Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

jinfo

構成情報を生成します。このコマンドは試験的なものであり、サポート対象外になっています。

形式

jinfo [ option ] pid

jinfo [ option ] executable core

jinfo [ option ] [ servier-id ] remote-hostname-or-IP

option

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

pid

出力される構成情報のプロセスIDです。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行されているJavaプロセスのリストを取得するには、jps(1)コマンドを使用します。

executable

コア・ダンプの作成元になるJava実行可能ファイルです。

core

出力される構成情報のコア・ファイルです。

remote-hostname-or-IP

リモート・デバッグ・サーバーのhostnameまたはIPアドレスです。jsadebugd(1)を参照してください。

server-id

複数のデバッグ・サーバーが同一のリモート・ホストで実行している場合に使用するオプション固有のIDです。

説明

jinfoコマンドは、指定されたJavaプロセスやコア・ファイルまたはリモート・デバッグ・サーバーのJava構成情報を出力します。構成情報は、Javaシステム・プロパティとJava仮想マシン(JVM)のコマンド行フラグで構成されます。指定したプロセスが64ビット版のJVMで実行されている場合は、-J-d64オプション(例: jinfo -J-d64 -sysprops pid)を指定する必要があることがあります。

このユーティリティはサポート対象外であり、将来のJDKリリースでは利用できなくなる可能性があります。dbgeng.dllが存在していないWindowsシステムでは、Debugging Tools For Windowsをインストールしないとこれらのツールが正常に動作しません。PATH環境変数に、ターゲット・プロセスで使用されるjvm.dllの場所またはクラッシュ・ダンプ・ファイルが生成された場所を含めるようにしてください。たとえば、set PATH=%JDK_HOME%\jre\bin\client;%PATH%です。

オプション

オプションなし

コマンド行フラグと、システム・プロパティ名と値のペアの両方を出力します。

-flag name

指定されたコマンド行フラグの名前と値を出力します。

-flag [+|-]name

指定されたブール型のコマンド行フラグを有効または無効にします。

-flag name=value

指定されたコマンド行フラグを指定された値に設定します。

-flags

JVMに渡されたコマンド行フラグを出力します。

-sysprops

Javaシステム・プロパティを名前と値のペアとして出力します。

-h

ヘルプ・メッセージを出力します。

-help

ヘルプ・メッセージを出力します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.