Collections Frameworkの拡張機能

このページでは、Java SE 6のCollections Frameworkの拡張機能について説明します。

このリリースでは、変更したAPIの数が5.0よりも少なく、仕様の正確度と明確性により重点が置かれています。このため、旧リリースのプログラムを作成する場合でも、Java SE 6の仕様を参照することをお薦めします。

API変更のプライマリ・テーマはコレクションの双方向アクセスの改善でした。

次の新しいコレクション・インタフェースが提供されます。

次の固定実装クラスが追加されました。

次の既存のクラスが、新しいインタフェースを実装するために改良されました。

新しい2つのメソッドがCollectionsユーティリティ・クラスに追加されました。

今回、Arraysユーティリティ・クラスには、copyOfcopyOfRangeメソッドが追加されました。これらは、すべての型の配列に対して、部分配列のサイズ変更、切詰め、コピーを効果的に実行できます。

変更前:

int[] newArray = new int[newLength];
System.arraycopy(oldArray, 0, newArray, 0, oldArray.length);

変更後:

int[] newArray = Arrays.copyOf(a, newLength);

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.