionColumnReturn - 関数の戻り値
          • functionColumnResult - パラメータまたは列がResultSetの列であることを示す
        6. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLの型
        7. TYPE_NAME String => SQLの型名。UDTの型の場合、型名は完全指定
        8. PRECISION int =>精度
        9. LENGTH int =>データのバイト長
        10. SCALE short =>スケール - SCALEが適用できないデータ型の場合、nullが返される。
        11. RADIX short =>基数
        12. NULLABLE short => NULLを含めることができるか。
          • functionNoNulls - NULL値を許さない
          • functionNullable - NULL値を許す
          • functionNullableUnknown - NULL値を許すかどうかは不明
        13. REMARKS String =>列/パラメータを記述するコメント
        14. CHAR_OCTET_LENGTH int =>バイナリと文字ベースのパラメータまたは列の最大長。 その他のデータ型の戻り値はNULL
        15. ORDINAL_POSITION int =>入力および出力パラメータの1から始まる順番。 この行が関数の戻り値を記述する場合は、値0が返される。 結果セットの列の場合は、結果セットの列の1から始まる順番。
        16. IS_NULLABLE String =>パラメータまたは列でNULL値を許可するかどうかの判断にISOルールが使用される。
          • YES --- パラメータまたは列がNULLを許可する場合
          • NO --- パラメータまたは列がNULLを許可しない場合
          • 空の文字列 --- パラメータまたは列がNULL値を許可するかどうか不明である場合
        17. SPECIFIC_NAME String =>この関数をそのスキーマ内で一意に識別する名前。 ユーザーが指定するか、DBMSで生成される名前であり、たとえばオーバーロード関数ではFUNCTION_NAMEと異なる可能性がある

        PRECISION列は、そのパラメータまたは列に指定された列のサイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        functionNamePattern - プロシージャ名パターン。データベースに格納された関数名と一致しなければならない
        columnNamePattern - パラメータ名パターン。データベースに格納されたパラメータ名または列名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行はユーザー関数パラメータ、列、または返される型を記述する
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        getSearchStringEscape()
      • getPseudoColumns

        ResultSet getPseudoColumns​(String catalog,
                                   String schemaPattern,
                                   String tableNamePattern,
                                   String columnNamePattern)
                            throws SQLException
        指定されたカタログおよびスキーマ内の特定の表で使用できる擬似列または隠し列の説明を取得します。 擬似列または隠し列は、常に表内に格納されるとは限らず、クエリーのもっとも外側のSELECTリストに指定されていないかぎり、ResultSetに表示されません。 擬似列または隠し列は必ずしも変更できるとは限らない場合があります。 擬似列または隠し列がない場合は、空のResultSetが返されます。

        カタログ、スキーマ、表名、および列名の条件に一致する列の記述だけが返されます。 それらは、TABLE_CATTABLE_SCHEMTABLE_NAME、およびCOLUMN_NAMEによって順序付けられます。

        各列の説明を次にします。

        1. TABLE_CAT String =>表カタログ(nullの可能性がある)
        2. TABLE_SCHEM String =>表スキーマ(nullの可能性がある)
        3. TABLE_NAME String =>表名
        4. COLUMN_NAME String =>列名
        5. DATA_TYPE int => java.sql.TypesからのSQLの型
        6. COLUMN_SIZE int =>列サイズ。
        7. DECIMAL_DIGITS int =>小数点以下の桁数。 DECIMAL_DIGITSが適用できないデータ型の場合は、Nullが返される。
        8. NUM_PREC_RADIX int =>基数(通常は、10または2のどちらか)
        9. COLUMN_USAGE String =>列の許可された使用方法。 返される値は、PseudoColumnUsage.name()によって返される列挙名に対応する
        10. REMARKS String =>列を記述するコメント(nullの可能性がある)
        11. CHAR_OCTET_LENGTH int => charの型については列の最大バイト数
        12. IS_NULLABLE String =>列でNULL値を許可するかどうかの判断にISOルールが使用される。
          • YES --- 列がNULLを許可する場合
          • NO --- 列がNULLを許可しない場合
          • 空の文字列 --- 列がNULL値を許可するかどうか不明である場合

        COLUMN_SIZE列はその列の列サイズを表します。 数値データの場合は、最大精度です。 文字データの場合は、文字数です。 日時データ型の場合は、String表現の文字数です(小数点以下の秒の構成要素の最大許容精度を仮定)。 バイナリ・データの場合は、バイト数です。 ROWIDデータ型の場合は、バイト数です。 列サイズが適用できないデータ型の場合は、Nullが返されます。

        パラメータ:
        catalog - カタログ名。データベースに格納されたカタログ名と一致しなければならない。""はカタログなしのものを取得する。nullは、カタログ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        schemaPattern - スキーマ名パターン。データベースに格納されたスキーマ名と一致しなければならない。""はスキーマなしのものを取得する。nullは、スキーマ名を検索の限定に使用するべきではないことを意味する
        tableNamePattern - 表名パターン。データベースに格納された表名と一致しなければならない
        columnNamePattern - 列名パターン。データベースに格納された列名と一致しなければならない
        戻り値:
        ResultSet - 各行は列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        PseudoColumnUsage
      • generatedKeyAlwaysReturned

        boolean generatedKeyAlwaysReturned()
                                    throws SQLException
        自動生成キーの列を表す指定された列名またはインデックスが有効であり、文が成功した場合に、生成されたキーが常に返されるかどうかを取得します。 返されるキーは自動生成キーの列に基づく場合と基づかない場合があります。 詳細は、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。
        戻り値:
        上記の場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.7
      • getMaxLogicalLobSize

        default long getMaxLogicalLobSize()
                                   throws SQLException
        このデータベースでLOBの論理サイズとして許容される最大バイト数を取得します。

        デフォルト実装は0を返します

        戻り値:
        許可される最大バイト数。0は制限がないか、制限が不明であることを示す
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.8
      • supportsRefCursors

        default boolean supportsRefCursors()
                                    throws SQLException
        このデータベースによってREF CURSORがサポートされるかどうかを取得します。

        デフォルト実装はfalseを返します

        戻り値:
        このデータベースがREF CURSORをサポートしている場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.8
      • supportsSharding

        default boolean supportsSharding()
                                  throws SQLException
        このデータベースがシャーディングをサポートするかどうかを取得します。
        実装要件:
        デフォルト実装はfalseを返します
        戻り値:
        このデータベースがシャーディングをサポートしている場合true; そうでなければfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        9