モジュール java.sql
パッケージ java.sql

インタフェースResultSet

  • すべてのスーパー・インタフェース:
    AutoCloseable, Wrapper
    既知のすべてのサブインタフェース:
    CachedRowSet, FilteredRowSet, JdbcRowSet, JoinRowSet, RowSet, SyncResolver, WebRowSet

    public interface ResultSet
    extends Wrapper, AutoCloseable
    データベースの結果セットを表すデータの表で、通常、データベースに照会する文を実行することによって生成されます。

    ResultSetオブジェクトは、カーソルがデータの現在の行を指し示すよう維持します。 初期状態では、カーソルは最初の行の先頭に配置されます。 nextメソッドにより、カーソルは次の行に移動します。nextは、ResultSetオブジェクトにそれ以上行がない場合にfalseを返すので、whileループに使用して結果セットを反復処理することができます。

    デフォルトのResultSetオブジェクトは更新不可で、カーソルは順方向にのみ進みます。 したがってこのオブジェクトは、最初の行から最後の行へ向かって1回だけ実行できます。 スクロールまたは更新、あるいはその両方が可能なResultSetオブジェクトを生成できます。 conが有効なConnectionオブジェクトである次のコード・フラグメントは、スクロール可能でほかで行われた更新を反映しない結果セット、および更新可能な結果セットの作成方法を示しています。 ほかのオプションについては、ResultSetのフィールドを参照してください。

    
           Statement stmt = con.createStatement(
                                          ResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE,
                                          ResultSet.CONCUR_UPDATABLE);
           ResultSet rs = stmt.executeQuery("SELECT a, b FROM TABLE2");
           // rs will be scrollable, will not show changes made by others,
           // and will be updatable
    
     
    ResultSetインタフェースは、現在の行から列値を取得するgetterメソッド(getBooleangetLongなど)を提供します。 値は、列のインデックス番号か列名のどちらかを使って取得できます。 通常は列インデックスを使用する方が効果的です。 列は1から順に番号付けされます。 移植性を最大限に引き出すため、各行内の結果セットの列は左から右の順に読み込まれ、各行は1回だけ読み込まれるようにします。

    getterメソッドでは、JDBCドライバが基本的なデータをgetterメソッドで指定されたJava型に変換し、適切なJavaの値を返します。 JDBC仕様には、ResultSet getterメソッドで使用可能なSQL型からJava型へのマッピングを示す表があります。

    getterメソッドへの入力として使用される列名では、大文字と小文字は区別されません。 列名でgetterメソッドが呼び出され、複数の列が同じ名前を持つ場合は、最初に一致する列の値が返されます。 列名のオプションは、結果セットで生成されるSQLクエリーで列名が使用される場合に使われるよう設計されています。 クエリーで明示的に命名されない列の場合には、列番号を使用するのがもっともよい方法です。 列名を使用する場合、プログラマは目的の列を一意に指すことを保証するように注意してください。これは、SQL AS節を使用して実現できます。

    JDBC 2.0 API (Java(TM) 2 SDK, Standard Edition, Version 1.2)で、このインタフェースにupdaterメソッドのセットが追加されました。 getterメソッドのパラメータに関するコメントは、updaterメソッドのパラメータにも適用されます。

    updaterメソッドは、次の2つの方法で使用できます。

    1. 現在の行の列値を更新します。 スクロール可能なResultSetオブジェクトでは、カーソルを順方向および逆方向に動かして絶対位置または現在の行との相対的な位置にもっていくことができます。 次のコード・フラグメントは、ResultSetオブジェクトrsの5行目にあるNAME列を更新し、続いてupdateRowメソッドを使用して、rsを取得したデータ・ソース表を更新します。
      
             rs.absolute(5); // moves the cursor to the fifth row of rs
             rs.updateString("NAME", "AINSWORTH"); // updates the
                // NAME column of row 5 to be AINSWORTH
             rs.updateRow(); // updates the row in the data source
      
       
    2. 列値を挿入行に挿入します。 更新可能なResultSetオブジェクトには、このオブジェクトに関連付けられた特殊な行があります。この行は、挿入する行を作成する準備領域の役目をします。 次のコード・フラグメントは、カーソルを挿入行に移動させ、3列の行を作成し、insertRowメソッドを使用してその行をrsおよびデータ・ソース表に挿入します。
      
             rs.moveToInsertRow(); // moves cursor to the insert row
             rs.updateString(1, "AINSWORTH"); // updates the
                // first column of the insert row to be AINSWORTH
             rs.updateInt(2,35); // updates the second column to be 35
             rs.updateBoolean(3, true); // updates the third column to true
             rs.insertRow();
             rs.moveToCurrentRow();
      
       

    ResultSetオブジェクトは、このオブジェクトを生成したStatementオブジェクトが閉じられるとき、再実行されるとき、あるいは一連の複数の結果から次の結果を取り出すために使われるときに、自動的に閉じられます。

    ResultSetオブジェクトの列の数、型、およびプロパティは、ResultSet.getMetaDataメソッドによって返されるResultSetMetaDataオブジェクトで提供されます。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Statement.executeQuery(java.lang.String)Statement.getResultSet()ResultSetMetaData
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static int CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT
      現在のトランザクションがコミットされたときに、この保持機能を持つオープンしているResultSetオブジェクトがクローズすることを示す定数です。
      static int CONCUR_READ_ONLY
      更新できないResultSetオブジェクトの並行処理モードを示す定数です。
      static int CONCUR_UPDATABLE
      更新できるResultSetオブジェクトの並行処理モードを示す定数です。
      static int FETCH_FORWARD
      結果セットの行が順方向に、つまり最初から最後に向かって処理されることを示す定数です。
      static int FETCH_REVERSE
      結果セットの行が逆方向に、つまり最後から最初に向かって処理されることを示す定数です。
      static int FETCH_UNKNOWN
      結果セットの行が処理される順序が不明であることを示す定数です。
      static int HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT
      現在のトランザクションがコミットされたときに、この保持機能を持つオープンしているResultSetオブジェクトがオープンしたままになることを示す定数です。
      static int TYPE_FORWARD_ONLY
      カーソルが順方向にだけ移動するResultSetオブジェクトの型を示す定数です。
      static int TYPE_SCROLL_INSENSITIVE
      スクロール可能だが、通常はResultSetの基になっているデータに対する変更を反映しないResultSetオブジェクトの型を示す定数です。
      static int TYPE_SCROLL_SENSITIVE
      スクロール可能で、通常はResultSetの基になっているデータに対する変更を反映するResultSetオブジェクトの型を示す定数です。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド デフォルト・メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean absolute​(int row)
      カーソルをこのResultSetオブジェクト内の指定された行番号に移動します。
      void afterLast()
      カーソルをこのResultSetオブジェクトの終端、つまり最終行の直後に移動します。
      void beforeFirst()
      カーソルをこのResultSetオブジェクトの先端、つまり先頭行の直前に移動します。
      void cancelRowUpdates()
      このResultSetオブジェクトの現在の行に対して行った更新を取り消します。
      void clearWarnings()
      このResultSetオブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。
      void close()
      自動的にクローズされるときにResultSetオブジェクトのデータベースとJDBCリソースが解放されるのを待つのではなく、ただちにそれらを解放します。
      void deleteRow()
      このResultSetオブジェクトおよび基になるデータベースから、現在の行を削除します。
      int findColumn​(String columnLabel)
      指定されたResultSetの列ラベルをResultSet列インデックスにマッピングします。
      boolean first()
      カーソルをこのResultSetオブジェクト内の先頭行に移動します。
      Array getArray​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取得します。
      Array getArray​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取得します。
      InputStream getAsciiStream​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、ASCII文字のストリームとして取得します。
      InputStream getAsciiStream​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、ASCII文字のストリームとして取得します。
      BigDecimal getBigDecimal​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、完全な精度のjava.math.BigDecimalとして取得します。
      BigDecimal getBigDecimal​(int columnIndex, int scale)
      非推奨。
      getBigDecimal(int columnIndex)またはgetBigDecimal(String columnLabel)を使用します。
      BigDecimal getBigDecimal​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、完全な精度のjava.math.BigDecimalとして取得します。
      BigDecimal getBigDecimal​(String columnLabel, int scale)
      非推奨。
      getBigDecimal(int columnIndex)またはgetBigDecimal(String columnLabel)を使用します。
      InputStream getBinaryStream​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、未解釈のバイトのストリームとして取得します。
      InputStream getBinaryStream​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、未解釈のbyteのストリームとして取得します。
      Blob getBlob​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
      Blob getBlob​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
      boolean getBoolean​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。
      boolean getBoolean​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。
      byte getByte​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
      byte getByte​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
      byte[] getBytes​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyte配列として取得します。
      byte[] getBytes​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyte配列として取得します。
      Reader getCharacterStream​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
      Reader getCharacterStream​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
      Clob getClob​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のClobオブジェクトとして取り出します。
      Clob getClob​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のClobオブジェクトとして取り出します。
      int getConcurrency()
      このResultSetオブジェクトの並行処理モードを取得します。
      String getCursorName()
      このResultSetオブジェクトが使用するSQLカーソルの名前を取得します。
      Date getDate​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
      Date getDate​(int columnIndex, Calendar cal)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
      Date getDate​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
      Date getDate​(String columnLabel, Calendar cal)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
      double getDouble​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
      double getDouble​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
      int getFetchDirection()
      このResultSetオブジェクトのフェッチ方向を取得します。
      int getFetchSize()
      このResultSetオブジェクトのフェッチ・サイズを取得します。
      float getFloat​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
      float getFloat​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
      int getHoldability()
      このResultSetオブジェクトの保持機能を取得します。
      int getInt​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のintとして取得します。
      int getInt​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のintとして取得します。
      long getLong​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
      long getLong​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
      ResultSetMetaData getMetaData()
      このResultSetオブジェクトの列の数、型、およびプロパティを取得します。
      Reader getNCharacterStream​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
      Reader getNCharacterStream​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
      NClob getNClob​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして取り出します。
      NClob getNClob​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして取り出します。
      String getNString​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
      String getNString​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
      Object getObject​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
      <T> T getObject​(int columnIndex, Class<T> type)
      このResultSetオブジェクトの現在の行の指定された列の値を取得し、変換がサポートされている場合には、その列のSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。
      Object getObject​(int columnIndex, Map<String,​Class<?>> map)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
      Object getObject​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
      <T> T getObject​(String columnLabel, Class<T> type)
      このResultSetオブジェクトの現在の行の指定された列の値を取得し、変換がサポートされている場合には、その列のSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。
      Object getObject​(String columnLabel, Map<String,​Class<?>> map)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
      Ref getRef​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
      Ref getRef​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
      int getRow()
      現在の行の番号を取得します。
      RowId getRowId​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
      RowId getRowId​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
      short getShort​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
      short getShort​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
      SQLXML getSQLXML​(int columnIndex)
      このResultSetの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
      SQLXML getSQLXML​(String columnLabel)
      このResultSetの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
      Statement getStatement()
      このResultSetオブジェクトを生成したStatementオブジェクトを取得します。
      String getString​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
      String getString​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
      Time getTime​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
      Time getTime​(int columnIndex, Calendar cal)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
      Time getTime​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
      Time getTime​(String columnLabel, Calendar cal)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
      Timestamp getTimestamp​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
      Timestamp getTimestamp​(int columnIndex, Calendar cal)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
      Timestamp getTimestamp​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
      Timestamp getTimestamp​(String columnLabel, Calendar cal)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
      int getType()
      このResultSetオブジェクトの型を返します。
      InputStream getUnicodeStream​(int columnIndex)
      非推奨。
      getUnicodeStreamの代わりにgetCharacterStreamを使用
      InputStream getUnicodeStream​(String columnLabel)
      非推奨。
      代わりにgetCharacterStreamを使用してください
      URL getURL​(int columnIndex)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
      URL getURL​(String columnLabel)
      このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
      SQLWarning getWarnings()
      このResultSetオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。
      void insertRow()
      挿入行の内容を、このResultSetオブジェクトおよびデータベースに挿入します。
      boolean isAfterLast()
      カーソルがこのResultSetオブジェクト内の最終行より後ろにあるかどうかを取得します。
      boolean isBeforeFirst()
      カーソルがこのResultSetオブジェクト内の先頭行より前にあるかどうかを取得します。
      boolean isClosed()
      このResultSetオブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
      boolean isFirst()
      カーソルがこのResultSetオブジェクト内の先頭行にあるかどうかを取得します。
      boolean isLast()
      カーソルがこのResultSetオブジェクトの最終行にあるかどうかを取得します。
      boolean last()
      カーソルをこのResultSetオブジェクト内の最終行に移動します。
      void moveToCurrentRow()
      カーソルを、記憶されているカーソル位置(通常は現在の行)に移動します。
      void moveToInsertRow()
      カーソルを挿入行に移動します。
      boolean next()
      カーソルを現在の位置から順方向に1行移動します。
      boolean previous()
      カーソルをこのResultSetオブジェクト内の前の行に移動します。
      void refreshRow()
      現在の行をデータベース内の最新の値で再表示します。
      boolean relative​(int rows)
      カーソルを正または負の相対行数だけ移動します。
      boolean rowDeleted()
      行が削除されているかどうかを取得します。
      boolean rowInserted()
      現在の行に挿入があったかどうかを取得します。
      boolean rowUpdated()
      現在の行が更新されているかどうかを取得します。
      void setFetchDirection​(int direction)
      このResultSetオブジェクト内の行が処理される方向についてのヒントを提供します。
      void setFetchSize​(int rows)
      このResultSetオブジェクトでより多くの行が必要なときにデータベースから取り出す必要がある行数についてのヒントをJDBCドライバに提供します。
      void updateArray​(int columnIndex, Array x)
      指定された列をjava.sql.Array値で更新します。
      void updateArray​(String columnLabel, Array x)
      指定された列をjava.sql.Array値で更新します。
      void updateAsciiStream​(int columnIndex, InputStream x)
      指定された列をASCIIストリーム値で更新します。
      void updateAsciiStream​(int columnIndex, InputStream x, int length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
      void updateAsciiStream​(int columnIndex, InputStream x, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
      void updateAsciiStream​(String columnLabel, InputStream x)
      指定された列をASCIIストリーム値で更新します。
      void updateAsciiStream​(String columnLabel, InputStream x, int length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
      void updateAsciiStream​(String columnLabel, InputStream x, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
      void updateBigDecimal​(int columnIndex, BigDecimal x)
      指定された列をjava.math.BigDecimal値で更新します。
      void updateBigDecimal​(String columnLabel, BigDecimal x)
      指定された列をjava.sql.BigDecimal値で更新します。
      void updateBinaryStream​(int columnIndex, InputStream x)
      指定された列をバイナリ・ストリーム値で更新します。
      void updateBinaryStream​(int columnIndex, InputStream x, int length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
      void updateBinaryStream​(int columnIndex, InputStream x, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
      void updateBinaryStream​(String columnLabel, InputStream x)
      指定された列をバイナリ・ストリーム値で更新します。
      void updateBinaryStream​(String columnLabel, InputStream x, int length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
      void updateBinaryStream​(String columnLabel, InputStream x, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
      void updateBlob​(int columnIndex, InputStream inputStream)
      指定された列を、指定された入力ストリームを使用して更新します。
      void updateBlob​(int columnIndex, InputStream inputStream, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームを使用して更新します。
      void updateBlob​(int columnIndex, Blob x)
      指定された列をjava.sql.Blob値で更新します。
      void updateBlob​(String columnLabel, InputStream inputStream)
      指定された列を、指定された入力ストリームを使用して更新します。
      void updateBlob​(String columnLabel, InputStream inputStream, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームを使用して更新します。
      void updateBlob​(String columnLabel, Blob x)
      指定された列をjava.sql.Blob値で更新します。
      void updateBoolean​(int columnIndex, boolean x)
      指定された列をboolean値で更新します。
      void updateBoolean​(String columnLabel, boolean x)
      指定された列をboolean値で更新します。
      void updateByte​(int columnIndex, byte x)
      指定された列をbyte値で更新します。
      void updateByte​(String columnLabel, byte x)
      指定された列をbyte値で更新します。
      void updateBytes​(int columnIndex, byte[] x)
      指定された列をbyte配列値で更新します。
      void updateBytes​(String columnLabel, byte[] x)
      指定された列をbyte配列値で更新します。
      void updateCharacterStream​(int columnIndex, Reader x)
      指定された列を文字ストリーム値で更新します。
      void updateCharacterStream​(int columnIndex, Reader x, int length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
      void updateCharacterStream​(int columnIndex, Reader x, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
      void updateCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader)
      指定された列を文字ストリーム値で更新します。
      void updateCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader, int length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
      void updateCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
      void updateClob​(int columnIndex, Reader reader)
      指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateClob​(int columnIndex, Reader reader, long length)
      指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateClob​(int columnIndex, Clob x)
      指定された列をjava.sql.Clob値で更新します。
      void updateClob​(String columnLabel, Reader reader)
      指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateClob​(String columnLabel, Reader reader, long length)
      指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateClob​(String columnLabel, Clob x)
      指定された列をjava.sql.Clob値で更新します。
      void updateDate​(int columnIndex, Date x)
      指定された列をjava.sql.Date値で更新します。
      void updateDate​(String columnLabel, Date x)
      指定された列をjava.sql.Date値で更新します。
      void updateDouble​(int columnIndex, double x)
      指定された列をdouble値で更新します。
      void updateDouble​(String columnLabel, double x)
      指定された列をdouble値で更新します。
      void updateFloat​(int columnIndex, float x)
      指定された列をfloat値で更新します。
      void updateFloat​(String columnLabel, float x)
      指定された列をfloat 値で更新します。
      void updateInt​(int columnIndex, int x)
      指定された列をint値で更新します。
      void updateInt​(String columnLabel, int x)
      指定された列をint値で更新します。
      void updateLong​(int columnIndex, long x)
      指定された列をlong値で更新します。
      void updateLong​(String columnLabel, long x)
      指定された列をlong値で更新します。
      void updateNCharacterStream​(int columnIndex, Reader x)
      指定された列を文字ストリーム値で更新します。
      void updateNCharacterStream​(int columnIndex, Reader x, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
      void updateNCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader)
      指定された列を文字ストリーム値で更新します。
      void updateNCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader, long length)
      指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
      void updateNClob​(int columnIndex, Reader reader)
      指定された列を、指定されたReaderを使用して更新します。ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。
      void updateNClob​(int columnIndex, Reader reader, long length)
      指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateNClob​(int columnIndex, NClob nClob)
      指定された列をjava.sql.NClob値で更新します。
      void updateNClob​(String columnLabel, Reader reader)
      指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateNClob​(String columnLabel, Reader reader, long length)
      指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
      void updateNClob​(String columnLabel, NClob nClob)
      指定された列をjava.sql.NClob値で更新します。
      void updateNString​(int columnIndex, String nString)
      指定された列をString値で更新します。
      void updateNString​(String columnLabel, String nString)
      指定された列をString値で更新します。
      void updateNull​(int columnIndex)
      指定された列をnull値で更新します。
      void updateNull​(String columnLabel)
      指定された列をnull値で更新します。
      void updateObject​(int columnIndex, Object x)
      指定された列をObject値で更新します。
      void updateObject​(int columnIndex, Object x, int scaleOrLength)
      指定された列をObject値で更新します。
      default void updateObject​(int columnIndex, Object x, SQLType targetSqlType)
      指定された列をObject値で更新します。
      default void updateObject​(int columnIndex, Object x, SQLType targetSqlType, int scaleOrLength)
      指定された列をObject値で更新します。
      void updateObject​(String columnLabel, Object x)
      指定された列をObject値で更新します。
      void updateObject​(String columnLabel, Object x, int scaleOrLength)
      指定された列をObject値で更新します。
      default void updateObject​(String columnLabel, Object x, SQLType targetSqlType)
      指定された列をObject値で更新します。
      default void updateObject​(String columnLabel, Object x, SQLType targetSqlType, int scaleOrLength)
      指定された列をObject値で更新します。
      void updateRef​(int columnIndex, Ref x)
      指定された列をjava.sql.Ref値で更新します。
      void updateRef​(String columnLabel, Ref x)
      指定された列をjava.sql.Ref値で更新します。
      void updateRow()
      基になるデータベースを、このResultSetオブジェクトの現在の行の新しい内容に更新します。
      void updateRowId​(int columnIndex, RowId x)
      指定された列をRowId値で更新します。
      void updateRowId​(String columnLabel, RowId x)
      指定された列をRowId値で更新します。
      void updateShort​(int columnIndex, short x)
      指定された列をshort値で更新します。
      void updateShort​(String columnLabel, short x)
      指定された列をshort値で更新します。
      void updateSQLXML​(int columnIndex, SQLXML xmlObject)
      指定された列をjava.sql.SQLXML値で更新します。
      void updateSQLXML​(String columnLabel, SQLXML xmlObject)
      指定された列をjava.sql.SQLXML値で更新します。
      void updateString​(int columnIndex, String x)
      指定された列をString値で更新します。
      void updateString​(String columnLabel, String x)
      指定された列をString値で更新します。
      void updateTime​(int columnIndex, Time x)
      指定された列をjava.sql.Time値で更新します。
      void updateTime​(String columnLabel, Time x)
      指定された列をjava.sql.Time値で更新します。
      void updateTimestamp​(int columnIndex, Timestamp x)
      指定された列をjava.sql.Timestamp値で更新します。
      void updateTimestamp​(String columnLabel, Timestamp x)
      指定された列をjava.sql.Timestamp値で更新します。
      boolean wasNull()
      最後に読み込まれた列の値がSQL NULLであるかどうかを通知します。
    • フィールドの詳細

      • FETCH_FORWARD

        static final int FETCH_FORWARD
        結果セットの行が順方向に、つまり最初から最後に向かって処理されることを示す定数です。 この定数は、setFetchDirectionメソッドがドライバへのヒントとして使用しますが、ドライバはこれを無視することがあります。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FETCH_REVERSE

        static final int FETCH_REVERSE
        結果セットの行が逆方向に、つまり最後から最初に向かって処理されることを示す定数です。 この定数は、setFetchDirectionメソッドがドライバへのヒントとして使用しますが、ドライバはこれを無視することがあります。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • FETCH_UNKNOWN

        static final int FETCH_UNKNOWN
        結果セットの行が処理される順序が不明であることを示す定数です。 この定数は、setFetchDirectionメソッドがドライバへのヒントとして使用しますが、ドライバはこれを無視することがあります。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • TYPE_FORWARD_ONLY

        static final int TYPE_FORWARD_ONLY
        カーソルが順方向にだけ移動するResultSetオブジェクトの型を示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • TYPE_SCROLL_INSENSITIVE

        static final int TYPE_SCROLL_INSENSITIVE
        スクロール可能だが、通常はResultSetの基になっているデータに対する変更を反映しないResultSetオブジェクトの型を示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • TYPE_SCROLL_SENSITIVE

        static final int TYPE_SCROLL_SENSITIVE
        スクロール可能で、通常はResultSetの基になっているデータに対する変更を反映するResultSetオブジェクトの型を示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CONCUR_READ_ONLY

        static final int CONCUR_READ_ONLY
        更新できないResultSetオブジェクトの並行処理モードを示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CONCUR_UPDATABLE

        static final int CONCUR_UPDATABLE
        更新できるResultSetオブジェクトの並行処理モードを示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        定数フィールド値
      • HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT

        static final int HOLD_CURSORS_OVER_COMMIT
        現在のトランザクションがコミットされたときに、この保持機能を持つオープンしているResultSetオブジェクトがオープンしたままになることを示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT

        static final int CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT
        現在のトランザクションがコミットされたときに、この保持機能を持つオープンしているResultSetオブジェクトがクローズすることを示す定数です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • next

        boolean next()
              throws SQLException
        カーソルを現在の位置から順方向に1行移動します。 ResultSetのカーソルは、初期状態では最初の行の前に位置付けられています。nextメソッドの最初の呼出しによって、最初の行が現在の行になります。2番目の呼出しによって2行目が現在の行になり、以下同様に続きます。

        nextメソッドの呼出しでfalseが返されると、カーソルは最終行の後ろに位置します。 現在の行が必要なResultSetメソッドのあらゆる呼出しによって、SQLExceptionがスローされます。 結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合、以降のnextの呼出しでJDBCドライバ実装がfalseを返すかSQLExceptionをスローするかは、そのベンダーによって指定されます。

        現在の行で入力ストリームがオープンしている場合、nextメソッドへの呼出しは暗黙的にそのストリームをクローズさせます。 新しい行が読み込まれるときに、ResultSetオブジェクトの警告チェーンはクリアされます。

        戻り値:
        新しい現在の行が有効である場合はtrue、行がそれ以上存在しない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • close

        void close()
            throws SQLException
        自動的にクローズされるときにResultSetオブジェクトのデータベースとJDBCリソースが解放されるのを待つのではなく、ただちにそれらを解放します。

        ResultSetオブジェクトがクローズしても、ResultSetによって作成されたBlobClob、またはNClobオブジェクトはクローズしません。 BlobClobまたはNClobオブジェクトは、freeメソッドが呼び出されないかぎり、少なくともそれが作成されたトランザクション内では有効です。

        ResultSetがクローズしても、getMetaDataメソッドを呼び出して作成された任意のResultSetMetaDataインスタンスはアクセス可能なままです。

        注: ResultSetオブジェクトは、このオブジェクトを生成したStatementオブジェクトがクローズされるとき、再実行されるとき、または一連の複数の結果から次の結果を取り出すのに使用されるときに、そのStatementによって自動的にクローズされます。

        すでにクローズされたResultSetオブジェクトでcloseメソッドを呼び出すと、操作は行われません。

        定義:
        close、インタフェース: AutoCloseable
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
      • wasNull

        boolean wasNull()
                 throws SQLException
        最後に読み込まれた列の値がSQL NULLであるかどうかを通知します。 最初に列のgetterメソッドの1つを呼び出してその値を読み込み、次にwasNullメソッドを呼び出して読み込まれた値がSQL NULLかどうかを判定する必要があります。
        戻り値:
        最後に読み込まれた列の値がSQL NULLの場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getString

        String getString​(int columnIndex)
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getBoolean

        boolean getBoolean​(int columnIndex)
                    throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。

        指定された列のデータ型がCHARまたはVARCHARで"0"を含む場合、またはデータ型がBIT、TINYINT、SMALLINT、INTEGER、またはBIGINTで0を含む場合は、値falseが返されます。 指定された列のデータ型がCHARまたはVARCHARで"1"を含む場合、またはデータ型がBIT、TINYINT、SMALLINT、INTEGER、またはBIGINTで1を含む場合は、値trueが返されます。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はfalse
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getByte

        byte getByte​(int columnIndex)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getShort

        short getShort​(int columnIndex)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getInt

        int getInt​(int columnIndex)
            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のintとして取得します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getLong

        long getLong​(int columnIndex)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getFloat

        float getFloat​(int columnIndex)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getDouble

        double getDouble​(int columnIndex)
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getBigDecimal

        @Deprecated(since="1.2")
        BigDecimal getBigDecimal​(int columnIndex,
                                 int scale)
                          throws SQLException
        非推奨。
        getBigDecimal(int columnIndex)またはgetBigDecimal(String columnLabel)を使用します。
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.BigDecimalとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        scale - 小数点以下の桁数
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • getBytes

        byte[] getBytes​(int columnIndex)
                 throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyte配列として取得します。 バイトはドライバによって返されたraw値を表します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getDate

        Date getDate​(int columnIndex)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getTime

        Time getTime​(int columnIndex)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getTimestamp

        Timestamp getTimestamp​(int columnIndex)
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getAsciiStream

        InputStream getAsciiStream​(int columnIndex)
                            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、ASCII文字のストリームとして取得します。 そのストリームから一括して値を読み込めるようになります。 このメソッドは、特に大きなLONGVARCHAR値を取り出すのに適しています。 JDBCドライバがデータベース形式からASCIIへの必要な変換を行います。

        注: 返されたストリーム中のデータはすべて、ほかの列の値を取得する前に読み込む必要があります。 次のgetterメソッドへの呼出しは、暗黙的にストリームをクローズします。 また、InputStream.availableメソッドが呼び出されたときに、使用可能なデータがあるかないかに関係なく、ストリームは0を返すことがあります。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        データベースの列値を1バイトASCII文字のストリームとして送るJava入力ストリーム。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getUnicodeStream

        @Deprecated(since="1.2")
        InputStream getUnicodeStream​(int columnIndex)
                              throws SQLException
        非推奨。
        getUnicodeStreamの代わりにgetCharacterStreamを使用
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、2バイト3文字のストリームとして取得します。 最初のバイトが上位バイトで、2番目のバイトが下位バイトです。 そのストリームから一括して値を読み込めるようになります。 このメソッドは、特に大きなLONGVARCHAR値を取り出すのに適しています。 JDBCドライバが、データベース形式からUnicodeへの必要な変換を行います。

        注: 返されたストリーム中のデータはすべて、ほかの列の値を取得する前に読み込む必要があります。 次のgetterメソッドへの呼出しは、暗黙的にストリームをクローズします。 また、InputStream.availableメソッドが呼び出されたときに、使用可能なデータがあるかないかに関係なく、ストリームは0を返すことがあります。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        データベースの列値を2バイトUnicode文字のストリームとして送るJava入力ストリーム。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • getBinaryStream

        InputStream getBinaryStream​(int columnIndex)
                             throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、未解釈のバイトのストリームとして取得します。 そのストリームから一括して値を読み込めるようになります。 このメソッドは、特に大きなLONGVARBINARY値を取り出すのに適しています。

        注: 返されたストリーム中のデータはすべて、ほかの列の値を取得する前に読み込む必要があります。 次のgetterメソッドへの呼出しは、暗黙的にストリームをクローズします。 また、InputStream.availableメソッドが呼び出されたときに、使用可能なデータがあるかないかに関係なく、ストリームは0を返すことがあります。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        データベースの列値を未解釈のバイト・ストリームとして送るJava入力ストリーム。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getString

        String getString​(String columnLabel)
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getBoolean

        boolean getBoolean​(String columnLabel)
                    throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。

        指定された列のデータ型がCHARまたはVARCHARで"0"を含む場合、またはデータ型がBIT、TINYINT、SMALLINT、INTEGER、またはBIGINTで0を含む場合は、値falseが返されます。 指定された列のデータ型がCHARまたはVARCHARで"1"を含む場合、またはデータ型がBIT、TINYINT、SMALLINT、INTEGER、またはBIGINTで1を含む場合は、値trueが返されます。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はfalse
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getByte

        byte getByte​(String columnLabel)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getShort

        short getShort​(String columnLabel)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getInt

        int getInt​(String columnLabel)
            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のintとして取得します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getLong

        long getLong​(String columnLabel)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getFloat

        float getFloat​(String columnLabel)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getDouble

        double getDouble​(String columnLabel)
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値は0
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getBigDecimal

        @Deprecated(since="1.2")
        BigDecimal getBigDecimal​(String columnLabel,
                                 int scale)
                          throws SQLException
        非推奨。
        getBigDecimal(int columnIndex)またはgetBigDecimal(String columnLabel)を使用します。
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.math.BigDecimalとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        scale - 小数点以下の桁数
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • getBytes

        byte[] getBytes​(String columnLabel)
                 throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyte配列として取得します。 バイトはドライバによって返されたraw値を表します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getDate

        Date getDate​(String columnLabel)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getTime

        Time getTime​(String columnLabel)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getTimestamp

        Timestamp getTimestamp​(String columnLabel)
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getAsciiStream

        InputStream getAsciiStream​(String columnLabel)
                            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、ASCII文字のストリームとして取得します。 そのストリームから一括して値を読み込めるようになります。 このメソッドは、特に大きなLONGVARCHAR値を取り出すのに適しています。 JDBCドライバがデータベース形式からASCIIへの必要な変換を行います。

        注: 返されたストリーム中のデータはすべて、ほかの列の値を取得する前に読み込む必要があります。 次のgetterメソッドへの呼出しは、暗黙的にストリームをクローズします。 また、availableメソッドが呼び出されたときに、使用可能なデータがあるかないかに関係なく、ストリームは0を返すことがあります。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        データベースの列値を1バイトASCII文字のストリームとして送るJava入力ストリーム。 値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getUnicodeStream

        @Deprecated(since="1.2")
        InputStream getUnicodeStream​(String columnLabel)
                              throws SQLException
        非推奨。
        代わりにgetCharacterStreamを使用してください
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、2バイトUnicode文字のストリームとして取得します。 最初のバイトが上位バイトで、2番目のバイトが下位バイトです。 そのストリームから一括して値を読み込めるようになります。 このメソッドは、特に大きなLONGVARCHAR値を取り出すのに適しています。 JDBC対応ドライバが、データベース形式からUnicodeへの必要な変換を行います。

        注: 返されたストリーム中のデータはすべて、ほかの列の値を取得する前に読み込む必要があります。 次のgetterメソッドへの呼出しは、暗黙的にストリームをクローズします。 また、InputStream.availableメソッドが呼び出されたときに、使用可能なデータがあるかないかに関係なく、ストリームは0を返すことがあります。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        データベースの列値を2バイトUnicode文字のストリームとして送るJava入力ストリーム。 値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • getBinaryStream

        InputStream getBinaryStream​(String columnLabel)
                             throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、未解釈のbyteストリームとして取得します。 そのストリームから一括して値を読み込めるようになります。 このメソッドは、特に大きなLONGVARBINARY値を取り出すのに適しています。

        注: 返されたストリーム中のデータはすべて、ほかの列の値を取得する前に読み込む必要があります。 次のgetterメソッドへの呼出しは、暗黙的にストリームをクローズします。 また、availableメソッドが呼び出されたときに、使用可能なデータがあるかないかに関係なく、ストリームは0を返すことがあります。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        データベースの列値を未解釈のバイト・ストリームとして送るJava入力ストリーム。値がSQL NULLの場合、結果はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getWarnings

        SQLWarning getWarnings()
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。 後続のResultSetオブジェクトの警告は、このメソッドが返すSQLWarningオブジェクトにチェーンされます。

        警告チェーンは、新しい行が読み込まれるたびに自動的にクリアされます。 クローズ済みのResultSetオブジェクトでこのメソッドを呼び出すことはできません。そうした場合にはSQLExceptionがスローされます。

        注: この警告チェーンは、ResultSetメソッドが原因となった警告だけを対象とします。 Statementメソッド(読み込んでいるOUTパラメータなど)が原因となった警告はStatementオブジェクトにチェーンされます。

        戻り値:
        最初に報告されたSQLWarningオブジェクト。ない場合はnull
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • clearWarnings

        void clearWarnings()
                    throws SQLException
        このResultSetオブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。 このメソッドが呼び出されたあと、このResultSetオブジェクトに対する新しい警告が報告されるまで、getWarningsメソッドはnullを返します。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getCursorName

        String getCursorName()
                      throws SQLException
        このResultSetオブジェクトが使用するSQLカーソルの名前を取得します。

        SQLでは、結果の表は、名付けられたカーソルを介して検索されます。 結果セットの現在の行は、カーソル名を参照する、位置決めされた更新文または削除文を使用して更新または削除できます。 更新をサポートする適切な遮断レベルをカーソルが確実に持つためには、カーソルのSELECT文をSELECT FOR UPDATEの形式にするようにしてください。 FOR UPDATE節が省略されている場合、位置決めされた更新は失敗します。

        JDBC APIはこのSQL機能を、ResultSetオブジェクトが使用するSQLカーソルの名前を提供することによってサポートします。 ResultSetオブジェクトの現在の行は、このSQLカーソルの現在の行でもあります。

        戻り値:
        このResultSetオブジェクトのカーソルのSQL名
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
      • getMetaData

        ResultSetMetaData getMetaData()
                               throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの列の数、型、およびプロパティを取得します。
        戻り値:
        このResultSetオブジェクトの列の記述
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getObject

        Object getObject​(int columnIndex)
                  throws SQLException

        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。

        このメソッドは、指定された列の値をJavaオブジェクトとして返します。 Javaオブジェクトの型は、JDBC仕様で指定されている組込み型のマッピングに従って、列のSQL型に対応するデフォルトのJavaオブジェクト型になります。 値がSQL NULLの場合、ドライバはJava nullを返します。

        このメソッドは、データベース固有の抽象データ型の読込みにも使用できます。 JDBC 2.0 APIでは、getObjectメソッドの動作はSQLユーザー定義型のデータを生成するように拡張されています。

        Connection.getTypeMapSQLFeatureNotSupportedExceptionをスローしない場合、列が構造化型または個別の型の値であれば、このメソッドの動作は、getObject(columnIndex, this.getStatement().getConnection().getTypeMap())を呼び出した場合と同じになります。 Connection.getTypeMapSQLFeatureNotSupportedExceptionをスローする場合、構造化型の値はサポートされず、個別の型の値はDISTINCT型の基になるSQL型で決定されるデフォルトのJavaクラスにマッピングされます。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値を保持しているjava.lang.Object
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getObject

        Object getObject​(String columnLabel)
                  throws SQLException

        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。

        このメソッドは、指定された列の値をJavaオブジェクトとして返します。 Javaオブジェクトの型は、JDBC仕様で指定されている組込み型のマッピングに従って、列のSQL型に対応するデフォルトのJavaオブジェクト型になります。 値がSQL NULLの場合、ドライバはJava nullを返します。

        このメソッドは、データベース固有の抽象データ型の読込みにも使用できます。

        JDBC 2.0 APIでは、getObjectメソッドの動作はSQLユーザー定義型のデータを生成するように拡張されています。 列が構造化型または個別の型の値である場合、このメソッドの動作は、getObject(columnIndex, this.getStatement().getConnection().getTypeMap())を呼び出した場合と同じになります。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値を保持しているjava.lang.Object
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • findColumn

        int findColumn​(String columnLabel)
                throws SQLException
        指定されたResultSetの列ラベルをResultSet列インデックスにマッピングします。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        指定された列名の列インデックス
        例外:
        SQLException - ResultSetオブジェクトにcolumnLabelというラベルの列が含まれない場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
      • getCharacterStream

        Reader getCharacterStream​(int columnIndex)
                           throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getCharacterStream

        Reader getCharacterStream​(String columnLabel)
                           throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getBigDecimal

        BigDecimal getBigDecimal​(int columnIndex)
                          throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、完全な精度のjava.math.BigDecimalとして取得します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        全精度の列値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getBigDecimal

        BigDecimal getBigDecimal​(String columnLabel)
                          throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、完全な精度のjava.math.BigDecimalとして取得します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        全精度の列値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • isBeforeFirst

        boolean isBeforeFirst()
                       throws SQLException
        カーソルがこのResultSetオブジェクト内の先頭行より前にあるかどうかを取得します。

        注: 結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYであるResultSetの場合、isBeforeFirstメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        カーソルが先頭行より前にある場合はtrue、カーソルがほかの位置にあるか、結果セットに行がない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • isAfterLast

        boolean isAfterLast()
                     throws SQLException
        カーソルがこのResultSetオブジェクト内の最終行より後ろにあるかどうかを取得します。

        注: 結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYであるResultSetの場合、isAfterLastメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        カーソルが最終行より後ろにある場合はtrue、カーソルがほかの位置にあるか、結果セットに行がない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • isFirst

        boolean isFirst()
                 throws SQLException
        カーソルがこのResultSetオブジェクト内の先頭行にあるかどうかを取得します。

        注: 結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYであるResultSetの場合、isFirstメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        カーソルが先頭行にある場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • isLast

        boolean isLast()
                throws SQLException
        カーソルがこのResultSetオブジェクトの最終行にあるかどうかを取得します。 注: JDBCドライバは現在の行が結果セット内の最終行であるかどうかを判定するために1つ先の行を取り出すことが必要な場合があるので、isLastメソッドの呼出しは負荷が大きくなる場合があります。

        注: 結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYであるResultSetの場合、isLastメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        カーソルが最終行にある場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • beforeFirst

        void beforeFirst()
                  throws SQLException
        カーソルをこのResultSetオブジェクトの先端、つまり先頭行の直前に移動します。 結果セットに行がない場合、このメソッドは無効です。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • afterLast

        void afterLast()
                throws SQLException
        カーソルをこのResultSetオブジェクトの終端、つまり最終行の直後に移動します。 結果セットに行がない場合、このメソッドは無効です。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • first

        boolean first()
               throws SQLException
        カーソルをこのResultSetオブジェクト内の先頭行に移動します。
        戻り値:
        カーソルが有効な行にある場合はtrue、結果セットに行がない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • last

        boolean last()
              throws SQLException
        カーソルをこのResultSetオブジェクト内の最終行に移動します。
        戻り値:
        カーソルが有効な行にある場合はtrue、結果セットに行がない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getRow

        int getRow()
            throws SQLException
        現在の行の番号を取得します。 最初の行が1、2番目は2、などとなります。

        注: 結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYであるResultSetの場合、getRowメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        現在の行の番号。現在の行がない場合は0
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • absolute

        boolean absolute​(int row)
                  throws SQLException
        カーソルをこのResultSetオブジェクト内の指定された行番号に移動します。

        指定された行番号が正の値の場合は、カーソルは結果セットの先頭を基準にして指定された行番号に移動します。 最初の行が行1、2番目が行2、などとします。

        指定された行番号が負の値の場合は、カーソルは結果セットの終端に対する絶対行位置に移動します。 たとえば、absolute(-1)メソッドを呼び出すと、カーソルは最終行に移動し、メソッドabsolute(-2)を呼び出すと、カーソルは最終行の次の行に移動します。

        指定された行番号がゼロの場合、カーソルは最初の行の前に移動します。

        結果セット内の先頭行または最終行を越える位置にカーソルを移動しようとすると、カーソルは先頭行の前または最終行の後ろに置かれます。

        注: absolute(1)を呼び出すことは、first()を呼び出すのと同じです。 absolute(-1)を呼び出すことは、last()を呼び出すのと同じです。

        パラメータ:
        row - カーソルの移動先の行番号。 ゼロの値は、カーソルが最初の行の前に置かれることを示します。正の番号は行番号が結果セットの先頭からカウントされることを示し、負の番号は行番号を結果セットの終端からカウントされることを示す
        戻り値:
        カーソルがこのResultSetオブジェクト内の位置に移動する場合はtrue、最初の行の前または最終行の後ろにカーソルが位置する場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • relative

        boolean relative​(int rows)
                  throws SQLException
        カーソルを正または負の相対行数だけ移動します。 結果セット内の先頭行または最終行を越える位置にカーソルを移動しようとすると、カーソルは先頭行の前または最終行の後ろに置かれます。 relative(0)の呼出しは有効ですが、カーソル位置は変更されません。

        注: relative(1)メソッドの呼出しは、next()メソッドを呼び出すのと同じです。relative(-1)メソッドの呼出しはprevious()メソッドを呼び出すのと同じです。

        パラメータ:
        rows - 現在の行から移動する行数を指定するint。正の数はカーソルを順方向に移動し、負の数は逆方向に移動する
        戻り値:
        カーソルが行にある場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • previous

        boolean previous()
                  throws SQLException
        カーソルをこのResultSetオブジェクト内の前の行に移動します。

        previousメソッドの呼出しでfalseが返されると、カーソルは最初の行の前に位置します。 現在の行が必要なResultSetメソッドのあらゆる呼出しによって、SQLExceptionがスローされます。

        現在の行で入力ストリームがオープンしている場合、previousメソッドへの呼出しは暗黙的にそのストリームをクローズさせます。 新しい行が読み込まれるときに、ResultSetオブジェクトの警告の変更内容はクリアされます。

        戻り値:
        カーソルが有効な行に位置している場合はtrue、最初の行の前にカーソルが位置している場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • setFetchDirection

        void setFetchDirection​(int direction)
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクト内の行が処理される方向についてのヒントを提供します。 初期値はこのResultSetオブジェクトを生成したStatementオブジェクトによって決まります。 フェッチ方向はいつでも変更できます。
        パラメータ:
        direction - 推奨されるフェッチ方向を指定するintResultSet.FETCH_FORWARDResultSet.FETCH_REVERSE、またはResultSet.FETCH_UNKNOWNのうちの1つ
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYで、フェッチ方向がFETCH_FORWARDでない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        Statement.setFetchDirection(int), getFetchDirection()
      • getFetchDirection

        int getFetchDirection()
                       throws SQLException
        このResultSetオブジェクトのフェッチ方向を取得します。
        戻り値:
        このResultSetオブジェクトの現在のフェッチ方向
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        setFetchDirection(int)
      • setFetchSize

        void setFetchSize​(int rows)
                   throws SQLException
        このResultSetオブジェクトでより多くの行が必要なときにデータベースから取り出す必要がある行数についてのヒントをJDBCドライバに提供します。 指定されたフェッチ・サイズが0の場合、JDBCドライバはその値を無視し、もっとも適切と考えられるフェッチ・サイズを自分で決めます。 デフォルト値は結果セットを作成したStatementオブジェクトによって設定されます。 フェッチ・サイズはいつでも変更できます。
        パラメータ:
        rows - フェッチする行数
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または条件rows>= 0が満たされない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        getFetchSize()
      • getFetchSize

        int getFetchSize()
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトのフェッチ・サイズを取得します。
        戻り値:
        このResultSetオブジェクトの現在のフェッチ・サイズ
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        setFetchSize(int)
      • getType

        int getType()
             throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの型を返します。 型は結果セットを作成したStatementオブジェクトによって決まります。
        戻り値:
        ResultSet.TYPE_FORWARD_ONLYResultSet.TYPE_SCROLL_INSENSITIVE、またはResultSet.TYPE_SCROLL_SENSITIVE
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getConcurrency

        int getConcurrency()
                    throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの並行処理モードを取得します。 使用される並行処理は、結果セットを生成したStatementオブジェクトによって決まります。
        戻り値:
        並行処理の種類。ResultSet.CONCUR_READ_ONLYまたはResultSet.CONCUR_UPDATABLE
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • rowUpdated

        boolean rowUpdated()
                    throws SQLException
        現在の行が更新されているかどうかを取得します。 返される値は、結果セットが更新を検出できるかどうかによって異なります。

        注: 結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、rowUpdatedメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        現在の行が所有者などによって可視的に更新されたことが検出された場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        DatabaseMetaData.updatesAreDetected(int)
      • rowInserted

        boolean rowInserted()
                     throws SQLException
        現在の行に挿入があったかどうかを取得します。 返される値は、このResultSetオブジェクトが可視の挿入を検出できるかどうかによって異なります。

        注: 結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、rowInsertedメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        現在の行が挿入されていたことを検出した場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        DatabaseMetaData.insertsAreDetected(int)
      • rowDeleted

        boolean rowDeleted()
                    throws SQLException
        行が削除されているかどうかを取得します。 削除された行は、結果セットに可視の「穴」を残すことがあります。 このメソッドは結果セット内の穴を検出するのに使用できます。 返される値は、このResultSetオブジェクトが削除を検出できるかどうかによって異なります。

        注: 結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、rowDeletedメソッドのサポートはオプションです。

        戻り値:
        現在の行が所有者などによって削除されていたことが検出された場合はtrue、そうでない場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        DatabaseMetaData.deletesAreDetected(int)
      • updateNull

        void updateNull​(int columnIndex)
                 throws SQLException
        指定された列をnull値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBoolean

        void updateBoolean​(int columnIndex,
                           boolean x)
                    throws SQLException
        指定された列をboolean値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateByte

        void updateByte​(int columnIndex,
                        byte x)
                 throws SQLException
        指定された列をbyte値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateShort

        void updateShort​(int columnIndex,
                         short x)
                  throws SQLException
        指定された列をshort値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateInt

        void updateInt​(int columnIndex,
                       int x)
                throws SQLException
        指定された列をint値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateLong

        void updateLong​(int columnIndex,
                        long x)
                 throws SQLException
        指定された列をlong値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateFloat

        void updateFloat​(int columnIndex,
                         float x)
                  throws SQLException
        指定された列をfloat値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateDouble

        void updateDouble​(int columnIndex,
                          double x)
                   throws SQLException
        指定された列をdouble値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBigDecimal

        void updateBigDecimal​(int columnIndex,
                              BigDecimal x)
                       throws SQLException
        指定された列をjava.math.BigDecimal値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateString

        void updateString​(int columnIndex,
                          String x)
                   throws SQLException
        指定された列をString値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBytes

        void updateBytes​(int columnIndex,
                         byte[] x)
                  throws SQLException
        指定された列をbyte配列値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateDate

        void updateDate​(int columnIndex,
                        Date x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Date値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateTime

        void updateTime​(int columnIndex,
                        Time x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Time値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateTimestamp

        void updateTimestamp​(int columnIndex,
                             Timestamp x)
                      throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Timestamp値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateAsciiStream

        void updateAsciiStream​(int columnIndex,
                               InputStream x,
                               int length)
                        throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBinaryStream

        void updateBinaryStream​(int columnIndex,
                                InputStream x,
                                int length)
                         throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateCharacterStream

        void updateCharacterStream​(int columnIndex,
                                   Reader x,
                                   int length)
                            throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateObject

        void updateObject​(int columnIndex,
                          Object x,
                          int scaleOrLength)
                   throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        2番目の引数がInputStreamである場合、ストリームにはscaleOrLengthで指定されるバイト数が含まれる必要があります。 2番目の引数がReaderである場合、リーダーにはscaleOrLengthで指定される文字数が含まれる必要があります。 これらの条件がtrueではない場合、文の実行時にドライバはSQLExceptionを生成します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        scaleOrLength - java.math.BigDecimalのオブジェクトの場合、小数点のあとの桁数。 Javaオブジェクト型InputStreamおよびReaderの場合は、ストリームまたはリーダーのデータ長。 ほかのすべての型では、この値は無視される。
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateObject

        void updateObject​(int columnIndex,
                          Object x)
                   throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateNull

        void updateNull​(String columnLabel)
                 throws SQLException
        指定された列をnull値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBoolean

        void updateBoolean​(String columnLabel,
                           boolean x)
                    throws SQLException
        指定された列をboolean値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateByte

        void updateByte​(String columnLabel,
                        byte x)
                 throws SQLException
        指定された列をbyte値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateShort

        void updateShort​(String columnLabel,
                         short x)
                  throws SQLException
        指定された列をshort値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateInt

        void updateInt​(String columnLabel,
                       int x)
                throws SQLException
        指定された列をint値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateLong

        void updateLong​(String columnLabel,
                        long x)
                 throws SQLException
        指定された列をlong値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateFloat

        void updateFloat​(String columnLabel,
                         float x)
                  throws SQLException
        指定された列をfloat 値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateDouble

        void updateDouble​(String columnLabel,
                          double x)
                   throws SQLException
        指定された列をdouble値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBigDecimal

        void updateBigDecimal​(String columnLabel,
                              BigDecimal x)
                       throws SQLException
        指定された列をjava.sql.BigDecimal値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateString

        void updateString​(String columnLabel,
                          String x)
                   throws SQLException
        指定された列をString値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBytes

        void updateBytes​(String columnLabel,
                         byte[] x)
                  throws SQLException
        指定された列をbyte配列値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateDate

        void updateDate​(String columnLabel,
                        Date x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Date値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateTime

        void updateTime​(String columnLabel,
                        Time x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Time値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateTimestamp

        void updateTimestamp​(String columnLabel,
                             Timestamp x)
                      throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Timestamp値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateAsciiStream

        void updateAsciiStream​(String columnLabel,
                               InputStream x,
                               int length)
                        throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateBinaryStream

        void updateBinaryStream​(String columnLabel,
                                InputStream x,
                                int length)
                         throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateCharacterStream

        void updateCharacterStream​(String columnLabel,
                                   Reader reader,
                                   int length)
                            throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - 新しい列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateObject

        void updateObject​(String columnLabel,
                          Object x,
                          int scaleOrLength)
                   throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        2番目の引数がInputStreamである場合、ストリームにはscaleOrLengthで指定されるバイト数が含まれる必要があります。 2番目の引数がReaderである場合、リーダーにはscaleOrLengthで指定される文字数が含まれる必要があります。 これらの条件がtrueではない場合、文の実行時にドライバはSQLExceptionを生成します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        scaleOrLength - java.math.BigDecimalのオブジェクトの場合、小数点のあとの桁数。 Javaオブジェクト型InputStreamおよびReaderの場合は、ストリームまたはリーダーのデータ長。 ほかのすべての型では、この値は無視される。
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateObject

        void updateObject​(String columnLabel,
                          Object x)
                   throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • insertRow

        void insertRow()
                throws SQLException
        挿入行の内容を、このResultSetオブジェクトおよびデータベースに挿入します。 このメソッドを呼び出すときは、カーソルが挿入行にある必要があります。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、カーソルが挿入行にないときにこのメソッドが呼び出された場合、または挿入行内のnullを許さない列の一部にnull値が指定された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • updateRow

        void updateRow()
                throws SQLException
        基になるデータベースを、このResultSetオブジェクトの現在の行の新しい内容に更新します。 カーソルが挿入行にある場合、このメソッドは呼び出すことができません。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、カーソルが挿入行内にあるときにこのメソッドが呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • deleteRow

        void deleteRow()
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトおよび基になるデータベースから、現在の行を削除します。 カーソルが挿入行にある場合、このメソッドは呼び出すことができません。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、カーソルが挿入行内にあるときにこのメソッドが呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • refreshRow

        void refreshRow()
                 throws SQLException
        現在の行をデータベース内の最新の値で再表示します。 カーソルが挿入行にある場合、このメソッドは呼び出すことができません。

        refreshRowメソッドは、データベースからの行の再取出しをアプリケーションがJDBCドライバに明示的に指示する手段を提供します。 データベースから行の最新の値を取り出すために、JDBCドライバによってキャッシングまたは先取りが実行されているときに、アプリケーションはrefreshRowを呼び出すことがあります。 フェッチ・サイズが1より大きい場合、実際にはJDBCドライバは一度に複数の行を再表示することがあります。

        値はすべて、トランザクションの遮断レベルおよびカーソル応答性に従って取出し直されます。 updaterメソッドを呼び出したあと、updateRowメソッドを呼び出す前にrefreshRowを呼び出すと、行に対して行った更新は失われます。 refreshRowメソッドを頻繁に呼び出すと、パフォーマンスが低下することがあります。

        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、結果セットのタイプがTYPE_FORWARD_ONLYである場合、またはカーソルが挿入行内にあるときにこのメソッドが呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合、またはこのメソッドが指定された結果セットのタイプと結果セットの並行処理でサポートされない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • cancelRowUpdates

        void cancelRowUpdates()
                       throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在の行に対して行った更新を取り消します。 updaterメソッドを呼び出したあと、updateRowメソッドを呼び出す前にこのメソッドを呼び出すと、行の更新をロールバックできます。 更新が行われていない場合、またはupdateRowがすでに呼び出されている場合は、このメソッドは無効です。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはカーソルが挿入行内にあるときにこのメソッドが呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • moveToInsertRow

        void moveToInsertRow()
                      throws SQLException
        カーソルを挿入行に移動します。 カーソルが挿入行に位置決めされている間、現在のカーソル位置は記憶されています。 挿入行は更新可能な結果セットに関連した特殊な行です。 実質的には、行を結果セットに挿入する前にupdaterメソッドを呼び出すことによって新しい行が作成されるバッファです。 カーソルが挿入行にあるときに呼び出すことができるのは、updaterメソッド、getterメソッド、およびinsertRowメソッドだけです。 insertRowを呼び出す前にこのメソッドを呼び出すと、そのたびに結果セット内のすべての列に値を設定する必要があります。 列値でgetterメソッドを呼び出すには、その前にupdaterメソッドを呼び出す必要があります。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • moveToCurrentRow

        void moveToCurrentRow()
                       throws SQLException
        カーソルを、記憶されているカーソル位置(通常は現在の行)に移動します。 このメソッドは、カーソルが挿入行にある場合以外は無効です。
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getStatement

        Statement getStatement()
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクトを生成したStatementオブジェクトを取得します。 結果セットがDatabaseMetaDataメソッドなどのほかの方法で生成された場合、このメソッドはnullを返すことがあります。
        戻り値:
        このResultSetオブジェクトを生成したStatementオブジェクト、または結果セットが他の方法で生成された場合はnull
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getObject

        Object getObject​(int columnIndex,
                         Map<String,​Class<?>> map)
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。 値がSQL NULLの場合、ドライバはJava nullを返します。 このメソッドは、取り出されるSQL構造化型または個別の型のカスタム・マッピングに、指定されたMapオブジェクトを使用します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        map - SQL型名からJavaプログラミング言語のクラスへのマッピングが格納されているjava.util.Mapオブジェクト
        戻り値:
        SQL値を表すJavaプログラミング言語のObject
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getRef

        Ref getRef​(int columnIndex)
            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        SQL REF値を表すRefオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getBlob

        Blob getBlob​(int columnIndex)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        指定された列のSQL BLOB値を表すBlobオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getClob

        Clob getClob​(int columnIndex)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のClobオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        指定された列のSQL CLOB値を表すClobオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getArray

        Array getArray​(int columnIndex)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取得します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        指定された列のSQL ARRAY値を表すArrayオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getObject

        Object getObject​(String columnLabel,
                         Map<String,​Class<?>> map)
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。 値がSQL NULLの場合、ドライバはJava nullを返します。 このメソッドは、該当する場合、指定されたMapオブジェクトをカスタム・マッピングに使用します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        map - SQL型名からJavaプログラミング言語のクラスへのマッピングが格納されているjava.util.Mapオブジェクト
        戻り値:
        指定された列のSQL値を表すObject
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getRef

        Ref getRef​(String columnLabel)
            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        指定された列のSQL REF値を表すRefオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getBlob

        Blob getBlob​(String columnLabel)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        指定された列のSQL BLOB値を表すBlobオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getClob

        Clob getClob​(String columnLabel)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のClobオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        指定された列のSQL CLOB値を表すClobオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getArray

        Array getArray​(String columnLabel)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取得します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        指定された列のSQL ARRAY値を表すArrayオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getDate

        Date getDate​(int columnIndex,
                     Calendar cal)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。 基になるデータベースがタイムゾーン情報を格納していない場合、このメソッドは指定されたカレンダを使って日付に適切なミリ秒値を作成します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        cal - 日付を作成するのに使うjava.util.Calendarオブジェクト
        戻り値:
        java.sql.Dateオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getDate

        Date getDate​(String columnLabel,
                     Calendar cal)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。 基になるデータベースがタイムゾーン情報を格納していない場合、このメソッドは指定されたカレンダを使って日付に適切なミリ秒値を作成します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        cal - 日付を作成するのに使うjava.util.Calendarオブジェクト
        戻り値:
        java.sql.Dateオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getTime

        Time getTime​(int columnIndex,
                     Calendar cal)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。 基になるデータベースがタイムゾーン情報を格納していない場合、このメソッドは指定されたカレンダを使って時間に適切なミリ秒値を作成します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        cal - 時間を作成するのに使うjava.util.Calendarオブジェクト
        戻り値:
        java.sql.Timeオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getTime

        Time getTime​(String columnLabel,
                     Calendar cal)
              throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。 基になるデータベースがタイムゾーン情報を格納していない場合、このメソッドは指定されたカレンダを使って時間に適切なミリ秒値を作成します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        cal - 時間を作成するのに使うjava.util.Calendarオブジェクト
        戻り値:
        java.sql.Timeオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getTimestamp

        Timestamp getTimestamp​(int columnIndex,
                               Calendar cal)
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。 基になるデータベースがタイムゾーン情報を格納していない場合、このメソッドは指定されたカレンダを使ってタイムスタンプに適切なミリ秒値を作成します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        cal - タイムスタンプを作成するのに使うjava.util.Calendarオブジェクト
        戻り値:
        java.sql.Timestampオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getTimestamp

        Timestamp getTimestamp​(String columnLabel,
                               Calendar cal)
                        throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。 基になるデータベースがタイムゾーン情報を格納していない場合、このメソッドは指定されたカレンダを使ってタイムスタンプに適切なミリ秒値を作成します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        cal - 日付を作成するのに使うjava.util.Calendarオブジェクト
        戻り値:
        java.sql.Timestampオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getURL

        URL getURL​(int columnIndex)
            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列のインデックスは1、2番目の列のインデックスは2、などとする
        戻り値:
        java.net.URLオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、またはURLが無効の場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getURL

        URL getURL​(String columnLabel)
            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        java.net.URLオブジェクトとして表された列の値。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、またはURLが無効の場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateRef

        void updateRef​(int columnIndex,
                       Ref x)
                throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Ref値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateRef

        void updateRef​(String columnLabel,
                       Ref x)
                throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Ref値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateBlob

        void updateBlob​(int columnIndex,
                        Blob x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Blob値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateBlob

        void updateBlob​(String columnLabel,
                        Blob x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Blob値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateClob

        void updateClob​(int columnIndex,
                        Clob x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Clob値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateClob

        void updateClob​(String columnLabel,
                        Clob x)
                 throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Clob値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateArray

        void updateArray​(int columnIndex,
                         Array x)
                  throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Array値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • updateArray

        void updateArray​(String columnLabel,
                         Array x)
                  throws SQLException
        指定された列をjava.sql.Array値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getRowId

        RowId getRowId​(int columnIndex)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getRowId

        RowId getRowId​(String columnLabel)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateRowId

        void updateRowId​(int columnIndex,
                         RowId x)
                  throws SQLException
        指定された列をRowId値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateRowId

        void updateRowId​(String columnLabel,
                         RowId x)
                  throws SQLException
        指定された列をRowId値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getHoldability

        int getHoldability()
                    throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの保持機能を取得します。
        戻り値:
        ResultSet.HOLD_CURSORS_OVER_COMMITまたはResultSet.CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • isClosed

        boolean isClosed()
                  throws SQLException
        このResultSetオブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。 ResultSetでcloseメソッドが呼び出されるか、または自動的にクローズされる場合、このオブジェクトはクローズされます。
        戻り値:
        このResultSetオブジェクトがクローズされている場合はtrue、まだオープンの状態の場合はfalse
        例外:
        SQLException - データベース・アクセス・エラーが発生した場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNString

        void updateNString​(int columnIndex,
                           String nString)
                    throws SQLException
        指定された列をString値で更新します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列を更新するときに使用します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        nString - 更新される列の値
        例外:
        SQLException - columnIndexが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNString

        void updateNString​(String columnLabel,
                           String nString)
                    throws SQLException
        指定された列をString値で更新します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列を更新するときに使用します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        nString - 更新される列の値
        例外:
        SQLException - columnLabelが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNClob

        void updateNClob​(int columnIndex,
                         NClob nClob)
                  throws SQLException
        指定された列をjava.sql.NClob値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        nClob - 更新される列の値
        例外:
        SQLException - columnIndexが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNClob

        void updateNClob​(String columnLabel,
                         NClob nClob)
                  throws SQLException
        指定された列をjava.sql.NClob値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        nClob - 更新される列の値
        例外:
        SQLException - columnLabelが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getNClob

        NClob getNClob​(int columnIndex)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        指定された列のSQL NCLOB値を表すNClobオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getNClob

        NClob getNClob​(String columnLabel)
                throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        指定された列のSQL NCLOB値を表すNClobオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、またはデータベース・アクセス・エラーが発生した場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getSQLXML

        SQLXML getSQLXML​(int columnIndex)
                  throws SQLException
        このResultSetの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        SQL XML値をマッピングするSQLXMLオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getSQLXML

        SQLXML getSQLXML​(String columnLabel)
                  throws SQLException
        このResultSetの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        SQL XML値をマッピングするSQLXMLオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateSQLXML

        void updateSQLXML​(int columnIndex,
                          SQLXML xmlObject)
                   throws SQLException
        指定された列をjava.sql.SQLXML値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        xmlObject - 更新される列の値
        例外:
        SQLException - columnIndexが有効でない場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、SQLXMLオブジェクト用のjava.xml.transform.ResultWriter、またはOutputStreamがクローズされていない場合、あるいはXML値の処理中にエラーが発生したか、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合。 この例外のgetCauseメソッドにより、より詳細な例外が提供されることがある(たとえばストリームに有効なXMLが含まれていない場合)。
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateSQLXML

        void updateSQLXML​(String columnLabel,
                          SQLXML xmlObject)
                   throws SQLException
        指定された列をjava.sql.SQLXML値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        xmlObject - 列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが有効でない場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、SQLXMLオブジェクト用のjava.xml.transform.ResultWriter、またはOutputStreamがクローズされていない場合、あるいはXML値の処理中にエラーが発生したか、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合。 この例外のgetCauseメソッドにより、より詳細な例外が提供されることがある(たとえばストリームに有効なXMLが含まれていない場合)。
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getNString

        String getNString​(int columnIndex)
                   throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列にアクセスするときに使用します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getNString

        String getNString​(String columnLabel)
                   throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列にアクセスするときに使用します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値。値がSQL NULLの場合、返される値はnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getNCharacterStream

        Reader getNCharacterStream​(int columnIndex)
                            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列にアクセスするときに使用します。
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        戻り値:
        列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getNCharacterStream

        Reader getNCharacterStream​(String columnLabel)
                            throws SQLException
        このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列にアクセスするときに使用します。
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        戻り値:
        列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト。値がSQL NULLの場合、返される値はJavaプログラミング言語のnull
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNCharacterStream

        void updateNCharacterStream​(int columnIndex,
                                    Reader x,
                                    long length)
                             throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列を更新するときに使用します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNCharacterStream

        void updateNCharacterStream​(String columnLabel,
                                    Reader reader,
                                    long length)
                             throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列を更新するときに使用します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - 新しい列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateAsciiStream

        void updateAsciiStream​(int columnIndex,
                               InputStream x,
                               long length)
                        throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBinaryStream

        void updateBinaryStream​(int columnIndex,
                                InputStream x,
                                long length)
                         throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateCharacterStream

        void updateCharacterStream​(int columnIndex,
                                   Reader x,
                                   long length)
                            throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateAsciiStream

        void updateAsciiStream​(String columnLabel,
                               InputStream x,
                               long length)
                        throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBinaryStream

        void updateBinaryStream​(String columnLabel,
                                InputStream x,
                                long length)
                         throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateCharacterStream

        void updateCharacterStream​(String columnLabel,
                                   Reader reader,
                                   long length)
                            throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - 新しい列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト
        length - ストリームの長さ
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBlob

        void updateBlob​(int columnIndex,
                        InputStream inputStream,
                        long length)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームを使用して更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        length - パラメータ・データ内のバイト数
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBlob

        void updateBlob​(String columnLabel,
                        InputStream inputStream,
                        long length)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームを使用して更新します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        length - パラメータ・データ内のバイト数
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateClob

        void updateClob​(int columnIndex,
                        Reader reader,
                        long length)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        length - パラメータ・データ内の文字数
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateClob

        void updateClob​(String columnLabel,
                        Reader reader,
                        long length)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        length - パラメータ・データ内の文字数
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNClob

        void updateNClob​(int columnIndex,
                         Reader reader,
                         long length)
                  throws SQLException
        指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        length - パラメータ・データ内の文字数
        例外:
        SQLException - columnIndexが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNClob

        void updateNClob​(String columnLabel,
                         Reader reader,
                         long length)
                  throws SQLException
        指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 LONGVARCHARパラメータに非常に大きなUNICODE値が入力されるときには、java.io.Readerオブジェクトを介して送るのが現実的です。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        length - パラメータ・データ内の文字数
        例外:
        SQLException - columnLabelが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNCharacterStream

        void updateNCharacterStream​(int columnIndex,
                                    Reader x)
                             throws SQLException
        指定された列を文字ストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列を更新するときに使用します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateNCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNCharacterStream

        void updateNCharacterStream​(String columnLabel,
                                    Reader reader)
                             throws SQLException
        指定された列を文字ストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 ドライバは、必要に応じて、Javaの文字表現をデータベース内の各国文字セットに変換します。 NCHARNVARCHAR、およびLONGNVARCHAR列を更新するときに使用します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateNCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - 新しい列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateAsciiStream

        void updateAsciiStream​(int columnIndex,
                               InputStream x)
                        throws SQLException
        指定された列をASCIIストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateAsciiStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBinaryStream

        void updateBinaryStream​(int columnIndex,
                                InputStream x)
                         throws SQLException
        指定された列をバイナリ・ストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateBinaryStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateCharacterStream

        void updateCharacterStream​(int columnIndex,
                                   Reader x)
                            throws SQLException
        指定された列を文字ストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateAsciiStream

        void updateAsciiStream​(String columnLabel,
                               InputStream x)
                        throws SQLException
        指定された列をASCIIストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateAsciiStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBinaryStream

        void updateBinaryStream​(String columnLabel,
                                InputStream x)
                         throws SQLException
        指定された列をバイナリ・ストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateBinaryStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateCharacterStream

        void updateCharacterStream​(String columnLabel,
                                   Reader reader)
                            throws SQLException
        指定された列を文字ストリーム値で更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateCharacterStreamを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - 新しい列値を格納するjava.io.Readerオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBlob

        void updateBlob​(int columnIndex,
                        InputStream inputStream)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定された入力ストリームを使用して更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateBlobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateBlob

        void updateBlob​(String columnLabel,
                        InputStream inputStream)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定された入力ストリームを使用して更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateBlobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        inputStream - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateClob

        void updateClob​(int columnIndex,
                        Reader reader)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateClob

        void updateClob​(String columnLabel,
                        Reader reader)
                 throws SQLException
        指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNClob

        void updateNClob​(int columnIndex,
                         Reader reader)
                  throws SQLException
        指定された列を、指定されたReaderを使用して更新します。ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateNClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnIndexが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • updateNClob

        void updateNClob​(String columnLabel,
                         Reader reader)
                  throws SQLException
        指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。 ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。 JDBCドライバは、データをUNICODEからデータベースのchar形式に変換します。

        updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        注: lengthパラメータを使用するバージョンのupdateNClobを使用する方が効率的かどうかを判断するには、JDBCドライバのドキュメントを参照してください。

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        reader - パラメータ値に設定されるデータを含むオブジェクト
        例外:
        SQLException - columnLabelが有効でない場合、ドライバが各国の文字セットをサポートしない場合、ドライバがデータ変換エラーが発生した可能性を検出できる場合、このメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、または結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.6
      • getObject

        <T> T getObject​(int columnIndex,
                        Class<T> type)
                 throws SQLException

        このResultSetオブジェクトの現在の行の指定された列の値を取得し、変換がサポートされている場合には、その列のSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。 変換がサポートされていない場合、またはtypeにnullが指定された場合は、SQLExceptionがスローされます。

        実装は、少なくとも、付録Bの表B-3に定義されている変換とユーザー定義SQL型からSQLDataを実装するJava型への変換、またはStructをサポートする必要があります。 ほかの変換がサポートされている場合もあり、それらはベンダーによって定義されます。

        型パラメータ:
        T - このClassオブジェクトでモデル化されるクラスの型
        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        type - 指定された列の変換後のJavaデータ型を表すクラス
        戻り値:
        列値を保持するtypeのインスタンス
        例外:
        SQLException - 変換がサポートされていない場合、typeがnullの場合、またはほかのエラーが発生した場合。 この例外のgetCause()メソッドにより、より詳細な例外が提供されることがある(たとえば変換エラーが発生した場合)
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.7
      • getObject

        <T> T getObject​(String columnLabel,
                        Class<T> type)
                 throws SQLException

        このResultSetオブジェクトの現在の行の指定された列の値を取得し、変換がサポートされている場合には、その列のSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。 変換がサポートされていない場合、またはtypeにnullが指定された場合は、SQLExceptionがスローされます。

        実装は、少なくとも、付録Bの表B-3に定義されている変換とユーザー定義SQL型からSQLDataを実装するJava型への変換、またはStructをサポートする必要があります。 ほかの変換がサポートされている場合もあり、それらはベンダーによって定義されます。

        型パラメータ:
        T - このClassオブジェクトでモデル化されるクラスの型
        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        type - 指定された列の変換後のJavaデータ型を表すクラス
        戻り値:
        列値を保持するtypeのインスタンス
        例外:
        SQLException - 変換がサポートされていない場合、typeがnullの場合、またはほかのエラーが発生した場合。 この例外のgetCause()メソッドにより、より詳細な例外が提供されることがある(たとえば変換エラーが発生した場合)
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.7
      • updateObject

        default void updateObject​(int columnIndex,
                                  Object x,
                                  SQLType targetSqlType,
                                  int scaleOrLength)
                           throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        2番目の引数がInputStreamである場合、ストリームにはscaleOrLengthで指定されるバイト数が含まれる必要があります。 2番目の引数がReaderである場合、リーダーにはscaleOrLengthで指定される文字数が含まれる必要があります。 これらの条件がtrueではない場合、文の実行時にドライバはSQLExceptionを生成します。

        デフォルト実装はSQLFeatureNotSupportedExceptionをスローします

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        targetSqlType - データベースに送られるSQL型
        scaleOrLength - java.math.BigDecimalのオブジェクトの場合、小数点のあとの桁数。 Javaオブジェクト型InputStreamおよびReaderの場合は、ストリームまたはリーダーのデータ長。 ほかのすべての型では、この値は無視される。
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合、またはJDBCドライバが指定されたtargetSqlTypeをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.8
        関連項目:
        JDBCType, SQLType
      • updateObject

        default void updateObject​(String columnLabel,
                                  Object x,
                                  SQLType targetSqlType,
                                  int scaleOrLength)
                           throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        2番目の引数がInputStreamである場合、ストリームにはscaleOrLengthで指定されるバイト数が含まれる必要があります。 2番目の引数がReaderである場合、リーダーにはscaleOrLengthで指定される文字数が含まれる必要があります。 これらの条件がtrueではない場合、文の実行時にドライバはSQLExceptionを生成します。

        デフォルト実装はSQLFeatureNotSupportedExceptionをスローします

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        targetSqlType - データベースに送られるSQL型
        scaleOrLength - java.math.BigDecimalのオブジェクトの場合、小数点のあとの桁数。 Javaオブジェクト型InputStreamおよびReaderの場合は、ストリームまたはリーダーのデータ長。 ほかのすべての型では、この値は無視される。
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合、またはJDBCドライバが指定されたtargetSqlTypeをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.8
        関連項目:
        JDBCType, SQLType
      • updateObject

        default void updateObject​(int columnIndex,
                                  Object x,
                                  SQLType targetSqlType)
                           throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        デフォルト実装はSQLFeatureNotSupportedExceptionをスローします

        パラメータ:
        columnIndex - 最初の列は1、2番目の列は2、... となる
        x - 新しい列値
        targetSqlType - データベースに送られるSQL型
        例外:
        SQLException - columnIndexが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合、またはJDBCドライバが指定されたtargetSqlTypeをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.8
        関連項目:
        JDBCType, SQLType
      • updateObject

        default void updateObject​(String columnLabel,
                                  Object x,
                                  SQLType targetSqlType)
                           throws SQLException
        指定された列をObject値で更新します。 updaterメソッドは、現在行または挿入行の列値を更新するのに使用します。 updaterメソッドは基になるデータベースを更新しません。データベースを更新するには、代わりにupdateRowまたはinsertRowメソッドを呼び出します。

        デフォルト実装はSQLFeatureNotSupportedExceptionをスローします

        パラメータ:
        columnLabel - SQL AS節として指定された列のラベル。 SQL AS節が指定されなかった場合、このラベルは列の名前
        x - 新しい列値
        targetSqlType - データベースに送られるSQL型
        例外:
        SQLException - columnLabelが無効な場合、データベース・アクセス・エラーが発生した場合、結果セットの並行処理がCONCUR_READ_ONLYである場合、またはこのメソッドがクローズされた結果セットで呼び出された場合
        SQLFeatureNotSupportedException - JDBCドライバがこのメソッドをサポートしない場合、またはJDBCドライバが指定されたtargetSqlTypeをサポートしない場合
        導入されたバージョン:
        1.8
        関連項目:
        JDBCType, SQLType