モジュール jdk.javadoc
パッケージ com.sun.javadoc

インタフェースType

  • 既知のすべてのサブインタフェース:
    AnnotatedType, AnnotationTypeDoc, ClassDoc, ParameterizedType, TypeVariable, WildcardType

    @Deprecated(since="9",
                forRemoval=true)
    public interface Type
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このパッケージの宣言は、パッケージjdk.javadoc.docletの宣言に置き換えられました。 詳細は、そのパッケージのマニュアルの「移行ガイド」を参照してください。
    特定の型を表します。 たとえば、クラスやインタフェース、ジェネリック・クラスやジェネリック・インタフェースの呼び出し(List<String>など)、型変数、ワイルドカード型(?)、または基本データ型(charなど)があります。
    導入されたバージョン:
    1.2
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      AnnotatedType asAnnotatedType()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型が注釈付きの型を表す場合は、この型をAnnotatedTypeとして返します。
      AnnotationTypeDoc asAnnotationTypeDoc()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型が注釈型を表す場合は、この型をAnnotationTypeDocとして返します。
      ClassDoc asClassDoc()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型がクラスまたはインタフェースを表す場合、この型をClassDocとして返します。
      ParameterizedType asParameterizedType()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型がジェネリック・クラスまたはインタフェースの呼出しを表す場合は、この型をParameterizedTypeとして返します。
      TypeVariable asTypeVariable()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型が型変数を表す場合は、この型をTypeVariableとして返します。
      WildcardType asWildcardType()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型がワイルドカード型を表す場合は、この型をWildcardTypeとして返します。
      String dimension()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型の次元情報を文字列で返します。
      Type getElementType()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      この型が配列型の場合は、配列の要素の型を返します。
      boolean isPrimitive()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      この型がプリミティブ型を表す場合は、trueを返します。
      String qualifiedTypeName()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      次元情報を除外した、型の修飾名を返します。
      String simpleTypeName()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      次元情報を除外した、この型の単純名を返します。
      String toString()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      型の文字列表現を返します。
      String typeName()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      次元情報を除外した、型の非修飾名を返します。
    • メソッドの詳細

      • typeName

        String typeName()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        次元情報を除外した、型の非修飾名を返します。

        たとえば、2次元のString型配列の場合は、Stringが返されます。

        戻り値:
        ディメンション情報を除いた型の修飾されていない名前。
      • qualifiedTypeName

        String qualifiedTypeName()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        次元情報を除外した、型の修飾名を返します。

        たとえば、2次元のString型配列の場合は、java.lang.Stringが返されます。

        戻り値:
        ディメンション情報を除いたこの型の修飾名。
      • simpleTypeName

        String simpleTypeName()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        次元情報を除外した、この型の単純名を返します。 最内部の型の識別子だけを含むネストされた型の場合を除いて、返される名前は、型の非修飾名です。

        たとえば、Outer.InnerクラスはInnerを返します。

        戻り値:
        ディメンション情報を除いたこの型の単純な名前。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • dimension

        String dimension()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型の次元情報を文字列で返します。

        たとえば、2次元のString型配列の場合は、[][]が返されます。

        戻り値:
        型ディメンション情報を文字列として返します。
      • toString

        String toString()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型の文字列表現を返します。 返される文字列表現には、次元情報や型の引数が含まれます。

        たとえば、Stringの2次元配列はjava.lang.String[][]を返し、パラメータ化した型のList<Integer>java.util.List<java.lang.Integer>を返します。

        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        型の文字列表現。
      • isPrimitive

        boolean isPrimitive()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        この型がプリミティブ型を表す場合は、trueを返します。
        戻り値:
        この型がプリミティブ型を表す場合はtrue。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • asClassDoc

        ClassDoc asClassDoc()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型がクラスまたはインタフェースを表す場合、この型をClassDocとして返します。 配列の次元は無視されます。 この型がParameterizedTypeTypeVariable、またはWildcardTypeのいずれかである場合は、その型の消去のClassDocを返します。 これがAnnotationTypeDocである場合は、これをClassDocとして返します(ただし、asAnnotationTypeDoc()を参照する)。 この型がプリミティブ型の場合は、nullを返します。
        戻り値:
        この型のClassDoc、型がプリミティブ型の場合はnull。
      • asParameterizedType

        ParameterizedType asParameterizedType()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型がジェネリック・クラスまたはインタフェースの呼出しを表す場合は、この型をParameterizedTypeとして返します。 配列の次元は無視されます。
        戻り値:
        型がジェネリック型の呼出しの場合はParameterizedType、そうでない場合はnull。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • asTypeVariable

        TypeVariable asTypeVariable()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型が型変数を表す場合は、この型をTypeVariableとして返します。 配列の次元は無視されます。
        戻り値:
        型が型変数を表す場合はTypeVariable、そうでない場合はnull。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • asWildcardType

        WildcardType asWildcardType()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型がワイルドカード型を表す場合は、この型をWildcardTypeとして返します。
        戻り値:
        型がワイルドカードの型の場合はWildcardType、そうでない場合はnull。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • asAnnotatedType

        AnnotatedType asAnnotatedType()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型が注釈付きの型を表す場合は、この型をAnnotatedTypeとして返します。
        戻り値:
        型が注釈付きの型の場合はAnnotatedType、そうでない場合はnull。
        導入されたバージョン:
        1.8
      • asAnnotationTypeDoc

        AnnotationTypeDoc asAnnotationTypeDoc()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        型が注釈型を表す場合は、この型をAnnotationTypeDocとして返します。 配列の次元は無視されます。
        戻り値:
        型が注釈型の場合はAnnotationTypeDoc、そうでない場合はnull。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • getElementType

        Type getElementType()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        この型が配列型の場合は、配列の要素の型を返します。 そうでない場合は、nullを返します。
        戻り値:
        要素の型またはnullを表すType
        導入されたバージョン:
        1.8