Collections Frameworkの拡張機能

このページでは、JDKバージョン5のCollections Frameworkの拡張機能について説明します。

次の3つの新しい言語機能がCollections Frameworkを飛躍的に拡張します。

3つの新しいコレクション・インタフェースが提供されます。

2つの新しい具象Queue実装が提供されます。1つの既存のList実装がQueueを実装するために改良され、1つの抽象Queue実装が提供されます。

5つの新しいBlockingQueue実装が提供され、そのすべてはjava.util.concurrentの一部です。

1つのConcurrentMap実装が提供されます。

特殊目的のListおよびSet実装は、読込み操作が書込み操作よりもはるかに多く、反復が同期できない、またはするべきではない場合に使用します。

特殊目的のSetおよびMap実装は、列挙型と一緒に使用します。

新しいラッパー実装のファミリが提供され、主にジェネリック・コレクションとともに使用されます。

3つの新しいジェネリック・アルゴリズムと1つのコンパレータ・コンバータがCollectionsユーティリティ・クラスに追加されました。

Arraysユーティリティ・クラスは、すべての型の配列に対する、コンテンツベースのhashCodeおよびtoStringメソッドに装備されました。これらのメソッドは既存のequalsメソッドを補完します。入れ子になった(多次元な)配列の操作を行うために、3つのメソッドのバージョンが提供されます。それらは、deepEqualsdeepHashCodeおよびdeepToStringです。任意の配列の内容を容易に出力できます。「平坦な」配列を出力するコードを次に示します。

    System.out.println(Arrays.toString(a));

入れ子の(多次元な)配列を出力するコードを次に示します。

    System.out.println(Arrays.deepToString(a));

Booleanは、Comparableを実装するために改良されました。


Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.