モジュール jdk.javadoc
パッケージ com.sun.javadoc

インタフェースSourcePosition


  • @Deprecated(since="9",
                forRemoval=true)
    public interface SourcePosition
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このパッケージの宣言は、パッケージjdk.javadoc.docletの宣言に置き換えられました。 詳細は、そのパッケージのマニュアルの「移行ガイド」を参照してください。
    このインタフェースはソース位置を記述します。ソース位置は、ファイル名、行番号、列番号の3つから成ります。
    導入されたバージョン:
    1.4
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      int column()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ソース・ファイル内の列番号を返します。
      File file()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ソース・ファイルを返します。
      int line()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ソース・ファイル内の行番号を返します。
      String toString()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ソース位置をファイル名:行の形式に変換します。
    • メソッドの詳細

      • file

        File file()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ソース・ファイルを返します。 ファイル情報が利用できない場合はnullを返します。
        戻り値:
        ソース・ファイルをFileとして返します。
      • line

        int line()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ソース・ファイル内の行番号を返します。 先頭行は番号1になります。番号0は、行番号の情報が利用できないことを意味します。
        戻り値:
        ソース・ファイル内の行番号を整数として返します。
      • column

        int column()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ソース・ファイル内の列番号を返します。 最初の列が番号1になります。番号0は、列番号の情報が利用できないことを意味します。 列番号は、入力ストリーム内の文字をカウントして得られます。タブが1つあれば、列番号が次の8列タブストップの位置まで進みます。
        戻り値:
        ソース行の列を整数として返します。
      • toString

        String toString()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ソース位置をファイル名:行の形式に変換します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現