モジュール jdk.scripting.nashorn
パッケージ jdk.nashorn.api.scripting

クラスScriptUtils


  • @Deprecated(since="11",
                forRemoval=true)
    public final class ScriptUtils
    extends Object
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    Nashorn JavaScriptスクリプト・エンジンとAPIおよびjjsツールは、将来のリリースでこれらを削除する目的で非推奨になりました。
    スクリプト・コードから呼び出されるユーティリティ。
    導入されたバージョン:
    1.8u40
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      static Object convert​(Object obj, Object type)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定のオブジェクトを指定のタイプに変換します。
      static String format​(String format, Object[] args)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      javascriptタイプをString.formatメソッドのjavaタイプに変換するメソッド(jrunscript関数sprintf)。
      static Object makeSynchronizedFunction​(Object func, Object sync)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      syncで同期されているfunc、またはこれが未定義の場合はselfを呼び出すラッパー関数を作成します。
      static String parse​(String code, String name, boolean includeLoc)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      JSON互換文字列としてASTを返します。
      static Object unwrap​(Object obj)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーをアンラップします。
      static Object[] unwrapArray​(Object[] args)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーの配列をアンラップします。
      static ScriptObjectMirror wrap​(Object obj)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合は指定のオブジェクト上でスクリプト・オブジェクト・ミラーを作成します。
      static Object[] wrapArray​(Object[] args)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合はオブジェクトの配列をスクリプト・オブジェクト・ミラーにラップします。
    • メソッドの詳細

      • parse

        public static String parse​(String code,
                                   String name,
                                   boolean includeLoc)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        JSON互換文字列としてASTを返します。 resources/parse.jsスクリプトで"parse"関数の実装に使用されます。
        パラメータ:
        code - 解析されるコード
        name - コードのソース名(位置に使用)
        includeLoc - ノードの位置情報を含むかどうかを示します
        戻り値:
        指定したコードのASTのJSON文字列表現
      • format

        public static String format​(String format,
                                    Object[] args)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        javascriptタイプをString.formatメソッドのjavaタイプに変換するメソッド(jrunscript関数sprintf)。
        パラメータ:
        format - 書式文字列
        args - 書式の書式指示子によって参照される引数
        戻り値:
        フォーマット済文字列
      • makeSynchronizedFunction

        public static Object makeSynchronizedFunction​(Object func,
                                                      Object sync)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        syncで同期されているfunc、またはこれが未定義の場合はselfを呼び出すラッパー関数を作成します。 resources/mozilla_compat.jsでの"sync"関数の実装に使用されます。
        パラメータ:
        func - ラップする関数
        sync - 同期するオブジェクト
        戻り値:
        同期するwrapper関数
        例外:
        IllegalArgumentException - funcがスクリプト関数を表していない場合
      • wrap

        public static ScriptObjectMirror wrap​(Object obj)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合は指定のオブジェクト上でスクリプト・オブジェクト・ミラーを作成します。
        パラメータ:
        obj - ラップされるオブジェクト
        戻り値:
        ラップされたオブジェクト
        例外:
        IllegalArgumentException - objがラップできない場合
      • unwrap

        public static Object unwrap​(Object obj)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーをアンラップします。
        パラメータ:
        obj - アンラップされるオブジェクト
        戻り値:
        アンラップされたオブジェクト
      • wrapArray

        public static Object[] wrapArray​(Object[] args)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合はオブジェクトの配列をスクリプト・オブジェクト・ミラーにラップします。
        パラメータ:
        args - アンラップされる配列
        戻り値:
        ラップされた配列
      • unwrapArray

        public static Object[] unwrapArray​(Object[] args)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーの配列をアンラップします。
        パラメータ:
        args - アンラップされる配列
        戻り値:
        アンラップされた配列
      • convert

        public static Object convert​(Object obj,
                                     Object type)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定のオブジェクトを指定のタイプに変換します。
        パラメータ:
        obj - 変換されるオブジェクト
        type - 変換先の型。typeは、スクリプト内のJava.type()コールによって返されるJava型のClassまたはNashorn表現です。
        戻り値:
        変換されたオブジェクト