Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

jsadebugd

Javaプロセスまたはコア・ファイルに接続し、デバッグ・サーバーとして機能します。このコマンドは試験的なものであり、サポート対象外になっています。

形式

jsadebugd pid [ server-id ]

jsadebugd executable core [ server-id ]

pid

デバッグ・サーバーが接続するプロセスのプロセスIDです。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行されているJavaプロセスのリストを取得するには、jps(1)コマンドを使用します。単一のプロセスに接続できるデバッグ・サーバーのインスタンスは、1つに制限されます。

executable

コア・ダンプの作成元になるJava実行可能ファイルです。

core

デバッグ・サーバーを接続するコア・ファイルです。

server-id

複数のデバッグ・サーバーが同一のマシン上で実行されている場合に必要になるオプション固有のIDです。このIDは、リモート・クライアントが、接続先のデバッグ・サーバーを特定するために使用する必要があります。このIDは、単一のマシン内で一意でなければなりません。

説明

jsadebugdコマンドは、Javaプロセスまたはコア・ファイルに接続し、デバッグ・サーバーとして機能します。jstackjmapjinfoなどのリモート・クライアントは、Java Remote Method Invocation (RMI)からサーバーに接続できます。jsadebugdコマンドを起動する前に、次に示すように、rmiregistryコマンドを使用してRMIレジストリを起動します。ここで$JAVA_HOMEは、JDKのインストール・ディレクトリです。

rmiregistry -J-Xbootclasspath/p:$JAVA_HOME/lib/sajdi.jar

RMIレジストリが起動していない場合、jsadebugdコマンドは標準(1099)ポートでRMIレジストリを内部的に起動します。デバッグ・サーバーは、SIGINTを送信することで停止できます。SIGINTを送信するには、Ctrl+Cキーを押します。

注: このユーティリティはサポート対象外であり、将来のJDKリリースでは利用できなくなる可能性があります。dbgeng.dllが存在していないWindowsシステムでは、Debugging Tools For Windowsをインストールしないとこれらのツールが正常に動作しません。PATH環境変数に、ターゲット・プロセスで使用されるjvm.dllの場所またはクラッシュ・ダンプ・ファイルが生成された場所を含めるようにしてください。たとえば、set PATH=%JDK_HOME%\jre\bin\client;%PATH%です。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.